三ノ輪4号線のトランクルーム

こんにちは!レポーターのゆたろうです。

以前、東京都荒川区の南千住に行く機会があり、少し時間もあったため周辺のトランクルームやレンタルボックスを訪問していたのですが、発表のタイミングが合わず今まで写真が眠っていた状態でした・・(ほかにも、最初に訪問したレンタルボックスの方の写真がうまく撮影できなかったということもあるのですが(^^;)

レンタルボックス訪問とつなげて発表しようかと考えて、ずっとお蔵入りさせていた状態でしたが、画像が揃っているトランクルームの方は、折角だから先に世に出してあげよう!ということで、今回は南千住駅から国道4号線日光街道沿いのトランクルーム荒川区南千住訪問のレポートをいたします!w

JR常磐線南千住駅駅の西口です。JR線以外に、つくばエクスプレスと東京メトロ日比谷線の駅もあります。

南千住駅は、JR上野東京ライン常磐線の他にもつくばエクスプレス東京メトロ日比谷線も停まるそこそこ大きな駅なのですが、駅周辺はのどかなものでした。この日は、駅の東側にあるレンタルボックス南千住3丁目に訪問した後に、線路を越えて駅西側に戻ってきました。(^_^;

広大な貨物駅からそのまま地上を線路が伸びているので、徒歩と自転車での移動は、歩道橋を渡って行き来しなければならず、ここから駅の西側へと戻ってきました。なお、自動車はアンダーパスでそのまま直進できるので、こちらは通過が容易です。

歩道橋の近くには、大正時代から営業しているという居酒屋「大坪屋」さんもあり、喉も乾いていて気になりましたが、寄り道するわけにもいかず、それ以前に営業していなかったので、そのまま通過しちゃいました。(ー_ー)

西口駅前ロータリーです。地図を見る限り、画像中央奥の小さい道からも目的地に行けないことはないのですが、南側の大きい道から広い通りに出て北上します。
駅西口から少しだけ南下すると、広い通りに出ます。ここから折り返して、千住大橋方面に向かいます。
交差点を南に振り返ると、すぐ目の前にJR線の高架が見えました。そこから線路の反対に行くには、自動車の場合はトンネルで線路を潜って反対側にゆかなければなりません。
常磐線の線路を潜った先には、東京メトロ日比谷線の南口と線路があります。この先に貨物船の線路がある為、地上の移動はできません。
常磐線高架の近くには、大正時代に創業した居酒屋「大坪屋」さんもありました!
居酒屋さんの先、東京メトロ日比谷線の南千住駅南口駅のすぐそばに、反対側へ行くための歩道橋があります。徒歩や自転車で移動する場合は、ここから行くしかないようです。

駅西口のロータリーから広い通りに出たら、北上して国道4号線方面を目指します。

地図を見る限り、周囲は住宅密集地の様なのですが、この通りだけがとても広いことが印象的でした。おそらくは、南千住駅東側が大規模な住宅地として再開発された際に、その方面へのアクセスを良くすることと、国道4号線(日光街道)にも抜けやすいようにということで、この辺りに広い道路を通したのかもしれない・・

そのようなことを考えつつ歩いていると、4号線の陸橋が見えてきました。
地図を見る限り、目的のトランクルームは4号線沿いにあるようなので、一旦4号線と合流する交差点まで出てから折り返すこともできますが、その前の横道からショートカットできそうだったので、住宅地の中も歩きたいという気分もあり、左の細道へと入ってゆきました。

細道を入ってゆくと、両脇はぎっしりと住宅がひしめいており、南北を貫く広い通りとの差を強く意識させられます。生活感が強く出ていて、この辺りは以前からずっと住宅地としてあるのだなということが感じられました。

そのような曲がりくねった細道を少し進んでゆくと、少し遠くに見覚えのあるカラーリングの建物がちらっと見えてきました。更に近づいてゆくと、やはりおなじみのクリーム色に赤いラインの建物です!

建物の全体を見ると、壁面に”加瀬のトランクルーム”という文字も見えます!塀で囲まれた外側の細道は、国道4号線に通じていたので、そこを進み表側に回り込んで、トランクルーム荒川区南千住に到着です!

周囲は住宅密集地なのですが、この通りだけかなり広いのが印象的でした。そのまま一直線に進むと、国道4号線と合流します。
広い通りの脇から延びる通りの両脇は、びっしり建物が並び密集地帯を形成しておりました(@_@)
道路沿いには、いくつかの飲食店も営業しておりました。
視界の遠くに国道4号線との交差点が見えてきましたが、目的地へはここから左に曲がる方が近いので、この細道を進んでゆきます。
住宅密集地の間の細い道を進んでゆきます。二股に分かれておりましたが、直進して更に細い道を行きます!
もと来た道を振り返ってみました
直進した細道は、その先で直角に曲がるのですが、そこからの視界には、見覚えのある配色の建物が見えてきました!w
その配色の建物に向かってすすんでゆくと、やはり加瀬倉庫の配色とトランクルームの掲示が見えました!トランクルーム荒川区南千住に到着です!

国道4号線沿いにある、トランクルーム荒川区南千住は、上の階が集合住宅になっているタイプで、トランクルームは1階にあります。シンプルな壁の真ん中に黒いドアが取り付けられており、ガラス張りなので中も見通せます。久々の真っ赤ではない扉を見たような気がします(実際に訪問したのはかなり前ですけれど・・w)

ドアの脇には”ゴミ捨て禁止”の掲示が貼り付けられており、幹線道路ならではだなという印象です。

所在地:東京都荒川区南千住5-13-8 国道4号線沿いにあります。
建物角には、2階から上の集合住宅につながる入口があります。
加瀬倉庫のトランクルームは1階!こちらのドアは黒でした!
カードキーはドア左に設置されております。
ドアの右隣には”ゴミ捨て禁止”の掲示がありました!
ガラス張りドアなので、内部の入口付近を見ることができました。

トランクルームを離れて、都電荒川線の停留所がある三ノ輪橋方面を目指します。

気がつけば、既に夕暮れの時間となっており周囲は段々と赤みがかって来ていました。そのような中、交通量の多い国道4号線を歩いて行きます。
黒いバイカー集団にビックリしつつ、三ノ輪橋停留所や、そこに隣接している商店街の入口付近までやって来ました。
通りに面している趣ある建物の地上部分はちょっとしたアーケード街の様になっており、直進するとそのまま停留所まで行くことができます。
この小さな抜け道も、いい感じに趣がありますw

国道4号線を三ノ輪橋方面に移動します。夕暮れ近い時間ということもあるのか、さすがに交通量が多かったです。そして、この写真を撮影した直後にバイカー集団が私の歩いていた少し先で連なって停車したのに少しドキッとしたのでしたw
この国道4号線沿いにある建物の先に、都電荒川線三ノ輪橋停留所と、三ノ輪橋商店街”ジョイフル三ノ輪”があります!
建物の下は抜け道となっており、ここを直進して商店街へ!

三ノ輪橋停留所前までやって来ると、既に周囲が暗くなり始め、停留所入口脇にある建物には最後の夕陽が照らして鮮やかでした(^_^)
三ノ輪橋商店街(愛称・ジョイフル三ノ輪)の方を向くと、既に空は暗くなってきておりました。もう夕食の時間で家に戻ったりしたのか人々はまばらでした。
歩いていると、私もお腹が減ってきたので停留所近くのお店に入ってこの日は終了となったのでした。画像はありませんすいませんf(^_^;

建物下の抜け道を直進したほぼ正面に、都電荒川線三ノ輪橋停留所の入口が見えました!都電の車両も停車していますね!
右手には、三ノ輪橋商店街ジョイフル三ノ輪の入口が見えます。
この商店街に到着した時には、夕食の時間になっていたためか、商店街も静かになっておりました。

都電荒川線沿線は、レンタルボックストランクルームをそれぞれ一ヶ所ずつ訪問した記憶がありますが、調べてみると他にもいくつかあるようです。

今度は、都電に揺られてトランクルームやレンタルボックスを巡るのも面白いかも知れませんね!

それでは、次の場所で!

雨の神田にて、トランクルームを巡る ~その3

こんにちは!レポーターのゆたろうです。

雨の神田を歩きまわってのトランクルーム巡りも、いよいよあとひとつとなりました!

今まで訪ねてきた二つのトランクルームは、レンタルオフィス・貸し会議室との複合型でしたが、最後のトランクルーム”千代田区神田佐久間町”は、HPを見る限りは以前の二ヶ所とは様相が異なるようです。(゜_゜)

さて、やや雨脚が弱まってきた神田の街を昭和通り方面に向かって進んで行くと、車の走り抜ける音が段々と大きくなってゆきます。

そして、高速道路が通る昭和通りに出たら、今度は秋葉原方面に向けて北上です!靖国通りと交差する十字路を通過して、都営新宿線の岩本町駅辺りまでやってくると、世界的に有名な電気街である秋葉原も近いこともあり、人通りは結構多くなってきました。

今度は、そのあたりから地上の道路と高速道路の高架の間を通っている歩道橋を渡って東側に進んでゆきます。この場所からは、地上の昭和通り、高速道路、ちょっと遠くにはJR総武線の高架が見えて、幾重にも折り重なって立体交差している風景がちょっと面白く感じました。私が立っていた歩道橋を加えると四層にもなるのですね!(@_@;)

細い道を進んで行くと、遠くに高速道路の高架が見えてきました。
高速道路の通る大きな昭和通りを北に進み、東西に延びる大通りの靖国通りと交差する場所まで到達しました。
靖国通りを横断して、都営新宿線の岩本町駅にたどり着きました。ここまで来ると、秋葉原も近いため人通りが多くなってきました!
目的のトランクルームに向かうため、岩本町駅前を進んだ辺りにある歩道橋で、昭和通りを横断します。
歩道橋は、神田川の手前にありました。昭和通りと高速道路の間に挟まれた歩道橋からは、遠くにJR総武線の高架が見えます。高速道路よりも更に高い位置で交差しています。

昭和通りの東側に降り立ち、更に北へと歩いて行くとすぐに神田川が見えてきました!昭和通りに架かる橋は、”和泉橋”という名前のようですね(^^)

橋の真ん中から両岸を見渡すと、まるで壁のようにビルが立ち並んでいました!休日で静かなためか、両岸を埋め尽くしたビルがより静けさを強調し、そして塀の様な威容を強く感じました。

橋を渡り、すぐの通りは曲がらずにその一つ先、JR総武線の高架沿いの通りからは一つ手前にあたる通りを東方向に曲がり、まっすぐ進んでゆきます。

こちらも、オフィスビルが多く立ち並ぶ地区なので、休日の午後はとても静かでした。JR秋葉原駅の昭和通り口から近い為、人通りのあった昭和通り沿いとは随分な違いです。(^^;

飲食店も営業しているのですが、開店にはまだ早い時間帯のためか、明かりは暗いまま。楽器店が一つ営業しているばかりでした。

※編集部注:イケベ楽器です。

そのような通りをひたすらまっすぐ進んでゆくと、茶色いビルが目前に迫り、ここで地図を見ると右に曲がって、そこからすぐの小道を左に曲がってゆかなければならないようです。

茶色いビルを右に曲がってみると、ここまではずっと人通りも少なく静かな道だったのですが、曲がってすぐの一角だけ並んでいる人がいて、静かな周囲との対比がとても鮮明でした。青色の看板にはラーメンの文字があり、建物の入口に人が入ってゆきます。どうやら、人気のラーメン店のようです。

※編集部注:新潟ラーメンの青島食堂です。

このラーメン店入口の正面辺りに細道があり、ここを更に直進してゆくようです。この辺りになってくるとマンションも増え始め、住宅地の要素も強くなってゆきます。細道入口にはフォークリフトが停まっており、町工場的な建物も結構ありそうです。そして、道は結構細かったです。w

この道をまっすぐ進んでゆくと、すぐに”加瀬のトランクルーム”の文字と、おなじみの赤い扉が見えてきました!

目的地である、”トランクルーム千代田区神田佐久間町”に到着です!

歩道橋で反対側に出た後、神田川を渡ります。
和泉橋の中央で、神田川の下流を眺めてみました。この辺りになると、両脇はビルが壁のように隙間なく並んでおります。雨天で休日ということもあり、両岸のビルがより静けさを強調しているようでした。( ̄ー ̄)
JR総武線の高架下が走る通りの一つ手前で東へ曲がって更に先へと進んでゆきます。再び静かな中を歩いて行きます。
ひたすらまっすぐ進んでゆくと、この茶色いビルにぶつかるので、ここを右に曲がります。やっぱし静かな周囲なのですが・・・
この、青い看板のラーメン屋の周囲だけは人々が並んでいて賑やかにしているわけではないけれど、周囲の静けさと比べて活気を感じてしまいます(^^)そして、目的地へはこのラーメン屋の向い辺りにある細道を入ってゆきます。
ここまでくると、目的のトランクルームまで間近なのですが、中々細い道です。
この細い道を少し進んでゆくと、加瀬のトランクルームの看板と、おなじみの赤扉が見えてきました!

こちらのトランクルームは、この前に訪ねたふたつのトランクルームとは違い、1階が小さな工場か事務所でその上に住居があるような、そのような建物をそのままトランクルームにしてしまったような、そんな雰囲気でした。

周囲は住宅地でもあるので、入口ドアには”車の横付け・夜間10時以降のご利用はできるだけご遠慮下さい”という掲示がされておりました。確かに、この通りの反対側を見るとマンションと思われる建物があり、先程のラーメン屋さんの隣もマンションのような建物だったことを思い出すと、この掲示も納得です(^^;

こちらでも、今回中に入ることができるということで、借用したカードをかざして入館です。

ドアを抜けると、やはり町工場風な高い天井の1階です。ドア横には台車が設置されておりましたが、えんじ色と白のチェック模様の床が印象的でした。(^_^)

なお、トランクルーム内部も見ることができるということで、早速その対象ルームがある2階へと入口正面に見える階段を上ることにしました。

所在地:東京都千代田区神田佐久間町4-2 外観は、元町工場で上の階は住居兼事務所か?といった雰囲気です。
住宅地でもあるので、騒がないように!という掲示もされております。荷物の搬出入は静かに行いましょう!
赤いドアを開けて中に入ると、正面に上の階へと続く階段が視線の先にありました。
こちらも入口横に台車ありました。
ここから階段を上って2階へと行きます。

2階に上がると、目の前に細めの柱が一本支えていたのが印象的な入口が迎えてくれました。おそらくは、横に引く戸がついていたのかもしれません。ここで人々が活動していた、もしくは生活していた名残を感じてしまいます。

上りきって左を向くと、更に3階に行くことのできる階段が見えましたが、まずは内見が先ということで、206号室のドアを開けて内部の確認です!

こちらの床は、タイル張りとなっており、床も壁も白いので広い印象がありました。天井近くには、しっかり格子が取り付けられております。積み過ぎには注意ですね!ドアは、取っ手の下部分に鍵を差し込んで開けるタイプのものでした。

内見を終えた後、最上階の3階に移動してみましたが、こちらは2階とは変わって少し入り組んだ構造をしていて、内部は細かく壁で仕切られておりましたが、元が住居空間であった名残なのかもしれません。うまくトランクルームを配置したな!というところでしょうか。w

場所柄なのか、利用されているお客さまも物置の延長線上といった形で利用されているのかな?という印象を受けました。業務用利用というよりは、家庭の第二物置としての利用の方が多い感じです。

階段で2階に上がると、そこにもトランクルームが所狭しと並んでおります。目前の柱が、生活感の名残を思い起こさせてくれます。
2階入口からぐるっと回り込むように左に曲がると、更に3階に行くことのできる階段が見えました。
こちらでも、トランクルームの内部を見せていただけるということで、この206号室のドアを開けます!
こちらの床材は、カーペットではなく、通路と同様のタイルとなっておりました。
壁も真っ白なので、より広々と感じられます!
トランクルーム内見を終えて、更に3階へと進んでゆきます。
3階に降り立った目の前には、加瀬の廃品回収掲示があります。
一般住居の部屋内のような中に、そのままトランクルームを設けているような、そんな雰囲気でしょうか?2階は単純な構造にでしたが、3階はやや複雑で入り組んでいるように感じられました。
3階の中でも一番奥にあるトランクルームです
階段途中に設けられていた窓は、周囲が住宅地でもあり、建物が密集していることもあるので、開放厳禁です!当然ですが、建物内は禁煙です!

トランクルームを出て、秋葉原駅まで向かいます。

人の列ができていたラーメン屋の辺りには、緑多い公園などもありました。多くの人々がこの地域で働いている平日ならば、この公園も多くの人が一息ついていたのかもしれませんが、休日で雨模様となると静かなものでした。

同じ道を引き返すのも面白くないということで、線路沿いの道に出てみることにして高架下へと歩いていると、時折総武線の通る轟音が響いてくるので、やはりこちらも静かな道でした。線路沿いは、もう少し位は飲食店も多い印象でしたが、まだオープン時間には早かったのと、周囲の人口が少ないためか、お店は開けていても賑やかさはありませんでした。既に開けていたお店は2~3店舗くらいはありましたが。。。(ー ー)

なので、高架沿いの写真撮影を忘れてしまいました、すみません(^^;

そんな高架沿いの道は静かだったのですが、これが秋葉原駅前の横断歩道を渡る辺りになると、急に人が増えて駅の改札に吸い込まれてゆくのだから不思議です。w

人だかりができてたラーメン屋のあたりまで戻ってきました。緑あふれる公園もあります。平日であれば、サラリーマンの皆さんが休憩するような場所なのかもしれませんね。(^^)
折角なので、秋葉原駅までの帰路は総武線の高架沿いを歩いて行くことに。錦糸町方面に行く総武線の車両が走っているところを撮影してみました。
既に夕方に近づき始めていたJR秋葉原駅の昭和通り口前は、たくさんの人が傘を手にして歩いていました!
電気街方面に進んでゆきます。
東西に抜けるガード下は、様々な種類のお店が営業しており、人々も多かったです。

駅に入る前に、駅の周辺をちょっと歩いてみましたが、この周辺でも人通りのある場所と、人があまりいない場所の差がはっきりしていたように感じました。

今回のトランクルームめぐりは、そんな人通りや賑やかさの差を感じられた一日であったかなと思います。建物の外は静かなものなのに、室内の貸し会議室では活発なセミナーが行われていたりしたのも印象に残っております。

ビジネス街のトランクルームと、生活感の強そうなトランクルームとの雰囲気の違いも感じることができたのも面白かったですし、レンタルオフィスと貸し会議室とトランクルームをうまく使ったミニオフィスの新しい形も興味深いものでした。

また、面白い形のトランクルームやレンタルボックスが見られることを楽しみにしております!

それでは、次の場所で!

雨の神田にて、トランクルームを巡る ~その2

こんにちは!ゆたろうです。

トランクルームにレンタルオフィス、貸会議室がひとつのビルに入居している加瀬ビル173を後にして、次なるトランクルームを目指します!

どうやら次の目的地も、トランクルームと貸会議室にレンタルオフィスが同居した複合型となっているようですよ!\(^o^)/

さて、相変わらずの雨の中を今度は西方向に歩いて行きます。もと来た道を引き返して、駅に向かう途中で西に方向を変えて、JR線の高架下を抜けて反対側に出ます。

次の目的地は、線路の反対東側にあるので、回れ右して引き返します。
神田駅の手前で東方面に進路を変えて、中央線の高架下を潜ってゆきます。

裏通りを進んで行く形になるので、なお静かで人通りもない道を進んで行きました。

道中、ガラケー専門店の看板が目に飛び込んで、ちょっと立ち止まってしまいましたw

ビジネス街でもある一帯ですが、やはり単純に通話したりメールするには使い勝手の良いガラケーの需要はまだまだあるのかもしれませんね(^_^)

途中で通りかかったガラケー専門店。面白いなと思ったので、撮影しましたw まだまだ需要があるのですね。(^^)
こちらは、山手線などが走っている高架なので、結構大きいです。上野東京ラインを通すために、高い位置にも線路を通したので、かなり大きく見えますね!

高架下を抜けてすぐの細道を今度は南に進んで行きます。相変わらずの雨です(>_<)

こちらも人通りはなく、静かな中を少し進んで行くと、次の目的地である“トランクルーム千代田区神田”が入っている“加瀬ビル130(林道ビル)”に到着です!

降りしきる雨の中、静かな神田の街を進んでゆきます。
高架を潜ってからすぐに南方面の細道へと進み、途中横目にJR線の高架を見ました。もう少しで到着です。
次の目的地である加瀬ビル130(林道ビル)に到着です!

ビル入口から、自販機を横目に見つつ通路を奥に進んで行くと、綺麗なガラスの扉が見えてきます。その扉をぐいっと開けた先には、あまり装飾のないシンプルな外観のエレベーターがありました。

こちらは、よりオフィスビルな雰囲気をしておりますね!(*^.^*)

所在地:東京都千代田区神田東松下町37-2 ビル入口から一直線に進んだ奥にエレベーターホールがありました。
1階途中には、ちょっと安く飲める自販機も設置されておりました。
エレベーターホール入口です

エレベーターに乗り込むと、加瀬倉庫の各施設が入居している階に、それぞれシールが貼られています。他の会社さんも入居しているので、間違えて押さないようにという対応ですね!

エレベーターで上の階へ。こちらのビルには、トランクルームと貸会議室、そしてレンタルオフィスと三つの施設が入居してます!
エレベーター内部のボタンには、三つの施設が入居している階にシールが貼られているので、一目で判るようになっております(^_^)

こうやって、一つのビルにオフィスと倉庫と会議室があるってなると、俄然!会社っぽくなりますよね!(*^^*)

まずは、ビル5階に入居しているトランクルーム千代田区神田を訪問です。

 

5階トランクルームの入口です。こちらは漆黒のドアが渋さを出してますね!
こちらも、ドア前には台車が置かれております!(^_^)
注意事項と共に、加瀬の廃棄物処理の掲示もありました。

内部に入ると、先程入ったビルよりも幅があるためか、内部が二又に別れておりました。こちらのトランクルームのドアはオレンジ色をしており、先程の濃い青とはまた違った印象を受けます。

こちらは、ダイヤルロックがドアと一体化したタイプをしておりました。

そして、ドアを開けると内部の床はしっかりカーペット状になっており、良い感じです(*^.^*)

トランクルーム内部に入るとすぐに二又に別れる構造になっておりますが、こちらはその左側です。
トランクルームの右側です
こちらのトランクルーム内部を拝見です!
こちらのドアはダイヤルロック式となっており、四桁の番号を入力して解錠してドアを開けます。
トランクルーム内部はカーペットが敷き詰められておりました。
こちらにも、天井にはしっかりと格子が取り付けられております!(^皿^)
通路の奥には非常用のバルコニーもありました。
当然ながら、この階のトイレには錠前がかけられておりますよ!( ̄^ ̄)

 

トランクルームを出て、今度は6階にあるレンタルオフィス神田に移動しました。

~が!

こちらは鍵がなく中に入ることができなかったので、入口だけ見て今度は4階にある貸し会議室「神田ホール」へと移動です。w

 

ライトグリーンの表示板が特徴的なレンタルオフィスの入口です。内部にはいることができないので、こちらでは入口のみの撮影です。(^_^;)
ビル4階は、貸し会議室となっております。一部使用中なので、入口のドアが開いた状態になっておりました。

こちらは、内部に3つの会議室があり、それぞれ人数や用途によって広さや内装が違っているようです。第1会議室は使用中だったので内部を見ることは出来ませんでしたが、おそらくは三部屋の中でももっとも広い造りになっているのではないか?と想像しております。

第2会議室は椅子が6脚ある少人数向け、第3会議室は、二~四人で打合せする応接室風の作りでした。

室外には、自販機で飲み物を購入することができたり、コーヒーの出前もあり、いちいち飲み物を外に出て買いに行かなくてもよいのは良いですね!

貸会議室は、第1から第3まで三部屋あります。なお、この写真では見えない第3会議室は、ドアを入ってすぐ左手にあります。
入口すぐの場所には、飲み物の自販機も設置されております!
そして、なんと!コーヒーの出前(ケータリング)も行っておりました!なお、ソフトバンクのWi-Fiも使えるようです。(^_^)
自販機の奥には流し台もあるので、こちらでコップを洗ったり、お湯を沸かしたりすることもできそうですね。(^_^)
第3会議室を内側から撮影してみました。ドアは、内側に開きます。
こちらは、少人数で打ち合わせるような時に使用する応接室風の造りになっておりました。
入口ドア正面には、しっかりハンガーラックが設置されております!
ハンガーラックの側には、”注意事項”も掲示されているので、しっかり読みましょう( ̄^ ̄)
入口ドアの目の前にある第2会議室です
先程見かけた第3会議室よりも、より会議室風な造りになっておりますね!(^_^) ホワイトボードも設置されております。
ハンガーラックには、各種備品が積まれております。
マイク用の差し込み口でしょうか?もしくはアンテナ端子?2ヶ所設けられておりました。
もちろん、電源コンセントとLANの差し込み口も備え付けられておりますよ!\(^o^)/

加瀬ビル130を出て、本日最後のトランクルームに移動です。

先程よりかは雨脚が弱まってきておりますが、依然として傘が手放せない中を昭和通り方面に移動して行きます。

外に出て、次のトランクルームを目指すため、線路から更に離れて行きます・・
雨はまだバラバラと降っており、静かさに加えて少しばかり薄暗さも感じ始めた中を昭和通り方面に進んで行ったのでした。

次なるトランクルームはいったいどのようなスタイルをしているのか!?

HPの写真を見る限りは、前の二つとはまた雰囲気が違う様ですので期待も高まります!

それでは、次の場所で!