ビジネスの基本は、現場確認。

こんにちは!

昨日あたりからようやくお日様が見られるようになりました関東地方ですが、皆さまの地域はいかがでしょうか?

被災された地域は、雨や暑さで大変でしょうが、頑張ってください!

さて今回は、社員研修で行ってきた千葉県や都内の自社物件についてお話します。

土地をどう使うか?それが問題だ…。

ますます“土地活用”が重要な時代になってきた。

日本では土地や家を持っているだけでも固定資産税なるものがかかるので、
出来れば「家にも少しは働いてほしいなぁ」と思うことありますよねw.

土地や建物は上手くやれば、勝手にドンドンお金を稼ぐもの…。
わかっちゃいるけど、やってみるとなかなか難しいものです。

その辺り、上手な運用のヒントを今回の自社物件見学ツアーでつかみたいと思いました。

海ほたるから木更津へ

社員一同バスに乗り、新横浜から都内の自社物件をバス越しに眺め、一路木更津へ。

東京湾アクアラインを使い、一気に着いてしまいます。30分位かな。

ETCが付いてると通行料もわずか800円!(普通車)こりゃ、アリだわ。

木更津の三井アウトレットパークで小休止した後、いよいよ木更津木材港・倉庫へ向かいます。

木更津は古くからの港町ですが、中でも貯木場などがいくつもあり、
木材の町としても有名だったようですね。

最近では木更津マリーナのようなレジャー施設や、先程の三井アウトレットパークイオンモール木更津のような巨大ショッピングモールも建ち並び、むしろ都内よりもショッピング&エンタメ系は充実してるんじゃないか?と思うような状況です。

木材港に面した倉庫街の一部が、当社の物件ということで、借り主様のご了承を得て、中を見学させていただきました。

倉庫見学
集合写真のために、全員集合です!それにしても、後ろの3棟の倉庫だけでも相当の広さでした。

 

木更津木材港の倉庫見学
パノラマ写真を撮りました。正面が海(貯木場)で、左奥と右側に倉庫が見えますね。本当はこの位置関係ではないのですが…。正面にワラワラしているのが、見学参加者です。ちょっと小さいですが、広さは感じていただけますか?
集合写真を撮るカメラマン
普段は映らないカメラマンを一枚w.後ろにそびえているのが倉庫ですが、かなり老朽化が進んでおります。
木更津地図
赤く囲われた部分が「木材港」です。当社の物件はこの中の一部です。

この場所は、木更津駅からも近く、高速道路も館山自動車道東京湾アクアラインから30分以内ですし、非常に交通の便は良好です!
釣り客なども多いため、結構人は集まりそうな場所です。(この辺りは東京湾の海釣りスポットとして人気があります)

すぐ裏側がイオンモールですし、これは何か“ビジネスチャンス”の予感が…

こういう匂いは、やはり現場を見て、感じて、考えないと、何かが“開く”様なことは無いと思いますので、とても良い経験をさせていただきました。

次は八幡海岸の広大な土地

木更津の情勢を肌で感じつつ、バスは次の目的地へ向かいます。
現地から約10分ほど走ると館山自動車道の木更津南インターがあり、そこから千葉市方面を目指して走ります。

雨はすっかり本降り…。でもまあ、バスだしw。

車中のボルテージは、なぜかかなり上がっておりました(*^^*)。

走ること小一時間で八幡海岸の土地に到着です。
現在は自動車や電車!の解体工場となっておりますが、お!あんな所に見慣れた車体が!

スクラップ場
わかりにくいですが、よく見ると銀色に赤いラインが見えます(^^

なんと田園都市線か何かの銀色に赤い帯の車体が見えます。(“鉄分”少ないので、何かはわかりませんw)

そして、その反対側には、広大なる空き地が…。ここも当社の所有物件?!

八幡海岸の土地
眼の前に現れた、広大な空き地。16号線にも近く、こちらも自動車での便は良好です。

ほ~、ここもかなり“匂い”がします。

自動車の便だけが良いというのも、ある意味“使えそう”な気もします。
「車が運転できるようになったら、来てね」という、大人な施設…w。

そして、この後はようやくお昼を食べるべく、千葉市内のホテルに向かいました。千葉市の中心部まで、バスで約20分。腹減った~w

 

っというわけで、かなり駆け足で天気にも恵まれなかったイベントでしたが、やはり現地に行って、自分の目で見て肌で感じる、というのは大きいですね。

「自分だったら、ここをどう使うか?」

勿論、企業としてですから“マネタイズ(現金化)”が原則ですけれど、
いろいろバランスを考えつつ、社会に何らかの貢献が出来たり、何か新しい事柄が実現したり出来れば、なおさら良いですね。

ビジネスって言っても忙しいばかりでなく、やはり何か面白かったり、達成感だったりがないと続けては行けないですから~w。

どうせ働くなら、楽しく働こう!

これが当社のモットーです(*^^*)

 

それと同時に、当社では不動産活用の専門家として、
地主様・家主様からのご相談をお待ち申し上げております。

◎土地活用
◎建物活用

さらに最近では、持ち主が直接経営するトランクルームのご提案を差し上げております。

是非ともこれらのサイトをご覧いただき、
大切な資産の運用について、お気軽にご相談ください。

ではまた!

車窓から見えた加瀬カラー

こんにちは!レポーターのゆたろうです。

ある日自動車に乗って出かける機会があり、少々混み合った首都高を進んでおりました。

車が海沿いの辺りに差し掛かり、水路が目立ち始めた時、不意に見慣れたカラーリングの建物がにょきっと建っているwのが視界に入ってきたのです。

ビルに近づくにつれて、壁面に書かれた文字も見えてくる。
そこには“加瀬ビル164″の文字があり、そのビルが加瀬倉庫に繋がりのある建物なのだということがわかりました。
「これも何かの縁か?」ということで、車のスピードも少しゆっくりだったので思わず写真を撮影したのです。

それがこの写真!

建物のカラーリングですぐにピンときました!高い部分には加瀬ビル164と大きく書かれた看板が見えました。

水路と高速道路に挟まれた場所にあるこのビルには、テナントとしてトランクルームが入っているのだろうと想像したのですが、ぼんやりと眺めていた為にどの辺りなのかもよくわからず、川崎市だったか?大田区だったか?

そして、わからないまま少し時が流れある時ふとある事に気付きました!

大まかな場所や地形はわかっているので、HPのマップで探すという方法であるじゃないか!

トランクルームやレンタルボックス、バイックボックスが地図上に色別に表示されてて見やすくなってます。

しかし、場所を勘違いしていたのか地形に合致する場所は見つからない。
これかな?と思った場所が、見かけた建物と形が違っている・・(´・ω・`)

というような事を何度か繰り返していると、キーワード検索があることに気づき、ここにビルの名前“加瀬ビル164”を入力してみたらどうだろうか?ということで、早速記入してクリックしてみると・・・、何と一発で目的の場所が出てきました!

浜松町駅に近い場所にあるガレージ倉庫の港区海岸でした。思っていたよりも随分北の方にありました・・・(汗)

(編集部注:こちらの建物は、1Fがガレージ倉庫ですが、上部のほとんどがトランクルーム港区海岸として営業しております。)

スマホ向けの加瀬倉庫サイトには、キーワードを入力して検索できるフォームがあります。こちらに、建物の看板に書かれていた”加瀬ビル164”と入力してみると・・
このビルに入っているのが、ガレージ倉庫の”港区海岸”ということが判りました!お問い合わせの電話もかけることができるようです。
パソコン版サイトのトップページにも、見やすい位置にフリーワード検索があります。
フリーワード検索のフォームは、エリア毎にリストアップされたページにも設置されているのです、思いついたらすぐ検索できますね!

このキーワード検索は、最寄駅や近場の有名な場所は知っているのに、トランクルームやレンタルボックスの名前を知らないようなときに役立つ機能ですね!

エリアから特定する代わりに、最寄駅から検索すれば、よりピンポイントに目当ての地域のレンタルボックスを探し当てることができそうです。

これで、次に場所を検索するのも面白いかもしれませんね!(笑)

舟運社会!? 夏の「東京湾クルーズ」を楽しもう!

相変わらず天候不良の東京地方ですが、皆様におかれましてはお元気でお過ごしでしょうか?

今年の夏は本当に“不当たり”ですね~。
まあ、涼しいので庶民としては冷房代などを節約できて良いことなのですが、その分野菜などの値上がりが予想されるので、痛し痒しかもしれませんね。

「今年は海に行ってないな~、でも今更行ってもちょっと乗れないなあ」なんてお嘆きの方に、今日はちょっと楽しげな話題をご提供いたします。

まだ間に合う!夏の東京湾クルーズ情報!

まず一つ目がこちらの話題。

舟運社会実験 大田区空港臨海部をめぐる旅「東京湾クルーズ」の開催

遊覧船
「舟運社会(しゅううんしゃかい)」の実現を目指す大田区が昨年あたりから行っている“実験”ということですが、
8月の土日の午前中、小型の遊覧船で2時間程度の船旅を提供してくれます。

開催時間なども含め、夏休みのお子さんがいるご家族などには最適なイベントと言えそうですね。

大田区空港臨海部をめぐる旅「東京湾クルーズ」

【開催日】
 日程 平成29年8月19日(土)26日(土)27日(日) 各日1便
 時間 午前10時~正午(1時間前の午前9時より受付開始)

【運航コース】
 平成29年度(夏)経路
 大森ふるさとの浜辺公園船着場(発)
 ↓
 羽田空港周辺
 ↓
 羽田空港天空橋船着場(途中下船可能)
 ↓
 大森ふるさとの浜辺公園船着場(着)
 (注釈1)各日共通ですが、天候により変更、中止の可能性があります。

【費用】
 大人 1,000円
 小学生 500円
 未就学児 無料

【集合場所】
 大森ふるさとの浜辺公園レストハウス(休憩所)

【受付方法】
 当日、午前9時より集合場所にて受付を行います。
 定員になり次第、終了させていただきます。

【募集人数】
 各日40名 
 (注釈1)先着となります。

【問合せ先】
 大田区都市計画課計画調整担当
 電話 090-5782-6467(問合せ専用)
 平日及び開催日前日、開催日 8時30分から17時15分まで

大田区 東京湾クルーズ

まだまだ当分やってます!東京湾納涼船2017

東京湾納涼船2017

東京湾納涼船2017
実はこの船、私、去年乗りました!
それも、開催初日で、乗船料わずか1500円で、ビール飲み放題付きでした!
(友人は浴衣だったので、さらに500円引き!)

通常は竹芝桟橋発着で乗船料は2600円ですけど、2時間のクルーズとビールの飲み放題に、ライブなどの船内イベントも豊富なので、とても楽しめます!
また船べりから眺める東京の臨海地域の夜景も素敵ですし、すぐ頭上を飛行機が降りていく様も見られるので、アベックやお一人で行く方にもオススメです。

船中の食べ物もとっても良心的な価格で、1000円くらいのチケット買うと結構いろいろ食べられたものですw。

っというわけで、とってもお安く酔っぱらえるし楽しめる、お酒好きにはとても良い納涼船です。
ご予約、お問合わせはこちらまで。
予約受け付け

ここで「加瀬のサービス情報」をお伝えします!

さて、竹芝桟橋、と言えば最寄りはJR浜松町駅ですが、このすぐ近所にも加瀬倉庫の施設がございます。

「加瀬のマンスリーマンション 浜松町」
マンスリーマンション浜松町

加瀬倉庫といえば、レンタルボックスやトランクルームが有名ですが、実はこういった「マンスリーマンション」「シェアハウス」なども展開しているのです!

只今お得なサマーキャンペーンを実施中!
8月末までにお申込み&ご入居開始のお客様が対象です!お急ぎ下さい。

まだまだ8月は続きます。
皆さんも夏バテや夏風邪に十分ご留意の上、思い切り楽しみましょう!