武蔵小山駅近くのバイクボックス探し

こんにちは!レポーターのゆたろうです!

夕闇の中、東急武蔵小山駅の北にあるトランクルームを訪問しましたが、今回はその後にこの近辺にあるバイクヤードを訪問したレポートをお送りいたします!(^_^)

まずは、目黒区本町のトランクルームが入居する建物を少し進んだ先には商店街の入口があったので、バイクヤードに移動する前に少し立ち寄ってみました。

入口には、午後7時まで自動車の侵入ができない歩行者天国の看板が立てられており、多少の人の往来がありました。商店街を少し歩くと、焼鳥屋が店頭で良いにおいを振りまきながら営業している、建物内商店街が風情を出しており、ちょっと買い食いしちゃおうかな?という気分にもなったのですが、次の目的地まで距離もあり、どれくらい時間がかかるか未知数だったので、途中での食事はやめにして、バイクヤードを目指すことにしました。(^_^;

トランクルーム目黒区本町の入口から少しだけ進んだ先にある商店街の入口です。
この時間帯は、まだ歩行者優先の看板が道路中央に建てられておりました。
商店街を進むと、焼鳥屋屋などが入居している昔ながらな建物内商店街がありました。
引き返して、バイクボックスを目指します。

まだ若干空が明るい時間に通過した、目黒区中央体育館交差点まで引き返してくると、この周囲もすっかり夜となっており、目的地に向かう拡幅工事中の道の先は、更に暗さが増しておりました。

この工事中道路を西に進んで行きます。広いとはいえ、街灯も少なく人通りも無いためとても静かでした。時々通過する車の音がよく聴こえます。

先程通過した目黒区中央体育館入口の交差点に到着です。ここを西へと進んでゆきます。
拡張工事の途中となっている道路を進んでゆきます。道路が広いとはいえ、暗く静かです。
途中、卵の販売機が設置されている一角があり、面白そうなので一枚撮影してみました。

暗い夜道を歩き、時に小走りに進み、卵の自販機を過ぎて更に歩き進むと、入口周辺が工事中の柵で囲まれている大きな建物が見えてきました!

地図を確認すると、この建物の横道から進んだ先にあるようなので、右折して更に進んでいったのですが、周囲は家々が並ぶ住宅地で、街灯は少なく人通り無く更に暗く静かな道でした。

このレポートを書くにあたって、改めてGoogleマップのストリートビューで確認してみましたが、実際どうやって進んだのか、いまとなっては記憶があいまいになっております(^^;

そんな迷路のような道をアプリのマップを頼りにジグザグと進んで行き、目的地周辺まで近づいてきたのは良いのですが、肝心のバイクヤードが見当たらない!?ここまで来たのにそれは困る!(>_<)

半ば焦りながら更に細い道をぐるぐると歩いて確認していると、広い通りに出て”B”のマークが示している辺りをたどってゆくと、見つかりました!バイクヤード目黒本町6丁目!どうやら遠回りしてしまっていたようですw

工事の柵に阻まれた、大きな建物の横の道を入り、直進してゆきます。
この辺りは、まだ少し道路が広いですが・・・
少し進むと区民センターがあり、この辺りからグッと道幅が狭まります。
完全な住宅地に入り、暗い中目的地に進んでゆきます。本当は、この画像の左側を進んでゆけばすんなりたどり着けたのですが、私は画像右側の細道を進んでいってしまったのでした(^_^;
わざわざ細道を選んで、目的のバイクヤードを迂回する形になってしまいました、画像のような住宅密集地帯をきょろきょろしながら探していたのでした(汗)
ぐるぐうと裏道を通り抜けて、少し広い通りに出たところで見つけたバイクヤードの目黒本町6丁目です!ちなみに、元写真は真っ暗だったのでできる限り明るくしましたが、これでもまだまだ暗いですね。。。m(_ _)m

開けた通りのコインパーキングの奥に並べられている形となっており、ボックスは五つ、バイクスペースが横道に面した場所に一か所という構成です。車両の出し入れは、この横道から行うことができます。

周囲は完全な住宅地であり、そんな中にポツンと存在しているのが印象的です。以前、暑い秋口の頃に巡った赤羽のバイクヤードと立地が似ているかもしれません。あちらは完全に裏道の途中にあった記憶がありますが(^^;

ヤードとその周囲の撮影も行いましたが、暗い部分が多くいくつか写真がぶれてしまっておりすみません。。。(><)相変わらずの修行不足です(ー_ー;

所在地:東京都目黒区目黒本町6-5-1
正面から撮影。手前はコインパーキングでした。
側面です。ボックスの手前には、屋外型のバイク駐車場もあります。
ボックスは五つあります

撮影もひと段落したので、武蔵小山の駅まで戻ることとして、もと来た道を引き返します。勘を頼りに住宅街のど真ん中を少し急ぎ足で歩きます。

人家の灯りもあまり目立たず、それが本当に静けさを強調していて、いまにして思うと迷路の中にいたような気分になってしまいます。

迷路とはいっても、特に迷うということもなく元の拡張道路まで出てくることができて、後はここから駅前まで戻るのも距離以外の問題はありません。そんな中で、ふと大きい建物を改めて見てみると、工事柵の向こう側の壁には”目黒区立中央体育館”とありました!ここだったんですね!

入口周辺は広々としておりましたが、そこから通り沿いの間には一直線に工事柵が立っており、跨がないと中には入れないような状態となっておりました。現在は一時休館中ということなのでしょうか?そこまではわかりませんでした(^~^;

※編集部注:目黒区中央体育館は5月28日に営業再開となっております。

暗く静かな住宅地の間の、一直線の道を引き返してゆきます。
スクールゾーン、日中はこの通りも登下校の子供たちの人通りがあるのだろうか?
広い通りまで戻ってきて、工事中の柵に囲まれた建物に近づいてみると、ここが目黒区中央体育館でした!

撮影を終えて、武蔵小山の駅前迄戻ってきたので、タワーマンションの商業スペースにも立ち寄ってみました。

とても綺麗になっており、この広場の奥には以前は駅の正面で行列を作っていた焼き鳥屋さんも営業しておりました。

再開発はまだまだ続くようで、このタワーマンションの隣の区角でも、既にメンションの建設が始まっており、大きな変貌を目にしてびっくりです!以前は、この辺りも二階建ての家や居酒屋さんが立ち並んでいた記憶があるのですが。。。。(@_@;)

駅に戻り、タワーマンションの側まで寄ってみました!以前訪問した時とは全然違う風景ですね、本当に(^▽^;

今回は、変貌した町の姿を見つつその近く(?)にあるトランクルーム等をまわりましたが、この周辺のマンション群が完成して人口が増えた際には、更に新しいトランクルームも増える余地がありそうですね!

街と共に増える可能性のある、こうした場所を巡る歩みはまだまだ続きそうです!

それでは、次の場所で!

武蔵小山駅近くのトランクルーム

こんにちは!レポーターのゆたろうです!

新型コロナウイルスの感染が国内で拡がり、学校が休校となったりなど社会が騒然となるほんの少し前に、東京都品川区の武蔵小山に行ってきました。

東急目黒線武蔵小山駅の周辺には、複数のトランクルームが存在しているようで、このトランクルームを訪問することと、近年の再開発によって駅前の風景が激変したそうで、その様子も見ることもが目的です。

地下にある武蔵小山駅から地上へ出ると、新しく建てられたタワーマンションが目の前にそそり立っておりました!再開発される前は、この駅前も小さな一軒家が並び立って、飲み屋街などもあった記憶があるのですが、それらがタワーマンションに取って代わられてしまったような、そんな変貌ぶりでした。

タワーマンションの地上に近い3階くらいまでは、商業スペースになっているようで、飲食店も多数入居しているようでした。

そんな、夕日がかなり落ちてきている駅前から、目的のトランクルームに向けて出発です。この日は天気も良く、西に沈んでゆく夕日も綺麗でした。駅横の広い通りを目指し歩いていると、丁度ビルの谷間に太陽が沈むような風景を見ることができて、ちょっとセンチメンタルな気分にもなってしまいます。(^^;

武蔵小山駅の地上出口の一つです。駅前には高いタワーマンションが建っておりました。
駅前のバスロータリー
バスロータリーの側から、近くの広い通りに出るため西へと進みます。

広い通りに出たら、北に曲がってまっすぐ進んでゆきます。

地図を確認すると、目指すトランクルームはこの通り沿いにあるようです。

日が沈んでかなり暗くなった通り沿いを進んでゆくと、すぐに”目黒区”と書かれた標識が見えてきました。降りた駅は品川区、目的地は目黒区ということで、今回は区を跨いで移動となります。w

この通り沿いにも、ラーメン屋や蕎麦屋などの飲食店が点在して、灯りに照らされた看板を見てしまうとお腹が空いてきてしまいますが、撮影のためにもまずは北上です(-_-;

暮れかかった町を貫く広い通りを歩いて、目的地を目指します!
道路の中央から撮影してみました
少し進むと、目黒区に入りました。

目黒区に入って少し進むと、目黒区中央体育館入口の交差点に到着しました。どうやら道路の拡幅工事中のようで、ここを左に曲がってゆくと体育館に到着できるようです。

この曲がった通りの先にも、バイクボックス(目黒本町6丁目)だけが設置されている物件があるようですが、ここは後の訪問ということにして更に直進です。

目黒区中央体育館入口交差点です。まだ先に進みます。
この道の先に、体育館があるようです。
道路の拡張工事を行っているようです

暗くなってゆく通りをまっすぐ進んでゆくと、ガソリンスタンドが見えてきました。地図を見る限り、このガソリンスタンドに到着すれば目的のトランクルームはすぐ近くのようです!

交通量は多く、少し賑やかな通り沿いに給油を終えたと思われる自動車が滑り込んでゆきます。

ガソリンスタンドを通り過ぎて見上げた空は、通りの先の方がわずかに明るいばかりで周囲はすっかり夜となり、その先で見つけたバーも良い雰囲気を出していて、軽く一杯飲んでしまいたい気分になりそうでしたが、トランクルームも間近なので、そのまま直進です!ww

バーの店先を通過して交差点が目前に見えてきたとき、小さめの看板でしたが、視界に“加瀬のトランクルーム”の文字が飛び込んできました。
最初の目的地である、トランクルーム目黒区本町に到着です。

とはいえ、トランクルームの入口がどこにあるのか?敷地に入ってすぐ目前の扉がトランクルームのものなのか?と思い近づいてみると、どうやらこちらはスタジオ入口のようです。
その先に階段があったのですが、どうもそれも正解ではなさそうで・・・f(^_^;

こちらは、そのまま進んで階段を登ってゆくと、バーベキューができるスペースがあるようです。

更に先を進んでゆくと、ガソリンスタンドが見えてきました。地図を見ると、このすぐ先にあるようです。
目的地までの道の途中には、軽く飲めそうな飲み屋さんもありました。
所在地:東京都目黒区目黒本町5-16-1 1階はスタジオのようです。

もしかして?と思い一旦戻って、地下へと下るスロープの先に目を向けると、ベージュのドアの横には見慣れたカードリーダーが設置されておりました。
こちらのトランクルーム目黒本町は、地下に入居しているのですね!
スロープを進み、ドア周囲の暗がりまで進んで行くと、カードリーダーの隣にスイッチがあり点灯させることができます。

やや傾斜があるかな?と感じましたが、通路の幅は広いので荷物の搬出入に困ることは無さそうです(^_^)
見上げると、トランクルーム入口扉の上に、大きな扉が設置されているのが強い印象に残ります。1階はスタジオということなので大きな機材を搬出入する出入口なのかな?とも思ったのですが、スロープになっているのでずいぶん不安定だよなーなんて余計な心配をしてみたりしました(笑)

トランクルームは坂を下った先の地下にありました

トランクルームの入口の上に、大きな扉がありました。どうやって荷物の搬出入をするのでしょうか?(^^;
入口に近づくと明るくなります
ドアの右手にカードリーダーが設置されております
建物のすぐ先には、商店街へ通じる道の入口があります。

スロープを登り、再び広い通り沿いに出ると、周囲はすっかり夜。
自動車のライトが連なる中、次なる目的地へと移動します!

ちなみに、この広い通りをもう少し北上すると、以前に東急東横線学芸大学駅前から南下して訪問した”トランクルーム目黒区本町2”の近くまで行くことができます。w

それでは、次の場所で!