ばらきなかやまレンタルボックス

こんにちは!レポーターゆたろうです!

強い台風が通過して行きましたが、皆さんは大丈夫でしたでしょうか?

台風が過ぎて、ここ数週間ですっかり涼しくなり、朝夕は歩きやすい気温になってきました。ただ、日没の時間が急に早くなってきたので、夕方明るい内にレンタルボックスを巡れなくなったのが残念です(^_^;)

さて、今回も東京メトロ東西線沿線に予定があったので、終点近くの原木中山(“ばらきなかやま”と読みます)駅で途中下車して、駅近くにあるレンタルボックス市川高谷を訪問してみました。

駅北側のロータリー

駅前のロータリーに出ると、こちらは浦安駅と比べるとずいぶん静かで灯りも少なかったのが印象的です。住宅地の中にある駅だからなのかもしれませんね。

こちら側の駅の入口は、小さい。

地図を見ると、東西線の高架から近い位置にあるようなのですが、ロータリーのある出口から直線的に行こうとすると、細くて曲がりくねった道が多く迷いそうだったので、できるだけ広めの通りを選んで目的地まで目指すことにして出発です。

 

結果的にちょっと遠回りな往路になってしまいましたが・・・(^_^;

ロータリーから高架に沿って進み、大きい通りから行こうと考えたのですが、実は遠回りしていたことには気づいていませんでした。(汗)
広い通りに出たら、高架を背にして直進です。暗いです。
ゴルフ練習場が見えてきたら、左折して細道を進んでゆきます。
細道を進んでゆくと、二手に分かれている道を左(赤い看板のコインランドリーがある側)に曲がってまっすく進んでゆくとレンタルボックス市川高谷にたどり着けます。ちなみに、この画像の左側にマツモトキヨシ原木中山店があります。

暗い夜道の中、打ちっぱなしのゴルフ練習場を横目にして、思ったよりも細い通りを進み、マツモトキヨシ先の二股の道を左に入り更に進んで行くと、やがて左側にシルバーのコンテナが見えてきて、レンタルボックス市川高谷に到着です!

ファミマの駐車場から、レンタルボックス入口を撮影しました。その背後には、東西線の車両が通過するのが見えました!

周囲は住宅地で街灯も少なく暗いのですが、シルバーボディが浮き上がって見えるので、そこが加瀬倉庫のコンテナであることは判りやすいかもしれません。

通りを挟んだ向かい側には、コンビニエンスストアのファミリーマートがありました。思ったよりも体を冷やしてしまっていたようで、トイレに入ることができたのはありがたかったです(^_^;)

まっすぐ進んでゆくと、レンタルボックスのすぐ先は交差点です。そばにはファミリーマートもあります。

時折、東西線の電車が通りすぎて行くのがすぐに判るくらいに高架に沿った敷地に設置されていて、通り過ぎる車両から漏れる光が、暗い敷地周辺に不思議なアクセントを与えていた様に思えます。

所在地:千葉県市川市高谷1-4

敷地は、かなりの奥行きがあるけれど、前回訪問した浦安の様な2列に別けられる程の幅はなく、両脇にコンテナが配置されております。

入口すぐのレンタルボックスはピンク扉。疑似2階もあります。
中央の通路は広々余裕があります。レンタルボックス市川高谷の大半は銀扉のボックスです。

高架下の灯りと、電車の通過する音に引かれて最奥部まで行くと、金網フェンス一枚隔てるだけの線路沿いに位置していることがわかります。高架下は駐輪場になっており、結構明るいので安心感があるのではないかと思ってしまいました。

広い敷地なので、タラップも多数あります。

この部分にも表からは隠れるように形でコンテナが設置されており、2階利用の為のタラップがあります。このタラップを登って、もと来た方角を見ると、遠くにぼんやりと原木中山駅ホームの灯りが見えました。

敷地の最奥部が見えてきました。東西線の高架と、その下にある駐輪場に隣接しています。
見上げれば、電車が通過してゆきます。
タラップを上って高架の先を見ると、原木中山の駅ホームが遠くに小さく見えました。
疑似2階は、奥の方にもあります。
不法投棄禁止です!
入口から見て左側
入口から見て右側

レンタルボックス訪問を終えて駅まで引き返すことに。駐輪場の先に細い路地が見えたので、帰りは線路沿いから引き返すことにします。

先程のファミリーマートがある辺りは十字路になっているので、ここから高架潜って反対側に出ると、すぐに側道の入口が見えてきました。

ファミマのある交差点から高架を潜って迂回すると、高架に沿って細道がまっすぐ続いているようです。帰りはここを進んでゆきます。

脇には飲食店が並んでおり、落ち着いた雰囲気ながら、寂しさはあまり感じられませんでした。

この通りをひたすらまっすぐ進んで行くと、途中で道がかなり狭くなって行くのが、秘密の抜け道を行くような感じがしてちょっと面白かったです。(笑)

駐輪場からレンタルボックスの敷地を見ております。隔てるのはフェンス一枚のみです。
駅に向かって進んでゆくと、更に道は細くなってゆきます。

この細道を進んで行くと、インド料理屋前で広くなり、高架下には商店街の入口がありました。

徒歩で行くなら、このルートが一番早く最短で到着できるでしょう。

こちらがわの駅前周辺は、飲食店やスーパー、コンビニが並んでいるのでそこそこ明るく駅前感が出ておりました。

飲食店が右側にあり、そして左側に高架下の商店街が見えてきました。ここまでくると、駅も近いです。
細道を出ると、駅の入口が見えてきました。
この高架下の商店街をまっすぐ進んでゆくと、原木中山駅の改札に到着です。この日も結構遅い時間になり、やはり少し疲れ気味だったので、そのまま直進して東京へと向かいました。。。(^^;

少し歩き疲れた事もあり、静かな駅周辺でゆっくり食べて過ごしたかったのですが、前回の浦安編同様思いのほか時間が過ぎてしまっていたので、簡単に済ませてそそくさと東西線に乗って都心へと向かったのでした(^_^;)

しかし、この東西線沿線のレンタルボックス・・前回の浦安もかなりの広さでしたが、他の場所も広い敷地の物件なのだろうか?他にも妙典や葛西にもあるようですが・・

恐るべし東西線沿線!ですね! 

他の東西線沿線のレンタルボックスはどのような雰囲気をしているのか!?機会を見つけてまた訪ねたいものです。

では、次の場所で!

バイクに乗りましょう!

こんにちは。

先日来、乗り物関係のブログネタが多くなってますが、
ここの所、筆者の“バイク熱”が高まっている現れでもありますw。

しかし、純粋に「バイクって流行ってない?」と感じることも多いので、
話題も多くなっている、ということではないでしょうか?
それも以前と違い、結構ミドル層のライダーが増えているような…。

高額なハーレーやBMWなどがバンバン売れてるという話もあり、
バイクに乗る方の年齢層も、かなり上がっていると感じます。
そんな“熟年ライダー”の方々にも再度チェックしていただきたい話題を今回はご用意しております。

バイクは安全に乗ってこそ“趣味”と言えます。

そのためのテクニックや心構えは、何処でどうやって習得すればいい?
そんな疑問に答えるのが、今回のエントリーです(*^^*)。

バイクの免許取得は教習所が楽チン♪

そもそも“バイク”とは?

日本で「バイク」というと、原動機(エンジン)の付いた二輪車の事を指しますが、アメリカなどで「バイク(Bike)」というと、「エンジンのない二輪車=自転車」を指すことが多いようですね。

ロードバイク

他にも「オートバイ」「モーターサイクル」「自動二輪車」などという呼び方もあります。

まあ、どれでも大体意味は通るので、好きに呼んで下さいw。
ここでは、バイク=自動二輪車(原付も含む)とします。

現在のバイクのエンジン(原動機)は、ガソリンエンジンと電気モーターの2つに大別出来ますが、99%は未だにガソリンエンジンです。

電気モーターのバイクも、小排気量車では少し出てきておりますが、走行気距離なども問題で未だに実用化はされていないと言えます。(中◎製の怪しい製品などはたまに見かけますが…w)

でも自動車業界の状況を見れば、バイクももう5年程度で、結構その辺を走っている様になっているかもしれませんね。

バイクの免許ってどうなってる?

最初は、バイクの免許制度について復習です。

現在バイクの免許は排気量別に4段階に分かれております。

自動二輪車関連免許
●原付免許(50ccまで)
●小型二輪(125ccまで)
●普通二輪(400ccまで)
●大型二輪(制限なし)

また、ミッション(ギヤ)の形式により、
MT(マニュアルミッション。AT含む)とAT限定(オートマチックミッション)の2種類もあります。普通の二輪車がMTタイプで、スクータータイプの二輪車がATタイプとなります。

スクータータイプ

つまり、免許を取る際には、「○○ccまで乗れて、ミッション付きに乗りたい!」という様な形で希望を決めることになります。

最近はバイクもバリエーションが豊富で、800ccや1000ccくらいのオートマチック・トランスミッション車もありますが、「AT限定免許」の場合は「650ccまで」という括りがあるので、大型を狙う人は何も限定条件のない“MT免許”が前提となるはずです。

今ではこれら全てが自動車教習所で取得可能です。(実技免除)
(私がとった頃は教習所では取れず、試験場に何度も通ったのです)

っというわけで、どんなバイクに乗りたいかで必要な免許が変わりますので、ご自分でよく検討して決めると良いでしょう。

 

排気量は段階的に上げていくべき?

バイク乗りとして、これからバイクに乗ろうという方からよく聞かれる質問に、「バイクの排気量は、125、250、400などと、段階的に上げていくべきか?」というものがあります。

私も長いこと(40年ほど)バイクに乗ってますが、こう聞かれたら大体、

「人によるでしょ…」

と答えるでしょうねw。

なぜなら、実質的に排気量による危険度の違いは、体格や抑制力に大きく依存するからで、それは人それぞれ条件が違いすぎていて、アドバイスの仕様が無いからです。

体格や年齢、体力の有無は凡そその人の外観から判断することも出来ますが、実際のところはよくわからないし、運動経験だったり筋力などは見ただけではわからないものです。

バイクは二輪車です。

前輪・後輪の2つの車輪で立っています。二輪で何故立っているか、というと、人間がバランスを取って、車体の直立を保っているからです。(他にも回転する車輪のジャイロ効果などもありますが…)

バランスを保っている限り、バイクを支えるにはほとんど力は必要ありません。

またがっている人間は、片足を軽く地面に着いているだけでスッと立たせて置けます。この時点では人間には体格や体力は、全く必要ないのです。(足が着いている必要はありますので、最低限の足の長さは必要ですがw)

バイクが立っている限り、どんな小さな女性でも、お相撲さんのような男性でも、支えることは簡単に出来ます。
そのままエンジンの力を利用して走り出す事もさほど難しいことではなく、自転車に慣れている人でしたらそのまま曲がる事も出来ますし、止まることも出来ます。

しかし一時的にバランスを崩した時が問題です。足や腕、全身の力を使ってバイクを支えないと、貴方はバイクと共に倒れてしまい、最悪足を挟まれるでしょう。さあ大変!(^^;)

簡単に言えば、いざという時にどの程度の覚悟を持って事にあたれるか、という問題です。そんな時キチンと対処できるか否かは、バイクの大きさ・重さや扱いやすさでかなり変わってきます。

ハーレー

例えば有名なアメリカのハーレー社のバイクは、883ccでも車重が300kg近くあり、ホイールベースが長くて取り回しにくいのですが、国産の1000ccバイクは大体200kg強程度しか無く、取り回しも楽なので、女性や初心者でも取扱しやすいと思います。
バイク=排気量 ではありません。

なので、ザックリ言って「バイクの車重の軽いものから、徐々に重たいものに進化させていく」という考え方であれば、賛成できます

で、実際はどうやって免許取る?

バイクの免許を取るのなら、絶対教習所がオススメ!です。

教習車
菊名ドライビングスクールの大型自動二輪教習車。

原付一種(50cc)のバイクは、筆記試験のみで取れます(実地なし)し、普通自動車免許にも付随してきますので、比較的誰でも簡単に取得できると言えますが、実地試験がないといいうことは、実技に関しては、全くの素人の状態で一般公道が走れる、ということです。

実は私も、原付免許を高校生の時に親に内緒で取りましたw。
鮫洲の試験場に午前中だけ行けば、取れましたから。

次の日曜日、僕は先輩がバイクを譲ってくれるというので、喜び勇んで先輩の家に行き、バイクを引き取りました。

そのバイクは、HONDAのSS50というスポーツタイプのバイクで、クラッチ付き5速リターンミッション。(しかし、あまりカッコよくは無かったw)

HONDA SS50

その頃ギヤ付きのバイクといえば、家にあったのがオヤジのダックス50で、クラッチなしの3速ロータリーミッション。だから、これしか知らなかったのです。(内緒で乗ってた(^^;))

ホンダ ダックス50

ロータリーミッションは、ペダルを前に踏み込むと1⇒2⇒3⇒ニュートラルと、順にシフトアップするのですが、リターンはそうではなく、1ダウン4アップで変速していきます。(ニュートラルは1速と2速の間にある)

つまり、ロータリーのやり方だと、リターン式では1速以外、ギヤを入れられないという事。

先輩の家から自宅までの20kmくらいの道のりを、私は50ccのローギアのみで走って帰ってきたのでしたw。(途中、大きな国道も走ってます)

ま、何が言いたかったかというと、
バイクは誰かに習った方が、いろいろな意味で「100倍安心」だ、という事実です(^o^;)。

バイクと免許証
最近は、原付免許試験を試しにオンラインで受験できるシステムもあります!「ゲンチャレ!」なるサイトもありますので、まだ免許をお持ちでない方、是非ともお試し下さい。

バイクのリスクを背負うためにも…

っというわけで、バイクの免許を取るにはいくつかの方法がありますが、
特に周りにバイクに詳しい方がいなければ、スンナリ自動車教習所に入ってしまうのが、一番簡単・安全・確実です。

教習所:菊名ドライビングスクール
自動車教習所では、自動二輪車の免許取得コースも各種用意しているところがほとんどです。

免許証というのは、「公道を走ってもいいですよ」という許可であり、「もう貴方は免許皆伝で、何も学ぶことはありませんよ」というお墨付きでも何でもありません。

さらにバイクの実地講習は、路上教習がありません。ライダーは、免許を取ってから始めて“外の世界=公道”を走るのです。(以前の免許で公道を走っている場合もありますが…)

なので、“免許取り立て”が一番危険!と言われるのは、あながち間違ってはおりません。慣れないバイクで乗り出す瞬間が、一番危険度も高いのです。

また、よく言われる“排気量問題”ですが、
僕の個人的な意見では、バイクは125ccクラス(小型二輪)から公道デビューを図るのが一番良いのでは?と考えています。

バイクも軽くて、パワーもソコソコあり、交通の流れにも苦もなくついていけるし、いざという時も軽いので、支えるのはそれほど難しくは無いと思うからです。

小型二輪を取るのには実地試験がもありますので、教習所で講習を受けるのが一番早くて安全な方法と言えます。
練習場所や練習用バイク、装備もしっかり揃えられますし。

しかしながら、いざ“小型二輪”の免許を取ろうと思っても、教習所で「小型二輪教習」が無い、という場合もありますので、なら始めから「普通二輪」の免許取得コースで免許を取得してしまえば良いと思います。

その後で、125ccか250cc、もしくは最初から400ccでも良いでしょう。

走る場所や目的により、「ロードバイク(ON)」「オフロードバイク(OFF)」「スクーター(AT)」などのスタイルの違いもありますから、迷いますよね。

初めはロードから、と思う方もいらっしゃるでしょうが、ワタシ的にはむしろ「オフロードバイク」をオススメしたいですね。
オフロードバイクは軽くて丈夫、概ね燃費も良くて、保有していくのが楽チンです。
何しろ運転しやすいので、初めての方にも安心ですし、ちょっとしたオフロードに行くだけで、バイクに乗る有効な練習になります。

オフロードバイク
オフロードバイクとは、いわゆる不整地(未舗装路など)を走ることも想定しているバイクで、アドベンチャーとかデュアルパーパスなどと呼ばれる事もあります。

でもまあ、乗りたいものに乗って下さいw。それが一番です。

大型免許に関しては、予算と体力が許せば、最初から取りに行っても良いと思います。何の問題もありません。只、体力が無い人の場合は、かなり苦労すると思います。
しかし、体力は気力で乗り越える!くらいの根性のある方だとしたら、恐らく乗り越えられる程度のものだと思いますw。

どんなにバイクに慣れた人でも、タイミングが悪ければ“立ちゴケ”(跨って止まった状態でバイクを倒してしまう事)もするし、スリップダウン(滑りゴケ)もします。
バイクの場合、“運”も大きなファクターです。

バイクの排気量や重量の大きい小さいもファクターの一つですが、それだけではなく、様々な条件が重なって、いろいろな事が起こります。
良いことも悪いことも全てのリスクを請負った上で、バイクを楽しみましょう。(何事も同じだと思いますが…)

で、その辺りのリスクを出来るだけ小さくしてくれるのが、知識であり技術であり、テクノロジーであり、それらを学べるのが教習所であります。

知識や技術を習い、テクノロジーを使いこなすための訓練を教習所で行うと考えれば、教習料金は決して高いものではありません。
公道に出て、実際事故を起こしてから学ぶのでは、遅いのです。

この辺りは、バイクに乗って公道を走り、歩行者や他の交通機関と一緒にリスクを共有する一員として、当然備えておくべき能力だと思います。スムーズに社会生活に順応するためにも、免許取得は教習所を利用すべきです。

この近辺だったら、オススメは「菊名ドライビングスクール」ですね。

菊名ドライビングスクール

 

 

お近くの方は、一度ご検討下さいw。

っというわけで、今回はバイクに乗るための“免許”を中心に、バイク全般のお話をさせていただきました。

免許をとって、バイクを買ったら、保管場所は「加瀬のバイクヤード」をよろしくお願いします!

加瀬のバイクヤード

 

長々とありがとうございました!

浦安駅近くの大きなレンタルボックスを訪問!

レポーターのゆたろうです!

東西線で移動できる方面に用事があり、その帰りにどこか寄り道できそうな場所は無いか?とサイトの地図で探してみると、東西線沿線にもいくつかレンタルボックスやトランクルームがあるようです。

そんな中で、今回は東京メトロ東西線浦安駅近くにあるレンタルボックスを訪問しました!

駅に降り立ち、ロータリーに出ると、帰宅の時間帯にだからか、タクシーがずらりと並んでおりました。

その先は繁華街になっているようで、飲み屋さんや食事ができるお店も複数営業していそうです。お腹がすいていたのですが、食事していると益々遅くなってしまうので、先にレンタルボックスにゆく事にしました。

今回の目的地、”レンタルボックス北栄”は駅の北側にあるので、ロータリー横にある大きな通りから北上です。ガード下にも飲食店街があったのですが、我慢我慢で移動です(^_^;

浦安駅前のロータリーには、多くの車が停まっていました。
ロータリーの先には、飲食店が並ぶ繁華街があるようです。
東西線のガード下にも、飲食店街があるようです。
飲食店街の内部です。居酒屋多い印象。

通りを北上してゆくと、周囲がどんどん暗くなってゆきます。
所々で居酒屋やラーメン屋などの灯りがあるのですが、ネオンのようなものはほとんどなく、街灯も明るく照らすほどではなかったので、より静けさが増しているようでした。

そんな中を少し歩くと、浦安魚市場が見えてきました。当然シャッターが下りていて、既に店じまいとなっておりました。

この場所を境にして更に暗く静かな通りになってゆくのですが、家路を急ぐ人通りはありました。地図によると、この先の交差点の角でファミリーレストランのロイヤルホストが営業しているので、そこを右折すると到着となるようです。

浦安駅と隣り合って南北に延びている通りを少し北上すると見えてくるのが、浦安魚市場です。
魚市場のあたりから駅方面に振り返ってみました。人通りはそれなりにありますが、明かりは少なく静かです。
魚市場の側には歩道橋があります。商店街の入口もありましたが、こちらは目的地とは全然違う方向です。(^^;
目的地へ向かうため、更に道路を直進してゆくと、更に周囲が暗くなり、より静かさが増しました。
この、ロイヤルホスト浦安店がある交差点を東に折れてまっすぐ進むと、目的のレンタルボックスがあります。
ロイヤルホストと、セブンイレブンの間の細道を進みます。

ロイヤルホストとセブンイレブンに挟まれた道路を少し直進すると、暗がりでも確認できるレンタルボックスの文字と加瀬倉庫のカラーリングが見えてきました!今回の目的地、レンタルボックス北栄に到着です。

地図の状況からだと、住宅地の中にある小規模なものなのかとイメージしていたのですが、いざ近づいてみると結構な広さ!以前訪れた船橋本町のレンタルボックスの時と同じような感じですね!(笑)

所在地:千葉県浦安市北栄2-18

一直線に並んだレンタルボックスの眺めは結構壮観です!

予想していたよりもかなり規模が大きく広いレンタルボックスでした⁉

中央にもレンタルボックスが配置されており、仕切りのような役割も果たしております。通りを二つに分けているのですが、この通りもかなり広いので、大きめのトラックでも楽々入ることができそうです。

裏手も塀やフェンスなどのような仕切りが無いので、解放感がありました。もともとは工場や倉庫のような施設が建っていたのかもしれませんね。

なお、入口前の通りは広いのですが、一方通行になっていて表の広い通りに出る方向にしか進めないので、このレンタルボックスに入るためには、違う通りから入って迂回する必要があります。

中央に、仕切りのようにレンタルボックスが配置されていて二股に分かれております。
左側
右側は、疑似2階は設けられておりません。
中央のレンタルボックスは、右側の通路に面しているもの、左側の通路に面しているものがあり、等間隔で並べられておりました。
ドアストッパーは必ず固定を!
規模が大きいので、タラップも多数設置されております。
クギやネジを散乱させないように!ごみのポイ捨てをしないように!クギやネジはタイヤパンクの原因となります!
裏手はフェンス等設置されてはいないが、段差があるので自動車を入れることはできません。
道路からの高さがちょっとあります。バイクボックスが1台設置されております。
左側には、濃いピンク薄いピンクの扉もちらほら見えます。
入口近くに、疑似2階が設けられておりました。
疑似2階は8室
広めの通りですが、一方通行なので注意です。歩いてきた方向を見ております。ここをまっすぐ進んでゆくと、ロイヤルホストが営業している交差点に至ります。

レンタルボックス訪問を終えて駅に引き返すのですが、違う道を通ってみようということで、そのまま通りを南下して駅を目指すことにしました。

周囲は完全な住宅地となっており、こちらもまた暗く静かです。それでも、道行く人は結構いるので安心はありました。

この暗がりの住宅地の中、時折東西線の車両が通る音と車内から漏れてくる光の線が、浮かんでは消えて風景のアクセントとなっておりました。

レンタルボックス前の通りから東へと進んでゆくと、すぐに東西線の高架が見えました。暗い夜道に、時折電車の光と音が抜けてゆきます。この写真の交差点を右に曲がって、浦安駅に戻ります。
まっすぐ歩いて行くとすぐに東西線の高架が見えてきました!

駅の裏手に到着すると、駐輪場にはぎっしりと自転車が停められており、周囲の街から通勤通学で都心や船橋・津田沼方面に出ている人の多さを改めて意識してしまいます。さすが、朝の通勤ラッシュの混雑率が非常に高い路線だけのことはある・・・・(^^;

この裏手側は、洒落た水路が流れる遊歩道などが整備されており、その脇で営業しているおしゃれな飲食店も数軒見かけました。

駅の裏手(東側)には、駐輪場が設けられていて、ぎっしりと自転車が並んでおりました。
東側の入口は小さいですが、出入りする人は多かったです。この入口を入りまっすぐ進むと、私が出た改札に行くことができるようです。
駅の裏手は水路が整備されていて、良い雰囲気でした。左手にはバーなどの飲食店が数軒営業しておりました。

写真は無いのですが、この水路を進んでゆくと、駅のロータリーから見えた繁華街の一角につながっており、居酒屋やラーメン屋などが集中しておりました。

ちょっと遅い時間になってしまったので、手頃なラーメン屋に入ってそそくさと食事を済ませて、今回の訪問旅は終了となったのでした。

今回は想像よりも、かなり大きく広いレンタルボックスで、第二の屋外物置として、もしくは業務用でのニーズも高そうでした。(実は、訪問した際も、入れ替わりでワンボックスカーが用事を終えて出てくるところをすれ違いました)

さて、次に訪問するレンタルボックスは大きいものか小さいものか?中くらいか?

では、次の場所で!