大掃除・引越し時に困ること…

すっかり寒くなりましたね。

会社の裏の公園から見える富士山も、綺麗に雪化粧です。雪化粧の富士山

今年ももう“年末”に向けて、まっしぐら!
忘年会も始まる時期ですね。
体調に気をつけて、この季節を元気に乗り切りましょう!

さて今日は、引っ越しや大掃除などの時に“困ること”と、その解決方法について考えてみましょう。

ちょっと嬉しいライフハック

引っ越しや大掃除、荷物を一時的に動かしたい!=トランクルーム

この時期の風物詩…といえば?

もういくつ寝ると、お正月…などと楽しみにしている人は多いと思います。
お正月の前には忘年会にクリスマスや大晦日など、いろいろイベントの多い時期ですね。

しかし、その前には、“大掃除”という一大イベントもあります。

大掃除の時、いつも問題になるのが、ソファーやテーブル、タンスやこたつなどの“大物家具”です。これらがあると、思うように掃除が出来ないばかりか、動きも制限されますし大勢で働く事も出来ません。

「一時的に何処かに預けられたら…」そんなことを思ったことはありませんか?

我が家は以前ワンボックスカーを持っていたので、一時的にその中に荷物の退避をしたことがありましたが、果たして世間でワンボックスカーをお持ちの方がどれ程いらっしゃるか?(最近は“ミニバン”っていうのですね?w)

庭があれば、取り敢えず1日くらいは外に放り出す事も出来るでしょう。“庭があれば”。(^^;)

ミニバンも(トラックも)、庭も無い方は、トランクルームをご利用ください!なんて、在り来りなことを言う気はなかったのですが、結局そうなっちゃいますか?www

トランクルーム

 

年末年始は新居でのんびりしたい…などとは思いますが。

一方、近々引っ越さなきゃ!という方は、やはり年末にはすっかり作業を終え、お正月は新居でのんびりしたいね~などと考える方が多いのではないでしょうか?

その証拠に、年末には引っ越し屋さんも忙しいそうです。下手すると“割増料金”などが発生することもあるみたいですね。

出来れば引っ越し作業は年明けにして(と言っても2/3月はまた混みますから注意!)、最後のお正月を住み慣れた家で過ごす、っていう手もあると思います。

それにしても、引越荷物が散乱した家で生活するのも、落ち着きませんよね…(^^;)

引っ越し荷物

少しずつでも荷物を新居に移動できれば良いのですが、契約の関係で出来ないとか、遠くて何回も通えないなどの理由で荷物が留置状態の方に申し上げます。

トランクルームがあるじゃないですか!

ご存知かとは思いますが、一応言っておきますw.
トランクルームは、月単位で契約出来ます!

一時の荷物預けには最適なのです!

しかも、加瀬のトランクルームなら、最短10分で契約完了!
その場で使い始められます!

※10分で完了するためには、いくつかの条件があります。
詳しくはコールセンターにお問い合わせください!
 0120-666-082

長期的に荷物を預けるだけではなく、大掃除や引っ越しなど、短期間、一時的に荷物を預けたい時にも、トランクルームをぜひご利用ください!

大門の門前でトランクルーム廻り

こんにちは!レポーターのゆたろうです。

結構前になるのですが、用事があり浜松町に行く機会がありました。

この大門・浜松町周辺にもいくつかトランクルームがあることは既に知っていたので、あまり時間はありませんでしたが、今回はこのトランクルーム達をご紹介いたします!

JR浜松町駅を出ると、大手ラジオ局である文化放送の自社ビルが目前に見えます!そして、通りを挟んだ反対側には、古くから浜松町駅前にその大きな姿を見せていた貿易センタービルが建っております。

この間の通りを、国道15号・第一京浜が交差する大門交差点に向けて進んで、途中で右に曲がってゆきます。

地図を見ると、目指すトランクルームは、文化放送ビルの裏手に広がる浜松町一丁目にあるようです。

浜松町駅前、ガード下にいます。
駅前から道路を挟んだ反対側には大手ラジオ局の文化放送が入ったビルが建っております。
大門交差点方面へ少し進みます。道路の左側には、駅前のシンボルともいえる貿易センタービルが建っております。

大門交差点と、JR浜松町駅の中間あたりで右側の小さい路地へと入ってゆくと、新しく建てたのであろう背の高いビルと、それほど背の高くないオフィスビルと、古くから残っているであろう二階建て規模の建物とが混然一体となった風景が目前に広がっていました!

その様な中、横道に入ってすぐには、人間の代わりにロボットが立っている無人フロントが特徴的な”変なホテル”が建っていたりします。近年増えてきている外国からの観光客向けに、JR浜松町駅から近いこの地区はうってつけの好立地なのかもしれません。

変なホテルがある十字路を進んで行き、次の十字路を更に右折してJRの線路方面に少しだけ進んでゆくと、建物の脇に”加瀬のトランクルーム”と書かれた小さ目の看板が見えてきました!

まずは最初の目的地である”トランクルーム港区浜松町1-20-8”に到着です!

国道15号線の第一京浜が通る大門交差点とJR浜松町駅の中間くらいにある横道を入って行きます。写真の中央奥には、無人フロントが特徴的な”変なホテル”が建っています。
この十字路を右に曲がってすぐの場所に、トランクルームがありました!

こちらのビルは、通りに面した1階には焼き鳥屋さんと思われれる飲食店が営業しており、その上は一般的なオフィスとなっているようです。

トランクルームは、このビルの地下に入居しているようなので、通りに面した階段で地下へと降りてゆくと、目の前におなじみな真っ赤な扉と対面することができました。(^^)

階段の先は真っ暗でしたが、近づくとセンサーが反応して明るく点灯してくれるので、安心です。

所在地:東京都港区浜松町1-20-8
トランクルームは、この階段を降りた先にあります。
階下に降りると点灯します
階段を降りて目の前に、おなじみの赤い扉がありました。
カードリーダーは、ドアの左手にありました。

すぐ近くに、もうひとつトランクルームがあるということで、早速次の目的地に向かって移動です。

地図を見ると、通りのもう一本北に位置しています。もとの十字路から更に先に進み、次の十字路で右折すると、すぐの場所に“加瀬のトランクルーム”と窓に貼り付けられた建物が見えてきました!

トランクルーム浜松町一丁目は、先程よりも小さい建物の2階に入居しているようです。

脇にドアがあり、そこから2階へと上って行くようです。3階もあるので普通に入ることはできたのかもしれませんが、さすがにちょっと入る勇気は無かったですね(^_^;)

建物前の道路にたつと、すぐ近くにJR線の高架があるので、在来線や新幹線が通り抜ける音とその色とりどりの姿をしっかり見ることができました。

もとの十字路に戻り、更に少し北方向に進んで、先の十字路で線路方向に曲がります。
曲がったすぐ先に、トランクルームが見えてきました!視線の先には線路があり、山手線の車両が横切るのが見えました。
こちらは、先程訪問したのトランクルーム入口前道路からの風景ですが、新幹線が通過するのもしっかり見ることができます!
所在地:東京都港区浜松町1-16-2
入口は脇にありました。ここから2階に上がってゆくようです。

浜松町一丁目のトランクルームを巡った後は、第一京浜を越えて芝大門方面へと移動します。

実はこの時、浜松町一丁目の地区にもう一つトランクルームがあることをすっかり忘れていて、通過してしまっておりましたすみません・・・・(^_^;

浜松町につく前に済ませた用事が長引いてしまい、時間が無くなってきていたこともあり、少し急ぎ足で第一京浜方面へと歩いて行くと、やがて大きな道路に出ることができました。

そして、その横断歩道で地図を確認すると、どうもこの先にある大きなビルに、お目当てのトランクルームが入居しているようです!1階にあるということですが、果たしてどのくらいの規模なのだろうか?信号が青に変わり、いざ突入です!

第一京浜の方向に向かいます
広い第一京浜の横断歩道を進んだ先に、トランクルームが入っているビルが見えてきました!

ビルの正面玄関にやってきましたが、その隣はコンビニでその逆側にもトランクルームがある気配はなさそう。。。

それでは、ビルの中に入口が!?ということで中に入って見渡してみますが綺麗なロビーの周囲には、トランクルームの入口となりそうなドアは見当たらない

反対側にも普通に出られるので、ドアを抜けて裏通りへと出て見渡してみるが、飲食店はあってもトランクルームの入口はなさそう。。。。

いったいどこにあるのだろう?と歩きながら建物の外周(ビル北側も通りに面しています)を歩いて第一京浜迄戻ろうとする途中、立体駐車場の側にコインロッカーのような一角が視界に入ってきました。

まさか?と思い、改めてHPにアップされている画像を確認すると、どうやらこちらがトランクルーム港区芝大門のようです!

以前訪問した神奈川県川崎市の八丁畷駅付近にあったトランクルームのように、あまり主張しない雰囲気を出しており、周辺に住んでいたり働いていたりする人のためのロッカーといった様子です。

看板には”レンタルロッカー”とありますが、形態としては結構珍しいかもしれませんね。(^^)

所在地:東京都港区芝大門1-4-4 建物の正面入口で、隣にはコンビニが営業しております。
裏手に抜けられるようです
反対側に出ましたが、さてどこでしょう?1階にあるということだったので、きょろきょろと見回してみましたが(^_^;
ぐるっと脇をまわって再び第一京浜に出ようとしたら、建物脇にありました!
こちらはコインロッカー風な造りになっていて、ちょっと珍しいですね!

その後、大門のある方向へとビル裏通りをそのまま大門方面へと進んでゆきました。その途中には、芝大神宮もあり良い雰囲気を出していたのですが、いよいよ時間が無くなくなってきてしまい、趣ある茅の輪とその奥の社殿を撮影したのみで、通過してしまいました。おまけに、大門の写真も撮影する余裕なくこれもまた通過という時間配分のミスを犯してしまったのでした。すみません!(>_<)

芝大門
芝大神宮
時間がなかったので、入口の写真だけですみませんm(__)m

この日は、時間もなくてうまく撮影ができなかったのが残念でしたが、浜松町の風景は何とか撮影できたかな?という思いはあります。(--;

ここ最近も余裕のない日々が続いていますが、今度は余裕をもってトランクルームの訪問を実行してゆきたいところです。

それでは、次の場所で!

2年ぶりに加瀬倉庫のCMが新しく!

2019年 CM最新OA情報!

◎毎週日曜日、テレビ朝日11:55~13:00 ビートたけしのTVタックル

CM放映いたします!ぜひご覧ください♪♪♪

————————————————————————————–

お熱うございます。

長かった梅雨が明けたと思ったら、やってきました“猛暑の夏”

猛暑の太陽

やばいっす、死んじゃいます…。
自分は暑がりではないと思うのですが、新陳代謝が良い方なので“汗っかき”ではあります。

この時期の風呂上がりには、いくらタオルで身体を拭いても、すぐに玉のような汗が皮膚の上に浮かんできます。
まあ悪いことではないのでしょうが、その分しっかり水分補給をしないと!っといいつつ、麦茶割の焼酎が手放せません(*^^*)。

そんな私ですが、今回はなんと!CM制作と言うやつに携わり、メデタく7月27日からオンエアとなりましたので、その模様をご報告させていただきます!

2年ぶりのCM改変!は、そりゃもう大騒ぎの巻

そもそもCMの魅力とは…

今更「CMとは何か?」などと説明を加えるつもりはございませんが、インターネット全盛のこの時期に、わざわざTVでCMを流す!というのには、色々な意味合いがありますので、そこをちょこっと…w。

まずはこれまでの旧CMを御覧ください!

見覚えございますでしょうか?

そもそも私はインターネット担当なので、「TVCMなんぞにお金をかけるならば、こっちに回してくれれば2~3倍くらいの成果は上げられるのに…」などと考えている輩なのでw、TVCMは若干後ろ向きというか、しょうがね~な~的な立場だったのです。

だってCMって実際、正確な「効果測定」が出来ないじゃないっすか?

WEBの場合は、

【あるキーワードで検索】

【検索結果から当社広告文をクリック!】

当社サイトへランディング!】

【必要なボタンをクリック、または候補物件を検索】

【申込ボタンを押して、申込み!(CV)】

などというユーザー様の一連の行動が、手にとるようにわかりますし、その状態で何かが不足だったり、不具合があったりしたら、すぐに直して再度アップしなおせば、すぐさま内容を変更することも出来ますし、Aパターン・Bパターンを作って、どちらが効率よくお客様の集客が出来、尚且契約率が高いか、などを比べて実践することも可能なのです。

広告用のCM動画を作るには、最低「3桁万円」(^^;)の費用が発生し、半年クールで契約した広告枠を契約するには「4桁万円」が必要になり、作り直す事もおいそれとは出来ず、効果測定もボンヤリとしたものになってしまうTVCMには、一体どんな意味があるのだろう?

そんな漠然とした疑問を抱えておりましたが、やはり“CMはCM”。その最大の魅力は、なんと言っても「波及力・影響力」でしょう。
当社は、日曜日の昼間12時からテレビ朝日系で放映されている「ビートたけしのTVタックル」(テレビタックルと読む)という番組を提供させていただいておりますが、この放映後に2018年3月の当ブログ「当社CMと南部なおとさんについて」というエントリーには、毎週50人くらいのアクセスが発生します。

ビートたけしのTVタックル
テレビ朝日系で日曜日のお昼12時より放映中「ビートたけしのTVタックル」

自分でなにかに興味を持ち、それをインターネットで検索して、当社ブログまでやってきていただける(行動していただける)方が、日に50人です。(CM放映後に)

「50」は大した数ではありませんが、でもやはり、すごい影響力だと思います。

CMの魅力の一つは、人を動かす力(波及力・影響力)が強いっていう事ではないでしょうか?名前を広げるだけでなく、興味を抱かせ行動を起こさせる、そんな力がCMにはあるのでしょう。

従業員の士気も上がる

私達はこの会社で働いております。現在は正社員・パート社員合わせて約180名前後の社員がおりますが、勿論その目的は「生活のため」であり「お金を稼ぐため」です。

しかしそれならば、何もこの会社でなくても他に多くの仕事があります。特にこの時期は“人手不足”が叫ばれ続けており、もっと給料の良い仕事もたくさん有るはず…。なのにこの会社を選んで働いている人達に対し、何らかの“気持ちのご褒美”を上げたいと思います。

それは、「誇り」

やはり世の中的には「CMを流している会社は一流」という風潮がありますので、「うちの会社CMやってるよ!」とか、「ほらほらおばあちゃん、これが私の行っている会社だよ」とか、家族やお友達に自分の会社のことを紹介出来、尚且多少誇らしい気持ちになる、という事象が起きます。

これはやはり、何もしない企業に勤めるよりは遥かにロイヤリティ(忠誠心)が高くなるのではないでしょうか?

ドヤ顔

勿論、そんな事には何の価値観も抱かない人もいるとは思いますが、それでも遥かに高い“効果”を社業にもたらしてくれると考えられます。

この気持ちは、いろいろな場面で現れます。ただ単に“金のため”と割り切っていれば、就業時間が過ぎればもう全く関係性を絶とうとし、例えば目の前の廊下にゴミが落ちていたとしても、拾わずに帰ってしまう様な行動に出てしまいます。

しかし誇りを持って会社に来ていれば、廊下や会社の前にゴミが落ちていれば、拾って片付けるという行動に出るはず。誰だって、自分が誇りに思う場所を守りたいと思うはずです。

そんな効能を、CMはもたらしてくれているはずです。

目に見える事は小さいけれど…

っというわけで、今回は「CMがもたらす効能」を中心にお話しておりますが、「なんだよ、高々50人とか180人とか、スケールが小せえなあ」と感じた方も多いのではないでしょうか?

そうなのです。
目に見える事は、たった30秒のCMを流しただけでは、そう沢山は起こらないのです。目に見えるというのは氷山の一角であり、その下には特に何も行動を起こしていない数多くの人々に、何らかの影響力を発揮しているはずです。

WEB広告の様に、起こした行動を逐一把握・分析し、事細かに一つ一つ対策を講じていく事も大切ですが、「今回は何もしないけれど、次回は、次次回は何か動いてしまいそう」という人達を一人でも多く増やしていくことで、「あ、トランクルームについて調べよう」とか、「レンタルボックスってこの近くは何処にあるのかな?」なんて考えて、検索等の行動を起こしてくれる事につながっていくのでしょう。これでWEB広告との連動性が生まれます。

目に見える事は小さいかもしれませんが、“東京のキー局でCMを流す”ということは、とてつもない影響力を持っているモノなのだな、と今は感じております。

さてでは、今回新しくなったCMは

今回のCM、前半15秒はほとんど変わりませんが、2年前の当社施設の総数と現在とではかなり開きが出たため、その部分だけは変更しました。

1,300箇所、65,000部屋 ⇒ 1,500箇所、70,000部屋

ザックリした数字ですが、1,500箇所に関してはすでに達成しております。70,000部屋については、間もなく到達いたします。(正直!)

1,500箇所、70,000部屋

修正ポイントはここだけです。

後半の15秒は完全な「新規制作」になります。
前回のものは、不動産活用とか他の事業も含めた当社のビジネス紹介となっておりましたが、今回は「トランクルーム」にターゲットを絞り、当社のトランクルームの利点や数・エリアの多さを集中的にお伝えしております。

最短10分、契約完了!
「最短10分で、契約が完了し、そのまま使い始める」ことが可能!なんて、ご存知でしたか?

以前のものよりもちょっとポップなイラストを用い、若い方にも語りかけ伝えられる様に考えております。いかがでしょうか?そうなってますか?

すぐに使えて、お部屋スッキリ!

では、なにはともあれ“新作CM”を御覧ください!

このまま当分はこのCMを使って行く予定ですので、何卒ご贔屓のほど、よろしくお願いいたします。

次回は、CM制作の過程などをお伝えしたいと思います。

 

ではまた!

雨の神田にて、トランクルームを巡る ~その2

こんにちは!ゆたろうです。

トランクルームにレンタルオフィス、貸会議室がひとつのビルに入居している加瀬ビル173を後にして、次なるトランクルームを目指します!

どうやら次の目的地も、トランクルームと貸会議室にレンタルオフィスが同居した複合型となっているようですよ!\(^o^)/

さて、相変わらずの雨の中を今度は西方向に歩いて行きます。もと来た道を引き返して、駅に向かう途中で西に方向を変えて、JR線の高架下を抜けて反対側に出ます。

次の目的地は、線路の反対東側にあるので、回れ右して引き返します。
神田駅の手前で東方面に進路を変えて、中央線の高架下を潜ってゆきます。

裏通りを進んで行く形になるので、なお静かで人通りもない道を進んで行きました。

道中、ガラケー専門店の看板が目に飛び込んで、ちょっと立ち止まってしまいましたw

ビジネス街でもある一帯ですが、やはり単純に通話したりメールするには使い勝手の良いガラケーの需要はまだまだあるのかもしれませんね(^_^)

途中で通りかかったガラケー専門店。面白いなと思ったので、撮影しましたw まだまだ需要があるのですね。(^^)
こちらは、山手線などが走っている高架なので、結構大きいです。上野東京ラインを通すために、高い位置にも線路を通したので、かなり大きく見えますね!

高架下を抜けてすぐの細道を今度は南に進んで行きます。相変わらずの雨です(>_<)

こちらも人通りはなく、静かな中を少し進んで行くと、次の目的地である“トランクルーム千代田区神田”が入っている“加瀬ビル130(林道ビル)”に到着です!

降りしきる雨の中、静かな神田の街を進んでゆきます。
高架を潜ってからすぐに南方面の細道へと進み、途中横目にJR線の高架を見ました。もう少しで到着です。
次の目的地である加瀬ビル130(林道ビル)に到着です!

ビル入口から、自販機を横目に見つつ通路を奥に進んで行くと、綺麗なガラスの扉が見えてきます。その扉をぐいっと開けた先には、あまり装飾のないシンプルな外観のエレベーターがありました。

こちらは、よりオフィスビルな雰囲気をしておりますね!(*^.^*)

所在地:東京都千代田区神田東松下町37-2 ビル入口から一直線に進んだ奥にエレベーターホールがありました。
1階途中には、ちょっと安く飲める自販機も設置されておりました。
エレベーターホール入口です

エレベーターに乗り込むと、加瀬倉庫の各施設が入居している階に、それぞれシールが貼られています。他の会社さんも入居しているので、間違えて押さないようにという対応ですね!

エレベーターで上の階へ。こちらのビルには、トランクルームと貸会議室、そしてレンタルオフィスと三つの施設が入居してます!
エレベーター内部のボタンには、三つの施設が入居している階にシールが貼られているので、一目で判るようになっております(^_^)

こうやって、一つのビルにオフィスと倉庫と会議室があるってなると、俄然!会社っぽくなりますよね!(*^^*)

まずは、ビル5階に入居しているトランクルーム千代田区神田を訪問です。

 

5階トランクルームの入口です。こちらは漆黒のドアが渋さを出してますね!
こちらも、ドア前には台車が置かれております!(^_^)
注意事項と共に、加瀬の廃棄物処理の掲示もありました。

内部に入ると、先程入ったビルよりも幅があるためか、内部が二又に別れておりました。こちらのトランクルームのドアはオレンジ色をしており、先程の濃い青とはまた違った印象を受けます。

こちらは、ダイヤルロックがドアと一体化したタイプをしておりました。

そして、ドアを開けると内部の床はしっかりカーペット状になっており、良い感じです(*^.^*)

トランクルーム内部に入るとすぐに二又に別れる構造になっておりますが、こちらはその左側です。
トランクルームの右側です
こちらのトランクルーム内部を拝見です!
こちらのドアはダイヤルロック式となっており、四桁の番号を入力して解錠してドアを開けます。
トランクルーム内部はカーペットが敷き詰められておりました。
こちらにも、天井にはしっかりと格子が取り付けられております!(^皿^)
通路の奥には非常用のバルコニーもありました。
当然ながら、この階のトイレには錠前がかけられておりますよ!( ̄^ ̄)

 

トランクルームを出て、今度は6階にあるレンタルオフィス神田に移動しました。

~が!

こちらは鍵がなく中に入ることができなかったので、入口だけ見て今度は4階にある貸し会議室「神田ホール」へと移動です。w

 

ライトグリーンの表示板が特徴的なレンタルオフィスの入口です。内部にはいることができないので、こちらでは入口のみの撮影です。(^_^;)
ビル4階は、貸し会議室となっております。一部使用中なので、入口のドアが開いた状態になっておりました。

こちらは、内部に3つの会議室があり、それぞれ人数や用途によって広さや内装が違っているようです。第1会議室は使用中だったので内部を見ることは出来ませんでしたが、おそらくは三部屋の中でももっとも広い造りになっているのではないか?と想像しております。

第2会議室は椅子が6脚ある少人数向け、第3会議室は、二~四人で打合せする応接室風の作りでした。

室外には、自販機で飲み物を購入することができたり、コーヒーの出前もあり、いちいち飲み物を外に出て買いに行かなくてもよいのは良いですね!

貸会議室は、第1から第3まで三部屋あります。なお、この写真では見えない第3会議室は、ドアを入ってすぐ左手にあります。
入口すぐの場所には、飲み物の自販機も設置されております!
そして、なんと!コーヒーの出前(ケータリング)も行っておりました!なお、ソフトバンクのWi-Fiも使えるようです。(^_^)
自販機の奥には流し台もあるので、こちらでコップを洗ったり、お湯を沸かしたりすることもできそうですね。(^_^)
第3会議室を内側から撮影してみました。ドアは、内側に開きます。
こちらは、少人数で打ち合わせるような時に使用する応接室風の造りになっておりました。
入口ドア正面には、しっかりハンガーラックが設置されております!
ハンガーラックの側には、”注意事項”も掲示されているので、しっかり読みましょう( ̄^ ̄)
入口ドアの目の前にある第2会議室です
先程見かけた第3会議室よりも、より会議室風な造りになっておりますね!(^_^) ホワイトボードも設置されております。
ハンガーラックには、各種備品が積まれております。
マイク用の差し込み口でしょうか?もしくはアンテナ端子?2ヶ所設けられておりました。
もちろん、電源コンセントとLANの差し込み口も備え付けられておりますよ!\(^o^)/

加瀬ビル130を出て、本日最後のトランクルームに移動です。

先程よりかは雨脚が弱まってきておりますが、依然として傘が手放せない中を昭和通り方面に移動して行きます。

外に出て、次のトランクルームを目指すため、線路から更に離れて行きます・・
雨はまだバラバラと降っており、静かさに加えて少しばかり薄暗さも感じ始めた中を昭和通り方面に進んで行ったのでした。

次なるトランクルームはいったいどのようなスタイルをしているのか!?

HPの写真を見る限りは、前の二つとはまた雰囲気が違う様ですので期待も高まります!

それでは、次の場所で!

雨の神田にて、トランクルームを巡る ~その1

こんにちは!レポーターのゆたろうです!

ゆたろうのもとに再びご用命あり!
今度は、神田駅周辺のトランクルームやレンタルオフィス、貸し会議室を見て廻る指令が舞い込んできました!

鍵も借用させてもらい、いざ神田へ!と向かったのですが、
この日はあいにくの雨・・・・ しかも結構強く降っています(ー_ー;)

これから濡れるのか。。。という残念な思いを抱えながら、JR神田駅の北口を出発し、秋葉原方面に向かいます。(^^;

降りしきる雨の中、傘さしてトボトボと歩いて2~3分くらいでしょうか?須田町一丁目交差点に到着して、ふと視線をその先に向けると、両脇にビルが立ち並ぶ通りの中で、ひときわ目立つ加瀬倉庫の黄色い袖看板が目に入りました!
なんと、早々に目的地到着となってしまいました!(笑)

まだちょっとしか書いていないですが・・・・w

横断歩道を渡って更に近づいてみると、東京メトロ銀座線の出入口が見えてきました。そして、そのすぐ先には目的地である”トランクルーム千代田区神田須田町”が入居している”加瀬ビル173”が見えます!

何と、地下鉄出口からすぐの場所にトランクルームがあったのです。そんなことなら、駅から地下を歩いて行けばよかった・・・(^_^;

※編集部注:東京メトロの神田駅はホームの端と端に出入り口があるので、この間雨を凌ぐためには入場券が必要になります。あしからず…。

神田駅北口を出て、ガード下にある横断歩道を渡りましたが、ここの地面も濡れていました(>_<)
ガードを抜けて、秋葉原方面へと出ました。雨が降りしきり、その中を歩かなきゃならないのか。。。という憂鬱さを抱えながら、目的の場所まで向かいます(^_^;
週末の神田駅周辺は、多少の人通りはありましたが、やはり静かでした。さすがはオフィス街です!
駅から歩いて数分でしょか?須田町一丁目交差点に到着したあたりで、遠くに視線を向けると、加瀬倉庫の特徴的な黄色い看板が見えてきました!
目的地である、”トランクルーム千代田区神田須田町”は東京メトロ銀座線神田駅の5番出口を出たすぐ側にありました!なんと、ほとんど濡れることなく目的地に辿り着くことができます!(地下鉄経由のみ)

入口の間口は狭く、細長いビルのようです。入口のテナント表示板も黄色いので、加瀬倉庫のトランクルームがあることはすぐに判別できるので一安心です(^_^)

入口からエレベーター前に向かうと、通路脇にはレンタルオフィス用のメールボックスが設置されておりました!

こちらには、トランクルーム以外にも起業したばかりの会社向けレンタルオフィスや貸し会議室が入居しているのです!

オフィスを軸として、会社の状態・状況にあわせてトランクルームや会議室も効率良く使用することができるという、加瀬倉庫が打ち出す新なスタートアップ・オフィスの在り方として面白いなと思いました!(^_^)

所在地:東京都千代田区神田須田町1-24-21 入口にも黄色いテナント表示板があり、目立つので迷いません。
エレベーター前には、トランクルームと共に入居しているレンタルオフィス用のメールボックスも備え付けられておりました!
9階は、女性専用のレンタルオフィスとなっております。タイルカーペットもちょっとお洒落なカラーリングになっておりました。
最上階9階のバルコニードアの先には、加瀬倉庫の袖看板が見えました。

このビルでのレンタルオフィスは、9階8階にあります。今回は、8階のレンタルオフィスも内覧できるということなので、エレベーターで8階に降りていざ入室です!

室内は細長い構造をしていて、中央を貫く廊下の両脇には多くの加瀬のレンタルオフィス神田駅前のドアが並んでおりました。
私が近づくと、センサーが反応してライトが眩く明るいです!室内はほぼ真っ白なので、より明るさが際立ちます!

レンタルオフィス8階の入口は、とてもシンプルでした。
ドア右手にカードリーダーが設置されています
室内に入り、右を向くとその奥に消火器が設置されておりました。
中央に一直線の通路があり、その両脇にレンタルオフィスが並んでおります。

今回は、この801号室の内部を見させていただくことになりました。(^_^)

ドアノブ上部にある鍵穴に鍵を差込むと、カチャっという音が軽快でドアノブの感触も良好!まだ新しい為か、動かしていて気持ち良く感じますね\(^o^)/

801号室ドアです。

室内は、コンパクトながら電源に電話回線、LANが備え付けられて仕事をするのに不自由は無さそうです。エアコンも部屋ごとに完備されているので夏冬も安心ですね!(^_^)

ドアを開けた室内の様子。お一人様用のオフィススペースです。

一人で仕事するには、ちょうど良い広さではないかな?と思います。パソコンとプリンター、必要な書類やファイルを保管するキャビネを設けて、静かで落ち着いた空間の中、快適な仕事ができそうです。(*^.^*) また、ネットショップなどのEC関係の会社なら、下の階にトランクルームがありますので、在庫の保管場所もバッチリですね!

ドアの側には、室内照明のスイッチと、エアコンのリモコンが設置されていました。
個室中央にエアコンはしっかり据え付けられております!
電源コンセントは二ヶ所、そしてLANと電話回線の差込口もあり、業務に支障なし!\(^o^)/

通路を進んでいくと奥の突き当りには給湯スペースがありました。そしてその奥左側には、トイレの扉が。快適そうですね♪♪♪

中央の廊下を奥まで進んで行くと、給湯スペースもあります。電気コンロでお湯を沸かすことも可能です!
給湯スペースの隣にはトイレもあるので、ご安心を!
通路奥には、小さいながらバルコニーもありました。
バルコニーからは、ビルの谷間の風景の中に、少しだけ中央線の車両が走る様子を見ることができます。
バルコニー側から入口方面を撮影してみました

さて、初のレンタルオフィスを見た後は、7階と6階にあるトランクルーム神田須田町の内部も訪問です!(^_^)v  今回は7階にあるトランクルームを訪ねます。

7階のトランクルーム入口は、おなじみの真っ赤なドアとなっております!(^_^)
ドア左手のリーダーにカードをタッチして入場です
入室すると、目の前に小さい台車も設置されております
入口ドア正面には注意事項も
入口ドア近くに消火器が設置されております
レンタルオフィスの時と同様、ドア右手は空きスペースになっておりました。

室内は新しく、タイルカーペットも綺麗で照明に映えて良い雰囲気出してます!(^_^) レンタルオフィス同様、中央に一直線の通路があり、両脇にトランクルームが並んでいます。 こちらのドアの縁は濃い青色をしていて初めて見かけるかもしれません。明るい照明のおかげで、この青色が映えて良い感じです!(^_^) トランクルーム内部も綺麗なタイルカーペットが敷かれており、オフィスに置ききれなかった商品の在庫や梱包材、注文書類、資料等もこの場所に収納するのも良さそうです。

トランクルーム内部は、701号室を見させていただきます。

7階トランクルーム内部の構造も、レンタルオフィスと全く同じような形です。
ダイヤルロックで施錠を解除して、内部を拝見です!
入室!
内部もしっかりカーペットが敷かれております。
上部には、格子が取り付けられております。
トランクルーム奥のバルコニーへの扉は、すりガラスになっておりました。
バルコニー側から入口方面を見ておりますが、ちょうど正面に消火器が置かれていますね(^m^)

トランクルームを出て、更にエレベーターにて下の階へ。こちらのビルでは、3階と4階が「貸し会議室」となっており、事前に予約手続きして利用することが可能です。この時は、既に使用中でしたので入口だけ確認するに留めました。 週末ということでオフィス街神田は静かなのですが、週末だからこそ行われるようなセミナー等を開催する目的で利用される方も多いのかもしれません(- -)

貸会議室の神田須田町ホールです。使用中のようでしたので、入口のみ撮影です。
エレベーター目の前には、冊子のホルダーも置かれておりました。そして、周囲の汚れをとれるように、カーペットローラーも置かれております。終わったあとは、しっかり後片付けと清掃を!(^_^)

 

ビルに入ったときはシャッターが降りておりましたが、開店準備のためかシャッターが上り、焼肉屋さんのドアが見えておりました!
外は相変わらずの雨です・・・(T_T)ちなみに、画像は秋葉原方面ですが次の目的地は来た道を引き返しますw

ビル1階まで戻ってくると、エレベーターで上へ昇るときは一番奥のシャッターが降りていたのですが、この時になると、シャッターも上り飲食店入口が見えておりました。見れば焼肉屋・・・お腹の虫が・・(^_^;) 昼食とらないまま廻り始めた事を少し後悔しつつ、次のトランクルームを目指して、もと来た道を引き返します。 それでは、次の場所で!

貸し会議室「神田駅前ホール」
編集部注:こちらが空室状態の貸し会議室「神田駅前ホール」です。

 

八丁畷周辺のレンタルボックスその1

こんにちは!レポーターのゆたろうです。

今回は、加瀬倉庫のお膝元横浜市に次いで加瀬倉庫物件数が多い川崎市の、その中でも特に数が多い川崎区に向かいました。久しぶりの神奈川県です(^-^;

川崎区のトランクルームやレンタルボックスの所在をHPの地図上で確認してみると、区内満遍なく散らばっていて特に幹線道路上にある中で、区の西方にある八丁畷駅の周辺には、駅の近くにトランクルームやレンタルボックスが点在しているようなので、まずはここから訪ねることにしました。

ちなみに、“八丁畷”は「はっちょうなわて」と読みます。普段使わない漢字なのでわからない人にはなんと読むのかわかりませんね・・(^-^;
なんでも時は江戸時代、川崎宿(現在の小川町付近)から市場村まで、たんぼのあぜ道が真っ直ぐ八丁(約800m)ほど続いていたので、「八丁畷」と呼ばれていたということです。

京急の八丁畷駅は、京急川崎駅の隣の駅各駅停車のみ停車する駅なので、京急川崎で乗換えです。

各停のみ停車する駅ですが、帰宅の時間帯だったこともあり駅を出入りする人がたくさんでした。

八丁畷駅横の踏切は、頻繁に電車が通るので遮断機の空いている時間が短く、早くわたらなければならない(^-^;人や車が常に遮断機前に固まっておりました。

頻繁に電車が走り抜ける踏切を越えて、そのまま暗い住宅街の道路に入って行きます。目的地までの地図を確認すると、どうやらこの道の先にはJR線の線路と踏切りがあり、その側にレンタルボックスは設置されているようです。

元々曇り空だったので、日が暮れたら益々 暗くなり街灯の灯りが頼りでした。それくらいの暗さだったので、時折視線の先がぴかぴかと明るく点滅する光が見えました。JR各線が通過するたびにその車内灯が漏れていたのでしょう。

道を進んでゆくと、電車の灯りがよりはっきりと見えてきました。
そして、東海道線と京浜東北線が通り抜ける線路の踏切が視界に入ってきます。

地図によると、この辺りに設置されているようだけれど、どこだろうか?と踏切の方面できょろきょろ。
そして左を向くと、そこに見覚えのあるコンテナと看板が視界に入りました。目指すレンタルボックス川崎堤根は、踏切の側にあったのです!ちなみに、堤根は「つつみね」と読みます。

駅横にある踏切を北側に渡った目の前に道路があり、ここをまっすぐ入ってゆくと、目的地に辿り着くことができるようでした。
通りの両脇は住宅地で、結構暗かったです。
通りを歩いてほどなくして、JR線の踏切に到着しました!この踏切も、人と車が集まっておりました。
踏切前で、レンタルボックスはどこだろうか?と左を向いてみると、目の前に見覚えのあるコンテナと看板が!電車が通過する線路沿いにありました!

踏切前から横を向いたときは、コンテナボックスが3台だけ見える形になっていたので、小規模な場所なのだなと思いつつ、こちらのレンタルボックスの名前が書かれた表示板を探していると、線路沿いの道沿いにズラリと並んでいるのが見えました!
小規模と見せかけて、設置数は結構あります。そして、電車から見える位置の看板広告の表示も「募集中」状態でした。(^_^)

所在地:神奈川県川崎市川崎区堤根38-1 堤根は”つつみね”と読みます。
正面から見ると、正面に3台だけ並んでいるように見えるのだが・・・
実は、暗がりの線路沿いにズラリとレンタルボックスが並び、結構規模が大きい場所でした!道路間近に、東海道線の車両が走り抜けてゆきます!

レンタルボックス川崎堤根は、規模が大きいため様々な広さのコンテナボックスがあり、バイクボックスも設置されておりました。

線路沿いに設置されているため、道路から入ることのできる通路が二ヵ所あり、それぞれにタラップが設けられております。一部には、タラップで上る”2階フロア”もありました。

タラップの上から線路沿いを眺めていると、時折電車が通過してゆくのが見えます。夜になっていたので、電車内から漏れる光のラインが目立ち、レンタルボックスの間を結びつけるように光ったり消えたりして綺麗だったので、タラップ上でぼうっと見つめてしまっておりました。(^^;

バイクボックスも複数設置されております。
奥側の通路は、片面のみです。これは、面積の都合上並べて置けなかったのかもしれませんね。^^
各通路は、奥行きもそれなりにありました。
3本通路があるうちの中央の通路です。細目の通路にぎっしりとボックスが設置されております!
こちらは、2階フロアも設けられて
2階フロア正面です
フロア上からの撮影です
線路に一番近い通路を見降ろしてみました
タラップの上に立って、通り過ぎてゆく車両をしばらく眺めてしまいましたw
線路近くには、自販機も設置されております。
電車から見える広告スペースは、現在絶賛募集中です!

 

レンタルボックス川崎堤根を後にして、八丁畷駅に引き返します。JR線の踏切り側からだと駅周辺も少し明るい為か、京急線方面の踏切とその廻りが明るく見えました。

そして、目指す先が明るく見えるせいか、思ったよりもレンタルボックスと駅の間が近いと感じられたのでした。

もと来た道を引き返した帰り道はかなり近く感じました。京急の紅色が街灯に照らされて引き返す人には良く目立つ。

では、次の場所へ!

次回は八丁畷駅の川崎方面ホーム側から程近い、トランクルームを訪ねます。

貸し倉庫の詩

貸し倉庫。

最近あまり聞かないけど、

貸し倉庫。

事業目的の物件が多い、

でも、素人さんも何となく検索してしまう、

貸し倉庫。

名前が通っている、

貸し倉庫。

「レンタルボックス」「トランクルーム」でも似たようなものだけど、

“日本語が好きな人”が使うのが、

貸し倉庫。

貸倉庫」と書く場合もある、

貸し倉庫。

実は「貸倉庫」の方が検索ボリュームが多い、

貸し倉庫。

貸倉庫。

倉庫番※”の居る

貸倉庫。

かしそうこ

一文字替えると、

かせそうこ(加瀬倉庫)

Kashisouko

2文字替えると

Kasesouko.

貸し倉庫、

ああ、貸倉庫

貸し倉庫。

断捨離に効く、

貸ソウコ。

 

 

あああ…、   貸し倉庫…。

貸し倉庫~!

 

大昔に「倉庫番」というパズルゲームが大流行しました。我々の世代は「倉庫」と聞くとつい、「倉庫番」を思い出してしまうのです…(*^^*)