三河島 隙間にスッポリとはまっていたレンタルボックス

こんにちは!レポーターのゆたろうです。

今回は、三河島方面に行った際に訪れたレンタルボックス荒川をご紹介いたします。その場所は、大きな通り沿いにありながら、通りに面した幅が狭いためか周りの風景に溶け込んでしまい、気づかず通りすぎそうになってしまったのです・・・・

HPには、JR三河島駅から徒歩9分ということになっておりますが、この日は京成線の新三河島駅で下車して、目的地まで向かうことにしました。こちらは、明治通り沿いに駅があるため、駅を出たらそのまま明治通りを三ノ輪方面に進んで行けば辿り着くことができます。

明治通りを東に進んで行くと、尾竹橋通りと交錯している宮地陸橋に至ります。陸橋の反対側を見ると、ハングル文字の書かれた教会などがあり、さすがは都内でも古くからあるコリアンタウンなのだなと改めて認識します。

なお、この教会の先は道が二股に別れていて、右の道へ行けばJR西日暮里駅へ、左の道へ行けばJR三河島駅に至ります。

目的地へは、ここからもう少し東にあります。

京成線の新三河島駅前、明治通りに面しております。ここから三ノ輪方面に向かって進んでゆきます。
宮地陸橋下。尾竹橋通りと交錯しています。画像奥の方向に進んでゆくと、JR鶯谷駅に至ります。
ハングル文字の教会がありました。1階は焼き肉屋さんのようです。さすがは東京でも古くから存在するコリアンタウンですね!
宮地陸橋から更に進んで、陸橋を振り返ってみました。地図によると、この辺りに目指すレンタルボックスがあるはず・・

地図をみる限り、宮地陸橋を越えた先の明治通りの北側沿いにあるようなのですが、一向にそれらしい姿が見えないなあとキョロキョロしつつ歩いていると、不意に紺色の大きな四角い箱が目に飛び込んできました!

どうやらこちらが、目的地の“レンタルボックス荒川”のようです。

通りに面して幅の狭い敷地には、バイクボックスが入口に多数固められており、通りに面したボックスには”荒川ヤード”と書かれておりますが、かぶさるように自販機が設置されているので、意識していないと普通に通り過ぎてしまいそうな、隠れスポットのような構造をしていてちょっと面白く感じました。

バイクボックスの奥には、鍵のかかった扉があり、その先には物置型のレンタルボックスが複数設置されている造りとなっております。物置風のレンタルボックスというのも、あちこち巡っていて初めて見かけたかもしれません・・・

所在地:東京都荒川区4-2-3 荒川ヤードのプレートが表に掲示されているバイクボックスがあります。現在は自販機も設置されているようです。
明治通り沿いにありますが、意識しないと通り過ぎてしまうくらいに周りの風景に溶け込んでいました。(^^;
左側にはバイクボックス1台
右側には、バイクボックスが4台
奥に行くと、鍵付きの扉の先に物置型のレンタルボックスが配置されておりました。初めて見るタイプかも・・
左側
右側は、手前にバイクボックスあり。
敷地の隣のお店の看板”レンタルバイク”の表記が気になりました。オートバイのレンタルか?自転車のレンタルか?両方か・・・

レンタルボックスを一通り見た後、JR三河島駅からも徒歩10分以内で行けるようなので、折角だからルートの確認も兼ねて移動してみる事に。

先程通過した宮地陸橋まで戻り、尾竹橋通りを進んでゆけば確実に三河島駅まで行けるだろうと思うのですが、遠回りになります。なので途中の横道を入って駅まで行けるルートを探してみようかと考えて歩いていると、それらしき道があったので、そこから駅を目指してみました。

それほど広くない通りの両端には家々が並び、結構くねくねとしておりましたが、脇に入る道は更に細いので、道なりに進んでゆくと駅まで迷わずに行けるのではないか?と思いました。駅に近づくにつれて商店の割合が増えて、最終的には尾竹橋通りに出るルートとなっておりました。

通りに出ると、視線の先にはJR三河島駅が見えます。

JR三河島駅
画像中央の横断歩道辺りに、右へ曲がる道があるので、そこに移動です。
通りはくねくねしておりますが、ここを道なりに進んで行くと、明治通りにたどり着くことができます。

裏通りに入った先に、間口狭めで奥行きのあるレンタルボックスには出会いましたが、大通りに面していて周囲の建物に紛れ込んでいるような造りのレンタルボックスは初めて見たかもしれません。そして、物置風のボックスも・・・

また、別の場所でもこのような”隠れボックス”は見つかるでしょうか?

意外にありそうな気もしますね。(笑)

では、次の場所で!