古くなったPCを再度使う!(但し自己責任で)

お疲れさまです!

世の中、いろいろ“我慢の時期”ということで、なんかギスギスした空気を感じる今日このごろですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

当社も世の中の趨勢通り、時差出勤や時短、休暇取得方法の拡張などを行い、何とか感染拡大を防止しようと務めております。
幸いまだ感染した社員は確認されずに持ちこたえております。

テレワークやオンライン授業なども始まり、最近ではスマホやタブレットに押され、ちょっと影の薄かった「PC(パソコン)」ですが、ここの所“またちょっと出してこないと”なんて事になっていると思います。

そして、「やや!?Windows7のサポートが切れとるやん!」なんて事になってたりしませんか?

そもそも多少古くなったPCって、なんで使えないのか?
OSのサポートが切れると、どうなるのか?

そんな疑問に答えつつ、今回は「じゃ、どうする?」という所までお話したいと思います。

ライフハック ロゴ

古くなったPCが生き返る?!OSの載せ替えを紹介します

そもそも「OS」とは何か?

PCとスマホ

皆様のご自宅や会社でお使いのPCにも、OS(オペレーティング・システム)は入っているのですが、Windowsですか?Macですか?

よくこんな会話を聞いたことがあると思います。

ここで簡単に整理しますと、PC=パーソナルコンピュータには、大きく分けてハードウェアとソフトウェアがあります。

ハードウエアとは、文字通りPCの“硬い部分”。手に持って、見たり、触ったり叩いたりする部分、つまり“機械的な部分”がそれです。

対してソフトウェアとは、手で触れない“実体のない部分”の事で、具体的には「OS」「アプリケーション(エクセルとか、ブラウザとか)」のことです。

ハード、ソフトともに日進月歩の存在で、毎年・毎月・毎週・毎日の様に進化を続けており、メーカーも休むこと無く新しい商品を提供し続けています。

その中で「Windows」と呼ばれるOSは、米国マイクロソフト社が開発している商品で、市販のPCに搭載された状態で販売される場合と、OS単体として販売される状態がありますが、圧倒的に前者の場合が多いので、皆さんの中には「OS単体で販売」という意味がわからん、という方もいらっしゃるかもしれません。でも、自分でPCにインストールするという需要もあるので、単体売りが存在します。
Windows

「MAC」の場合は、米国アップル社がソフトもハードも両方セットで販売しているので、これも「OS」を意識することは少ないと思いますが、実際使ってみると、「どのOSを搭載したモデルか」により“出来ること”も変わってきますので、使っている人間にはとても重要な問題、という事が言えます。

最近ではアップル社はOSを単体販売することを止め、App Storeというオンラインショップから無料でダウンロード出来る様にしていますから、一瞬誰にでも手に入るもの、と思われますが、それが動作するのはアップル社製のMACだけなので、最初はしっかりお金を払っている事になります。

いずれにしても、ハードウエアという“機械”に、人間の言葉を教え、意思を伝え、命令を実行させ、結果を出すという作業の基礎部分を司るのが「OS」というものです。

そもそも、なぜアップデートが必要?

機械的な部分はさておき、OSは“アップデート”が必要です。

OSにはアップデートが必要
OSにはアップデートが必須です!サポートの切れたOS搭載のPCは危険ですから使わない様にしましょう!

以前、インターネットがこれ程必要とされていなかった時代のPCは「スタンドアローン」と呼ばれその機械単体で動いており、他所から怪しげなフロッピーディスクなどを持ち込んだり、野良パソコン通信などで変なPDS(パブリックドメインソフト)やゲームなどをダウンロードしない限り、「ウィルス(virus)」と呼ばれる危険なプログラムが侵入することがありませんでしたから、それ程警戒をする必要も感じることは無かったのです。

しかし、昨今のPC環境はあらゆる意味で“ネット環境”が必須となっており、常に何処かにつながっている事が前提で作られているため、様々な人間の“攻撃”に晒される事になりました。

コンピュータ・ウィルス

そのため当初は「ワクチンソフト」など、不用意に危険因子が入り込もうとすることをブロックしたり、持ち主の意図に反した動作を行う事を監視したりしておりましたが、世の中の進化とともに犯罪も悪質化し、特にOSには様々な“脆弱性”(穴)が有ることが発見され、パスワードを抜かれたり、大切なファイルを盗まれたり、そのPCを踏み台にして、他人のPCに攻撃をかけたりと、悪事の限りを尽くしはじめました。

OSの脆弱性

本人が全く気づかないうちに様々な犯罪に加担し、ある日突然、警察や軍隊などが押し寄せてくる、などという話も、まことしやかに語られる様になりました。
「OSの脆弱性」というワードが、1ヶ月に何回か、ネットニュースを賑わせた時期もありました。

これらを根本的に根絶するため、OSメーカーは盛んに“アップデート”を行い、穴に蓋をしていくのです。この様子は「パッチを当てる」と言われ、膝の破れたズボンにあて布を当てて繕う姿を連想させますw。

有料のOSと、“無料”のOS

今までお話していた「Windows」「MAC」は、それぞれの開発会社が責任を持ってアップデートを行っておりますが、一定期間で全部刷新をかけて、新しい機能を加えると同時に、構造的にも欠点を補修した“新バージョン”というものを出してきます。

これを行う事こそが、“有料OSメーカー”たる所以(ゆえん)ということですが、そのための人的な費用などが、OSの価格に反映されます。

一方あまり知られてはいませんが、世の中には“無料のOS”というモノが存在しています。

Androidロゴ

一番有名なのは、一部スマホに入っている「Android」というOSで、これはGoogle社が提供しています。Androidを使っているスマホのメーカーは、Googleから只でOSをもらっている事になり、全て自社で開発しているAppleのiPhoneと値段に大きく差があるのは、このせいでもあります。

Android10

PC用の無料OSとして有名なのは「Linux」と呼ばれるOSですが、元はと言えば“UNIX”といって古くからあるオープンソース系OSの派生です。

Linuxペンギン
Linuxのマスコット・ペンギン

「オープンソース」を支えている(開発している)のは、フリーのプログラマ(何処の会社にも属していない)たちで、ネット上に只で公開しているソースを利用するとともに、もしバグや不具合が見つかったり使い勝手が悪かったりした場合、無償で修理し、それをネットにアップロードし、修正履歴を残す事で、後から来る人が常に“最新版”を使える仕組みがあるのです。

同時に、細かいバージョンや「Patch(パッチ)」と呼ばれる修正用ファイルが全て残っており、何かあった時に“先祖返り”が出来る仕組みが出来ているのです。

Androidは、あくまでもGoogle社の持ち物なので、修正はGoogle社が責任を持って行いますが、メーカー毎に細かい修正も加えられる事もあり、同じOSでも使い方や操作方法が違ったりと差が出ます。

Linuxはオープンソースなので、様々なディストリビューションと呼ばれる“種類”があり、操作感や見た目、出来る事なども微妙に違っていますが、恐らく日本で一番使われているディストリビューションは、「Ubuntu(ウブンツ)」というものでしょう。

Ubuntuロゴ

Ubuntuはアフリカの何処かの言葉で、「他者への思いやり・親切」を表しており、その言葉通り、誰にでも簡単に使えるOSを目指しています。日本語の文献も多く、出版社からも何冊か本・雑誌も出ているので、気軽に始められると思います。

Ubuntu画面
Ubuntu 19.10の画面。19は2019年、10は10月のバージョン、という意味で、4月と10月の年2回バージョンアップがある。当然英語版の話で、日本語版が出るまではもう少し時間がかかる。

今回、「Windows7」のサポート終了(アップデートが受けられなくなり、攻撃され放題になる)に伴い、使えなくなったPCの中身を、このUbuntu の様なフリーOSで復活させれば、新しいPCを買う余裕がない方には正に“福音”となるのではないでしょうか?

必要にして十分な性能がもたらすもの

WindowsやMacのOSは、正にいたれりつくせりといった作りになっている反面、最新のハードウェアやメモリの容量などを要求します。「素のままでは動かないよ!」という声が聞こえる気がしますね。

最近のWindows PCを立ち上げた途端、「おはようございます、コルタナです」なんて感じでいきなり喋り出し、ビックリしたことはないでしょうか?

コルタナ

昔のOfficeソフトを立ち上げると、お節介なイルカが現れ、目の端で暴れまわってイライラした経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

お節介なイルカ

そう、OSメーカーの作るOSは、人によっては“too match”(多すぎ!)なものが多く、鬱陶しいというイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。

一方、先程のLinux系のOSはシンプルそのもの。必要な機能は殆ど付いていますが、余分だと思われるものは極力排除され、“質実剛健”な感じで好感が持てます。

当然、ハードウェアへの負担も少ないので、CPUが古かったりメモリが少なかったりする古いPCでも、結構サクサク動いて快適に使えます(もちろん、限度はありますが…)

「急いでPCを用意しないと、でも先立つものが…」と思っていた方でも、もう一度周りを見回してみれば、そんなPCの1台か2台は見つかるのではないでしょうか?

これらのOSのインストールや使い方については、ネット上に様々な情報が沢山ありますので、ぜひ探してみてください。
多少苦労はするかもしれませんが、何せ只で古いPCが生き返るのですから、外出自粛で時間が有る時にでも、お子さんとやってみてはいかがでしょうか?
思わぬ“お子様専用PC”が出来るかもしれません。(くれぐれも、自己責任でお願いします!)

最後にもう一つ…

昨今の“コロナウイルス感染”騒動の中で、小中高校生への1人1台PC供与という話題が出ておりましたが、この話題の中で気になるキーワードが出ておりました。それが、「Chromebook(クロームブック)」という言葉です。

さて、Chromebookとは一体何か?

「Google Chrome」というインターネット・ブラウザが有ることはご存知かと思いますが、どんなOSにも対応し、デバイスを超えてデータの共有が出来る、とても便利なブラウザとして、現在ではブラウザのシェアNo.1になっているのです。このブラウザをベースに、最低限のファイル機能などを加えたものが、「ChromeOS」です。
ChromeOS

すでにお気づきの様に、最近ではブラウザ上で大抵のことは用が足りてしまうので、PCはブラウザだけ動いてくれれば良い、という考え方の方も増えている事から、「このブラウザだけが動くPC」というコンセプトで作られたノートPCが「ChromeOS」を載せた「Chromebook」なのです。

最初は本当に“ブラウザだけ”しか動かなかったのですが、最近ではGoogle Play Storeで売られているアプリも動くようになっているので、実質殆どの事ができるようになりました。利便性が上がると同時に、ハードウェアの構成が簡単で低スペックでもサクサク動くことから低価格を実現可能となり、OSも無料ということで本体の価格も非常に安く設定されています。新品でも2万円台からと、多くの人間に“配る”には最適のPCとして注目されている理由がいくつも揃っていいますね。

使い勝手もWindowsやMACと大差なく、比較的短時間で使いこなせる様になることから、前途は有望、といえるでしょう。

先に話しておりました“タダで使えるPC用OS”としても有望で、ChromiumOSという名前で検索をかけるとOSのダウンロードが出来ますので、既存のPCにインストールして使う事も出来ます。

Linuxの場合もそうですが、両方ともOSのサイズが小さいので、8GB程度のUSBメモリにOSを入れておき、PCをUSBメモリから立ち上げる事で、簡単に“お試し”が出来る事もとてもありがたい所です。

PCはWindowsばかりじゃない!

今回は、“巣篭もり”のために今は何台あっても邪魔にはならないPCを、楽しみながら増やしていく、という事を実践するために、PCについてのいろいろな情報をお伝えしてみました。

PCは、実は結構壊れません。ちょっと壊れた様な挙動を示すことはよくありますが、実は中身が完全にダメに成る、ということは非常に稀で、ちょっとした相性やプログラムの入れ方で簡単に治ってしまう事も多いのです。

もちろん“素人”が一朝一夕に出来る事ではないですが、実はヒントや答えはほとんど全ての場合、インターネット上にあります。地道に検索したり、翻訳サイトで外国の文献を訳したりしながら、少しずつでも直していけば、殆どの場合は復活可能でしょう。

また、OS自体のサポート切れの様に「メーカーから見放された」様な状況になっても、無料でいつまでも使えるOSというのも世の中にはあります。しかも、それ程難しいことではなく、地道に、辛抱強く調べていくことできっと使える様になるのです。

この機会に、PCとの新しい関係性を築いてみるのも悪くないと思いますよ。

ブラウザさえ開ければ…

当社のトランクルーム・レンタルボックスのご契約は、PCやスマホ経由で行うとお得な割引特典が受けられます!

特にレンタルボックスをスマホでご契約になる場合、レンタルボックスの有る場所に行き、そこからWEB経由でご契約いただくことで、その場で利用開始が可能となります。

時間にして、わずか10分!(最短の場合です)

更に、ネット契約の場合は電話でのご契約よりお得な「ネット申し込み限定割引」が適用になります!

詳しくは、当社WEBページ「ネット契約について」を御覧ください。

ネット契約について

今の世の中、好き嫌いに関わらずPC・スマホの様なデジタルコミュニケーション・デバイスが使えるに越したことはありません。もう“苦手だ…”なんて言っていられませんよ~。

“巣篭もりの時期”だからこそ、この機会にいろいろ学び、いろいろチャレンジし、いろいろ出来る様になりましょう!

春の応援キャンペーン!月額90%OFF!

こんにちは!

世間“コロナ、コロナ”でいろいろ騒がしいですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?ご苦労を重ねている方も多いと思いますので、心よりお見舞い申し上げます。

本当に、一刻も早く収束して欲しいものですね。

さて、今回はそんな暗い気持ちを吹っ飛ばす、景気の良い話をしたいと思っております!

ちょっと嬉しいライフハック

 

「春の応援キャンペーン!月額90%OFF!」

春は、入学や進学、就職、転勤など、人々の移動の季節ですね。
3月から4月にかけて、新しい土地、新しい建物、新しい仲間と出会い、共同作業だったり生活だったりを始めます。

いろいろ不具合や不安も多いことと思いますし、不便の中で“明るい明日”を目指して頑張っている方々が増える季節です。

なので、及ばずながら当社も一肌脱がせていただきます!!

“赤字覚悟!”
春の(新生活)応援キャンペーン!です。

春の応援キャンペーン!

全部ではないですが、かなりの数の物件が「月額90%OFF」となります(最大3ヶ月間)。但し、6ヶ月以上(契約当月を除く)ご利用の新規ご契約者様に限り適応されます。

このキャンペーン、何が嬉しいかと申しますと、
もちろん価格が安い!ということはあるのですが、何しろ初期費用を抑えられる!というのが一番喜ばれているポイントとなります。

実はトランクルームを借りるためには、初回のお支払いは初月使用料(日割り)と翌月使用料に加え、共益費や事務手数料が必要となりますので、月額使用料の約3倍程度のお金が必要となってしまいます。

この初月・翌月の使用料が90%OFFとなるため、初回のお支払いがグッと安くなる!というのが、今回のキャンペーンの最大のメリットとなるのです♪♪♪

スキーやスノボ・冬物のコートをしまったり、自動車のタイヤを入れ替えたり、引っ越し荷物を一時的に預けたり…、
この時期、何かとレンタル収納スペースが欲しくなるシーズンです。

このキャンペーンをお見逃し無く!

今年も年末、身の周りの整理に加瀬倉庫!

お寒うございます。(今日は温かいですが…)

まだまだ寒暖の差が激しく、一度風邪を引くとなかなか治りませんね。
うがい・手洗いを十分行い、睡眠を取って風邪を引かないようにしましょう!

さて今回は、後一ヶ月と迫った年末・年始に向け、
加瀬倉庫としてのいろいろなご提案を行わせていただきます!

年末年始は、当社、いろいろお役に立ちますよ!

今年のホコリは、今年のうちに…

片付けるにも、まず場所を作らねば…

さて年の暮れ
今年のホコリは今年のうちに落としておきたいものです。

大掃除

しかし、ホコリを払うにも、まずそこにある物をどけ、下敷きになった物を救出してからでないと、掃除すら出来ません。まず床が見える様にしないと…^^;。

上にあった物をどけると、そのどけた物は往々にしてその行き場を失い、別の物の上に乗る、なんて悪循環、繰り返していませんか?w

片付けるにもホコリを払うにも、まず場所を確保する事が肝心。

しかし、この狭い我が家の、一体どこにどければいいの?

っとおっしゃるアナタ!
加瀬のレンタルボックス・トランクルームは、1ヶ月からでもご契約いただけるのをご存知でしたか?

邪魔なものはレンタルボックスやトランクルームに預けておいて、思う存分、ご自宅のお掃除やお片付けを行ってみる、というのはいかがでしょう?
きっと、これまでのどの年よりスッキリと、気持ちの良い大掃除ができるでしょう。

レンタルボックス

預けた荷物は、そのまま入れておくもよし、場所を作って素早く家の中に戻すもよし。家の外側に置く場所ができるだけで、随分と心に余裕ができると思います。

今年は是非とも、レンタルボックス・トランクルームのご利用をご検討下さい!

年2回の“衣替えシーズン”を乗り切る!

当然ですが、冬は寒いです。
季節の移り変わりとともに、長袖のシャツが欲しくなったり、ダウンのジャケットが欲しくなったりと、その季節に対応した衣装が必要になります。

冬物として春先にダンボールや押し入れの奥底にしまいこんだ衣類・用品を引っ張り出し、夏物と入替えにタンスやクローゼットに掛けていきますね。

衣替え

この入れ替え作業が一大事!

毎回毎回、大変な労力が掛かってしまいます。
仕舞うものの洗濯やクリーニングも大変ですよね。

こんな時は、トランクルームをご利用になると便利です!

トランクルーム

出すもの、入れるものを別々に保管できますから、
場所にも余裕が出来、作業もラクラク♪

空調の効いて乾燥した日の当たらない場所に保管するので、
衣類にも優しく、日焼けやカビなどの心配も無用です!

トランクルームを上手に利用して、衣替えのシーズンを乗り切りましょう!!

夏用・冬用のタイヤ、どうしてます?

12月となれば、各地で雪、特に積雪の話題が聞こえ始めます。

雪国ではもうすでに、そして関東地方辺りでも北の方ではそろそろですね。
先週の週末は、那須高原でスキー場開きが行われておりました。(人工雪だと言うことでしたが)

雪や氷の便りが聞こえてきたら、気になるのはタイヤの事…。
そろそろスタッドレスに履き替えないと。
これ、結構面倒ですよね。

タイヤの入替え

最近は大手タイヤチェーンなどで、“履かないタイヤを預かる”サービスを始めているお店もありますが、まだまだ数も少ないようなので(抽選だったりしますよね)、ご自宅保管の方も多いことでしょう。これがまた、場所を取るんだ…。
アパート、マンション等の集合住宅の場合は、室内保管はほぼ無理ですよね。

ここはやはり、レンタルボックス・トランクルームをご利用下さい。

特にレンタルボックスは、車で真ん前まで運べますので、とっても楽ちんですよ。多少の汚れも気にならないし、置き場所としてはベスト!って感じですね♪

市街地から少し離れた場所なら、意外にお安く使えたりもします。
サイトを見ていただけると、とってもお得なキャンペーン価格が設定されているヤードを集めた「特選物件」のコーナーありますので、お見逃しなく!

特選物件

どうせ半年に一回程度の事ですから、多少家から離れていても問題ないのでは?

私も結構郊外のレンタルボックスを借りていた時期がありました。
ちゃんと問題なく機能していたのはもちろん、都内に住んでいるとあまり車を動かさないので、ちょうどよいドライブになってました(^^)。
みなさんも、是非チャレンジしてみて下さい。

レンタルボックスは、バイクや自転車の“冬眠”にも…

室外のコンテナ型であるレンタルボックスは、1階ならばバイクや自転車も、そのまま入れておけます!(バイクで2階は、物理的に無理ですよ)

バイク専用で使っている方もいらっしゃいますが、ほとんどの方は、家庭の荷物とバイク、レジャー用品などを一緒にしまわれているようです。

バイクの場合、冬眠をさせるのならガソリンを抜いておくかどうか迷う所ですが、専門家に聞くと、ガソリンタンクはサビ防止のため満タンの方が良いです(ガソリンコックはオフに)が、キャブレター車の場合はキャブの中に入っているガソリンはドレンボルトから抜いておいた方が良いとの事でした。
(「MOTOR HACK 冬の間のバイクの正しい冬眠保管方法」より)

バイクとガレージ

まあ、理想は2週間に1度、悪くても月に一度は実際に走ってみる事をオススメされましたw。

外は寒いけど最新のギヤ(専用衣服)類に身を包み、颯爽と走るバイクはカッコいいですよね。
ヘルメットやギヤ類、部品類などをしまっておくのもいいですし、寒い日には、中で整備なんかしちゃうと良いかもです。
(しかし、ドアを締め切って作業していると酸素不足になる可能性があります。十分ご注意下さい)

自転車の整備にも使えますね。

自動車は…、入れてはダメです。底が抜けてしまいますよw。

トランクルームは衣装室!

最近よく聞くのが、コスプレーヤーさん達の活躍ぶりです!

コスプレーヤー

駅に近いトランクルームなどを利用して、コスチュームの保管や着替え、制作などにも使われているそうです。そしてそのままコミケ会場へGOOO!

やはり強烈な趣味性にやられると、いつでも何処でもキャラクターになりきって生きていきたいのだと思いますよ。その気持、わかりますw。

コスプレ仮面

何と言っても“趣味専用の部屋”ができるのは嬉しいですよね。水回りや余分な設備は必要ないので、家賃と考えても格安です!
但し、絶対に中で“住む・暮らす”事はやめてくださいね。多くの方々のご迷惑になるだけでなく、ライフラインが無いし安全も確保されていないので、とても危険な行為だと思って下さい。

詳しくはこちらに…(レンタル収納スペースに人が住む事は出来ません!

さてさて、身辺整理が終わったら…

年末が終われば、すぐに年始!=お正月です♪

私も昔はお正月が楽しみだったものです。おせちにお雑煮、お年玉をもらっておもちゃ屋さんで買物したり、凧揚げやコマ回しのために友達と集まったり。

そうそう、その前に“初詣”も楽しみだったな~。

菊名神社の大鳥居

大晦日など、この日ばかりは遅くまで起きていても怒られなくて、紅白見て、除夜の鐘を聞いてから、家族で近所の氏神様の所に行ったのが良い思い出です。

当時の事って、買ったもの(物品)の思い出なんかよりも、やった事(経験)の思い出の方が全然覚えてるものですね。アナタはどうですか?

今年、初詣に行きたいのは、ズバリ、菊名神社!

12月限定「年越大祓」御朱印
12月限定「年越大祓」御朱印

何故かと言うと、面白そうだからw。

ここの神様たちは、5人もいるのです。(菊名神社の御由来・参照)
それぞれ個性豊かな神様が寄り集まって、菊名神社になっているそうなのです。
だとしたら、いろいろな願いを聞いてもらえそうじゃないですか!

本来初詣というのは、あくまでも新年のご挨拶で、あまり願い事をしてはいけない(ッと言うか、言われた方も覚えきれないと思うが…)、とよく言われますが、5人もいるなら結構ポテンシャルが高そうに感じてしまうのは、私だけでしょうか?w

がまんさまの像

またこの神社、メインキャラクターは「がまんさま」
手水鉢をささえる四方の支柱になっている鬼の石像のことで、しゃがみ込んで手を握りしめて必死に耐える姿が微笑み(涙?)を誘いますw。

いろいろなものに“耐えている”感じが、素敵ですよ。
本堂入口の横にも一体いらっしゃいますので、是非見てあげて下さい。

神社のロゴマーク的にも使われてますよ。

がまんさま

その他にも、狭いながらも結構“見どころ満載”なところが良い感じです!
うどんのキッチンカーとか…(謎))

場所もJR横浜線、東急東横線の菊名駅から徒歩3分と近く、夜中にチョコっと初詣なんて時には便利ですね。

近くには年末年始もほぼ通常営業のサミットストアトレッサ横浜MEGAドンキホーテなどもあるので、初詣帰りにちょっとお買い物なんかにも便利なのです。

さてさて、今年も残す所わずかです。

身の回りを整えたり、要らないものを整理したりして、スッキリした形で新しい年を迎えたいものです。

そのために当社は、いろいろ便利なアイテムをご用意して、皆様のご利用をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。

加瀬アプリを構想中!

こんにちは!

今日はカラッとしたお天気で、過ごしやすい気候の新横浜ですが、
皆さまのエリアはいかがでしょうか?

台風も毎日のように発生しておりますので、
進路に当たる地域の皆さまは、十分にお気をつけてお過ごしください。

さて今日は、「アプリを作りたい!」というお話です。

ちょっと嬉しいライフハック

世はまさに“アプリ”の時代!?

アプリ?何のアプリ?

アプリといえばスマホ、スマホといえばアプリと言われる様に、
スマホとアプリは切っても切れない関係です。

っというか、
アプリの実態っていうと何なんでしょう?
そして、何のためにアプリが必要なのでしょうか?

スマホとアプリ

現在「スマホ用アプリ」と言われているものは、すでに数十万種、数百万種と言われ、実のところこの世に一体いくつのアプリがあるのか、正直誰もわからないのではないでしょうか?(こうしている間にも、新しいアプリが生まれ、古いものは消えていっています。)

っというわけで、一口に“アプリを作りたい!”と言ったところで、
一朝一夕に出来るものでもありません。
また、仮に作ったとしても、一体誰が、どうやって使うのでしょうか?

はて、アプリって勝手にドンドン出来ちゃっている印象もありますが、実のところ結構大変な思いを持って世に出されている場合があるようです。

今日はそんな事を考えつつ、では当社が作るとしたら、誰のために、どんな事ができるアプリを作るべきなのか、考えてみたいと思います。

加瀬グループがアプリを作る理由

当社加瀬グループは、レンタル収納ビジネスを中心とした倉庫・不動産業を行う会社の集合体ですが、世間様から見れば、まさにレンタルボックスやトランクルーム事業を行う「倉庫屋さん」ということになると思います。TVCMもまさにその辺りがクローズアップされたものとなっておりますね。

加瀬グループのTVCM

レンタル収納スペースだけでなく、貸し会議室だったり、レンタルオフィス、マンスリーマンション、シェアハウスといったスペース貸しを生業としているのですが、スペース自体は“有限”であるため、当社がビジネスを拡大していくためには、常に「貸すためのスペースを仕入れる」必要があります。

つまり、当社のビジネスの中核には「貸すための営業」「借りるための営業」があるのです。この2つの要素に活用できるアプリが、理想的ですね。

でも、両方の要件を一気に解決できる都合の良いアプリなどそうそうあるものではありませんので、少しずつ要素を満たしていける様に考えていきたいと思います。

この両方に共通する要素として、真っ先に思い立つのは「ブランディング」的な要素ですね。

「加瀬グループ」がブランド力≒知名度(良いイメージ)を獲得すれば、黙っていてもお客さんは加瀬の商品を選んでくれるし、地主さんや家主さんからも信用を得られやすくなり、土地や建物の仕入れも楽になるのでは?と想像出来ます。(リクルートの面でも有利になりますね)

加瀬のブランド力を上げる、ということを、アプリを通じてできないか?これが一つ目の命題となりそうですね。

ブランド力というと、グッチやシャネルのような高級服飾ブランドを思い浮かべますが、世の中ほぼ全ての分野の商品に、それなりにブランド、というものは存在します。

ブランド力

要は、同じジャンルでAという商品とBというライバル商品があった時に、何らかの理由でAを選んだとして、決定的な品質や価格の差が無かったとしたら、どうしてそれを選んだか、という理由がブランド力、となります。

「なぜAを選んだのですか?」

「Aがちょっとカッコよかった(良いイメージ)からです」
「子供の頃からAを使っているからです」
「Aの他の商品を使っているので、何となく」

こんな感じですかね?
その人の思い込みだったり、幼児体験だったり、気まぐれだったり、そんなフワッとしたものを取り込む事が出来るのが、ブランド力です。

如何にその人の“お馴染みさん”になっているか?
このポイントで、アプリのポジションを定められたら最良と言えます。

ブランドに馴染んでもらう、という目的であれば、あまり実用性に囚われず自由に発想しやすくなります。この辺りがポイント①です。

アプリをスマホにダウンロードする理由

次のポイント②となりそうなのが、“必然性”です。

仕事でどうしても必要なツール、例えばマイクロソフトのOfficeシリーズとか、クリエイター系でしたらアドビのCSシリーズなどのように、これがないと仕事にならん!というツールであれば、どんな人も黙ってダウンロードするでしょう。(端から入っている事が多いですね)

必然性のあるツール

これくらいの必然性があれば、ダウンロードしてもらえますが、アプリの場合、不要、興味がない、意味がわからないなどの理由でダウンロードされない事がほとんどです。

今現在で、ほとんどの人が使っているだろうと推測される後入れのアプリは、「LINE」くらいではないでしょうか?(それすら全員というわけではないでしょうが)
後は人により、落としていたりいなかったり、ほぼ全員がダウンロードしているアプリなど、ほぼ無いですね。

全員は無理にしても、自分たちのお客さんや、お客さん予備軍の人々にダウンロードしてもらうためには、どうしたら良いでしょうか?

◎役に立つ。
◎楽しい。
◎得する。
◎必要。
◎etc…

まず最初は「役に立つ」ものであること。
例えば、

加瀬グループの有用な情報が簡単に手に入る。(キャンペーンなど)
加瀬グループの施設の場所がわかる。
加瀬グループの施設の予約状況がわかる、予約が出来る。

これはユーザーにとって“役に立つ”ものといえるでしょう。

でもしかし、ここで一つ思いつくのは、
「同じことは、WEBでも出来る」という事実…。

そうですよね、WEBベースでサービスを構築している場合は、アプリがなくても出来る事が基本です。これだけでは“アプリの必然性”とは言えないですね。

では次の「楽しい」要素が加わったらどうでしょう?

アプリ=ゲームという認識

スマホのユーザーの方には、“アプリ=ゲーム”と思っている人も少なくない様な風潮もあります。特に若年層にとっては、スマホは携帯ゲーム機でしょう。

つまり、当社が想定するターゲット・ユーザーに対して最適化したゲームの要素を加える事で、ダウンロードさせる確率を上げる、という方法も取れそうです。

ゲームと言ってもそれ程“壮大”なものではくても、電車に乗っている10~20分間が上手く潰せる程度のものでも良いと思われます。要は、先の要素に“チョい足し”出来れば良いと思うからです。
当社がメインターゲットとしているユーザー層は、30代~50代くらいまでの働く、家庭を持つ男女で、商品が単純なスペースだけに、顧客層もお客様のニーズも広く、あまりゲームとの親和性は高くないとも思われます。

だからそこ単純でハマりやすい、パズルゲームなどが良いと思われます。
それこそ昔一世を風靡した、「倉庫番」なんていいかもしれませんね。現代に合わせてもう少しバージョンを上げたやつ。

倉庫番

これも一つのアイディアです。

他には、一人カラオケできる、街の散策案内をしてくれる、写真が綺麗に撮れるなど、「楽しい」に関しては幾つかアイディアが上がっています。

「得する」はキラーコンテンツ!?

次の要素は「得する」ですね。
先日「ONE」というアプリがリリースされました。これは、このアプリからその日に買ったもののレシートの写真を撮って送ると、1~10円程度で買い取ってくれる、というサービスに紐付いたものでした。

レシートを写真で撮って送る

このアプリがリリースさせるや、ちょっとしたパニックが!

細かい事はよくわかりませんが、私が試した時にはダウンロードに3時間位待たされ、ようやく落として登録しようとしたところ、“満員札止め”状態でした(^^;)

まあそうでしょう。普通の人には何の価値もないスーパーやコンビニのレシートが、お金になるのですから。こういう得するサービスと紐付いたアプリは、確実にダウンロードされますね。

他にも、アマゾンの買い物用アプリは、通常WEBからでは出来ないカスタマーサービスが受けられるという、ピンポイントでありがたいサービスが付いていたり、ネットフリックスのように、アプリでしか映像は見られない、という形の価値を与えている場合もあります。WEBとの差別化によるダウンロードの促進策ですね。

これは、どちらかというと「得する」よりは、「必要」要素になるかもしれません。

っというわけで、ユーザーにとって何らかのメリットを与えることで、アプリを使ってもらおうという工夫は、涙ぐましいほどされているのです。

 

当社の場合はどうでしょう?

例えば「契約・変更・解約」などが、アプリから一撃で出来たら、ユーザーはどれほど喜んでくれるでしょうか?
基本的には、WEBでも電話でも出来ることですので、それ程大きなユーザー側のメリットとはならないでしょう。

では何なら良いのか?喜ばれるのか?

この辺りが、考えどころですね。
そしてそれらは、当然「スマホ+アプリ」の組み合わせで実現できることでなければなりません。

この辺りを追いすぎると、時間や金ばかりかかって、時代遅れなものが出来かねません。注意して進めないと…。

後は、ブランディングの要素、もしくは「楽しい」要素
これなら何とかなるかもしれません。

「得する」要素は、ポイント作戦もあります。
加瀬グループの施設で共通に利用出来るポイントを付けるとか、こちらから予約するとポイント2倍になるとか、そういったメリットは容易に実現はできそうです。
まあ、○ポイントとか△△△ポイントとかの、メジャーなポイントの場合は結構負担になる可能性もありますので、バランスシートと相談しつつ、となりそうですが。

「得する」要素のもう一つは、ビジネスマッチング等が行えるSNS機能。
倉庫の利用者同士で商売が出来るとか、メ◎カリの様なフリーな市場を形成するとか、趣味が一緒の人同士の意見交換の場にするとか。
オフ会の場所なども斡旋できるので、結構便利かもしれません。
但し、こちらも最初の立ち上げ時に、どれほどの盛り上がりを演出出来るか、が重要になってきますので、簡単では無いと思いますが。

「スペース貸し」が得意な当社としては、クラウド上の何かのサービス、もビジネスとしてはありかもしれませんね。クラウド上に何らかのスペースを設け、それを貸すという仕組みづくりは、当社に合っているかもしれません。
そのために使うアプリなら、必然性は出ますね。

アイディアの集約と絞り込み

こうしてツラツラと考えていると、いろいろアイディアだけは出てきます。
問題は実現性ですね…。

言うは易く行うは難し

言うは易く行うは難し。

何とか早い時期に少しでも実現させていきたいものです。
まずは有意義と思われるアイディアを総ざらいして集約し、出来るもの、難しいもの、不可能なものに切り分け、実現順位を付けていく、という整理作業が必要になります。

はてさて、これらの作業はどんな結末を迎えることか…。

何とか頑張って実現出来るよう頑張ってみたいと思っております!

乞うご期待!と言って置きましょう(^^;)

加瀬のレンタルボックス キャンペーン情報!

電話申込限定!一年分一括払込でプレゼント!キャンペーン

加瀬グループのキャンペーン情報

お疲れ様です!

お天気がハッキリしない東京地方ですが、皆様の地域はいかがでしょうか?
かなり蒸し暑く、気圧も低いので、人間の体の対応力も低下しがちです。
十分に気をつけて、冷房などを上手に利用しながら健やかにお過ごし下さい。

夏のお祭り!レンタルボックスのサマーキャンペーン!

さて、加瀬グループでは、夏のキャンペーンや新規キャンペーンが大賑わい!
今月も数多くの“お得物件”を「特選物件」としてご紹介しておりますので、
是非とも「お得なキャンペーン」ページにてご確認下さい。
早い者勝ちで、条件の良い物件からどんどん埋まっていきますので、お申込みはお早めに!

お得なキャンペーンページ

更に現在、「電話でお申込み頂いた方限定、一年間一括払いキャンペーン」を実施しております!
レンタルボックスとバイクヤードでは、若干条件やプレゼント内容が違っておりますので、
よくご確認の上、お電話にてお申込み下さい!

一年分一括払いキャンペーン

マンスリーマンションは、全物件キャンペーン対象に!

加瀬グループでは、「マンスリーマンション」事業も展開しております。
こちらも毎月数物件をキャンペーンとして、大幅割引の対象としておりますが、
今月・来月はナント全物件がキャンペーンの対象に!


マンスリーマンションキャンペーン情報
ナントモ太っ腹なキャンペーン
となっております。

東京に長期出張だったり、観光、あるいは夏休みのバカンスに、
ホテルよりも安くて便利な「マンスリーマンション」のご利用をご検討下さい!

流行りの“シェアハウス”も割引料金でご利用いただけます!

今女性を中心とした若者の間で話題になっている“シェアハウス”。
安い価格で良いロケーションの家に住むための、加瀬グループのシェアハウス・サイトです。

一人だと家賃が大変だけど、大勢で頭割りすれば、とっても楽に暮らせます!
“シェアハウス”のそんなメリットが俄然注目されていますね。


シェアハウス・キャンペーン情報
そんな当社サイトの7月期のキャンペーン情報は、こちら!

人気の東横線や田園都市線沿線都心への便が良い蒲田・川崎などといった好立地の物件が、対象になってますよ~!
是非ともご覧になって下さい。