呑川を越えた先のトランクルーム

こんにちは!レポーターのゆたろうです。

前回に引き続き、蒲田駅東口周辺のトランクルームのレポートです。

駅のロータリー近くまで戻ってきましたが、今度はそこから細い路地を入って北上してゆきます。その先に、目指すトランクルーム大田区蒲田1丁目はあるようです。

駅に近づくにつれて人通りは多くなり、駅に向かって歩いている人、逆に自宅に向かっているのか住宅街へと続く細道を入ってゆく人、飲み屋が並ぶ繁華街の入口からその奥へと入ってゆく人、その流れは様々でした。

そのような中で、駅ロータリーにほど近い細い通りから、多くの人や車までもが出入りしているのが見えました。目的地までの地図を見る限り、この細道を入っていくのが最短ルートとなるようです。

反対の西側を見ると、JR蒲田駅のビルが見えます。ここから、もう一つのトランクルームに移動です!
駅東口のロータリー近くまで戻ってきました!
次の目的地までの地図を見ると、この細道を進むのが最短ルートのようです。

通りを入って進んでゆくと、少し暗くはあるけれど所々に飲食店があり、ちょっとした飲み屋街となっておりました。

更に進んでゆくと、急に周囲が開けて、道の脇には自転車がひしめき合っている一角がありました。駐輪場なのだろうと思ったのですが、あまりの密集度だったので、思わず写真を撮影してしまいました。。。(^^;

反対側を見ると、眼下に道路があり足元に車が吸い込まれてゆきます。駅の西側にに抜けてゆくアンダーパスとなっているようです。駐輪場は、その上部のスペースを活用して設けられているというわけですね!

細道を歩く途中に駐輪場があり、たくさんの自転車が停められていました。それにしてもすごい量。。。(;・∀・)
それほど明るい路地ということではないのですが、細道の入口から飲食店が並んでおりました。

この駐輪場をさらに進んでゆくと、川に架かった橋が見えてきました。そして、橋の左側に”呑川”と書かれた標識が立っているのがすぐに見えました。

呑川だなんて、色々と呑みこんでしまう川ということで、かつては大雨が降るとたびたび河川氾濫を繰り返すような川だったのだろうか?とすぐに想像できるような、中々インパクトのある名前だなと印象に強く残ったのでした。

ただ、私はなぜかこの川を”ドン”川と読み違えてしまったのですよねw

ローマ字の表記にもちゃんと”Nomikawa”と書いてあるのにもかかわらず。。。このレポートを構成する段階で間違いを指摘されるまでずっと読み間違えていたのでした(^^;

呑”ドン”の響きが気に入ってしまったのか何なのか。。。。(^^;(^^;

ちなみに、ロシアにはドン川という名前の川はあるようですw

川に架かる橋から見渡すと、遠くの建物からの光や徳の鉄橋を時折通過する電車の光が川の水面を照らす以外は、暗く静かな雰囲気でちょっと吸い込まれそうな気分になってしまいました。この辺りまで歩くと、周囲もだいぶ暗くなっていたように思います。

呑川の暗い水面に建物の灯りが写し出され、遠くに架かる鉄橋を通る電車から漏れる灯りもよく見えました。
呑川の字の下に、ちゃんとローマ字で”Nomikawa”と書かれていたのになぜか”ドンガワ”と読み間違えてしまったのですよねwww

そんな呑川に架かる橋を渡って更にまっすぐ歩くと、遂に丁字路が見えてきました!

そのやや斜め向かいには銭湯があり、黒湯に入ることができるようです。この辺りでは、黒湯が沸き出る銭湯が多いそうですね!(^^)

地図を確認すると、この丁字路を左に曲がり、そこから少し進んだ先の丁字路を今度は左へと曲がってゆきます。

この辺りまで進むと、周囲は完全に住宅地が広がっており静かなのですが、人通りはそれなりにありました。(@_@)

呑川を越えてまっすぐ進んだ正面に、ちょっと多きな銭湯発見。目的地へは、ここを右に(画像では右奥方向に)曲がり、少し進ん先の丁字路を左に曲がります。
この辺りまでやって来ると、普通の住宅地となっているのですが、人の往来は多いです。

丁字路を曲がって進んでゆくと小さな郵便局があり、地図を見る限りではこの郵便局のすぐ先に、目指すトランクルームはあるようです。

その位置には、ちょっと大き目なマンションが建っておりました!

郵便局まで到達すると、目指すトランクルームはすぐ近く!
所在地:東京都大田区蒲田-12-34 地図が指し示す場所に到着すると、そこにはマンションが建っておりました。

さて、地図が示す場所にはマンションがありましたが、肝心のトランクルーム入口らしきものは、見る限り無さそう。。。。どこだろうか?とマンションに近づいてよく見てみると、路地に面した場所から地下へと降りる階段の壁に見慣れたカラーリングの加瀬倉庫の掲示がありました。

トランクルーム大田区蒲田1丁目に到着です!

階段を途中まで降りて見下ろしてみると、マンション内に設けられているようなミニ門扉の先にブルーのドアと、カードリーダーが見えました。その隣の壁には、加瀬倉庫の表示が貼り付けられておりました!

門扉の手前、階段を降りたすぐのテナントさんはフィットネスジムが入居しているようで、私が訪問した時間は当然ながら営業中でした。このフィットネスジムの入口前から、その横にある門を通過してトランクルーム入口まで行くのですが、さすがに中が良く見えるガラスドアの前を通過するのは気が引けたので、階段の途中から撮影して、今回は引き上げることにしました。(^_^;

実際に有るのだろうか?と近づいてみると、地下に降りる階段の横に加瀬倉庫の表示を発見!(^o^)
階段を降りた門扉の先にトランクルームがありました!
遠くからの撮影だったのでまたまたブレてしまいましたが、青いドアの右手にカードリーダーが設置されておりました。

もと来た道を引き返し、駅ロータリー近くまで戻ってくると、すっかり夜になったその周囲は、益々人の流れが活発で、この日は金曜日だったためか飲み屋さんが多く営業している蒲田東口中央通りの中は賑やかそうでした!

すっかり夜になり、蒲田東口中央通りの入口から人々が出入りしております。飲み屋街はにぎやかです!

今回は、時間上の制約もあってJR蒲田駅周辺を巡っただけでしたが、この地域にはもう一か所、京急蒲田駅近くにもトランクルームがあるので、また行く機会があればここにも訪問できればと考えております!

それでは次の場所で!