バイクの車庫、どうしよう。

長く暑かった今年の夏も、いよいよ終わりが近づいているようです。

皆様お元気でしょうか?
私もボチボチ元気です。

夏が終わって少し涼しい風が吹き始めると、仕舞ってあった長袖のシャツやジャケットなどを、トランクルームやレンタルボックスから出してこなくちゃ!

“秋の粧(よそおい)”って奴ですね。

さてそんな時期に私が考えたのが、バイクの事
今日はそんなお話をします。

ちょっと嬉しいライフハック

バイクの車庫は、コンテナ?屋内?

秋から冬は、バイクのシーズン!?

皆さんはバイクに乗られるでしょうか?

赤いバイク

私はバイクに乗ります。

一口に“バイク”と言っても、下は50ccクラスから、上は1,800ccクラスまで、実に沢山の種類がありますね。

小さいクラスの物であれば家やアパートの軒先などにちょっと止めておくことは可能ですが、250cc以上の車格があるバイクですと、どうしても「その辺に駐めておく」という事は具合が悪くなります。
最悪、駐車違反・保管法違反などで罰金なんてことにもなりますね。

でも、バイク乗りはどうしてもバイクに乗りたいものですw。

バイクの置き場さえ確保できれば、バイクに乗ってみたい
という“バイク乗り予備軍”は沢山いらっしゃるんじゃないでしょうか?

バイク用ガレージ

しかも、これからは季節的にバイクのシーズンです。
ん?バイクのシーズンは夏じゃないのか?って?

いやいや、夏はバイクにとっても、ライダーにとっても、地獄のシーズンですw。

特に大型のバイクに乗っている方は経験があると思うのですが、
エアコンなど無いバイクで都会の渋滞などにハマると、暑さで気を失いそうになります。脱水症も冗談じゃない。

強烈な直射日光とバイクの大排気量エンジンの熱で、サウナなんてもんじゃないですよ。
「魚焼きグリル」の中に入った様な気分ですw。

シルエットのバイク

しかも、長袖のジャケットとプロテクター付きのライディングパンツなどを履いて乗っているわけですから、汗が乾く暇もありません。
水も思うように飲めないし、ホント、死を覚悟する瞬間がありますねw。

夏は、大嫌いだ…。

秋・春はいい季節なのでわかると思うのですが、冬ですね。

僕は意外にも、冬は快適に走ってます。
もちろん寒いので、走り出すまでには気が重いのですが、
準備万端整えておけば、冬のライディングも悪いものではありません。

エンジンも、酸素が濃くなる感じでよく回りますし。
タイヤも暖まればよくグリップします。

雪とか氷が張るほど寒い時は流石に乗りませんが、
天気が良ければ、勇気を出して乗り出せます。

バイク自体にも、ハンドルカバーを付けたり、グリップやシートにヒーターを付けられますし、大きなスクリーンを付ければ、風もかなり防げます。

ま、いずれにしても、
こうして季節の移ろいを感じつつ、
頭と体を目いっぱい使って走る感じが、
バイクの最大の魅力と言えるでしょう。

これからが、いい季節なんです。

現在は、バイクの置き場が最大の悩みのタネ

現在、出先でバイクの駐車スペースを探すのは、結構大変です。
都会では取締が先走って、駐車スペースの整備が遅れているせいで、
「ちょっと気軽に、バイクで買い物に」なんてことが非常にしにくいです。

なので、バイク置き場が確保できそうな所以外はバイクで出かけないのですが、
それはまあ、それでいいとして…(実際は良くないのだが)

恒常的な置き場が確保出来るかどうかは、更に大きな問題です。

バイク用駐車場

 

住宅街と言われる場所でも、自動車用の駐車場はたくさんあるのですが、
バイク用の駐車スペースってのが、極端に少ないのをご存知でしょうか?

圧倒的に台数が少ないバイクのために、わざわざ駐車スペースを設けるなんて、
商売として見てもあまり面白みがない、ってことは理解できますが…。

自分が以前マンションに住んでいた頃は、バイク置き場が3台分しかなくて、いつも満杯!
そこに住んでいた7年間は、ついにバイクに乗れませんでした。
そんな方も、多いと思うんですよね。

都会のマンションのデベロッパーさんや、地主の皆さん、
ちょっと中途半端な、活用しにくくて余らせている土地・スペースがあったら、是非とも「バイク置き場」にしてみてはいかがでしょうか?
結構すぐに埋まってしまうと思いますよ。

さて、バイクはどうやって保管する?

車庫があれば悩みはない、ですね。
でも、現在の東京などの都市部では、車庫付きの家に住むなどは、夢のまた夢。

たまたま家の敷地内に、細~いスペースを見出せただけでも、大ラッキー!って気分になれますよね。

アパートなどは、割と原付きクラスなら駐められるケースもありますが、分譲のマンションとなると、管理組合がうるさくて、「ちょこっと置かせて下さい」なんてとても言えない雰囲気です。

頼みは“外部”の施設だけ…。

例えば加瀬には「バイクヤード」というレンタルスペースを提供していたり、
屋内の駐車場の片隅に「バイク用スペース」を確保したりと、微力ながらもバイク乗りのお手伝いをさせていただいております。

個別収納型
お急ぎの方はお電話で! 0120ー666ー082

バイクの置き場をお探しの方は、是非とも当社サイトで探してみて下さい。

また当社では、「バイク置き場探し」に特化したサイトをご用意しております。
バイク置き場だけなら、こちらの方が早いかもしれませんね。

これからがバイクで走るにはベストシーズン
バイク置き場の憂いは早く解決して、
バイクに乗って街に飛び出しましょう!

高速道路から見えた加瀬ビルに行ってみた!

こんにちは、ゆたろうです。

以前、高速道路の車窓から見えた加瀬ビル164。調べてみると、東京都港区の海岸にあることが判明したのですが、この近くに行く用事ができたので、今度は直接現地を訪ねて下から見上げてしまおうと思い、改めて加瀬ビル164に足を運んでみました!

公共交通機関の最寄り駅は、ゆりかもめの竹芝駅もしくは日ノ出駅が近い(両駅の中間地点にある)のですが、この日はJR浜松町駅で下車して目的地まで向かうことにしました!

旧芝離宮恩賜公園を横目にしつつ、竹芝桟橋に向けて広い通りを歩いていると、その頭上に何やら道路のようなものを建設しているようです。

これを見て、最初は新しい高速の出入口でも造るのか?と思ったのですが、その後聞いた話では、現在建設中のビルから高速道路を跨いで浜松町駅まで直結する動く歩道なのだとか!?

JR浜松町駅から竹芝桟橋側に出ました。ちょうど新幹線も通過してます。
旧芝離宮恩賜公園の入口です。浜松町駅からすぐの場所にあります。
高速道路を跨ぐようにして造られていたので、インターチェンジの道路なのかと思いましたが(それにしては幅が狭いですね^^;)、実際は浜松町駅駅と繋がる歩道となるのだそうです!なんだかすごいですね!
未だに駅までは繋がっていない状態です。目標は2020年の東京五輪なのだと思いますが、果たして間に合うのでしょうか?(^^;
高速道路下の交差点に到着。目的地周辺の地図を見ると、ここを右に曲がってまっすぐ進めば到着出来るのですが、そのまま直進しました。

高速道路の下を進まず、更に道を直進して竹芝桟橋を目指します。このルートだと遠廻りになってしまうのですが、なんとなく桟橋を経由して行きたかったのです。(笑)

竹芝桟橋に近い場所まで進んで行くと、少し広めな横道の先に、加瀬ビル164の姿が見えました!

竹芝桟橋すぐ近くの横道から、その視線を先に向けると、加瀬ビル164が見えました!
ゆりかもめの竹芝駅も近いです。
北側に視線を移すと、とうきょうスカイツリーが見えました!この位置からでも充分見えるのですね!
竹芝桟橋前の広場に到着です。 中央には、船のマストを思わせる柱が大きく主張して、中々良いです。
竹芝駅の近くまでやってきました。竹芝桟橋に隣接する様に位置しております。

竹芝桟橋を経由して、更に高架下を南に進んで行きます。

橋に到着し高い位置に至ると、高速道路も見えてきて、そのなかに加瀬ビル164もありました!

ゆりかもめの線路下を更に進んで行きます。この橋を越えると、目的地もすぐ近くです。
橋の一番高い位置までやってくると、高速道路が見えてきました!その中に、加瀬ビル164の姿も!
橋の反対側を見ると、お台場にあるテレビ局が見えました。
この道路を先に進んで行くと、ゆりかもめの日ノ出駅に到着します。近くには、日ノ出桟橋もあり、水上バスに乗ることも出来ます。
目立つ意匠が施された遊覧船にも乗ることができるようです。
海岸通りが一直線に続いてます。
この横断歩道を渡れば、遂に加瀬ビル164に到着となります!さすがに広い通りなので、信号が青に変わるまではちょっと待ちます(-_-;)

高速道路沿いにあり、運河と挟まれるように位置している加瀬ビル164は、建物が並び立つ北端に位置しているので、地上から見ても目立ちます。逆に、入口は小さく地味な感じなのが印象的です。

ここにトランクルーム 港区海岸ガレージ倉庫 港区海岸があります。

所在地:東京都港区海岸2-1-5
建物の大きさに比べて入口が小さく感じられました。周りがコンクリート風なこともあるのかもしれませんね。隣にはお得な自販機もあります。
入口は自動ドアで、カードキーを使って入館。上層階はトランクルームです。
ビル入口隣は、ガレージ倉庫となっております。

ここで登場した「ガレージ倉庫」とはどんな場所でしょう?
簡単に言うと、「ガレージであり、倉庫である」ということです。

ん?ちょっとヘンですか?w

ガレージの様に、自動車やトラック、バイクなどが直接出入りでき
尚且内部に広いスペースがありますから、
お客様の思う通り、どういう風にもお使いいただけます。

引っ越し荷物の一時保管や、在庫の出し入れにも便利ですので、
大きめの荷物にお困りの方は、一度ご検討ください。

 

さて、高速道路と運河に挟まれたビルには西陽が当たり、水面やビルたちをキラキラ輝かせておりました。

交通量の多いだろう平日ではなかったので、周囲も人影はほとんどなく静けさがあり、それがいっそう不思議な雰囲気をさせていたように思います。

この日は、良い天気でした!
ビル横の歩道入口にある表示板。水路に架かる橋を渡って道なりに進んで行くとJR浜松町駅に、ビル前の横断歩道を渡りゆりかもめの高架下を進んで行くと、日の出客船のりばに行くことができます。
水路の周りには、背の高いオフィスビルがたくさん建ってます!
この橋を渡り、道なりに進んで行くとJR浜松町駅に至るようです。恐らくは、旧芝離宮恩賜公園の南側を通って行くのでしょう。
橋の中央から加瀬ビルを眺めてみました。西陽が当たってベージュの外壁がより際立ってました。
加瀬ビル164の隣のビルは、立地に合わせて横に幅薄で横に長く建てられてます。
ゆりかもめ車内から撮影してみましたが、逆光で暗くなってしまいました・・・(^^;

今回、改めて加瀬ビル164を間近で見ることができましたが、東京湾の近くにあって色々な角度からみられる加瀬ビルというのも珍しいのかもしれません。

後は、あるとすれば川崎・横浜方面でしょうか?

こちらのビルは、もしかしたら遊覧船や水上バスからも見られるかもしれないので、機会があったらシャッターチャンスを狙ってゆきたいところです。

では、次の場所で!

日ノ出町駅近く、マンション下の集合型トランクルーム

こんちは!

レンタル収納スペース・レポーターのゆたろうです!

前回は京急線日ノ出町駅から大岡川沿いを歩きながら、隣の黄金町駅に至りましたが、今回は用事のためJR桜木町駅方面へと折り返す道すがら、この地区にあったもう一つのトランクルームに立ち寄ります。

日ノ出町駅へと引き返す際、歩いてきた大岡川沿いではなく、広い通りの県道218号線を進んでゆくと、すでに立ち寄ったトランクルーム中区日ノ出町が見えてきました。

空はだいぶ暗くなり、街灯や車のライトが目立ち始める時間になった辺りで、目的としていた二つ目のトランクルーム中区日ノ出町1丁目が見えてきました。通りから遠くを見ると、みなとみらい地区のランドマークタワーが良く見える位置でした。

広い通りを日ノ出町方面に進んでゆくと、先程訪ねたトランクルーム中区日ノ出町が見えてきました。建物西側にも大きく”加瀬のトランクルーム”の看板がありました。
街はだいぶ暗くなってきました。この写真左側のマンション1~2階の店舗エリアの一角に、トランクルーム中区日ノ出町1丁目はあります。京急線の高架の先には、横浜ランドマークタワーもはっきりと見えました。

トランクルームがある建物近くまでたどり着くと、どうやらこちらもマンション下にあるようです。ただし、こちらの場合は下層階が店舗エリアになっている構造になっていて、その中のテナントの一つとして入居している形のようです。

花屋さんの隣から店舗エリアに入り、2階を目指します。中央が吹き抜けになっている静かな階段を上る途中、トランクルームを発見です。2階には、他にもふたつほど入居しておりましたが、空いた店舗スペースに入居している形のトランクルームに出会うのは、初めてかもしれません。

マンションの下層階にあるトランクルームというと、千葉で出会った問屋町や本千葉駅前のトランクルームがありましたが(そういえば、オフィスビルのテナントの一つとして入居しているトランクルームだと、港区新橋5丁目がありましたね)、それらは店舗街という形ではなかったので、中々新鮮な感覚でした。
ガレージ倉庫中区日ノ出町も併設されており、正に“集合型トランクルーム”って感じでしたね!
ちなみに「ガレージ倉庫」とは、ちょっと大きめのトランクルーム(倉庫)で、作業を行うことも出来るスペースです。ここは2階のためガレージとしてはお使いになれませんが…。

荷物が増えて部屋内には収納しきれなくなってしまった際には、まさに押入れ代りオプションとなりそうです!

所在地:神奈川県横浜市中区日ノ出町1-76-1 店舗エリア入口隣は花屋さんでした。
階段を上る途中で、トランクルーム入口を発見!
間口は結構広くとっていました
入口その1
ドア右手にカードリーダー
隣にはもうひとつ入口がありました
こちらのカードリーダーは、フードがなくむき出しでした。どうやら、HPにあった1と2は入口ドアで分けられているようです。
一番奥には、ガレージ倉庫中区日ノ出町の入口もありました。
2階には、他にも2~3軒程入居しておりました。

トランクルームを後にして、再び日ノ出町駅付近の大岡川にかかる長者橋に出ると、街は更に暗くなり建物の灯りが川面に反射してきらめいてました。

ここから川沿いに急ぎ足で進んでおりましたが、この風景が中々綺麗だったので、ついシャッターを切ってしまう。。。

近年有名になった、川沿いに建っている特徴的な建物である“野毛都橋商店街ビル”の手前にある宮川橋の周囲には、カメラを片手にこの風景を撮影している人が何人かおりました。確かに、連なる灯りが川面にも映り趣のある風景を描いていたのは確かです。

長者橋の上から大岡川を眺めていると、暗くなってきらめき始めた灯りが、水面に反射して綺麗でした。
かつての面影を残す野毛都橋商店街ビル。現在は、この味のある建物には様々特徴的な飲食店が入居して賑わいを見せています。
宮川橋から建物をみると、連なる灯りが川面にも映り、ちょっと風情がありました。私の他にも、カメラを構えて撮影している人が何人かいました。

この日は、時間がなくてトランクルーム含めじっくり廻って見られなかったのが残念でしたが、また機会を設けて今度は関内駅の周辺も歩いて行きたいかなと思いました。

その時には、伊勢佐木モールも見て行きたいですね!必ずや!(笑)

丘のふもとの鶴見営業所

こんにちは!レポーターのゆたろうです。

前回、トレッサ横浜でトイレ休憩~の辺りまででしたが、今回はそのトイレ休憩を終えて、南館から更に東へと移動する道すがらをレポートしてゆきます。

正に、“加瀬倉庫の聖地巡礼”!(*^^*)

トレッサ横浜南館のフードコートを出て、敷地前の道路を渡って隣の地区へ。そこは、住宅地と小さな会社と、倉庫が立ち並ぶ静かな場所でした。
それでも、その細道をそこそこの頻度で車が通っていたりもしたのですが・・・抜け道のようになっているのかもしれませんね。 

しばらく進むと、大きな倉庫の横に、見慣れたカラーリングの看板が目に入り、そこには”倉庫・工場・跡地”加瀬倉庫の宣伝が書かれておりました。

トレッサ横浜南館から東に進んでゆくと、小さな会社や倉庫が並ぶ静かな地域に至りました。土曜日だからですかね。
外見は倉庫ですが、内部はロッククライミングジムになっているようでした。
クリーム色の外壁をした大きな倉庫の隅に・・・
加瀬倉庫の看板がありました!

更にまっすぐ歩いていると、やがて先ほど見かけたクリーム色外壁の倉庫と同じような色味の建物が視界に入ってきました!どうやら、この敷地一帯は加瀬倉庫のガレージが立ち並んでいるようです!

しばらく進んだ角に、先ほど見かけたような、クリーム色した外壁の倉庫が見えてきました!
十字路を右に曲がって進んでみると、こちらは明るいグレー色したガレージ倉庫でん!と建っておりました。結構大きい!
側面には多くの小さなシャッター。細かく区割りされているようです。
表には看板と、入口ドア。
シャッターたくさん

十字路に戻り更に直進してゆくと、こちらにもクリーム色した建物がありました。
こちらは、レンタルしている倉庫ということではなく、新しいレンタルボックス(コンテナ)や、屋内型トランクルームの資材をプールしておくための倉庫のようです。

そして、こちらには加瀬グループの一つ、”加瀬運輸”が居を構えておりました!また、加瀬倉庫の鶴見営業所もこちらで営業しているようです。ついにひざ元の一つにやってくることができたというわけですね!(^^)

十字路を直進した先にも、特徴的な色味の外観をした建物がありました!大きく”加瀬のトランクルーム”とあります!
こちらには、建物の外にも中にも新しいコンテナボックスがプールされておりました!
入口前の広いスペースには、加瀬運輸のトラックも停車しておりました。
こちらが加瀬倉庫の鶴見営業所です!(神奈川県横浜市鶴見区駒岡1丁目26番24号)
事務所の反対側にも加瀬倉庫の広い敷地がありました!
納品受付はこちらから

鶴見営業所を後にして、広い通りに出ようと歩みを進めると、その途中にも加瀬倉庫が貸し出している倉庫が道々にありました!
また、倉庫を丸々サバイバルゲーム用のフィールドにして営業しているところもあり、これはちょっと面白そうだな~と思い、眺めてしまいました。こういう使い方も、あるのですね!^^

全天候型のサバイバルゲームフィールド ウーパーとのことです!HPもありました。この大きな倉庫を丸々使用しているのなら、中々規模が大きくて立体的に使えそうですね!
加瀬倉庫貸し出しの倉庫が並んでおりました

大きな通り(環状2号線)に出て、その通り沿いを東(川崎方面)に進み始めると、そこにもレンタルボックス(コンテナ)をプールしている場所がありました!
この場所から、各地の設置予定地に向けて運ばれてゆくのでしょう!

第2師岡信号の十字路からすぐの場所に位置しております
バイクボックスもありました
ズラリ並べられております!
結構広い敷地でした

更に先に進んでゆくと、だんだんとゆるい上り坂になり、そこをいそいそと上ってゆきます。天気は良いですが、まだまだ気温は低かったのであまり暑い思いをすることもなく、進んで行けました。

とはいえ、昼食を食べていない状態だったので、そろそろ空腹・・・そんな中、回転寿司屋のくら寿司が見えてきました!10皿くらい食べたいな~とちょっと悩んだのですが、結局入らずに通過して、更に坂を登ることに(^^;

ロードサイドにくら寿司。全品100円で手軽に食べられることに心が動きましたが、更に先に進むことにしたのでした・・・(^^;
ゆったりとした坂の先は、ちょっと傾斜がきつくなっているようです。ここからこの通りをしばらく進んでゆく事に・・

さて、ここからはこの幹線道路「環状2号線」を道なりに東へ北へと進んでゆきます。
この先にも道路沿いにレンタルボックスが点在している様を見ることができたのでした。

それでは、次の場所へ!