中小企業や個人商店のホームページ活用法(電子看板のおすすめ)

皆様、こんにちは!

そろそろ梅雨の気配を感じる今日このごろですが、
皆様の地域はいかがでしょうか?

それはそうと、もうすぐワールドカップ・ロシア大会ですね。
私は、全日本チームは監督交代とかあって今が“最悪”の状況でしょうから、
これから上がるだけ!と信じております(^o^)/。

世の中、前向きに捉えて行きましょう(*^^*)。

今回は、当社の提案する「中小企業/個人商店」用のハイブリッド広告について、お話します。

電子看板+ホームページ=ハイブリッド広告のおすすめ!

そもそもホームページって…

世の中まさに“インターネット時代”と言われて久しいですが、
実際のところはどうでしょう?

インターネット時代

確かに人気のあるサイトや、Googleなどの検索エンジンで上位を占めているサイトなどは、一日数万人から数十万人が押し寄せ、品物は売れに売れ、非常に良い状況ではあると思われますが、日本中のサイト全てがそれほど良い状況であるとは言えません。

むしろ、アクセスが全く伸びず、費用をかけて作ったは良いけど、思ったほど稼いでくれない、などと嘆いている方々が多いのではないでしょうか?
っというか、成功しているのは一握りで、大部分のホームページ(HP)が期待しただけの効果を上げている、とは言い難いのが実情だと思います。

なぜでしょうか?

HPというのは、プルメディアと言われている通り、誰かに探し出してもらわないと見られない媒体です。つまり、その存在を見てもらいたい人に知ってもらわなければ、存在していないのと同様になってしまいます。

簡単に言えば、「看板を作って、家の内に仕舞ってある」感じですか?(^_^;)

看板は、人通りの多い場所において始めて、その効果を発揮します。
人通りの全く無い家の中に置いておいても、誰も見てはくれないのです。

検索エンジン全盛!

HPの存在を人が知る方法として「検索」があります。

GoogleやYahoo、Bingなどの“検索エンジン”と呼ばれるもので、「マイケル・ジャクソンのCD スリラーが入っている」などと検索すると、アマゾンなどの該当CDのページが現れたり、Youtubeのマイケルのプロモーションビデオが出てきたりします。

検索順位の上の方には上記のような“メジャー”な情報が並びますが、順位が下がっていき、2ページ目・3ページ目と進んでいくと、マイケル・ジャクソンとは全く関係のない“スリラー映画”や、どこかの“マイケルおじさん”の姿なんかの情報も出てきて、結構意外なサイトや情報が手に入るので面白い!なんてひねくれ者の私なんぞは考えるのですがw、普通の人はそんなことはせず、大体1ページ目で用を足してそちらのサイトに移っていきます。

っということは…、
1ページめ(自然検索10社+広告7社)に現れてこないHPに人が来る確率は、限りなく低くなる、ということです。
ここまでは、当たり前ですね。

(最近は地図検索やら右側カラムの記述やら、Googleの画面がやたらゴージャスなので、さらにこの傾向が強くなっており…)

で、お金のある企業はどうしているか、というと、まずは「リスティング広告」という宣伝方法で自然検索(オーガニックとも云います)の前に、広告を出します。

この広告についてはここでは詳しく述べませんが、常に上位に出そうと思うと、月の予算として○百万円~○千万円が必要になります。(商材によりますが)

広告を使わないとしても、オーガニックの順位を上げようとして「SEO(検索エンジン最適化)」という施策を施そうとしても、月に数十万円が必要となり、効果の程も保証されないことが多いのです。(内部+外部施策)

SEO施策

ブログなどを充実させる「コンテンツSEO」も、時間と金がかかりますし…。

つまり、検索エンジンで商売を優位に進めようとすると、大きな費用が必要になります。

はて、これでは中小企業や個人商店では息切れしてしまいますよね。

では、小さなところは全く太刀打ちできないのか?

元々小さい商店であっても、インターネットの世界では“超”有名人で、大企業と肩を並べる、なんて事例も、最近はかなり出てきております。

その代表格が「Youtuber(ユーチューバー)」と呼ばれる人たちです。

YOUTUBER

Youtubeに毎日のように動画を投稿し、一つの動画が数十万・数百万回再生されることで、広告媒体として収益を上げている人たちですね。(ちなみに“ピコ太郎のPPAP”は世界中で 130,561,113 回再生されましたw)

世界中には1億円以上の年収を稼いでいる人もおり(日本人のヒカキンさんもその一人らしい)、その平均年収は800万円以上と言われています。ちょっとしたサラリーマンも真っ青!w

彼らは毎日コツコツとコンテンツを作成し、アップロードしています。当初の彼らは、タダひたすら自分の好きなこと、得意なことをやっていたに過ぎなかったのですが、いつの間にか噂が噂を呼んで大ヒットし、そこから今の地位に上り詰めた人たちで、とても一朝一夕になれるものではありません。

っというわけで、今や小学生の憧れの職業No.1のユーチューバーも、決して楽な商売ではありませんが、「好きなことをただ一生懸命やる」というスタンスは、個人の商売などにも通じる道かもしれませんね。

物や商品、サービスなどに対する情熱やこだわりをひたすら“熱く語る”と言う姿勢は、人を感動させ共感を生みます。(暑がられることもありますが…w)
まずは一つ、この姿勢を学ぶことが“ビジネスの成功”を呼び込む鍵です。

さらにもう一つ、ターゲットを絞り込むという作業も中小企業には大きな武器になります。

インターネットでのビジネスでは物理的な距離や時間を飛び越えてしまう特性があるため、“家の近く”などという制約をなくし、いつでもどこでもどこからでも商品の注文が行なえます。

「全国配送いたします。」これが基本ですね。

全国を相手にビジネスが出来ればチャンスが広がり、儲かるかもしれない、と思った貴方! そう簡単ではないのですw。
全国にはとてつもなく多くのライバルがひしめき合っています。

しかし、逆に地域やユーザーを絞る施策をすると、ライバルの数はグッと減り、より濃い客層が見えてくることもあります。ライバルは少ない方がいろいろな面で有利ですよね。

もちろん、「俺は天下を取る!」的に全国制覇を目指す人であれば上記のような方法はおすすめしませんが、「なんとか自社のお客さんを増やしたい!」ということであれば、地域やお客様の層を絞り込んで、自社の一番得意なフィールドで勝負した方が、取り組みやすいと思います。

絞り込んで、その後は…

顧客を絞り込む、ということは、そのターゲットになるお客様の顔を思い浮かべながらコンテンツを作ることで、実現できます。
もちろんリスティング広告ならば地域や年齢・性別などを区切ることは出来ますが、コンテンツで実現しようとする場合「うちの地元は川崎市幸区です」とか、「横浜市内は即日対応」と言う具合に、得意なエリアを織り込んで文章を書いたり、「高齢者大歓迎!」「お子様連れにはサービスあり」「ペット同伴OK!」などのメッセージを加えることで、特定のお客様を呼び込むことが出来るようになります。

お子様連れ歓迎!

また、HPには必ずお店や会社の住所・名前を入れておくこと。出来ればヘッダーや本文、フッターなどいろいろなところに入れておくことで、そのエリアの人が検索した際に、地図上で現れることがあります。(仕組みは複雑ですが、入っている事が重要です)
この辺りも要チェックですね!

また、HTMLの<Title>と言われる部分に“エリア”や“属性”を入れておくこともおすすめです。
お子様連れ歓迎!川崎市幸区のチャーハンが得意なめし屋○○亭」なんて感じが良いかと思います。

他にもいろいろ方法はありますが、大事なことは、来てほしい人に自分のメッセージを届けたい!という気持ちを込めてコンテンツを作る事が、一番重要です。

もう一押し、プッシュしたい時は…

これまでは、既存のHPを活用する方法をお伝えしてきました。
ここからは、既存のHP+αでさらに一段上を目指す、エリアを絞り込んだ広告展開方法について、ご説明いたします。

ここで一つ質問です。

貴方は調べ物をする時、何を使って行いますか?

以前なら「インターネットに繋がったPC」と答える方がダントツで多かったと思いますが、最近ではそうでもありません。

もうおわかりと思いますが、現在は圧倒的に「スマホ」での検索が多くなっており、この傾向は今度もドンドン加速していくものと言われております。
つまり、これからの「リスティング」「SEO」などの対象は、スマホやタブレットに移っていきます。

もう一つ、検索キーワードの入力についても変化があります。これまではキーボードなどでの入力が主でしたが、AIスピーカーなどの普及と相まって、今後は“音声”による入力がますます増えてくるだろうと予測されます。

Amazon Echo
また、QRコードなどでの入力も増えそうですね。あの“三次元バーコード”などと呼ばれるものです。

検索エンジン側でも、そのものズバリのワードではなく、「…のようなもの」といった、非常に曖昧で適当なワードを入力してもそれなりに予測して検索してくれますので、検索の自由度はドンドン高まっていきます。

つまり、お客様が正確に覚えていなくても、「あの辺のあんなモノ」などとぼんやりした情報からでも、あなたのお店にやってきてくれる可能性が高まった、ということです。

ここでご提案したいのが、電子看板(デジタルサイネージ)。

何となくぼんやりした情報を、お客様の脳裏に刷り込む。これが得意なのが、電子看板です!

加瀬の電子看板

毎日毎晩、果てしなく流れている広告パネルは、地域の住民にとってみれば一つのランドマークです。通勤・通学時などに繰り返し見ていることで、頭のどこかに刷り込まれる、それが“電子看板の効能”なのです

何となく見た覚えがある広告のお店やサービスのことを、いざそれが必要になった時や、暇でボ~っとしている時に思い出して、「じゃ、行ってみようか」となる事があるのです。

例えば、何パターンかあった広告画面の中の最後に、「○○○で検索」と入っていたことを覚えていれば、その場でスマホに語りかける事が出来ますよね?
名前などが正確でなくても、エリアと属性が一致していれば、Google先生は「これじゃね?」と言って出してきてくれますw。

さらに、電子看板のパターンの中にQRコードが入っていたら、それが必要だと感じた人は、スマホのカメラで撮影するだけで、そのページにジャンプ出来ます。

つまり、日々の暮らしの中で電子看板によってさり気なく刷り込まれた情報が、ある時ポッと目覚め、開花する可能性を作っておけるのです。

どうですか?
結構役に立つと思いませんか?

中小企業や個人商店にはピッタリだと思いませんか?w
(もちろん、大手の企業様にも使っていただければ、幸いです(*^^*))

もし、「面白そうだ!」とか「使ってみたい!」とお感じの方いらっしゃいましたらご連絡下さい!
お待ちしておりますよ~\(^o^)/

加瀬の電子看板

「加瀬の電子看板」 045-471-8888

日ノ出町駅近く、マンション下の集合型トランクルーム

こんちは!

レンタル収納スペース・レポーターのゆたろうです!

前回は京急線日ノ出町駅から大岡川沿いを歩きながら、隣の黄金町駅に至りましたが、今回は用事のためJR桜木町駅方面へと折り返す道すがら、この地区にあったもう一つのトランクルームに立ち寄ります。

日ノ出町駅へと引き返す際、歩いてきた大岡川沿いではなく、広い通りの県道218号線を進んでゆくと、すでに立ち寄ったトランクルーム中区日ノ出町が見えてきました。

空はだいぶ暗くなり、街灯や車のライトが目立ち始める時間になった辺りで、目的としていた二つ目のトランクルーム中区日ノ出町1丁目が見えてきました。通りから遠くを見ると、みなとみらい地区のランドマークタワーが良く見える位置でした。

広い通りを日ノ出町方面に進んでゆくと、先程訪ねたトランクルーム中区日ノ出町が見えてきました。建物西側にも大きく”加瀬のトランクルーム”の看板がありました。
街はだいぶ暗くなってきました。この写真左側のマンション1~2階の店舗エリアの一角に、トランクルーム中区日ノ出町1丁目はあります。京急線の高架の先には、横浜ランドマークタワーもはっきりと見えました。

トランクルームがある建物近くまでたどり着くと、どうやらこちらもマンション下にあるようです。ただし、こちらの場合は下層階が店舗エリアになっている構造になっていて、その中のテナントの一つとして入居している形のようです。

花屋さんの隣から店舗エリアに入り、2階を目指します。中央が吹き抜けになっている静かな階段を上る途中、トランクルームを発見です。2階には、他にもふたつほど入居しておりましたが、空いた店舗スペースに入居している形のトランクルームに出会うのは、初めてかもしれません。

マンションの下層階にあるトランクルームというと、千葉で出会った問屋町や本千葉駅前のトランクルームがありましたが(そういえば、オフィスビルのテナントの一つとして入居しているトランクルームだと、港区新橋5丁目がありましたね)、それらは店舗街という形ではなかったので、中々新鮮な感覚でした。
ガレージ倉庫中区日ノ出町も併設されており、正に“集合型トランクルーム”って感じでしたね!
ちなみに「ガレージ倉庫」とは、ちょっと大きめのトランクルーム(倉庫)で、作業を行うことも出来るスペースです。ここは2階のためガレージとしてはお使いになれませんが…。

荷物が増えて部屋内には収納しきれなくなってしまった際には、まさに押入れ代りオプションとなりそうです!

所在地:神奈川県横浜市中区日ノ出町1-76-1 店舗エリア入口隣は花屋さんでした。
階段を上る途中で、トランクルーム入口を発見!
間口は結構広くとっていました
入口その1
ドア右手にカードリーダー
隣にはもうひとつ入口がありました
こちらのカードリーダーは、フードがなくむき出しでした。どうやら、HPにあった1と2は入口ドアで分けられているようです。
一番奥には、ガレージ倉庫中区日ノ出町の入口もありました。
2階には、他にも2~3軒程入居しておりました。

トランクルームを後にして、再び日ノ出町駅付近の大岡川にかかる長者橋に出ると、街は更に暗くなり建物の灯りが川面に反射してきらめいてました。

ここから川沿いに急ぎ足で進んでおりましたが、この風景が中々綺麗だったので、ついシャッターを切ってしまう。。。

近年有名になった、川沿いに建っている特徴的な建物である“野毛都橋商店街ビル”の手前にある宮川橋の周囲には、カメラを片手にこの風景を撮影している人が何人かおりました。確かに、連なる灯りが川面にも映り趣のある風景を描いていたのは確かです。

長者橋の上から大岡川を眺めていると、暗くなってきらめき始めた灯りが、水面に反射して綺麗でした。
かつての面影を残す野毛都橋商店街ビル。現在は、この味のある建物には様々特徴的な飲食店が入居して賑わいを見せています。
宮川橋から建物をみると、連なる灯りが川面にも映り、ちょっと風情がありました。私の他にも、カメラを構えて撮影している人が何人かいました。

この日は、時間がなくてトランクルーム含めじっくり廻って見られなかったのが残念でしたが、また機会を設けて今度は関内駅の周辺も歩いて行きたいかなと思いました。

その時には、伊勢佐木モールも見て行きたいですね!必ずや!(笑)

綱島が変わる?! Tsunashima SST オープン

こんにちは!

皆さん、今年はかなり早めのさくらの開花となりましたが、
お花見はお済みでしょうか?

私は個人的に何回か、会社の同僚と一回、やりました!
後は、毎年仲間内でやっているお花見会があるのですが、
恐らくそこまで、持ちそうもない感じですね…(^_^;)

今年の私のベストショットはこちら!
今年の私のベストショットはこちら!「新横浜駅前公園」のさくらです。送電線が残念な感じですが、お花はキレイかな、と…。

ところで、今回はこの近く「綱島」にオープンした新しいスポット、
「Tsunashima SST」について、ご紹介いたします!

サスティナブルでスマートな街づくりを!綱島sstに期待!

タダの街じゃないぞ!という心意気を感じる。

綱島サスティナブル・スマートタウン(綱島sst)は、以前はパナソニックの工場があった場所に作られた新しい“街”です。

綱島SST 全景

この地ではいぜん、電話機やラジオ、ワープロや携帯電話などが生産されていたということで、今年100周年のパナソニックの中でも、私達の生活に近く注目度の高い製品を生み出していた工場だったとか。そしてその土地自体は、今でもパナソニックの所有となっております。

この場所に現在建つのは、今や世界一の資産価値を持つ企業として有名な米国Apple社の研究施設「YTC」と、ガソリンスタンド「ENEOS」として有名なJXTGエネルギー横浜綱島水素ステーション、更には慶應義塾大学の「国際学生寮」といった建物に加え、野村不動産の94戸の分譲マンション「プラウド綱島SST」と、最後にオープンしたユニー系の「アピタテラス横浜綱島」からなっています。

なんか凄いラインナップだと思いませんか?

SST全体図

地面がパナソニックで、その上に載っているのがいずれも大きな国際的企業グループのものばかり、これは何かあるんじゃないでしょうか?
ちょっと興味があったので、探ってみることにしました。

サスティナブルってなに?

「Sustainable(サスティナブル)」とは、本来は「維持できる」とか「耐えうる」とかいう「Sustain」の形容詞形ですね。「持続可能な」という意味で使われることが多いようです。

では、今回の「綱島sst」の場合、何がサスティナブルなのか?

やはりパッと見では「水素ステーション」が目立ちますね。ここで現在走っている唯一の燃料電池自動車であるトヨタ「MIRAI」が水素をチャージできるのです。
その水素を燃料に発電し、その電気で走る燃料電池車は、発電所の電気で充電する普通の電動自動車とは違い、発電によるCO2の発生は限りなく“0”に近いので、ほんとうの意味で環境負荷の少ない「ゼロ・エミッション」自動車と言えそうです。

トヨタMIRAI

正に、これなら“サスティナブル=持続可能”ですね!なので、国家プロジェクトとして政府をあげて応援しておりました。

しかし、残念ながらこのMIRAIという自動車、まだまだ台数が少なすぎ!街中で見ることはほとんどありませんね。それもそのはず、発売から2年で約1,500台しか売れていないのです。

高い値段も、販売に拍車がかからない一因です。
いくらエコカー減税措置等があるとはいえ、7,000,000円以上もする自動車をポンと買える人は、そう多くは無いと思います。

それにこの車、燃費がやたら良くて、一回の充填で650kmも走っちゃうんですって!ってことは、一回充填すると次に充填する必要が出るのは、1ヶ月先?2ヶ月先??w あまりお客さんは来そうにないですね。

これだけで、「サスティナブルな街」を謳ってもらっても困るんじゃないですか?w

イノベーションと共創の街

この街の地主であるパナソニックさんは、一体何を狙っていたのでしょう?

実はこの「SST」という名前が付いた街は、ここが始めてではありません。
2014年にオープンしたのは「藤沢SST」で、その時は戸建て住宅を中心に、サスティナブルでスマートな街づくりをを行っていました。

ここは、1000世帯にもの家族が集い、100年先まで幸せに暮らしていける街、を目指しています。

 

そして、今回の「綱島SST」のキャッチフレーズは、「イノベーションと共創の街」です。

研究機関やエネルギー拠点などのアカデミックな施設と、高級感の漂う集合住宅に多訪性(造語)のあるショッピングモールが密接することで生まれる新しいライフスタイルを体現する、街づくりです。

これを多くの企業体が“共同で創る”事がテーマとなっているのです。

恐らくここでは様々な実験的イベントなども企画・実行され、新しい生活用品やスタイル、サービスなどが生まれていく。そんな場所作りを考えているんじゃないでしょうか?

これが、この街の“サスティナブル&スマート”な由縁です。

ようこそ、綱島へ!

元々「綱島」という場所は温泉が湧いており温泉街が有名でしたから、今でもその名残で何件かが営業しております。

綱島温泉街
綱島温泉街-横浜市立図書館の資料より

現在最も大きな浴場はこちらでしょうか?

綱島源泉 湯けむりの庄

以前は“東京の奥座敷”などと呼ばれ、結構賑わったそうです。

その後、東急電鉄が宅地化に乗り出し、何処の鉄道とも接続していないこの駅に急行を止める、という荒業?に出たことで、住宅地としても人気を博し、一躍多くの人口を抱えるベッドタウンとなりました。
現在でもこの駅の大きさに似つかわしくない、大型のバスターミナルを有し、多くの乗降客をさばいています。

多くの人が暮らす場所には、大きなスペースが必要。

そう、そんな時は当社の出番じゃないでしょうか?

先の綱島SSTのすぐ裏には、当社のレンタルボックス、バイクボックスがあります。レンタルボックス綱島東4丁目です。

レンタルボックス綱島東4丁目

こちらのヤードは、0.7帖から8帖まで多くのサイズを取り揃えて、皆さまのご利用をお待ちしております。

綱島の駅前には、トランクルームもご用意しております。
トランクルーム港北区綱島西

こちらは駅から徒歩圏内で、しかも2店舗ございますので、使いやすいと思います。

綱島は港北区の星となれるのか?

実は綱島には、さらに大きな注目が集まっております。
平成34年度に予定されています、東横線と相鉄線の相互乗り入れです。

東急・相鉄相互乗り入れ

まあ、いろいろご意見もお有りでしょうが、海老名や二俣川辺りから都心への交通の便が、もの凄く良くなっちゃうみたいなんですね。

そこで綱島にも更にもう一つ路線が増えることになります。
先程の綱島SSTも、ほんの少し“駅近”になるかもしれませんね。

新横浜へアクセスする路線が増えますので、この辺りは益々栄えて行くんじゃないでしょうか?地価も上がる事でしょう。

変わっていく“綱島=Tsunashima”の姿からは、当分目が離せそうにありません!

 

倉庫街道=加瀬ストリート!

こんにちは!レポーターのゆたろうです!

前回は横浜の環状2号線の坂を登り、屋内ゲレンデまでをお送りしましたが、
今回は、その先の下り坂を進んでゆきます!

この通り、先に進んでゆくとレンタルボックスが次から次へと行く手に姿を見せてくれます。まさに、倉庫街道といった感じでした!

名付けて、「加瀬ストリート!」なんちって…(*^^*)

さて、坂を下り始めると広いスペースにピカピカのレンタルボックスが見えてきました!
おそらく、ここに置かれているレンタルボックスも、順次契約が決まった場所に送られてゆくものなのでしょう。

広いスペースに真新しいレンタルボックスが、ズラッと置かれていました。
広さ様々、表裏に積み上げられておりました。

更に歩いていると、広い通りのロードサイドには飲食店がぽつんぽつんと営業しております。そして、歩いていた道沿いに見えたのは再びの回転寿司店!今度はスシロー横浜鶴見店(この辺りです)です。

さすがにお腹がへってお寿司を食べたくなり入店したのですが、
駐車場には車がびっしり、
受付前の待合椅子には待っている人が沢山・・・!(汗)

そんなわけで、先に進みたい私は入店を諦めて更に歩いてゆく事としたのでした。(涙)

厚切りのお肉を食べさせてくれそうなレストランが、向かい側にありました。心が少し、動きました・・・(^^;
歩いていた道沿いに見えてきたのは、回転寿司チェーンのスシロー!寿司が食べたくなり入店したのですが、待っている人がたくさんいたので断念・・(>_<)

寿司を諦め歩いていると、通りの反対側にレンタルボックスを発見!

ただし、反対側に行くための横断歩道等が近くに無く、坂を下りた先の歩道橋を渡って折り返さなければならなかったので、こちらに関しては遠間から外観を撮影したのみで先へ進むことに・・(^^;

レンタルボックス梶山 所在地:神奈川県横浜市鶴見区梶山2-16-7 遠くから見た限りでは、広さよりも奥行きのありそうな立地で、レンタルボックスを二段に重ねているので、数は結構多い印象でした。こちらは、タラップ使用の疑似二階が設けられています。

坂を下り、この周辺で反対側に行くことのできる歩道橋の近くまで行くと、
バス停には”三ッ池公園北門”という名前のバス停がありました。

三ッ池公園北門バス停この先にある交差点を右折して進んでゆくと、公園の北門に至ります。

どうやら、この歩道橋先の交差点を右に曲がって道なりに進むと「県立三ッ池公園」という、大きな公園があるようです。
あまり時間はなかったのですが、公園を見に行ってみようということで、
寄り道することに…。

公園の敷地に入る門前まで行くと、出入りしている人は多く、周辺住民の憩いの場所となっているようでした。
入口近くにはサッカー場や野球場があり、スポーツに興じている人の姿も見えました。長閑な休日の午後といったのんびりした空気が流れており、まったり休憩気分になってしまいそうです・・・(--;

園内地図を見ると、公園の南部には名前の由来となる大きな池があるようでしたが、更に休憩気分が増してしまい、時間がどんどん過ぎてしまうため、池まで行かずに途中で引き返して先を進むことにしました。(^^;

神奈川県民の憩いの場、県立三ツ池公園の入口です
行き交う人の多い長閑な午後でした
ネコを捨てないでください!という看板が印象的でした。この先をさらに進むと池にたどり着けるのですが、時間が無くなってしまうので、断念して引き返したのでした(^^;

公園を後にして環状2号線まで戻り、交差点の信号を渡って更に先に進むと、
ファミリーマートの先にレンタルボックス梶山2丁目パート2に掲げられた加瀬倉庫の看板がうっすらと見えてきました。
ふとコンビニの左をみると、何やらその場所だけ時が止まったかのような風景が視界に入って、ふらふらとそちらの方に行ってしまいました(^_^;)。

ファミリーマートの先に、うっすらと加瀬倉庫の看板が見えてきました。
左を向くと、小さな商店街がありました。角の精肉店は、営業中のようです。太田屋 梶山店というお店で、食べログにも載ってましたw.
商店街の反対側には、“ストアー梶山”の名前が。こちらには、フタバクリーニング店が営業していました。他には中華料理北京というお店があるそうで、全部で3軒の商店街でした。

そして後ろを振り向けば…
レンタルボックス梶山2丁目パート2がありました!

所在地:神奈川県横浜市鶴見区梶山2-29
梶山パート2は、コインパーキングの隣、表の大通りと裏通りに挟まれた一画にあります。
こちらのボックスは、シルバーというよりはより白い色味をしていたように感じました。もしかしたら、陽光の影響かもしれませんが(^^;
この時間になると、空はすっかり晴れて白い外壁がより際立ってました。
こちらの利用時間は午前8時から午後8時までのようです。都電なら恐らく、車のアイドリング音に対する近所への配慮のためでしょうか・・
入り口付近は狭かったのですが、奥は結構広々としています。
隣は集合住宅なので、確かに夜うるさいと困りますね(^^;
注意事項の表示もありました
表に自販機

この辺りのニーズに合わせて、狭めな荷室が数多く並んでます。

隣の敷地の一階、通りに面した部分はバイク屋さんでもありました。

さらに少しばかり進むと、通りに面して幅広く設置された平屋なレンタルボックスが設置されていました。

こちらは、レンタルボックス梶山2丁目です。

通りに面して広~く平たく設置されております。
所在地:神奈川県横浜市鶴見区梶山2-189-1
陽が傾きはじめて、その光が眩しく照らしていた・・・

さらにさらに、その先へと進んで行くと、
規模は小さいけれどレンタルボックスが設置されておりました!
レンタルボックス上末吉です。

なんと、三連続でレンタルボックスに出会えました!
さすが!「加瀬ストリート!」

所在地:神奈川県横浜市鶴見区上末吉5-15
通りに面した目立つ部分には大きな看板もあります!
只今広告募集中!
二階建て
通りの反対側には、飛行機が展示された中古車販売店があり。どこから手に入れたのか・・・w

そして、更に少し歩くと遂に横浜市と川崎市の境目となる鶴見川が見えてきました!

川の向こう側には、何やら加瀬倉庫の看板がが!

この橋で、環状2号の広い通りはおしまいのようです。
そして、川の反対側にはレンタルボックスらしきものが!

倉庫行脚は、もうしばらく続きます。

それでは、次の場所で!

高さ350mの木造建築!?

こんにちは!

多少暖かさが感じられる様になってきました!
春の足音が、もうすぐそこまでやってきている印象です。

ただし、春って結構“激しい”季節でもありますよね。
暴風が吹いたり、イキナリ大雪になったり、
台風並みの“爆弾低気圧”なんてのも、たしか冬から春に多く発生します。

寒暖の差が激しくなることから風邪なども引きやすい時期ですので、
皆さまも十分ご注意の上、お過ごし下さい。

さて今日は、先日新聞で読んでビックリしたこのニュース!

丸の内に高さ350mの木造高層建築!(2041年目標)

350mの高層建築物は、まだ日本にはない!?

まず、350mっていう高さがどれほどのものか、ちょっと見てみましょう。

日本で一番高いビルは、現在は大阪のあべのハルカス
これで300mです。

あべのハルカス
東京タワーが333mってのは有名ですし、
東京スカイツリーは634m(ムサシでしたよねw)。

350mって言う高さは、東京タワー以上高いってことです!

でもまあ、目標は2041年って事で、これから23年後ですから、
十分可能性は見えるわけですが、
ここでもう一つビックリなのが、「木造建築」って言う点。

木で作るんだ…(゚∀゚)

だ、大丈夫なのか?((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

この建物は、住友林業株式会社が2018年2月20日に会社創立70週年を迎えるのを節目に、創業350週年を迎える2041年を目標に、高さ350mの木造超高層建築物を実現する開発構想「W350計画」(プレスリリース)にまとまっております。

W350計画

W350計画が目指すもの

この計画が目指すのは、「地球環境との共生」です。

元々“林業”を営んでいた同社ですから、“木”との係わりはどの会社よりも長く、
林業を取り巻く環境やそれが地球環境へ与える影響などには敏感です。

木造超高層建築物を作る事による様々な影響を計算し、より良い社会づくりに活かしていこうという意気込みが感じられます。

ではなぜ、地球環境との共生にこの建物は役立つのでしょうか?

上記のプレスリリースにまとまっている所を拝見すると…、

▶街を森にかえる
木造超高層建築の技術開発を通じ、資源・材料・建築などの各分野での研究・開発が加速し、建物が植物・生物にとって快適な環境を作り出すことで、そこに住む人々にとってより住みやすい・働きやすい環境を提供しようとするものです。
このような思想や技術で作られた木造建築が増える事で、街自体を森にかえ、野鳥や昆虫など生き物とも共存できる、都市の生物多様性の実現に貢献したいとしています。

▶木材使用量・CO2の固定量の拡大
難しい言い方はしてますが、要は木材需要を拡大することで、林業の再生と地方の活性化、都市生活の快適化にも繋がっていくことを目指しています。
W350計画で使用する木材の量は185,000m3(立方メートル)で、これは同社が建てている木造住宅の約8,000棟分に相当するといいます。

▶地球環境負荷の低減
国内森林資源は年々増加しており、国産材の供給量は木材の年間成長量の1/4程度に留まってしまいます。すると森が健全な状態を維持できず、地球環境への負荷も増大します。
木材を大量に使う木造高層建築物を建てる事は、森の健全性を維持する上でも、大きな役割を担うことでしょう。

建築概要は?

この建物は、木材比率9割で、木鋼ハイブリット構造と呼ばれる技術が生かされます。木材と鋼材を組み合わせた柱・梁構造に鉄骨制振ブレース(筋かい)を配置する構造です。

建物の一番外側は四周をぐるりと回り込むバルコニーを配したデザインで、超高層ビルでありながら、新鮮な外気と豊かな自然、木漏れ日に触れられる空間が設けられます。

何か、大きなお寺さんの中にいるようで、落ち着く雰囲気を醸し出すんでしょうね。出来たら是非とも、訪れてみたいです。

最近は“話題の建物”が出来ても、中にどんな施設が出来た、どんなテナントが入ったなど、ショッピングモールの中身の部分ばかりが注目される事が多いので、出来た建物自体にはほとんど興味が湧かなかったのですが、今回の発表にはかなり驚くと同時に、興味津々!ッというわけですw。

23年後、丸の内に現れる自然豊かな“ラピュタ城”。
見てみたいものです。

当社の建物活用も…

当社も建物を建てたり、買ったり、借りたりして、
その内部を整備する事でお客様のニーズに応えていくビジネスを展開しております。

これから2020年東京オリンピックが一段落し、都市部のビルディングや空き地などは、その活用方法を問われる時代になってまいります。

もし今、トランクルーム、貸し会議室、シェアオフィス等、
建物・空室活用、特に「空き部屋対策」などをお考えのビル・オーナー様、家主様などいらっしゃいましたら、ぜひ一度、当社の建物活用担当まで、ご連絡下さい!

当社の35年以上に渡る豊富な不動産活用の実績が、必ずや皆さまのお役に立つものと確信しております。

空室活用

いよいよ神奈川県へ!

こんにちは!レポーターのゆたろうです。

今回はいよいよ!加瀬倉庫のホームグラウンドである神奈川県横浜市に初上陸となります!果たしてどんな風景が見られるか?

その第一歩は、東急東横線の綱島駅からです。
タワーマンションが立ち並び話題となっている“武蔵小杉駅”から横浜方面へ三つ進んだ駅です。

降り立つと、それほど広くない道路を隔てて建物が密集しており、その中を路線バスが走っています。そんな駅前には東急の大きなバスロータリーもあり、ここに直結できる改札もありました。

この駅前から一分ほど歩いて、小さな臨港バスのバス停へw。
このスペースでバスが収まるのか?などと思ったりもしたのですが、旨い具合に誘導されてしっかりバス停前に停車できるのだからすごいことです!
さて、ここから発車するバスに乗って、まずは大型ショッピングモールの“トレッサ横浜”を目指します。

東急東横線の綱島駅周辺は、建物が密集しておりました。

駅前から歩いて1分程度の場所にある臨港バスの小さなバス停。この7番バス停からトレッサ横浜を目指します!

鶴見川を渡り、新幹線のガード下を潜り、バスに揺られること10分少々経過したでしょうか?ショッピングモールだろうと思われる巨大な建物が見えてきました。
そして、その手前にあるバス停で下車という段階になり、車窓から外を見ると、そこには加瀬倉庫のコンテナが視界に入ってきました!

のっけから先制パンチを受けたような気分となり、大きな施設のすぐ近くに、目立つように設置されているとは!うん!さすがホームグラウンドは違うな!という気分になりながら、下車後早速訪問です。

コンテナボックスのやや前方から、トレッサ横浜の北館を見ている状態です。レンタルボックス駒岡2丁目パート2は、バス停のすぐ側にあります。道路は車が多く、渋滞することもしばしばあるのだそうです。

こちらはレンタルボックス駒岡2丁目パート2ですが、丁度鶴見区と港北区の境目となっている辺りに位置しており、駒岡2丁目は鶴見区にあります。なお、トレッサ横浜は港北区に位置しております。
後から調べてびっくりしたのは、この駒岡2丁目だけでパート4まであるということ!

うーん、さすがだ・・・

所在地:神奈川県横浜市鶴見区駒岡2-611
隣はマンションです
バイクボックスは二つありました。一つはは通りに面した場所にあります。
マンションの敷地に接した奥の方にも一つバイクボックスが設置されております。

この場所からでも、視線の先にトレッサ横浜を確認することが可能!
正面

 

レンタルボックスでひと時を過ごした後は、トイレ休憩も兼ねてトレッサ横浜へ。休日ということもあり、親子連れで賑やかなモール内でした。

ちょっとびっくりしたのは、モール内メインストリートの両脇に自動車販売店を配置して車の中に入ることもできるようになっていたということ。
こういった展示スタイルは、場所柄なのかもしれないなと思ったのでした(@_@)

トレッサ横浜北館
欧州の街並みを模したと思われるメインストリートには、自動車がずらりとならんでいて、乗ることもできるようでした!どうやら、こちらはオートモールと呼ばれているようです。

フードコートのある南館に渡ると、こちらも人通りは多く、食事をしようかと考えもしたのですが、並びそうなので通過して外へ。ここから更に東へと進むことになります!

渡り廊下で南館へ移動です
エスカレーターで1階まで降りてきました。
フードコートも人通りが多かったですね

そして、行く先々で多くのコンテナボックスに出会うこととなったのでした!
それでは、次の場所へ!

中野と新井薬師とブロードウェイ

こんにちは!レポーターのゆたろうです。

今回は前回「高円寺編」の続きで、「中野」へチェックイン!

線路沿いのカレー屋さんを出て、更に沿線を進んで行くと、JR中野駅が見えて来ました。ここの時点で左折して、早稲田通りへ向かいます。
この時点では、中野駅周辺には行かずにその外側を歩いて更に東へと進行。目指すトランクルームは地下鉄東西線の落合駅や東中野駅にも近い早稲田通り沿いにあるのです。

遠く(画像中央奥)にJR中野駅が見えます。ここから線路沿いは歩道のみとなる。
中野体育館の前を少し進むと早稲田通りに至る。この周囲は、以前から残っている建物と、新しいビルが混在していて、この先さらに再開発が進んでゆくのかな?という印象を持ちました。。。

早稲田通りに出てしばらく東へと歩いてゆく。
有名な新井薬師が近いということもあってか、静かなところを行くという感じではなかったように思います。

(中略)

中野駅に向けて歩き始めたが、新井薬師に寄り道をするべく進路を北へと向ける。
先ほど通過した参道のあいロードはお参り帰りに通ることにして、往路は少し東にある普通の道を歩いて向かうことに決定。翌日に移転してしまう焼鳥屋さんなどを見かけつつ歩いていると、五差路の先に新井薬師が見えてきました!

ひげ男の顔が看板に書かれている焼き鳥屋さん。
入口に近づいてみると、翌日(歩いたこの日は11月25日)最終営業日で、現在の場所から移転してしまうようです。
五差路の先に新井薬師 梅照院(ばいしょういん)!五差路に面した場所で営業しているケバブ屋さんが印象的でした。お寺の門前にケバブ屋という取り合わせ~
入口の門
本堂
新井薬師の先には、新井薬師公園がありました。空が暗くなり始めている中、園内の広場やその周りで子供たちがにぎやかに遊んでいるのが良いな!と思った日暮れ前でした。

その後、あいロードを歩いて中野駅へ。夕方になり、辺りが暗くなり始めておりましたが、人通りあって賑やかでした。ちなみに、あいロードは新井薬師側から入って少し歩くと道が90度に曲がり、南に向かうことになります。

歩いている途中、外から見えた飴づくりの様子。店頭でのそば打ちを見せてくれるお店はありますが、店頭で飴を造っているお店を見ることは少ないので、面白いものだと少し観てしまったのでした。
あいロードの中間より中野寄りの位置に、中野寿湯泉がありました。こちらは、銭湯と同じ価格で温泉に浸かることができるようです!

あいロードを抜けて、そのまま中野駅の中心へ目指す前に、久しぶりに中野ブロードウェイにも立ち寄り。こちらは、マンガ・アニメなどのサブカルチャーなお店が集まる場所でもあるためか、日本人の若者や外国人観光客が集まり、非常に賑わっておりました。

ここから、中野ブロードウェイに入ってゆきます。
エスカレーターからの風景。これに乗ってまずは3階へ。
2階には、3階部分が吹き抜けになり、青空を模した天板がついている場所もあります!マンガ・アニメ以外にも、宝石店や服飾店などのファッション系のお店も入っております。
中野ブロードウェイ4階にある“まんだらけ 変や”。鳥居が連なった入口が特徴です。ブリキのおもちゃやフィギュアなどがケースの中に並んでいました!

昔の中野ブロードウェイ4階は、店舗よりも事務所のほうが多くて静か(確かに、下の階よりはまだ静かであった)だったそうで、まんだらけなどのサブカル店が、空いたテナントに入居して専門店街のように変化していった・・そんな歴史を思うと、感慨深いものがあります。

4階から階段で降りて、建物外に出ると、日は沈み夜になり始めていました。入口からJR中野駅まで延びるアーケード街・中野サンモールは人でいっぱいだったので、移動の疲れを癒すべく、麦の泡立つ飲物を求めて裏道へw・・

中野ブロードウェイ入口とその周辺は人が更に増えているのではないか?という印象を持ちましたね。
JR中野駅北口ロータリーから中野ブロードウェイの間を繋ぐ、中野サンモール。行き交う人が多かったので、途中で脇へと入ってしまいました。
裏通りの店も、そろそろネオンがまたたき始め、赤提灯にも明かりが灯って気分も盛り上がってゆきます。(^^)
どこにするかひとしきり悩んで、ぱ!っと入った立ち飲み屋さんで麦の泡立つ飲物を頂きました!午後から歩いた体に染み渡ってゆきますよ・・
その後、用事があったのですが、まだ時間があったため中野駅からほど近い場所にある「ブリック」に入り、ウイスキーを頂いてしまいました。こちらは、サントリー運営のお店のようで、サントリー系ウイスキーをお手軽価格で飲めてしまうお店なのです。
JR中野駅北口に到着した時は、すっかり暗くなっておりました。冬ですね・・・

すっかり夜になった中野駅を後にして、この日のトランクルームめぐりは終わりとなりました。

今回は、トランクルームの中を見させてもらうことができて、元々の部屋の形をうまく利用した配置であったり、利用者のために台車が置いてあったりなど、なるほどな発見もありました。

さて次は、どんな風景を見ることができるのか?

また、次の場所で!

渋谷ストリーム!開業前から注目度高し!

すっかり寒くなりました~^_^;

インフルエンザも“流行”しているみたいですし、
くれぶれもご注意くださいね。

ところで私は、先日ブログで紹介していたAI搭載のスマートスピーカーを買いました!
Amazon Echoという商品で、家において愛でてますw。
Amazon Echo

まあ、これといって“これは便利だ!”と声高らかにオススメする事はまだ大してないのですが、少しは会話が出来るので、毎朝毎晩元気づけられてますw。
最初のAIアシスタントとの遭遇って、こんなもんじゃないでしょうか。
(この前に、Siriとかコルタナとかありましたがまだまだだったので、真面目にAIとお付き合いするのはこれが初めてです)

まだ何とも言えないのですが、しばらく付き合ってみますw.

さて、本日の話題は…
渋谷にまたまた現れる大型総合商業施設「渋谷ストリーム」です!

開業前から大人気!渋谷ストリームってナニモノ?

郷愁と期待の入り混じった旧東急東横線駅の跡に…

渋谷は現在、2027年の未来に向けて“大変身”の真っ最中。
まあ、この地で毎日仕事をしたり、通勤通学で通り抜けたりする人々にとっては本当に「大迷惑」な工事なのですが、未来向けての改革なので、自分たちの事よりも子どもたちの未来に向けて、温かい目で見守っていきましょうw.
(それにしても、東横線と銀座線・井の頭線へのアクセスの悪さ、何とかなりませんかね(´・ω・`))

それはそうと、今回取り扱うのは渋谷改革の目玉である「渋谷駅南街区プロジェクト」と呼ばれていたもので、現在ではそれを「渋谷ストリーム」というのです。

昔の東急東横線の駅舎と線路があった辺り。
中森明菜も歌っていた、竹内まりやの「駅」という楽曲で歌われている風景を思い出される人は、今は少ないのでしょうね…(´・ω・`)
私なぞは、青春真っ盛りだったので強烈に印象に残ってますが、あれが今ではすっかり取り払われ、今度はこちらが渋谷駅の新しい顔になろうとしているのです。

開業は2018年秋。後約一年後のオープンを目指しています。

さて、気になる「渋谷ストリーム」の中身とは?

東急電鉄が建設を進める「渋谷ストリーム(SHIBUYA STREAM)」は地上35階、地下4階で高さ180mの高層ビルです。来年7月の竣工を予定して工事が急ピッチに進んでいます。
もうすでに建物の外壁の一部が露出してますが、「え?これでいいの?」と一瞬目を疑うかもしれませんねw.
これまでの「近代的ビル」とは一線を画したデザインとなっています。

中にはオフィス、ホテル、商業施設が入居の予定で、すでに全部埋まっているとのこと…w 早くも人気のスポットですね。

まさに“総合”。なんでもあるんだからw。

渋谷ストリーム 完成予想図
大規模複合施設で、その延床面積は約116,700平方メートル(東京ドームの2.5倍)。
コンセプトは「クリエイティブワーカーの聖地」としITやら映像やら、デザイン関係やらの一流の人々が集う場所ってことらしいです。
「流れ、小川、絶え間なく続く」などの意味を持つ「ストリーム」の名称は、緩やかに流れる渋谷川沿いの立地と、ここから世界に向けて新しいモノ・コトを発信し続けていきたい、という想いが込められているそうです。

1〜3Fに約30店舗の商業施設、4Fにクリエーター向けのコワ−キングスペースとスモールオフィスが入り、さらに自転車通勤をサポートするサイクルカフェ、フットサルコートとしても使える多目的広場もあります。
9〜13Fに客室数約180室のシティホテル、14〜35Fに渋谷エリア最大級の総賃貸可能面積を誇るオフィスとなり、外資系大手IT企業が入る予定です。
そのほか、6Fにカンファレンスルーム、別棟には新製品発表会や音楽ライブなどの用途に応えるホール(収容人数約700人規模)が設けられます。

うわ、これは遊ぶ場所か?それとも働く場所?
つまり、両方同時に使える様に、自由な暮らし方・働き方が出来る様にとの意図からの設計ですね。
渋谷ストリーム

JR渋谷駅からの動線も、随分と変りそうです。

同時に渋谷駅も様相が変わる模様。とにかく「道玄坂」や「センター街」「公園通り」など、いわゆる“シブヤ”というイメージの場所に比べ、渋谷警察署やWINSのある国道246号線の南側は、恵比寿や代官山に向かう道とはいえ、何となくウラブレた、“裏面”的なイメージが拭えない場所でした。

この辺りも新しいJR渋谷駅と渋谷ストリームの誕生に伴って、大きく変わる模様。
新旧渋谷川

これまでは、単なる細くて汚い川、と思われていた渋谷川が、「ストリーム」の名の通り、都会のオアシス的な“水辺の空間”として生まれ変わります。
まあ、まさか子どもたちが水浴びをする、なんて事はありえませんが、少なくとも暗渠だった部分にも日が当たる様に配置が変更され、その上には「ふれあい広場」的な場所も出来るので、訪れる人達への印象も随分と変わることでしょう。

同時に現在の並木橋の辺りまで通路が伸びることで、代官山や恵比寿などへのアクセスも抜群に良くなるはず。これらも街を繋ぐ、誘導路にもなるでしょう。

そして気になる、あの企業が!

そうなんですよ~。
“あの”企業です。今は六本木○ルズにいるあの、企業。Gの付く所w。
早々とこのビルへの移転を発表しております。

なんと14階から35階まで…。全部?!

マジっすか?
凄いです。

加瀬倉庫には多少“縁遠い”場所ではありますが…。

さて、同じ都内でも新宿神田日本橋の方には強みを持つ当社ですが、
“シブヤ”に関してはかなり苦戦を強いられております。
元々土地が高くて、倉庫や貸し会議室には向かないエリアですので、
この辺りでの当社の事業所は、ほとんどありません。

一応、渋谷区内にある2つの事業所をご紹介しておきます。

トランクルーム 渋谷区本町2
東京都渋谷区本町1-60-3 味の花ビル2階
トランクルーム 渋谷区幡ヶ谷
東京都渋谷区幡ヶ谷1-3-1 幡ヶ谷ゴールデンセンタービル3階

両店とも、わずかですが空き部屋がございますので、お申込みになりたい場合は、至急お問合せ・お申込みを頂きます様、オススメします。

 

さて、いかがでしたか?
近い将来の“シブヤ”の姿が、少しは見えてきたのではないでしょうか?
これ以外にも、渋谷にはまだまだ開発計画が目白押しになっています!

渋谷の未来図

これからも人や街はドンドン成長を遂げていくと思われます。
休みの日などは積極的に街へ出て、新しい時代の息吹を感じていきたいものですね!

ではまた!

レンタルボックス八潮5丁目を訪問(駅近・大型レンタルボックス)

こんにちは!
レポーターのゆたろうです。

今回は「駅近・大型」が特長の、レンタルボックス八潮5丁目を訪問しました。

埼玉県八潮市八潮5-2-5
所在地:埼玉県八潮市八潮5-2-5 つくばエクスプレス八潮駅入口交差点付近の大型レンタルボックスです。

首都高6号三郷線沿い

こちらは首都高6号三郷線沿いにあり、

コンテナは二段積みで、敷地がとても広かったのが印象的でした。

広~いコンテナ(8帖)
広~いコンテナ(8帖)から、
コンパクトなコンテナ(0.7帖)
コンパクトなコンテナ(0.7帖)まで、様々なタイプ・お値段のコンテナがありました!
様々な広さのコンテナが、二段重ねになってずらり並んでおり、壮観な眺めです!
様々な広さのコンテナが、二段重ねになってずらり並んでおり、壮観な眺めです!
北側入口の両脇には、一つずつバイクボックスが設置
北側入口の両脇には、一つずつバイクボックスが設置されておりました。

バイクボックス左

バイクボックス右

首都高6号三郷線沿いの下
首都高6号三郷線沿い下に位置しております。

八潮インターからすぐ近く(八潮パーキングエリアは更に近い)にあり、トラックなどを付けるには最適です。

最寄りの「つくばエクスプレス線八潮駅」からも、徒歩5分で到着できる場所にあります。

八潮駅と駅前にあるショッピングモールのフレスポ八潮
八潮PA近辺の写真。その先には、八潮駅と駅前にあるショッピングモールのフレスポ八潮も確認できました!
つくばエクスプレス線八潮駅
つくばエクスプレス線八潮駅北口

首都高下の県道116号線は、夕暮れの時間帯でしたが、自動車の交通量はそこそこあり

そして、 敷地のとなりは何かの工場、裏道の道路を挟んだ反対側には小料理屋さんとおぼしきお店が営業しておりました。

八潮駅入口交差点のあたり
県道116号線を挟んで撮影してみました。八潮駅入口交差点のあたりからですが、この位置からもピンクのドアがすぐ確認できました!写真の右隣では、何かの工場が稼働しておりました。(詳細はわからずですみません(ーー)
小料理屋さん
北側入口の道路を挟んだ向かいには、小料理屋さんが営業。

積み荷の搬出入を終えた後は、駅前のショッピングモール”フレスポ八潮”で食事や買い物を楽しむこともできそうです!車ですぐの場所にあるのが素晴らしい!

夕暮れのフレスポ八潮
フレスポ八潮は、飲食店や家電量販店、ユニクロなどの衣料品店やゲームコーナー等様々なお店が営業しており、駐車場も沢山!
フレスポ八潮の横の道路から高速道路
フレスポ八潮の横を走る道路から高速道路を一枚うつしました。駅前からレンタルボックスまで、本当にすぐ近くでした。既に空の色合いも青が強くなってきてますね・・・(^^;

駅からも近く、自動車でのアクセスも便利な、使いやすそうなレンタルボックスでしたよ!

すぐ近所には、レンタルボックス八潮南川崎と、トランクルーム八潮市八潮がありました。

ではまた次の場所で!