JR蒲田と京急蒲田の間にあるトランクルーム

あけましておめでとうございます!レポーターのゆたろうです。

今年は2020年!
遂に東京オリンピックが開催される年となりました!あちこちと、都心のトランクルームを見て廻っておりますが、夏場は五輪目当ての観光客もたくさん見かけることになるかも知れませんね。(^_^)

さて、今回は大田区蒲田の二つのトランクルームを訪問した時のレポートです。

大田区方面に用事のあったこの日、夕方の時間帯から現地入りしましたが、冬場ということもあり空はすっかり暗くなっておりました。

そんな、家路を急ぐ時間帯に降りったJR蒲田駅は、仕事帰りと思われる人々が駅に流れ込んだり、逆に駅とは反対方向に歩いていく流れができていました。おそらくは、京急蒲田駅から京急線に乗ろうと移動している人たちなのかもしれません。

駅の東口から、そのような人たちの流れに乗るようにして、まずは最初の目的地である”トランクルーム大田区蒲田5丁目”に向かって移動します。

JR蒲田駅東口です
駅の隣には太田区役所があります

JR蒲田駅の東口ロータリーを背に、蒲田駅のビルに隣接する大田区役所を横目に見つつ少しだけ南下してゆきます。駅ビルの隣が自治体のお役所というのも中々ないかもしれないなと思いつつ歩いていると、すぐにトランクルームに近づくための曲がり角に差し掛かりました。

この、コンビニと紳士服店が入居した建物の目の前の通りを曲がって道なりに東へと進んでゆきます。この辺りは人通りも多く、JRの駅とは反対方向になるこの道を進む人の流れもできておりました(京急蒲田駅に向かっているのかもしれませんね)。

私も、トランクルームに向かうためこの流れに従うようにして通りを進んで行きます。

東口のロータリーです。こちらを背にして南に進みます。
この、紳士服店を左に曲がって進みます。
結構人通りがあり、JRの駅とは反対方向になるこの道を入ってゆく人々も多かったです。

通りを少し進むと、急に大きなビルが視界に飛び込んできました。どうも、ここが松竹映画の撮影所があった場所のようで、そのことを説明する表示もありました。話には聞いたことがありましたが、まさかこんなに駅から近いとは!

撮影所は戦前に移転してしまい、戦後は香料工場として長く稼働を続けておりましたが、その工場も閉鎖となり再開発されて現在の巨大なオフィスビルが建ったようです。

香料工場だったことにちなんで、アロマスクエアという名前となっております。大田区の区民ホールも隣接されているとのことです。(^_^)

この大きな一角を横目に見つつ更に進んでゆくと、少し形の崩れた十字路が見えてきました。地図を見る限り、トランクルームに近づくためにはここを更に直進して、そのすぐ先にある横道を入ると到着のようです。

実際に、十字路を過ぎてすぐの別れ道の入口に立って一方を見ると、暗い夜道の中で“加瀬のトランクルーム”と表示された袖看板が眩しく光っているのがすぐに見えました!w

通りを進んでいると、巨大なオフィスビルである”ニッセイアロマスクエア”が見えてきました。急に目の前に現れるような感じです!(@_@)
形の崩れた十字路を更に直進します
直進した先で更に横道に入ったすぐの場所に、トランクルームはありました!
更に横道に入り、周囲が結構暗い中にあって、トランクルームと書かれた看板が眩しく光ります!おかげで撮影に苦労してしまいました・・(^^;
所在地:東京都大田区蒲田5-30-7

トランクルーム大田区蒲田5丁目が入居している建物は、1階が駐車場とコインロッカー、2階から7階にトランクルームという構成になっております。

暗い周囲の中で、看板と共に明るく光っている駐車場の中にトランクルームへの入口があるようなので、早速入ってみることに。

表から奥の方を見ると、壁際に“入口”の文字が早速目に飛び込んできました!w

壁の他の表示を見ると、この駐車場はコインパーキングのようです。

1階は駐車場、2階~7階がトランクルームとなっております。
遠目から見ると、駐車場の中に2階へと続くトランクルームの入口があるようです。

入口前まで近寄ってみると、綺麗なガラスドアが設置されており、その脇にはトランクルーム使用者用の駐車場も、一ヶ所だけですが設けられておりました。荷物の搬出入も、建物の外に出る手間無く行えるのは便利ですね!(^o^)

中にはバイク置き場である「加瀬のバイクヤード大田区蒲田5丁目」もあるようです。

ドアの横には、カードリーダーが設けられており、ここでドアロックを解除してエレベーターで各階のトランクルームに移動する形になるのでしょう。当然カードキーなど持っていないので、残念ながらここで移動となります。(T_T)

トランクルーム入口
ドアの左に、カードリーダーが設置されております。
トランクルーム使用者の為の駐車場も設けられておりました!

トランクルーム大田区蒲田5丁目を離れて、駅近くにあるもうひとつのトランクルームを目指すため、一旦多摩堤通りを目指します。

細道から少しずつ広い通りにジグザグと移動するごとに、人通りも少しずつ増えてきます。まだまだ、帰宅ラッシュは続いているようです。

トランクルーム大田区蒲田5丁目を離れ、大通りの方へ移動してゆきます。
広めの道を選択して、都道11号線・多摩堤通へと向かいます。
この道をまっすぐ進んでゆくと、広い通りに出ます!

歩道にアーケードが設置されている通りを進んで多摩堤通りに到着すると、一気に視界が開けて遠くに京急蒲田駅の建物とその灯りが見えました。

そして西側に振り返ると、視線の先にJR蒲田駅と、その周辺の灯りがまばゆい光を放っていました!

広い多摩堤通りに出て東側を見ると、遠くに京急の灯りが見えました!
反対の西側を見ると、JR蒲田駅のビルが見えます。ここから、もう一つのトランクルームに移動です!

地図を確認すると、ここからJR蒲田駅東口ロータリー近くまで戻り、今度は北上した先にあるようです。

周囲はすっかり夜となり、駅前の繁華街も賑やかそうでした。

そのような中を抜けて、もうひとつのトランクルームを目指すことにします!

後半に続く。

ミライが見える。HARUMI FLAG 2020

お寒うございます。

そんな言葉がぴったり来る今日このごろですが、
皆様の地域はいかがでしょうか?

風邪だの、インフルだの、ノロウイルスだの、
命に関わる重症になることもありますので、
決して軽視せず、ご自愛ください。

さて今日は、東京に出来る新しい街についてお伝えします。

2020年の都心に未来都市が出現。その名は「HARUMI FLAG!!」

都市の未来を創造中!

今日はまず結論から。
こんな凄い街が、こんな凄い所に出来ちゃんだ~!

HARUMI FLAG
https://www.31sumai.com/mfr/X1604/#!/

晴海です。ハルミフラッグです。

東京都は中央区。
昨今話題になった築地⇒豊洲の移転問題。

築地と豊洲の間にあるのが、晴海なのです。
そして、2020東京オリンピックでは選手村として使われる予定地ですね。

その広さはなんと18へクタール。東京ドーム換算で、3.7個分!

晴海エリアの地図
中央区晴海エリアの地図

私が小さい頃は、「モーターショー」や「ビジネスショー」などの大規模な展示会と言えば、必ず「晴海」だったと思います。

最近では、毎年夏に行われる【東京湾花火大会】的な催しのメイン会場は、やはり晴海。帰りの大混雑も含め、ありえないくらいの人が集まるイベントは、“晴海”というスペースが必須でした。

以前は都心の倉庫街としても有名で、大きな建物(と言ってもビルではない)が立ち並ぶ、不思議なエリアだったとの印象があります。

あまりに広大なスペースだったので、「どうしてここが半ば放置されているのかな?」と思ってましたが、おそらくオリンピックの計画“築地市場移転問題”に関連して身動きの取れない状況でしたから、豊洲市場の営業が決まったタイミングで、この「HARUMI FLAG」の話題が急浮上してきた感じです。

もちろん、地域の皆様は何らかの情報をお持ちだったでしょうが、同じ東京都在住でも、少し離れると全く話は聞こえて来ませんでした。

っというわけで、まさに“満を持して”立ち上がったかのようなこの街の計画を知るにつけ、こりゃ凄いわ~、という感想頻りでした!

早速その中身を見ていきましょう!

その土地柄が、凄い!

HARUMI FLAG 写真1

まずはこの風景を御覧ください。

東京湾の花火大会の、打ち上げ地点辺りからの眺めかと思われますw.

左側が元築地市場と汐留/新橋、銀座辺りの高層ビルが見えており、右側には新装の豊洲市場が見えます。正にそのど真ん中

以前ここはバスしか便が無く、この辺り唯一の橋である勝鬨橋が大渋滞するので行くのも帰るのも大変な場所でした。(感覚的には幕張メッセ以上でしたよ)

しかし現在は都営大江戸線の「勝どき」駅があり、さらに新しい環状2号線にかかる「築地大橋」が出来れば、交通の流れもガラッと変わるでしょうから、利便性も上がると思われます。

お台場エリアにも非常に近く、遊んだり買物したりするのも全く便利そのものでしょう。公園や海辺、川辺など様々な都会の自然にも接せられます。

この場所に街ができるなんて…、考えもしませんでした!

一体どんな人が住み、どんな街が形成されるのか、今から楽しみです。

HARUMI FLAG 鳥瞰図
HARUMI FLAG 鳥瞰図

考え抜かれたエネルギーマネジメントが、凄い!

これから出来る街のお手本になるように、様々な新しいマネジメント・システムが導入されています。

その中でも際立っているのが、エネルギー・マネジメント(エネマネ)。

住宅エリアだけでなく、商業施設なども巻き込んだ“街全体”でエネルギーを効率的に利用することがデザインされています。

まず街中に張り巡らされた情報インフラにより、各街区のエネルギーに関する情報を集約させ、街全体のエネルギー量を“見える化”することで、適切なエネルギーの運用を可能にしています。

街区レベルでのエネルギー管理に加え、それら全てを統括管理するAEMS(エリアエネルギーマネジメントシステム)なるものが備わることで可能となりました。

全戸にはスマートHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)が付いており、エヤコン・照明・エネファームなどをコントロールしてエネルギー効率を最適化していきます。

まあまあ、詳しいことはよくわかりませんが、効率的で省エネで、地球やお財布に良いのですw。

新エネルギーの導入にも積極的で、凄い!

次世代エネルギーとして期待の高い「水素エネルギー」を全面採用していることも、驚くべきチャレンジです。

トヨタの水素燃料電池車「MIRAI(ミライ)」が実用化されて久しいですが、これまでは自動車への応用を原動力に進んできたこの技術を街全体の管理に取り入れ、街を発電施設にしてしまう、という発想は、凄い!と思います。

しかもそれは、これまでの大規模な施設ではなく、各戸にもつエネファームが担うので、設備も簡素にまとめられます。

エネファームのシステム

ミライの基幹エネルギーとして大きな可能性を秘めている“水素インフラ”を利用したマンションの運営の実践は、HARUMI FLAGが“日本初の試み”です。

蓄電システム
燃料電池システム

 

またこの水素燃料で、シャトルバスのBRT(バス・ラピッド・トランジット)=バス高速輸送システムも走ります。

BRT=バス・ラピッド・トランジット
BRT=バス・ラピッド・トランジットの略で、バス高速輸送システムという意味です。

朝の5時台から夜は24時台まで、主に新橋・虎ノ門とHARUMI FLAGの間を行き交い、通常時は5分間隔、ピーク時には3分間隔での運行が予定されているとの事。便利そうですね♪

しかし、豊洲市場を利用する車も大量に通行する道だけに、混雑具合はどうなんだろう?とちょっと不安を覚えることも無くはない…、
まあ、豊洲もいろいろアプローチする道があるので、何とかなるのかな?とも思いますがw。

とにかく、メトロポリス“TOKYO”のど真ん中に出来る新しい街としては、これでもか!というくらい最先端のTechnologyが投入されているようで、今からワクワクしてしまう環境ですね!早く見てみたいです。

 

街の中に、全部揃ってるのが、凄い!

 

さて、最後の凄いは、その環境です。

単なる“住宅街”というだけでなく、商業、教育、公園、交通、エネルギー等々、人々の暮らしに欠かすことのできない機能が最初から全部揃っている事がこの街の凄い所。
何なら仕事場も、この中にあったりしたら、正に完璧ですね。

HARUMI FLAG完成予想図

 

またここには、一度立ち入ってしまうとナカナカ外では暮らせない大きな魅力があります。

それは、“眺望”です。

周り3方向を海に囲まれ、東京湾の大自然と東京の市街地が両方一遍に見えるこの場所は、毎日が“東京湾遊覧船”に乗っているような気分でしょう。

しかも、四季折々の季節感あふれる風景を楽しめるのですから、一度住んだら二度と出て行きたく無くなるのではないでしょうか?

オーシャンビュー
三方向がオーシャンビュー!

 

この“凄い街”に住むには、一体おいくら万円必要?

この街のサイトを見ると、一部屋85m2クラスの分譲マンション中心の展開となっていますので、都心の標準的なマンションよりは少し広めの印象ですが、すると一体、おいくらくらいになるのでしょうか?

正直、さっぱりわかりません!w

希望的観測で言わせていただければ、5000万円くらいだと嬉しいです。
(全く根拠なし!もし仮に5000万円だとしても、もはや買えない(´・ω・`))

宝くじを買いましょう。

賃貸でも、20万円/月くらいからでしょうか?
(こちらも希望的観測です。)

2018年11月現在では、まだどちらの価格も発表されておりません。

っというわけで、住むのはまだこれからですが、そのエネルギーシステムは大変興味深いし、BRTには乗ってみたい。高い所からの眺望も是非見てみたいと思ってます。楽しみですね!

当社のトランクルームにも、「キャンセル待ち」があります。

まだまだこれからの新しい街ですが、当社もレンタルボックスやトランクルームデジタルサイネージなどで貢献出来れば、と考えております。

ちなみに当社も東京都中央区にいくつかトランクルームを展開しております。

HARUMI FLAGに一番近いのは、トランクルーム中央区佃ですが、ここは現在満室です。(都心ではなかなかトランクルーム用の物件が見つからなく、数が少なくてすみません)

しかしながら、急なキャンセルや解約などもありますので、お借りになりたい方は一度下記に電話をいただければ、空き待ちリストにご登録いたします。

0120-666-082

よろしければ、他のエリアの他の物件でも大丈夫ですので、お気軽にご連絡ください。

また、空室が多くてお困りのビルオーナー様空き地の所有者の皆様
是非とも当社にビルや土地をお貸しください!

加瀬の土地活用

加瀬の空室活用

今後、こちらの湾岸地域はますます賑やかになっていきそうですね。
当社もドンドン不動産開発をしてまいる所存ですので、何卒よろしくお願いいたします。

国家的スポーツの街・北区西が丘で、東京2020を思ふ…。

どうも!レポーターのゆたろうです!

以前、晩夏に東京都北区北部を東から北西方向に横断しつつレンタルボックスを巡りましたが、そのコース設定をする際に一か所だけかなり南にあり、廻るには遠すぎるレンタルボックスがありました。

それが、今回ご紹介するレンタルボックス西が丘なのです。

まずは、JR十条駅近くから延びているバス通りを環七通り方面に進んで行くと、姥ヶ橋(うばがばし)陸橋が見えてきます。名前が印象的です・・
ここの交差点を渡ると、道路が広くなります。これは、かつて米軍や自衛隊の駐屯地があった事と関係しているのかもしれません。

目指すレンタルボックスは、この広い通りから東側の住宅地に入った先にあります。

JR十条駅横から延びるバス通りを進むと、姥ヶ橋陸橋が見えてきます。この先、道路はさらに広くなる。
環七通りに架かる姥ヶ橋陸橋

この辺りの地域だと住宅地の間を通る道路も広めになっていて、自動車の移動も楽そうでした(笑)   そんな住宅街に入って少し進むと、レンタルボックス西が丘に到着です。

駐車場の一角に設置されているタイプのレンタルボックスです
周囲は住宅地

敷地内に目を向けると、一ヶ所レンタルボックスを積み上げず、その両脇に0.7帖のボックスを配置して、擬似的に2階を作っている場所がありました。
なるほど!これなら、タラップを置く場所が一ヶ所で済むし、小さなドアならその場で出し入れしやすい方法で、これは面白いなと思いました!

レンタルボックスを積み上げず、その両脇に0.7帖のボックスを配置して、擬似的に2階を作っている。これなら、小さなドアなら出し入れしやすい!
左側
敷地の隣はコインパーキングでした

レンタルボックスでしばらく過ごした後、さらに北へと歩を進めます。

歩いてすぐに、東京都立産業技術研究センターだった敷地の裏手が見えてきます。どうやら、臨海部に移転してまったようで、白いフェンスが立っておりました。そのそばには並木道。葉が散り始め、秋が深まってきていることを実感させられます・・・

旧東京都立産業技術研究センターの裏手には、並木道。葉が散り始めて秋が深まってゆく・・
臨海部に移転してしまい、既に建物は取り壊されて工事が始まっておりました。この場所には、国立スポーツ科学センターの新しいトレーニング施設ができるようです。未来のメダリストをたくさん増やして欲しいですね!

広いバス通りに出ると、工事中のフェンスにはROUT2020トレセン通りの名前が掲示されておりました。十条と赤羽の間のスポーツ関連施設を結ぶ通りです。
東京五輪が近付いているのだな!というワクワク感があります!そして、少し歩くと国立スポーツ科学センターが見えて来ました。

敷地表側の広い通りは、”ROUT2020トレセン通り”という愛称がつくようです。

トレセン通り地図

国立スポーツ科学センターです。ここで、五輪代表達が、日々研鑽しているのです。
国立スポーツ科学センターの隣には、サッカー場の“味の素フィールド西が丘”があります。プロ・大学生・高校生・女子など様々なカテゴリーの試合が行われ、間近でその勇姿を観ることができます!

発展の途上にある町を歩きながら、2020年にはどのような雰囲気になっているのか?そんなことを思いつつ、散策を続けておりました。そんな町の中にもレンタルボックスが存在しているというのは、面白いですね。(^^)

では、次の場所で!

田町・芝浦の新街区「ムスブ田町」、2020年春に完成!

東京の港区にある田町駅。

この東口エリアにあった東京ガスの土地に、
この度新しいビル街が出来ることになり、その名称が「ムスブ田町」と決定しました。

ムスブ田町完成図

東京ガスと三井不動産、三菱地所の3社の共同開発で、
「TGMM芝浦プロジェクト」として建設が進んでいましたが、
この度その名称が「msb Tamachi(ムスブ田町)」と決まったというわけです。

この名称には、駅前のミクストユースの街づくりを目指す同プロジェクトにおいて、
「ONとOFF、伝統と革新、三田と芝浦など、人・モノ・ことを有機的に『結ぶ』役割を果たし、
街の発信力を高めていきたい」
という思いが込められているということです。

プロジェクトは2棟のオフィスビルと1棟のホテルで構成されます。
注目のホテルは、フランス高級ホテルチェーンの「プルマン」が、日本初進出となります。

ムスブ田町マップ

街の概要は、東京ガスが事業主となる「msb Tamachi 田町ステーションタワーN」は、スマートエネルギーセンターも含まれる地上36階、地下2階延床面積は約15万平米以上の大規模オフィスビルで、2020年東京オリンピックの年の春に竣工予定です。

三井不動産と三菱地所が共同事業者となる「msb Tamachi 田町ステーションタワーS」は地上31階地下2階で、延床面積は約13万平米となり、「ホテルプルマン田町」は地上9階地下2階、客室数は143室となるとのこと。こちらは一足先に2018年5月の竣工を予定しており、ホテルは同年秋から営業を開始する予定です。

さてさて、今度はどんな体験を私たちに与えてくれるのか、発展していく芝浦の街に、注目が集まります。

芝浦といえば、このエリアには当社トランクルームが2ヶ所あります。

◎トランクルーム港区芝浦2丁目  港区芝浦2-14-13

◎トランクルーム港区芝浦  港区芝浦2-14-7

都心部のトランクルームは常に“満室”状態が多いのですが、「芝浦2丁目」店は若干空きがあるようです。
ご利用はお早めに。

また、下の写真の様に、芝浦以外にも当社物件は数多く点在しておりますので、
気になる方は、そちらもチェックしてみて下さい。

芝浦地域の弊社物件

では、芝浦地域の発展を祈りつつ、また!

インバウンド需要好調!民泊も本格化へ。

▶▶▶ニュービジネス レポート◀◀◀

4月は単月での最高記録!訪日観光客250万人超えで、業界は好調維持!

日本は現在、春から初夏へと向かう、一番過ごしやすい時期といえますが、
そのせいか、街中を歩けば海外からの観光客と見受けられる方々の多いこと!

桜花盛りの上野公園辺りでふと周りを見渡し、「ここ、どこ?」とか思っちゃったことありませんか?

何でも今年4月の訪日外国人観光客数は、前年同月比23.9%アップの257万9千人と、単月として初めて250万人を突破し、過去最高になりました!
道理で…って感じですねw。

これまで以上に日本に興味を持ち、遊びに来てくれる海外からのお客様が増えることは喜ばしい限りですが、
日本国内では嬉しい悲鳴を上げている産業もあります。

東京や都市部のホテルはいつも満杯状態で、
仕事や旅行で移動するにも、宿泊所の予約で苦労することが増えました。
そう、宿泊業界は今は飽和状態です。

私も先日、伊豆大島に椿を見に行こうとしたのですが、
船は取れたもののどうしても宿泊施設が確保できずに、泣く泣く諦めた、なんてこともありました(^_^;。

そんな“宿泊所不足”の解消に一役買いそうなのが「民泊」です。

民泊とは、通常は住んでいる自宅を、一時的に(自分の旅行中など)旅行者に貸し出す行為を呼ぶのですが、
ここ日本ではこの新しいビジネスモデルのために、観光地に近い場所などにわざわざアパートやマンションを借り、
そこに家具や家電、Wi-Fiなどの設備を整えて、外国人観光客などに貸す人が増えているのです。

この仲介ベースになっているのが、アメリカ発の施設仲介サイト「Airbnb(エアビーアンドビー)」日本版です。

民泊仲介サイト airbnb
民泊仲介サイト airbnb

ご存知のようにこのサイトは、自分の好みにや都合に合う宿を検索し十分に比較検討を行った後、
その場で予約状況を確認、予約や支払いまで完了出来ます。
後は鍵が届くのを待って現地に行くだけ。

旅行者さんにとっても、オーナーさんにとっても易くて便利!ということで、現在ブームとなりつつあります。

AirBnBの“BnB”は、「ベッドアンドブレックファスト」の事で、ズバリ宿泊施設のことを表す言葉だそうです。
このサイト、自分のお目当ての日にちと場所、大体の価格帯などを指定すると、適合する宿泊施設を案内してくれます。

写真も多く、趣向を凝らしているもので、見ているだけでワクワクするような素敵なサイトですよ。

Airbnb Japanによりますと、現状一部屋辺りの年間平均収入は100万4830円で、平均貸出日数は89泊だったとの事です。
訪日外国人の同社利用人数は延べ370万人にもおよび、2015年の137万人に比べ、2.7倍に達しているのです。

来年には「民泊新法」が施行される見込みで、今は多少グレーな部分もある民泊という新しいビジネスが、
2020年の東京オリンピックに向け、改めて本格的に始動するはずです。ワクワクしますね。

加瀬グループも当然、ビル活用の一環として“民泊事業”にも参入しており、新宿に1棟の施設を持っています。

東新宿の施設
東新宿の施設

海外からの観光客の方以外にも使っていただけますので、ご興味のある方は、ぜひとも下記サイトでご確認ください。

「加瀬の民泊」
※サイトにある川崎の施設は、現在は閉鎖しておりますので、ご注意ください。

時代の変化に対応するということ…。   民泊事業について考える

▶▶▶加瀬グループの近況ニュース◀◀◀

今、民泊事業について考える

民泊という新しい宿泊施設が、人気を集めているのをご存知でしょうか?
日本の経済・独特な文化・それを作り上げる人など、多岐に渡る情報のグローバル化により、洗練された日本の良さを世界中の人々が認知するに至った今日ですが、その反面、宿泊施設不足が話題となっている現状があります。
2015年度の訪日観光客は2,000万人を突破したとのこと!
こうした観光客の1番に目指す地域はやはり、「世界遺産富士山、古都京都、様々なポップカルチャーが入り混じる東京」ではないでしょうか?
そして、民泊に求められるもの…
1より地域に密着した宿泊施設であるということ
2気軽に宿泊が可能で自由なプランが立てられるということ
まだまだ理由はありますが、こうしたニーズに対応し、より効率の良い収益を上げるべく、弊社では6年前に購入しました下記物件を、民泊事業で利用する取り組みを始めました。

<<プラーズタワー東新宿>>

東京都新宿区歌舞伎町2丁目18-5

18階建て/総戸数175戸のうち、1階にはコンビニ、2階には24時間営業の飲食店を併設し、宿泊客の利便性に対応できます。
なにより、東京の中心である立地が需要に応えることができる最大のポイントでもあります。
2020年に開催されるオリンピックに向けて、日本市場は大きなビジネスチャンスの場となります。
こうした時代の変化に柔軟に対応し、より多くの方の笑顔に貢献できる事業を展開していきたいと心から思います。