JR小岩駅北口のトランクルーム

こんにちは!レポーターのゆたろうです。

ここ最近、寒さ一段と厳しくなってきましたがいかがお過ごしでしょうか?

私は、寒さに震えてます。
ここから数か月の間は、トランクルームやレンタルボックスを巡ってカメラのシャッターを押すのがちょっとつらい季節になるので、少し困りものです。(^_^;

さて、今回はそんな寒い冬の到来を感じさせられた日の夜に巡った小岩駅前のトランクルームをご紹介いたします。

小岩方面に用事のあった帰り、夜になり寒さが増してきたJR小岩駅の北口におり立ちます。

駅を出ると、目の前の通りを挟んだ先にはイトーヨーカドーの建物が存在感を出しておりました。

その周囲は、駅から出て家路を急ぐ人と電車に乗って移動するために駅に入ってゆく人とが行き交っております。

改めて目的のトランクルームまでの道程を確認すると、駅からはかなり近いようで、大きな通り沿いにあるのが確認できました。蔵前橋通り沿いの建物に入居しているのでしょう。

ヨーカドーの隣からは、奥に延びている通りが見えました。この通りの入口辺りで駅の写真などを撮影していると、ちょくちょく車がやってきては、駅とヨーカドーの間の道に曲がってゆきます。タクシーもやってきておりました。

この通りから、蔵前橋通りに向かって進んでゆく事にします。

小岩駅北口です
駅北口の向かいには、イトーヨーカドーが営業しておりました。
駅前から延びるこの通りを進んで、蔵前橋通りに向かいます!

通りを歩く人通りは、さみしくない程度にあるくらいですが、街灯が明るめで安心感がありました。飲食店の灯りもいくつか確認できますが、前回の西新小岩同様少し遅い時間からスタートなので、まずはトランクルーム訪問を先に済ませることにして、先を進みます。

とはいえ、飲食店には入らなかった代わりに中古のDVDが店頭に並んでいるのを見て、つい5分ほど足を止めてしまいましたが・・w

5分後、我に返り先を進んでゆくと、すぐに蔵前橋通りに到着です。中古ショップの写真は撮り忘れてしまいました、すいません(--;

商店街は、それほど人通りはありませんでしたが、街灯明るく安心感がありました。
歩き続けると、蔵前橋通りが横切る交差点に到着です!

ここでもう一度地図を確認すると、この辺りにトランクルームがあるようです。どこだろう?と、顔を見上げてきょろきょろしながら通りを東に歩いていると、ビルの袖看板に”加瀬のトランクルーム”と書かれたおなじみのカラーリングがすぐに目に入ってきました!w

トランクルーム江戸川区西小岩に到着です!

通りも広く、とても見やすい位置にあるのでトランクルームの所在がすぐにわかります。ビルの7階に入居しておりました。(^o^)

早速カメラを向けて撮影をしましたが、早く入口まで行きたくて焦ってしまったか、ブレブレ写真になってしまったのに気づかず、そのまま道路を渡ってしまったのでした・・もっと腕を上げなくてはいけないですね(ー_ー;)

所在地:東京都江戸川区西小岩4-1-22     トランクルームの入居しているビルは、交差点のすぐ側にありました!
ビルの袖看板には、しっかり“加瀬のトランクルーム”と書かれたお馴染みのカラーリングがよく見えました!画像はブレブレですが・・どうもすみません(;_;)

ビル1階は接骨院が営業しており、その脇の通路から奥にあるエレベーターに乗って7階へと向かいます。

ビル入口には、液晶パネルのデジタルサイネージが設置されており、このビルに入居しているテナントさんの宣伝映像が流れておりました。もちろん、加瀬のトランクルームも綺麗な映像が流れます!

この映像も写真に納めたい!ということで、二巡ぐらい時間をかけて加瀬のトランクルームの写真もちゃんとゲットできました!少し時間を使ったかいがあるというものです!ww

エレベーターを降りると、すぐ脇にトランクルーム入口がありました。

こちらは、抑えた色調の黒っぽいドアで、周囲の壁もグレーが良い雰囲気を出していて、綺麗で良い感じです。PC版HPの案内図を見ると、部屋数もそこそこあるようですね。(*^_^*)

エレベーターの向かい側に階段があるので、帰りはそこから降りてゆく事にしました。

途中、インターネットカフェの入口を通り過ぎましたが、外に掲示されていた値段表を見ると、一晩明かすにはお手頃な価格のように感じられました。こりゃこっち方面で終電を逃したら助かるかな?なんて頭がよぎったのは、忘年会シーズンだからなのかもしれません。(笑)

 

入口の液晶パネルには、入居テナント紹介が映し出されておりました。もちろん、加瀬倉庫のトランクルームも表示されます!その奥にあるエレベーターで、7階にむかいます。
エレベーターを出たすぐ横に、トランクルームの入口があります。
ドアの左側に、カードリーダーが設置されております。
階段を降りてゆくと、5階にはインターネットカフェが入居しておりました。ドアの脇に掲示されている値段表を見ると、結構お手頃な価格のようです。(^_^)

トランクルーム江戸川区西小岩を後にして、駅へと向かいます。

交差点の先、新小岩方面を見ると大きな標識に二股に分かれた矢印が書かれているのが見えました。どうやらここから少し先のところで、奥戸街道と分岐するようです。

あの暑い日をちょっと思い出しました・・・w

そのようなことを考えながら、先程通った商店街を歩きつつ食事できそうな店は無いかときょろきょろ探していたのですが、いくつか候補があった中に少し気になったラーメン屋があったのですが、お客さんが店内に多かったので入店を断念してそのまま駅へと向かうことにしました。

折角だから、駅の南側にも足を運んでみようか?ということで、駅の通路を抜けて南口に出ることにしました。

途中、なぜか力士の像が構えていて、目立ちます。近づいてみると、”栃錦”とあります。この、小岩ゆかりの力士だったのですね。(^_^)

蔵前橋通りを新小岩方面に進むと、すぐに道が二股に分かれるようです。
商店街を駅へと戻ります。飲食店も結構営業しておりました。
JR小岩駅の南北通路には、栃錦の像がありました!小岩にゆかりのある方なのですね!(*^^*)

力士像を過ぎて南口に出ると、こちらは広いロータリーがあり、中央にはイルミネーションなどもディスプレイされていて、綺麗でした。その先には商店街もあるようです。

しかし、私はそちらへ行く前に左を見てしまったのです・・

そこには、少し怪しげな、気になる細い横丁の入口がぽっかりと見えたのでした(^^;

急に夜風が冷たく感じて、何だか暖かいものを飲みたい気分になり、ふらふらとそちらに足が向いてしまいますww

ちょっと写真撮影するにはしげき強めなところもあるかな?という風景の中、奥へ奥へと進んでゆくと、気軽に飲めそうな居酒屋さんがあり、そこに入って打ち上げということで、当初の食事は忘れてしまい、冷えた体を暖めるためにお湯割りを飲んでしまったのでしたwww

駅の南側は、目の前にロータリーがあります。きらびやかな電飾も見えました!
南口から脇の方に歩くと、すぐに気になる横丁を発見です(笑)
奥へ奥へと進んだ先の居酒屋さんで、焼酎を頂きました。寒い夜だったので、お湯割りですw

前回に続き、またも居酒屋締めになりましたが、すっかり暖まってこの日を終えることができました!予定よりも少し小岩を離れるのが遅くなりましたがw

これから更に寒い季節となってゆきますが、寒さに負けずに巡ってゆきたいものです。

そして、小岩と新小岩周辺の物件も残すところあと一つ、環七通りに近いトランクルームを残すのみとなりました!地図を見ると、JR小岩駅と新小岩駅の中間ぐらい、若干小岩よりの場所にあるようなので、どこかの機会で訪問したいですね!

それでは、次の場所で!

西新小岩”久々のレンタルボックス”

こんにちは!レポーターのゆたろうです。

以前、JR新小岩駅周辺にあるレンタルボックスを3回に分けて訪問してきましたが、今回は最後に残った恐らく駅から一番遠いであろうレンタルボックスを訪問いたしました!

季節は晩秋、すっかり寒くなった新小岩駅前の北口に出て、そこから北へ北へと向かいます。

夜の新小岩駅北口は、未だ工事中の駅舎入口から多くの人々が吐き出されて、吸い込まれれていました。

駅前から延びる北口商店街も、行き交う人々が多く、その中を蔵前橋通り方面へと進んで行きます。飲食店の灯りが強く照らしておりました。

沢山の人が出入りする新小岩駅北口は、まだ工事が続いておりました。
新小岩駅北口の商店街は、夜も人通りが多かったです。

商店街をまっすぐ進んで行けば、以前も通った新小岩陸橋に到着です!

あの晩夏の日は、斜めに延びる緑地帯公園を進んで隣接する二つのレンタルボックスを訪ねましたが、今回は更に直進するような感じで、立石・四ツ木方面へと延びている“平和橋通り”を進んで行きます。

地図を見る限り、この通りをしばらく進んだ先にある中川に架かる平和橋の近くにあるようです。結構な距離が有りそう・・・(゜_゜;)

意を決して通りを進んで行くと、すぐに周囲は暗くなり、車のライトが周囲を明るくするばかりでした。そんな中でも、駅周辺と比べればかなり少ないですが、そこそこの人通りがあり、私と同じ中川の方向へと移動しておりました。

北口商店街を歩いて、再び新小岩陸橋迄やってきました!以前は写真右寄りの緑地帯公園を入っていきましたが、今度は写真左側の平和橋通りを中川方面に進んでゆきます。
地図を見ると、中川河畔の近くにあるレンタルボックスまでは距離がありそうです。(^^;
途中で陸橋方面を振り返ってみました。多いわけではないですが、同じ方向を歩いて行く人はそれなりにいる印象です。

平和橋通りは、結構広い通りながらも周囲が住宅地であるためか、かなり静かで、車が通り抜ける音がよく響いてゆきます。

そのような中で、一軒二軒とラーメン屋や居酒屋などの飲食店が周囲を明るくしているので、お腹もすいていることだし入ってしまおうかな?などという思いも浮かんできます・・が、到着したのも遅い時間なので撮影優先ということで更に進みます!

印象的だったのは、不意に歩道の横に“千代の橋”と懸かれた橋の欄干が残されていたこと。平和橋通りを横切る細い道路が、かつては小川であったことを想像させるちょっと面白い風景でした。

歩いている途中で、”千代の橋”と書かれてた橋の欄干が通りの脇にありました。今は細道となっているけれど、おそらくはこの大きな通りを横切るように小さな川が流れていたのでしょう。
まだまだ、先に進んでゆきます(^^;

更に更に進んで行くと、どんどんと周囲が暗くなってちょっと心細くなってゆきますが、勇気をもって(笑)先を進みます。

天祖神社前と書かれた信号に到着すると、道の先が登り坂になっているのが見えました。どうやら中川が近いようです!

信号を越えて、コンビニを過ぎる辺りになるとよりハッキリと坂が見えてきました!

そして、その手前左側に、久しぶりに見かける“加瀬のレンタルボックス”の看板!今回の目的地である“レンタルボックス西新小岩”に到着です!

この辺りまで進んでくると、元々静かだったのが更に静けさを出していました。写真は明るくしておりますが、実際は結構暗いです(^^;
天祖神社前の信号、この横断歩道から右斜め前方に神社がありました。
平和橋通り沿いからも神社の鳥居を確認できます。
天祖神社前信号を更に先に進んでゆくと、橋の入口が見えてきました。見ての通り結構暗い夜道ですが、それでもある程度の人通りがあり、橋に向かって歩いておりました。なお、照明で真っ白になってしまっている建物はコンビニのセブンイレブンです(^^;
セブンイレブンを越えて橋の入口前まで歩くと、上り坂になりかけたところで、レンタルボックスが見えてきました!

川沿いのレンタルボックスということで、規模は小さいのかな?と想像していたのですが、訪ねてみると結構広く、奥行きがありました

手前のバイクボックスが青ではなく白色というのが印象的でした。以前に一度見たか見ないかぐらいの珍しさです。

2階に上がることのできるタラップは奥に2台設置されており、ここから手前に向かって引っ張ってゆく形になっています。

広い道路側から見えない位置に、一部分だけおなじみのピンク扉のレンタルボックスがあったりします。w

所在地:東京都葛飾区西新小岩5-15
入口近くには、バイクヤード2台設置。
敷地奥から振り返って撮影。結構奥行きありました。
敷地のやや奥にタラップが置かれております。
一番奥にもタラップが設置されており、こちらでは2台が稼働しております。
不法投棄厳禁!一番多くのマンションと敷地を接しているところに掲げられております。勝手に捨てては勿論いけません!
タラップ上からの景色、奥にピンクの扉な一角が目立ってました。表通りからは見えないですがw
タラップから中川方面を見ました。この場所が川のすぐ近くにあることが判ります。手前の灯りが強いせいで、奥が見づらくなってますが・・(^^;
レンタルボックスの隣の敷地も、よくあるパターンで、コインパーキングとなっております。ちなみに、更に隣は小さな公園でした。

レンタルボックス西新小岩を離れて側にある平和橋から中川を眺めました。

以前、奥戸のレンタルボックスから歩いて立石方面を目指したときに渡った場所と比べて随分川幅が広いなと感じて、暗い曇り空が更に広さを強調している様でした。荒川の先には、綺麗に光る東京スカイツリーが見えます。

交通量はそれなりにあるので、車の通りすぎる音は良く聴こえてきますが、暗い川の水面からは何の音もなく、静けさを強く感じます。

橋の対岸に渡ってそのまま違う駅に行こうかとも考えましたが、この先にある京成押上線の四ツ木駅や立石駅までは随分と距離があるようだったので、新小岩駅までの道のりを引き返すことにしました。(^^;

橋を離れて駅まで歩き始めると、すぐに背後からバスが追い抜いてゆきました。行き先表示を見ると”新小岩駅”の名前があり、視界の中にバス停もあったので、少し疲れたし飛び乗ってしまおうか?などと考えたのですが、急にバス代が惜しくなり、結局乗らずに歩き続けることにしたのでしたw

レンタルボックスのすぐ先にある中川からは、東京スカイツリーも見えました!
平和橋の上
この先をずっと進んでも、鉄道の駅(京成線の駅)に辿り着くには時間がかかりそうだったので、引き返すことにしました(ー_ー)
以前、奥戸のレンタルボックスから立石方面に向かった際に渡った場所と比べて、川幅がかなり広くなったような感覚になりました。実際広いかも・・・
引き返して、新小岩駅を目指します。
平和橋通りには、新小岩駅から綾瀬などに向かうバスがあったのですが、この新小岩駅に向かうバスに走って飛び乗ろうか一瞬迷ってしまいましたよw 結局徒歩を選択しましたがw

バスに乗らなかった代わりに、レンタルボックスに向かっているときに見かけた神社にお参りしてみました。思い返してみると、レンタルボックスやトランクルームに立ち寄った後などに結構お参りしてますね。(@_@)

その後は、もと来た道をひたすらまっすぐ歩いて駅まで向かいましたが、帰りは最初ほどには遠い感覚は無くなっておりました。気づいたら新小岩陸橋までたどり着いていた感じでしょうか?(^^)

徒歩で帰る道すがら、天祖神社でお参りしました。
歩き通して、新小岩陸橋までたどりつきました。。とはいえ、一度通ったためか往路よりは時間がかからなかった感覚があります。(^^)

陸橋を潜り抜けて、駅前の商店街に戻ってみると、最初に降り立った頃よりは人通りが減っていて歩きやすかったです。一部店仕舞いしているところもあり、居酒屋の灯りがより目立っていました。

商店街とその東側にある平和橋通りとの間の横道にもいくつかの居酒屋さんの灯りが見えて、寄り道したい気分になってしまいます。歩き疲れてしまったしw

新小岩の北口商店街も、戻ってきたころにはさすがに人通りが少し減っておりました。
商店街から更に横道に入った場所にも、居酒屋さんが軒を連ねておりました。
居酒屋以外にも、蕎麦屋もありました。何を食べようか・・?(^~^;

蕎麦屋さんで軽く食べようかとも考えましたが、結局居酒屋さんに寄り道してお酒飲んでしまいました!店内は沢山のお客さんが飲んでいて、賑やかな雰囲気の中でこの日の打ち上げとしたのでした。w

そんなわけで、この日は電車に乗る前に居酒屋さんに入って生ビールを一気に飲んでしまいましたw 歩き疲れていたこともあったのか、おいしかった!(*^o^*)

この、レンタルボックス西新小岩を訪問したことによって、新小岩駅周辺に設置されていたレンタルボックスは全て訪問したことになります!

残りは、夏の暑い季節に訪問してなかったトランクルームが残るのみとなりましたが、こちらも機会があれば訪問したいところです。駅から結構遠いですが・・(^^;

それでは、次の場所で!

町屋駅前で急な下車

こんにちは!レポーターゆたろうです。

京成線に乗って出かける用事があり、その帰り道に電車遅延に巻き込まれてしまいました!ダイヤ大幅乱れまくり・・・(-_-;)

各駅停車に乗って上野方面に向かっていた時だったので、以前別の用事で通りかかったトランクルームの事を思い出し、ついでなのでその最寄り駅である京成町屋駅に降り立つことにしました!

その時はまだ明るい時間帯でしたが、あまり時間が無くてトランクルームの入っている建物を確認するくらいしかできなかったので、今回改めて訪問するような形となります。(^^;

既に夜となった京成町屋駅を東口に出て、線路沿いを数分新三河島方面へと歩いて行きます。藍染川通りという名前がついておりましたが、かつてはこの辺りが川で織物への染色が行われていたのでしょう。

と思って検索してみたら、やはり線路沿いに水路(藍染川)として存在していたようですね!この川に限らず、この辺りには多くの人工の川(水路)があったようですが、最初の東京オリンピック(1964年)前にほとんど姿を消したようです。

「藍染川」:荒川区ホームページ

駅東口の側には都電の線路があり、横断歩道を渡った向かい側や、通り沿いには飲食店が多数営業していて、そこそこ明るかったです。(^^)

京成線町屋駅の東口です。電車が通過するところです。

    東口を出て線路沿いの通りを少し南下します。こちらの通りは”藍染川通り”という名前のようです。かつては、この辺りは川だったようですね。
藍染川通りを進んでおりますが、駅に近い通り沿いは飲食店、特に飲み屋さんが多いようですw

そんな明るめな通りも、1分程度南下すると急に住宅地となり、一気に静かで灯りも少なくなりました。その中を更に1分ほど進むと、ローソンストア100が見えてきます。

このお店の横から続く細道を入ってすぐの場所に、目指すトランクルーム荒川区荒川があります。明るい時間帯なら、細道の入口から加瀬倉庫カラーの看板を確認することも可能です。

飲食店が並んでいた辺りから少し進みましたが、住宅地エリアに入ったようで、一気に静かになりました。目指すトランクルームは近いです。
ローソンストア100町屋店の横道入ってすぐの場所に、トランクルーム荒川区荒川があります。
以前、まだ明るい時間に撮影したものです。この横道の入口からも加瀬カラーの看板を確認することができます。

通りを入ってすぐの場所にあるトランクルーム荒川区荒川は、一階部分右側の真っ赤なドアが入口となっており、とても目立ちます。以前青砥で見かけたトランクルームも真っ赤なドアで暗い夜道でもすぐにそれと判別できました!

なお、左側の白い扉はこちらのビルに入居している別の会社さんの入口のようです。

所在地:東京都荒川区7-36-1 建物1階です。他は、一般会社さんのテナントとなっております。
左側は、入居している会社さんの入口です。※以前、まだ明るい時間に撮影したものです。
右側の目立つ赤い扉が、加瀬のトランクルームです。ドアにしっかりと書かれておりますね!
こちらは、ドアノブに設置されたテンキーにパスワードを入力して入館する方式のようです。

 

トランクルームを離れて、京成町屋駅まで引き返してきました。駅西口を出てまっすぐ歩くと、都電荒川線の町屋駅前停留所はすぐ近くにありました。

こちら側は高層マンションが立ち並んでおり、駅周辺の中では西側がメインのような印象でした。都電停留場となりのビルには、サンポップ町屋というショッピングモールもあり、この地下からは東京メトロ千代田線の町屋駅にもゆく事ができました。※写真が撮れていなかったようで、写真はありませんすみません・・m(_ _)m

都電荒川線の町屋駅前停留所です。
この日は、帰りに飲んでしまいました(笑)

写真を撮影したつもりで写真データが無かったのは、空腹で食事したかったのもあって慌てていたからなのかもしれません。(^^;

今回は、立ち寄って食事・・というよりも飲み屋に入って酒と刺身を頂くことにしてしまいました!重ねてどーもすみません!m(_ _)mm(_ _)m

各地のトランクルームやレンタルボックスを訪問するために地図を眺めておりますが、各駅停車しでしか降りることのできない駅には、駅前トランクルームが意外にポツンとあったりするのをいくつか見かけましたので、またそんな途中下車をして訪問してみたいところです。

それでは、次の場所で!

夜の新小岩

レポーターのゆたろうです。

去年の夏の終わりの昼下がりに、新小岩駅周辺のレンタルボックスを廻りましたが、その時訪ね損ねた場所があったことにしばらく時間が過ぎてから気がつきました。

更に時は流れ、新小岩方面に出掛ける用事ができた時、これは良い機会なので残りの場所を廻ってみよう!ということで、用事を済ませた後の夜が近づく新小岩駅を降りて、未訪問だったレンタルボックスを訪ねることにしたのです。

日没が近い時間に、JR新小岩駅到着。

以前工事中だった自由通路も完成しており、その中を抜けて北口に出てみると、目の前の商店街は、多くの人々が行き交ってました。結構な人通りで、以前休日の昼前に通りかかった時よりもずっと混んでいたように見えました。

自由通路の入口を振り返ってみると、多くの人が出たり入ったりしています。

夜が近い新小岩駅の北口。人通りも結構あります。
以前降り立った改札口は閉鎖されていて、工事中だった自由通路が開通しておりました!この通路の中央に改札があります。

今回の目的地は線路沿いにあるようなので、駅東側にある歩道橋を抜けて、更に東へ東へと進んでゆきます。

渡った先にもロータリーがありましたが、こちらは新しくできたようで、整然とした印象がありました。そして、静かでした。

ここから、線路沿いをしばらく進んでゆきます。その脇には、照明設備付きの大きな運動場があり、テニスやサッカーの練習をしている光景を目にしました。(※編集部注:私学事業団総合運動場という施設です)

南北に延びる道路を越えて、東側に移動するための歩道橋。目指すレンタルボックスへは、ここを抜けて行きます。
東側のロータリー。バス停と、大きな駐輪場があります。
線路沿いをしばらく進んで行きます
途中で道が細くなり、徒歩と自転車専用の通りとなります。迷わず直進です。線路上には、貨物列車等が停車しており、鉄道好きにはたまらない風景かもしれません。(笑)
このカーブを曲がって行くと、この広大な私学事業団総合運動場という施設の正面入口があります。(画像中央奥辺りです)
歩行者レーンと自転車レーンは、白線で別けられているので、あまりストレスなく進んで行けそうですね。
テニス場
サッカーグラウンドでは、夜になろうとしていたが、休むことなく練習していた。

広い線路と運動場に挟まれた細道を進んでゆくと、目の前に陸橋が見えてきました。目的地周辺の地図を見ると、この陸橋に沿った場所にレンタルボックスはあるようです。

周囲は静かで、さすがに人通りもごくわずかな場所でした。そんな陸橋沿いを進んでゆくと、レンタルボックスが重ねられた一角が見えてきました!

レンタルボックス東新小岩1丁目に到着です。

通りを進んでゆくと、陸橋が見えてきました。地図によると、目的地はもうすぐです。
地図によると、陸橋の北側沿いにレンタルボックスはあるようです。周囲は高い建物が無く広々してました。
陸橋沿いを進んで行きます
まっすぐ歩いてゆくと、目指すレンタルボックス東新小岩1丁目に到着です。

周囲が、駐車場や運動場になっており、陸橋沿いの道路も広めなので、あまり狭さを感じない環境ではないかという印象です。線路方面を見ると、線路沿いからもあまり離れていない場所にあることが改めて意識できました。

所在地:東京都葛飾区東新小岩1-19 バイク駐車場も設置されておりました。
振り返って線路沿い方向を見ると、曲がってからそれほど歩かない場所に位置しているのが実感できました。
広場スペースの面積も余裕があるので、大きな車でもストレスなく停められそうです。
隣の建物との間は、細い道で隔てられておりました。
レンタルボックスは、白銀扉タイプです。強めの照明に当たって白さが際立っていました。
細い通路の先には、運動場が見えます。ちょうどタラップ一台がすっぽりと入るくらいの幅でしょうか?
タラップは一台
タラップ頂上からの景色。かなり青色が強くなり、そろそろ完全に日没となりそうでした。
運動場側とは、植え込みで隔てられておりました。
東新小岩1丁目ヤード
北隣は駐車場なので、狭さはあまり感じません。

レンタルボックスを離れるころには既に夜となっており、暗い夜道を駅まで戻ってくると、さすがに少し疲れもあって一息つきたくなり、駅南口の周辺へと向かうことにしました。

こちらには、駅前のロータリーからまっすぐ延びるアーケードの通りであるルミエールがあり、多くの人々が行き交っておりました。

以前訪れた時は、駅前ロータリーの通り入口を見かけただけで、中を歩いてはいなかったので、今回は折角なのでこの辺りで座って落ち着けそうなお店が有ればいいなと周囲を歩いてみました。

アーケード街の両脇には、商店街らしく様々なお店が軒を連ねていましたが、そこから暗い横道に一歩踏み入れると、赤提灯の下がった居酒屋やスナックなどの飲み屋が点在していて、ちょっと怪しげないい雰囲気を出しておりました。(笑)

しばらく歩いて、町の雰囲気を楽しんだら、入りやすそうな居酒屋さんに飛び込んで、ビールをぐいっといただきました!この日もかなり暑かったので、とても美味しく量がどんどん減ってゆきます(^_^;)

そして、以前日中に新小岩を歩き回った事を思い出してしまいました。

あの日もかなり暑い一日でした・・・・(ー_ー;)

南口のロータリー。その先に商店街のルミエール入口が見えます。ネオンが綺麗でした。
ルミエールはアーケード街。色々なお店があります。
アーケード街から横の細路地を見ると、飲食店の看板が暗い中浮かび上がっていて、趣があります…
細路地を入って、お店たちに近づいてみました。
細い路地から、アーケード街の方を見ています。
疲れを癒したくなり、駅周辺のお店に入ってビールを飲んでしまいました。おいしかった!(笑)

今回は、新小岩駅周辺の夜の姿を見ることができました。

また別の場所でも、昼と夜との違いを楽しむことができればいいかなと思っております。

また、同じ駅でも池袋のように場所によって違った風景が見られたりするので、その辺りもチェックですね!

それでは!

池袋西口の繁華街を越えた先にある、トランクルームの周囲はアジアだった!

こんにちわ、ゆたろうです。

暑い日々が続いていますね。(^_^;)
今年は異常な暑さのせいか、夏バテから夏風邪をひいてしまい、しんどい夏になっております。
まだまだ暑い日は続きそうなので、皆さんもお気をつけください。m(__)m

さて今回は池袋駅方面に用事があったので、駅から少し北に移動した場所にあるトランクルーム池袋に向かいました。

前回は、駅の西南方面にあるメトロポリタン出口から出ましたが、今回は池袋駅西口から出て目的地まで向かいます。

さすがに大きな街だけあって、駅前は広く建物は大きく、そして人通りが多かったです!

飲み屋が多数営業している通りを脇に見て広い通りまで出て、そこからそのまま北上すると目的地に辿り着きやすいようですが、折角なので繁華街を通って向かうことにしました。

池袋駅西口です。こちらは、西口だけれど東武デパートが建っています(笑)
山手線沿線北部最大の繁華街だけあって駅前は広く大きく、人通りも多いです。
駅西側ロータリーから北に歩いてすぐの場所に、西一番街という繁華街の入口があります。両脇一杯に多くの飲食店が営業しています!
西一番街の通り一本西には、ロマンス通りがあります。こちらも飲食店が多数軒を連ねております。
二つの商店街に入らずに、入口前の通りを西に進んでゆくと、大きい通りに出ます。その視線の先はマルイが見えました!マルイ前を南北に延びている通りを北に進んでゆくと、目指すトランクルームには行きやすいのですが、折り返して繁華街を進んでゆきます。

繁華街のロマンス通りから先に進んでゆくと、飲食店にカラオケ店、パチンコ屋などが所せましと軒を連ねて、人通りもあり賑やかでした!
通りを進んでゆくと、この場所で古くから営業しているロサ会館が見えてきました。

ここでから、再び大きい通りに出るため左折です。

映画館やボウリング場やゲームセンター、飲食店などが入っているロサ会館です。映画館が前進とのことで、結構歴史がある建物です。
ロマンス通りを振り返ってみましたが、飲食店やパチンコ屋、カラオケ店などがひしめいてますね!

駅の西側を南北に縦断する”劇場通り”に再び出てきました。この通りを北上して、目的のトランクルームを目指します。この辺りは、まだ高いビルもあって結構人通りもあるのですが、ここから少し進んでゆくと、だんだんと静かな雰囲気になってゆき、生活感がでてきます。

南北に縦断する劇場通りをまっすぐ北上して、目的地を目指します。この辺りは、まだ人通りもあって賑やかでした。
先程の通りから更に北上すると、やがて並木道が見えてきました。この辺りになると、結構静かになり生活感出てきてます。
目的地もかなり近くなってきております。画像では判りづらいですが、左手は池袋小学校の敷地となっております。
通りを進んでゆくと、首都高の高架が見えてきます。その下は、国道254号線(川越街道)です。ここは、目的地を通り過ぎてしまっているので、引き返します。(笑)
このクリーニング屋さんから細い通りに入ってすぐの場所に、目指すトランクルーム豊島区池袋があります…

広い通りを北上して、だいぶ静かになった通り沿いのクリーニング屋を曲がった先に、今回の目的地である”トランクルーム豊島区池袋”がありました!

集合住宅の1階がトランクルームとなっているタイプのもので、通りに面した駐輪スペースの奥にあるシャッターには、”トランクルーム””加瀬倉庫”の名前の看板が見えます。大通りから曲がってすぐの場所にあり、大型車は入れない細めの道ながらも一方通行ではありませんでした。

所在地:東京都豊島区池袋2-78-7 集合住宅の1階に入居しているタイプです。
駐輪スペースが設けられていて、その奥にあるシャッターには、”トランクルーム”と”加瀬倉庫”の文字が書かれた看板が取り付けられておりました。
集合住宅入口を通りすぐ右手にトランクルーム入口があります
ドアを開けるためには、パスワード入力が必要なようです。
住宅入口を正面から撮影しました。中国人も生活しているエリアのようで、中国語で書かれた掲示もありました。

トランクルームを確認して、池袋駅に引き返します。帰りは裏通りを南下してゆこうと歩いておりますが、この辺りまでやってくると、人通りもあまりなく完全に住宅地となっておりました。その中に、飲食店が数軒営業しているような、そんな風景だったのですが、場所柄か韓国、タイなどのアジアンな料理屋もあって印象的でした。

帰りは裏通りから進んでゆきましたが、静かな住宅地でした。
ある程度南下すると、アジアンな飲食店が飲食店が数軒営業しておりました。画像はタイ料理の総菜屋さんですが、他にも韓国料理屋さんもありました。

そういえば、以前、池袋北口周辺に中華街が広がっている…というニュースを聞いたことがあったなと思い出し、どんな感じなのだろうか?と、日を改めてトランクルーム豊島区池袋のある場所周辺まで歩いてみることにしました。

池袋駅北口(東口とは違う小さな出口)から北に延びる道路を進んでゆくと、画像にある平和通り商店街にたどり着きます。ちなみに、この向かい側にはドン・キホーテがあります。
想像していた、横浜中華街的な雰囲気とは違って静かな通りでしたが、その中にも本格的な中国料理のお店が営業しておりました。
この細道をまっすぐ進んでゆくと、トランクルーム豊島区池袋にたどり着けます。

横浜中華街的なイメージではなかったのですが、歩いている人々もアジア系が多く、より生活感があってこれはこれで印象に残った思いを抱きながら、北口周辺の繁華街まで戻ってくると、日本的な居酒屋やラーメン店の中に、中国料理のお店が混じって営業しております。

この辺りまでやってくると、ちょっと中華街な雰囲気が入り込んでいるのだということを意識することができました。

日本の牛丼屋の並びに、ひときわ派手な電飾の中国料理屋がありました!店内も席が埋まってました。ここまで派手なネオンではなくても、こうした中国料理屋が結構営業しているのを見かけました。
駅北口近くにある中国系雑貨店。まさにチャイナ!といった雰囲気です。
雑貨店の向かいには書店も!
別の場所には、中国系のインターネットカフェと思われるネオンが光ってました。色使いや点灯の具合が日本人のセンスとは違っていて、すぐに確認できました。(笑)

今回は、アジア系外国人も多いエリアにあるトランクルームを訪ねましたが、日本的な住宅街の中にも多くの外国人が生活されているのかな?と考えると、結構トランクルームを利用しているのも外国の方が多いのかな?などと想像してしまいました。

また、次の場所で!

青砥の駅近トランクルーム

こんにちは!レポーターのゆたろうです。

先日、京成線に乗る機会があり、この沿線でどこかトランクルームやレンタルボックスがあるだろうか?と探していると、京成線青砥駅のすぐ近くにトランクルームのマークが!

それなら見に行ってみよう!ということで、今回は青砥で途中下車してトランクルームを目指すことにしました。

青砥駅を降りると、程よい人通りがあって都心から少し離れた住宅地の雰囲気を感じることができました。生活感があるっていうんでしょうか?w

目指す目的地”トランクルーム葛飾区立石6丁目”は、地図を見ると京成線の線路沿いにあるようなので、駅を出たらそのまま線路沿いを歩いて行きます。

青砥駅前です
写真右手が駅の入口ですが、多すぎず少なすぎず、人々が歩いていて都心とはちょっと違った生活感があるなと思いました。
目的地の地図を見ると、京成線の線路沿いにあるようなので、駅からそのまま線路沿いを進んで行くことにしました。

途中、京成本線と京成押上線に分岐する場所がありますが、そこは間違えずに京成本線のガード沿いを歩いて行きます。

ガード沿いに進んでゆくと、急に周囲が静かになりますが、ちらほらと飲食店の明かりが見えます。
落ち着きのある通りをしばらく歩くと、交差点が見えてきました。地図によるとこの辺りにあるようですが、どこだろうか?とガードを潜って反対側に行ききょろきょろしていると、建物の2階にトランクルームの文字が書かれた黄色い看板が見えました!まさか、焼き肉屋の隣にあったとは・・・(^^;

途中で、京成本線と押上線に別れますが、京成本線のガード沿いを歩いて行くと、交差点に差し掛かります。
地図だとこの辺りのはずだが?とキョロキョロした後、ガードを抜けて反対側に行くと、そこには・・・
見慣れた地色に、大きくトランクルームの文字!こちらがトランクルーム葛飾区立石6丁目です。所在地:東京都葛飾区立石6-30-8

1階はコンビニ、2階は焼き肉屋、3階はカラオケボックスというテナントの中に同居しているちょっと珍しいトランクルームですが、さて入口はどこだろうか?と表通りから建物を見ても見当たらない・・・

それならばと裏側の細道に回り込むと、住宅地の家々の中に入口と思われる赤いドアとカードリーダーが設置されておりました。他のテナントから独立した形で入居しているようです。

トランクルーム入口は、建物の裏手にありました。周囲は完全な住宅地となっております。
ドアの右手にカードリーダー。ドアは、赤が目立ち綺麗な感じでした。

地図を見ると、隣駅であるお花茶屋駅の途中にもトランクルーム葛飾区白鳥があるようでしたが、あまり時間もないのでこの日はそのまま駅まで引き返しました。

先程の交差点迄戻ると、青砥駅までの距離が書かれた標識が立っていることに気づきました。どうやら駅から250mの位置にあるようです。駅前というわけではないですが、それほど遠くない位置にあるということが改めて実感できました。

トランクルーム近くの交差点にありました。青砥駅から250mの場所にあるようです。トランクルームはおよそ駅から280mといたところでしょうか?

駅前まで戻り、ちょっと一息付けそうな場所が無いかぶらぶらしていると、駅の北側はちょっとした飲み屋街になっているようです。人通りも程よくあり、それぞれの店内もお客さんが結構入っていました。

都心部の盛り場とは違って少し落ち着いた賑わいがあり、ついつい足を運びたくなってしまいます。

このような雰囲気の中にあるトランクルームやレンタルボックスはあまり訪ねていないような気もするので、また機会を見て訪問できればいいかなと思ったのでした。

また、次の場所で!

青砥北口中通り商店街の入口です。この先の両側は、飲食店が軒を連ねており、ちょっとした飲み屋街になってました。

中野と新井薬師とブロードウェイ

こんにちは!レポーターのゆたろうです。

今回は前回「高円寺編」の続きで、「中野」へチェックイン!

線路沿いのカレー屋さんを出て、更に沿線を進んで行くと、JR中野駅が見えて来ました。ここの時点で左折して、早稲田通りへ向かいます。
この時点では、中野駅周辺には行かずにその外側を歩いて更に東へと進行。目指すトランクルームは地下鉄東西線の落合駅や東中野駅にも近い早稲田通り沿いにあるのです。

遠く(画像中央奥)にJR中野駅が見えます。ここから線路沿いは歩道のみとなる。
中野体育館の前を少し進むと早稲田通りに至る。この周囲は、以前から残っている建物と、新しいビルが混在していて、この先さらに再開発が進んでゆくのかな?という印象を持ちました。。。

早稲田通りに出てしばらく東へと歩いてゆく。
有名な新井薬師が近いということもあってか、静かなところを行くという感じではなかったように思います。

(中略)

中野駅に向けて歩き始めたが、新井薬師に寄り道をするべく進路を北へと向ける。
先ほど通過した参道のあいロードはお参り帰りに通ることにして、往路は少し東にある普通の道を歩いて向かうことに決定。翌日に移転してしまう焼鳥屋さんなどを見かけつつ歩いていると、五差路の先に新井薬師が見えてきました!

ひげ男の顔が看板に書かれている焼き鳥屋さん。
入口に近づいてみると、翌日(歩いたこの日は11月25日)最終営業日で、現在の場所から移転してしまうようです。
五差路の先に新井薬師 梅照院(ばいしょういん)!五差路に面した場所で営業しているケバブ屋さんが印象的でした。お寺の門前にケバブ屋という取り合わせ~
入口の門
本堂
新井薬師の先には、新井薬師公園がありました。空が暗くなり始めている中、園内の広場やその周りで子供たちがにぎやかに遊んでいるのが良いな!と思った日暮れ前でした。

その後、あいロードを歩いて中野駅へ。夕方になり、辺りが暗くなり始めておりましたが、人通りあって賑やかでした。ちなみに、あいロードは新井薬師側から入って少し歩くと道が90度に曲がり、南に向かうことになります。

歩いている途中、外から見えた飴づくりの様子。店頭でのそば打ちを見せてくれるお店はありますが、店頭で飴を造っているお店を見ることは少ないので、面白いものだと少し観てしまったのでした。
あいロードの中間より中野寄りの位置に、中野寿湯泉がありました。こちらは、銭湯と同じ価格で温泉に浸かることができるようです!

あいロードを抜けて、そのまま中野駅の中心へ目指す前に、久しぶりに中野ブロードウェイにも立ち寄り。こちらは、マンガ・アニメなどのサブカルチャーなお店が集まる場所でもあるためか、日本人の若者や外国人観光客が集まり、非常に賑わっておりました。

ここから、中野ブロードウェイに入ってゆきます。
エスカレーターからの風景。これに乗ってまずは3階へ。
2階には、3階部分が吹き抜けになり、青空を模した天板がついている場所もあります!マンガ・アニメ以外にも、宝石店や服飾店などのファッション系のお店も入っております。
中野ブロードウェイ4階にある“まんだらけ 変や”。鳥居が連なった入口が特徴です。ブリキのおもちゃやフィギュアなどがケースの中に並んでいました!

昔の中野ブロードウェイ4階は、店舗よりも事務所のほうが多くて静か(確かに、下の階よりはまだ静かであった)だったそうで、まんだらけなどのサブカル店が、空いたテナントに入居して専門店街のように変化していった・・そんな歴史を思うと、感慨深いものがあります。

4階から階段で降りて、建物外に出ると、日は沈み夜になり始めていました。入口からJR中野駅まで延びるアーケード街・中野サンモールは人でいっぱいだったので、移動の疲れを癒すべく、麦の泡立つ飲物を求めて裏道へw・・

中野ブロードウェイ入口とその周辺は人が更に増えているのではないか?という印象を持ちましたね。
JR中野駅北口ロータリーから中野ブロードウェイの間を繋ぐ、中野サンモール。行き交う人が多かったので、途中で脇へと入ってしまいました。
裏通りの店も、そろそろネオンがまたたき始め、赤提灯にも明かりが灯って気分も盛り上がってゆきます。(^^)
どこにするかひとしきり悩んで、ぱ!っと入った立ち飲み屋さんで麦の泡立つ飲物を頂きました!午後から歩いた体に染み渡ってゆきますよ・・
その後、用事があったのですが、まだ時間があったため中野駅からほど近い場所にある「ブリック」に入り、ウイスキーを頂いてしまいました。こちらは、サントリー運営のお店のようで、サントリー系ウイスキーをお手軽価格で飲めてしまうお店なのです。
JR中野駅北口に到着した時は、すっかり暗くなっておりました。冬ですね・・・

すっかり夜になった中野駅を後にして、この日のトランクルームめぐりは終わりとなりました。

今回は、トランクルームの中を見させてもらうことができて、元々の部屋の形をうまく利用した配置であったり、利用者のために台車が置いてあったりなど、なるほどな発見もありました。

さて次は、どんな風景を見ることができるのか?

また、次の場所で!

新橋のトランクルームと、オフィス街と飲み屋と・・

こんばんは!レポーターのゆたろうです。

ある晩、用事があってサラリーマンの街・新橋を歩いていて、駅方向に向かうのにショートカットできる裏通りを進んでいるときに、既に見慣れた色合いの加瀬倉庫の大きな看板が目に飛び込んできました!

“加瀬のトランクルーム”と大きく書かれたその看板は、その建物にトランクルームがあることを示しており、実際その1階には(ほかの場所でも見かけた)非接触のカードリーダーが取り付けられたドアが設置されていました。
以前通りかかったこともある場所でしたが、このような駅近くの片隅にもあったことに気づかず、もしかしたらほかにもあるかも?と、ふと興味を覚え加瀬倉庫のHPから調べてみると、他にもいくつかあるようです。
そのようなわけで、折角だからとこの二つも訪ねてぶらぶらしてみようかと思い立ちました。

夜のとばりが下りる頃、まずは都営地下鉄三田線の内幸町駅が最寄駅の、トランクルーム港区西新橋へ向かいます。
この時間帯になると、新橋駅方面へと向かう人の波が出来ていました。家路に就くのか?はたまた途中の飲み屋で一杯引っかけるのか・・w

都営三田線内幸町駅は、日比谷線の上にあり。こちらはA3出口で、南端にあります。夕刻となり人と車の量が多い・・
日比谷通り・西新橋交差点です。この画像の奥右方向より横道に入った場所にトランクルーム港区西新橋があります。夜の帳が下り、車のライトや街灯がきらきら煌めいておりました。横断歩道は人でいっぱい!

日比谷通りを少し南へと進み、新虎通りよりも手前にある横道に入って進んで行くと、目前にトランクルーム港区西新橋が入居しているビルが見えてきました!
その背後には、虎ノ門ヒルズがにょきっと!暗くなってきた空に浮かぶ灯りが綺麗でした(*^^*)

所在地:東京都港区西新橋2-12-4
トランクルームは建物一階にあります
入口
キーボックスはダイヤル錠で閉ざされておりました
建物側面にも加瀬倉庫の看板あり

トランクルーム港区西新橋のすぐ近くには、四方をオフィスビルに囲まれた南桜公園があります。次のトランクルームに向かう前に、こちらに立ち寄ってみました。暗くなってきてましたが、ここを通り抜ける人や、一息就くひとがちらほらと見えましたが、中にはトレーニング遊具をのんびりと使用する人も。ジムでハードに身体を動かすのではなく、あくまでものんびりと・・であるw
この公園は、元々小学校だったようで、そう言えば知人がここでお花見をするという話をしていたな~ということを思い出して、中央の芝生広場に視線を移して見たり。ここだと解放感があるから、気持ちよく花見ができそうです(^^)
そんな事を思いながらしばし佇み、次のトランクルームへ。

南桜公園北西入口です

公園中央から見上げると、月がぼんやり見えました。
中央は芝生広場になっております。

次なるトランクルーム港区新橋5-7-13(こういう名前w)を目指して、日比谷通りと新虎通りの交差点をわたり、更に南西方向へと少し歩くと、目的地が見えてきました。
JR新橋駅から徒歩8分のこちらは、地下にトランクルームがあるようです。

所在地:東京都港区新橋5-7-13 画像中央のビルです。
地上入口。特に加瀬倉庫の看板はありませんが、画像右側の茶色い扉が入口のようでした。 左端は、住居部の入口です。
建物の隣には、ゆで太郎が営業しております。

この辺りでかなりお腹が減ってきてしまい、どうしようかと思案していると、トランクルームのあるビルのすぐ近くにある、この”おやじ”という看板がインパクトあったので、ふらりと入店し、つけ麺を食べてしまいました(^^;

「おやじ」という店名が目に入り、つい気になって入店してしまいました。
こちらではつけ麺を注文。おなかを満たして一安心!

お腹を満たして、以前偶然発見した”トランクルーム港区新橋”へと向かうため、JR新橋駅へと北上。

途中、新橋にやって来る者達のいこいの広場”桜田公園”に立ち寄りつつ目的地へ。こちらは駅近くで広々とした好立地なので、トイレ休憩や喫煙スペース等の目的で使用する人が多いようです。最近は自転車の立体駐輪場も完成し、中々便利そうです。桜田公園も、元々は小学校だったとのこと。

新橋駅近くにある桜田公園は、人々の通り道であり、憩いの場でもあります。広いスペースは、イベント会場にもなります。
公園の中には、地下に埋設された立体駐輪場(画像右側)も新たに作られました。

桜田公園でトイレ休憩した後は、いよいよトランクルーム港区新橋へと進みます!
辺りはすっかり暗くなり、裏通りにちらほらまたたく飲み屋さんのネオンが、呑みたい心を刺激します。(笑)
そんな裏通りの角に、トランクルームはあるのです。
ふと思ったのは、新幹線の駅や羽田や成田の空港へ向かうことができる都営地下鉄浅草線の駅にもこれだけ近いと、出張や旅行用の荷物をあらかじめプールしておいて、必要な時にもって行くというのも便利そうだな~ということ。
色々な使い方ができそうです(^^)

所在地:東京都港区新橋2-10-7
建物入口

非接触のカードリーダーです
入口周辺での飲食やごみの投棄は禁止!この貼紙も場所柄といえるのかもしれませんね。
トランクルームの周辺には、飲み屋が点在し、ネオンを灯しています。

さて、目的のトランクルームもめぐって、すっかり呑みたい気分になってしまった私は、軽く一杯呑めそうなお店を求めてふらつくことに(笑)
まずは新橋駅へ出ようということで、裏通りを歩き、烏森神社でお参りし、新橋駅前のSL広場に至ったのでした。人でいっぱいです!

新橋駅近くにある烏森神社の参道です
商売繁盛の神様にこの夜もお祈りを捧ぐ・・
サラリーマンへの街頭インタビューでお馴染みのSL広場です。この日も沢山の人が行き交っておりました。
SL広場隣に聳えるニュー新橋ビルです。この建物内にも、多くの飲食店が入居し連夜賑わっています。
待ち合わせの人々が沢山立っているSLです。午後6時になると汽笛がなります!

駅前に至り、さて飲む場所も決まり駅の東側へ。
こちらにも気軽に飲めるお店が集まっており、そのなかで長野県のビールや日本酒を楽しむことができるお店に向かうこととしました!
ここも疲れた身体を酒で癒す皆さんが沢山集まっておりましたw
私も早速、そんな一団の中に(*^^*)

SL広場からガードを潜りぬけて駅の東側ロータリーにある新橋駅前ビル1号館。こちらも、1階や地下には多くの飲食店がある。
新橋駅前ビル1号館1階にある信州おさけ村。こちらでは、長野県の日本酒やビールをお手頃価格で立ち飲むことができるのだ!お店の奥には販売コーナーもあります!
飲み比べセットをいただいちゃいました(*^^*)三種類の日本酒をお手軽価格で楽しめます!

その後、更に呑みたい気分となり、再び駅西側へ。烏森口から南は飲み屋さんも密集しており、どこにしようか目移りしてしまいます(  ̄▽ ̄)
そんな中、今回はガード下のお店をチョイスしてみました!

JR新橋駅烏森口周辺の風景。目の前に見える新橋西口通りのゲートを抜けると、飲屋さんがいっぱい!
新橋駅周辺のガード下には、興味をひくお店が沢山!正面のお店は、沖縄居酒屋”なんくるないさ”である。
オリオン生ビールにお通しと海ぶどう!その後、泡盛も(*^^*)

さてさて、この夜は泡盛も飲んでしまい良い具合に酔いがまわってきてしあったトランクルーム巡りになりましたが・・(^^;
次はどの場所に行こうか?
また、次の場所で!