2年ぶりに加瀬倉庫のCMが新しく!

2019年 CM最新OA情報!

◎毎週日曜日、テレビ朝日11:55~13:00 ビートたけしのTVタックル

CM放映いたします!ぜひご覧ください♪♪♪

————————————————————————————–

お熱うございます。

長かった梅雨が明けたと思ったら、やってきました“猛暑の夏”

猛暑の太陽

やばいっす、死んじゃいます…。
自分は暑がりではないと思うのですが、新陳代謝が良い方なので“汗っかき”ではあります。

この時期の風呂上がりには、いくらタオルで身体を拭いても、すぐに玉のような汗が皮膚の上に浮かんできます。
まあ悪いことではないのでしょうが、その分しっかり水分補給をしないと!っといいつつ、麦茶割の焼酎が手放せません(*^^*)。

そんな私ですが、今回はなんと!CM制作と言うやつに携わり、メデタく7月27日からオンエアとなりましたので、その模様をご報告させていただきます!

2年ぶりのCM改変!は、そりゃもう大騒ぎの巻

そもそもCMの魅力とは…

今更「CMとは何か?」などと説明を加えるつもりはございませんが、インターネット全盛のこの時期に、わざわざTVでCMを流す!というのには、色々な意味合いがありますので、そこをちょこっと…w。

まずはこれまでの旧CMを御覧ください!

見覚えございますでしょうか?

そもそも私はインターネット担当なので、「TVCMなんぞにお金をかけるならば、こっちに回してくれれば2~3倍くらいの成果は上げられるのに…」などと考えている輩なのでw、TVCMは若干後ろ向きというか、しょうがね~な~的な立場だったのです。

だってCMって実際、正確な「効果測定」が出来ないじゃないっすか?

WEBの場合は、

【あるキーワードで検索】

【検索結果から当社広告文をクリック!】

当社サイトへランディング!】

【必要なボタンをクリック、または候補物件を検索】

【申込ボタンを押して、申込み!(CV)】

などというユーザー様の一連の行動が、手にとるようにわかりますし、その状態で何かが不足だったり、不具合があったりしたら、すぐに直して再度アップしなおせば、すぐさま内容を変更することも出来ますし、Aパターン・Bパターンを作って、どちらが効率よくお客様の集客が出来、尚且契約率が高いか、などを比べて実践することも可能なのです。

広告用のCM動画を作るには、最低「3桁万円」(^^;)の費用が発生し、半年クールで契約した広告枠を契約するには「4桁万円」が必要になり、作り直す事もおいそれとは出来ず、効果測定もボンヤリとしたものになってしまうTVCMには、一体どんな意味があるのだろう?

そんな漠然とした疑問を抱えておりましたが、やはり“CMはCM”。その最大の魅力は、なんと言っても「波及力・影響力」でしょう。
当社は、日曜日の昼間12時からテレビ朝日系で放映されている「ビートたけしのTVタックル」(テレビタックルと読む)という番組を提供させていただいておりますが、この放映後に2018年3月の当ブログ「当社CMと南部なおとさんについて」というエントリーには、毎週50人くらいのアクセスが発生します。

ビートたけしのTVタックル
テレビ朝日系で日曜日のお昼12時より放映中「ビートたけしのTVタックル」

自分でなにかに興味を持ち、それをインターネットで検索して、当社ブログまでやってきていただける(行動していただける)方が、日に50人です。(CM放映後に)

「50」は大した数ではありませんが、でもやはり、すごい影響力だと思います。

CMの魅力の一つは、人を動かす力(波及力・影響力)が強いっていう事ではないでしょうか?名前を広げるだけでなく、興味を抱かせ行動を起こさせる、そんな力がCMにはあるのでしょう。

従業員の士気も上がる

私達はこの会社で働いております。現在は正社員・パート社員合わせて約180名前後の社員がおりますが、勿論その目的は「生活のため」であり「お金を稼ぐため」です。

しかしそれならば、何もこの会社でなくても他に多くの仕事があります。特にこの時期は“人手不足”が叫ばれ続けており、もっと給料の良い仕事もたくさん有るはず…。なのにこの会社を選んで働いている人達に対し、何らかの“気持ちのご褒美”を上げたいと思います。

それは、「誇り」

やはり世の中的には「CMを流している会社は一流」という風潮がありますので、「うちの会社CMやってるよ!」とか、「ほらほらおばあちゃん、これが私の行っている会社だよ」とか、家族やお友達に自分の会社のことを紹介出来、尚且多少誇らしい気持ちになる、という事象が起きます。

これはやはり、何もしない企業に勤めるよりは遥かにロイヤリティ(忠誠心)が高くなるのではないでしょうか?

ドヤ顔

勿論、そんな事には何の価値観も抱かない人もいるとは思いますが、それでも遥かに高い“効果”を社業にもたらしてくれると考えられます。

この気持ちは、いろいろな場面で現れます。ただ単に“金のため”と割り切っていれば、就業時間が過ぎればもう全く関係性を絶とうとし、例えば目の前の廊下にゴミが落ちていたとしても、拾わずに帰ってしまう様な行動に出てしまいます。

しかし誇りを持って会社に来ていれば、廊下や会社の前にゴミが落ちていれば、拾って片付けるという行動に出るはず。誰だって、自分が誇りに思う場所を守りたいと思うはずです。

そんな効能を、CMはもたらしてくれているはずです。

目に見える事は小さいけれど…

っというわけで、今回は「CMがもたらす効能」を中心にお話しておりますが、「なんだよ、高々50人とか180人とか、スケールが小せえなあ」と感じた方も多いのではないでしょうか?

そうなのです。
目に見える事は、たった30秒のCMを流しただけでは、そう沢山は起こらないのです。目に見えるというのは氷山の一角であり、その下には特に何も行動を起こしていない数多くの人々に、何らかの影響力を発揮しているはずです。

WEB広告の様に、起こした行動を逐一把握・分析し、事細かに一つ一つ対策を講じていく事も大切ですが、「今回は何もしないけれど、次回は、次次回は何か動いてしまいそう」という人達を一人でも多く増やしていくことで、「あ、トランクルームについて調べよう」とか、「レンタルボックスってこの近くは何処にあるのかな?」なんて考えて、検索等の行動を起こしてくれる事につながっていくのでしょう。これでWEB広告との連動性が生まれます。

目に見える事は小さいかもしれませんが、“東京のキー局でCMを流す”ということは、とてつもない影響力を持っているモノなのだな、と今は感じております。

さてでは、今回新しくなったCMは

今回のCM、前半15秒はほとんど変わりませんが、2年前の当社施設の総数と現在とではかなり開きが出たため、その部分だけは変更しました。

1,300箇所、65,000部屋 ⇒ 1,500箇所、70,000部屋

ザックリした数字ですが、1,500箇所に関してはすでに達成しております。70,000部屋については、間もなく到達いたします。(正直!)

1,500箇所、70,000部屋

修正ポイントはここだけです。

後半の15秒は完全な「新規制作」になります。
前回のものは、不動産活用とか他の事業も含めた当社のビジネス紹介となっておりましたが、今回は「トランクルーム」にターゲットを絞り、当社のトランクルームの利点や数・エリアの多さを集中的にお伝えしております。

最短10分、契約完了!
「最短10分で、契約が完了し、そのまま使い始める」ことが可能!なんて、ご存知でしたか?

以前のものよりもちょっとポップなイラストを用い、若い方にも語りかけ伝えられる様に考えております。いかがでしょうか?そうなってますか?

すぐに使えて、お部屋スッキリ!

では、なにはともあれ“新作CM”を御覧ください!

このまま当分はこのCMを使って行く予定ですので、何卒ご贔屓のほど、よろしくお願いいたします。

次回は、CM制作の過程などをお伝えしたいと思います。

 

ではまた!