新しいCMを作るぞ!の巻

2019年 CM最新OA情報!

◎毎週日曜日、テレビ朝日11:55~13:00 ビートたけしのTVタックル

CM放映いたします!ぜひご覧ください!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

世間はお盆で、やれ帰省だ、やれレジャーだと忙しそうです、が、

お盆休みもなく、通常通り働いている私達の様な人間にとっては、
都会が空いてて快適~♪な時期でもあります(*^^*)

こんにちは!

忙しい人も、のんびりしている人も、残り少ない“お盆Time”を楽しみましょう!

お盆休み・夏休み

さて今回は、前回予告しておりました「CMの制作秘話」をお送りします!

「トランクルーム」か「レンタルボックス」か、それが問題だ…

どれが一番、呼ばれちゃうのか?

皆さん、当社のレンタル収納スペースのことを語る・呼ぶ時、「レンタルボックス」と呼びますか?「トランクルーム」と呼びますか?

実は当社内には、明確な呼び分けが成されております。

レンタルボックス「レンタルボックス」とは、屋外の平地に海上輸送用コンテナを置いて、その中を貸すサービス。

トランクルーム「トランクルーム」とは、ビルなどの屋内の一角をパーティーションで区切り、小分けして貸すサービス。

つまり、この2つは全く違うモノです。

でも、世間一般的には、この辺りの区別は特に無いようで、近所に有るものがたまたまコンテナ型かビル型か、によって、最初に覚えた方を使っちゃってる感じですね。
しかし、Googleの検索ワードなどを見てみますと、「トランクルーム」の方が圧倒的に検索回数が多い。10:1くらいの割合でしょうか?

これは、人工過密の都会に多いトランクルームと、郊外型のレンタルボックスのでき方による認知の差なのかもしれませんが、面白い現象ですね。

「レンタルボックス」というワードで検索してみると、中野ブロードウェイなどに生き残っている、小さなショーケースを貸して、中の独自商品を売らせるビジネスがヒットすることが多いです。私もこの会社に入る前は、レンタルボックスといえば下北沢か、中野ブロードウェイでしたからw。

で、今回は混乱を避けるため、世間一般に広まりつつ有る「トランクルーム」という言葉に統一して、CM展開を行うことが、まず決まりました。

※決して「レンタルボックス」というワードを使わない、ということではありません。コンテナのヤードには、今後も「レンタルボックス」という名称を使っていきます。

コンシューマ向け以外の要素は、カットせよ!

 

前回のCMには、トランクルームのお客様だけでなく、「貸し会議室」や他のレンタルスペースの話題が入っております。たった30秒のCMにしては、欲張り過ぎかな?という反省から、今回は「コンシューマ向け(直接のお客様)」以外は排除せよ、という命題が与えられました。

以前のCMの後半には、空き地空きビルの活用」という要素が入っています。
これは当社の“仕入れ”に当たる重要な要件なのですが、これを同じお客様にお見せしても、「ん???」となるのが落ちでしょう。

もっとトランクルームの良い点を押し出す内容に変更しよう、という意気込みで、コンテ作りが始まりました。

※コンテとは、どのシーンに、どんな文言を入れ、どんなナレーションを入れるか、という“映像作品の設計図”です。シーンを具体的な絵を書いて説明するものが「絵コンテ」と呼ばれます。

たった15秒で、何を伝えるのか?

当初は実写で色々現場を見せる案もありましたし、役者さんを何人か登場させ劇調に盛り上げる、といったアイディアも有ったのですが、それこそ“3桁万円”のかなり上の方になってしまう、ということもあり、人を出す案はNGとしました。

人を出さない、という条件は前回と同じですが、何となくボンヤリした前回の世界観は今ひとつ他人には伝わりにくいのでは?という反省の元、極力不要と思われる要素は外して、15秒という時間を有効に利用したいと考えました。

15秒…、1画面3秒だとして5カット、4秒として4カット弱、5秒として3カットが限界となります。
つまり、3~4カットの中に必要な要素だけを詰め込んで、見せなくてはなりません。これ、思ったより大変な作業でしたw。

今回の新CM(後半)を見ていただければ分かりますが、カットは5つとなっております。

1stカット

まず最初に“ご挨拶”的なカット。加瀬倉庫のレンタルボックスとトランクルームのサービスをお見せして、認知していただきます。

最短10分、契約完了!

そして2カット目は、今回一番伝えたかった最短わずか10分で契約完了し、使い始められる!」という事実。
勿論条件が揃ってと言うことですが、スマホの扱いに慣れている方でレンタルボックスの前に立っている方であれば、凡そそんなもので使い始められる場合も有るのです。

すぐに使えて、お部屋スッキリ!

そして3カット目は、「たくさん入るから、お部屋がスッキリする!」という“気持ちよさ”を伝えるカットです。これは主に、気持ちを大切にする女性に向けてのメッセージ。片付けるって、気持ちいいですよね!

規模感のカット

4カット目は、スケール感をお伝えするためのもの。何せこれだけの数のお部屋があり、皆様のご利用をお待ちしてますよ!という部分ですね。
今回は前回から更にパワーアップした所を見ていただきたかったので、素直に数字も増やしてますw。

いや本当にこの数が揃ってますから、あなたのお住いの近所にも、きっとありますよ~!とお伝えしております。

最後のカット

そして最後は、忘れちゃいけない「コンタクト方法」をお伝えしております。
まあ、基本的には当社サイトに来ていただければ良いわけですが、そのためには何らかの検索をしてもらうのが一番。電話番号はナカナカ覚えられないしね。

なので、「加瀬のトランクルーム」で検索!これが一番早くて便利ワードです!

準備は万端、さてその成果は?

というわけで、2019年7月28日の「TVタックル」を皮切りに絶賛OA中!となっておりますこのCM。皆様、ご覧いただけましたでしょうか?

リアルタイムに放映を見ていただければ良いのですが、時間帯やエリアによってはご覧いただけない場合もあると思いますので、例によってまたYoutubeのリンクを貼らせていただきますので、こちらもご覧ください。

当社では今後も、これらCMを出来るだけ流していく方向で、
様々な番組を検討中です。

どの番組でどれ程成果が上がったか?という効果測定の部分に関しては若干弱いTVCMですが、お名前を覚えて頂き、まずは当社のホームページにやってきていただく、という意味では、ある程度の効果は期待しております。

また、本CMにより当社の規模感や展開の具合を見ていただく事で、新しい不動産活用のビジネスとしてトランクルームやレンタルボックスの運用をご検討いただければ、これはこれで「効果あり!」ということにもなっていきます。

様々な可能性を持つビジネス展開をご提供する当社に対し、
今後もより一層のご愛顧・ご支援賜ります様、何卒よろしくお願い申し上げます。

「貸し看板」も加瀬におまカセ! 日本初!?電子看板もスタート!

▶▶▶加瀬グループの近況ニュース!◀◀◀

ロードサイドの目立つヤツ!加瀬のレンタルボックス

今年のゴールデンウィークも、終わってしまいましたね…。
そして、新しい一週間が始まりました。

GW中には自動車などでお出かけした方も多いと思いますが、
ドライブの最中に、当社のコンテナをお見かけにならなかったでしょうか?

当社のメイン・アイテムが、あのロードサイドに並んだコンテナ製の「レンタルボックス」です!
大きいでしょ?あの大きさなら、普通の家庭用品は何でも入ってしまいそうですね♪

ロードサイドのレンタルボックス
ロードサイドのレンタルボックス

●ご注目ください!加瀬の貸し看板!

そしてもう一つ、自動車のマドからよく見える位置に「カンバン」が付いていたのはお気づきでしょうか?

加瀬のレンタルボックスの大きなコンテナには、道路からよく見える位置に「カンバン」を付けることが出来るのです。

基本的には

◎コンテナ壁面タイプ-6.0m×2.4m/2.4m×2.4m
◎コンテナ上部設置タイプ-6.0m×1.8m/4.8m×1.8m/2.4m×2.4m
◎野立てタイプ-フリーサイズ

という種類があります。

また、これらをいろいろ組み合わせて使うことも可能です!

壁面タイプと上部設置タイプ
壁面タイプと上部設置タイプ

ちなみに、オススメの設置場所はこちら!

そしてもう一つ、大切なお知らせが!

日本初!かもしれない?「電子看板」が導入されました!

加瀬の電子看板イメージ
加瀬の電子看板イメージ

これは、コンテナの側面に大型液晶モニター(幅3.46m、高さ1.78m)を取り付けて、そこに動画の広告を配信すると言うもので、
1号機は神奈川県川崎市幸区小倉5-24  尻手黒川・環状2号交差点に設置済みです。

そして2号機は、神奈川県横浜市港北区の大豆戸(まめど)陸橋近くに電子看板を設置予定となっております。

稼働の様子などは、追ってこのブログでもご紹介いたします。

広告のお値段や素材の制作については、お気軽にお問合わせ・ご相談ください。
ホームページは、「加瀬の貸看板」
電話番号は045-477-2883まで!

ではまた、お目にかかりましょう。
お元気で。

弊社の新しい取り組みをご紹介いたします。それは「広報活動の強化」です。

▶▶▶加瀬グループの近況ニュース!◀◀◀

テレビCM放送を始めました!!

TVCM放映中です!
2017年5月21~27日までと、6月13日~19日まで、スポットとしてテレビ東京で放映されます!

あるビジネス情報番組に取り上げられた事がきっかけだったのですが、それを見ていたテレビCM製作の方よりお話をいただき、放映の流れとなりました。
支持率の高いビジネス番組に取り上げられた事も大変喜ばしいことですが、このように、人から人へと繋がっていくネットワークこそが企業の広報活動の本質ではないかと実感いたしました。


多くの方に、弊社の商品の良さを知って頂くことはもちろんですが、認知度アップにより力を入れていこうと考えております。

ここで、認知度について。
認知度と知名度には大きな違いがあります。
知名度は読んで字の如く、名前が知られること。しかし、認知度は名前だけでなく、中身を知っていただくことなのは皆様がご存知の通りです。加瀬グループがどのような業務・商品を展開し、それが社会にどのような効果をもたらすか。
これを多くの方にアピールし、社会的価値を確固たるものに築いていきたいと思います。
テレビCMで取り上げているトランクルーム事業は、お陰様で「全国1,300ヶ所65,000室」にまで事業展開を広げております。
これも、お客様、オーナー様、お取引先の皆様との大切なつながりがあってこそ、成し得たことだと思います。これからも、皆様から頼りにされる企業であり続けるよう、努力していきたいと考えます。

時代の変化に対応するということ…。   民泊事業について考える

▶▶▶加瀬グループの近況ニュース◀◀◀

今、民泊事業について考える

民泊という新しい宿泊施設が、人気を集めているのをご存知でしょうか?
日本の経済・独特な文化・それを作り上げる人など、多岐に渡る情報のグローバル化により、洗練された日本の良さを世界中の人々が認知するに至った今日ですが、その反面、宿泊施設不足が話題となっている現状があります。
2015年度の訪日観光客は2,000万人を突破したとのこと!
こうした観光客の1番に目指す地域はやはり、「世界遺産富士山、古都京都、様々なポップカルチャーが入り混じる東京」ではないでしょうか?
そして、民泊に求められるもの…
1より地域に密着した宿泊施設であるということ
2気軽に宿泊が可能で自由なプランが立てられるということ
まだまだ理由はありますが、こうしたニーズに対応し、より効率の良い収益を上げるべく、弊社では6年前に購入しました下記物件を、民泊事業で利用する取り組みを始めました。

<<プラーズタワー東新宿>>

東京都新宿区歌舞伎町2丁目18-5

18階建て/総戸数175戸のうち、1階にはコンビニ、2階には24時間営業の飲食店を併設し、宿泊客の利便性に対応できます。
なにより、東京の中心である立地が需要に応えることができる最大のポイントでもあります。
2020年に開催されるオリンピックに向けて、日本市場は大きなビジネスチャンスの場となります。
こうした時代の変化に柔軟に対応し、より多くの方の笑顔に貢献できる事業を展開していきたいと心から思います。