2020年東京で“三方良し”を実現!

ごきげんよう。

ここ2~3日はドンヨリした天気が続く横浜地方ですが、
皆様の地域はいかがでしょうか?

活発化した梅雨前線とそれに伴う豪雨、それに台風まで接近しております。
気象情報には、くれぐれもご注意ください。 

さて、今日はこんな話題。

2020年に向け森トラスト、虎ノ門と銀座で最高級ホテル開業へ!

新たな東京のライフスタイル情報発信基地!「東京エディション」

不動産デベロッパーの最大手「森トラスト」は12日に、マリオネット・インターナショナル(米国)と同社グループの最高級ラグジュアリーライフスタイルホテルブランド「EDITION(エディション)」を虎ノ門、銀座の2ヶ所に誘致すると発表しました。

edition-Hotel

これにより、日本初の高級ホテル「東京エディション銀座」と「東京エディション虎ノ門」が2020年初頭の開業目指すことになります。

東京エディション銀座
 オープン予定:2020年3月
 部屋数・階数:80室、13階建て
 場所:銀座二丁目エリア

東京エディション虎ノ門
 開業予定時期:2020年
 部屋数:200室

「エディション」はマリオネット・インターナショナルとイアン・シュレーガー氏によって2013年にロンドンで誕生した、その土地と時間に最適の食事、エンターテインメント、サービス、アメニティを提供する、最高級ホテルです。

今回の虎ノ門、銀座の物件のデザインには、建築家の隈研吾氏を起用するといいます。

東京エディション虎ノ門は、2020年3月に竣工する「東京ワールドゲート」に、東京エディション銀座は、2020年初頭に竣工予定の「銀座2丁目ホテル計画(仮称)」に入ります。

新たな東京のライフスタイル情報発信基地として、世界中から注目を集める場所になる事は間違いないですね!今からどんなホテルになるのか、どんなイベントが催されるのか、興味津々です。

観光客、ビル所有者、そしてホテル側の“三方良し”の関係性が上手く構築されるよう、期待しております。

都心のトランクルーム、頑張ります!

さて、虎ノ門・銀座近辺にも当社のトランクルームは何箇所かございますが、なかなか満室状態が多いので、お役に立てずに申し訳ございません。
折を見て当社のホームページでご確認いただければ、と思います。

レンタルボックスHP

また、空きが出た場合にお知らせすることも可能ですので、予め0120-666-082までご連絡いただければと思います。

都心でこそ価値を発揮「貸し会議室」

このエリアでの当社の活躍の場は、むしろ「貸し会議室」にあるといえます!
神田駅周辺から日本橋の茅場町、八丁堀、銀座、新橋、虎ノ門、六本木辺りまで、数多くの「貸し会議室」や「レンタルスペース」「レンタルオフィス」などを用意して、皆様のご用命をお待ちしております。

加瀬の貸し会議室

2020年には東京オリンピックという一大イベントがあるわけですが、私達のなりわいはそれで終わってしまうわけではありません。

それ以後もこの東京をしっかり発展させているため、当社としては「土地・建物」の有効活用をご提案を通して、オーナー様、利用者様、そして私達の“三方良し”の状態に成れる様努力してまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。

これぞ正しく“実用誌”!「家主と地主」という雑誌があった。

お疲れ様です!

毎日暑い日が続いておりますが、皆様に置かれましては、健やかにお過ごしでしょうか?

外は暑いのですがオフィスの中は“適度の冷房”があるので快適で、会社にいる限りは「猛暑」はあまり感じてません。ありがたいことです。

タイトル「不動産活用、一人で悩んでいませんか?

不動産活用、一人で悩んでいませんか? 問題解決にはこんな方法も…

「貸す」には「借りる」が必要…。

さて、当社の社業は“レンタル事業”がメインなわけですが、そのためには「貸す場所」が必要となります。
貸す場所があってこそ、初めて「レンタル事業」が成り立つのです。

当社も当初は、自社物件を中心に行ってまいりましたが、数が増えるに連れスペースが足らなくなり、他人様からお借りして、それをお貸しするというビシネスモデルへと進展していきました。
その過程で、様々な土地の活用をご提供出来る様、幾つもの独自商品を生み出し、現在の「レンタル収納ビジネス」の先鞭をつけたと自負しております。

これら物件を探すため、当社では「土地活用スペシャルページ」を立ち上げたり、「建物活用スペシャルページ」を作ったりして、日夜行動しているのです。

“貸す側”も相当の情報が必要です!

昨今「土地活用」や「建物活用」、更には「不動産活用」などという言葉がテレビCMや新聞、雑誌などを賑わせておりますが、その内容は「空いている土地で、数年程度ちょっとだけ稼ぎたい」という比較的ライトなものから、「山一個買いきって、一大市街地を作ろう!」的な大プロジェクトまで数々取り揃っております。
庶民レベルの地主さんの場合は、比較的ライトな計画が実現性が高いと言えるでしょう。
多くの人が関わってしまうと、それだけ時間も金もかかってしまいます。

様々な活用方法を、ご提案いたします!
当社が提供しているのは、更地にコンテナを置くだけですぐに事業が始められる「レンタルボックス」事業
また都市部の土地であれば、「コインパーキング」事業なども人気があります。
ビルの空きフロアなどをパーテーションで仕切って小さな部屋をたくさん作って貸し出す「トランクルーム」事業
「トランクルームにはちょっと手狭」などという場合は、「貸し会議室」事業という手もありますね。

これら以外のソリューションとなると、「アパート・マンション建設」だったり、「オフィスビル」や「複合施設」の建設などが人気を集めているようです。

いずれにしても土地や建物のオーナー様には、その後の人生を左右する“重大な問題”ですね。
正確な判断を下すには、絶対的に“情報”が必要です!

どっこい生きてる“雑誌メディア”!

勿論、当社の“借上げ”担当(045-478-4185)にご相談いただければ一番嬉しいのですが、こんな雑誌で情報を集めてみるのはいかがでしょうか?

月刊「家主と地主」
そのものズバリ、月刊「家主と地主」(全国賃貸住宅新聞)ですね!

やはりメインの話題は「不動産投資」に関する内容です。
様々な投資物件のメリットやリスクを分かりやすく解説した特集記事が読みどころでしょう。

また、自分がアパートのオーナーとなった場合の、店子との関係性を解くマンガや、日本各地の事例や話題など、家主・地主の皆様にとって、実用的な内容となっています。

意外にも、不動産投資を進める立場の会社(当社もその一つです)の広告がほとんど無いのですが、どうしてなんでしょうね?私にも理由はわかりません。

さてさて、いずれにしても「家主と地主」の皆さんには有用な情報が沢山入っており、決して買って損はない内容かと感じました。
お値段も690円とお手頃ですので、土地や建物でお悩みの方は、一度手にとって見てはいかがでしょうか?

勿論、この機会に、当社のオススメする“土地活用”“建物活用”を御覧いただき、コンタクトいただければ、当社としては大変ありがたいのですが…。

ぜひぜひ、よろしくお願いいたします!m(_ _)m

レンタルボックス大豆戸陸橋下ヤードのご紹介

皆様、こんにちは!

今回は神奈川県横浜市港北区にある、「レンタルボックス大豆戸陸橋下」のご紹介をいたします。

レンタルボックス大豆戸陸橋下
所在地:神奈川県横浜市港北区菊名7-18-1

このヤードは東急東横線菊名駅と大倉山駅のちょうど中間、環状2号線が東横線の線路をまたぐ「大豆戸陸橋」の下にあります。

正面が目印の陸橋前信号

すぐ裏には新幹線も走っており、鉄道ファンにはナカナカ楽しいエリアです。

奥に見える鉄柱部分は、新幹線の高架です。

大倉山駅から徒歩で7~8分
の所にあり、自動車の場合は環状2号を新横浜方面から鶴見方面に新幹線のガードを目指して走り、ガードを潜ったらすぐに左車線に入ります。
信号の先左側に陸橋の側道がありますので、そこに入ってすぐの所です。

陸橋に向いた電子看板が目印。
自動車でしたら3~4台は楽に停められますので、自動車でのご利用可能な方にはおすすめです。

周辺地図

レンタルボックスは、最小の1.6帖タイプから最大の8帖タイプまで、1階・2階が選べる様になっております。

お値段は、1.6帖タイプの2階の税込み7,560円/月から。

今ならお得な「サマーキャンペーン」中で、最大2ヶ月間使用料無料!!
 適用①:3ヶ月以上(ご契約当月を除く)新規ご契約者様
 適用②:レンタルボックス、コンテナ(バイク)ご契約者様

空きも少なくなっております。
お申込みは、お早めに!

北新横浜のヤードをご紹介します!

こんにちは!

すっかり夏空の続くようになった東京地方ですが、
皆様の地域はいかがでしょうか?

熱中症で病院に運ばれる方も増えているようですので、
十分ご注意の上、お過ごし下さい。

さて今日は、北新横浜のヤード「北新横浜パート2」をご紹介いたします。

今回は、レンタルボックスのセキュリティを確かめに行ってきました!

市営地下鉄ブルーライン 北新横浜駅

駅から5分以内の好立地!

新横浜から市営地下鉄ブルーラインであざみ野駅方面に一つ目の駅が、「北新横浜」駅です。
ブルーラインの車庫などもあり、さながら新横浜や横浜のベッドタウンとなっております。
エスポット新横浜店

駅を降りると目の前に「エスポット新横浜」店があり、そのすぐ左奥のビルに、「加瀬のトランクルーム」とでっかい看板が見えます。
加瀬のトランクルーム 看板

しかし、ここはフェイント^_^; 単なる看板ですので、この場所に行ってみてもそれらしいものはありません。(ご注意ください!)

本当のトランクルームは、エスポット新横浜店の裏側にあります。
駅前の道を新横浜方面に戻る感じで、エスポット新横浜店を左に見ながら歩くと、エスポットの切れ目で路地が現れます。

これを左に入るとすぐ目の前に「プラザイン新横浜」というビジネスホテルがあります。
(実はここも加瀬倉庫の経営です)
プラザイン新横浜

ビジネスホテルの先の建物を見ると、おっと、あるじゃありませんか!
駅から5分もかからない場所に、加瀬のトランクルーム「港北区新横浜」を発見しました。
トランクルーム港北区新横浜

そして今回のお目当てはその隣にあるレンタルボックス。
建物はなく、巨大なコンテナがド~ンと置かれていて、小さいながら存在感あります。
レンタルボックス北新横浜パート2

巨大な扉に巨大な鍵。防犯カメラも設置

今回こちらに足を運んだのは、その防犯システムを確認したかったから。
厳重に戸締まり出来る屋内型のトランクルームに比べ、屋外に放置状態となるコンテナボックスは、
やはり「盗まれない?」という不安もよぎります。

そこで実際にコンテナボックスを見学し、これらを検証してみることにしました。

ヤード(コンテナ置き場)についてまず思うのは、コンテナが思ったよりも大きいぞ!ということ。

外側から見ているだけではわからない独特の圧迫感があり、迫力すら感じます。
そしてその巨大な扉に近づくと、目に飛び込んでくるのはこれまた巨大な鍵!
カタツムリ型の鍵

でっかいカタツムリ
というか、河原の石のようなカタマリ感が半端ない鍵が付いています。
2つの扉があっても、要の1つだけに鍵は付けられています。

今回見た限りでは、どのコンテナも鍵は一つだけでしたから、これで十分なのでしょう。
金ノコなどではとても切れそうにないですし、切れたとしても相当時間も掛かりそうです。
中に何が入っているかわからない状態で、これを破ろうと思う人はいないんじゃないでしょうか?

それともう一つ気づいたのは、高いところに取り付けられた防犯カメラ
方向を変えて、2台が据えられておりました。
防犯カメラ1

それほど広いヤードではないので、恐らくこれもこれでOKなのでしょう。
防犯カメラ2

さらに後で気がついたのですが、隣のトランクルームの建物の4階付近に、
こちらのヤードに向けて、もう一台カメラが付いていました

これはヤードの出入り口がバッチリ映る位置関係でしたね。
これだけカメラが監視していれば、ある意味「家より安全」かもしれませんね。
新横浜方面の空

っというわけで、
今回はセキュリティを中心に、レンタルボックスをチェックしてみました。
トランクルームとレンタルボックス

次回は扉の開き方やスロープの使い方など、使い勝手の面をチェックしてみようと思います!!

ではまた!

最新技術って、すごい…

今日も良いお天気の東京地方ですが、
まだまだ九州地方では行方不明の方や避難生活を送っていらしゃる方もいらっしゃいます。

一日も早いご帰還を、お祈りしております。

さて今回は、安全・安心で便利な生活をおくるために、昨今特に発達が著しい「遠隔操作」や「仮想現実(VR)」を中心としたIOT技術のお話をしてみたいと思います。

IOTやVR技術で、安全安心は元より、便利で豊かな生活を実現!

見守りだけじゃない!IOTの遠隔操作システムがすごい!

インターネットと様々な機器がつながる事で、これまでは不可能だった様々な事柄が出来るようになったIOT(Internet Of Things)=モノのインターネット。

様々なセンサー類の発達により、機器が様々な状況を読み取り、危険や非常時を察知したら外出先や離れた場所で暮らす人に連絡したり、警察や警備会社に通報したりする、ということはなんとなくお分かりいただけるかと思いますが、その出来ることの種類が、最近格段に増えたと感じてはいませんか?

東急系ケーブルテレビでお馴染みのイッツ・コミュニケーションズでは2015年2月から、外出先からでも自在に家の中をコントロールできる「インテリジェントホーム」というサービスを提供しています。
インテリジェントホーム

このサービスは、自宅の適切な場所に設置したカメラやセンサー等のIOT機器で、子供の帰宅時に写真を撮って親のスマホに転送したり、ペットや高齢者の自宅内での様子の見守りが出来る、というサービスです。

更に、離れて暮らす高齢者の家にセンサーを取り付け、トイレのドアの開け閉めやモーション検出などを行い、不活動状態が続くと連絡するなど、簡易的な見守りが可能となります。

一方、セキュリティ対策としてだけではなく、外からスマホで家の鍵の開け閉めが出来たり、エアコンやテレビ、冷蔵庫や風呂など、様々な機器のコントロールが可能で、便利で豊かな生活の一助ともなります。

最近では、LINE@(ラインアット)と提携し、LINEアプリから様々なサービス提供を始めたといいます。
いや~、すごい時代ですね!

当社でも、最新技術を積極的に活用中!

日夜、お客様から大切な荷物をお預かりしそれを見守っている当社でも、これらの事例などを積極的に学び、常に前進することを忘れません。
すでに最新のIOT技術を活かした監視システムを導入して、皆様のご用命をお待ちしております。

また現在は、VR(仮想現実)の技術を取り入れ、物件やヤードの情報を分かりやすく伝えるためのコンテンツ開発に注力しております。
VRコンテンツ

近い将来、レンタルボックスのサイトにて、VRのコンテンツが見られると思いますので、ぜひご期待下さい。

大豆戸町陸橋と末吉橋に、加瀬の電子看板を見に行ってきました!

ご機嫌如何でしょうか、レンタルボックス・スタッフです。

九州地方の大雨で、多くの被害が出ております。
犠牲になられた方々の、ご冥福をお祈り申し上げるとともに、
被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

一方、当地関東地方は穏やかによく晴れたお天気で、
表には夏の日差しが溢れております。

アウトドアな感じで、コンテナボックスと貸し看板、それに新装なった電子看板を見に行く!

当社の営業所はここ新横浜の他に、鶴見区の駒岡という場所にもあります。
ちょうど新横浜からは、駅前を通っている環状2号線で真っ直ぐ川崎方面に行ったアタリになります。

そして今回、各々各拠点の近所に当社の新しい試みとして「電子看板」が設置されました!

新横浜から駒岡周辺の地図

この2箇所のポイントに、プログラム・チェンジのタイミングで見学に行ってまいりました!

なかなか天気の良い日で、暑かったのでした。

“おおまめど”と書いて、なんと読む?

まずは東横線と環状2号が交わる大豆戸町(正解は「まめどちょう」です!)陸橋脇の、「レンタルボックス大豆戸町陸橋下」内に設置されたものです。

こちらは鶴見方面から大豆戸町陸橋を登り切り、降りかけたところの右正面に見えてきます。

しかしこの日は新横浜方面から向かってましたので、陸橋の手前を右の側道に入ります。
するとすぐに見えるのが、大豆戸町ヤードです。

大豆戸町陸橋のすぐ脇、大豆戸町ヤード

そしてこちらが、新たに取り付けられた電子看板です!

大豆戸町ヤードの電子看板

幅3.46m、高さ1.78mの大きさで、2階建てのコンテナの上段に取り付けられております。

発光しているLEDも大粒で強力なものなので、逆光でもハッキリ見える優れもの!

大豆戸町陸橋を鶴見方面から登って、降りかけた時に、右側に現れます。
走行中となることから、運転には十分ご注意の上、確認してみて下さい。

川崎市と横浜市の市境といえば、鶴見川!

さて次なる場所は、環状2号線をそのまま川崎・鶴見方面に進みますと、川崎市との市境になります鶴見川。
これに掛かる末吉橋があります。

末吉橋

横浜側から渡り始めると、右側の川向うに見えてくるのが「レンタルボックス末吉橋パート2」で、その壁面に同じく電子看板が取り付けられております。

橋の横の電子看板、その他。

見晴らしいい場所ですね!

こちらは橋の上だけでなく、河原の土手などからもよく見える位置に付けられております。

春先などの天気の良い日に、ここでボ~~っとCMを眺めているのも良いかもしれませんw。
いや、ほんと、気持ちのよい河原でしたよ。

鶴見川と土手

お客様感謝祭(未定)!?

さて、今回は大豆戸町を中心とした、新横浜から末吉橋まで、加瀬倉庫の施設を巡ってみました。

その間、お客様がレンタルボックスからご自分の“道具”を取り出しにみえた所に遭遇し、「あ~、リアルにレンタルボックスが使われている」と実感いたしました。

当社のサービスは基本“無人”の施設が多いので、我々もお客様に直接お会いする機会は少ないのですが、その内「お客様感謝祭」的なイベントが出来たら楽しいんじゃないかな?なんて考えも芽生えてきましたw。

はてさて、実現するのかどうか…、
お楽しみに!

土地活用でお悩みの方、いらっしゃいませんか?

加瀬の土地活用スペシャルページ出来!

あなたの土地活用、大丈夫?

土地活用。

一般庶民にはあまり馴染みのない言葉かもしれませんが、
ある程度古くからその土地で生活をしている人にとっては、
代が代わるごとに、沢山頭を悩ませる問題になりますね。

何しろ、都内で土地を持っていると、相続のたびに1/2になってしまう、と言われていますから。

相続の問題も然ることながら、
固定資産税などの税金もかかることだし、遊ばせておく手はないですよね。

狭い日本では、相対的に諸外国よりも土地の価値は、高いのです。

使える土地は、積極的に使いましょう!

当社株式会社加瀬倉庫は、元々は運送業・倉庫業の会社でしたが、
現在は多くの不動産を所有し、それを運用している「不動産会社」です。
(詳しくは、加瀬ホールディングスのHPでご確認ください)

加瀬グループHP

現在のビジネスモデルの主流となっているのは、
大家さんや地主さんから土地や建物をお預かりし、それを運用することで収益を上げるというスタイルです。

そこで当社は、様々な土地の有効活用に関するノウハウを、山のように保有しております。

土地、と一言で言っても、様々な地域だったり場所だったり、環境だったりして、
その活用には、向き不向きがあるのです。

ソリューション(解決策)の数が少ないデベロッパーに相談してしまうと、
「あ~、この土地では無理ですね」と断られたり、二束三文で買い叩かれたりと、ろくなことがありません。

「使える土地は、使いましょう」

そのためには、数多くのソリューションを蓄え、如何なる状況にも対応出来る柔軟で優秀なパートナーを見つける事が大切です。
会社の大小や、有名かどうかではなく、如何に実績を積み重ねた会社かが“選択のポイント”です。

加瀬倉庫は、この業界で40年近いの実績があります。(1978年創立)

加瀬グループ ロゴ

土地活用のポイントがわかる!問題解決の緒が見える!

この度当社が開設した「加瀬の土地活用スペシャルページ」には、土地活用に関する数多くのノウハウや解決策が載っています。

数多くの解決策があるからこそ、あなたにピッタリのソリューションが見つかるのです。
もしこの中に無かったとしても、ご安心ください。
加瀬グループの総力を上げて、あなたの問題解決に挑みます!

是非一度、加瀬の土地活用スペシャルページにお立ち寄りください。

加瀬の土地活用

加瀬のレンタルボックス キャンペーン情報!

電話申込限定!一年分一括払込でプレゼント!キャンペーン

加瀬グループのキャンペーン情報

お疲れ様です!

お天気がハッキリしない東京地方ですが、皆様の地域はいかがでしょうか?
かなり蒸し暑く、気圧も低いので、人間の体の対応力も低下しがちです。
十分に気をつけて、冷房などを上手に利用しながら健やかにお過ごし下さい。

夏のお祭り!レンタルボックスのサマーキャンペーン!

さて、加瀬グループでは、夏のキャンペーンや新規キャンペーンが大賑わい!
今月も数多くの“お得物件”を「特選物件」としてご紹介しておりますので、
是非とも「お得なキャンペーン」ページにてご確認下さい。
早い者勝ちで、条件の良い物件からどんどん埋まっていきますので、お申込みはお早めに!

お得なキャンペーンページ

更に現在、「電話でお申込み頂いた方限定、一年間一括払いキャンペーン」を実施しております!
レンタルボックスとバイクヤードでは、若干条件やプレゼント内容が違っておりますので、
よくご確認の上、お電話にてお申込み下さい!

一年分一括払いキャンペーン

マンスリーマンションは、全物件キャンペーン対象に!

加瀬グループでは、「マンスリーマンション」事業も展開しております。
こちらも毎月数物件をキャンペーンとして、大幅割引の対象としておりますが、
今月・来月はナント全物件がキャンペーンの対象に!


マンスリーマンションキャンペーン情報
ナントモ太っ腹なキャンペーン
となっております。

東京に長期出張だったり、観光、あるいは夏休みのバカンスに、
ホテルよりも安くて便利な「マンスリーマンション」のご利用をご検討下さい!

流行りの“シェアハウス”も割引料金でご利用いただけます!

今女性を中心とした若者の間で話題になっている“シェアハウス”。
安い価格で良いロケーションの家に住むための、加瀬グループのシェアハウス・サイトです。

一人だと家賃が大変だけど、大勢で頭割りすれば、とっても楽に暮らせます!
“シェアハウス”のそんなメリットが俄然注目されていますね。


シェアハウス・キャンペーン情報
そんな当社サイトの7月期のキャンペーン情報は、こちら!

人気の東横線や田園都市線沿線都心への便が良い蒲田・川崎などといった好立地の物件が、対象になってますよ~!
是非ともご覧になって下さい。

田町・芝浦の新街区「ムスブ田町」、2020年春に完成!

東京の港区にある田町駅。

この東口エリアにあった東京ガスの土地に、
この度新しいビル街が出来ることになり、その名称が「ムスブ田町」と決定しました。

ムスブ田町完成図

東京ガスと三井不動産、三菱地所の3社の共同開発で、
「TGMM芝浦プロジェクト」として建設が進んでいましたが、
この度その名称が「msb Tamachi(ムスブ田町)」と決まったというわけです。

この名称には、駅前のミクストユースの街づくりを目指す同プロジェクトにおいて、
「ONとOFF、伝統と革新、三田と芝浦など、人・モノ・ことを有機的に『結ぶ』役割を果たし、
街の発信力を高めていきたい」
という思いが込められているということです。

プロジェクトは2棟のオフィスビルと1棟のホテルで構成されます。
注目のホテルは、フランス高級ホテルチェーンの「プルマン」が、日本初進出となります。

ムスブ田町マップ

街の概要は、東京ガスが事業主となる「msb Tamachi 田町ステーションタワーN」は、スマートエネルギーセンターも含まれる地上36階、地下2階延床面積は約15万平米以上の大規模オフィスビルで、2020年東京オリンピックの年の春に竣工予定です。

三井不動産と三菱地所が共同事業者となる「msb Tamachi 田町ステーションタワーS」は地上31階地下2階で、延床面積は約13万平米となり、「ホテルプルマン田町」は地上9階地下2階、客室数は143室となるとのこと。こちらは一足先に2018年5月の竣工を予定しており、ホテルは同年秋から営業を開始する予定です。

さてさて、今度はどんな体験を私たちに与えてくれるのか、発展していく芝浦の街に、注目が集まります。

芝浦といえば、このエリアには当社トランクルームが2ヶ所あります。

◎トランクルーム港区芝浦2丁目  港区芝浦2-14-13

◎トランクルーム港区芝浦  港区芝浦2-14-7

都心部のトランクルームは常に“満室”状態が多いのですが、「芝浦2丁目」店は若干空きがあるようです。
ご利用はお早めに。

また、下の写真の様に、芝浦以外にも当社物件は数多く点在しておりますので、
気になる方は、そちらもチェックしてみて下さい。

芝浦地域の弊社物件

では、芝浦地域の発展を祈りつつ、また!