東京都北区赤羽にあるレンタルボックスを訪ねて その3

こんにちは!レポーターのゆたろうです。
今回のゆたさんぽは、「赤羽北のレンタルボックスを後にして~♪」です!

北区最北部の浮間方面へ!

モデルルームとレンタルボックス

レンタルボックス赤羽北を離れて、環八通りを北赤羽駅・赤羽口方面に戻り、ここからいよいよ北区の中でも最北の方面へと進路をとるため、新河岸川を越えることに。隅田川は、岩淵水門で終点となり、水門前に流れ込む川から上流は新河岸川となります。JR線の高架下にある浮間橋を歩いて対岸へ。北側を見ると、背の高いマンションが建ち、南側を見ると、視界を塞ぐようにガードが見える先に住宅地が広がっていました。

昔と比べると、工場が減ってその代りにマンションが増えた…そんな印象があります。実際、工場跡地のマンション化は進んでいるかもしれません。

そうして橋を渡って坂道を下った先に、JR埼京線北赤羽駅の浮間口が見えてきました。この北赤羽駅、駅が川の上に跨るような形で建てられています。

浮間橋の真ん中。昔に比べるとマンションが多くなった印象。
JR埼京線北赤羽駅の浮間口です。北赤羽駅は、川の上に駅があるので駅改札は東西両端にあり。浮間口は西端、東端は赤羽口です。川の上で、ホームも普通の駅より高さがあるので、出る改札を間違えると結構しんどいです。(^^;

駅前の高架下とその周辺は、スーパーや100円ショップの他にも、飲食店が固まっていて少し目立ちました。大きい工場が減ったとはいえ、まだまだ町工場や小さい会社も稼働している地域なのだなという印象を持たせてくれます。まだ明るい時間でしたが、暗くなってきたら、この駅近辺の酒場で酒宴の歓声が響くのでしょう。w

この駅前の街並みを抜けて、西へ西へと進んでゆきます。基本住宅地なのですが、時折小さな倉庫や会社事務所がありました。

やがて、目的地付近に近づくと、目印にしていた露天風呂の名前がついた銭湯を発見!そして、銭湯を横目に進み広い通りに出てレンタルボックスを探します。

コンテナボックス浮間パート1のある敷地の隣にある銭湯”ゆの花”です。看板には露天風呂の文字も!これは気になりますね!
やきとん屋からコンテナボックスの敷地方向に曲がると、浮間かにパンの看板。かにの形をしたパンだけということでもないだろうに・・興味を引く看板でした。

レンタルボックスがあるという地図の目印が指し示す場所の一角を見つつ歩いていると、モデルルーム展示場が視界に入ってゆきます。その隣には、内側へと続く通り道があり、そこから視線を遠くに向けると、ありました!ピンク色の扉が西日に照らされていい感じに映えてます。
ここがレンタルボックス浮間4丁目です。

モデルルーム展示場の横の通路を進んだ奥に、レンタルボックスが設置されています。
所在地:東京都北区浮間4-6

ドアではなく、シャッターが取り付けられたコンテナボックスもありました!
タラップは、一台あります。

空腹と日暮れの西日の中、最後のレンタルボックスへ!

ひとしきりレンタルボックスを眺めて、もう一つの場所”浮間4丁目パート2”に向かおうと道路に出たら、店頭で焼き鳥を焼くいい匂いに吸い寄せられそうになりました(^^; 昼下がりから歩き続ける間、お腹もすいてきていたので、先ほどの十字路に面したラーメン二郎系のお店(やきとん屋さんの小路をはさんだ隣の角で営業)も気になってしまいますが、こちらは幸か不幸かまだ準備中でした(ーー)

先ほど通った”露天風呂 ゆの花”の隣、交差点に面した場所には、”ジロリアン浮間店”もあります。名前の通り、山盛りで有名なラーメン二郎のインスパイア店です。

ジロリアン、やきとん屋、スーパーマーケットのカズンがそれぞれ面している十字路まで戻り、ここから更に西へと移動。

進んでゆくと、機械音が大きくなってゆきます。
その方向を見ると、古紙リサイクルの工場でしょうか?山と積まれた裁断された紙の塊や段ボールが印象的でした。その町工場を横目にまっすぐ進んでゆくと、すぐに丁字路となり正面は緑が多い。こちらは、浮間水再生センターのようです。その隣には、浮間中学校と浮間子供スポーツ広場があります。

丁字路を右に曲がり、JR線の高架に近づいてゆくと、その高架に沿うような形で、コンテナボックスが集まっている一角が見えてきました!

ここが、最後の目的地、レンタルボックス浮間4丁目パート2です。

こちらは、扉の色がピンク色やカラーリングされていない灰色ではなく、黄色!これは初めて見かけました。
最近(このレポートを書いている時)見た加瀬倉庫の新しいCMの映像にも黄色いコンテナが登場しておりましたが、もしかしてこちらで撮影されたのだろうか?などと瞬間思ってしまったのでした。(^m^)

所在地:東京都北区浮間4-15 扉の色がピンクではなく黄色いのが印象的でした。
タラップは一つです

  

コンテナボックスの壁部分で、目立つ場所に宣伝看板を掲示するというのも、中々良い共存関係ができていて、いいな!とおもったのでした。

 

夕暮れが近くなり、隣の運動公園での時間を終えて家路に就く球児や、近隣の住人が時折通り抜けてゆきました。

 

本日最後の目的地であるレンタルボックス浮間4丁目パート2から、JR浮間舟渡駅はすぐ近くにあるので、駅を目指してロータリーを目指すことに。

高架を潜って反対側に出て、駅前へと続く道路を進んでいると、右手に大きな浮間公園が見えてきます。中央に大きな池があるのが特徴で、この池の中央が区境となって東が北区、西が板橋区ということで真っ二つに分かれているという面白い公園です。

この向かいに、JR浮間舟渡駅のロータリーがあり、暑い晩夏の散歩旅もお開きとなったのでした。

浮間舟渡駅前にある浮間公園です。中央の池の真ん中が区境界となっており、この画像の右側が北区、左側が板橋区となります。まだ明るかったので、地域のみなさんが憩う姿が見られました。
ロータリーの先にあるのが、浮間舟渡駅です。この日は長閑でしたが、夏に近隣で行われる花火大会開催の際は大混雑します(^^;

・・とはいえ、さすがにおなかが空いたし歩き疲れて癒しが欲しい!そんなわけで、駅に入る前にロータリー沿いにある焼き鳥屋“焼き鳥えぶり”にて、焼き鳥とビールで一息入れてしまいました!お疲れ様です!

焼鳥えぶりは、店頭で焼き鳥を購入して持ち帰りすることもできるし、店内が立ち飲み屋となっているので、こちらで焼き鳥をつまみにお酒を飲むことも可能なお店です。ちなみに、このお店の目の前が区境となっており、お店の住所は板橋区となる。面白い立地だ!w

今回は中々面白いレンタルボックス巡り&街歩きでした

また、面白い町とコンテナに出会ってゆきたいものです!(^^)

~おしまい~

 

話題沸騰!ついに日本でもスマートスピーカーが使える!

ここしばらく、悪天候が続いておりますね。
めっきり冷え込む季節となりつつありますが、皆様お元気でしょうか?

まだまだ台風などの影響も受けやすい時期ですので、くれぐれもご用心下さい。

さて今回は…、

各社激突!スマートスピーカーの覇権争いが勃発した。

米国IT巨大企業3社+日本企業の図式か?

【スマートスピーカー】
今更説明の必要もないでしょうが、AI搭載の「音声リモコン」としての機能が注目されているIOT製品です。

何しろ、円筒形(なぜかこの形が多いですね)の外部スピーカーに向かって、「エアコンつけて」とか「TVを○チャンネルに」とか「○○の曲をかけて」とか命令すると、それを実現してくれる、というアシスタント機能が搭載されているので、家の中の快適性が劇的に上がる!と注目の商品群です。

これらには、先にも述べました通り“AI”が搭載されており、人間の言葉を理解し、それを実行するという役目を果たしています。
ゴレが正に【アシスタント】と呼ばれる所以なのですが、英語や日本語など各種の言語や、訛(なまり)だったり、幼児言葉だったりと様々なパターンを認識し、正しい行動を行うためには、相当な“頭の良さ”が必要になりますね。

何を言い出すかわからない気まぐれ人間の言葉の意味を瞬時に捉えて、行動に移す、って、結構人間でも大変ですよね。

気まぐれな社長や上司に振り回されている社員さんの感覚っていいますか、それだけ学習も必要でしょうし、何せ大変な技術力と時間の蓄積が必要なわけです。

これに挑戦し業界をリードしているのが、アメリカの大手IT企業のBig3

ご存知、
○Google
○Amazon
○Apple
の3社です。

先駆者“Alexa”は、家から飛び出しアウトドアでも!
AmazonECHO

まず、業界に先んじて2年前からこれらの製品を出しているのが、通販の世界最大大手Amazonの「Amazon Echo」です。
これにはAlexa(アレクサ)と呼ばれるAgent(エージェント)が搭載されており、すでにこれまでの経験も含め磨き込んで来たことで、非常に正確に人間の言葉を実行出来る様になっています。

また、Alexaには「Skills(スキル)」と呼ばれる追加拡張機能が備えられているので、一部特別な用語や操作、特定のスマホや機器などとの連携も、後から拡張機能を追加できる仕様となっているのです。
またこのAlexaスキルを開発するにも特殊な音声解析や言語処理の知識や経験は必要なく、開発環境さえあれば簡単にスキルの開発が行えるところも人気となっています。

アメリカではすでに2年以上前から発売されているAmazon Echoですが、ようやく今年中には日本でも発売されるようで、いやが上にも期待が高まります。

それに先立ちアメリカではすでに新しいAmazon Echoシリーズも発売されています。

AmazonEchoとEcho Dot
Amazon Echo Dot … これは、Amazon Echo付属のスピーカーに不満な方向けに、ご自分の最高級?スピーカーを接続するためのデバイスです。(写真右)
Amazon Tap
Amazon Tap … こちらはナント、電池を内蔵している“持ち運び可能”なタイプです。

本来は家電や音楽などをコントロールするスマートスピーカーですが、これからIOT(モノとつながるインターネット)が進むと、自動車や自転車、電車などとの接点も出来てくる事が予想されます。
また、スマホとの連携や外出先から家の電気製品をコントロールすることなど、外出時にこれらを使いたくなるケースが考えられます。

これまではスマホに搭載されているSiliのようなアシスタントを使って、いくつかは実現可能でしたが、これからは【スキル】のような簡易機能拡張を使って、自分の思い通りにカスタマイズすることが可能になるため、様々な生活シーンの中で活躍する可能性があります。楽しみですね♪

ライバル達も負けてはいません!既発売のGoogle Homeの出来栄えは?
Google Home

先日発売されたのが、Google Home。14,000円という価格は今後の日本でのスマートスピーカーの、まずはプライスリーダーとなります。

こちらには「Google アシスタント」と呼ばれるAI機能が搭載され、Androidスマホと同様「OK Google!」などと呼びかける事で機能発揮となります。

Googleによりますと主な機能は、「知りたいことを調べる」「タスクをこなす手伝い」「音楽再生」「スマートデバイス操作」の4つ
ただこの4つ、かなりアバウトな内容だけに、実際買ってみるまで何が出来るのか、よくわからないという気もしますw。

一説によれば、先行していたAmazon Echoの方が出来ることが多いとの評価もあり、世間的には静観ムードとなりそうですが、10月23日に発売となるGoogle Home Miniが6,000円という定価を引っさげて登場するだけに、日本では一気に先行してしまう可能性もあります。

後は、リビングのセンターに置くものだけに、デザインの好みなどもあるでしょうね。
真っ黒な印象のAmazon Echoと、白っぽいGoogle Homeでは、かなりその要素は強くなると思います。
(勿論、製品色のバリエーションも増えてくるとは思いますが)

更には、ソニー、パナソニック、JBLなどのオーディオ機器メーカーもGoogleアシスタント内蔵のスマートスピーカーの発売を予告している事もあり、一気にこちらの陣営が数を増やしていくことも考えられますね。(それにしても、またしても日本企業は米国の後塵を拝する形ですね…)

「知りたいことを調べる」機能は、天気やGoogleカレンダーの予定、占いなんかで使えますので、続けざまにいろいろ質問すれば、ちょっとした“話し相手”になってくれますねw。

他にも期待のスマートスピーカーが!

あと2つ、期待のできる製品があります。
LINEが10月5日に発売したのが、Clova WAVE
LINE Clova WAVE

本体価格はGoogle Homeと同じ14,000円ですが、なんと来年1月までの期間限定で、LINE Music一年聴取料とセットで12,800円のセールを展開中!
J-POP好きを狙い撃ちにしているこのキャンペーンで、一気に若者層を取り込もうという狙いが見えます。
意外に若者層には人気がないと言われるスマートスピーカーだけに、こういったアピールは有効かもしれないですね。

さて、最後に残った“巨大企業”は、ご存知「Apple」です。
Apple HomePod

同社は今年の9月にサンノゼで行われた発表会の席上で、Apple HomePodの発売を宣言し、今年の12月からまずは英語圏向けに発売を開始します。
その後、日本語を始めとする各国語の対応に入ると思われますが、Appleは元々Siliという音声認識アシスタントを持っており、こちらはかなり前から日本語で動いている事を考えると、比較的近い将来、対応機種が出るものと予想されます。

こちらの特長はやはりその音質で、他の機種に比べ、相当グレードの高い音量・音質を実現した上で、Apple MusicやiTuneストアの膨大なコンテンツが利用可能となる、音楽マシーンになると思われます。
その分、お値段が張ることも考えられますので、AmazonやGoogleのものと、全く同じ土俵の商品とはいえないかもしれません。

2021年までには、世界で75億台という予想も

さて、各社がしのぎを削る「スマートスピーカー市場」ですが、2021年までには75億台に達するという予想も展開されております。
正に“一大市場”となるこれらのデバイスの争いは、日本では今始まったばかり。

とは言え、リビングに1つ、キッチンに1つ、書斎に1つ、寝室に1つ、とドンドン家の中で数を増やしそうな勢いもあります。(かつてのTVのようですね)
ましてや“外出用にも1つ”となれば、更に勢いを増していくことも…w。

まあ、それだけ人間が手や体を動かす必要がなくなる、ということですので、それはそれで、別の問題も起こるかもしれません。
いづれにしても、今年から来年の「世間の流行り物」として、日本でも本格的に一般的な話題になる日も、そう遠くはないと思いますよ。

加瀬のレンタルボックストランクルームにもこれらの持っている機能が付いたら、かなり便利になるかも!

受付でIDと品物をマイクに向かって話せば、それが奥から出てくる、なんて未来も、案外近いかもしれませんね。

東京都北区赤羽にあるレンタルボックスを訪ねて その2

こんにちは!レポーターのゆたろうです。
さて今回は…

赤羽横断!赤羽⇒赤羽台⇒赤羽北です。

駅そばにそびえる黄色いビルは、加瀬のトータルソリューション・ビル!

赤羽岩淵駅周辺から赤羽北方面へと移動する前に、この近辺にガレージ倉庫があるということで寄り道をすることに!
地図を確認すると、岩淵交差点からかなり近い場所にあるようです。

自動車がひっきりなしに行き交う岩淵交差点から、ガレージ倉庫赤羽に向かって歩を進めます。

赤羽岩淵駅1番出口。岩淵交差点の角にあるので、目立ちます。
岩淵交差点。この通りの先に進むと、新荒川大橋です。

交差点に面した場所には、立ち食いの豚骨ラーメン屋さんである龍龍(ロンロン)もありました。周辺には、他にもいくつか飲食店の看板を見かけました。

岩淵交差点にある、立ち食いとんこつラーメン屋さんの龍龍(ロンロン)です。通りかかった時間は、まだ準備中でした。

そこから歩くこと数分、北本通りの埼玉方面側の横道を入ってすぐの場所に、ガレージ倉庫北区赤羽はありました。十字路に面した場所にあり、目の前の道路が広めです。

所在地:東京都北区赤羽2-58-7

トランクルームガレージ倉庫の入口が隣り合っている構図になっており、ガレージ倉庫は1階に、トランクルームは2階にあります。この正面二つの入口とは別の場所に、住居エリアの入口がありました。

1階は天井高になってますので、長尺物なども含めいろいろ使えそうですが、
残念ながら、現在は満室、ということでした。

この上の階は当社の賃貸アパートになってます!

画像正面はトランクルーム、その右隣自販機裏手はガレージ倉庫の入口となっております。
ガレージ倉庫入口です。手前は、屋外型のバイク駐車場。
専用のカードキーで解錠、入室することができます。
自販機は100円
画像奥の北本通り(埼玉方面)から横道をを入りすぐの場所にあります。
建物横手には、住居スペースの入口があります。エレベーターで上の階へ。
入口横には駐輪場

周囲は住宅地となっておりますが、この地区からもう少し南下して駅に近づいてゆくと、だんだんと飲食店の数が増えてゆき、やがてアーケード商店街・スズラン通りにたどり着きます。(ちなみに、アーケードの愛称はLaLaガーデンといいます)

新幹線を下と上から跨ぐw。そして、赤羽北部へ!

さて、ガレージ倉庫とその周辺をひとしきり眺めた後は、いよいよ北西に向けて出発!

そのまま西に西にと移動したので、赤羽駅周辺に広がる繁華街の喧騒からはやや離れた場所を通り過ぎてゆく事に・・・w

そんな、駅からはそこそこ離れた静かな場所に、焙煎汐蕎麦・金字塔が営業しております。一風変わったつけそばが食べられるお店です。また、世界各地のビールも飲むことができます。

西へ西へと進んでゆくと、JR線の高架下に到着。
目的地へは、ここから高架の東側を沿って北上し、環八通りに出て西進した方が楽なのですが、折角の赤羽散策なので、高架下を潜って線路西側を移動した先にある八幡神社桜並木(季節は暑い晩夏ですがw)を巡って移動することとしました。

その八幡神社は、埼京線と東北・上越新幹線の線路を跨ぐような場所に位置しております。
「いいのかな?」などと思うのですが、線路の真上は社務所で、その脇あたりにお社があるので、大丈夫(何が大丈夫なのか?というツッコミがありそうですが^^;)なのでありますw。

線路がトンネルへと吸い込まれゆくその上に敷地があるのだ!
八幡神社入口。看板を正面に見て右が参道、左側は自動車用通路となっております。
坂は、急です。
坂道を登っている途中、視線を横に向けると、その先に新しく建てられた東洋大学の赤羽台キャンパスが見えました。
車道側の鳥居と、登ってきた坂道。その先に線路。

境内周辺は人もまばらで、とても静かな空間でした。その外側から、時折電車が通り抜ける時のガタゴトという音が届いてきて、それもまた趣がありました。
この静謐な空間の中で、ひと時静かに過ごしつつ、通り抜ける電車を眺めたりなどしていたのでした。

境内
縁結びのきつねさま
神社の境内からは、線路がはっきりと見下ろせる場所あり!鉄道オタクには涙モノの風景でした。

八幡神社を後にして、赤羽台のふもとから伸びる赤羽緑道公園に沿って移動しつつ、目的地を目指します。赤羽駅西口から続く通りに出たら、今度は環八通りに向けて北進です。

この通りは、両側に桜の樹が植えられており、春の桜満開の季節となれば、桜のトンネルが出現して、目にも鮮やかな光景を見せてくれます。
あいにく、季節は秋に向かおうとしているけれど、青々と茂った並木道も中々良いものです。秋の枯葉散る季節も、趣ある光景が見られそうですね。

緑道公園の入口です
緑濃い細道が長く続く
赤羽駅前からトンネルを抜けて続く通り
この通りは、春になると桜満開となり目にも鮮やかな光景が広がります!
途中、トイレに立ち寄った公園には、しだれた枝葉をたなびかせる巨樹もありました!
オープン直後の東京北医療センターの建物が見えました。
そして環八通りまでやってきました。遠くに、埼京線と新幹線の高架線路が見えます。目指すレンタルボックス赤羽北は、この反対方向にしばらく進みます。

ようやくJR赤羽北駅に到着、その先には…

さて、環八通りを少し西に進み右手に”浮間中央病院”が見えてきたら、病院から道路を挟んだ向かい側の細道を入って進んでゆくと、レンタルボックス赤羽北に到着です。

所在地:東京都北区赤羽北2-20-3

こちらもまた、住宅地のど真ん中に位置しており、周囲を家々が取り囲んでいるようなロケーションとなっております。この平屋から離れたところに、団地やマンションが建っているのが見えて、面白い光景に思いました。

すぐ近くには、幼稚園・保育園や小学校などもあり、子供人口も多そうです。そのためか、注意書きの筆頭も“遊び場ではありません!”という文言となっております。確かに、レンタルボックス前の広いスペースも、その奥の両脇にズラリと並んだバイクボックスの細道も、子供が好きそうな空間かな?と感じましたね。(笑)

赤羽北ヤード
注意事項の筆頭は、「子供の遊び場ではありません」である。確かに、保育園や小学校も近いので、あちこちで子供が元気に遊んでいそうですね!(笑)
2帖のレンタルボックスが2台ずつ、向かい合わせに設置されています。
反対側の2台
両脇にズラリとバイクコンテナが並ぶその様は、中々に格好いい風景に感じました!

地面には、この場所がかつて駐車場であったことを教えてくれる名残があった。
バリカー(画像中央の柵)は、立ち去る際は元に戻しましょう!
入口には、花壇あり。これが、より長閑な雰囲気を強くしていたように思いますね。
細道の向かいにある、浮間中央病院。

ここでひと時を過ごした後、環八通りからJR北赤羽駅近くまで引き返し、今度は新河岸川を越えて浮間方面へと向かいます!

~その3に続く~

「シタマチ.フロント」上野フロンティアタワー、11月開業!

すっかり冷え込んで参りました今日このごろですが、
皆様に於かれましては、お風邪などひかれてはいないでしょうか?

え?私ですか?

私は一山、乗り越えました^_^;
先週・先々週は咳き込んじゃって酷かったのです。
お薬も大量に飲んでいたので、腎臓病むんじゃないかと心配でした…。

というわけで、今週も頑張っていきましょう!

新たな上野エリアのランドマーク誕生へ!

上野フロンティアタワー

2017年11月4日、上野に新しい商業施設が!

Jフロントリテイリングと大丸松坂屋、パルコの3社は、松坂屋上野店南館跡に2017年11月4日に開業する「上野御徒町プロジェクト」の正式名称を、「上野フロンティアタワー」とすることを発表しました。

場所は東京メトロ銀座線「上野広小路」駅を出た眼の前で、上野観光の入り口的なロケーション。JRの御徒町駅からも徒歩2~3分です。秋葉原ともほど近い事があり、海外からの大勢の観光客も見込めるエリアです。

建物規模は、総床面積約41000平米、地上23階地下2階の複合商業施設で、内14600平米が商業施設として使用されるとの事です。

地下1階が松坂屋上野店で、地上1~6階がパルコ7~10階がTOHOシネマズとなるそうです。
12階から22階は、「上野の杜」をテーマにした落ち着いた雰囲気のオフィス棟となります。
現在の時点ではすでにほぼ満室ということで、約1,000人の方々がここで働く事になります。

この辺りは高いビルが少ないので、ほんと、見晴らしが良いことでしょう。
上野の森や隅田川や、東京スカイツリーなんかを眺めながら働けるなんて、羨ましいですね。
上野フロンティアタワー入り口

上野エリアでは初のシネコン誕生!

実は私、昨年の今頃はこのビルのすぐ裏で働いており、工事用ダンプやトラックの排気ガスにまみれてたんですが、出来上がってその恩恵を受けること無く、この地を去ってしまいました。残念です。

特に残念なのがTOHOシネマズですね。それまでこのエリアには映画館が無く、浅草か銀座、新宿、六本木などに出ていく必要がありました。
働いていた頃も、なぜこのエリアにシネコンが無いのか、不思議でした。

この辺りで5年も働いていていつも悩みのタネだった映画館問題が、去った途端に解決しちゃって、かつての同僚たちは、喜んでいることでしょう^_^;

ただ、ここ最近の“シネコン・ブーム”って個人的にはあまり好ましく思っておりません。シネコンって、たしかに臨機応変にその日に混みそうな映画を優先的に掛けている様で、一見合理的ではあるのですが、「ここではあの映画をやっていたはずだ」と思って行ってみても、「今日はやってませ~ん」みたいなことが何回かあったもので、すっかり信用出来なくなりました。

1週間以上前から計画的にチケット取ったり出来れば良いのでしょうが、「ちょっと時間出来たから映画でも行くか」という時には、結構不便な事があります。
まあ、好き嫌い言わずに、やってるモノを見る、というスタンスなら問題ないのでしょうが…w。
ビル周辺マップ

「シタマチ.フロント」に込めた“上野”の意気込み!

このビルのオープンを受けて、Jフロントリテイリングではこの地域を「シタマチ.フロント」と呼び、活性化を図る意気込みが凄いです。

上野は今、海外からの観光客が東京でも屈指の多さ。
何しろ美術館や博物館のような文化的・芸術的な施設が軒を連ねるわ、由緒正しき神社仏閣もそこここにあるわ、上野動物園、不忍池、谷根千に続く道など街としての魅力はあるわ、浅草から東京スカイツリーへの玄関口としての価値はあるわで、大賑わいにならない方がおかしい状況です。

今「上野」は、東京のどの街よりも散策する価値がありますよ。
詳しくは上野観光連盟のマップと、サイトをご覧ください。
上野散策マップ

トランクルームも沢山あるのですが…

台東区上野近辺には、当社の物件も数多くありますよ。
トランクルームだけでも、上野・御徒町・入谷辺りに13件あまり。
しかしながら、この辺りは需要も多いので、常に満室が続くお店もあります。

すみません。

これからも頑張って増やしていきますので、よろしくお願いしますm(_ _)m

また、同じくレンタルスペースとして「貸し会議室」もありますよ。

◎加瀬の貸し会議室 入谷
◎加瀬の貸し会議室 御徒町

こちらもレンタルボックスやトランクルームと同様、どうぞご贔屓に!

東京都北区赤羽にあるレンタルボックスを訪ねて その1

皆様こんにちは!
レポーターのゆたろうです。

以前、足立区のレンタルボックスを訪ねましたが、ふと隣の北区はどれくらいレンタルボックスが設置されているのだろうか?
ということで、調べてみると北区全体では13件のヤードあり、その半数が区の北部にあることがわかりました。
それならば!と北区北部にあるレンタルボックスを訪ねつつ、赤羽を東から西北西に向けて横断してみました!

東京都北区の北部、レンタルボックス訪ね旅w ①

炎天下の志茂駅から岩淵水門方面へ

スタートは、東京メトロ南北線・志茂駅からです。

志茂駅1番出口。以前はシャッターが下りていた場所にローソンが営業している。ちなみに、バイクボックスに近いのはもう一つの2番出口である。

まずは、この志茂駅近くにある、バイクボックス北区志茂4丁目を目指します。
北本通りを赤羽岩淵駅方面に進み、信用金庫の先を右に曲がり住宅地を進んで行くと判りやすいのですが、この日は周辺住宅地の雰囲気も見たいなと思い、北本通りから裏道に入り、住宅地を歩きつつ目的地まで向かいました。

なお、普通に最短距離を歩けば、駅からは徒歩7分程で到着します。
住宅地の中を歩いていると、街道のような、商店街のような通りがあり、そこを歩いていると神社から境内まで少し距離のある熊野神社がありました。

神社入口です。ここから境内までは少し距離があります。

神社の境内の先には、隅田川と荒川放水路を隔てる岩淵水門も見えます。この水門は、通称「青水門」と呼ばれていたりします。ちなみに、この青水門が完成するまで使われていた旧岩淵水門も残っており、こちらは「赤水門」と呼ばれています。
こちらでは、参拝したり水門を眺めたりなど一服。

熊野神社の境内です。木に隠れてしまってますが、岩淵水門も遠くに見えました。
神社の近くには公園あり

夜来てみたい街、居酒屋竜飛は迫力満点!

そこからバイクヤードに向かって進んでいると、通りを間違えてしまい、そこにあったのが「竜飛」という居酒屋さん

訪問したのは昼下がりなので、まだ準備中状態。

こちらでは、害獣として駆除されるトドの肉や、ワニ肉、ダチョウなどを食べることもできるのだそうな!他にも、日本ではあまり食べられない肉も食べられるのだとか?
明るい時間帯だったので当然ながらお店は営業してなかったのですが、どんな味なのか?ちょっと気になったのでした。

さらに、バイクボックスに近づくと、そこにはテルメ末広という銭湯があり、入口には今か今かと開店を待つお客さんたちが並んでおりました。

昔ながらな雰囲気の外観でしたが、全体的に建て替えたばかりな綺麗さがある印象でした。バイクボックスを訪れてから再びこの場所を通った時は、既に営業が始まっていたのか、待ち人はいなくなっていました。

暑い日だったので、歩きだして既に汗がかなり流れているような状態でしたが、時間もないのでそこは我慢して、目的地へ。(^^;
バイクヤードは、この銭湯がある通りから更に細道を入った先にありました。

所在地:東京都北区志茂8-1-4
周りは細い路地!

この住宅密集地の中においては、自動車よりもバイクのほうが小回りが利いて利便性は高そう
そして、駐輪できる場所も中々ない場所であるならば、不安なく保管できる専用コンテナの存在は中々貴重なものではないかなという感があります。 お高めなスポーツサイクルの保管もできるのも良ポイントですね。

コンテナをワイドに設置しておりますが、入口前が広場のようになっているので、狭さもあまり感じさせないのは良かったなと思いました。自販機もちゃんと設置されております。

周りは住宅地なのだけれど、少し広めにぽっかりと空いた広場の中に二列、青いバイクコンテナが設置されております。

岩淵町に銘酒あり!丸眞正宗に興味津々w


ひとしきり過ごした後、今度はここから更に北西の岩淵町方面に歩いて、国道沿いにあるレンタルボックスを目指します。

北本通りに出ずに、複雑に入り込んだ住宅地の通りを右に左に進んで行くと、やがて北本通りの北端、新荒川大橋の近くに出ました。

この坂を登った先に新荒川大橋があり、越えると埼玉県に入ります。画像奥のタワーマンションは、日本でも指折りの高さを誇るエルザタワー55です。

この橋からほど近い場所には、23区内では珍しい造り酒屋の“小山酒造”さんが営業しております。(※長く23区内で営業している唯一の造り酒屋です。現在は、港区にもう一軒酒蔵さんがあります)

蔵見学なども実施しているので、興味のある方は是非!

小山酒造さんの事務所そして醸造所です
マンションに、小山酒造入口を示す看板あり。北本通りから細道を20m~30mほど進むと、小山酒造があります。

こちらで作られている日本酒・丸眞正宗が、蔵からすぐ近くにある酒屋さんで販売されていたので、一本購入してみました。
ちなみに、こちらのお店では丸眞正宗のコーナーがあります。蔵からすぐ近くで営業している酒屋さんならではですね!

購入した丸眞正宗の酒瓶をガードレールの柱に立ててみました。(笑)
酒瓶の拡大画像!純米吟醸を購入しました。丸眞正宗銘柄は、種類様々あります。

東京メトロ最北端?の赤羽岩淵駅近辺

さて、この北本通沿いの酒屋さんから少しばかり通り橋から離れた方向に移動すると、レンタルボックス岩淵町が見えてきます。

所在地:東京都北区志茂8-1-4
コンテナボックスの反対側には、自販機あり。
北本通りの都心方面側にあり、8帖コンテナ6室と小規模ではありますが、隣は広めのコインパーキングなので、とても目立ちます。
高層マンションの頂点から差し込む強い日差し!レンタルボックスの隣は広いコインパーキングです。

更に少しだけ都心方面に進むと、環八通りの起点でもある岩淵交差点となり、こちらには東京メトロ南北線最後の駅である“赤羽岩淵駅”があります。

そして、コンテナボックス横の細道から一本裏手の通りに入って行くと、門の奥から大きな観音様が見つめて下さるお寺・浄土宗正光寺に至りました。

お寺の名前は、正光寺です。
門の手前からも、観音様が見つめてくださってます。中々に大きな観音様です。

こちらで、これから先の無事を祈念して、いよいよ北区の北西へと進路をとって横断開始です!

~その2に続く~

芸術の秋、読書の秋。秋はコレクションが増える季節です!!

10月に入り、本格的な“秋”の到来を感じさせる今日このごろですが、
皆様に於かれましては、いかがお過ごしでしょうか?

私の周りは、私を始めとして“風邪っぴき”だらけ…^_^;
マスクがすっかり流行の兆しですw.

今週は、お医者様からいただいた沢山のお薬で乗り切りました。

さてさて世間は読書の秋、今週はノーベル文学賞の発表もあり、
長崎県出身の日系イギリス人作家のカズオ・イシグロさんが見事受賞しましたね!

日系人だし、同じルーツやハートを持つ方の受賞はとても嬉しかったのですが、
あれ、もう片方の“ハルキ・ムラカミ”はまた…?。
ご本人は全く気になされていないようのですが、我々ファンとしては、毎年やきもきする所です。

イシグロさんも、ちょっと気を使っていらしたのが、如何にも日本人的でしたね。

私自身、イシグロさんの作品は読んだことが無いので、この機会にぜひ読んでみたいと思います。
今頃本屋さんでは品切れが続いているでしょうが、Kindle版ならすぐ手に入りますしね。(Kindleは電子書籍の事です)

AmazonのKindle版「遠い山なみの光」
AmazonのKindle版のアイコンです。

ちなみに、「遠い山なみの光」に関しては、617円で売ってました。

私自身、最近の読書は、すっかりKindle版になってます。雑誌までKindleで買ってますし。
何せ、一回買うとKindle(専用機)で無くても、iPhoneやiPadなどのスマホ・タブレットでいつでも何処でも読めるのが最高に便利ですから!

しかしながら…、

そんな“Kindle派”の私ですが、未だにセッセと「文庫版」で集めている作家さんがいるのです。

その方の名前は、「万城目学(まんじょうめまなぶ)」氏。←本名
1976年生まれの大阪出身、京都大学卒。

2006年「鴨川ホルモー」で作家デビューを果たし、その年の「本の雑誌」のエンターテインメントで1位となります。
その後、幾つもの作品で日本の文学賞に次々ノミネートされるも、未だ受賞には及ばず、現在に至りますw。

しかし、鹿男あをによし」(2008年フジ)はTVドラマ化されるなど一気に人気が急上昇し、「鴨川ホルモー」(2009年松竹)「プリンセストヨトミ」(2011年東宝)「偉大なる、しゅららぽん」(2014年東映)が映画化され、一時はベストセラー作家と肩を並べる勢いでした。

最近ちょっと名前を聞かないナ、と思ってましたが、つい最近「パーマネント神喜劇」という作品を発表しております。

そんな私が先日、風邪で会社を休んで家で寝ていた時、ふと思い立って枕元にあった「鴨川ホルモー」を読み返しました。
鴨川ホルモー

これ、やっぱ面白いし楽しい!
そして、個性的!誰の小説にも似ていない。

それにしても奇想天外な世界観
発想の豊かさには脱帽です。

何しろ、実在の場所や建物とフィクションの世界の境目のグラデーションが絶妙で、嘘と本当の分水嶺の上をクネクネ進んでいくようなストーリー展開が、興味をグイグイ加速させていきます。

有名な歴史的建造物や史実が数多く出てくるので、親近感が湧く内容も良いのですが、主人公の若者たちがかなりボンクラばかりで、僕らとあまり変わらない姿で活躍するところも、妙に共感が湧くのです。

っというわけで、まだお読みでない方は、これからでも是非どうぞ。

偉大なる しゅららぽん
また、「本はちょっと苦手」という方でも、映画だったら気楽に見られると思いますよ。
殆どがAmazonを始めとしたネット動画で閲覧できますし、DVDも出てます。上にリンクしておきました。
(ちなみに万城目映画によく出てくる濱田岳さんは、大好きな役者です!!)

で、私がなぜ万城目作品を“文庫本”で集めているか、というと、

ずばり、“趣味(コレクション)”です。
鹿男あをによし
文庫本という「形あるもの」として持っていたいのです。
だって、文庫本の表紙のイラストがとても素敵だし、机の横にでも並べておきたい…、という願望があります。

 

っというわけで、あくまでもコレクターとして、万城目学作品を文庫本で集めているのですが、何か。

おっと、実はコレクションはこれだけではありません。
万城目さん以前にも、近い所では「探偵はBarにいる」にはまり、東直己さんの作品を買い漁りましたよ。そして今でも全部、持ってますよ!
探偵はBarにいる
(そう言えば、映画「探偵はBarにいる3」がもうすぐ公開になりますね!楽しみです♪)

「攻殻機動隊」も自慢じゃないけど、映画・TVシリーズのDVD全巻持ってますし。(あ、ハリウッド版の攻殻機動隊はまだ持ってないな)
その前は「パトレイバー」、さらにその前にはTVシリーズの「エヴァンゲリオン」全巻VHSテープで集めてました。ははは…。
ちょっと肩身が狭くなったので、最近は“文庫本”で集める様にしてるんです。

いずれにしても、そろそろ保管が厳しくなってきたころ、強い味方を発見!

こういう時こそ、トランクルームがあるじゃないっすか!

私がどういうタイミングで「コレクションを見たく」なるかと考えてみると、何かに刺激を受け(新しい映画が出たり、TVで古い映画を見たり)、急に思い立っちゃう事が多いのですが、まあ「今すぐ見たい!」みたいな衝動的なものではなく、「あ、今度の休みにでも、ライブラリから発掘してこよう」とかのゆっくりものなので、家の外、トランクルームに入れておいても全然問題ありません。

家の整理整頓もできて、ちょっとした断捨離をした気分です。

っというわけで、恐らくこれからも私の収集癖は治らないでしょう。
だから、いつもお側にトランクルーム&レンタルボックスが必要なのです!

 

おそ松さまでした!w

JR社宅跡(川崎市幸区)の再開発。コトニアガーデン新川崎、2018年春オープン!

すっかり秋の気配の今日このごろですが、
お風邪などひかれてはいないでしょうか?

実は私も、周りに合わせてw喉の痛みを訴えて、病院に行ってしまいました。
病気にかかると、健康のありがた味を思い出しますね(*^^*)

さて今回は、2018年春にお目見えする新しい街についての話題です。

2018年春、北加瀬のJR社宅跡地に「コトニアガーデン新川崎」誕生!

コトニアガーデン新川崎

コンセプトは“多世代交流のまちづくり”

ジェイアール東日本都市開発は2018年春までに、川崎市幸区に「コトニアガーデン新川崎」と名付けられたエリアに、
60戸の賃貸住宅に、高齢者福祉施設、スーパー、カフェ、認可保育園などを統合した街づくりを行う、と発表しました。

場所は幸区北加瀬2丁目の一部で、東急東横線日吉駅から直線距離で約1.5キロ、JR新川崎駅東口から徒歩約10分ほどのところ。

敷地総面積は11,600m2で、賃貸住宅は5階建てで1LDKから3LDKまでを備える「ViewLieto(びゅうリエット)新川崎」。
店舗スペースは2棟で延床面積は約2700m2。
スーパーやカフェ、フィットネスクラフ、クリニック、調剤薬局、学童保育、習い事教室などを備えています。

さらには、高齢者福祉施設「NRE新川崎弥生テラス」認可保育園である「にじいろ保育園北加瀬」も併設されます。

さらにさらに、ここに集う人々の交流の場所として、芝生エリアや遊具エリア、ステージなど3000m2の大きな広場もあります。

コンセプトである子供から高齢者まで一緒に暮らせる「多世代交流のまちづくり」
きっと笑顔や笑い声の絶えない、素敵な街になっていくことでしょう。
コトニアガーデン新川崎の概要

加瀬倉庫のカセは、地名の加瀬のカセ…

っというわけで、今回なぜこの話題を取り上げたか、と申しますと…。

この“加瀬”の文字に反応して、のことです。

当社「加瀬倉庫」の社名にもなっております「加瀬」は、
正にこの辺りの地名に由来しているのですから。

当社は昭和48年(1973年)、川崎市幸区の南加瀬にて「有限会社加瀬運輸」としてスタートいたしました。
以来今年で44年間、事業を続けさせていただきました。

これも一重に、地域の皆様やご愛顧頂いているお客様のお陰と感謝しております。
ありがとうございました


加瀬グループ ホームページ

また、加瀬の近所には、こんなに沢山のレンタルボックス・トランクルームがあります!

レンタルボックス南加瀬2丁目 神奈川県川崎市幸区南加瀬2-30-1
レンタルボックス南加瀬5丁目 神奈川県川崎市幸区南加瀬5-36
レンタルボックス南加瀬5-28 神奈川県川崎市幸区南加瀬5-28-1
レンタルボックス南加瀬パート2 神奈川県川崎市幸区南加瀬4-34-14
レンタルボックス南加瀬4丁目 神奈川県川崎市幸区南加瀬4-14
レンタルボックス南加瀬 神奈川県川崎市幸区南加瀬5-13-10
トランクルーム幸区北加瀬 神奈川県川崎市幸区北加瀬1-33-10

これからも皆様のより良い暮らしのサポートや、不動産活用の一助となるべく努力を重ねてまいりますので、
何卒よろしくお願い申し上げます。

また、元になっております加瀬運輸は、相変わらず元気に稼働中です!
株式会社加瀬運輸ホームページ