こんなに暑いと、家の中でビデオなんか…

お疲れ様です!

暑い日が続いておりますが、皆さまにおかれましてはお元気でしょうか?
ブログはずっと残るものなので、このエントリーも、冬になってから読むと、
「あ~、今年の夏は暑かったんだな~」なんて、ストーブに当たりながら考える日が来るのでしょうか?(^^;)

ま、多分季節は巡るはずですので、そうなるのでしょう。

で、お盆休みの真っ只中ですし、こんな日は家の中で、動画鑑賞なんていかがでしょうか?

Youtubeロゴ

加瀬のYoutube動画、ベストテン!

Youtubeの“加瀬チャンネル”より

皆さんYoutubeは見られますか?

一口に“Youtube”と言っても、それこそ何百万、何千万、何億という数の動画が掲載されているので、とても「全部見た!」などという方はもちろん、「半分は見たな」なんて方もいないでしょう。

Youtubeの動画は、“好きなもの”以外は見ないものです。

たまに一本流してそのままにしておいて、終わってから別の動画が流れることがあるので、意図せず興味のない動画を見てしまうこともありますが、それとて、嫌だったら消せばいいだけですからね。

で、そんな中に、加瀬倉庫の動画も少ないですけど含まれております。

加瀬倉庫の動画といえば「Kasegroup」という名前でチャンネルが登録されておりますので、気になる方はぜひ!チャンネル登録してください!

それはともかく、このチャンネルには現在、47本の動画が登録されております。

まあ、チャンネルとしては多い方ではありませんが、中小企業としてはまあまあかな、と思っております。
これらも一朝一夕に出来上がったものではなく、2009年から実に10年がかりで積み重ねていったものです。

しかしながら、再生数は非常に少ないものが多いので、全部足しても大した数にはなりません。

数の多いものから少し紹介させてください。

◎ダントツ1位!は…

普通は下の順位から発表するところですが、今回は1位から。そのわけは…、あまりに圧倒的なので、他のものとは比べものにならないからです!(笑)

その、1位は、こちら!
現在放映中の加瀬倉庫のCMです!

こちらは昨年の10月に掲載を開始したのですが、その後再生回数はグングン伸び、現在は11万強となっております。
やはりこの辺りはタレントの南部なおとさんの実力もさる事ながら、テレビの威力(ちなみに番組はテレ朝系の「TVタックル」です)という事でしょうね。特に日曜日の再生回数がダントツに多いのです。

実はこのブログも日曜日のお昼すぎに結構読まれているので、この辺りにも波及効果は出ている様ですね。(反面、土曜日のアクセスはガタ減りします)

よくTwitterのアカウントなどで、「この方は社長さんですか?」と聞かれるのですが、そうではなく、純粋なCMタレントとして契約していただいております。あの方の明るさとホスピタリティがすごく好評で、人気が上がっているようですね。

以前ブログでもご紹介しておりますので、よろしければお読みください。

っというわけで、ダントツの第一位は「加瀬のTVCM」でした。

因みに第二位も、「加瀬のTVCM」なのですが、こちらは少し古いバージョンで、再生回数は4400回あまりでした。

これからは、グッと地味な数字が続きます(^^;)

さて、ではその次に見られているのはどんな動画でしょうか?
これは単純に“古いもの”がランクインしております。

それは、こんな動画です。

お分かりでしょうか?
当社のレンタルボックスの紹介ビデオで、以前はレンタルボックスのホームページに貼られていたものです。
ビデオのサイズも縦長で、時代を感じますね。2500回ほど再生されております。

この他には目新しいもので、コンテナハウス(ショップ)の動画もある程度の再生回数を集めております。

これは結構ユニークな動画ですね。
コンテナでかなり豪華な住宅を建設しようという、3DCGですが、約1600回ほど再生されておりますし、他にも同じようなものが何本かあります。

コンテナで家を作る、という発想自体を理解していただくためには、こういったビデオが有効だったのでしょう。

同じく1600回余り見られているビデオで、こんな動画もあります。

何と、女性専用のシェアハウスのPRビデオですね。
残念ながら、こちらのハウスはもうありませんので、問い合わせなど為さらないようにお願いします。
最近ではハウジング部門が“売り家”の物件紹介ビデオを掲載することも増えておりますね。

さて、最近の動画なども紹介しておきます。

ここまでは、CM以外は比較的古いものが上位を占めておりましたが、これから紹介するものは、つい最近作られたものばかりです。

まずは、こちら。

こちらは、「建築型トランクルーム」という、当社では新しい商品について紹介する動画です。
「建築型トランクルーム」というのは、比較的新しいスタイルのビジネスモデルとして、最近多く見られる様になった形式です。

これまでですと、まず当社が地主様から土地をお借りして、そこにトランクルームを建設したりコンテナを置いたりしてレンタル業を始める、という形式が主でした。この形式ですと、地主様の負担が少なく、安定した土地代収入が入るので、喜ばれておりました。

しかしながら、不労所得となりますので税率が高く、相続などの際にも大きな負担になってしまうことがあり、入ってくる収入も定額で伸びが期待できないとの欠点も指摘されておりました。

もちろん、ビジネスとして土地運用を考える地主様も多いことから、ご自分のビジネスとして、ある程度の負担を背負ってでも高収入を目指して頑張っていきたい!という方が増えたことが事から、この形態を選ぶ方も増えてまいりました。

一度ご覧いただければ、何となく仕組みがわかると思います(何度見ていただいても大丈夫です!)。ぜひご覧ください。

 

それから、こんな動画も最近作りました。

「加瀬の電子看板」のご紹介動画です。

電子看板のブログでもご紹介しておりますが、単に「大きなテレビ」としての電子看板ではなく、媒体特性を活かして、まずお客様の目を引くこと、そして興味を持ってもらい、検索してもらう、または電話をしてもらう、という行動に導くための戦略をお伝えしております。

どうやったらこの電子看板で上客をGET出来るのか?

そんなヒントが詰まった動画になっておりますので、こちらもぜひご覧くださいw。

他にもアニメーションで作られた動画もあります。

こちらは、以前作られた漫画をアニメーションで再現したもので、レンタルボックスやトランクルームのある生活をイメージしていただきたく、制作しました。

最近は動画作成ツールもドンドン良くなるので、作っていても楽しいですよ。

 

最後にこれだけは…

っというわけで、いろいろな“加瀬の動画”をご紹介してまいりましたが、最後にこれだけはご紹介させていただきたいので、お付き合いください!

それは、こんな動画です!

「加瀬グループの社歌」です。

当社の当時の社長(現会長)が作詞をし、CMでもお世話になっている南部なおとさんが作曲・歌唱していただいてます。

ほんわかした雰囲気の、良い歌だと思うのですが、いかがでしょう?

因みに、当社の忘年会などではよく歌われますし、何よりDAMの通信カラオケ(選曲番号:757215)にも入っているので、何気にどなたでも歌えるのです!w.

さてさて、いろいろな動画を紹介してまいりましがが、これはまだほんの一握りですね。何しろ47本もあるので(・_・;)。

もしYoutubeにて当社の動画をご覧になる機会がありましたら、何とぞ「チャンネル登録」をしてやってください。

結構楽しい動画を、これからも配信していきますので、このブログ同様、よろしくお願いいたします。

レベル半端ない!コンテナショップってどんなん?

台風シーズンですね~。

自然現象とはいえ、いろいろな被害が出ることも多くて、あまり嬉しい事柄ではないのですが、
まあ、地球上に生を受けている以上、黙って受け止めるしか無いんですよね。

っというわけで、来る台風は拒めず、と気持ちを切り替えて、頑張っていきましょう!

ちょっと嬉しいライフハック

あの被災地でも活躍!?コンテナが半端ないって事、今知ろう。

質実剛健にして華麗。コンテナショップをご紹介します。

今回はちょっと古いのですが、未だに新鮮な驚きのあるサイトをご紹介しましょう。

題して「コンテナショップ」のWEBSITEです。

こちらは当社が2015年位に作ったサイトですが、質実剛健な荷物運搬用のコンテナを、“建物”として見つめ直し、可能性を追求した結果をご紹介している、とっても珍しい題材のサイトとなっております。

まず目を引くのが、トップのスライダー写真。
3枚めが上記のものですが、まるで何処かのアウトレットモールのような佇まいの商店街。これが全部、コンテナで出来ているって、信じられますか?

勿論これは、日本での話ではありません。

只、海の家などは臨時の建造物として建てられておりますし、それ以外にも日本で実用化された例がいくつもあります。

また、4枚目の写真は、なんと団地風の建物となっておりますが、これもコンテナを組み合わせて建てています
これ、なんと宮城県女川町などの仮設住宅として実際に使われたものです。
コンテナ住宅

『女川町のコンテナ仮設住宅が「仮設ってレベルじゃない」と話題に』

こちら、ぜひ見てみて下さい!コンテナの可能性を感じられると思います。
実はこの件に関し、当社が深く関わっておりましたが、ここではこれ以上は触れません。

以前の『とっても素敵なコンテナたち!』というブログに詳しいので、そちらもぜひご覧ください。

コンテナで作る店、街、モールなど

今回のメインは、コンテナで作るお店。まずはその特長を確認して行きましょう。

◎コンテナショップの特長は…

●建物全体が看板! … 大人も子供もワクワクサせるようなコンテナショップの外観は、それ自体が看板と同等の効果を発揮します。
●話題になりやすい … 他の建物とは大きく違う外観のコンテナショップは、目新しさと面白さ、合理性などで見る人に強い印象を与えます。
●売上アップが見込める … 建物自体が持つワクワク感は、買う気にさせる雰囲気を持っていますので、売上アップが見込めます。
●基礎工事を簡略化出来る … 基礎工事の簡略化によって、工期短縮と建設コスト削減が出来ます。
●現場工期が短い … 海外から直輸入のコンテナを使いますので、積み重ねたら、後は即内装工事に入れ、工期は短くて済みます。
●移設が可能 … 元々運搬用のコンテナは可搬性や耐候性に優れておりますので、どんな場所にも移設が可能。海の家などに最適です。

コンテナショップの特長

これらの特長を踏まえた上で、コンテナショップの建築イメージを見てみましょう。

まずは、ベースとなるコンテナを入手します。
それに色付けや内装を行い、
最後に組み立てる。(組み立てと内装工事が逆の場合もあります)
建設イメージ

コンテナには大きさや長さのバリエーションが豊富なので、自由自在に店舗設計を行えます
以下がその一例ですが、あなたなら、どんなお店を組み立てるでしょうか?
コンテナショップのバリエーション

ちなみに、上記のバリエーションには、当社サイトから3DのVRシミュレーターへのリンクが張られておりますので、そちらのサイトでは室内の状態などもご確認いただけます。
しっかり中まで作り込んだモデルなので、なかなかのものですよ。
ぜひ、遊んでみて下さい。

勿論、普通にこれらの建物を建設しようと思ったら数千万円から億単位の出費を覚悟せねばなりませんが、既成のコンテナを利用するコンテナショップなら、建設費は半分以下に落とせる場合が多いのです。
しかも、一度作ったコンテナは移設しての再利用が可能ですから、季節ごとに設置場所を変える「移動販売所」としても最適です。

ただしコンテナショップ建設に関しては、建築法規によって幾つか注意点もありますし、地方自治体独自のルールなどもありますので、建設を思い立った際には、是非とも当社の担当者まで、お気軽にご相談下さい。

当社には、経験豊富な専任建築士が在籍しておりますので、確認申請業務なども迅速に行えます。

きっと皆様のご希望に合わせた、最善のプランをご提案出来ると思いますよ。

ご相談はこちら
045-477-2838
平日9:00~19:00 土曜日9:00~17:00

それではまた!

とっても素敵な、コンテナたち!

こんにちは!

今日は良いお天気なので、窓を開けて仕事をしておりますが、
と~っても良い陽気で、なんかウキウキしてしまいます♪

こんな日は、公園でお昼なんか食べたら、気持ちいいだろうな~。
よし” そうしようw.(暑いかな…)

っというわけで、今日はこの天気のような、素敵なコンテナくんたちをご紹介しましょう!

▶▶▶ニュービジネスニュース◀◀◀

ちょっと意外?! 素敵なコンテナくんたちの世界

荷物を運ぶだけじゃない!コンテナの新しいお仕事

皆さん「コンテナ」と聞くと、何を思い出されますか?

まず最初に思い浮かべるのは、港に大量に積み上げられ、貨物船への積み込みを待つ大量のコンテナ、ですか?
私はそうでした!(^^)

街中でも、大きなトラック(トレーラー?)に積まれて移動するコンテナはよく見ますね。コンテナは大量の荷物を一気に運ぶ、重要なアイテムとして認識されております。

しかし最近では、ちょっとした空き地などに整然と積み重ねられた“コンテナ群”を目にすることが増えてきました。

加瀬のレンタルボックス

そう、ご存知“加瀬のコンテナボックス”ですね。

コンテナというアイテムは元々「移動する」ことが前提で作られておりますから、大きいけれど軽くて丈夫、耐久性や耐候性も十分あり、積み重ねや組み上げが出来るためスペース効率もとても良く、「移動しない倉庫」としての素養も十二分にあるのです。

コンテナくんたちの新しい仕事に「倉庫」が加わった事は、全然不思議ではありません。

「保管する」だけじゃない!「住む」事まで実現したコンテナたち

移動するにしてもしないにしても、「保管する」という機能を最大限に活かして新しい分野で活躍し始めたコンテナくんたちですが、更に一歩先へ進んでいます。

◎移動が簡単
◎設置が簡単
◎スペース効率が良い
◎耐久性・耐候性もバッチリ

とくれば、思いつくのは「住む」道具として使えないか?ということ。

まあ、昔から「トレーラーハウス」などはよくありましたが、コンテナでも同じことができそうだということで、様々な“コンテナハウス”がもうすでに実用化されています。

離れや別荘・コテージとしての利用例

離れとしての利用例1離れとしての利用例2
こんな離れがあったら、素敵ですね。子供部屋としても良さそう。

コテージとしての利用例1

コテージとしての利用例2

コテージとしての利用例3
山小屋の別荘に、海辺の避暑地に。

どうですか?
もはやコンテナとは思えないものや、コンテナだけどとってもいい雰囲気出しちゃって、馴染んじゃっているものまで、様々。

いや~、静かな湖の畔なんかに、こんなコテージを一つ、欲しくなりませんか?

設置の自由度が高いので、イベント会場などでも成果を出してます。

お店としての利用例

お店としての利用例1

お店としての利用例2

お店としての利用例3

そしてこちらは、季節限定の海の家!
海の家としての利用例

こちらも見事に周りの風景と調和して、いい感じでしょ?

最後にお見せしたいのがこちら。
災害支援用の仮設住宅です。

宮城県女川町のコンテナ仮設住宅

女川町の仮設住宅1

女川町の仮設住宅2

女川町の仮設住宅3

こちらはこのニュース掲載時のコメントです。

「弊社は3月11日の東日本における震災の復興支援として、コンテナハウスを活用した仮設住宅の設置に取り組んで参りました。
同町はリアス式海岸が続き、平らな土地が少ないことから、必要な戸数を供給できる目処が立っていませんでした。そこで、震災直後から現地で支援活動を続けている建築家の坂茂(ばん・しげる)氏が、コンテナを使って多層(2〜3階)の仮設住宅の建設を提案。加瀬グループもコンテナの提供という形で建設のお手伝いをさせていただきました。」

これら、もっと詳しくは弊社のコンテナ販売の事例ページに掲載されておりますので、よろしければ、こちらも是非ご覧になってください。

あまり知られてはいないかもしれませんが、加瀬倉庫では「トランクルーム」「コンテナボックス」の普及活動とともに、コンテナそのものを売るサービスも行っております。

別荘や離れ、移動店舗などをお考えでしたら、ぜひ一度、ご相談ください!
加瀬のコンテナ販売 TEL 045-477-2838

お待ちしております!