デジタルって、なに?

こんにちは!

地球温暖化の影響でしょうか?今年は暖冬傾向で生活はしやすいですが、大局的に考える、何となく腑に落ちないというか不安が残る今日このごろです。

まあ、46億年の地球の歴史から見れば、それ程大きな変化ではないのかもしれないですが、その上に住む者には多大な影響を与えますね。この辺りしっかりと認識したリーダーが必要な時代です。

さて今回は、そんな世の中が猫も杓子も“デジタル、デジタル”というので、すっかり波に乗り遅れちゃってる人もいるかと思います。
ここらで一応、最低限知っておきたい“デジタルなこと”について、語ってみたいと思います。

ちょっと嬉しいライフハック

デジタルは怖い?デジタルは便利?

デジタルの基礎

ご存知のようにいわゆる“デジタル”とは、「0と1」で表現される世界のこと。
みなさんが毎日使っているスマホやパソコン、テレビなども今は、この形式の信号をやり取りすることで、様々な機能を実現しております。

「0と1」とは2進法の事。「白と黒」、オセロの世界と言ってもいいかもしれません。「なしとあり」「はいといいえ」、いろいろ思いつきますね。
この2進法をいくつも積み重ねる事で、とてつもない数を表す事も可能になるのです。

デジタルは0と1の世界

ここで2進法について少し解説します。
私達が普段使っているのは10進法ですが、これは0,1,2,3,4,5,6,7,8,9の数字があり、9まで増えたその次は一つ桁が増えて「10」となります。これは日本語では“じゅう”ですが、数字的に捉えると「いちゼロ(れい)」となります。

つまり、1の位が「ゼロ」で、10の位が「イチ」有るよ、というわけで、この表示の仕方は2進法でも使います。
2進法の場合は0の次は1で、その次は2ではなく10です。

◎10進法 … 1+1=2
◎2進法  … 1+1=10

ではなぜここで使い慣れた10進法ではなく、2進法の話を始めるのか、というと、2進法がコンピュータの扱うデータの全ての基本となっているからです。

どんなに高性能なコンピュータも動作の基本はこの2進法で、この2進法の桁をある程度の数でくくった「8ビット」とか「16ビット」とかを単位として、コンピュータの能力や世代を表すものとなっているのです。

つまり「8ビット」とは2進法の「0と1」が8桁を一つの単位として、命令を伝達していくことです。

オンとオフのあるスイッチを、横に8個並べた感じですね。

現在のPCやスマホでは、これが64桁になった「64ビット」が使われています。いっぺんに処理できる情報量は、8ビットの8倍。
更にCPUのスピードや数が数百倍から数千倍になってます
ので、当時の8ビットPCとは比べ物にならないほど、高性能となっております。

基本的には、コンピュータという“機械”に命令を伝達するには、この形式で行うのが一番都合が良い、ということになったのでしょう。
この辺りが「デジタル」という言葉を理解するための、第一歩となります。

これに対して「アナログ」という言葉で表される数値は、連続的に可変するもので、昔のテレビなどについていた“つまみ式のボリューム”や、ラジオのチューナー(バリコン)などの様に、ある意味“適当”に数値を合わせて成果を発揮する種類のモノですね。

決して正確ではないですが、誰にも直感的に扱えて馴染みやすいという特性があります。

デジタルの良さ

デジタルの良さは何と言っても“正確”な事です。直接数値を確認したり入力したり出来ますので、誰がやっても同じ正確な操作が可能となります。

同時に早い操作も可能となりますので、機械としての効率も上がり、生産性の向上に繋がります。

また“機械的”にも可動部分が少ないので壊れにくく、寿命も長くなる傾向があります。まあ実際にはOSやアプリなどのソフト面で世代交代が早いので、実質的に使えなくなる、という事はありますが、本人さえ良ければかなり長期間使うことが可能な場合が多いです。

デジタルは便利

例えばテレビは、日本では現在は全てがデジタル放送となっており、アナログ放送はありません。(謎の海賊放送などの場合を除きますw。)
テレビの受像機は、地デジが始まった後に出たモデルであれば古いものでも十分に使用可能ですよね。

もちろん、最新の4Kや8Kなどには対応していないかもしれませんが、「テレビ番組を見る」という目的については全く問題なく行えますね。

コンピュータについても、概ね同じ様な事が言えます。
10年前のPCやスマホでも、全く使えない、ということはないです。

が、しかし…、

10年前のPCやスマホを今使っている人は、あまりいないと思います。
スマホの場合は10年前というのはいわゆる黎明期なので尚更ですが、現代のスマホに比べると性能的に相当見劣りがしてしまい、実質的に「使用に耐えない」モノとなってしまいます。また、内臓のバッテリーの性能が落ち、電源をつないだ状態でないと使えない、何てこともありますね。

PCについて言えば、まあ何とか使えている場合も多いと思います。しかしながらこれも早晩、“使用不可能”になる時期がやってくるでしょう。

PCとタブレット

「うちはインターネットやメールが出来れば十分なのさ」と思っていても、このインターネット閲覧用のブラウザ(Google Chromeやエッジなど)が古い機種を見分け、「この機種では安全が担保できないので、動作できません」と勝手に落ちてしまう様になってます。
安全を確保するためには、裏でいろいろな機能が働いて、見たいWEBサイトの安全性を確かめた上で画面表示をする様になっているので、それらの機能が動かせない古く性能の悪いPCでは動かなくなっているのです。

こうなってくると、流石に「このままじゃマズい…、買い換えよう。」と思ってくれると思います。

マイクロソフトの様なOS(オペレーションシステム)のメーカーが、一方的に古いOSのサポートを止めてしまう場合もありますね。つい最近でも、Windows7のサポートが終了し、会社などで使っていたPCを一斉に入れ替えなければならない、という事態に陥った会社も多いことでしょう。

これですぐにPCが動かなくなるわけではないのですが、いろいろなバグやセキュリティホール(危険性)の修繕が行われなくなるので、様々なリスクを背負って使う事になってしまいます。例えば、PCを乗っ取られたり、クレジットカードのIDやパスワードを盗まれたり、です。十分注意したいものですね。

では、データについてはどうなの?

っというわけで、テレビ放送とPCやスマホなどは若干状況は違いますが、一般的にはデジタルのデータやコンテンツは、アナログで保管したものよりは長い時間使える、といえます。

また同時に、その保存の方法や形態などもずっと小さくコンパクトになりますので、保存スペースや費用が少なくて済みます。
保存したデータを検索して取り出すのも非常に楽に行なえますし、特殊な技術や資格は必要ない場合が多いので、誰にでも使いやすい形式と言えるでしょう。

デジタルデータは扱いも楽

更に、インターネット経由でいつでも何処でも誰にでも“伝送”出来ますので、物理的に探したり、包んだり、運んだりする必要がなくなるのも大きなメリットでしょう。

デジタル化出来るもの、出来ないもの

さて、これまで“デジタルの良さ”について学んできましたが、最後に「デジタル化出来るもの、出来ないもの」について考えてみたいと思います。

デジタル化に適したものとしては、文書・書類、音声、画像、動画などが考えられます。

逆にデジタル化に適していないものとしては、食べ物・飲み物、生活必需品、冷暖房機具、寝具など、物理的に存在する必要があるもの、という事になります。

只、やはり物理的な質量がありますので、それを保存するにはそれなりのスペースが必要に…。
これらも“毎日使うもの”“月に何度か使うもの”“年に何回か使うもの”“それ以下の頻度のもの”といろいろとステージ分けが出来ますね。これによって「どの程度手元においておく必要があるか」を考えて収納していかねばなりません。

“収納”と言えば「トランクルーム」

比較的使用頻度の低いものをおいておくには、普通は押入れとか庭の物置とかを思い浮かべますが、スペースの少ない“都会生活者”にとってはこのスペースを確保するのに一苦労するものです。

物理的な荷物は、加瀬倉庫におまKASE下さい!

姿形の見えにくいデジタル全盛の現代社会でも、物理的な大きさを伴った“荷物”に関しては、まだまだ多くの問題を抱えている方が多いことと思います。

困ったときには思い出して欲しい!
トランクルームは加瀬倉庫です。

只今、春の90%OFFキャンペーンも実施中です!

デジタルの利便性と活用シーンは増える一方ですが、“それ以外”の生活必需品もまだまだ無くなりそうにありません。だからこそ私達は、デジタルとアナログの間で皆様のニーズを探りサービスを開発し続けております。

今回は今更ながら改めて「デジタルってなんだろう?」と考えてみましたが、デジタルとそれ以外を上手く使い分けて、これからも皆様が豊かな生活を営んでいけるサービスをご提供できる様頑張っていきます!

よろしくお願いいたします!

呑川を越えた先のトランクルーム

こんにちは!レポーターのゆたろうです。

前回に引き続き、蒲田駅東口周辺のトランクルームのレポートです。

駅のロータリー近くまで戻ってきましたが、今度はそこから細い路地を入って北上してゆきます。その先に、目指すトランクルーム大田区蒲田1丁目はあるようです。

駅に近づくにつれて人通りは多くなり、駅に向かって歩いている人、逆に自宅に向かっているのか住宅街へと続く細道を入ってゆく人、飲み屋が並ぶ繁華街の入口からその奥へと入ってゆく人、その流れは様々でした。

そのような中で、駅ロータリーにほど近い細い通りから、多くの人や車までもが出入りしているのが見えました。目的地までの地図を見る限り、この細道を入っていくのが最短ルートとなるようです。

反対の西側を見ると、JR蒲田駅のビルが見えます。ここから、もう一つのトランクルームに移動です!
駅東口のロータリー近くまで戻ってきました!
次の目的地までの地図を見ると、この細道を進むのが最短ルートのようです。

通りを入って進んでゆくと、少し暗くはあるけれど所々に飲食店があり、ちょっとした飲み屋街となっておりました。

更に進んでゆくと、急に周囲が開けて、道の脇には自転車がひしめき合っている一角がありました。駐輪場なのだろうと思ったのですが、あまりの密集度だったので、思わず写真を撮影してしまいました。。。(^^;

反対側を見ると、眼下に道路があり足元に車が吸い込まれてゆきます。駅の西側にに抜けてゆくアンダーパスとなっているようです。駐輪場は、その上部のスペースを活用して設けられているというわけですね!

細道を歩く途中に駐輪場があり、たくさんの自転車が停められていました。それにしてもすごい量。。。(;・∀・)
それほど明るい路地ということではないのですが、細道の入口から飲食店が並んでおりました。

この駐輪場をさらに進んでゆくと、川に架かった橋が見えてきました。そして、橋の左側に”呑川”と書かれた標識が立っているのがすぐに見えました。

呑川だなんて、色々と呑みこんでしまう川ということで、かつては大雨が降るとたびたび河川氾濫を繰り返すような川だったのだろうか?とすぐに想像できるような、中々インパクトのある名前だなと印象に強く残ったのでした。

ただ、私はなぜかこの川を”ドン”川と読み違えてしまったのですよねw

ローマ字の表記にもちゃんと”Nomikawa”と書いてあるのにもかかわらず。。。このレポートを構成する段階で間違いを指摘されるまでずっと読み間違えていたのでした(^^;

呑”ドン”の響きが気に入ってしまったのか何なのか。。。。(^^;(^^;

ちなみに、ロシアにはドン川という名前の川はあるようですw

川に架かる橋から見渡すと、遠くの建物からの光や徳の鉄橋を時折通過する電車の光が川の水面を照らす以外は、暗く静かな雰囲気でちょっと吸い込まれそうな気分になってしまいました。この辺りまで歩くと、周囲もだいぶ暗くなっていたように思います。

呑川の暗い水面に建物の灯りが写し出され、遠くに架かる鉄橋を通る電車から漏れる灯りもよく見えました。
呑川の字の下に、ちゃんとローマ字で”Nomikawa”と書かれていたのになぜか”ドンガワ”と読み間違えてしまったのですよねwww

そんな呑川に架かる橋を渡って更にまっすぐ歩くと、遂に丁字路が見えてきました!

そのやや斜め向かいには銭湯があり、黒湯に入ることができるようです。この辺りでは、黒湯が沸き出る銭湯が多いそうですね!(^^)

地図を確認すると、この丁字路を左に曲がり、そこから少し進んだ先の丁字路を今度は左へと曲がってゆきます。

この辺りまで進むと、周囲は完全に住宅地が広がっており静かなのですが、人通りはそれなりにありました。(@_@)

呑川を越えてまっすぐ進んだ正面に、ちょっと多きな銭湯発見。目的地へは、ここを右に(画像では右奥方向に)曲がり、少し進ん先の丁字路を左に曲がります。
この辺りまでやって来ると、普通の住宅地となっているのですが、人の往来は多いです。

丁字路を曲がって進んでゆくと小さな郵便局があり、地図を見る限りではこの郵便局のすぐ先に、目指すトランクルームはあるようです。

その位置には、ちょっと大き目なマンションが建っておりました!

郵便局まで到達すると、目指すトランクルームはすぐ近く!
所在地:東京都大田区蒲田-12-34 地図が指し示す場所に到着すると、そこにはマンションが建っておりました。

さて、地図が示す場所にはマンションがありましたが、肝心のトランクルーム入口らしきものは、見る限り無さそう。。。。どこだろうか?とマンションに近づいてよく見てみると、路地に面した場所から地下へと降りる階段の壁に見慣れたカラーリングの加瀬倉庫の掲示がありました。

トランクルーム大田区蒲田1丁目に到着です!

階段を途中まで降りて見下ろしてみると、マンション内に設けられているようなミニ門扉の先にブルーのドアと、カードリーダーが見えました。その隣の壁には、加瀬倉庫の表示が貼り付けられておりました!

門扉の手前、階段を降りたすぐのテナントさんはフィットネスジムが入居しているようで、私が訪問した時間は当然ながら営業中でした。このフィットネスジムの入口前から、その横にある門を通過してトランクルーム入口まで行くのですが、さすがに中が良く見えるガラスドアの前を通過するのは気が引けたので、階段の途中から撮影して、今回は引き上げることにしました。(^_^;

実際に有るのだろうか?と近づいてみると、地下に降りる階段の横に加瀬倉庫の表示を発見!(^o^)
階段を降りた門扉の先にトランクルームがありました!
遠くからの撮影だったのでまたまたブレてしまいましたが、青いドアの右手にカードリーダーが設置されておりました。

もと来た道を引き返し、駅ロータリー近くまで戻ってくると、すっかり夜になったその周囲は、益々人の流れが活発で、この日は金曜日だったためか飲み屋さんが多く営業している蒲田東口中央通りの中は賑やかそうでした!

すっかり夜になり、蒲田東口中央通りの入口から人々が出入りしております。飲み屋街はにぎやかです!

今回は、時間上の制約もあってJR蒲田駅周辺を巡っただけでしたが、この地域にはもう一か所、京急蒲田駅近くにもトランクルームがあるので、また行く機会があればここにも訪問できればと考えております!

それでは次の場所で!

加瀬におまKASE忍者のラインスタンプ、再起動!

こんにちは!

毎日寒い日が続いてますね。なにせ“冬”ですから…^^;。

ところで、
加瀬グループがLINEスタンプを提供しているのを、
ご存知ですか?

…………

あまり知られてはいないと思いますが、
出しているのですよ、これが!(*^^*)

こんな感じです!

おまKASE!軍団

約5年ほど前に一度作って公開していたのですが、
今回はその“リニューアル”版という形での再リリースとなりました!

なるほど!

この子たちは「おまKASE忍者」という名前のオリジナルキャラクターなのですが、作者は特におりません。

誰が“生みの親”なのか、知らずに育った三兄弟です^^;

えっ?

それどころか、今回リニューアルに当たり、原画すらも残っていなかったため、
デザイナーさんがワザワザ線をトレースして新たに書き起こす!という、とても手間がかかった割には、あまり変わってないんじゃね?と囁かれる残念な事実…。

ガーン

しかし!

仕上がりは完璧です!
見栄えも最高!

結構、カッコよくまとめることが出来ました!(自画自賛w)

完璧!

っというわけで、
今回5年ぶりに洗い直され、デジタルリマスタリング?で再登場の

「おまKASE忍者」軍団です。

この他にも、楽しい絵柄が沢山入っておりますので、
良かったら、是非とも一度、ご確認下さい♪

LINEスタンプストア「おまKASE忍者2」

https://store.line.me/stickershop/product/10458435

JR蒲田と京急蒲田の間にあるトランクルーム

あけましておめでとうございます!レポーターのゆたろうです。

今年は2020年!
遂に東京オリンピックが開催される年となりました!あちこちと、都心のトランクルームを見て廻っておりますが、夏場は五輪目当ての観光客もたくさん見かけることになるかも知れませんね。(^_^)

さて、今回は大田区蒲田の二つのトランクルームを訪問した時のレポートです。

大田区方面に用事のあったこの日、夕方の時間帯から現地入りしましたが、冬場ということもあり空はすっかり暗くなっておりました。

そんな、家路を急ぐ時間帯に降りったJR蒲田駅は、仕事帰りと思われる人々が駅に流れ込んだり、逆に駅とは反対方向に歩いていく流れができていました。おそらくは、京急蒲田駅から京急線に乗ろうと移動している人たちなのかもしれません。

駅の東口から、そのような人たちの流れに乗るようにして、まずは最初の目的地である”トランクルーム大田区蒲田5丁目”に向かって移動します。

JR蒲田駅東口です
駅の隣には太田区役所があります

JR蒲田駅の東口ロータリーを背に、蒲田駅のビルに隣接する大田区役所を横目に見つつ少しだけ南下してゆきます。駅ビルの隣が自治体のお役所というのも中々ないかもしれないなと思いつつ歩いていると、すぐにトランクルームに近づくための曲がり角に差し掛かりました。

この、コンビニと紳士服店が入居した建物の目の前の通りを曲がって道なりに東へと進んでゆきます。この辺りは人通りも多く、JRの駅とは反対方向になるこの道を進む人の流れもできておりました(京急蒲田駅に向かっているのかもしれませんね)。

私も、トランクルームに向かうためこの流れに従うようにして通りを進んで行きます。

東口のロータリーです。こちらを背にして南に進みます。
この、紳士服店を左に曲がって進みます。
結構人通りがあり、JRの駅とは反対方向になるこの道を入ってゆく人々も多かったです。

通りを少し進むと、急に大きなビルが視界に飛び込んできました。どうも、ここが松竹映画の撮影所があった場所のようで、そのことを説明する表示もありました。話には聞いたことがありましたが、まさかこんなに駅から近いとは!

撮影所は戦前に移転してしまい、戦後は香料工場として長く稼働を続けておりましたが、その工場も閉鎖となり再開発されて現在の巨大なオフィスビルが建ったようです。

香料工場だったことにちなんで、アロマスクエアという名前となっております。大田区の区民ホールも隣接されているとのことです。(^_^)

この大きな一角を横目に見つつ更に進んでゆくと、少し形の崩れた十字路が見えてきました。地図を見る限り、トランクルームに近づくためにはここを更に直進して、そのすぐ先にある横道を入ると到着のようです。

実際に、十字路を過ぎてすぐの別れ道の入口に立って一方を見ると、暗い夜道の中で“加瀬のトランクルーム”と表示された袖看板が眩しく光っているのがすぐに見えました!w

通りを進んでいると、巨大なオフィスビルである”ニッセイアロマスクエア”が見えてきました。急に目の前に現れるような感じです!(@_@)
形の崩れた十字路を更に直進します
直進した先で更に横道に入ったすぐの場所に、トランクルームはありました!
更に横道に入り、周囲が結構暗い中にあって、トランクルームと書かれた看板が眩しく光ります!おかげで撮影に苦労してしまいました・・(^^;
所在地:東京都大田区蒲田5-30-7

トランクルーム大田区蒲田5丁目が入居している建物は、1階が駐車場とコインロッカー、2階から7階にトランクルームという構成になっております。

暗い周囲の中で、看板と共に明るく光っている駐車場の中にトランクルームへの入口があるようなので、早速入ってみることに。

表から奥の方を見ると、壁際に“入口”の文字が早速目に飛び込んできました!w

壁の他の表示を見ると、この駐車場はコインパーキングのようです。

1階は駐車場、2階~7階がトランクルームとなっております。
遠目から見ると、駐車場の中に2階へと続くトランクルームの入口があるようです。

入口前まで近寄ってみると、綺麗なガラスドアが設置されており、その脇にはトランクルーム使用者用の駐車場も、一ヶ所だけですが設けられておりました。荷物の搬出入も、建物の外に出る手間無く行えるのは便利ですね!(^o^)

中にはバイク置き場である「加瀬のバイクヤード大田区蒲田5丁目」もあるようです。

ドアの横には、カードリーダーが設けられており、ここでドアロックを解除してエレベーターで各階のトランクルームに移動する形になるのでしょう。当然カードキーなど持っていないので、残念ながらここで移動となります。(T_T)

トランクルーム入口
ドアの左に、カードリーダーが設置されております。
トランクルーム使用者の為の駐車場も設けられておりました!

トランクルーム大田区蒲田5丁目を離れて、駅近くにあるもうひとつのトランクルームを目指すため、一旦多摩堤通りを目指します。

細道から少しずつ広い通りにジグザグと移動するごとに、人通りも少しずつ増えてきます。まだまだ、帰宅ラッシュは続いているようです。

トランクルーム大田区蒲田5丁目を離れ、大通りの方へ移動してゆきます。
広めの道を選択して、都道11号線・多摩堤通へと向かいます。
この道をまっすぐ進んでゆくと、広い通りに出ます!

歩道にアーケードが設置されている通りを進んで多摩堤通りに到着すると、一気に視界が開けて遠くに京急蒲田駅の建物とその灯りが見えました。

そして西側に振り返ると、視線の先にJR蒲田駅と、その周辺の灯りがまばゆい光を放っていました!

広い多摩堤通りに出て東側を見ると、遠くに京急の灯りが見えました!
反対の西側を見ると、JR蒲田駅のビルが見えます。ここから、もう一つのトランクルームに移動です!

地図を確認すると、ここからJR蒲田駅東口ロータリー近くまで戻り、今度は北上した先にあるようです。

周囲はすっかり夜となり、駅前の繁華街も賑やかそうでした。

そのような中を抜けて、もうひとつのトランクルームを目指すことにします!

後半に続く。