電動アシスト自転車が凄いことに!

皆さまこんにちは!

まだまだ寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

一時猛威を奮っていたインフルエンザも、漸く減少傾向ということで、
無事、すり抜けられたかな、と胸を撫で下ろしておりますw.

なんて言ってると、いきなり来たりして…(^_^;)
油断大敵ですからね。
もうしばらく、気を引き締めて生活していきたいと思います。

さて今日は、春がくるのが待ち遠しいので、
春になったらいっぱい乗りたい、電動アシスト自転車についてです。

ちょっと嬉しいライフハック

部長、大変です!電動アシスト自転車が、凄いことになってます!

あ~、本当は「所さん大変です!By NHK」なんですがね、
取り敢えず近所にそういう名前の方がいらっしゃらなかったのでw.

で最近w、「アシスト自転車」についてはこんなタイプも出てますよ。

電動アシスト自転車、使ってますか?

便利ですよね、電動アシスト自転車

実は私も、個人的には10年以上前から使ってまして、
そろそろ交換用の電池が手に入りにくくなって来ているので、
買い替えかな、なんて考えている最中なのです。

私が買った時には、まさかこんなに長く乗るとは思ってなかったのですが、
微妙に?便利なもので、これまで使い続けてきました。

今は亡きサンヨー電気の製品で、エネループバイク CY-SPH227いうモデルです。当時の買値で9万円くらいだったと思います。

エネループバイク
電動アシスト自転車には珍しい、前輪をアシストするタイプ(二輪駆動)で、更に下り坂では「充電」もできちゃいます!

 

タイヤは4セット目だし、シートも3つ目
バッテリーは通算6本くらい替えてます。
バッテリーは一本1.5万円くらいなので、
なんやかんやで10万円くらいのランニングコストでした。

で、私の場合、こいつではほぼ都内は行けてしまうのですよw。
自宅は目黒区と世田谷区の境目辺りなのですが、
そこから三軒茶屋(2km)のキックボクシングジムに通い、
下北沢(5km)のカフェに通い、
代々木上原(5km)の事務所に通い、
高円寺(8km)の友人事務所に通い、と徐々に距離を伸ばし、
休日には新宿(8km)のソフマップやディスクユニオンに行く足として、
秋葉原(12km)や上野(13km)辺りへも足を伸ばし始め、
鶯谷から浅草(15km)辺りの散策にも使うようになり、
根津神社(13km)のつつじ祭りなどにもこのチャリで行ってましたw。
蒲田(10km)にある行きつけのマッサージ店にも通ってます。

吉祥寺(15km)なんかにも、数回行ったかな。ジブリの森とかも。

基本は内装3速のママチャリなのですが、
一応27インチタイヤの“スポーツタイプ”なので、
少しだけ、その気にさせてくれるヤツです。

この間、自動車を手放し、大型バイクも手放したので、
我が家の唯一の“原動機付き乗り物”として君臨していた時期もありました。
(現在はバイク3台と共存中w)

まあ、よく走るし、楽だし(辛くはない?)、ガソリンはいらないし、
バッテリーが切れても動けるし、多少の雨なら傘もさせるしw。
都内(というか私の行動範囲)であれば、これか電車でOK!
コンビニエントな奴です!

しかし、時代の移り変わりには勝てず、すでに新品のバッテリーはなかなか無く、あっても“不当に高価”で、25000円くらいするのです。(多分定価ですねw)

電動アシスト自転車のバッテリー
ここ何回かは、中身のバッテリーだけ入れ替えてもらうサービスを利用してましたが、中身はともかく、外側が経年変化でボロボロになってきたので、そろそろイカンかな、と思ってます。
バッテリーの性能自体も、現代のレベルから見るとかなり劣ってますしね。

こういう理由で長年使ってきたものを買い換えねばならないのは、今ひとつ納得が行かない気もしますが、まあ、工業製品にはついて回ることなのか?(新機軸のバッテリーも使える様にしてくれれば良いのに…)
それにしても、10年以上も元気で働いてくれたことは、とても感謝してます。

ありがとよ!相棒。

さて、では次は何にしよう?

と思って街で周りを見回すと、まあ電動アシスト自転車の多いこと!
老いも若きも、街中を走るママチャリの半分以上が、電動なんじゃない?ってくらい普及が加速してますね。

とにかく楽に、手軽に、荷物と人を積んで街中を移動したいというニーズには、ピッタリの乗り物だと感じます。
たまにこちらが歩道上を歩いている時に、後ろから乱暴に追い抜かれ、ドキッとする事もあります(ご注意下さい!)が、概ね便利に使われているようです。

何年か前には、キチンと乗車装置さえ付けておけば「3人乗り」も可能という法律もできたようで、前後に子供用の椅子を取り付けた、戦車のような容貌の重量級自転車も多くなってきました。(っていうか、このタイプが一番売れているようです)

3人乗り自転車

メーカー出荷時から付いているので、しっかりと安全基準も満たし、安心してお子様を運ぶことができ、尚且つ前カゴまで付いているので、そのままお買い物も!(^_^;)

都会で暮らすお母さん、頑張って!と呼びかけたくなります(*^^*)。

最新鋭は、バッテリーが無い?

そんなわけはありません。
何処かにバッテリーはきっとあります。
只、バッテリーの性能向上や技術の進歩で、見えなくしてあるだけ。

ORBEA

どこから見ても、アシスト無しのモデルに見えますが、
これも電動アシスト自転車です。

スペインの自転車メーカーORBEA社が昨年発売したGAINというシリーズです。
(写真はドロップハンドルのロードモデルですが、他にもいろいろあるようです)

バッテリーはダウンチューブの中で、
モーターはリアハブの中。実に合理的なレイアウトですね。

このままで約100kmの走行が可能で、更に距離を伸ばしたければ、ドリンクホルダーに入るサブバッテリーも用意されているとのことです。

ここ何年か、自転車のロードレースにも電動アシスト自転車を持ち込む輩が現れ、主催者側もその巧妙さにナカナカ見つけられなかったものですが、こいつは正々堂々と、電動アシスト自転車を名乗っているので、問題ないでしょうw。

価格は最低25万円程度から。オプションにより45万円くらいだということですが、高級なロードモデルを買うことを考えると、全然高くはありませんね。

また10年位使うことを考えれば、このくらいお金を払っても良いかもw。
(いや、嘘です、買えません、私には…(^_^;))

良い自転車は、保管場所が大事!!

最近はバイクや自転車の盗難が増えています。
特にマンションやアパートの駐輪場や、家の脇の路上保管は、盗難にあいやすいシチュエーションですね。

出来れば、大切な自転車をもっと安全な場所にしまっておきたい!

そんな方に最適なのが、加瀬のバイクヤードです!

何せ、専用のコンテナを一つ、貴方が好きに使えるようになります。

バイクヤード

オートバイだとコンテナ1つに1台でしょうが、
自転車ならば、家族の分全部入れても余裕でしょう。

電動アシスト自転車は、ママチャリとしてはかなり高価で、正に“財産”とも呼べる存在になってます。
レンタルボックスバイクヤード(コンテナの大きさが違います)を上手に利用し、大切な電動アシスト自転車をしっかりと保管して下さい!

渋谷ストリーム!開業前から注目度高し!

すっかり寒くなりました~^_^;

インフルエンザも“流行”しているみたいですし、
くれぶれもご注意くださいね。

ところで私は、先日ブログで紹介していたAI搭載のスマートスピーカーを買いました!
Amazon Echoという商品で、家において愛でてますw。
Amazon Echo

まあ、これといって“これは便利だ!”と声高らかにオススメする事はまだ大してないのですが、少しは会話が出来るので、毎朝毎晩元気づけられてますw。
最初のAIアシスタントとの遭遇って、こんなもんじゃないでしょうか。
(この前に、Siriとかコルタナとかありましたがまだまだだったので、真面目にAIとお付き合いするのはこれが初めてです)

まだ何とも言えないのですが、しばらく付き合ってみますw.

さて、本日の話題は…
渋谷にまたまた現れる大型総合商業施設「渋谷ストリーム」です!

開業前から大人気!渋谷ストリームってナニモノ?

郷愁と期待の入り混じった旧東急東横線駅の跡に…

渋谷は現在、2027年の未来に向けて“大変身”の真っ最中。
まあ、この地で毎日仕事をしたり、通勤通学で通り抜けたりする人々にとっては本当に「大迷惑」な工事なのですが、未来向けての改革なので、自分たちの事よりも子どもたちの未来に向けて、温かい目で見守っていきましょうw.
(それにしても、東横線と銀座線・井の頭線へのアクセスの悪さ、何とかなりませんかね(´・ω・`))

それはそうと、今回取り扱うのは渋谷改革の目玉である「渋谷駅南街区プロジェクト」と呼ばれていたもので、現在ではそれを「渋谷ストリーム」というのです。

昔の東急東横線の駅舎と線路があった辺り。
中森明菜も歌っていた、竹内まりやの「駅」という楽曲で歌われている風景を思い出される人は、今は少ないのでしょうね…(´・ω・`)
私なぞは、青春真っ盛りだったので強烈に印象に残ってますが、あれが今ではすっかり取り払われ、今度はこちらが渋谷駅の新しい顔になろうとしているのです。

開業は2018年秋。後約一年後のオープンを目指しています。

さて、気になる「渋谷ストリーム」の中身とは?

東急電鉄が建設を進める「渋谷ストリーム(SHIBUYA STREAM)」は地上35階、地下4階で高さ180mの高層ビルです。来年7月の竣工を予定して工事が急ピッチに進んでいます。
もうすでに建物の外壁の一部が露出してますが、「え?これでいいの?」と一瞬目を疑うかもしれませんねw.
これまでの「近代的ビル」とは一線を画したデザインとなっています。

中にはオフィス、ホテル、商業施設が入居の予定で、すでに全部埋まっているとのこと…w 早くも人気のスポットですね。

まさに“総合”。なんでもあるんだからw。

渋谷ストリーム 完成予想図
大規模複合施設で、その延床面積は約116,700平方メートル(東京ドームの2.5倍)。
コンセプトは「クリエイティブワーカーの聖地」としITやら映像やら、デザイン関係やらの一流の人々が集う場所ってことらしいです。
「流れ、小川、絶え間なく続く」などの意味を持つ「ストリーム」の名称は、緩やかに流れる渋谷川沿いの立地と、ここから世界に向けて新しいモノ・コトを発信し続けていきたい、という想いが込められているそうです。

1〜3Fに約30店舗の商業施設、4Fにクリエーター向けのコワ−キングスペースとスモールオフィスが入り、さらに自転車通勤をサポートするサイクルカフェ、フットサルコートとしても使える多目的広場もあります。
9〜13Fに客室数約180室のシティホテル、14〜35Fに渋谷エリア最大級の総賃貸可能面積を誇るオフィスとなり、外資系大手IT企業が入る予定です。
そのほか、6Fにカンファレンスルーム、別棟には新製品発表会や音楽ライブなどの用途に応えるホール(収容人数約700人規模)が設けられます。

うわ、これは遊ぶ場所か?それとも働く場所?
つまり、両方同時に使える様に、自由な暮らし方・働き方が出来る様にとの意図からの設計ですね。
渋谷ストリーム

JR渋谷駅からの動線も、随分と変りそうです。

同時に渋谷駅も様相が変わる模様。とにかく「道玄坂」や「センター街」「公園通り」など、いわゆる“シブヤ”というイメージの場所に比べ、渋谷警察署やWINSのある国道246号線の南側は、恵比寿や代官山に向かう道とはいえ、何となくウラブレた、“裏面”的なイメージが拭えない場所でした。

この辺りも新しいJR渋谷駅と渋谷ストリームの誕生に伴って、大きく変わる模様。
新旧渋谷川

これまでは、単なる細くて汚い川、と思われていた渋谷川が、「ストリーム」の名の通り、都会のオアシス的な“水辺の空間”として生まれ変わります。
まあ、まさか子どもたちが水浴びをする、なんて事はありえませんが、少なくとも暗渠だった部分にも日が当たる様に配置が変更され、その上には「ふれあい広場」的な場所も出来るので、訪れる人達への印象も随分と変わることでしょう。

同時に現在の並木橋の辺りまで通路が伸びることで、代官山や恵比寿などへのアクセスも抜群に良くなるはず。これらも街を繋ぐ、誘導路にもなるでしょう。

そして気になる、あの企業が!

そうなんですよ~。
“あの”企業です。今は六本木○ルズにいるあの、企業。Gの付く所w。
早々とこのビルへの移転を発表しております。

なんと14階から35階まで…。全部?!

マジっすか?
凄いです。

加瀬倉庫には多少“縁遠い”場所ではありますが…。

さて、同じ都内でも新宿神田日本橋の方には強みを持つ当社ですが、
“シブヤ”に関してはかなり苦戦を強いられております。
元々土地が高くて、倉庫や貸し会議室には向かないエリアですので、
この辺りでの当社の事業所は、ほとんどありません。

一応、渋谷区内にある2つの事業所をご紹介しておきます。

トランクルーム 渋谷区本町2
東京都渋谷区本町1-60-3 味の花ビル2階
トランクルーム 渋谷区幡ヶ谷
東京都渋谷区幡ヶ谷1-3-1 幡ヶ谷ゴールデンセンタービル3階

両店とも、わずかですが空き部屋がございますので、お申込みになりたい場合は、至急お問合せ・お申込みを頂きます様、オススメします。

 

さて、いかがでしたか?
近い将来の“シブヤ”の姿が、少しは見えてきたのではないでしょうか?
これ以外にも、渋谷にはまだまだ開発計画が目白押しになっています!

渋谷の未来図

これからも人や街はドンドン成長を遂げていくと思われます。
休みの日などは積極的に街へ出て、新しい時代の息吹を感じていきたいものですね!

ではまた!

自転車通勤始めました!

暑さもだんだんと和らいできましたね。

スポーツの秋に向けて運動を始めていきたいものです。

体を動かすとなると、ジョギングやランニングなど思いつきますが

なかなか続かない方も多いのではないでしょうか。

私もそんな1人です。

先日から自転車通勤を始めましたが、この程度の運動なら何とか続けられています。

自転車なら車と違い、ガソリンも使わず、エコですしね!

最近では私のように通勤や通学でも自転車を利用されている方も多いようです。

しかし、

「最寄の駐輪場が空いていない!!」

なんてことはありませんか?

 

加瀬のレンタルボックスなら、自転車もオートバイも収納可能です!

レンタルボックスなら・・・

1)レンタルボックスに入れてしまうので、ホコリや雨からあなたの愛車を守れます!

2)頑丈な鍵で盗難等の心配にも対応!

3)自転車やオートバイグッズも一緒に収納することもできます!

実はお荷物の収納だけでなく、いろいろな収納にも使用可能なんです。

スポーツの秋に向けて、あなたも自転車通勤してみませんか??