鶴見市場の”要塞内”にあった広いトランクルーム

こんにちは!レポーターのゆたろうです。

今回は、元病院の跡地にトランクルームをオープンさせたのでレポートして欲しいという連絡が私のもとに舞い込んできまして、横浜市は鶴見区まで行くことになりました!

なんでも、まだ内装工事前の部分も見ることができるということです。これはちょっと一風変わった物件が見られるのでしょうか?

そんなことをことを考えながら、暑い夏の昼下がり、京急電鉄の車両に揺られつつ、途中京急蒲田駅から各駅停車に乗り換えつつ、鶴見市場駅を目指します。

この鶴見市場駅、以前レンタルボックスやトランクルーム訪問を目当てに下車した八丁畷(はっちょうなわて)駅の隣にある駅だったりします。そういえば、八丁畷駅近くのトランクルームを訪問した後に京急線の踏切を渡った時、遠くに駅が見えましたが、この駅だったのですね!

駅直結のコンビニ

この駅の改札横にあるコンビニ風売店は、駅員室と直結しており、駅員さんが商品の取り扱いをしてくれますw。京急の駅だと良くあることなのでしょうか?始めてみました(*^^*)。

京浜急行線鶴見市場駅の北口です。出た瞬間住宅地の真っ只中でした。

目的地のある駅の西側に降りると、目の前は住宅地となっており、駅入口が風景に同化しておりました。乗り降りする人はそれなりにいるのですが、昼下がりの駅前はとても静かで、長閑でした。

その様な中、目的のトランクルームに向かって出発です。

駅前から歩き始めると、遠くに目的のトランクルームが入った建物が少しだけ見えてきました。

地図を見る限りでは、駅からすぐ近いようでしたが、少し歩くと家々の間からそれと思われる建物がチラチラと見えました。建物に向かって住宅街の中を歩いて行くと、その姿はどんどんと大きくなってゆきます。

線路沿いの道から、目的の建物に向かって更に横道に入ってゆくと、よりはっきりとその姿が見えてきました!

住宅地の間縫うようにして細道を進み、入口と思われる場所に到達しました。

まるで西洋の砦か要塞かのような外観の建物、周辺は平屋が密集し高い建物が無いため、その威容が強調されております!

目の前迄やってくると、まるで砦のようにそそり建っており圧倒感ありました!

正面に自動ドアと思われる入口がありますしたが、テープで張り巡らされており、閉鎖されているようです。

その隣に、ひとまわり小さい入口があったので、どうやらここから入るようです。周辺に多くの自転車が置かれておりましたが、どうやら上の階は集合住宅になっているようでした。

こちらから建物内部に入ってゆきます。上の階は、集合住宅となっております。

ツルミハイツと書かれた入口の先には、銀色のポストと、特に装飾もない白一色の壁という昔の公団住宅によくあった風景が広がります。

トランクルーム鶴見区市場東中町は、この建物の2階にあるので目の前にあった階段で移動です。(本当はエレベーターがあるのに気がつかなかっただけなのですが・・w)

所在地:神奈川県横浜市鶴見区市場東中町5-11 ツルミハイツの2階に入居しております。
入口を進んでゆくと、すぐにエレベーターがあります。
入口とエレベーターの間には階段もあります。
裏通りにある入口周辺はとても静かでした。

階段を上ると、目の前に公団住宅で使われているようなドアが青く塗られて目を引きます。”加瀬のトランクルーム”と大書されており、右わきにはカードリーダーも備え付けられているので、ここが目的のトランクルームということがすぐにわかります。(^_^)

2階に到着すると、青に塗られたドアがありました。コチラがトランクルーム鶴見区市場東中町です!

ドアの向かいにはエレベーター、その横にはガラスのドアがあり、そこはまだ何も手付かずのコンクリート打ちっぱなしの部屋がありました。ちなみに、こちらは入室できず。。。

気を取り直して、カードリーダーでドアを開けていざ入館です!

ドアの右側にカードリーダーが設置されております。ドアの形も昔の公団住宅風でした(@_@)
1階から階段でここまでやってきましたw
ドアの前には、ちゃんとエレベーターホールもあります!
トランクルームのドアを正面にして左側の方に、まだ何も手付かず状態の部屋がありました。ここは入室できず。

入室すると、まず目の前に台車が2台あり、そこから通路が奥まで続いているのですが、真っ暗で見えません。。。人感センサーなので近づけば明るくなるのですが、闇の深さは中々の広さを予感させます。

ドアを開けて入った目の前に、台車が2台置かれておりました。

そして、なぜか小さめの音量でBGMがどこからともなく流れてきました!(笑)このトランクルーム内と周辺住宅地が静かなので、音量が小さくてもよく聴こえます。逆に、この静けさと音量が丁度よいバランスに思えました。

どうやら、1階にテナントとして入っている(入口は別の場所にある)京急ストアから流れてくるものらしいのですが、BGMの流れるトランクルームというのも中々面白いものですw

それはさておき、奥に歩いて行くと、やはり結構な広さのようで、正面向いても左右を見ても、結構遠くまで通路が伸びていて、ダンジョン感があります。この辺りまでやって来ると、お店のBGMは聴こえてこないので、とても静かです。

ピンク、水色と白、黄色など、ドアは色とりどりですw
人感センサーで点灯するので、入口前から奥の方を見ると真っ暗で、先が見えないです・・・ちょっと怖いかも^^;
しかし、近づけばしっかり点灯するので安心です!
横道が多く、迷路の中をさまよっているような感覚になります。ちなみに、奥に進むにつれてBGMは聴こえなくなってきます。
入口からまっすぐ進んだ一番奥には、同じような青扉がありました。もちろん開けることはできません。

こちらのトランクルームは、オープンしてからまだ日が浅いとのことで、
入居者絶賛募集中とのことです!\(^o^)/

駅からも近い上、通路もゆったりしているので使いやすいのではないかな?と思っております。是非とも満室になって欲しいものです。(^_^)

面白い形のファンが運転しておりました。
青白扉とピンク扉がある程度の規則性をもって並んでいる場所もありました。
広いトランクルームの隅には黄緑色の扉もありましたが、こちらはトランクルームのドアではありませんでした。
入口まで戻ってきました。そのすぐ脇にもトランクルームのドアがあるのですが、ここのドアのみピンク色が濃くなっておりました。

トランクルームを出た後、3階の使われていない部屋も見ることができるということで、今度はエレベーターで3階に向かいます(笑)

こちらは、エレベーターを降りてすぐ左手にドアがあり、右斜め前にシャッターが降りていました。入室は左手のドアから入るとのことなので、解錠して入室です。

3階エレベーター前は、すぐ横にドアがありました。
ドア脇にはシャッターが下りている大きな出入口もあり。

かつては病院であったというこちらの広い空間は、ほとんどの内装が取り払われており、がらんとした空間は、放棄されて時が経過した古城のようにも感じられました。

中央には、一段高い場所があったのですが(どのような目的のの場所であったかはわかりませんが)、そこに玉座や祭壇でもあったかのかと想像してしまいます・・妄想が過ぎますねw

中央に台座のような場所があったのが印象に残っております。。。

その一段高い場所から反対側の方へと進んで行くと、何故か鳩が三羽立っておりました。どこから迷い混んできたのか・・・f(^_^;

バサバサと逃げ惑う鳩を横目に周囲を見渡していると、隅の方に四角い小さな穴を発見!近くには避難器具も置かれておりましたが、どうやらここから入ってきたようです。鳩達は出られるのだろうか・・・(((・・;)

内部は、内装のほとんどが取り払われて廃墟感ありました。

そのようなことを思いながら、入口近くまで戻る途中には、かつては女子トイレであったと思われるスペースと、その隣に大きめなドアが!開くのかな?などとノブを回してみると、ぎぃぃと開くではないですか!

恐る恐る・・でもないけれど、ゆっくりと中を覗くと、そこは階段室の最上階で、どうやらテナント部分の階段のようです。

ぐるぐると1階まで続いているようで、こちらは先程入口前で見かけた自動ドアの入口に通じているようでした。

降りても外には出られないだろうと思い、こちらは覗きこんだだけで引き返すことにしましたが、もしかしたらこちらから2階部分にも出られたかもしれませんね(^_^)

かつては、病院だったとのことです。
入口外で見かけたシャッターの反対側です。自動ドアが、病院の入口だったことを思いださせてくれます。
トイレの壁や仕切りが取り払われていると、また不思議な光景に見えてしまいますね。
警報機がつりさげられていました。
奥へ進んでゆくと、なぜか鳩が三羽佇んでいました(^^;
雨風をしのげる場所としては最高でしょうが、一度入ったら抜け出られるのだろうか?とも思ってしまったのでした・・(^0^;
この広い部屋の隅の方に、外界と行き来ができる穴が開いており、ここから入ってきたようです。
大きな空間の中には、かつて女子トイレだったと思われる場所のとなりに大きな扉がありました。
封印されているのか?と思いつつドアを開けると、そこには階段室がありました。
そのまま1階へと降りてゆくようです。病院内部を移動するための階段だったのかもしれません。
おそらくは、建物に入ってきた入口横にあったこの場所に通じているのではないかと思われたので、3階から階下を眺めるだけに留めて、元の場所から出ることにしました(^^;

一通り見て廻った後、外に出て建物の外周を見ることにして、入口前の道を更に進んで行くと、自動車行き交う道路に出ました。

こちら側にまわると、そこには先程トランクルーム内で聴いたBGMの発信元である京急ストア鶴見市場店が営業しておりました!

東急ストアの看板隣には、“加瀬のトランクルーム”の文字がペイントされています。

そして、東急ストア入口の隣には、もうひとつ入口があり、ここから2階に上がることができそうです。隣には、加瀬テナントサービスのテナント募集の掲示もされているのですが、ドアは硬く閉ざされておりこちらからは入ることはできませんでした・・・f(^_^;

気を取り直して、建物右側が駐車場となっており見晴らしが良いので回り込んで前まで行くと、クリーム色の外壁の一部に蔦がびっしりと被って鮮やかな緑色を映し出していました。窓の少ないその武骨な外観もあってより、古城の雰囲気を出しておりました!外壁のクリーム色と鮮やかな緑色、そして真っ青な空の三色がよい気分にさせてくれました\(^o^)/

先程のトランクルームに通じる建物入口前の通りを更に進んで広い通り側に出ると、こちらに東急ストアがありました。
壁面には加瀬のトランクルームとペイントされております。
街道側から建物の側面を見ると、ツタが絡まっている場所もあり、少し湾曲しているところなども、西洋の砦のような雰囲気が出ているようにも感じました。(ーー)
京急ストア横にも、2階に通じてそうな入口がありました。でも鍵が…。
先程の入口からここまでやってき横道です。住宅地の間を抜けてゆくのですが、隣の商店街通りは自動車の往来も多いためか、この道に入ってゆく人も何人か見かけました。

外観も一通り見て、駅までは違うルートで戻ります。

踏切りから続く通りから街道沿いの神社までは、”市場銀座商店街”という名前の商店街となっているようですが、そこそこ自動車の往来がありました。そんな中でも、駅方面を人々がそれなりにいて自動車が通るたびに端に避けたりしています。

遠くには遮断機の警告音と、電車の通過する音と共に、車体と通りすぎる音が聴こえてきて、のどかな昼下がりの時間は過ぎて行きました。

神社がありました
鶴見市場駅横の踏切から神社までの間は、市場銀座商店街のようです。
駅に向かって、人々が歩いています。車も結構行き交っておりました。遠くの踏切に電車が通過しているのも見えます。
踏切側から駅へと戻ってきました。
最初に駅に出た時には気が付かなかったのですが、目の前はお寺でした(^^)
再び京急線に乗って、次の場所へと目指します!

まだ新しくできたばかりのトランクルームですが、今後はどんどん入居して満室になってほしいですね!

そして、現在空き室になっている場所がどのように生まれ変わって行くのか?こちらも楽しみですね!

それでは次の場所へ!

ここから一駅隣の鶴見へと移動します!

町田の街だ(今回はいつもと違う!)

こんにちは!

世間はお盆休み真っ盛りで、得意先とかもお休みなので、ブログ書いておりますw。
ブログはこういう時に書かなくちゃ!

で、今日は町田の街についていろいろ考察してました。

「町田の街だ(テヘペロ)」とか、

「町田って神奈川県でしょ?」とか、

「東京の盲腸」とか、

「神奈川県の怒り爆発!領土問題勃発!」とかで話題になる、あの“町田”です。
※なんでこんな例えをされるのかわからない方はこちらのサイトを御覧くださいw。

では町田について、語ってみよう!

正確には、東京都町田市原町田6丁目12−20(JR町田駅)っという感じの住所のエリアですね。

昔からここが東京都だって事が今ひとつ飲み込めずにいた私(東京都千代田区生まれの千代田区育ち)なのですが、たしか小学校高学年の頃、小笠原諸島までが東京都だって教えられてからは、「町田市程度のハミダシはナンテことないな」と思える様になりましたw。

東京都マーク

なにはともあれ、誰がなんと言っても、ここは東京都なのです!
(でもバスは神奈中なんだけどな…)

JR駅からバスセンターへ

東京都ではありますが、都内ではないので都心に出るにはちょっと時間がかかります。小田急線の急行で新宿駅まで約30分。東京駅⇒横浜駅が約25分(東海道線)ですから、都内から見ると「横浜よりもちょっと遠い」と言う印象です。

大きな幹線道路も直通が無いので、自動車で行くにもちょっと不便な印象は拭えないのですよね~。(東名高速か246号線が近くを通ってますが、ちょっと離れてます)

でも、来てみてビックリ!
上野か池袋チックな“都会感が、しっかりある街なのです。

町田駅前

とにかく日中も薄暗くなるくらい商業ビルが多く、空が狭い!(JR周辺)
109もあるし、LUMINEHANDSも、ドン・キホーテもあります!(渋谷か?)有名ファストファッションブランドも、大凡揃ってる感じですね。

一方北側の小田急線の線路沿いは低くて狭い、昔ながらの商店街のイメージ。
この辺りが“アメ横”を中心とした上野駅界隈の雰囲気に似ていますね。
池袋で言えば東口から北口辺りの感じかな?

また、町田は学校の多い場所です。高校・大学が付近に多くあるので、生徒・学生が非常に沢山生息しておりますw。にぎやかです!うるさいくらい?w

そして、TBSの日曜昼の番組「噂の東京マガジン」の看板コーナー「やってTRY!」は、大体町田でロケしてますもんw。とんでも料理の数々は、町田の女子から生まれたものです。

アド街風に町田の街にキャッチフレーズを付けるとしたら、【無いものは無い!町田】ってのはどうでしょう?w(国会議事堂や皇居以外ですがね)

町田と当社の関係は?

さて、この町田市には、当社のレンタルボックス・トランクルームは全部で13箇所あります。(くわしくはリンク先を御覧ください)

この13箇所は比較的市街地外に多く有るのですが、何なら街中にも無いことも無い!w
特にレンタルボックス(コンテナタイプ)が結構な街中にあるのも、ここの特徴かもしれません。

それが【レンタルボックス町田森野ヤード】です。どうです?いかにも民家の軒先程度のスペースに作っちゃった感じでしょう?だからちょっと狭めなのです。

レンタルボックス町田森野

小田急線町田駅から森野交差点目指して歩いていただければ、10分強で着きますので、結構街中でしょ? 小ぶりながら、しっかりコンテナを重ねてボリュームを出してありますね。

残念ながら、今の所「空きスペースなし」で札止めになってますが、突然の解約などで入れられる場合もございますので、気になった方は是非一度、お電話にてお問い合わせ下さい。(0120-666-082)

さて今回は“分譲物件”、しかも戸建て!

さて、この他にもいくつかレンタルボックスやトランクルームはありますが、
残念ながらどれも方向がバラバラで、なかなかマルっと取材できない環境だったので、たまには違うものを、と思い立ち、今回は当社では数少ない“分譲物件”(しかも戸建て)のご紹介もさせていただこうと思います。

では、スタート!

バスセンター

町田の駅には「バスセンター」という名の立派なバス停?があるのですが、ここが一筋縄では行かない感じで、初めての方は案内板を5分ほどジックリ眺める必要があります。

そして、番号で指定されたバス停へ向かうわけですが、道路の真ん中の“中洲”の様な島に行くには、複雑な歩道橋の構造を理解する必要があるので、バスは見えるがたどり着けない!なんてジレンマを抱くことも、有るとかないとか…。

バス停の様子

まあ、東京駅のバスターミナルも相当ですけどね。

今回は、【11番】のバス停から「藤の台団地」行きのバスに乗りました。
藤の台団地は町田駅のほぼ真北にある大きな団地なので、バス便の数も多いですが、お客さんの数も相当多かったですね。

この路線は昼間でも10分に一本程度出ているので、困ることはなかったです。

バスに揺られる事15分。着いたのは「藤の台東」というバス停でした。

藤の台東に到着

 

トトロの森を抜けて

バスを降りてから、団地沿いに歩いていきます。
ユックリ坂道を登っていくと目の前にこんもりとした森が見えてきました。

田舎道を歩く

トトロが出てきそうな森

如何です?イそうでしょ?あいつがw。
夜になったら探しに行きたい場所でした。

そのまま坂を登っていくと、分かれ道が。

分かれ道

ここを右方面に下っていきます。

すると、道は細く入り組んで来るのですが、スマホ片手にトコトコ歩いていきました。

で、いきなり現れたのが、このお家!

戸建分譲住宅!

加瀬グループ・ハウジング不動産の分譲物件、「町田市金井の一戸建て」です!

物件の特徴は以下の通り

★閑静な第一種低層住居専用地域の立地!
カースペース2台分あり!
★築浅(平成24年11月築)で建物大変きれいです。
特に床は素晴らしい!

◆フラット35適合物件
◆あんしん住宅売買瑕疵保険加入
(保険期間:引渡しから2年間)
◆仲介手数料不要!(当社でご契約の場合)

間取りはこんな感じです。

間取り図

で、お値段がなんと!  3,180万円也!

では早速中をご案内しましょう。

戸建ての良さを感じられる間取り

正面の階段を登って家の前に立ちます。

玄関前の広場

今はシャッターが降りていて見えませんが、この中がリビング・ダイニングです。この前には2帖くらいの大柄な物置きが置かれているのはとっても親切な印象でした。

物置きイラスト
こんな感じの物置き(写真忘れました!)

では玄関に戻りましょう。

玄関

玄関前の石畳もいい雰囲気出してますね。

1階部分の窓もシャッターが多くて安心感が高いです。

では中へ入りましょう。
扉を開けると、こんな感じ。

玄関先

右の扉が洋間の4.8帖となります。

1F 4.8帖間

1階ですが、周りの家屋よりも一段が上がって建てられているので、前の家よりもかなり高い印象です。ちょっといい気分w。

では今度は、玄関を挟んで反対側のリビング・ダイニングキッチンに行ってみましょう!

リビング・ダイニング

床がキレイですね!映り込みも素敵ですが、足に伝わってくる滑らかさが全然違います!すごく綺麗!

それもそのはず、この家の床は全般的に「グッドライフコート」という独特のシリコンコーティングをされているので、この様にテッカテカな状態です。

しかしながら、ツルツルとした不安定感は皆無ですね。全く滑る感じはしません。この辺りがシリコンコーティングの特徴でしょう。温かみもありとても好印象の床でした。

キッチン内部

キッチンも、黒を基調にした落ち着いた雰囲気です。
シンクとコンロの間の調理スペースも広々として、美味しいお料理が作れそう♪そんな声が聞こえてきそうです(*^^*)。

キッチン脇の収納

キッチンの手前には、大きなクローゼットがあるので、食料品や非常持出袋などを入れておくのに良さそうでした。

キッチンからリビングの様子がよく見える、大きな窓が印象的で、幸せなご家庭の様子を想像してしまいました。

さて次はキッチンの裏側、お風呂の様子です。風呂前の廊下

手前右側の扉は、トイレです。

1F トイレ

その先が洗面所です。

洗面所

そして、その先が漸くお風呂ですw。

バスルーム

以上、一階の模様をお伝えしました!

玄関脇のお部屋は、旦那さまの書斎か、息子さんの部屋、なぜか男性っぽい匂いを感じてしまいます(私だけ?)やはり玄関脇に陣取って、どっしりと構えて家族を守っているイメージなんでしょうか?

やはり平面的なマンションなどの間取りと違って、1階と2階のそれぞれのスペースに役割を感じてしまう所が、戸建てならでは!という印象でした。

どの部屋も光あふれる2階フロア!

さて、階段を登って2階に行ってみましょう。

階段はちょっと狭めな印象ですが、慣れてしまえばどうということはないでしょう。

階段

2階には個室が3部屋。
5.5帖が2つと7帖が1つです。どれも同じ大きさのクローゼットがついているので、収納もバッチリですね。お子さんが二人居ても文句の出にくい様、キッチリ同じ大きさです。

奥の7帖入り口

陽の光がタップリ♪

広いベランダも魅力的です。

奥の7帖洋室

窓側から広さを実感!床も良い感じです。

ベランダ

ベランダに出たところ。物干し台もキッチリ完備してます。
遠く東京都心方面が見えているはず…。

ベランダから下

ベランダから下を覗いてみます。玄関があって、さらにその下に駐車場がありますね。かなり高いという印象ですが、壁がしっかりあるので全く怖くはありませんでした。

というわけで、陽の光がたくさん入ってくる、素敵な2階でした。高いって、やはり気分は上がりますね♪

ピッカピカの床と、オシャレなポスト。

先程もご説明しましたが、この物件の床には特殊なコーティングが施してあります。その名も「グッドライフコート」!なんと!この光沢が20年間維持する!という代物です。

コーティング説明

最高級厳選シリコン使用!という事で、光沢があるのに滑りにくい、という特性を実現しております。

どうか一度、この床を体験しに来てみてくださいね!

床を

っというわけで、この物件のイチオシポイントのご説明でしたが、実は私としてのおすすめポイントがもう一点!

ポスト横

階段を上がったところにスック!と立っているポストくんです!

実はこのポスト、非常に薄いんです。

正面から御覧ください。

 

ポスト正面

 

どうです!かっこいいでしょう?
ギリ書類は入るけど、Amazonの荷物は完全に無理ですねw。

以上、物件のご紹介でした!

さて、その帰り道…

さてここからの帰り道に気づいたのですが、この家から歩いて2分圏内に、素敵なカフェが2店舗あります。

図書喫茶

一軒目がこちらの「図書喫茶」
本当に住宅街の真ん中で、こんなところにカフェが?と思いつつ覗いてみると、たしかにお店でした。先程の物件からほんの10秒程度の距離です。

こんなところにこんな素敵なお店があったら、そりゃ~入り浸っちゃうよね。

そしてもう1軒!
団地の方向に2分ほど歩いたところにはこんな立て札が!

バオバブの木

「バオバブの木」という赤い看板(旗?)と、メニューなどが書かれた立て看板が並んでます。「ん?」と思って奥を見ると、

バオバブの木 

いや~、こんな近所に2件も素敵なお店があるなんて、しかも、かなり対照的ですから、楽しみが広がりそうです♥。

っというわけで、今回は町田市金井という場所にある、当社の戸建分譲住宅のご案内を、町田に引っ掛けてお送りしました!

この物件について気になったぞ!という方は今すぐ!

045-473-3210 ハウジング不動産㈱「町田市金井の一戸建て」とお問い合わせ下さい!こちらでは仲介料不要で取り扱えます!
担当・谷間

トトロの森(本物は狭山市です)もあるし、バオバブの木もあるし、
七国山やメイやサツキの家だってあるかもしれません!

町田良いとこ、一度はいらしてみて下さい。

新しいCMを作るぞ!の巻

2019年 CM最新OA情報!

◎毎週日曜日、テレビ朝日11:55~13:00 ビートたけしのTVタックル

CM放映いたします!ぜひご覧ください!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

世間はお盆で、やれ帰省だ、やれレジャーだと忙しそうです、が、

お盆休みもなく、通常通り働いている私達の様な人間にとっては、
都会が空いてて快適~♪な時期でもあります(*^^*)

こんにちは!

忙しい人も、のんびりしている人も、残り少ない“お盆Time”を楽しみましょう!

お盆休み・夏休み

さて今回は、前回予告しておりました「CMの制作秘話」をお送りします!

「トランクルーム」か「レンタルボックス」か、それが問題だ…

どれが一番、呼ばれちゃうのか?

皆さん、当社のレンタル収納スペースのことを語る・呼ぶ時、「レンタルボックス」と呼びますか?「トランクルーム」と呼びますか?

実は当社内には、明確な呼び分けが成されております。

レンタルボックス「レンタルボックス」とは、屋外の平地に海上輸送用コンテナを置いて、その中を貸すサービス。

トランクルーム「トランクルーム」とは、ビルなどの屋内の一角をパーティーションで区切り、小分けして貸すサービス。

つまり、この2つは全く違うモノです。

でも、世間一般的には、この辺りの区別は特に無いようで、近所に有るものがたまたまコンテナ型かビル型か、によって、最初に覚えた方を使っちゃってる感じですね。
しかし、Googleの検索ワードなどを見てみますと、「トランクルーム」の方が圧倒的に検索回数が多い。10:1くらいの割合でしょうか?

これは、人工過密の都会に多いトランクルームと、郊外型のレンタルボックスのでき方による認知の差なのかもしれませんが、面白い現象ですね。

「レンタルボックス」というワードで検索してみると、中野ブロードウェイなどに生き残っている、小さなショーケースを貸して、中の独自商品を売らせるビジネスがヒットすることが多いです。私もこの会社に入る前は、レンタルボックスといえば下北沢か、中野ブロードウェイでしたからw。

で、今回は混乱を避けるため、世間一般に広まりつつ有る「トランクルーム」という言葉に統一して、CM展開を行うことが、まず決まりました。

※決して「レンタルボックス」というワードを使わない、ということではありません。コンテナのヤードには、今後も「レンタルボックス」という名称を使っていきます。

コンシューマ向け以外の要素は、カットせよ!

 

前回のCMには、トランクルームのお客様だけでなく、「貸し会議室」や他のレンタルスペースの話題が入っております。たった30秒のCMにしては、欲張り過ぎかな?という反省から、今回は「コンシューマ向け(直接のお客様)」以外は排除せよ、という命題が与えられました。

以前のCMの後半には、空き地空きビルの活用」という要素が入っています。
これは当社の“仕入れ”に当たる重要な要件なのですが、これを同じお客様にお見せしても、「ん???」となるのが落ちでしょう。

もっとトランクルームの良い点を押し出す内容に変更しよう、という意気込みで、コンテ作りが始まりました。

※コンテとは、どのシーンに、どんな文言を入れ、どんなナレーションを入れるか、という“映像作品の設計図”です。シーンを具体的な絵を書いて説明するものが「絵コンテ」と呼ばれます。

たった15秒で、何を伝えるのか?

当初は実写で色々現場を見せる案もありましたし、役者さんを何人か登場させ劇調に盛り上げる、といったアイディアも有ったのですが、それこそ“3桁万円”のかなり上の方になってしまう、ということもあり、人を出す案はNGとしました。

人を出さない、という条件は前回と同じですが、何となくボンヤリした前回の世界観は今ひとつ他人には伝わりにくいのでは?という反省の元、極力不要と思われる要素は外して、15秒という時間を有効に利用したいと考えました。

15秒…、1画面3秒だとして5カット、4秒として4カット弱、5秒として3カットが限界となります。
つまり、3~4カットの中に必要な要素だけを詰め込んで、見せなくてはなりません。これ、思ったより大変な作業でしたw。

今回の新CM(後半)を見ていただければ分かりますが、カットは5つとなっております。

1stカット

まず最初に“ご挨拶”的なカット。加瀬倉庫のレンタルボックスとトランクルームのサービスをお見せして、認知していただきます。

最短10分、契約完了!

そして2カット目は、今回一番伝えたかった最短わずか10分で契約完了し、使い始められる!」という事実。
勿論条件が揃ってと言うことですが、スマホの扱いに慣れている方でレンタルボックスの前に立っている方であれば、凡そそんなもので使い始められる場合も有るのです。

すぐに使えて、お部屋スッキリ!

そして3カット目は、「たくさん入るから、お部屋がスッキリする!」という“気持ちよさ”を伝えるカットです。これは主に、気持ちを大切にする女性に向けてのメッセージ。片付けるって、気持ちいいですよね!

規模感のカット

4カット目は、スケール感をお伝えするためのもの。何せこれだけの数のお部屋があり、皆様のご利用をお待ちしてますよ!という部分ですね。
今回は前回から更にパワーアップした所を見ていただきたかったので、素直に数字も増やしてますw。

いや本当にこの数が揃ってますから、あなたのお住いの近所にも、きっとありますよ~!とお伝えしております。

最後のカット

そして最後は、忘れちゃいけない「コンタクト方法」をお伝えしております。
まあ、基本的には当社サイトに来ていただければ良いわけですが、そのためには何らかの検索をしてもらうのが一番。電話番号はナカナカ覚えられないしね。

なので、「加瀬のトランクルーム」で検索!これが一番早くて便利ワードです!

準備は万端、さてその成果は?

というわけで、2019年7月28日の「TVタックル」を皮切りに絶賛OA中!となっておりますこのCM。皆様、ご覧いただけましたでしょうか?

リアルタイムに放映を見ていただければ良いのですが、時間帯やエリアによってはご覧いただけない場合もあると思いますので、例によってまたYoutubeのリンクを貼らせていただきますので、こちらもご覧ください。

当社では今後も、これらCMを出来るだけ流していく方向で、
様々な番組を検討中です。

どの番組でどれ程成果が上がったか?という効果測定の部分に関しては若干弱いTVCMですが、お名前を覚えて頂き、まずは当社のホームページにやってきていただく、という意味では、ある程度の効果は期待しております。

また、本CMにより当社の規模感や展開の具合を見ていただく事で、新しい不動産活用のビジネスとしてトランクルームやレンタルボックスの運用をご検討いただければ、これはこれで「効果あり!」ということにもなっていきます。

様々な可能性を持つビジネス展開をご提供する当社に対し、
今後もより一層のご愛顧・ご支援賜ります様、何卒よろしくお願い申し上げます。

2年ぶりに加瀬倉庫のCMが新しく!

2019年 CM最新OA情報!

◎毎週日曜日、テレビ朝日11:55~13:00 ビートたけしのTVタックル

CM放映いたします!ぜひご覧ください♪♪♪

————————————————————————————–

お熱うございます。

長かった梅雨が明けたと思ったら、やってきました“猛暑の夏”

猛暑の太陽

やばいっす、死んじゃいます…。
自分は暑がりではないと思うのですが、新陳代謝が良い方なので“汗っかき”ではあります。

この時期の風呂上がりには、いくらタオルで身体を拭いても、すぐに玉のような汗が皮膚の上に浮かんできます。
まあ悪いことではないのでしょうが、その分しっかり水分補給をしないと!っといいつつ、麦茶割の焼酎が手放せません(*^^*)。

そんな私ですが、今回はなんと!CM制作と言うやつに携わり、メデタく7月27日からオンエアとなりましたので、その模様をご報告させていただきます!

2年ぶりのCM改変!は、そりゃもう大騒ぎの巻

そもそもCMの魅力とは…

今更「CMとは何か?」などと説明を加えるつもりはございませんが、インターネット全盛のこの時期に、わざわざTVでCMを流す!というのには、色々な意味合いがありますので、そこをちょこっと…w。

まずはこれまでの旧CMを御覧ください!

見覚えございますでしょうか?

そもそも私はインターネット担当なので、「TVCMなんぞにお金をかけるならば、こっちに回してくれれば2~3倍くらいの成果は上げられるのに…」などと考えている輩なのでw、TVCMは若干後ろ向きというか、しょうがね~な~的な立場だったのです。

だってCMって実際、正確な「効果測定」が出来ないじゃないっすか?

WEBの場合は、

【あるキーワードで検索】

【検索結果から当社広告文をクリック!】

当社サイトへランディング!】

【必要なボタンをクリック、または候補物件を検索】

【申込ボタンを押して、申込み!(CV)】

などというユーザー様の一連の行動が、手にとるようにわかりますし、その状態で何かが不足だったり、不具合があったりしたら、すぐに直して再度アップしなおせば、すぐさま内容を変更することも出来ますし、Aパターン・Bパターンを作って、どちらが効率よくお客様の集客が出来、尚且契約率が高いか、などを比べて実践することも可能なのです。

広告用のCM動画を作るには、最低「3桁万円」(^^;)の費用が発生し、半年クールで契約した広告枠を契約するには「4桁万円」が必要になり、作り直す事もおいそれとは出来ず、効果測定もボンヤリとしたものになってしまうTVCMには、一体どんな意味があるのだろう?

そんな漠然とした疑問を抱えておりましたが、やはり“CMはCM”。その最大の魅力は、なんと言っても「波及力・影響力」でしょう。
当社は、日曜日の昼間12時からテレビ朝日系で放映されている「ビートたけしのTVタックル」(テレビタックルと読む)という番組を提供させていただいておりますが、この放映後に2018年3月の当ブログ「当社CMと南部なおとさんについて」というエントリーには、毎週50人くらいのアクセスが発生します。

ビートたけしのTVタックル
テレビ朝日系で日曜日のお昼12時より放映中「ビートたけしのTVタックル」

自分でなにかに興味を持ち、それをインターネットで検索して、当社ブログまでやってきていただける(行動していただける)方が、日に50人です。(CM放映後に)

「50」は大した数ではありませんが、でもやはり、すごい影響力だと思います。

CMの魅力の一つは、人を動かす力(波及力・影響力)が強いっていう事ではないでしょうか?名前を広げるだけでなく、興味を抱かせ行動を起こさせる、そんな力がCMにはあるのでしょう。

従業員の士気も上がる

私達はこの会社で働いております。現在は正社員・パート社員合わせて約180名前後の社員がおりますが、勿論その目的は「生活のため」であり「お金を稼ぐため」です。

しかしそれならば、何もこの会社でなくても他に多くの仕事があります。特にこの時期は“人手不足”が叫ばれ続けており、もっと給料の良い仕事もたくさん有るはず…。なのにこの会社を選んで働いている人達に対し、何らかの“気持ちのご褒美”を上げたいと思います。

それは、「誇り」

やはり世の中的には「CMを流している会社は一流」という風潮がありますので、「うちの会社CMやってるよ!」とか、「ほらほらおばあちゃん、これが私の行っている会社だよ」とか、家族やお友達に自分の会社のことを紹介出来、尚且多少誇らしい気持ちになる、という事象が起きます。

これはやはり、何もしない企業に勤めるよりは遥かにロイヤリティ(忠誠心)が高くなるのではないでしょうか?

ドヤ顔

勿論、そんな事には何の価値観も抱かない人もいるとは思いますが、それでも遥かに高い“効果”を社業にもたらしてくれると考えられます。

この気持ちは、いろいろな場面で現れます。ただ単に“金のため”と割り切っていれば、就業時間が過ぎればもう全く関係性を絶とうとし、例えば目の前の廊下にゴミが落ちていたとしても、拾わずに帰ってしまう様な行動に出てしまいます。

しかし誇りを持って会社に来ていれば、廊下や会社の前にゴミが落ちていれば、拾って片付けるという行動に出るはず。誰だって、自分が誇りに思う場所を守りたいと思うはずです。

そんな効能を、CMはもたらしてくれているはずです。

目に見える事は小さいけれど…

っというわけで、今回は「CMがもたらす効能」を中心にお話しておりますが、「なんだよ、高々50人とか180人とか、スケールが小せえなあ」と感じた方も多いのではないでしょうか?

そうなのです。
目に見える事は、たった30秒のCMを流しただけでは、そう沢山は起こらないのです。目に見えるというのは氷山の一角であり、その下には特に何も行動を起こしていない数多くの人々に、何らかの影響力を発揮しているはずです。

WEB広告の様に、起こした行動を逐一把握・分析し、事細かに一つ一つ対策を講じていく事も大切ですが、「今回は何もしないけれど、次回は、次次回は何か動いてしまいそう」という人達を一人でも多く増やしていくことで、「あ、トランクルームについて調べよう」とか、「レンタルボックスってこの近くは何処にあるのかな?」なんて考えて、検索等の行動を起こしてくれる事につながっていくのでしょう。これでWEB広告との連動性が生まれます。

目に見える事は小さいかもしれませんが、“東京のキー局でCMを流す”ということは、とてつもない影響力を持っているモノなのだな、と今は感じております。

さてでは、今回新しくなったCMは

今回のCM、前半15秒はほとんど変わりませんが、2年前の当社施設の総数と現在とではかなり開きが出たため、その部分だけは変更しました。

1,300箇所、65,000部屋 ⇒ 1,500箇所、70,000部屋

ザックリした数字ですが、1,500箇所に関してはすでに達成しております。70,000部屋については、間もなく到達いたします。(正直!)

1,500箇所、70,000部屋

修正ポイントはここだけです。

後半の15秒は完全な「新規制作」になります。
前回のものは、不動産活用とか他の事業も含めた当社のビジネス紹介となっておりましたが、今回は「トランクルーム」にターゲットを絞り、当社のトランクルームの利点や数・エリアの多さを集中的にお伝えしております。

最短10分、契約完了!
「最短10分で、契約が完了し、そのまま使い始める」ことが可能!なんて、ご存知でしたか?

以前のものよりもちょっとポップなイラストを用い、若い方にも語りかけ伝えられる様に考えております。いかがでしょうか?そうなってますか?

すぐに使えて、お部屋スッキリ!

では、なにはともあれ“新作CM”を御覧ください!

このまま当分はこのCMを使って行く予定ですので、何卒ご贔屓のほど、よろしくお願いいたします。

次回は、CM制作の過程などをお伝えしたいと思います。

 

ではまた!