今年も年末、身の周りの整理に加瀬倉庫!

お寒うございます。(今日は温かいですが…)

まだまだ寒暖の差が激しく、一度風邪を引くとなかなか治りませんね。
うがい・手洗いを十分行い、睡眠を取って風邪を引かないようにしましょう!

さて今回は、後一ヶ月と迫った年末・年始に向け、
加瀬倉庫としてのいろいろなご提案を行わせていただきます!

年末年始は、当社、いろいろお役に立ちますよ!

今年のホコリは、今年のうちに…

片付けるにも、まず場所を作らねば…

さて年の暮れ
今年のホコリは今年のうちに落としておきたいものです。

大掃除

しかし、ホコリを払うにも、まずそこにある物をどけ、下敷きになった物を救出してからでないと、掃除すら出来ません。まず床が見える様にしないと…^^;。

上にあった物をどけると、そのどけた物は往々にしてその行き場を失い、別の物の上に乗る、なんて悪循環、繰り返していませんか?w

片付けるにもホコリを払うにも、まず場所を確保する事が肝心。

しかし、この狭い我が家の、一体どこにどければいいの?

っとおっしゃるアナタ!
加瀬のレンタルボックス・トランクルームは、1ヶ月からでもご契約いただけるのをご存知でしたか?

邪魔なものはレンタルボックスやトランクルームに預けておいて、思う存分、ご自宅のお掃除やお片付けを行ってみる、というのはいかがでしょう?
きっと、これまでのどの年よりスッキリと、気持ちの良い大掃除ができるでしょう。

レンタルボックス

預けた荷物は、そのまま入れておくもよし、場所を作って素早く家の中に戻すもよし。家の外側に置く場所ができるだけで、随分と心に余裕ができると思います。

今年は是非とも、レンタルボックス・トランクルームのご利用をご検討下さい!

年2回の“衣替えシーズン”を乗り切る!

当然ですが、冬は寒いです。
季節の移り変わりとともに、長袖のシャツが欲しくなったり、ダウンのジャケットが欲しくなったりと、その季節に対応した衣装が必要になります。

冬物として春先にダンボールや押し入れの奥底にしまいこんだ衣類・用品を引っ張り出し、夏物と入替えにタンスやクローゼットに掛けていきますね。

衣替え

この入れ替え作業が一大事!

毎回毎回、大変な労力が掛かってしまいます。
仕舞うものの洗濯やクリーニングも大変ですよね。

こんな時は、トランクルームをご利用になると便利です!

トランクルーム

出すもの、入れるものを別々に保管できますから、
場所にも余裕が出来、作業もラクラク♪

空調の効いて乾燥した日の当たらない場所に保管するので、
衣類にも優しく、日焼けやカビなどの心配も無用です!

トランクルームを上手に利用して、衣替えのシーズンを乗り切りましょう!!

夏用・冬用のタイヤ、どうしてます?

12月となれば、各地で雪、特に積雪の話題が聞こえ始めます。

雪国ではもうすでに、そして関東地方辺りでも北の方ではそろそろですね。
先週の週末は、那須高原でスキー場開きが行われておりました。(人工雪だと言うことでしたが)

雪や氷の便りが聞こえてきたら、気になるのはタイヤの事…。
そろそろスタッドレスに履き替えないと。
これ、結構面倒ですよね。

タイヤの入替え

最近は大手タイヤチェーンなどで、“履かないタイヤを預かる”サービスを始めているお店もありますが、まだまだ数も少ないようなので(抽選だったりしますよね)、ご自宅保管の方も多いことでしょう。これがまた、場所を取るんだ…。
アパート、マンション等の集合住宅の場合は、室内保管はほぼ無理ですよね。

ここはやはり、レンタルボックス・トランクルームをご利用下さい。

特にレンタルボックスは、車で真ん前まで運べますので、とっても楽ちんですよ。多少の汚れも気にならないし、置き場所としてはベスト!って感じですね♪

市街地から少し離れた場所なら、意外にお安く使えたりもします。
サイトを見ていただけると、とってもお得なキャンペーン価格が設定されているヤードを集めた「特選物件」のコーナーありますので、お見逃しなく!

特選物件

どうせ半年に一回程度の事ですから、多少家から離れていても問題ないのでは?

私も結構郊外のレンタルボックスを借りていた時期がありました。
ちゃんと問題なく機能していたのはもちろん、都内に住んでいるとあまり車を動かさないので、ちょうどよいドライブになってました(^^)。
みなさんも、是非チャレンジしてみて下さい。

レンタルボックスは、バイクや自転車の“冬眠”にも…

室外のコンテナ型であるレンタルボックスは、1階ならばバイクや自転車も、そのまま入れておけます!(バイクで2階は、物理的に無理ですよ)

バイク専用で使っている方もいらっしゃいますが、ほとんどの方は、家庭の荷物とバイク、レジャー用品などを一緒にしまわれているようです。

バイクの場合、冬眠をさせるのならガソリンを抜いておくかどうか迷う所ですが、専門家に聞くと、ガソリンタンクはサビ防止のため満タンの方が良いです(ガソリンコックはオフに)が、キャブレター車の場合はキャブの中に入っているガソリンはドレンボルトから抜いておいた方が良いとの事でした。
(「MOTOR HACK 冬の間のバイクの正しい冬眠保管方法」より)

バイクとガレージ

まあ、理想は2週間に1度、悪くても月に一度は実際に走ってみる事をオススメされましたw。

外は寒いけど最新のギヤ(専用衣服)類に身を包み、颯爽と走るバイクはカッコいいですよね。
ヘルメットやギヤ類、部品類などをしまっておくのもいいですし、寒い日には、中で整備なんかしちゃうと良いかもです。
(しかし、ドアを締め切って作業していると酸素不足になる可能性があります。十分ご注意下さい)

自転車の整備にも使えますね。

自動車は…、入れてはダメです。底が抜けてしまいますよw。

トランクルームは衣装室!

最近よく聞くのが、コスプレーヤーさん達の活躍ぶりです!

コスプレーヤー

駅に近いトランクルームなどを利用して、コスチュームの保管や着替え、制作などにも使われているそうです。そしてそのままコミケ会場へGOOO!

やはり強烈な趣味性にやられると、いつでも何処でもキャラクターになりきって生きていきたいのだと思いますよ。その気持、わかりますw。

コスプレ仮面

何と言っても“趣味専用の部屋”ができるのは嬉しいですよね。水回りや余分な設備は必要ないので、家賃と考えても格安です!
但し、絶対に中で“住む・暮らす”事はやめてくださいね。多くの方々のご迷惑になるだけでなく、ライフラインが無いし安全も確保されていないので、とても危険な行為だと思って下さい。

詳しくはこちらに…(レンタル収納スペースに人が住む事は出来ません!

さてさて、身辺整理が終わったら…

年末が終われば、すぐに年始!=お正月です♪

私も昔はお正月が楽しみだったものです。おせちにお雑煮、お年玉をもらっておもちゃ屋さんで買物したり、凧揚げやコマ回しのために友達と集まったり。

そうそう、その前に“初詣”も楽しみだったな~。

菊名神社の大鳥居

大晦日など、この日ばかりは遅くまで起きていても怒られなくて、紅白見て、除夜の鐘を聞いてから、家族で近所の氏神様の所に行ったのが良い思い出です。

当時の事って、買ったもの(物品)の思い出なんかよりも、やった事(経験)の思い出の方が全然覚えてるものですね。アナタはどうですか?

今年、初詣に行きたいのは、ズバリ、菊名神社!

12月限定「年越大祓」御朱印
12月限定「年越大祓」御朱印

何故かと言うと、面白そうだからw。

ここの神様たちは、5人もいるのです。(菊名神社の御由来・参照)
それぞれ個性豊かな神様が寄り集まって、菊名神社になっているそうなのです。
だとしたら、いろいろな願いを聞いてもらえそうじゃないですか!

本来初詣というのは、あくまでも新年のご挨拶で、あまり願い事をしてはいけない(ッと言うか、言われた方も覚えきれないと思うが…)、とよく言われますが、5人もいるなら結構ポテンシャルが高そうに感じてしまうのは、私だけでしょうか?w

がまんさまの像

またこの神社、メインキャラクターは「がまんさま」
手水鉢をささえる四方の支柱になっている鬼の石像のことで、しゃがみ込んで手を握りしめて必死に耐える姿が微笑み(涙?)を誘いますw。

いろいろなものに“耐えている”感じが、素敵ですよ。
本堂入口の横にも一体いらっしゃいますので、是非見てあげて下さい。

神社のロゴマーク的にも使われてますよ。

がまんさま

その他にも、狭いながらも結構“見どころ満載”なところが良い感じです!
うどんのキッチンカーとか…(謎))

場所もJR横浜線、東急東横線の菊名駅から徒歩3分と近く、夜中にチョコっと初詣なんて時には便利ですね。

近くには年末年始もほぼ通常営業のサミットストアトレッサ横浜MEGAドンキホーテなどもあるので、初詣帰りにちょっとお買い物なんかにも便利なのです。

さてさて、今年も残す所わずかです。

身の回りを整えたり、要らないものを整理したりして、スッキリした形で新しい年を迎えたいものです。

そのために当社は、いろいろ便利なアイテムをご用意して、皆様のご利用をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。

中小企業や個人商店のホームページ活用法(電子看板のおすすめ)

皆様、こんにちは!

そろそろ梅雨の気配を感じる今日このごろですが、
皆様の地域はいかがでしょうか?

それはそうと、もうすぐワールドカップ・ロシア大会ですね。
私は、全日本チームは監督交代とかあって今が“最悪”の状況でしょうから、
これから上がるだけ!と信じております(^o^)/。

世の中、前向きに捉えて行きましょう(*^^*)。

今回は、当社の提案する「中小企業/個人商店」用のハイブリッド広告について、お話します。

電子看板+ホームページ=ハイブリッド広告のおすすめ!

そもそもホームページって…

世の中まさに“インターネット時代”と言われて久しいですが、
実際のところはどうでしょう?

インターネット時代

確かに人気のあるサイトや、Googleなどの検索エンジンで上位を占めているサイトなどは、一日数万人から数十万人が押し寄せ、品物は売れに売れ、非常に良い状況ではあると思われますが、日本中のサイト全てがそれほど良い状況であるとは言えません。

むしろ、アクセスが全く伸びず、費用をかけて作ったは良いけど、思ったほど稼いでくれない、などと嘆いている方々が多いのではないでしょうか?
っというか、成功しているのは一握りで、大部分のホームページ(HP)が期待しただけの効果を上げている、とは言い難いのが実情だと思います。

なぜでしょうか?

HPというのは、プルメディアと言われている通り、誰かに探し出してもらわないと見られない媒体です。つまり、その存在を見てもらいたい人に知ってもらわなければ、存在していないのと同様になってしまいます。

簡単に言えば、「看板を作って、家の内に仕舞ってある」感じですか?(^_^;)

看板は、人通りの多い場所において始めて、その効果を発揮します。
人通りの全く無い家の中に置いておいても、誰も見てはくれないのです。

検索エンジン全盛!

HPの存在を人が知る方法として「検索」があります。

GoogleやYahoo、Bingなどの“検索エンジン”と呼ばれるもので、「マイケル・ジャクソンのCD スリラーが入っている」などと検索すると、アマゾンなどの該当CDのページが現れたり、Youtubeのマイケルのプロモーションビデオが出てきたりします。

検索順位の上の方には上記のような“メジャー”な情報が並びますが、順位が下がっていき、2ページ目・3ページ目と進んでいくと、マイケル・ジャクソンとは全く関係のない“スリラー映画”や、どこかの“マイケルおじさん”の姿なんかの情報も出てきて、結構意外なサイトや情報が手に入るので面白い!なんてひねくれ者の私なんぞは考えるのですがw、普通の人はそんなことはせず、大体1ページ目で用を足してそちらのサイトに移っていきます。

っということは…、
1ページめ(自然検索10社+広告7社)に現れてこないHPに人が来る確率は、限りなく低くなる、ということです。
ここまでは、当たり前ですね。

(最近は地図検索やら右側カラムの記述やら、Googleの画面がやたらゴージャスなので、さらにこの傾向が強くなっており…)

で、お金のある企業はどうしているか、というと、まずは「リスティング広告」という宣伝方法で自然検索(オーガニックとも云います)の前に、広告を出します。

この広告についてはここでは詳しく述べませんが、常に上位に出そうと思うと、月の予算として○百万円~○千万円が必要になります。(商材によりますが)

広告を使わないとしても、オーガニックの順位を上げようとして「SEO(検索エンジン最適化)」という施策を施そうとしても、月に数十万円が必要となり、効果の程も保証されないことが多いのです。(内部+外部施策)

SEO施策

ブログなどを充実させる「コンテンツSEO」も、時間と金がかかりますし…。

つまり、検索エンジンで商売を優位に進めようとすると、大きな費用が必要になります。

はて、これでは中小企業や個人商店では息切れしてしまいますよね。

では、小さなところは全く太刀打ちできないのか?

元々小さい商店であっても、インターネットの世界では“超”有名人で、大企業と肩を並べる、なんて事例も、最近はかなり出てきております。

その代表格が「Youtuber(ユーチューバー)」と呼ばれる人たちです。

YOUTUBER

Youtubeに毎日のように動画を投稿し、一つの動画が数十万・数百万回再生されることで、広告媒体として収益を上げている人たちですね。(ちなみに“ピコ太郎のPPAP”は世界中で 130,561,113 回再生されましたw)

世界中には1億円以上の年収を稼いでいる人もおり(日本人のヒカキンさんもその一人らしい)、その平均年収は800万円以上と言われています。ちょっとしたサラリーマンも真っ青!w

彼らは毎日コツコツとコンテンツを作成し、アップロードしています。当初の彼らは、タダひたすら自分の好きなこと、得意なことをやっていたに過ぎなかったのですが、いつの間にか噂が噂を呼んで大ヒットし、そこから今の地位に上り詰めた人たちで、とても一朝一夕になれるものではありません。

っというわけで、今や小学生の憧れの職業No.1のユーチューバーも、決して楽な商売ではありませんが、「好きなことをただ一生懸命やる」というスタンスは、個人の商売などにも通じる道かもしれませんね。

物や商品、サービスなどに対する情熱やこだわりをひたすら“熱く語る”と言う姿勢は、人を感動させ共感を生みます。(暑がられることもありますが…w)
まずは一つ、この姿勢を学ぶことが“ビジネスの成功”を呼び込む鍵です。

さらにもう一つ、ターゲットを絞り込むという作業も中小企業には大きな武器になります。

インターネットでのビジネスでは物理的な距離や時間を飛び越えてしまう特性があるため、“家の近く”などという制約をなくし、いつでもどこでもどこからでも商品の注文が行なえます。

「全国配送いたします。」これが基本ですね。

全国を相手にビジネスが出来ればチャンスが広がり、儲かるかもしれない、と思った貴方! そう簡単ではないのですw。
全国にはとてつもなく多くのライバルがひしめき合っています。

しかし、逆に地域やユーザーを絞る施策をすると、ライバルの数はグッと減り、より濃い客層が見えてくることもあります。ライバルは少ない方がいろいろな面で有利ですよね。

もちろん、「俺は天下を取る!」的に全国制覇を目指す人であれば上記のような方法はおすすめしませんが、「なんとか自社のお客さんを増やしたい!」ということであれば、地域やお客様の層を絞り込んで、自社の一番得意なフィールドで勝負した方が、取り組みやすいと思います。

絞り込んで、その後は…

顧客を絞り込む、ということは、そのターゲットになるお客様の顔を思い浮かべながらコンテンツを作ることで、実現できます。
もちろんリスティング広告ならば地域や年齢・性別などを区切ることは出来ますが、コンテンツで実現しようとする場合「うちの地元は川崎市幸区です」とか、「横浜市内は即日対応」と言う具合に、得意なエリアを織り込んで文章を書いたり、「高齢者大歓迎!」「お子様連れにはサービスあり」「ペット同伴OK!」などのメッセージを加えることで、特定のお客様を呼び込むことが出来るようになります。

お子様連れ歓迎!

また、HPには必ずお店や会社の住所・名前を入れておくこと。出来ればヘッダーや本文、フッターなどいろいろなところに入れておくことで、そのエリアの人が検索した際に、地図上で現れることがあります。(仕組みは複雑ですが、入っている事が重要です)
この辺りも要チェックですね!

また、HTMLの<Title>と言われる部分に“エリア”や“属性”を入れておくこともおすすめです。
お子様連れ歓迎!川崎市幸区のチャーハンが得意なめし屋○○亭」なんて感じが良いかと思います。

他にもいろいろ方法はありますが、大事なことは、来てほしい人に自分のメッセージを届けたい!という気持ちを込めてコンテンツを作る事が、一番重要です。

もう一押し、プッシュしたい時は…

これまでは、既存のHPを活用する方法をお伝えしてきました。
ここからは、既存のHP+αでさらに一段上を目指す、エリアを絞り込んだ広告展開方法について、ご説明いたします。

ここで一つ質問です。

貴方は調べ物をする時、何を使って行いますか?

以前なら「インターネットに繋がったPC」と答える方がダントツで多かったと思いますが、最近ではそうでもありません。

もうおわかりと思いますが、現在は圧倒的に「スマホ」での検索が多くなっており、この傾向は今度もドンドン加速していくものと言われております。
つまり、これからの「リスティング」「SEO」などの対象は、スマホやタブレットに移っていきます。

もう一つ、検索キーワードの入力についても変化があります。これまではキーボードなどでの入力が主でしたが、AIスピーカーなどの普及と相まって、今後は“音声”による入力がますます増えてくるだろうと予測されます。

Amazon Echo
また、QRコードなどでの入力も増えそうですね。あの“三次元バーコード”などと呼ばれるものです。

検索エンジン側でも、そのものズバリのワードではなく、「…のようなもの」といった、非常に曖昧で適当なワードを入力してもそれなりに予測して検索してくれますので、検索の自由度はドンドン高まっていきます。

つまり、お客様が正確に覚えていなくても、「あの辺のあんなモノ」などとぼんやりした情報からでも、あなたのお店にやってきてくれる可能性が高まった、ということです。

ここでご提案したいのが、電子看板(デジタルサイネージ)。

何となくぼんやりした情報を、お客様の脳裏に刷り込む。これが得意なのが、電子看板です!

加瀬の電子看板

毎日毎晩、果てしなく流れている広告パネルは、地域の住民にとってみれば一つのランドマークです。通勤・通学時などに繰り返し見ていることで、頭のどこかに刷り込まれる、それが“電子看板の効能”なのです

何となく見た覚えがある広告のお店やサービスのことを、いざそれが必要になった時や、暇でボ~っとしている時に思い出して、「じゃ、行ってみようか」となる事があるのです。

例えば、何パターンかあった広告画面の中の最後に、「○○○で検索」と入っていたことを覚えていれば、その場でスマホに語りかける事が出来ますよね?
名前などが正確でなくても、エリアと属性が一致していれば、Google先生は「これじゃね?」と言って出してきてくれますw。

さらに、電子看板のパターンの中にQRコードが入っていたら、それが必要だと感じた人は、スマホのカメラで撮影するだけで、そのページにジャンプ出来ます。

つまり、日々の暮らしの中で電子看板によってさり気なく刷り込まれた情報が、ある時ポッと目覚め、開花する可能性を作っておけるのです。

どうですか?
結構役に立つと思いませんか?

中小企業や個人商店にはピッタリだと思いませんか?w
(もちろん、大手の企業様にも使っていただければ、幸いです(*^^*))

もし、「面白そうだ!」とか「使ってみたい!」とお感じの方いらっしゃいましたらご連絡下さい!
お待ちしておりますよ~\(^o^)/

加瀬の電子看板

「加瀬の電子看板」 045-471-8888

新横浜に、春が来る♪

こんにちは!

昨日は冬のような冷たい雪・雨の日でしたが、
ここ、新横浜の街にも確実に“春の足音”が聞こえてきました♪

そう言えば、新横浜駅ビルの「キュービックプラザ新横浜」も10週年のイベントがありますね!(イベント情報はサイトでご確認ください)

キュービックプラザ新横浜
今や新横浜のシンボル的存在のキュービックプラザ新横浜

そんなわけで、今日は当社の本拠地・新横浜の模様をお伝えします!

もうすぐ新横浜に、春が来る♪

もうすぐ花見だ!酒が飲めるぞ~の巻w

 

っというわけで、まずはこちら。
昨日の新横浜公園内のソメイヨシノの蕾です。

新横浜公園内の桜のつぼみ

もういつ咲いてもオカシクないくらい膨らんでました。
なので、もう今日あたりは、雨でも咲いちゃってるヤツ、いましたねw。

更には、今が盛りの山桜がとてもキレイです!

新横浜公園内の山桜

皆さんの周りでは、どうでしょう?

天気がイマイチですけど、実物はとってもキレイなのですよ!

さくらの状況
そして今朝はこんな感じ。

会社の裏は、すぐに大自然!?w

この辺り、新横浜駅からは歩いて5分位の場所なのですが、
ここから先は“大自然!”って感じの風景が広がる場所ですw。

冬などは、この辺りからデッカイ富士山が、毎日見えてました。

富士山のアップ!

こうしてみると、手前の山脈と奥の富士山が一体化して見えますが、
実は黒っぽい所は丹沢連山で、位置的には前後に多少のズレがあります。
なので、ちょっと雲が掛かると手前はハッキリ見えていても、
富士山は姿を隠す、なんてことがよくあるのです。

ナカナカ、ダイナミックな風景が楽しめる場所でしょ?。
因みに、左側の橋は「ワールドカップ大橋という大きな橋。(そのまんまや)
その奥は、言わずとしれた「日産スタジアム」です。

ワールドカップ大橋

この橋の後ろに見える建物は、横浜労災病院です。
結構いろいろな施設が集中しているエリアですね。

また、街側に目を移すと、こんな感じ。

街中のさくら

街と自然とが隣り合った、面白い空間を演出してます。

日によって表情が変わる、面白いスペース

また、新横浜には沢山の人が集まる施設が、いくつかあります。

一つは「横浜アリーナ」。
1989年4月にオープンした最大収容人数は1万7000人の大規模多目的イベントホールで、親会社は西武鉄道。

横浜アリーナ

大型のホール類が一斉に建て替えに入ってしまい、
“2017年問題”とまで呼ばれた「ホール不足」の中、
横浜アリーナの存在感は大きいものがありますね。

今年も毎週の様に、大きなイベントが開催されています。

日によっては、朝から(夜通し?)周りに数千人?の人の輪ができてたりして、通勤時にビックリすることもありますし、
普段は「歩道」として使っている場所に、突如巨大トラックの軍団が止まってたりして、ギョッとすることもあります。
日(イベント)によっていろいろな表情を見せてくれる、楽しい施設です。(ちょっと迷惑…(^_^;))

そして、もう一つはさっきも紹介した「日産スタジアム」。
正式名は「横浜国際総合競技場」という漢字だらけの名前が付いていますが、
2005年以降は日産がネームライツを取得し、この呼称で呼ばれています。
当然2002年の日韓共催のワールドカップの際は、かなり重要な試合が行われました。

何せ、日本のワールドカップ初勝利となった2002年ロシア戦の舞台になったスタジアムですから、私のようなおじさん達にも強い印象を持たれている場所だと思います。

先程の富士山とのTwo Shot、素敵でしたよねw。
ここで試合がある日は、新横浜の駅からメインの通りはサポーターだらけになります。
これもまた、壮観な景色ですよ~w(゚∀゚)。
たまに観戦チケットが社内で出回る事もあるのですが、残念ながらまだ当たったことがありません(^_^;)。

当たれ~~~!って、自腹で行けばいいんですよねw。

菊名駅からの山越えルート

こちらの会社に通うのには、普通に考えると「JR横浜線」か「市営地下鉄グリーンライン」があります。
稀に“新幹線通勤”なんていう剛気な人もいらっしゃいますが、まあ少ないです。

で、もう一つのルートは、直接東急東横線の駅に出る道。

これは結構数多くあり、駅自体も「菊名」「大倉山」の2駅が対象になります。菊名行きは坂が多く、大倉山まではまっ平らな道。対象的な2つのルートです。

私も一通りいろいろな道を試してみたのですが、今のお気に入りは「菊名山越えルート」ですw。

菊名の駅は“谷”にあり、どちらの出口を出ても、目の前は急峻な上り坂となっています。東横線に沿って平坦な迂回路もあるのですが、かなり遠周りとなってしまうので、普通の場合は、横浜線に沿う形で新横浜方面に向かいます。
この辺りも多少坂道はあるのですが、まあ部分的なのでそれ程気になりません。

私も一時はこの迂回路を使っていたのですが、「そこに山がある」のに、そのまま見過ごしておくのは何か性分に合わないもので、ある日その山を登ってみました。(新横浜側から)

舐めてました…、凄かった…。

途中で心が折れそうになりましたわ…w。
ビックリするような狭い急坂が、これでもか!と続きます。(三段階くらいあります)
左側はずっと竹やぶだし、流石に最初はちょっと怖かったです(^_^;)。
一旦平地になったと思ったら、またさらに一段、急な上り坂も!

しかし、漸く登りついた頂上付近から見た横浜の夜景が、素晴らしすぎ!
みなとみらいの高層ビル群が、間近にみえるのです。

夜景

一回でお気に入りの場所になってしまいました。

そして、朝もこちらのルートを取ること…w

朝は駅を出てすぐの、長~い階段を上がって、
更に二段階くらいの急坂を登ると頂上に着きます。
朝からゼイゼイ言っちゃう事もあります(^_^;)

あさ
みなとみらいの高層ビル群が臨めます。インターコンチネンタルホテルの特徴的な建物もハッキリと。左上の電線が残念です…。

新横浜側に歩いて降り始めると、こんな風景に出会います。

プリンスホテル越しの富士山
プリンスホテルのタワーとリコーのビルの間から、巨大な富士山がポッカリ浮かんで見えます。電信柱、倒したい…(゚∀゚)

真正面にこんな風景が見えちゃうと、自然と歩みも止まりそうですが、
実はここがまた急な下り坂の途中なので、止まってる余裕は最初は無かったですw。

っというわけで、
当社を取り巻く環境は、こんな感じです。

東京でもなく、横浜?っていう部分もありますが、
ここはやっぱり“新横浜”w
まだまだ新しい街なのです。

この近所には新幹線も通っているので未来感もありますよ。

勿論、加瀬倉庫の本拠地です!

当社は「加瀬ビル88」というビルにおります。
ここにも貸し会議室多目的スペースレンタルオフィスなどがあります。

加瀬ビル88

名前からもお分かりのように、自社ビルです(*^^*)。

隣には「加瀬ビル118」があり、トランクルーム港北区新横浜3丁目貸し会議室多目的大ホールなどとして使っております。

周りにはあっとパーキングなどのコインパーキングや月極パーキングがあります。

グリーンラインで隣の駅の「北新横浜駅」には、大規模なトランクルーム港北区新横浜と、コンテナ使用のレンタルボックス北新横浜パート2などが隣り合って存在します。

トランクルーム新横浜

更にそのすぐ目の前にはビジネスホテル「プラザイン新横浜」まであるのです!

当社は“余った土地”“使っていない建物”などの不動産を活用することのエキスパートです。
もし、不動産活用に新しい方法をお探しの方いらっしゃいましたら、
是非とも一度、当社にご相談ください。

それではここで、ちょっと一休み。
現在TVタックル(日曜お昼12時、テレビ朝日系)で放映中の、
南部なおとさん主演、加瀬倉庫のCMフィルムをご覧ください!

今回は、幾分?宣伝ぽかったですけど、
まあ、たまには許してください(^_^;)

ではまた!

クッキリハッキリ、動画で宣伝。加瀬の電子看板!

すでに何回かご案内しておりますが、
「加瀬の電子看板」が営業を開始しており、
大変ご好評をいただいております!

「加瀬の電子看板」、現在は2箇所で営業中!

365日1日16時間、キッチリと情報を流し続けております。
(放映時間は、朝7時から夜11時まで)

◎川崎市幸区「末吉橋」交差点そば

最初の場所は、川崎市の大動脈「尻手黒川道路」と横浜市を縦断する「環状2号線」の交差点にある「末吉橋」のほとり。
当社の「レンタルボックス 末吉橋パート2」の裏側(というか、コンテナの裏側なんですw)にあります!

ちょうど新横浜方面から新川崎方面への移動中、上末吉の交差点を超えてから橋を通過する間ずっと見えている感じです。
昼間は殆ど渋滞が絶えない幹線道路だけに、注目率は高くなります。バスも沢山通っていますよ。

末吉橋

高性能LED搭載の大型ビジョンなので、昼間でも明るく見えやすく
橋の上を行き交う人達ばかりではなく、
鶴見川沿いを通勤通学で使う人々や、散歩やジョギングで通る人々にも注目の的となっております。

末吉橋/電子看板

近くで見ると、大迫力です!目立ちます!

JR新川崎駅や尻手駅、もしくはJR川崎駅からの循環バスなども数多く走っております。鶴見駅からのアクセスも最高です。
横線では、綱島駅からのバスが数多く走っております。

このあたりの人々の足は、自動車かバス。(自転車や歩きも多い)

人々が行き交う末吉橋の上は、非常に多くの交通量を期待できます。
しかも周りは見通しもよく、川の対岸からもずっと見えている感じで、注目度は高いです。

近所のお医者さんやお店屋さん、新聞販売店、自動車屋さんなど、いかがでしょうか?
お風呂屋さん、ガソリンスタンド、郊外型レストランなどの宣伝にも持って来いです!

⇒お申込みは、こちら!「045-471-8888」

◎横浜市港北区「大豆戸陸橋下」

こちらは、横浜市港北区役所のすぐそばにある大豆戸交差点から陸橋を渡り東横線を超え、その降り際の右側にあるレンタルボックス大豆戸陸橋下のサイドに取り付けられております。

ちょうど陸橋を降りる視線のすぐ先に、レンタルボックスと共に飛び込んでくる感じです。

大豆戸陸橋下

陸橋の上からでも「レンタルボックス」の看板と同時に、チラチラと動く映像に、自然と目が止まります。

大豆戸陸橋/電子看板

さて、こちらは横浜市の大動脈「環状2号線」上で、東横線の大倉山駅と菊名駅の中間地点で、東横線を挟んで反対側には港北区役所図書館などがあります。

区役所側から新横浜方面を目指して陸橋を登ると、晴れていれば新横浜プリンスホテルの丸いビル越しに美しい富士山も見えますが、降り始めた所に現れるのが、これらの施設です。

この道路、朝夕は大変混み合いますし、新横浜駅に向かうバスの本数も半端ないので、バスの乗客の皆さんには絶好の気晴らしになることでしょう。こちらも大注目のポイントです。

新横浜近辺にあるレジャー施設アメニティ施設ショッピングセンターやその他商業施設への道案内に、いかがでしょうか?

勤め人も多いことから人材募集保育施設などの広告も、有効かと思います。
勿論、地元のお風呂屋さんやお薬屋さん、酒屋さんなどもバッチリ宣伝可能ですね!

⇒お申込みは、こちら!「045-471-8888」

◎只今7社様、ご契約いただいております!

加瀬の電子看板は、昨年の6月に取り付けが完了し、様々な調整の後、10月から営業を開始しました。
当初は弊社の関連会社だけの放映でしたが、昨年の「トミタ自動車」様を皮切りに、「クレデンス」様「コスモフーズ」様などが次々とお手を上げていただき放映中(トミタ自動車様は終了)で、現在ご契約いただいたのは7社。上記2社以外は現在鋭意動画作成中です。

一応現状、他社様には10枠を割り当てておりますので、残り枠も少なくなってまいります。もしご希望がございましたら、何卒早めのご連絡をお願い申し上げます。

っというわけで、“街の新しいメディア”を目指してスタートしました「加瀬の電子看板」只今放映料半額!「放映開始キャンペーン」を実施しており、そのための特別サイトも公開中です。

この近辺でご商売されている方、ぜひ一度ご検討いただけます様、よろしくお願い申し上げます。

今、地域情報メディアに注目する!

こんちには!

いよいよ平昌冬季オリンピックが始まりましたね!
日本選手の活躍が楽しみです。
あ、もちろん世界中の選手も活躍して欲しいですね!

さて今日は、ちょっと離れた(と言っても日本のお隣)平昌の話題ではなく、もっと身近な、“地元メディア”のお話です!

ちょっと嬉しいいLIFE HACK!

見ないと損!地元メディアのニュースが役に立つ!

皆さんの地元にもきっとある“地域情報サイト”

皆さんは、お住いの地域の情報って、どうやって入手してますか?

新聞の折込チラシ? 最寄りの駅? 自治体発行の広報誌?
商店街に貼られたポスター?

昔から様々な方法で、自分の住む地域の情報を手に入れ、
暮らしに活かしていたと思います。

しかし最近では、やはりスマホやPCなどで“地元の情報”を検索し、
その都度必要な情報をGETしていたのではないでしょうか?

直接お店やイベントの情報を検索したり、価格情報サイトを調べたり、いろいろ“知りたいことを知る”方法はあると思いますが、ここ最近、とても便利だ!と評判を呼ぶようになってきたのが、「地域情報サイト(メディア)」ではないでしょうか?

代表的な地域情報サイト「みんなの経済新聞ネットワーク」

みんなの経済新聞ネットワーク

「地域情報サイト」の最大手といえばやはり「○○経済新聞」が有名ですね。比較的狭いエリアを区切って、そのエリアの情報を集中的に流しています。
その大元締めになるのが、「みんなの経済新聞ネットワーク」です。

では「みんなの経済新聞ネットワーク」とはどんな新聞なのでしょう?
Wikipediaには以下のように書かれています。

2000年、広告制作会社の花形商品研究所が東京都渋谷地区の情報を伝える番組をJ-WAVEで始めたのにあわせて『シブヤ経済新聞』がスタートした[1]2004年『ヨコハマ経済新聞』が開設されて以降、各地のウェブ制作会社などが花形商品研究所と提携の上、各地域の経済・文化情報を伝えるウェブサイトを次々と開設、2016年3月時点で国内106拠点・海外11拠点の『経済新聞』が展開されている。

凄いですね~。

私も下北沢辺りに勤めていた頃、よく地元情報を知るために読んでましたし、イベント等ではそれらのメディアの人々と名刺交換をしたこともあります。
皆さん地元の人々との交流には熱心で、そういう集まりには積極的に参加され、人脈拡大や情報収集に取り組まれていました。

こういった一つ一つの努力の蓄積で、地元民に愛される地元のための新聞(メディア)が出来上がっていくわけですね。

皆さまのお住いの地域にもあるのではないかと思いますので、
一度探してみてはいかがでしょうか?⇒「ネットワーク一覧」

インディペンデント系の地域情報サイトも凄い!

みんなの経済新聞ネットワークは正に“メジャー級”のメディアですが、
それ以外にも、もっと“地元で頑張るメディア”が沢山存在します。

そのうちの一つが、こちらの「横浜日吉新聞」です!

横浜日吉新聞

 

2015年7月に日吉在住の個人の方が立ち上げ、2017年から一般社団法人化、現在も発行が続いているこの新聞は、地域的には横浜市港北区内の「日吉・綱島・高田」の各駅の周辺をカバーする媒体ですが、その範囲は意外に広く、人口密集地ということもあり、月間のページ閲覧数はすでに、90万PVと云いますので、かなりの人気メディアといえるのではないでしょうか?
(個人で立ち上げたサイトが3年足らずで90万PVって、ホント凄いと思います)

当社にもこのエリアに住んでいる女子社員がおりますが、「大倉山観梅会」などの情報に目を輝かせておりましたw。
こういった情報はわざわざ探しにいくのではなく、何かの拍子に手に入ると、とてもありがたく感じますよね。
知らなかったらそのまま通り過ぎてしまうところを、こうやって気づかせてもらえるのは“得した感”が強いですから。

そういう意味では、この新聞のTwitterをフォローしておくと、こういうニュースをチョクチョク呟いてくれるので、役立つことが多いと思います。

@hiyosi_net
横浜日吉新聞Twitter

先程の月間90万PVという数字も、こうした努力の賜物、と感じます。

また、最近では新横浜方面(大倉山・菊名含む)のニュースを集めた「新横浜新聞」も始めた模様で、「北新横浜」だったり「新羽(にっぱ)」といった地元の人しか知らないような地名を含んだニュースが数多く流れてくるので、「ほ~~」と驚くやら感心するやらw。こちらは月間PVが約10万と云いますので、横浜日吉新聞と合わせると月に100万ページほど見られていることになります。

@shinyoko_net 
新横浜新聞Twitter

情報収集が大好きな人にとっては、是非とも注目しておきたいメディアの一つになっています。

地元商店街などの細かい話題がGETできる!

地元の商店街の新規開店やお買物情報など、毎日毎日、お母さん層を中心に話題になりがちなニュースが数多く流れています。

例えば最近良く流れているのが、港北区箕輪町の旧パナソニックの工場跡に2018年3月オープン予定「アピタテラス横浜綱島」で、このショッピングモールにどんなお店が入るのか、出店が決まる度に報告してくれますw。
開店を楽しみにしている人も多い事と思いますし、まだHPにも詳しいことは書かれていないので、正に貴重な情報源といえるでしょう。

アピタテラス横浜綱島

他にも、「どこどこの跡地はこう使われる」とか「何々が撤退した空きには○○が入った」などや、「どこどこが○○でオープニングスタッフの募集を始めた」などの、暮らしにすぐにも役立つ生活情報が満載です。

しかし最近目立つのは「閉店」関係の話題…

最近、こういった“地元情報サイト”で残念ながら目立つのは、「閉店」の文字ですね。

もちろん、以前からも商店街などには「閉店」の話題が付き物でしたが、やはり新聞メディアなどで実際に目にする機会が増えると、「あ~、あの店も閉店か。残念だな…」などと不景気を肌で感じる様になりますね。

駅の周りにあった老舗の喫茶店が建物の老朽化で閉店する、とか、
ロードサイドのスーパーやガソリンスタンドなどの閉店のニュースは、
自分たちの生活に直結する話題だけに、「じゃ、この後どうしよう?」と身につまされることもあります。

1月末に閉店した大倉山の成城石井の記事

こちらの記事には面白いことに、成城石井で「これからは新横浜駅前の新横浜プリンスペペ店をご利用下さい」と呼びかけている事まで書いてあり、「ちょっと遠いわい」などツッコミを入れたくなりましたw。

新横浜新聞

そんなわけで、使える!と評判のこれらの地域情報サイト、皆さんの地域にもあると思いますので、是非探して見て下さい!

レンタルボックスの地域情報はこちら!

当社もレンタルボックストランクルームと言ったレンタル収納スペース貸し倉庫を、広く全国で展開しております。大きさや用途、ご予算に合わせて、かなり沢山の選択肢(タイプ)をご用意して皆さまのご利用をお待ちしております。

レンタルボックスのサイズ

「沢山あって、どのタイプが合っているのかわからない~!」という時には、お気軽にお電話でお問合せくださいね。

0120-666-082

加瀬のレンタルボックスは、あなたの街にもきっとあります!
是非一度、使ってみて下さい。便利ですよ!

ではまた。