三ノ輪4号線のトランクルーム

こんにちは!レポーターのゆたろうです。

以前、東京都荒川区の南千住に行く機会があり、少し時間もあったため周辺のトランクルームやレンタルボックスを訪問していたのですが、発表のタイミングが合わず今まで写真が眠っていた状態でした・・(ほかにも、最初に訪問したレンタルボックスの方の写真がうまく撮影できなかったということもあるのですが(^^;)

レンタルボックス訪問とつなげて発表しようかと考えて、ずっとお蔵入りさせていた状態でしたが、画像が揃っているトランクルームの方は、折角だから先に世に出してあげよう!ということで、今回は南千住駅から国道4号線日光街道沿いのトランクルーム荒川区南千住訪問のレポートをいたします!w

JR常磐線南千住駅駅の西口です。JR線以外に、つくばエクスプレスと東京メトロ日比谷線の駅もあります。

南千住駅は、JR上野東京ライン常磐線の他にもつくばエクスプレス東京メトロ日比谷線も停まるそこそこ大きな駅なのですが、駅周辺はのどかなものでした。この日は、駅の東側にあるレンタルボックス南千住3丁目に訪問した後に、線路を越えて駅西側に戻ってきました。(^_^;

広大な貨物駅からそのまま地上を線路が伸びているので、徒歩と自転車での移動は、歩道橋を渡って行き来しなければならず、ここから駅の西側へと戻ってきました。なお、自動車はアンダーパスでそのまま直進できるので、こちらは通過が容易です。

歩道橋の近くには、大正時代から営業しているという居酒屋「大坪屋」さんもあり、喉も乾いていて気になりましたが、寄り道するわけにもいかず、それ以前に営業していなかったので、そのまま通過しちゃいました。(ー_ー)

西口駅前ロータリーです。地図を見る限り、画像中央奥の小さい道からも目的地に行けないことはないのですが、南側の大きい道から広い通りに出て北上します。
駅西口から少しだけ南下すると、広い通りに出ます。ここから折り返して、千住大橋方面に向かいます。
交差点を南に振り返ると、すぐ目の前にJR線の高架が見えました。そこから線路の反対に行くには、自動車の場合はトンネルで線路を潜って反対側にゆかなければなりません。
常磐線の線路を潜った先には、東京メトロ日比谷線の南口と線路があります。この先に貨物船の線路がある為、地上の移動はできません。
常磐線高架の近くには、大正時代に創業した居酒屋「大坪屋」さんもありました!
居酒屋さんの先、東京メトロ日比谷線の南千住駅南口駅のすぐそばに、反対側へ行くための歩道橋があります。徒歩や自転車で移動する場合は、ここから行くしかないようです。

駅西口のロータリーから広い通りに出たら、北上して国道4号線方面を目指します。

地図を見る限り、周囲は住宅密集地の様なのですが、この通りだけがとても広いことが印象的でした。おそらくは、南千住駅東側が大規模な住宅地として再開発された際に、その方面へのアクセスを良くすることと、国道4号線(日光街道)にも抜けやすいようにということで、この辺りに広い道路を通したのかもしれない・・

そのようなことを考えつつ歩いていると、4号線の陸橋が見えてきました。
地図を見る限り、目的のトランクルームは4号線沿いにあるようなので、一旦4号線と合流する交差点まで出てから折り返すこともできますが、その前の横道からショートカットできそうだったので、住宅地の中も歩きたいという気分もあり、左の細道へと入ってゆきました。

細道を入ってゆくと、両脇はぎっしりと住宅がひしめいており、南北を貫く広い通りとの差を強く意識させられます。生活感が強く出ていて、この辺りは以前からずっと住宅地としてあるのだなということが感じられました。

そのような曲がりくねった細道を少し進んでゆくと、少し遠くに見覚えのあるカラーリングの建物がちらっと見えてきました。更に近づいてゆくと、やはりおなじみのクリーム色に赤いラインの建物です!

建物の全体を見ると、壁面に”加瀬のトランクルーム”という文字も見えます!塀で囲まれた外側の細道は、国道4号線に通じていたので、そこを進み表側に回り込んで、トランクルーム荒川区南千住に到着です!

周囲は住宅密集地なのですが、この通りだけかなり広いのが印象的でした。そのまま一直線に進むと、国道4号線と合流します。
広い通りの脇から延びる通りの両脇は、びっしり建物が並び密集地帯を形成しておりました(@_@)
道路沿いには、いくつかの飲食店も営業しておりました。
視界の遠くに国道4号線との交差点が見えてきましたが、目的地へはここから左に曲がる方が近いので、この細道を進んでゆきます。
住宅密集地の間の細い道を進んでゆきます。二股に分かれておりましたが、直進して更に細い道を行きます!
もと来た道を振り返ってみました
直進した細道は、その先で直角に曲がるのですが、そこからの視界には、見覚えのある配色の建物が見えてきました!w
その配色の建物に向かってすすんでゆくと、やはり加瀬倉庫の配色とトランクルームの掲示が見えました!トランクルーム荒川区南千住に到着です!

国道4号線沿いにある、トランクルーム荒川区南千住は、上の階が集合住宅になっているタイプで、トランクルームは1階にあります。シンプルな壁の真ん中に黒いドアが取り付けられており、ガラス張りなので中も見通せます。久々の真っ赤ではない扉を見たような気がします(実際に訪問したのはかなり前ですけれど・・w)

ドアの脇には”ゴミ捨て禁止”の掲示が貼り付けられており、幹線道路ならではだなという印象です。

所在地:東京都荒川区南千住5-13-8 国道4号線沿いにあります。
建物角には、2階から上の集合住宅につながる入口があります。
加瀬倉庫のトランクルームは1階!こちらのドアは黒でした!
カードキーはドア左に設置されております。
ドアの右隣には”ゴミ捨て禁止”の掲示がありました!
ガラス張りドアなので、内部の入口付近を見ることができました。

トランクルームを離れて、都電荒川線の停留所がある三ノ輪橋方面を目指します。

気がつけば、既に夕暮れの時間となっており周囲は段々と赤みがかって来ていました。そのような中、交通量の多い国道4号線を歩いて行きます。
黒いバイカー集団にビックリしつつ、三ノ輪橋停留所や、そこに隣接している商店街の入口付近までやって来ました。
通りに面している趣ある建物の地上部分はちょっとしたアーケード街の様になっており、直進するとそのまま停留所まで行くことができます。
この小さな抜け道も、いい感じに趣がありますw

国道4号線を三ノ輪橋方面に移動します。夕暮れ近い時間ということもあるのか、さすがに交通量が多かったです。そして、この写真を撮影した直後にバイカー集団が私の歩いていた少し先で連なって停車したのに少しドキッとしたのでしたw
この国道4号線沿いにある建物の先に、都電荒川線三ノ輪橋停留所と、三ノ輪橋商店街”ジョイフル三ノ輪”があります!
建物の下は抜け道となっており、ここを直進して商店街へ!

三ノ輪橋停留所前までやって来ると、既に周囲が暗くなり始め、停留所入口脇にある建物には最後の夕陽が照らして鮮やかでした(^_^)
三ノ輪橋商店街(愛称・ジョイフル三ノ輪)の方を向くと、既に空は暗くなってきておりました。もう夕食の時間で家に戻ったりしたのか人々はまばらでした。
歩いていると、私もお腹が減ってきたので停留所近くのお店に入ってこの日は終了となったのでした。画像はありませんすいませんf(^_^;

建物下の抜け道を直進したほぼ正面に、都電荒川線三ノ輪橋停留所の入口が見えました!都電の車両も停車していますね!
右手には、三ノ輪橋商店街ジョイフル三ノ輪の入口が見えます。
この商店街に到着した時には、夕食の時間になっていたためか、商店街も静かになっておりました。

都電荒川線沿線は、レンタルボックストランクルームをそれぞれ一ヶ所ずつ訪問した記憶がありますが、調べてみると他にもいくつかあるようです。

今度は、都電に揺られてトランクルームやレンタルボックスを巡るのも面白いかも知れませんね!

それでは、次の場所で!

荒川区東日暮里のトランクルーム

こんにちは、レポーターのゆたろうです。

ある日、日暮里方面に用事があった時に、ふと思い出しました。

確か以前にこの方面のレンタルボックスやトランクルームを調べた際、加瀬倉庫のトランクルームがあったなと。

改めて調べてみると、JR鶯谷駅とJR三河島駅の間の地区に、トランクルームが二ヵ所ありました。

それならば見に行ってみようということで、東日暮里にあるトランクルームを訪ねることにしました!

トランクルームに向かうには、まずは「山手線で一番地味な駅」で有名なJR鶯谷駅北口を出て、言問通り方面に向かいます。

鶯谷駅北口です。確かに平屋建てバラックで地味な外観です。背後には常磐線が通過してゆきます。ここから北へと向かいます。

飲食店やパチンコ屋が営業しているなかを抜けると、寛永寺陸橋に差し掛かります。ここが、尾竹橋通りの始点となのですが、ここをまっすぐ北上です。

北口から続く広めの道を進んでゆくと、言問通りの寛永寺陸橋が見えます。この下を潜って直進すると、尾竹橋通りの始まりです。ここをしばらく直進します。

途中、歩道橋の上からスカイツリーを見かけたりもしましたが、この界隈だと、周囲に高い建物さえなければどこでも見えてしまうには、さすが634mだけのことはあります。

尾竹橋通りはここからスタートです。曲がらずに、直進です。
建物の間からスカイツリーが見えました!
尾竹橋通りをまっすぐ進んで行くと、左手にクリーニング屋さんがある十字路に差し掛かりました。ここを右に曲がります。

しばらく進んで行くと、十字路の角にクリーニング店が見えてくるので、ここを東に曲がって住宅街に入って行きます。すっかり日が暮れて、通りも暗くなってきておりました。(;^_^

ここから、住宅地を左に右に曲がって数分進んで行くと、その中に建つ加瀬ビルが見えてきました!その一階がトランクルーム荒川区東日暮里3でした。

クリーニング店の方向に振り返ってみました
体を反すと、目の前に丁字路があるので、ここを左折します。
丁字路を左に折れてまっすぐ進んで行くと、再び丁字路が見えてくるので、今度は右折して更に細道に入って行きます。ジグザグですね。(;^_^
この通りを少し進むと、目的のトランクルーム荒川区東日暮里3に到着です!
プラーズ東日暮里第2
昼間はこんな感じ。正式には「プラーズ東日暮里2」というビル名です。

一階は、トランクルームガレージ倉庫が入居しており、その手前にはバイク駐車場もあります。

プラーズ東日暮里2
プラーズ東日暮里2を見上げます。階段裏が赤いのは、昨今の女性のハイヒールのようですね♪。

そして、目をひいたのがライトグリーンの表示板。よく見ると“加瀬のレンタルオフィス”と書かれています。

普段、黄色や赤の看板に見慣れているので、この色合いの看板はちょっと珍しさと意外性を感じました( ゜∀゜)

所在地:東京都荒川区東日暮里4-27-11 左側がトランクルーム、右側がガレージ倉庫、手前がバイク駐車場となっております。
加瀬のレンタルオフィスは、2階~4階になっております。
緑色の看板が目新しく感じました(^_^)

加瀬のレンタルオフィス東日暮里です。

入口前には、100円自販機が設置されております。

この近辺には、まだトランクルームがあった(荒川区東日暮里)のですが、かなり暗くなってきた事と、ここに辿り着くまでに結構忙しく動いていたために、さすがに歩く気力が無かった事もあって、そのまま駅まで戻ってしまいました。
すみませんm(__)m

そんな私は、疲れた体を引きずりつつ(笑)JR鶯谷駅までやって来て、食事できるお店を探してぶらぶらとしてみました・・

北口を出た目の前には、居酒屋さんが並んでいて賑やかそうです。

そんな駅前周囲を見渡しつつ、線路沿いの細い通り歩いていると、衆知の通り”オシャレなホテル”が林立する有名な場所ですが、早速私の視界にきらびやかなホテルのネオンが飛び込んできますw

そんな”オシャレなホテル”の中を歩き回って探していたのですが、さすがにアルコールが欲しくなって、駅前に戻って、建ち並ぶ居酒屋のひとつに入ってビールを飲んでしまいました。
すみませんすみませんm(__)m

でも、ちょっと疲れが抜けましたw

鶯谷駅東口から改札を出ると、目の前には居酒屋が並んでおりました!
駅前の居酒屋が立ち並ぶ通りを進んで行くと、”オシャレなホテル”が建ち並んでおりました(*^_^*)
食べるところを探しておりましたが、結局居酒屋に入って飲んでしまいましたw

この地域のトランクルームを訪ね残してしまいましたが、エネルギーが残っているまたどこかで訪問したいです。(;^_^

それでは、次の場所で!

町屋駅前で急な下車

こんにちは!レポーターゆたろうです。

京成線に乗って出かける用事があり、その帰り道に電車遅延に巻き込まれてしまいました!ダイヤ大幅乱れまくり・・・(-_-;)

各駅停車に乗って上野方面に向かっていた時だったので、以前別の用事で通りかかったトランクルームの事を思い出し、ついでなのでその最寄り駅である京成町屋駅に降り立つことにしました!

その時はまだ明るい時間帯でしたが、あまり時間が無くてトランクルームの入っている建物を確認するくらいしかできなかったので、今回改めて訪問するような形となります。(^^;

既に夜となった京成町屋駅を東口に出て、線路沿いを数分新三河島方面へと歩いて行きます。藍染川通りという名前がついておりましたが、かつてはこの辺りが川で織物への染色が行われていたのでしょう。

と思って検索してみたら、やはり線路沿いに水路(藍染川)として存在していたようですね!この川に限らず、この辺りには多くの人工の川(水路)があったようですが、最初の東京オリンピック(1964年)前にほとんど姿を消したようです。

「藍染川」:荒川区ホームページ

駅東口の側には都電の線路があり、横断歩道を渡った向かい側や、通り沿いには飲食店が多数営業していて、そこそこ明るかったです。(^^)

京成線町屋駅の東口です。電車が通過するところです。

    東口を出て線路沿いの通りを少し南下します。こちらの通りは”藍染川通り”という名前のようです。かつては、この辺りは川だったようですね。
藍染川通りを進んでおりますが、駅に近い通り沿いは飲食店、特に飲み屋さんが多いようですw

そんな明るめな通りも、1分程度南下すると急に住宅地となり、一気に静かで灯りも少なくなりました。その中を更に1分ほど進むと、ローソンストア100が見えてきます。

このお店の横から続く細道を入ってすぐの場所に、目指すトランクルーム荒川区荒川があります。明るい時間帯なら、細道の入口から加瀬倉庫カラーの看板を確認することも可能です。

飲食店が並んでいた辺りから少し進みましたが、住宅地エリアに入ったようで、一気に静かになりました。目指すトランクルームは近いです。
ローソンストア100町屋店の横道入ってすぐの場所に、トランクルーム荒川区荒川があります。
以前、まだ明るい時間に撮影したものです。この横道の入口からも加瀬カラーの看板を確認することができます。

通りを入ってすぐの場所にあるトランクルーム荒川区荒川は、一階部分右側の真っ赤なドアが入口となっており、とても目立ちます。以前青砥で見かけたトランクルームも真っ赤なドアで暗い夜道でもすぐにそれと判別できました!

なお、左側の白い扉はこちらのビルに入居している別の会社さんの入口のようです。

所在地:東京都荒川区7-36-1 建物1階です。他は、一般会社さんのテナントとなっております。
左側は、入居している会社さんの入口です。※以前、まだ明るい時間に撮影したものです。
右側の目立つ赤い扉が、加瀬のトランクルームです。ドアにしっかりと書かれておりますね!
こちらは、ドアノブに設置されたテンキーにパスワードを入力して入館する方式のようです。

 

トランクルームを離れて、京成町屋駅まで引き返してきました。駅西口を出てまっすぐ歩くと、都電荒川線の町屋駅前停留所はすぐ近くにありました。

こちら側は高層マンションが立ち並んでおり、駅周辺の中では西側がメインのような印象でした。都電停留場となりのビルには、サンポップ町屋というショッピングモールもあり、この地下からは東京メトロ千代田線の町屋駅にもゆく事ができました。※写真が撮れていなかったようで、写真はありませんすみません・・m(_ _)m

都電荒川線の町屋駅前停留所です。
この日は、帰りに飲んでしまいました(笑)

写真を撮影したつもりで写真データが無かったのは、空腹で食事したかったのもあって慌てていたからなのかもしれません。(^^;

今回は、立ち寄って食事・・というよりも飲み屋に入って酒と刺身を頂くことにしてしまいました!重ねてどーもすみません!m(_ _)mm(_ _)m

各地のトランクルームやレンタルボックスを訪問するために地図を眺めておりますが、各駅停車しでしか降りることのできない駅には、駅前トランクルームが意外にポツンとあったりするのをいくつか見かけましたので、またそんな途中下車をして訪問してみたいところです。

それでは、次の場所で!

三河島 隙間にスッポリとはまっていたレンタルボックス

こんにちは!レポーターのゆたろうです。

今回は、三河島方面に行った際に訪れたレンタルボックス荒川をご紹介いたします。その場所は、大きな通り沿いにありながら、通りに面した幅が狭いためか周りの風景に溶け込んでしまい、気づかず通りすぎそうになってしまったのです・・・・

HPには、JR三河島駅から徒歩9分ということになっておりますが、この日は京成線の新三河島駅で下車して、目的地まで向かうことにしました。こちらは、明治通り沿いに駅があるため、駅を出たらそのまま明治通りを三ノ輪方面に進んで行けば辿り着くことができます。

明治通りを東に進んで行くと、尾竹橋通りと交錯している宮地陸橋に至ります。陸橋の反対側を見ると、ハングル文字の書かれた教会などがあり、さすがは都内でも古くからあるコリアンタウンなのだなと改めて認識します。

なお、この教会の先は道が二股に別れていて、右の道へ行けばJR西日暮里駅へ、左の道へ行けばJR三河島駅に至ります。

目的地へは、ここからもう少し東にあります。

京成線の新三河島駅前、明治通りに面しております。ここから三ノ輪方面に向かって進んでゆきます。
宮地陸橋下。尾竹橋通りと交錯しています。画像奥の方向に進んでゆくと、JR鶯谷駅に至ります。
ハングル文字の教会がありました。1階は焼き肉屋さんのようです。さすがは東京でも古くから存在するコリアンタウンですね!
宮地陸橋から更に進んで、陸橋を振り返ってみました。地図によると、この辺りに目指すレンタルボックスがあるはず・・

地図をみる限り、宮地陸橋を越えた先の明治通りの北側沿いにあるようなのですが、一向にそれらしい姿が見えないなあとキョロキョロしつつ歩いていると、不意に紺色の大きな四角い箱が目に飛び込んできました!

どうやらこちらが、目的地の“レンタルボックス荒川”のようです。

通りに面して幅の狭い敷地には、バイクボックスが入口に多数固められており、通りに面したボックスには”荒川ヤード”と書かれておりますが、かぶさるように自販機が設置されているので、意識していないと普通に通り過ぎてしまいそうな、隠れスポットのような構造をしていてちょっと面白く感じました。

バイクボックスの奥には、鍵のかかった扉があり、その先には物置型のレンタルボックスが複数設置されている造りとなっております。物置風のレンタルボックスというのも、あちこち巡っていて初めて見かけたかもしれません・・・

所在地:東京都荒川区4-2-3 荒川ヤードのプレートが表に掲示されているバイクボックスがあります。現在は自販機も設置されているようです。
明治通り沿いにありますが、意識しないと通り過ぎてしまうくらいに周りの風景に溶け込んでいました。(^^;
左側にはバイクボックス1台
右側には、バイクボックスが4台
奥に行くと、鍵付きの扉の先に物置型のレンタルボックスが配置されておりました。初めて見るタイプかも・・
左側
右側は、手前にバイクボックスあり。
敷地の隣のお店の看板”レンタルバイク”の表記が気になりました。オートバイのレンタルか?自転車のレンタルか?両方か・・・

レンタルボックスを一通り見た後、JR三河島駅からも徒歩10分以内で行けるようなので、折角だからルートの確認も兼ねて移動してみる事に。

先程通過した宮地陸橋まで戻り、尾竹橋通りを進んでゆけば確実に三河島駅まで行けるだろうと思うのですが、遠回りになります。なので途中の横道を入って駅まで行けるルートを探してみようかと考えて歩いていると、それらしき道があったので、そこから駅を目指してみました。

それほど広くない通りの両端には家々が並び、結構くねくねとしておりましたが、脇に入る道は更に細いので、道なりに進んでゆくと駅まで迷わずに行けるのではないか?と思いました。駅に近づくにつれて商店の割合が増えて、最終的には尾竹橋通りに出るルートとなっておりました。

通りに出ると、視線の先にはJR三河島駅が見えます。

JR三河島駅
画像中央の横断歩道辺りに、右へ曲がる道があるので、そこに移動です。
通りはくねくねしておりますが、ここを道なりに進んで行くと、明治通りにたどり着くことができます。

裏通りに入った先に、間口狭めで奥行きのあるレンタルボックスには出会いましたが、大通りに面していて周囲の建物に紛れ込んでいるような造りのレンタルボックスは初めて見たかもしれません。そして、物置風のボックスも・・・

また、別の場所でもこのような”隠れボックス”は見つかるでしょうか?

意外にありそうな気もしますね。(笑)

では、次の場所で!

西尾久のレンタルボックスを訪ね、のんびりと午後を過ごす。

こんにちは!ゆたろうです。

東京都荒川区の舎人ライナー「熊野前」駅方面に用事があり、例によって周囲にコンテナボックスやトランクルームがないか調べてみると、この地域の中では離れ小島の様な感じでぽつんと構えているのが一ヶ所だけ。

その場所は、都電荒川線熊野前停留所の隣にある宮ノ前停留所付近ということなので、少し迂回してレンタルボックス西尾久を訪ねてみました!

ひと駅手前の宮ノ前で降りると、名前の通り目の前に尾久八幡神社がありました。路面電車なので、線路と周囲の距離感が近く、不思議な感覚になります。

この神社の脇道を入って行くと、すぐに道が二股に分かれているのですが、ここは左側を行きます。道はかなり細くなり、周囲は完全に住宅地です。

宮ノ前停留所は八幡神社の前にあります
尾久八幡神社
境内から都電が通過するのを見ることができたりします
遠くから見ると、青々とした木々が目立ちます。
神社の反対側には商店街の入口
神社と信用金庫の間の道を入り、道なりに進んでゆくと、やがてレンタルボックスにたどり着きます。

くねくねとした細道を進んで行くと、やがて柵の向こう側に見慣れた青色のバイクボックスが見えてきます。

レンタルボックス西尾久に到着です。表通りに面した尾久警察署のちょうど(道路を挟んだ)裏手の位置になります。隣にはお寺があり、この十字路を南(レンタルボックスを後ろにして左)に曲がることによって表通りにに出られます。

カーブの先にレンタルボックス発見!
レンタルボックスの隣にはお寺があります
レンタルボックスの隣の敷地にあるお寺は、十字路の角にありここを南に曲がると、都電の通る広い通りに出ます。

レンタルボックス西尾久の敷地はそれほど広くないですが、隣が駐車場であることと通路が広めなので開放感がありました。

なお、敷地内側に向かうにつれて微妙に傾斜があるので、タラップ使用の際はちょっと注意しなければならないかもしれません。そのような注意書も掲示されておりました。

そして、気になったのは小さい部屋の方のドアの色・・・今まで見かけたことのない淡い桜色をしています。

HP上の画像だと、4帖コンテナと同じような色をしているのですが、コンテナごと入れ替わったのか?光の加減か?はたまたここだけ日に焼けてしまったか・・?

そんなことを思いつつ、しげしげと眺めていたのでした。

(編集部注:これは最初からこういうピンク色です。多少汚れてはおりますが…)

所在地:東京都荒川区西尾久3-10-3
薄い桜色のドアが印象的。時間が経過して薄まったのか?
バイクボックスは4台。桜色のドアは薄くなったようにも見えるし、最初からこのような色だったようにも感じた。初めて見かける色のドアでした。
4帖のレンタルボックスが、二段にずらっと並んでおります。
若干傾斜があるので注意
タラップからの眺め。
台車ストッパーは必ず固定を!
不法駐車をする車両には車止の輪をかけられてしまいます!

レンタルボックス西尾久は、尾久警察署の裏手にあります。

レンタルボックス西尾久を後にして、熊野前での用事も無事終了。

まだ日は高く天気もいいので、駅から歩いて行ける尾久の原公園でのんびり休憩などしてみました。

隣に首都大学東京 荒川キャンパスがある公園だからなのか、若者の姿も、お爺さんの姿もあり、家族連れもありと、様々な人々が集いのんびりとした時間が流れてゆきます。

宮ノ前停留所を東に進むと、すぐに熊野前陸橋に至ります。その下には、都電の熊野前停留所があります。
小台から熊野前の区間は、都電と自動車道路の間には縁石があるだけなのでとても広々としてます。
日暮里・舎人ライナーの熊野前駅も、都電の停留場と同じ位置にあります。
首都大学東京の荒川キャンパス入口。
尾久の原公園は、のどかでした。
のんびりとした空気が流れておりました。遠くには、日暮里・舎人ライナーの車両も見えます。
尾久の原公園の北側には、隅田川が流れている。
尾竹橋通りから尾久の原公園に至る通りは細いが、都バスが走る通りである。

こういった広い公園の近くにレンタルボックスがあったら、テントやバーベキューセット(尾久の原公園には、バーベキューできる設備は無いようでしたが)をしまっておいて、使いたいときにすぐ取り出せると台車だけあれば良いから便利だな・・なんなら台車自体もしまっておいたらなおのこと便利そうだなそうだな~などと想像してしまったのでした(笑)

そうこうしているうちに、日の光も弱り始めたので今日はここまでと帰路に。

またのんびりできる場所が近いレンタルボックスを廻ってみたいものです(笑)

それでは、次の場所で!