武蔵小山駅近くのトランクルーム

こんにちは!レポーターのゆたろうです!

新型コロナウイルスの感染が国内で拡がり、学校が休校となったりなど社会が騒然となるほんの少し前に、東京都品川区の武蔵小山に行ってきました。

東急目黒線武蔵小山駅の周辺には、複数のトランクルームが存在しているようで、このトランクルームを訪問することと、近年の再開発によって駅前の風景が激変したそうで、その様子も見ることもが目的です。

地下にある武蔵小山駅から地上へ出ると、新しく建てられたタワーマンションが目の前にそそり立っておりました!再開発される前は、この駅前も小さな一軒家が並び立って、飲み屋街などもあった記憶があるのですが、それらがタワーマンションに取って代わられてしまったような、そんな変貌ぶりでした。

タワーマンションの地上に近い3階くらいまでは、商業スペースになっているようで、飲食店も多数入居しているようでした。

そんな、夕日がかなり落ちてきている駅前から、目的のトランクルームに向けて出発です。この日は天気も良く、西に沈んでゆく夕日も綺麗でした。駅横の広い通りを目指し歩いていると、丁度ビルの谷間に太陽が沈むような風景を見ることができて、ちょっとセンチメンタルな気分にもなってしまいます。(^^;

武蔵小山駅の地上出口の一つです。駅前には高いタワーマンションが建っておりました。
駅前のバスロータリー
バスロータリーの側から、近くの広い通りに出るため西へと進みます。

広い通りに出たら、北に曲がってまっすぐ進んでゆきます。

地図を確認すると、目指すトランクルームはこの通り沿いにあるようです。

日が沈んでかなり暗くなった通り沿いを進んでゆくと、すぐに”目黒区”と書かれた標識が見えてきました。降りた駅は品川区、目的地は目黒区ということで、今回は区を跨いで移動となります。w

この通り沿いにも、ラーメン屋や蕎麦屋などの飲食店が点在して、灯りに照らされた看板を見てしまうとお腹が空いてきてしまいますが、撮影のためにもまずは北上です(-_-;

暮れかかった町を貫く広い通りを歩いて、目的地を目指します!
道路の中央から撮影してみました
少し進むと、目黒区に入りました。

目黒区に入って少し進むと、目黒区中央体育館入口の交差点に到着しました。どうやら道路の拡幅工事中のようで、ここを左に曲がってゆくと体育館に到着できるようです。

この曲がった通りの先にも、バイクボックス(目黒本町6丁目)だけが設置されている物件があるようですが、ここは後の訪問ということにして更に直進です。

目黒区中央体育館入口交差点です。まだ先に進みます。
この道の先に、体育館があるようです。
道路の拡張工事を行っているようです

暗くなってゆく通りをまっすぐ進んでゆくと、ガソリンスタンドが見えてきました。地図を見る限り、このガソリンスタンドに到着すれば目的のトランクルームはすぐ近くのようです!

交通量は多く、少し賑やかな通り沿いに給油を終えたと思われる自動車が滑り込んでゆきます。

ガソリンスタンドを通り過ぎて見上げた空は、通りの先の方がわずかに明るいばかりで周囲はすっかり夜となり、その先で見つけたバーも良い雰囲気を出していて、軽く一杯飲んでしまいたい気分になりそうでしたが、トランクルームも間近なので、そのまま直進です!ww

バーの店先を通過して交差点が目前に見えてきたとき、小さめの看板でしたが、視界に“加瀬のトランクルーム”の文字が飛び込んできました。
最初の目的地である、トランクルーム目黒区本町に到着です。

とはいえ、トランクルームの入口がどこにあるのか?敷地に入ってすぐ目前の扉がトランクルームのものなのか?と思い近づいてみると、どうやらこちらはスタジオ入口のようです。
その先に階段があったのですが、どうもそれも正解ではなさそうで・・・f(^_^;

こちらは、そのまま進んで階段を登ってゆくと、バーベキューができるスペースがあるようです。

更に先を進んでゆくと、ガソリンスタンドが見えてきました。地図を見ると、このすぐ先にあるようです。
目的地までの道の途中には、軽く飲めそうな飲み屋さんもありました。
所在地:東京都目黒区目黒本町5-16-1 1階はスタジオのようです。

もしかして?と思い一旦戻って、地下へと下るスロープの先に目を向けると、ベージュのドアの横には見慣れたカードリーダーが設置されておりました。
こちらのトランクルーム目黒本町は、地下に入居しているのですね!
スロープを進み、ドア周囲の暗がりまで進んで行くと、カードリーダーの隣にスイッチがあり点灯させることができます。

やや傾斜があるかな?と感じましたが、通路の幅は広いので荷物の搬出入に困ることは無さそうです(^_^)
見上げると、トランクルーム入口扉の上に、大きな扉が設置されているのが強い印象に残ります。1階はスタジオということなので大きな機材を搬出入する出入口なのかな?とも思ったのですが、スロープになっているのでずいぶん不安定だよなーなんて余計な心配をしてみたりしました(笑)

トランクルームは坂を下った先の地下にありました

トランクルームの入口の上に、大きな扉がありました。どうやって荷物の搬出入をするのでしょうか?(^^;
入口に近づくと明るくなります
ドアの右手にカードリーダーが設置されております
建物のすぐ先には、商店街へ通じる道の入口があります。

スロープを登り、再び広い通り沿いに出ると、周囲はすっかり夜。
自動車のライトが連なる中、次なる目的地へと移動します!

ちなみに、この広い通りをもう少し北上すると、以前に東急東横線学芸大学駅前から南下して訪問した”トランクルーム目黒区本町2”の近くまで行くことができます。w

それでは、次の場所で!

夜道の中のトランクルーム

こんにちは!ゆたろうです。

今回は久々の東急線沿線に用事があったので、目黒区内のトランクルームに寄り道してみました!最寄り駅は、東急東横線の学芸大学駅です。

駅の東口から延びる東口商店街は、これから電車に乗る人と家路を急ぐ人とで多くの往来があり、通りを埋めていました。まずはその中を駅から離れるようにして進んで行きます。

東急東横線学芸大学駅の東口です。駅前は電車に乗る人降りる人がたくさん行き交ってます!まずは、この駅前から東に延びる商店街を進んで行きます。

商店街の両脇は、様々な飲食店や衣料品店、薬局などが軒を連ね、商店街に相応しい賑わいです。

駅の東側から商店街の方を見ると、行き交う人々でいっぱいでした。
この通りをまっすぐ進んで目的地に向かいます。飲食店をはじめ、様々なお店が営業しておりました。

商店街の端まで進んで行くと、さすがに周囲も少し落ち着きが出てきましたが、それでもある程度の往来がありました。しかし、ここからコンビニ前の通りを南(右)に曲がって行くと、急に街灯の明かりが減って、とても静かな通りに早変り!両脇は閑静な住宅地といった雰囲気でしょうか?このコントラストにちょっとビックリです。

商店街の端まで到着です。ここからは、コンビニのファミリーマートを手前を右に曲がってまっすぐ進んでゆきます。この辺りに至ると、歩いている人は減ってきますが、それでも寂しくない程度には行き交う人の流れがありました。

この静かな通りを南に直進して目黒通りを目指します。なんだか目的地までしばらく時間がかかるような気がして、ほんの少し心細くなるような、ならないような…(^_^;)

コンビニを曲がると、完全に住宅地に入り、急に静かになります。街灯も少なく結構暗めでした。そんな中をまっすぐ進んでゆきます。

しばらくの間まっすぐ進んでいると、視線の先に高い建物とその屋上に何やらライトアップされた看板が見えてきました。暗い住宅街の夜道ではよく目立ち助かります!

しばらくまっすぐ進んでゆくと交差点が見えてきますが、ここを更に渡って直進です。遠くに何やらネオンに光る看板が見えてきました。

ひとまず、その看板を目指して歩いていると視界が開けて大きな通り、目黒通りに出ることができました!道路の反対側には、大看板を屋上に据えた建物が見えました。スポーツジムの看板だったのですね(^_^)

この辺りの目黒通りと言えば、オシャレなアンティークの家具屋さんが多く集まっているので有名ですね。そこにこれまたオシャレなカフェが併設されてたりして…。休日の昼間とか、ぶらりと散歩してみたいものです♪

先程の交差点を渡って、視線の先に見えた看板に向かって進んでゆくと、目黒通りに到着!看板はスポーツジムのものでした。

地図を見ると、少しだけ目黒方面に進む必要があるようです。進んだ先の鷹番一丁目信号で更に右折するのですが、この目黒通りもそれほど自動車の往来がなく、結構静かだったのが意外でした。もっと、車が通りを埋めて郊外へと進んで行くようなイメージだったのに(@_@)

 

目黒通りに出たら、ジムを背にして少しだけ目黒方面に進みます。ある程度車の往来はあるのですが、この時間は静かでした。

目的の信号まで到達すると、バスが横道に吸い込まれて行きます。一般的な路線バスが通るには細くないか?というような通りですがズンズン進んで行きます。地図を見る限り、結構細そうだったけれど(・。・;

この通りを数分ほど進んでいくと清水公園入口”というバス停にたどり着くので、その手前で更に左折してほんの少し進むと今回の目的地”トランクルーム目黒区本町2“に到着です!住宅地のど真ん中にありとっても静かです\(-∀-;)/

こちらの信号を右折して更に少し先に進んで行きます。東急の路線バスが出入りする通りのようでした。
バスはこの先目黒駅まで行くようです。
バスが通るには結構細い通りのように見えましたが、ずんずん進んでゆきました。こちらも静かな住宅地で、暗くなった中を少し進んで行きます。
清水公園入口バス停手前の道を左折して、40秒ほど歩くと、左手に目指すトランクルームがあります!
この通りを少しだけまっすぐ進みます。
十字路のそばにある”清水公園入口”のバス停ですす。目黒駅までの間にある停留場は少なかったのが印象に残りました。結構距離あるような・・
清水公園は、地図を見る限りこの通りをもう少しだけ進んで行くと到着するようなのですが、暗かった事もあるのか、行くのをすっかり忘れてしまったのでした(^_^;)

トランクルーム目黒本町2は住宅地のど真ん中にあり、とても静かで街灯も少ない中、入口の赤い扉を照らす蛍光灯の灯りがかなり目立っておりました。以前の青砥や、前回の町屋も同様の真っ赤な扉でしたが、暗い夜道には結構目立ちますね!

十字路を左折してほんの少しだけ進むと、左手に”トランクルーム目黒本町2″に到着です。2階は会社兼住居となっているようで、この写真の右端に入口がありました。

二階は、職場兼住居といった雰囲気で一階部分は倉庫か工作所か?といった引戸がありました。その中の空いたスペースをトランクルームにしたのかもしれませんね。(^_^)

加瀬倉庫では、常にこういった“空きスペース”を探しておりますので、もし心当たりの方は、是非お声がけください!との事でしたw.

所在地:東京都目黒区目黒本町2-13-7 建物中央部分にある赤い扉が、灯りに照らされ一層目立っておりました。
扉右側に、カードリーダーが設置されております。
隣の敷地との境目には自販機。

※只今このトランクルームは満室ですが、ご連絡いただければ「空き待ちリスト」に登録させていただきます。
0120ー666-082

確認後、トランクルームを離れて学芸大学駅を目指します。
実は魚釣りで有名清水公園に行こうかと考えていたのですが、暗くて心細くなったのか?訪ねるのをすっかり忘れて引き返してしまいました…。すみません(((^^;)

目黒通りに出る手前で信号待ちしているバスに出合いましたが、建物壁ギリギリに停車しておりました。運転手さん、大変だな・・などと思いつつ、脇をすり抜け駅を目指します。ちょっとばかり勇気が要りました(笑)

細い道路をバスが行きます。建物の壁スレスレに停まって、信号待ちです。ここを歩いて通り抜けるのは少し勇気が要るかもしれませんね(^_^;)

帰りのルートを少し変えてみましたが、やはり静かな住宅地が広がり、しかしながら仕事帰りと思われる人が時々駅に向かって歩いていました。そんな中に、ちょっと明るい場所を見ると、お洒落なレストランがポツッと営業していたりして良い雰囲気出していたりします。( ^∀^)

商店街まで近付くと、やはり一際明るいのですぐ確認できました。このコントラストは本当に判りやすい。通勤で駅に戻る人向けなのかな?とも思ってしまいます。

少し遅い時間になりましたが、未だ往来は多くまだまだ商店街は活気が残っておりました。(^^)

狭い隙間を抜けると、広々とした目黒通り。車もそれほど走っておらず、がらがら状態なのがより印象的に感じます。
商店街に出る直前、住宅地の中にひっそりと祠がありました。その目前が駐車場になっているようで、なんだかはめ込まれているような、そんな感じでした。
祠の前辺りから視線を先に向けると、商店街は目の前です。商店街の街灯のまばゆさと、横道の暗さのコントラストが際立っておりました。そして、人が流れておりました・・・
商店街を北上し、駅まで戻ります。人の流れは、まだまだ途絶えておりませんでした。

今回は、夜道を少し長く歩いてしまいましたが暗い方暗い方へと進んで行くとやはり少し心細くなってしまいますね(^_^;)

また明るい日中の住宅街のトランクルームやレンタルボックスも巡って行きたいところです。

それでは、次の場所で!