大掃除・引越し時に困ること…

すっかり寒くなりましたね。

会社の裏の公園から見える富士山も、綺麗に雪化粧です。雪化粧の富士山

今年ももう“年末”に向けて、まっしぐら!
忘年会も始まる時期ですね。
体調に気をつけて、この季節を元気に乗り切りましょう!

さて今日は、引っ越しや大掃除などの時に“困ること”と、その解決方法について考えてみましょう。

ちょっと嬉しいライフハック

引っ越しや大掃除、荷物を一時的に動かしたい!=トランクルーム

この時期の風物詩…といえば?

もういくつ寝ると、お正月…などと楽しみにしている人は多いと思います。
お正月の前には忘年会にクリスマスや大晦日など、いろいろイベントの多い時期ですね。

しかし、その前には、“大掃除”という一大イベントもあります。

大掃除の時、いつも問題になるのが、ソファーやテーブル、タンスやこたつなどの“大物家具”です。これらがあると、思うように掃除が出来ないばかりか、動きも制限されますし大勢で働く事も出来ません。

「一時的に何処かに預けられたら…」そんなことを思ったことはありませんか?

我が家は以前ワンボックスカーを持っていたので、一時的にその中に荷物の退避をしたことがありましたが、果たして世間でワンボックスカーをお持ちの方がどれ程いらっしゃるか?(最近は“ミニバン”っていうのですね?w)

庭があれば、取り敢えず1日くらいは外に放り出す事も出来るでしょう。“庭があれば”。(^^;)

ミニバンも(トラックも)、庭も無い方は、トランクルームをご利用ください!なんて、在り来りなことを言う気はなかったのですが、結局そうなっちゃいますか?www

トランクルーム

 

年末年始は新居でのんびりしたい…などとは思いますが。

一方、近々引っ越さなきゃ!という方は、やはり年末にはすっかり作業を終え、お正月は新居でのんびりしたいね~などと考える方が多いのではないでしょうか?

その証拠に、年末には引っ越し屋さんも忙しいそうです。下手すると“割増料金”などが発生することもあるみたいですね。

出来れば引っ越し作業は年明けにして(と言っても2/3月はまた混みますから注意!)、最後のお正月を住み慣れた家で過ごす、っていう手もあると思います。

それにしても、引越荷物が散乱した家で生活するのも、落ち着きませんよね…(^^;)

引っ越し荷物

少しずつでも荷物を新居に移動できれば良いのですが、契約の関係で出来ないとか、遠くて何回も通えないなどの理由で荷物が留置状態の方に申し上げます。

トランクルームがあるじゃないですか!

ご存知かとは思いますが、一応言っておきますw.
トランクルームは、月単位で契約出来ます!

一時の荷物預けには最適なのです!

しかも、加瀬のトランクルームなら、最短10分で契約完了!
その場で使い始められます!

※10分で完了するためには、いくつかの条件があります。
詳しくはコールセンターにお問い合わせください!
 0120-666-082

長期的に荷物を預けるだけではなく、大掃除や引っ越しなど、短期間、一時的に荷物を預けたい時にも、トランクルームをぜひご利用ください!

真冬のバイク乗り

こんにちは、
寒い日が続いておりますが、皆様におかれましてはお変わりございませんでしょうか?

っというか、流行ってますよね、風邪もインフルエンザも、ノロも…(^^;)

乾燥予防のために、マスクは片時も離せませんし、
石鹸での手洗いも有効な手段だそうですね。

とにかく、予防は念には念をいれて行いましょう!

しかし、こんな時期にバイクに乗っている人も、相当なマニアかとは思いますが、そんな人達のことと、彼らに対するいくつかの提案などを、今日は書かせていただきます。

第して…

【真冬のバイク乗り】

こんな時期に、バイクに乗るって…

バイクは概ね、屋根がありません。ドアも無いし、窓もない。
閉めるべき“扉”的なものは、何一つないのが当たり前です。

いろいろなバイク
左上と右中がネイキッド、右上と左中がスクリーン付き、左下がフルカウル、右下はハーフカウルモデル

でも最近では、屋根が付いたバイクだとか、屋根はないけれど、走っているとほとんど風が当たらない様なスクリーン、フェアリング(カウル)を装備したバイクなどが出回るようになりました。(「屋根付きバイクのススメ」なるページが!)

屋根付きバイク
屋根付きバイク

だから、どうしても雨風に当たりたくないライダーさんたちは、屋根付きタイプのバイクを選べるようにもなってます。

只、そういったタイプのバイクはどちらかというと、雨でもバイクに乗らねばならぬ、新聞配達のみなさんや宅配ピザ屋さんなどが愛用しているようですね。

便利な時代になりました。

 

仕事の方はまあ仕方ないとして、私用で乗っている人、用もないのに乗っている人?もいるのには驚きますw

私もそれなりにKUFU(工夫)しながらこの時期バイクに乗っています。そんな工夫を少し、ご紹介しましょう。

やはり“工夫”は必要だ。

いくらバイクが好き!な人だろうと、やはりこの時期、バイクに乗るには勇気が要ります。何せ気温が10°C以下だと、体感温度は5°以下、高速道路を走る時など、直接風が当たる場所の温度は0°以下になることもあります。
これに風(風量、方向等)の影響も更に加わるので、冬にすんなり出かける決心をするのは、相当好条件でないとありえません。
大概「どうしようかな?やっぱ電車にしちゃおうかな…」なんて散々悩んだ末に、「でもやっぱバイクに乗りたい!」となるのですよw。

夏の間はクソ熱くて「捨てたろか!」と思っていた股下のエンジンも、この時期ばかりは抱きしめたくなるほど暖かく愛おしい存在になりますw。

最近のバイクは、比較的ネイキッド(裸=カウルなし)が流行ってますので、乗ってる人は走行風を受け放題!その状態で、例えば12℃の気温の中を50km/hのスピードで走ると、体感温度は5°以上下がりますから、一遍に季節が「中秋」くらいから「厳冬」に移ったくらい変わるのです。

ハーフヘルメット
ハーフヘルメットは寒い!

顔を出してるハーフヘルメットなどを被っている人達は、頬で直接この温度を体感している事になりますね。随分我慢強いことでw。

冬はやっぱりフルフェイス!これは間違いありません♪
(安全のためには一年中フルフェイス!がよいのでしょうが…)

フルフェイス
冬はやっぱりフルフェイス!

バイク用のウエアについても、いろいろありますね。

私もユニクロさんのウルトラライトダウンのジャケットを持っていますが、あれでは正直バイク用としては寒すぎます。薄いので風を通すし、ダウンも保温性が高くありません。

また表面のナイロンが薄いので、ちょっとした衝撃にも破れてしまう可能性があります。走行中木の枝に引っ掛けたり、あやまってコケたら一撃でオシャカでしょうし、バイクの熱いマフラーなども“天敵”といえるでしょうね。

ダウンジャケット
ダウンジャケットはバイク向きではありません。

ダウンジャケットは普通の綿のジャケットより高価だしひ弱で、バイク用としてはオススメできません。

バイク用ジャケットの定番・革ジャンなどは安全性は高くカッコは良いのですが、薄手のものですと表面の冷たさがそのまま体に伝わってしまい、とても寒い思いをします。

革ジャン
革ジャンは薄いと寒い。厚いと重いw。

フライトジャケットなどの中綿のたっぷり入った物があれば防寒性は良いと思いますが、欠点は重いこと。長距離のライディングは結構肩から背中が凝って辛いです(´・ω・`)。

ラム革のジャケット
ラム革の冬用ジャケット 出典:http://ecx.images-amazon.com

やはりライディングにはバイク用のジャケットが一番ですね。
厚手のナイロン製のアウターに、防寒素材の脱着式インナーを組合せたものだと、春・秋・冬の3シーズン使えます。
胸部と肩、脊椎、肘などにパットが入っていることが多いので、安全性も段違いに高いです。また、これらのパットが入ると暖かさも増しますよ。

極寒仕様のバイク用ジャケット
極寒仕様のバイク用ジャケット
出典:http://item.shopping.c.yimg.jp

防寒性はインナーの性能にもよりますが、最近高性能下着(ヒートテック等)電熱インナーなどと組み合わせると、かなりの低音まで対応可能です。

最近はこれらの“電熱グッズ”が非常に充実しており、お値段は多少張りますが、冬のライディングをとても快適にしてくれます。
ライディングウエアの上下に加え、手袋・靴下まで、全部電熱仕様というバイク乗りもいらっしゃいますね。(全部揃えると10万円は軽く飛びそうですが…(^^;)

暖かくしておくことは快適性が上がるだけではなく、指先や体の動きを確保できるので運転操作も安心です。出来るだけ暖かくしてお出かけ下さい!

科学の進歩は、目覚ましい!か?

上記グッズの電源は全部、バイクのバッテリーから直で取ることが多いので、余程調子の悪いバイクでなければ、電池切れの不安なく数日くらいのツーリングには出られます。

物によってはUSB電源仕様のものもありますので、それはそれで、お手軽に使えることでしょう。
私は腹巻き状のベルトにヒーターが入ったタイプを使用していますが、これくらいでも十分に恩恵を感じます。ヒーター面積は小さいので、お腹と腰回りの2箇所だけがほんわか暖かく、小さなバッテリーでも2~3時間は使えますので、走行距離により、バッテリーの大きさを決めています。

また最近は車体にもUSB端子が付いたものも多く、気軽に充電できるスペースも増えてきたので、ツーリング途中でも継ぎ足し継ぎ足し、暖かさを保っていけます。

まあ、昔は使い捨てカイロ的なものでしのいでいたのが、電熱に変わっただけですね。きっとコストパフォーマンス的には、カイロの方もいい線行ってそうですが…(*^^*)、全身を温めたいなら、絶対電熱グッズが便利です!

バイク側の冬仕様

前段では“バイク乗り(人間)側の冬仕様”を見てきましたが、当然“バイク側の冬仕様”というのもあります。

でも、はじめに言っておきますが、これは正直“形を変えてしまう”というものですので、「どうしても嫌だ!」と言う方が多いという事も承知しております。

例えば、何をするか…。

フロントに風よけのスクリーンを立てる!

ハンドルのグリップ部分を丸っと覆う、ハンドルカバーを付ける!

ハンドルに、グリップヒーターを取付ける!

レッグシールドを付ける!(スクーターならひざ掛け?)

 

これらを付けると、確実に“ビジネスバイク”っぽくなりますw。

フロントスクリーン
フロントスクリーンを付けると、かなり風を避けられます。

フロントスクリーンハンドルカバーは、かなり形の良いものも出ておりますので、ある程度のモノを選んでおけばそれほどビジネス!という感じはしないと思いますが、「レッグシールド」は究極でしょうねw。

ホンダ 新型スーパーカブ125
ホンダ 新型スーパーカブC125 https://www.honda.co.jp/news/2018/2180628-supercubc125.html

いわゆる“カブスタイル”のバイクに付いている“アレ”ですが、雨でも乗らなければならないビジネスユーザー(蕎麦屋さんの出前、新聞配達等)が、少しでも濡れない様に、汚れない様に、寒くない様にと付けられたそうです。

その昔望月三起也先生の「ワイルド7」という漫画に出てきた主人公の飛葉の愛車HONDA CB750の白バイ仕様に付いていたレッグシールドがメッチャかっこよく、シールドの裏側に秘密武器が装備されているのを見て、痺れたものですw.
このレッグシールドがフロートになって、湖の上を走ったりしたような記憶がありますが、ホントかな?w

ワイルド7
これがレッグシールドだ! https://www.amazon.co.jp/%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%897-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF-Motor-Magazine-Mook/dp/4862794394

唯一最後のレッグシールド標準装備だったビジネスバイクのHONDA ベンリイ CD125Tは、2001年発売を最後に絶版車になってしまいました。
今やカブの独特のレッグシールド以外に、バイク用レッグシールドってのは絶滅に近い状態です。

CD-125T
HONDA CD-125T

その他のものは現役バリバリで、最近はかなり市民権を得ている印象です。
特にハンドルカバーの普及はかなり進んでいると言えますね。
何しろ手の指を寒さから守らないと、イザという時に反応出来ないってことになります。特に右手はアクセルとフロントブレーキを操作するので、一番重要です。

ハンドルカバー
ハンドルカバーを付けると、かなり暖かい。

ブレーキの操作はかなりデリケートで尚且大胆に扱う必要があるので当然ですが、アクセルについても特に大排気量車になると微妙なタッチを要求されますので、感覚が鈍ると扱いづらくなります。

左手は本来クラッチを操作しますが、これは発進や渋滞等での半クラでのノロノロ走りの際に細かい動作が要求されます。
また、意外に重要なのがウィンカーの操作。レバーを左右に倒す操作とそれをキャンセルするためにレバー自体を押す操作が必要になります。これがレバーの形状などにより、指の感覚がないとほとんど出来なくなってしまいます

写真の様に最近はスタイリッシュなものが増えてきたので、取り付けてもそれほど野暮ったく見えないのか、結構若い人たちも付けているのを見ます。

私の様なおじさんは、特に問題なく使ってますが、もっと若い人も気軽に使えるようになるといいですね。

バイクの冬用タイヤって?

これまで「冬でもアクティブにバイクに乗るライダー」たちの姿を眺めてきましたが、どうでしょう?これだけアイテムが揃えば、冬の寒さもそれほど恐れるものでもない!っという気になってきたんじゃないですか?w

キチッとした装備と、適切な計画と休憩、情報収集などに気を配れば、冬でもツーリングに行ける!ということを、ご理解いただけましたか?

冬のライディングのためには「雪」という要素も関わってきますが、出来れば雪の中でのライディングは控えるべきでしょう。正直大型バイクなどはどうにもなりません。すぐコケます(^^;)。

雪国の方で、どうしても冬でもバイクに乗らなくてはならない(郵便局員さんとか)用には、スタッドレスタイヤ的なものも出ているようですが、サイズ的に小型バイク用のものしかないので、機種は限られますね。

どうしても雪の中でバイクで走りたい場合は、小型バイクを手に入れて上記のタイヤを装着するか、自分で“スノータイヤ”を作ってしまうしかありません。最近は三輪バイクなども増えてきましたので、今後は雪でも走れるバイクというのも出てくるかもしれませんね。

バイクの冬用タイヤ
バイクの冬用タイヤ

いずれにしても、冬用タイヤは夏には履けませんから、それも夏冬で履き替えが必要になります。

さてさて、荷物が増えてくると…

冬に便利なこれらのグッズ、でも春には全部いらなくなりますよね…。
外すのは良いとして…
それって何処にしまっておくの???

全国1000万人の加瀬倉庫ファンの皆様!?
お待たせしました!漸く出番ですよ~w

そうそう、加瀬のレンタルボックスで、マルっとお預かりしますよ♪

日頃使うものから、年に何回かしか使わないものまで、
全部まとめて入れちゃって下さい!
屋外のコンテナだから、多少ガソリン臭くてもオイルっぽくても大丈夫。
気兼ねすることなくしまって置けますよ!

レンタルボックスでバイクを保管!
レンタルボックスでバイクを保管!

雨や雪の中でびしょびしょになったウェアー類も干して置けるし、
ちょっとした修理やオイル交換などの軽作業も行えます。
洗車はちょっとむずかしいけど、洗車したての綺麗なバイクを綺麗なまま保管しておくことが出来ます。

お庭などでシートカバーをかけて保管しておくと、カバーの内側にホコリが入り込み、シートを取ったらうっすらホコリを被ってた、なんてことありませんか?

レンタルボックスに入れておけば、こんな事は無くなります!(まあ、あまりに長期の場合は多少は溜まるかもしれませんが…(^^;))
バイク専用の「バイクヤード」もありますので、条件やご予算などによってお使い下さい。

加瀬のバイクボックス
加瀬のバイクボックス

一年を通して、バイクを楽しみましょう!

っというわけで、スキーやスノボのようなウィンタースポーツと違い、バイクも年間通して楽しめるスポーツ、として捉えている人や、一年中バイクに乗らざるを得ない人々にとってみれば、今回紹介したようなギヤ類はある意味“命綱”のような存在です。

それらを大切に保管し、次のシーズンもまた役に立ってもらえる様に、これからは加瀬のレンタルボックスを活用してみては、いかがでしょうか?

皆様のご利用、お待ちしております!

今年も年末、身の周りの整理に加瀬倉庫!

お寒うございます。(今日は温かいですが…)

まだまだ寒暖の差が激しく、一度風邪を引くとなかなか治りませんね。
うがい・手洗いを十分行い、睡眠を取って風邪を引かないようにしましょう!

さて今回は、後一ヶ月と迫った年末・年始に向け、
加瀬倉庫としてのいろいろなご提案を行わせていただきます!

年末年始は、当社、いろいろお役に立ちますよ!

今年のホコリは、今年のうちに…

片付けるにも、まず場所を作らねば…

さて年の暮れ
今年のホコリは今年のうちに落としておきたいものです。

大掃除

しかし、ホコリを払うにも、まずそこにある物をどけ、下敷きになった物を救出してからでないと、掃除すら出来ません。まず床が見える様にしないと…^^;。

上にあった物をどけると、そのどけた物は往々にしてその行き場を失い、別の物の上に乗る、なんて悪循環、繰り返していませんか?w

片付けるにもホコリを払うにも、まず場所を確保する事が肝心。

しかし、この狭い我が家の、一体どこにどければいいの?

っとおっしゃるアナタ!
加瀬のレンタルボックス・トランクルームは、1ヶ月からでもご契約いただけるのをご存知でしたか?

邪魔なものはレンタルボックスやトランクルームに預けておいて、思う存分、ご自宅のお掃除やお片付けを行ってみる、というのはいかがでしょう?
きっと、これまでのどの年よりスッキリと、気持ちの良い大掃除ができるでしょう。

レンタルボックス

預けた荷物は、そのまま入れておくもよし、場所を作って素早く家の中に戻すもよし。家の外側に置く場所ができるだけで、随分と心に余裕ができると思います。

今年は是非とも、レンタルボックス・トランクルームのご利用をご検討下さい!

年2回の“衣替えシーズン”を乗り切る!

当然ですが、冬は寒いです。
季節の移り変わりとともに、長袖のシャツが欲しくなったり、ダウンのジャケットが欲しくなったりと、その季節に対応した衣装が必要になります。

冬物として春先にダンボールや押し入れの奥底にしまいこんだ衣類・用品を引っ張り出し、夏物と入替えにタンスやクローゼットに掛けていきますね。

衣替え

この入れ替え作業が一大事!

毎回毎回、大変な労力が掛かってしまいます。
仕舞うものの洗濯やクリーニングも大変ですよね。

こんな時は、トランクルームをご利用になると便利です!

トランクルーム

出すもの、入れるものを別々に保管できますから、
場所にも余裕が出来、作業もラクラク♪

空調の効いて乾燥した日の当たらない場所に保管するので、
衣類にも優しく、日焼けやカビなどの心配も無用です!

トランクルームを上手に利用して、衣替えのシーズンを乗り切りましょう!!

夏用・冬用のタイヤ、どうしてます?

12月となれば、各地で雪、特に積雪の話題が聞こえ始めます。

雪国ではもうすでに、そして関東地方辺りでも北の方ではそろそろですね。
先週の週末は、那須高原でスキー場開きが行われておりました。(人工雪だと言うことでしたが)

雪や氷の便りが聞こえてきたら、気になるのはタイヤの事…。
そろそろスタッドレスに履き替えないと。
これ、結構面倒ですよね。

タイヤの入替え

最近は大手タイヤチェーンなどで、“履かないタイヤを預かる”サービスを始めているお店もありますが、まだまだ数も少ないようなので(抽選だったりしますよね)、ご自宅保管の方も多いことでしょう。これがまた、場所を取るんだ…。
アパート、マンション等の集合住宅の場合は、室内保管はほぼ無理ですよね。

ここはやはり、レンタルボックス・トランクルームをご利用下さい。

特にレンタルボックスは、車で真ん前まで運べますので、とっても楽ちんですよ。多少の汚れも気にならないし、置き場所としてはベスト!って感じですね♪

市街地から少し離れた場所なら、意外にお安く使えたりもします。
サイトを見ていただけると、とってもお得なキャンペーン価格が設定されているヤードを集めた「特選物件」のコーナーありますので、お見逃しなく!

特選物件

どうせ半年に一回程度の事ですから、多少家から離れていても問題ないのでは?

私も結構郊外のレンタルボックスを借りていた時期がありました。
ちゃんと問題なく機能していたのはもちろん、都内に住んでいるとあまり車を動かさないので、ちょうどよいドライブになってました(^^)。
みなさんも、是非チャレンジしてみて下さい。

レンタルボックスは、バイクや自転車の“冬眠”にも…

室外のコンテナ型であるレンタルボックスは、1階ならばバイクや自転車も、そのまま入れておけます!(バイクで2階は、物理的に無理ですよ)

バイク専用で使っている方もいらっしゃいますが、ほとんどの方は、家庭の荷物とバイク、レジャー用品などを一緒にしまわれているようです。

バイクの場合、冬眠をさせるのならガソリンを抜いておくかどうか迷う所ですが、専門家に聞くと、ガソリンタンクはサビ防止のため満タンの方が良いです(ガソリンコックはオフに)が、キャブレター車の場合はキャブの中に入っているガソリンはドレンボルトから抜いておいた方が良いとの事でした。
(「MOTOR HACK 冬の間のバイクの正しい冬眠保管方法」より)

バイクとガレージ

まあ、理想は2週間に1度、悪くても月に一度は実際に走ってみる事をオススメされましたw。

外は寒いけど最新のギヤ(専用衣服)類に身を包み、颯爽と走るバイクはカッコいいですよね。
ヘルメットやギヤ類、部品類などをしまっておくのもいいですし、寒い日には、中で整備なんかしちゃうと良いかもです。
(しかし、ドアを締め切って作業していると酸素不足になる可能性があります。十分ご注意下さい)

自転車の整備にも使えますね。

自動車は…、入れてはダメです。底が抜けてしまいますよw。

トランクルームは衣装室!

最近よく聞くのが、コスプレーヤーさん達の活躍ぶりです!

コスプレーヤー

駅に近いトランクルームなどを利用して、コスチュームの保管や着替え、制作などにも使われているそうです。そしてそのままコミケ会場へGOOO!

やはり強烈な趣味性にやられると、いつでも何処でもキャラクターになりきって生きていきたいのだと思いますよ。その気持、わかりますw。

コスプレ仮面

何と言っても“趣味専用の部屋”ができるのは嬉しいですよね。水回りや余分な設備は必要ないので、家賃と考えても格安です!
但し、絶対に中で“住む・暮らす”事はやめてくださいね。多くの方々のご迷惑になるだけでなく、ライフラインが無いし安全も確保されていないので、とても危険な行為だと思って下さい。

詳しくはこちらに…(レンタル収納スペースに人が住む事は出来ません!

さてさて、身辺整理が終わったら…

年末が終われば、すぐに年始!=お正月です♪

私も昔はお正月が楽しみだったものです。おせちにお雑煮、お年玉をもらっておもちゃ屋さんで買物したり、凧揚げやコマ回しのために友達と集まったり。

そうそう、その前に“初詣”も楽しみだったな~。

菊名神社の大鳥居

大晦日など、この日ばかりは遅くまで起きていても怒られなくて、紅白見て、除夜の鐘を聞いてから、家族で近所の氏神様の所に行ったのが良い思い出です。

当時の事って、買ったもの(物品)の思い出なんかよりも、やった事(経験)の思い出の方が全然覚えてるものですね。アナタはどうですか?

今年、初詣に行きたいのは、ズバリ、菊名神社!

12月限定「年越大祓」御朱印
12月限定「年越大祓」御朱印

何故かと言うと、面白そうだからw。

ここの神様たちは、5人もいるのです。(菊名神社の御由来・参照)
それぞれ個性豊かな神様が寄り集まって、菊名神社になっているそうなのです。
だとしたら、いろいろな願いを聞いてもらえそうじゃないですか!

本来初詣というのは、あくまでも新年のご挨拶で、あまり願い事をしてはいけない(ッと言うか、言われた方も覚えきれないと思うが…)、とよく言われますが、5人もいるなら結構ポテンシャルが高そうに感じてしまうのは、私だけでしょうか?w

がまんさまの像

またこの神社、メインキャラクターは「がまんさま」
手水鉢をささえる四方の支柱になっている鬼の石像のことで、しゃがみ込んで手を握りしめて必死に耐える姿が微笑み(涙?)を誘いますw。

いろいろなものに“耐えている”感じが、素敵ですよ。
本堂入口の横にも一体いらっしゃいますので、是非見てあげて下さい。

神社のロゴマーク的にも使われてますよ。

がまんさま

その他にも、狭いながらも結構“見どころ満載”なところが良い感じです!
うどんのキッチンカーとか…(謎))

場所もJR横浜線、東急東横線の菊名駅から徒歩3分と近く、夜中にチョコっと初詣なんて時には便利ですね。

近くには年末年始もほぼ通常営業のサミットストアトレッサ横浜MEGAドンキホーテなどもあるので、初詣帰りにちょっとお買い物なんかにも便利なのです。

さてさて、今年も残す所わずかです。

身の回りを整えたり、要らないものを整理したりして、スッキリした形で新しい年を迎えたいものです。

そのために当社は、いろいろ便利なアイテムをご用意して、皆様のご利用をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。

高速道路から見えた加瀬ビルに行ってみた!

こんにちは、ゆたろうです。

以前、高速道路の車窓から見えた加瀬ビル164。調べてみると、東京都港区の海岸にあることが判明したのですが、この近くに行く用事ができたので、今度は直接現地を訪ねて下から見上げてしまおうと思い、改めて加瀬ビル164に足を運んでみました!

公共交通機関の最寄り駅は、ゆりかもめの竹芝駅もしくは日ノ出駅が近い(両駅の中間地点にある)のですが、この日はJR浜松町駅で下車して目的地まで向かうことにしました!

旧芝離宮恩賜公園を横目にしつつ、竹芝桟橋に向けて広い通りを歩いていると、その頭上に何やら道路のようなものを建設しているようです。

これを見て、最初は新しい高速の出入口でも造るのか?と思ったのですが、その後聞いた話では、現在建設中のビルから高速道路を跨いで浜松町駅まで直結する動く歩道なのだとか!?

JR浜松町駅から竹芝桟橋側に出ました。ちょうど新幹線も通過してます。
旧芝離宮恩賜公園の入口です。浜松町駅からすぐの場所にあります。
高速道路を跨ぐようにして造られていたので、インターチェンジの道路なのかと思いましたが(それにしては幅が狭いですね^^;)、実際は浜松町駅駅と繋がる歩道となるのだそうです!なんだかすごいですね!
未だに駅までは繋がっていない状態です。目標は2020年の東京五輪なのだと思いますが、果たして間に合うのでしょうか?(^^;
高速道路下の交差点に到着。目的地周辺の地図を見ると、ここを右に曲がってまっすぐ進めば到着出来るのですが、そのまま直進しました。

高速道路の下を進まず、更に道を直進して竹芝桟橋を目指します。このルートだと遠廻りになってしまうのですが、なんとなく桟橋を経由して行きたかったのです。(笑)

竹芝桟橋に近い場所まで進んで行くと、少し広めな横道の先に、加瀬ビル164の姿が見えました!

竹芝桟橋すぐ近くの横道から、その視線を先に向けると、加瀬ビル164が見えました!
ゆりかもめの竹芝駅も近いです。
北側に視線を移すと、とうきょうスカイツリーが見えました!この位置からでも充分見えるのですね!
竹芝桟橋前の広場に到着です。 中央には、船のマストを思わせる柱が大きく主張して、中々良いです。
竹芝駅の近くまでやってきました。竹芝桟橋に隣接する様に位置しております。

竹芝桟橋を経由して、更に高架下を南に進んで行きます。

橋に到着し高い位置に至ると、高速道路も見えてきて、そのなかに加瀬ビル164もありました!

ゆりかもめの線路下を更に進んで行きます。この橋を越えると、目的地もすぐ近くです。
橋の一番高い位置までやってくると、高速道路が見えてきました!その中に、加瀬ビル164の姿も!
橋の反対側を見ると、お台場にあるテレビ局が見えました。
この道路を先に進んで行くと、ゆりかもめの日ノ出駅に到着します。近くには、日ノ出桟橋もあり、水上バスに乗ることも出来ます。
目立つ意匠が施された遊覧船にも乗ることができるようです。
海岸通りが一直線に続いてます。
この横断歩道を渡れば、遂に加瀬ビル164に到着となります!さすがに広い通りなので、信号が青に変わるまではちょっと待ちます(-_-;)

高速道路沿いにあり、運河と挟まれるように位置している加瀬ビル164は、建物が並び立つ北端に位置しているので、地上から見ても目立ちます。逆に、入口は小さく地味な感じなのが印象的です。

ここにトランクルーム 港区海岸ガレージ倉庫 港区海岸があります。

所在地:東京都港区海岸2-1-5
建物の大きさに比べて入口が小さく感じられました。周りがコンクリート風なこともあるのかもしれませんね。隣にはお得な自販機もあります。
入口は自動ドアで、カードキーを使って入館。上層階はトランクルームです。
ビル入口隣は、ガレージ倉庫となっております。

ここで登場した「ガレージ倉庫」とはどんな場所でしょう?
簡単に言うと、「ガレージであり、倉庫である」ということです。

ん?ちょっとヘンですか?w

ガレージの様に、自動車やトラック、バイクなどが直接出入りでき
尚且内部に広いスペースがありますから、
お客様の思う通り、どういう風にもお使いいただけます。

引っ越し荷物の一時保管や、在庫の出し入れにも便利ですので、
大きめの荷物にお困りの方は、一度ご検討ください。

 

さて、高速道路と運河に挟まれたビルには西陽が当たり、水面やビルたちをキラキラ輝かせておりました。

交通量の多いだろう平日ではなかったので、周囲も人影はほとんどなく静けさがあり、それがいっそう不思議な雰囲気をさせていたように思います。

この日は、良い天気でした!
ビル横の歩道入口にある表示板。水路に架かる橋を渡って道なりに進んで行くとJR浜松町駅に、ビル前の横断歩道を渡りゆりかもめの高架下を進んで行くと、日の出客船のりばに行くことができます。
水路の周りには、背の高いオフィスビルがたくさん建ってます!
この橋を渡り、道なりに進んで行くとJR浜松町駅に至るようです。恐らくは、旧芝離宮恩賜公園の南側を通って行くのでしょう。
橋の中央から加瀬ビルを眺めてみました。西陽が当たってベージュの外壁がより際立ってました。
加瀬ビル164の隣のビルは、立地に合わせて横に幅薄で横に長く建てられてます。
ゆりかもめ車内から撮影してみましたが、逆光で暗くなってしまいました・・・(^^;

今回、改めて加瀬ビル164を間近で見ることができましたが、東京湾の近くにあって色々な角度からみられる加瀬ビルというのも珍しいのかもしれません。

後は、あるとすれば川崎・横浜方面でしょうか?

こちらのビルは、もしかしたら遊覧船や水上バスからも見られるかもしれないので、機会があったらシャッターチャンスを狙ってゆきたいところです。

では、次の場所で!

夏のレジャーはキャンプに釣りに海水浴!!

皆さん、こんにちは!

先週は寒いなぁと思っていたら、急に夏が来たような暑さになりましたね。

気温の変化に身体がついていかないです(汗)
皆様お体ご自愛下さいませ・・・。

夏のレジャー

とはいえ夏はキャンプに海水浴と楽しみにしているレジャーが盛りだくさん?
キャンプでBBQに川で釣りに海で海水浴?
でも、キャンプで使うテントにBBQコンロ、釣りで使う釣り竿にクーラーボックス、はたまた海では浮き輪にパラソル・・・

色々買ったはいいけど保管場所がない・・・。

そんな時にオススメしたいのが加瀬のレンタルボックスです!

レンタルボックスにも屋外にあるものと室内にあるトランクルームがあり、
トランクルームであれば0.5帖から広さをお選びいただけます。

トランクルーム

24時間出し入れ可能ですので、
明日いきなりキャンプや釣りや海水浴へ行くことになった方でも、
お仕事終わりに必要な道具を取り出しに行くことができますね♪

お部屋に収納スペースが少なく、レジャー用品を収納しきれない方や、
お洋服が好きでクローゼットに入りきらない方にも、
一時的な保管場所として是非ご利用いただきたいです!

こちらからお近くのレンタルボックスやトランクルームを、
是非探しに来てください。
https://www.kase3535.com/

タイヤの付け替えと置き場所

すっかり暖かくなってきましたね♪

桜も満開季節が終わると、やらねばらないことがありますよね。

それは・・・

自動車のタイヤの付け替え!

諸事情で、雪国へ毎年車で向かう我が家では、冬用タイヤ(スタッドレス)は必需品です。

秋には、夏用タイヤから冬用タイヤへ
春には、冬用タイヤから夏用タイヤへ

年間行事としてタイヤの付け替えを行います。

タイヤの交換
そこでの一番の難題は…、
使用していない方のタイヤの保管場所です!(こちらを参照!)

庭のない我が家では、タイヤの保管場所、本当に困っています。

現在はというと・・・
実家にお願いしているのですが、、、なんとかならないでしょうか?

今年も、実家で付け替えしました。
実家の方では、まだ桜が満開です。

さくらが満開

年に2回、付け替えのために帰省をするし、
実家でも「タイヤなんとかして!(怒)」と言われ続けています。

できれば、雨風、日差しをよけて保管できる場所が希望です。
さらに言えば、家の近くか、付け替えができるスタンドなどの近くが便利です。

そんな時、トランクルームという選択肢!!これは、使えるかも。
早速、調べてみよう!

一緒に、工具や車のグッズなども収納できたらいいですね。

実家への往復の交通費も結構かかるし、
その予算でトランクルームをレンタル♪♪♪

いい選択肢かもしれません。

自宅の庭を貸す?庭シェアリングという新発想!

こんにちは!

念願のAI音声認識システム搭載スピーカーAmazon Echoは手に入れたのですが、そうなるとどうも“他の機種”の性能も気になってしまい、ついつい安売りしていたGoogle Home Miniもポチってしまいました!(*^^*)
Google home

絶対イヤと思っていた「OK Google」という起動ワードを言わねばならぬので気が重いですが、それでもGoogleの底力を見てみたい、とも思うのでありますよw。

さて今回は、空き家問題が悪化の一途である昨今に、一つの解決策として注目されている「庭シェアリング」という運動にフォーカスしてみました。

 

庭共有で、空き家になる前からコミュニティを形成する!

空き家問題は、空き家になる前が解決のポイント!?

「空き家問題」とは、ご存知のように高齢化が進む現代、住む人がいなくなり、誰も管理せずに放置された家が増え続けている現象を指すもので、債権者が死んでいる場合、取り壊すことも再利用することも出来ずに、ただ朽ち果てるのを見守るだけとなってしまいます。

都会では浮浪者や犯罪者のたまり場になることも予想されますし、地方では害獣などの巣窟になってしまうことも考えられ、早急な対策が求められております。

これらに対する解決策として、横浜市立大学「空き家問題の課題解決」に取り組む授業を行っている齊藤広子教授は、「空き家になってからでは遅い。その前から所有者やその家族と関係づくりをしていくことが重要」と考え、授業を受ける学生たちとヨコイチ空き家利活用プロジェクトを、2016年からスタートさせていました。
現在同大学の国際総合科学部まちづくりコースの3年生、50名が参加しているとのことです。

昨年は京急電鉄の賛同を受け、築40年の民家をリノベーションし、留学生や日本人学生のシェアハウスとして再生させることに成功した、ということです。
横浜市立大学と京急のプロジェクト

そして今年は、“庭シェアリング”

2年目の今年は、空き家になる前に住民や家族との関係を作るプロジェクトとして、「庭シェアリング」に取り組んでおります。

このプロジェクトは、約40年前に開発された分譲住宅が立ち並ぶあるエリアで調査を行った結果、すでに空き家状態の家が全体の5%程度の27件あることをつかみました。

更に調査を進めると、人が住んでいる住宅でも、70坪前後と比較的広い敷地の中が雑草などで荒れている事に注目し、この場所を整備して近隣のマンションの住人などに安価で貸せれば、お互いのメリットになるのでは?という学生の発案から生まれたとのことです。
同時に、老人宅の孤立化も防げるし、新入居者の地域コミュニティへの参加促進にもなるため、地域社会にもメリットがあります。

しかしやはり長年住み慣れた我が家に、庭とは言え赤の他人が入ってきて自由に使われるというのは、高齢者にとっては高いハードルとなります。
そのため学生たちは、草むしり5分300円日常の家事代行5分100円などという格安な価格で引き受けることでお年寄り達との信頼関係を構築し、賛同してもらえる様に、作戦を立てました。

そして2017年10月21日に地元自治会に挨拶に行き、29日の秋祭りからボランティア業務を本格的に開始、同時に「庭シェアリング」の事を説明するためのチラシを配布するなど、告知活動を行ない始めました。

まだまだ先は長いが…

 

「庭シェアリング」は一つの手段であって、目的ではありません。この事で地域住民通しのコミュニケーションが進み、新しい関係性の中、土地や建物の活用について、積極的に話を聞いてもらうチャンスを作ることで「空き家問題」の解決につながる、と齊藤広子教授は考えています。

次の段階としては、高齢家族や独居老人宅に地方出身者や留学生などを同居させ、高齢者を見守るとともに空き家にしない努力を続けていく事と考えているのです。

これらの実験の結果を踏まえ仕組み化することで新しい法整備も進んでいくでしょうし、次の世代に引き継いでいくべき限りある資源を有効利用していける社会になる、といえます。

これからも、これらの実証実験には注目していきたいと思います。

当社の不動産活用は…

ここで一つ、お知らせしておきます。

加瀬グループでも、数々の土地活用・建物活用のソリューションを取り揃え、皆様のご用命をお待ちしております。

どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談下さい。

◎土地活用について … 「加瀬の土地活用スペシャルページ」

◎建物活用について … 「加瀬の空室活用スペシャルページ」

よろしくお願い申し上げます。

 

「貸し看板」も加瀬におまカセ! 日本初!?電子看板もスタート!

▶▶▶加瀬グループの近況ニュース!◀◀◀

ロードサイドの目立つヤツ!加瀬のレンタルボックス

今年のゴールデンウィークも、終わってしまいましたね…。
そして、新しい一週間が始まりました。

GW中には自動車などでお出かけした方も多いと思いますが、
ドライブの最中に、当社のコンテナをお見かけにならなかったでしょうか?

当社のメイン・アイテムが、あのロードサイドに並んだコンテナ製の「レンタルボックス」です!
大きいでしょ?あの大きさなら、普通の家庭用品は何でも入ってしまいそうですね♪

ロードサイドのレンタルボックス
ロードサイドのレンタルボックス

●ご注目ください!加瀬の貸し看板!

そしてもう一つ、自動車のマドからよく見える位置に「カンバン」が付いていたのはお気づきでしょうか?

加瀬のレンタルボックスの大きなコンテナには、道路からよく見える位置に「カンバン」を付けることが出来るのです。

基本的には

◎コンテナ壁面タイプ-6.0m×2.4m/2.4m×2.4m
◎コンテナ上部設置タイプ-6.0m×1.8m/4.8m×1.8m/2.4m×2.4m
◎野立てタイプ-フリーサイズ

という種類があります。

また、これらをいろいろ組み合わせて使うことも可能です!

壁面タイプと上部設置タイプ
壁面タイプと上部設置タイプ

ちなみに、オススメの設置場所はこちら!

そしてもう一つ、大切なお知らせが!

日本初!かもしれない?「電子看板」が導入されました!

加瀬の電子看板イメージ
加瀬の電子看板イメージ

これは、コンテナの側面に大型液晶モニター(幅3.46m、高さ1.78m)を取り付けて、そこに動画の広告を配信すると言うもので、
1号機は神奈川県川崎市幸区小倉5-24  尻手黒川・環状2号交差点に設置済みです。

そして2号機は、神奈川県横浜市港北区の大豆戸(まめど)陸橋近くに電子看板を設置予定となっております。

稼働の様子などは、追ってこのブログでもご紹介いたします。

広告のお値段や素材の制作については、お気軽にお問合わせ・ご相談ください。
ホームページは、「加瀬の貸看板」
電話番号は045-477-2883まで!

ではまた、お目にかかりましょう。
お元気で。