今問われる、安全管理と保管場所

先日の某S社の通信障害、びっくりしましたね!

個人的には関係なかったのですが、
会社の携帯がS社だったもので、困った人もいたようです。

まあ、航空会社などのような深刻な被害はなかったのが、
不幸中の幸いでした(^^;)。

原因は…、単なる人為的ミスとのこと…。
たった一人の人間がこれだけ多くの方に影響を与えてしまうなんて、
考えてみると恐ろしい世の中です。

一方、携帯の電波が数時間止まるとどんなことになるのか
少しだけ垣間見たような気がしますね。
ある意味、シミュレーションが出来たと解釈し、
次回に繋げていきたいものです。

危機感

携帯電話は絶対ではない、という事実を知ることから始める。

携帯の電波が止まると…

当日の夜のNHKニュースでは、携帯電話が途切れて途方に暮れる多くの人達の模様を伝えてました。
時間や場所を決めずに何となく待ち合わせの約束をしてしまったために、
何箇所も無料Wi-Fiのスポットを求めてさまよい歩かねばならぬ人の姿を、追いかけていました。

S社の街場の店舗でもWi-Fiを使って連絡を取る方法を推奨していたようですが、如何せんすごい人数だったでしょうから、まともには使えなかったでしょうね。

街頭スピーカー

いっその事そういう時は世の中から“お隠れ”になっちゃうというのも、
選択肢の一つでしょうw。
まあ障害がどの程度長く続くかにもよりますが、騒ぎが一段落するまでノンビリ高みの見物を決め込むのもいいのではないでしょうか。

回線を常に確保しておく一番良い方法は、
お金はかかりますが複数のキャリアと契約を結んでおくことでしょう。
きっとS社ユーザーも、他の会社も持っとけばよかった!と思った事でしょうね。僕も当事者だったら、きっとそんな事を考えました。

S社だけでなく、D社やK社など一通りキャリアと結んで置けば絶対大丈夫!
そうそう、N社の有線電話もお忘れなく!w

しかし、ちょっと待ってください!
そんなに簡単ではないのが、今の世の中ってやつです(^^;)

北の某国が我が国上空にて「高高度核爆発」を行い、EMP(電磁パルス)を大量に発生させそれが日本に降り注いだ場合、おそらく日本国内のありとあらゆる電気製品が使用不能に陥るとの話もまことしやかに伝わっています。
(もちろん、携帯電話やパソコンも使用が出来なくなるようです。)

原理的に言えば出来なくはない話だし、何せ北の彼の人のことだから「やらないだろう」とはとても言えないですからね…。

核攻撃

っというわけで、今考えておくべきことは電気を使わない「高性能糸電話の作り方」かもしれませんねw.

冗談はさておき何より大切な事は、携帯電話以外の連絡方法やつながりを持っておくことだと思います。

昔はよく「災害があった時は何処何処に集合」とか、「ハブになる人を決めておこう」とか、「災害伝言ダイヤルを使おう」とか、いろいろ策はあると思います。

「ハブになる人(店)などを決めておく」というのは大切かもしれませんね。
出来れば「有線電話やPC経由でインターネットをチェックできる環境の近くにいる人に、情報を集約する」ということは、仕事を継続して行っていくためには役に立つと思います。

家族の場合は、近所の親戚や親しいお店の方、町会の関係者、交番のおまわりさんなどに情報を集めて上げると連絡は取りやすいかもですね。

いずれにしても、そのうちの誰かと連絡が取れれば、自然と情報が流れるシステムを作って置くことが肝要です。

とまあ、心配していてもキリがないので、根っからお気楽に生きていくというのはアリ!だと思うのですが、そういう事もあるかもしれない、と覚えておくことも悪くないでしょう。

ジェシカ・アルバ主演の「ダークエンジェル」(2000年)も、電磁パルス攻撃で電子機器が使えなくなり荒廃した世界を描いた作品でしたね。
ちなみに監督はあの、ジェームズ・キャメロンでした。後学のためにも、もう一度見たくなりました。

ダークエンジェル
ダークエンジェル

大切なものは、レンタルボックス・トランクルームへ!

加瀬倉庫でレンタルボックスとして使っている海上運搬用コンテナは、
残念ながら“核攻撃でも大丈夫!”と言うほど頑丈ではありませんが、
雨・風、台風や地震などには強い構造ですので、
大切な家財や思い出の品などをしまっておくには最適です!

海上輸送用コンテナ

夏は締め切っておくと室温は多少上がると思うので、その辺りが気になる品物であれば、空調の効いたトランクルームに入れておくことをオススメします。

また、当然2階のコンテナよりも1階のコンテナの方が日陰になるため温度は低く管理されます。覚えておきましょう。
(ちなみに、車を直付け出来る1階の方が出し入れは断然便利で楽!ということも覚えておくとよいでしょう)

トランクルームに関しては、その大元になっているビルの築年数や構造などによって変わりますが、概ね木造住宅より強いので、古い木造の自宅で保管するよりも、間違いなく安全です。

加瀬のトランクルーム

これでもう少し時代が進み、いろいろなリスクが更に確率を上げてきたりすると、今後は「シェルター」の需要なども出てくるかもしれませんね。

コンテナを地中に埋め、コンクリートで内張りをすれば、本当に“核シェルター”として使えそうな気もします!まあ、工事が大変そうですけど…w
(日本のトンネル技術だったら、わけないかw。)

っというわけで、本日は“危機管理”に注目しつつ、レンタル収納について考えてみました!

加瀬のレンタルボックス・トランクルームは、皆様のご利用をお待ち申しております。
是非、よろしくお願い申し上げます!

子育て支援マンション、パークシティ柏の葉キャンパス!

日一日と春の足音が大きくなる今日此の頃ですが、皆さまごきげんいかがでしょうか?

花粉症の方には、大変なシーズンとなりました。
私は幸い、今年は今の所全くと言っていいほど症状が出てないのですが、職場や街中には、かなり苦しげな方もお見受けしますね。お見舞い申し上げます。

最近は、用具やクスリでかなり緩和できる様ですので、ご自分の症状に応じて、摘便ご対応下さい。

私はこの週末、湯河原の梅林にちょっと早い“花見”に行ってまいりました。
湯河原梅林

 

もうすでに峠を越したとは言え、山の一面に広がる梅林は見事でした!
これから、さくらやつつじ、さつき、あじさいなど、様々なお花の見頃が次々にやってきます。なんかワクワクしますね!

 

さて、では今日は「子育て支援マンション」についてお知らせいたします!

「育住近接」子育て支援マンションが柏の葉キャンパスに!

パークシティ柏の葉 ザ・ゲートタワー

子供を育てるための環境をパッケージ!

去る1月31日、千葉県柏市に竣工したのが三井不動産が作った「パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワー ウエスト」というタワーマンションです。

パークシティ柏の葉自体は、分譲マンションを中心としたニュータウンですが、このザ・ゲートタワー ウエストは491戸全てが賃貸というマンション。
そして一番の特長は、「育住近接」をスローガンにした“子育て支援マンション”なのです。

子育て支援施設

つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」駅から徒歩3分という恵まれた立地に加え、棟内に入居者優先の認可外保育園を始めとする複合施設を備えるのが特長です。因みに、秋葉原までは約30分で着いちゃいます!

3階を「育児支援フロア」としており、千葉県内の柏市・流山市で子育て支援自重を行っているマザープラネット社と提携して、「チコル」という名称の保育園、学童保育施設、プレイルーム、キッズバル(お子様食堂)などの総合子育て施設を設けているのです。
学童保育は午後2時から10時までと長時間で、英語やピアノの無料学習プログラムも提供されます!

子育て支援施設

これだけが揃っていると、安心して子供を預けて働きに行かれますね。
今回の初期入居者の募集では、先着70人を優先して受け入れる、という特典もありました。(現時点ですでに入居者募集は終了しております)

更に1階には小児科病院に加え、病児・病後児保育施設を設備するとともに、居宅訪問病児保育サービスも展開しております。

勿論“大人向け”のサービスも充実!

そうそう、子供だけではなく、大人向けの共有スペースも充実しております!

入居者専用・天然温泉

2階には「入居者専用天然温泉」を始め、フィットネスラウンジやパーティルーム、カードルームからワインセラーまで、様々な人々に楽しんでいただける施設が一杯!

カードルーム

こんなに至れり尽くせりだと、家に帰るのが楽しみでしょうがなくなりますね♪

「世界の未来像を作る街」 柏の葉スマートシティ!

柏の葉スマートシティ

今回ご紹介しました「パークシティ柏の葉 ザ・ゲートタワー ウエスト」は柏の葉スマートシティの一部です。
柏の葉スマートシティとは、公民学連携で「世界の未来像を作る街」をコンセプトに“課題解決型のまちづくり”を推進しております。

この街はこれからの“ニュータウン作り”のお手本になるべく、様々なアイディアを凝らし、女性の社会進出働きやすい環境づくり働き方改革など喫緊の問題を解決しようとしています。
柏の葉スマートシティ

新しい社会の足音が聞こえてくる様なこの街に、貴方も住みたいと思いませんか?w

当社も不動産業界の一員として、見習っていきたいと思います。

レンタルボックス柏十余二
レンタルボックス柏十余二ヤード

また、当社も柏市内に数多くのレンタルボックス、トランクルーム、バイクヤードなどを備えております。

マンション住まいで収納にお困りの方は、是非ともご利用いただきます様、お願い申し上げます。

手軽に設置できる、屋外型自動追尾型監視カメラが出来ました!

いつの間にか、いろんなものが私達の頭の上を飛び交うようになってしまいましたね(-.-)。
『頑丈な建物』なんて急に言われても、アタフタしちゃいますよね。

彼の国の方々は何を考えているか不明ですし、一般人にはそれらはどうしようもないので、せめて目の前の危機だけでも防いでいきたいものです^^;。

大切なもの・失いたくないものは、今のうちにトランクルームか、レンタルボックスに仕舞っておいて下さいw
地下にあるトランクルームなどは、オススメかもしれません。

そんな一般Peapleの我々にとって、自宅において強い味方が現れましたので、ご紹介いたします。

動くものを自動追尾する監視カメラ

ついに家庭用監視カメラも、自動追尾の時代に!

監視カメラについては、街中への配備はすっかり進み、今では犯罪の解決と抑制に非常に効果を上げている。
只、一般家庭などとなると、まだまだ導入は進んでいないのが現状で、一歩家の中に入ってしまうと、内部の様子は捉えられないのが普通。

それでもインターネット回線を使った“見守りカメラ”などの需要の高まりから、一部の家庭には、ジワジワっと浸透しつつありました。
しかしいずれにしても“据え置き型”で、天井や高い場所から固定の映像を送るだけ、のものが大半を占めていました。

そこに登場したのが、今回ご紹介するサイホープロパティーズの「ATOM」シリーズで、据え置き型だが動きと音を感知して、その方向に首を振る機能を持った自動追尾型の監視カメラです。
amaryllo_ATOMシリーズ

更に、天井にある電気のソケットに差し込むタイプの「ATOM AR2」が登場し、家庭用監視カメラがより一層身近になっておりました。
コンセント型監視カメラ

ついに屋外型の監視カメラも自動追尾型に!

そして今回、同じATOMシリーズから、屋外型の自動追尾型監視カメラ「AR3e」が8月29日に販売が開始されました。

こちらはこれまでのシリーズモデルと同様、モーションセンサーと音センサーで対象物を自動追尾する全方位型防犯カメラで、以上を感知した場合は、予め専用アプリをインストールしておいたスマートフォンに通知と、本体に録画をしてくれます。

更にカメラから警告音を鳴らす機能までついているので、「犯罪の抑止」「防犯」に非常に大きな力を発揮します。

ATOM AR3e

360°撮影可能なので、一台で広範囲の監視が出来るだけでなく、撮影したデータは本体に保存できる他、24時間分のデータは同社が用意する無料クラウド上に保存されるとのこと。正に『証拠はバッチリ』ですね。

また、インターネットにはWi-Fi経由で接続しますので、電源さえ確保出来れば即設置完了。
24時間365日、あなたの自宅を監視します。

気になるプライバシーの保護ですが、256bitでの暗号化通信を使いますので万全です。

IP66レベルの防水・防じん仕様ですので、屋外に長時間設置しても性能は衰えません。

お値段は、ちょっとお高めの65,800円

詳しくは、ATOM AR3eのサイトでご確認下さい。

こちらの商品は、残念ながら未だにACコンセントから電源を取るタイプのなのですが、近い将来、太陽光や風力発電のタイプやバッテリーで数十日もつタイプなどが現れて来ることが期待できます。

当社のトランクルームやレンタルボックスにも、“マイ防犯カメラ”などを持ち込む方が増えてくるのではないでしょうか?

Twitter、頑張ってます!

お暑うございます!

梅雨明けした途端、愚図ついたお天気の続く南関東地方ですが、
皆様の地域はいかがでしょうか?

台風などの話題も増えてくる時期ですので、周辺の皆様に於かれましては、十分注意してお過ごしください。
「警報」や「避難勧告」などが出たら、即避難!!を徹底してくださいね。

さて、今日はこんな話題。

最近加瀬倉庫は、Twitter、頑張ってます!

当社のTwitterアカウント

Twitter(ツイッター)
いわゆる“ミニブログ”などと呼ばれ、「つぶやく」なんて言う言葉とともに一世を風靡しましたが、
今はちょっと下火?

しかしながら、政府機関からテレビ・新聞などのマスコミ、タレントさん、大企業から中小企業、はては個人まで、
社会的には情報発信ツールとしては以前よりも使われている回数はむしろ増えたかもしれませんね。

テレビを見ていても、「ご意見・ご感想をTwitterでお寄せ下さい」などと呼びかけていますし、
リアルタイムで膨大な“つぶやき”が流れているのがわかります。

メディアとしては、まだまだこれから、な感じもありますね。

で、当社のTwitterですが、いくつかありますけど、メインはこちら。

@kase3535

つい一週間前までは、フォロワー数はわずか10人でした^_^;。

しかし、今週は毎日欠かさず、朝夕とつぶやいていた所、嬉しいことにドンドン数を増し、
今は70人となりました!(8/5,13時現在)

フォローしてくださった皆様、誠にありがとうございます!

これからいろいろ、面白い話題やためになる話題、暮らしの大切な情報などを積極的に発信してまいります。
特に、横浜近辺の話題には敏感に反応したいし、お近くで頑張っているお店や企業さんなどと共感を持って絡んでいきますので、よろしくお願いいたします。

お互いに頑張りましょう!

アイドルさん達も積極的にフォローして行きます。
だって彼女たちって、とても明るくて前向きじゃないですか!
タイムラインが元気になります!

これ、私の健康法の一つです^_^。

もちろん、犬とか猫とか、小動物のみならず、動物園も幾つかフォローしてますよw。

そこからの情報をドンドン、リツイートしていくことで、フォローしてくれた皆さんのタイムラインも、明るく和めるものにしていければ良いな、と思ってます。

必ずしも“明るい話題”ばかりじゃない現代日本ですが、せめて私の周りだけでも明るく元気になってくれれば、という願いを込めて、これからもTwitterで発信し続けたいと思っておりますので、何卒よろしくお願いいたします!

もちろん、当社の様々な情報やブログの更新情報なども載せていきますよ~。

当社のTwitterアカウント@kase3535、是非ともフォローしてやってください!

最新技術って、すごい…

今日も良いお天気の東京地方ですが、
まだまだ九州地方では行方不明の方や避難生活を送っていらしゃる方もいらっしゃいます。

一日も早いご帰還を、お祈りしております。

さて今回は、安全・安心で便利な生活をおくるために、昨今特に発達が著しい「遠隔操作」や「仮想現実(VR)」を中心としたIOT技術のお話をしてみたいと思います。

IOTやVR技術で、安全安心は元より、便利で豊かな生活を実現!

見守りだけじゃない!IOTの遠隔操作システムがすごい!

インターネットと様々な機器がつながる事で、これまでは不可能だった様々な事柄が出来るようになったIOT(Internet Of Things)=モノのインターネット。

様々なセンサー類の発達により、機器が様々な状況を読み取り、危険や非常時を察知したら外出先や離れた場所で暮らす人に連絡したり、警察や警備会社に通報したりする、ということはなんとなくお分かりいただけるかと思いますが、その出来ることの種類が、最近格段に増えたと感じてはいませんか?

東急系ケーブルテレビでお馴染みのイッツ・コミュニケーションズでは2015年2月から、外出先からでも自在に家の中をコントロールできる「インテリジェントホーム」というサービスを提供しています。
インテリジェントホーム

このサービスは、自宅の適切な場所に設置したカメラやセンサー等のIOT機器で、子供の帰宅時に写真を撮って親のスマホに転送したり、ペットや高齢者の自宅内での様子の見守りが出来る、というサービスです。

更に、離れて暮らす高齢者の家にセンサーを取り付け、トイレのドアの開け閉めやモーション検出などを行い、不活動状態が続くと連絡するなど、簡易的な見守りが可能となります。

一方、セキュリティ対策としてだけではなく、外からスマホで家の鍵の開け閉めが出来たり、エアコンやテレビ、冷蔵庫や風呂など、様々な機器のコントロールが可能で、便利で豊かな生活の一助ともなります。

最近では、LINE@(ラインアット)と提携し、LINEアプリから様々なサービス提供を始めたといいます。
いや~、すごい時代ですね!

当社でも、最新技術を積極的に活用中!

日夜、お客様から大切な荷物をお預かりしそれを見守っている当社でも、これらの事例などを積極的に学び、常に前進することを忘れません。
すでに最新のIOT技術を活かした監視システムを導入して、皆様のご用命をお待ちしております。

また現在は、VR(仮想現実)の技術を取り入れ、物件やヤードの情報を分かりやすく伝えるためのコンテンツ開発に注力しております。
VRコンテンツ

近い将来、レンタルボックスのサイトにて、VRのコンテンツが見られると思いますので、ぜひご期待下さい。