大門の門前でトランクルーム廻り

こんにちは!レポーターのゆたろうです。

結構前になるのですが、用事があり浜松町に行く機会がありました。

この大門・浜松町周辺にもいくつかトランクルームがあることは既に知っていたので、あまり時間はありませんでしたが、今回はこのトランクルーム達をご紹介いたします!

JR浜松町駅を出ると、大手ラジオ局である文化放送の自社ビルが目前に見えます!そして、通りを挟んだ反対側には、古くから浜松町駅前にその大きな姿を見せていた貿易センタービルが建っております。

この間の通りを、国道15号・第一京浜が交差する大門交差点に向けて進んで、途中で右に曲がってゆきます。

地図を見ると、目指すトランクルームは、文化放送ビルの裏手に広がる浜松町一丁目にあるようです。

浜松町駅前、ガード下にいます。
駅前から道路を挟んだ反対側には大手ラジオ局の文化放送が入ったビルが建っております。
大門交差点方面へ少し進みます。道路の左側には、駅前のシンボルともいえる貿易センタービルが建っております。

大門交差点と、JR浜松町駅の中間あたりで右側の小さい路地へと入ってゆくと、新しく建てたのであろう背の高いビルと、それほど背の高くないオフィスビルと、古くから残っているであろう二階建て規模の建物とが混然一体となった風景が目前に広がっていました!

その様な中、横道に入ってすぐには、人間の代わりにロボットが立っている無人フロントが特徴的な”変なホテル”が建っていたりします。近年増えてきている外国からの観光客向けに、JR浜松町駅から近いこの地区はうってつけの好立地なのかもしれません。

変なホテルがある十字路を進んで行き、次の十字路を更に右折してJRの線路方面に少しだけ進んでゆくと、建物の脇に”加瀬のトランクルーム”と書かれた小さ目の看板が見えてきました!

まずは最初の目的地である”トランクルーム港区浜松町1-20-8”に到着です!

国道15号線の第一京浜が通る大門交差点とJR浜松町駅の中間くらいにある横道を入って行きます。写真の中央奥には、無人フロントが特徴的な”変なホテル”が建っています。
この十字路を右に曲がってすぐの場所に、トランクルームがありました!

こちらのビルは、通りに面した1階には焼き鳥屋さんと思われれる飲食店が営業しており、その上は一般的なオフィスとなっているようです。

トランクルームは、このビルの地下に入居しているようなので、通りに面した階段で地下へと降りてゆくと、目の前におなじみな真っ赤な扉と対面することができました。(^^)

階段の先は真っ暗でしたが、近づくとセンサーが反応して明るく点灯してくれるので、安心です。

所在地:東京都港区浜松町1-20-8
トランクルームは、この階段を降りた先にあります。
階下に降りると点灯します
階段を降りて目の前に、おなじみの赤い扉がありました。
カードリーダーは、ドアの左手にありました。

すぐ近くに、もうひとつトランクルームがあるということで、早速次の目的地に向かって移動です。

地図を見ると、通りのもう一本北に位置しています。もとの十字路から更に先に進み、次の十字路で右折すると、すぐの場所に“加瀬のトランクルーム”と窓に貼り付けられた建物が見えてきました!

トランクルーム浜松町一丁目は、先程よりも小さい建物の2階に入居しているようです。

脇にドアがあり、そこから2階へと上って行くようです。3階もあるので普通に入ることはできたのかもしれませんが、さすがにちょっと入る勇気は無かったですね(^_^;)

建物前の道路にたつと、すぐ近くにJR線の高架があるので、在来線や新幹線が通り抜ける音とその色とりどりの姿をしっかり見ることができました。

もとの十字路に戻り、更に少し北方向に進んで、先の十字路で線路方向に曲がります。
曲がったすぐ先に、トランクルームが見えてきました!視線の先には線路があり、山手線の車両が横切るのが見えました。
こちらは、先程訪問したのトランクルーム入口前道路からの風景ですが、新幹線が通過するのもしっかり見ることができます!
所在地:東京都港区浜松町1-16-2
入口は脇にありました。ここから2階に上がってゆくようです。

浜松町一丁目のトランクルームを巡った後は、第一京浜を越えて芝大門方面へと移動します。

実はこの時、浜松町一丁目の地区にもう一つトランクルームがあることをすっかり忘れていて、通過してしまっておりましたすみません・・・・(^_^;

浜松町につく前に済ませた用事が長引いてしまい、時間が無くなってきていたこともあり、少し急ぎ足で第一京浜方面へと歩いて行くと、やがて大きな道路に出ることができました。

そして、その横断歩道で地図を確認すると、どうもこの先にある大きなビルに、お目当てのトランクルームが入居しているようです!1階にあるということですが、果たしてどのくらいの規模なのだろうか?信号が青に変わり、いざ突入です!

第一京浜の方向に向かいます
広い第一京浜の横断歩道を進んだ先に、トランクルームが入っているビルが見えてきました!

ビルの正面玄関にやってきましたが、その隣はコンビニでその逆側にもトランクルームがある気配はなさそう。。。

それでは、ビルの中に入口が!?ということで中に入って見渡してみますが綺麗なロビーの周囲には、トランクルームの入口となりそうなドアは見当たらない

反対側にも普通に出られるので、ドアを抜けて裏通りへと出て見渡してみるが、飲食店はあってもトランクルームの入口はなさそう。。。。

いったいどこにあるのだろう?と歩きながら建物の外周(ビル北側も通りに面しています)を歩いて第一京浜迄戻ろうとする途中、立体駐車場の側にコインロッカーのような一角が視界に入ってきました。

まさか?と思い、改めてHPにアップされている画像を確認すると、どうやらこちらがトランクルーム港区芝大門のようです!

以前訪問した神奈川県川崎市の八丁畷駅付近にあったトランクルームのように、あまり主張しない雰囲気を出しており、周辺に住んでいたり働いていたりする人のためのロッカーといった様子です。

看板には”レンタルロッカー”とありますが、形態としては結構珍しいかもしれませんね。(^^)

所在地:東京都港区芝大門1-4-4 建物の正面入口で、隣にはコンビニが営業しております。
裏手に抜けられるようです
反対側に出ましたが、さてどこでしょう?1階にあるということだったので、きょろきょろと見回してみましたが(^_^;
ぐるっと脇をまわって再び第一京浜に出ようとしたら、建物脇にありました!
こちらはコインロッカー風な造りになっていて、ちょっと珍しいですね!

その後、大門のある方向へとビル裏通りをそのまま大門方面へと進んでゆきました。その途中には、芝大神宮もあり良い雰囲気を出していたのですが、いよいよ時間が無くなくなってきてしまい、趣ある茅の輪とその奥の社殿を撮影したのみで、通過してしまいました。おまけに、大門の写真も撮影する余裕なくこれもまた通過という時間配分のミスを犯してしまったのでした。すみません!(>_<)

芝大門
芝大神宮
時間がなかったので、入口の写真だけですみませんm(__)m

この日は、時間もなくてうまく撮影ができなかったのが残念でしたが、浜松町の風景は何とか撮影できたかな?という思いはあります。(--;

ここ最近も余裕のない日々が続いていますが、今度は余裕をもってトランクルームの訪問を実行してゆきたいところです。

それでは、次の場所で!

高速道路から見えた加瀬ビルに行ってみた!

こんにちは、ゆたろうです。

以前、高速道路の車窓から見えた加瀬ビル164。調べてみると、東京都港区の海岸にあることが判明したのですが、この近くに行く用事ができたので、今度は直接現地を訪ねて下から見上げてしまおうと思い、改めて加瀬ビル164に足を運んでみました!

公共交通機関の最寄り駅は、ゆりかもめの竹芝駅もしくは日ノ出駅が近い(両駅の中間地点にある)のですが、この日はJR浜松町駅で下車して目的地まで向かうことにしました!

旧芝離宮恩賜公園を横目にしつつ、竹芝桟橋に向けて広い通りを歩いていると、その頭上に何やら道路のようなものを建設しているようです。

これを見て、最初は新しい高速の出入口でも造るのか?と思ったのですが、その後聞いた話では、現在建設中のビルから高速道路を跨いで浜松町駅まで直結する動く歩道なのだとか!?

JR浜松町駅から竹芝桟橋側に出ました。ちょうど新幹線も通過してます。
旧芝離宮恩賜公園の入口です。浜松町駅からすぐの場所にあります。
高速道路を跨ぐようにして造られていたので、インターチェンジの道路なのかと思いましたが(それにしては幅が狭いですね^^;)、実際は浜松町駅駅と繋がる歩道となるのだそうです!なんだかすごいですね!
未だに駅までは繋がっていない状態です。目標は2020年の東京五輪なのだと思いますが、果たして間に合うのでしょうか?(^^;
高速道路下の交差点に到着。目的地周辺の地図を見ると、ここを右に曲がってまっすぐ進めば到着出来るのですが、そのまま直進しました。

高速道路の下を進まず、更に道を直進して竹芝桟橋を目指します。このルートだと遠廻りになってしまうのですが、なんとなく桟橋を経由して行きたかったのです。(笑)

竹芝桟橋に近い場所まで進んで行くと、少し広めな横道の先に、加瀬ビル164の姿が見えました!

竹芝桟橋すぐ近くの横道から、その視線を先に向けると、加瀬ビル164が見えました!
ゆりかもめの竹芝駅も近いです。
北側に視線を移すと、とうきょうスカイツリーが見えました!この位置からでも充分見えるのですね!
竹芝桟橋前の広場に到着です。 中央には、船のマストを思わせる柱が大きく主張して、中々良いです。
竹芝駅の近くまでやってきました。竹芝桟橋に隣接する様に位置しております。

竹芝桟橋を経由して、更に高架下を南に進んで行きます。

橋に到着し高い位置に至ると、高速道路も見えてきて、そのなかに加瀬ビル164もありました!

ゆりかもめの線路下を更に進んで行きます。この橋を越えると、目的地もすぐ近くです。
橋の一番高い位置までやってくると、高速道路が見えてきました!その中に、加瀬ビル164の姿も!
橋の反対側を見ると、お台場にあるテレビ局が見えました。
この道路を先に進んで行くと、ゆりかもめの日ノ出駅に到着します。近くには、日ノ出桟橋もあり、水上バスに乗ることも出来ます。
目立つ意匠が施された遊覧船にも乗ることができるようです。
海岸通りが一直線に続いてます。
この横断歩道を渡れば、遂に加瀬ビル164に到着となります!さすがに広い通りなので、信号が青に変わるまではちょっと待ちます(-_-;)

高速道路沿いにあり、運河と挟まれるように位置している加瀬ビル164は、建物が並び立つ北端に位置しているので、地上から見ても目立ちます。逆に、入口は小さく地味な感じなのが印象的です。

ここにトランクルーム 港区海岸ガレージ倉庫 港区海岸があります。

所在地:東京都港区海岸2-1-5
建物の大きさに比べて入口が小さく感じられました。周りがコンクリート風なこともあるのかもしれませんね。隣にはお得な自販機もあります。
入口は自動ドアで、カードキーを使って入館。上層階はトランクルームです。
ビル入口隣は、ガレージ倉庫となっております。

ここで登場した「ガレージ倉庫」とはどんな場所でしょう?
簡単に言うと、「ガレージであり、倉庫である」ということです。

ん?ちょっとヘンですか?w

ガレージの様に、自動車やトラック、バイクなどが直接出入りでき
尚且内部に広いスペースがありますから、
お客様の思う通り、どういう風にもお使いいただけます。

引っ越し荷物の一時保管や、在庫の出し入れにも便利ですので、
大きめの荷物にお困りの方は、一度ご検討ください。

 

さて、高速道路と運河に挟まれたビルには西陽が当たり、水面やビルたちをキラキラ輝かせておりました。

交通量の多いだろう平日ではなかったので、周囲も人影はほとんどなく静けさがあり、それがいっそう不思議な雰囲気をさせていたように思います。

この日は、良い天気でした!
ビル横の歩道入口にある表示板。水路に架かる橋を渡って道なりに進んで行くとJR浜松町駅に、ビル前の横断歩道を渡りゆりかもめの高架下を進んで行くと、日の出客船のりばに行くことができます。
水路の周りには、背の高いオフィスビルがたくさん建ってます!
この橋を渡り、道なりに進んで行くとJR浜松町駅に至るようです。恐らくは、旧芝離宮恩賜公園の南側を通って行くのでしょう。
橋の中央から加瀬ビルを眺めてみました。西陽が当たってベージュの外壁がより際立ってました。
加瀬ビル164の隣のビルは、立地に合わせて横に幅薄で横に長く建てられてます。
ゆりかもめ車内から撮影してみましたが、逆光で暗くなってしまいました・・・(^^;

今回、改めて加瀬ビル164を間近で見ることができましたが、東京湾の近くにあって色々な角度からみられる加瀬ビルというのも珍しいのかもしれません。

後は、あるとすれば川崎・横浜方面でしょうか?

こちらのビルは、もしかしたら遊覧船や水上バスからも見られるかもしれないので、機会があったらシャッターチャンスを狙ってゆきたいところです。

では、次の場所で!

車窓から見えた加瀬カラー

こんにちは!レポーターのゆたろうです。

ある日自動車に乗って出かける機会があり、少々混み合った首都高を進んでおりました。

車が海沿いの辺りに差し掛かり、水路が目立ち始めた時、不意に見慣れたカラーリングの建物がにょきっと建っているwのが視界に入ってきたのです。

ビルに近づくにつれて、壁面に書かれた文字も見えてくる。
そこには“加瀬ビル164″の文字があり、そのビルが加瀬倉庫に繋がりのある建物なのだということがわかりました。
「これも何かの縁か?」ということで、車のスピードも少しゆっくりだったので思わず写真を撮影したのです。

それがこの写真!

建物のカラーリングですぐにピンときました!高い部分には加瀬ビル164と大きく書かれた看板が見えました。

水路と高速道路に挟まれた場所にあるこのビルには、テナントとしてトランクルームが入っているのだろうと想像したのですが、ぼんやりと眺めていた為にどの辺りなのかもよくわからず、川崎市だったか?大田区だったか?

そして、わからないまま少し時が流れある時ふとある事に気付きました!

大まかな場所や地形はわかっているので、HPのマップで探すという方法であるじゃないか!

トランクルームやレンタルボックス、バイックボックスが地図上に色別に表示されてて見やすくなってます。

しかし、場所を勘違いしていたのか地形に合致する場所は見つからない。
これかな?と思った場所が、見かけた建物と形が違っている・・(´・ω・`)

というような事を何度か繰り返していると、キーワード検索があることに気づき、ここにビルの名前“加瀬ビル164”を入力してみたらどうだろうか?ということで、早速記入してクリックしてみると・・・、何と一発で目的の場所が出てきました!

浜松町駅に近い場所にあるガレージ倉庫の港区海岸でした。思っていたよりも随分北の方にありました・・・(汗)

(編集部注:こちらの建物は、1Fがガレージ倉庫ですが、上部のほとんどがトランクルーム港区海岸として営業しております。)

スマホ向けの加瀬倉庫サイトには、キーワードを入力して検索できるフォームがあります。こちらに、建物の看板に書かれていた”加瀬ビル164”と入力してみると・・
このビルに入っているのが、ガレージ倉庫の”港区海岸”ということが判りました!お問い合わせの電話もかけることができるようです。
パソコン版サイトのトップページにも、見やすい位置にフリーワード検索があります。
フリーワード検索のフォームは、エリア毎にリストアップされたページにも設置されているのです、思いついたらすぐ検索できますね!

このキーワード検索は、最寄駅や近場の有名な場所は知っているのに、トランクルームやレンタルボックスの名前を知らないようなときに役立つ機能ですね!

エリアから特定する代わりに、最寄駅から検索すれば、よりピンポイントに目当ての地域のレンタルボックスを探し当てることができそうです。

これで、次に場所を検索するのも面白いかもしれませんね!(笑)

舟運社会!? 夏の「東京湾クルーズ」を楽しもう!

相変わらず天候不良の東京地方ですが、皆様におかれましてはお元気でお過ごしでしょうか?

今年の夏は本当に“不当たり”ですね~。
まあ、涼しいので庶民としては冷房代などを節約できて良いことなのですが、その分野菜などの値上がりが予想されるので、痛し痒しかもしれませんね。

「今年は海に行ってないな~、でも今更行ってもちょっと乗れないなあ」なんてお嘆きの方に、今日はちょっと楽しげな話題をご提供いたします。

まだ間に合う!夏の東京湾クルーズ情報!

まず一つ目がこちらの話題。

舟運社会実験 大田区空港臨海部をめぐる旅「東京湾クルーズ」の開催

遊覧船
「舟運社会(しゅううんしゃかい)」の実現を目指す大田区が昨年あたりから行っている“実験”ということですが、
8月の土日の午前中、小型の遊覧船で2時間程度の船旅を提供してくれます。

開催時間なども含め、夏休みのお子さんがいるご家族などには最適なイベントと言えそうですね。

大田区空港臨海部をめぐる旅「東京湾クルーズ」

【開催日】
 日程 平成29年8月19日(土)26日(土)27日(日) 各日1便
 時間 午前10時~正午(1時間前の午前9時より受付開始)

【運航コース】
 平成29年度(夏)経路
 大森ふるさとの浜辺公園船着場(発)
 ↓
 羽田空港周辺
 ↓
 羽田空港天空橋船着場(途中下船可能)
 ↓
 大森ふるさとの浜辺公園船着場(着)
 (注釈1)各日共通ですが、天候により変更、中止の可能性があります。

【費用】
 大人 1,000円
 小学生 500円
 未就学児 無料

【集合場所】
 大森ふるさとの浜辺公園レストハウス(休憩所)

【受付方法】
 当日、午前9時より集合場所にて受付を行います。
 定員になり次第、終了させていただきます。

【募集人数】
 各日40名 
 (注釈1)先着となります。

【問合せ先】
 大田区都市計画課計画調整担当
 電話 090-5782-6467(問合せ専用)
 平日及び開催日前日、開催日 8時30分から17時15分まで

大田区 東京湾クルーズ

まだまだ当分やってます!東京湾納涼船2017

東京湾納涼船2017

東京湾納涼船2017
実はこの船、私、去年乗りました!
それも、開催初日で、乗船料わずか1500円で、ビール飲み放題付きでした!
(友人は浴衣だったので、さらに500円引き!)

通常は竹芝桟橋発着で乗船料は2600円ですけど、2時間のクルーズとビールの飲み放題に、ライブなどの船内イベントも豊富なので、とても楽しめます!
また船べりから眺める東京の臨海地域の夜景も素敵ですし、すぐ頭上を飛行機が降りていく様も見られるので、アベックやお一人で行く方にもオススメです。

船中の食べ物もとっても良心的な価格で、1000円くらいのチケット買うと結構いろいろ食べられたものですw。

っというわけで、とってもお安く酔っぱらえるし楽しめる、お酒好きにはとても良い納涼船です。
ご予約、お問合わせはこちらまで。
予約受け付け

ここで「加瀬のサービス情報」をお伝えします!

さて、竹芝桟橋、と言えば最寄りはJR浜松町駅ですが、このすぐ近所にも加瀬倉庫の施設がございます。

「加瀬のマンスリーマンション 浜松町」
マンスリーマンション浜松町

加瀬倉庫といえば、レンタルボックスやトランクルームが有名ですが、実はこういった「マンスリーマンション」「シェアハウス」なども展開しているのです!

只今お得なサマーキャンペーンを実施中!
8月末までにお申込み&ご入居開始のお客様が対象です!お急ぎ下さい。

まだまだ8月は続きます。
皆さんも夏バテや夏風邪に十分ご留意の上、思い切り楽しみましょう!