シェアリング・エコノミーの時代

不安定なお天気が続く関東地方ですが、
天候や気温の変化で、体調を崩されませんようにお気をつけ下さい。

新しいタイプの高級シェアオフィスから、シェアリング・エコノミーの形を探る

暑くなると、家の中とか事務所の中に篭って仕事や勉強をしがちですよね。
しかし、たまには気分を変えて、カフェやコワーキングスペースなどに出かけたい気がします。

シェアしても高級感を、という新しい発想

月単位のレンタルオフィス、とまでは行かなくても、
今日の午後だけ、とか時間単位で使える「ワークスペース」があるのはありがたいものです。
私もたまに、世田谷区の施設である「世田谷文化生活情報センター」などを利用していた時期もありました。

しかし、こういった公共のスペースの場合必ずしも仕事をしている人だけではないので、騒がしくて落ち着かなかったり、飲食が出来なかったりと、何かと不便も多いもの。インターネットが使えても、激重だったりして、仕事には使いにくかったりします。

やはり“有料”でも民間のコワーキング・スペースは居心地の良いものです。
適度に静かで、空調も効いていて、Wi-Fiもサクサク動くし…。

しかし、会社としての体裁をもう少し整えたい、とか、大事なお客様をもてなしたいなどという要求も、ビジネスの世界では起こりうる問題です。
これまでよりもちょっとくらい高くても、会社としての体裁を整えたい…。一流企業の雰囲気を、低価格で叶えたい…
こういったニーズに応えるサービスが、大阪に登場しました。

2017年5月に大阪御堂筋線「本町」駅すぐの所にオープンしたシェアオフィス「EPISODE(エピソード)」は、そんなコワーキング・スペースの中でも一際高級感を打ち出すことで差別化を図った、最大級・最高級のシェアオフィスとなっているそうです。

150平米超のゆったりしたスペースにビジネスラウンジと小割のレンタルオフィス、ミーティングルームなどを備えたもので、常駐スタッフによるドリンクサービスもあり、家具類やインテリア類も高級感漂うものとなっています。
ちなみにお家賃は、これまでの料金の約2倍程度と思ってもらえれば大丈夫かと思いますw。それにしても、自らが全部を取り揃えようと思ったら、とてもそんな金額じゃ整いませんから。

様々な展開を見せる加瀬のシェアリング・エコノミー

この他にも一昨年辺りから、カー・シェアリングやシティサイクル、シェアハウス、民泊、レンタルスペースなど、シェアリング・エコノミーが、日本で本格的に動き始めました。

アメリカでもUberなどが大人気となり、タクシーに変わって都市生活の足としての地位を確立していますし、中国ではナント、「傘シェアリング」なども始まっているそうです。

加瀬倉庫では“シェアリング・エコノミー”などというハイカラな言葉が使われるずっと前、昭和の時代から「レンタルボックス」「トランクルーム」などの事業を通し、一つのコンテナを多くの人と使ったり、ビルのワンフロアをトランクルームにしたり、オフィスの一部屋を分割して使えるようにするなど、シェアリング・エコノミーを推進してまいりました。

ここで、加瀬倉庫の展開する“シェアリング・エコノミー事業”をご紹介いたします。

コンテナボックス

◎レンタルボックス(https://www.kase3535.com/)
ご存知、船便運搬用のコンテナを区分けして、レンタルボックスという新しいジャンルのレンタル収納スペースをビジネスとして確立下、当社の自慢のシェアリング・サービスです。畳1帖程度の小さなものから、丸々一個のコンテナを使える8帖タイプまで、様々なタイプを取り揃え、皆様のご利用をお待ちしております。

トランクルーム

◎トランクルーム(https://www.kase3535.com/)
こちらはビルのワンフロア、もしくはそれに類する場所をパーテーションで細かく仕切り、それらのスペースをお貸しするシェアリング・サービスです。普段は使わない家庭用品やレジャー用品などを、空調を整えしっかりと保管いたします。レンタルボックスよりは若干割高ですが、スペースの狭い都市にはピッタリのビジネスと言えるでしょう。

加瀬の貸し会議室

◎貸し会議室(https://kaigi.kasegroup.co.jp/)
こちらも基本は都市部のオフィス街で展開している“レンタル・スペース”ビジネスです。場所と設備を時間単位で借りられるので、自社内では出来ない打合せや会議、セミナーなどを行うのに最適です。これぞ正しく「シェアリング・エコノミー」と言えそうですね

レンタルオフィス

◎レンタルオフィス(http://www.kase2201.com/)
今流行の“シェア・オフィス”や“コ・ワーキングスペース”などと呼ばれるタイプのオフィス=仕事場です。机一個を時間でシェアするところから、ある程度の広さの個別事務スペースまで、作業場は個別、会議室や応接室、アメニティは共有というスタイルで、コスト・パフォーマンスの高いオフィス環境をご提供しております。スタートアップやノマドワーカーには大評判のシェアリング・サービスです。

マンスリーキャンペーン

◎マンスリーマンション(http://www.575-0050.com/)
以前は“ウィークリーマンション”という名称で親しまれていたサービスですが、最近は「月単位」にすることで、さらにお安くご提供出来る様プランニングしております。長期の出張や、簡易の宿泊場所として、体と衣服さえあれば今日から生活出来ます!という利便性とスピード感が受けております。更に人気の秘密となっているのは価格。ホテルなどよりも抜群に安い価格帯で長期の滞在が可能なマンスリーマンションも、立派なシェアリング・エコノミーです。

シェアハウス

◎シェアハウス(http://www.kase0082.jp/)
シェアハウスは、現代のシェアリング・エコノミーの代表選手!「シェアルーム」や「ゲストハウス」などという呼び名とともに、いの一番にお伝えしたいオススメのサービスです!これからも、安く、楽しく、快適に都会暮らしをしたい!という多くの若者の夢をかなえるべく、発展を続けていく事でしょう。

◎その他のシェアリング・ビジネス
加瀬のシェアリング・ビジネスはこれだけではありません。「貸し看板、貸し工場、貸し倉庫、貸ガレージ」などなど、個人向けから法人向けまで、様々なシェアリング・ビジネスを展開いたしております。

小さなスペースから大きなスペースまで、あらゆる“スペース・シェアリング”に関わる加瀬倉庫の活躍に、是非ともご注目下さい!