八丁畷周辺のレンタルボックスその1

こんにちは!レポーターのゆたろうです。

今回は、加瀬倉庫のお膝元横浜市に次いで加瀬倉庫物件数が多い川崎市の、その中でも特に数が多い川崎区に向かいました。久しぶりの神奈川県です(^-^;

川崎区のトランクルームやレンタルボックスの所在をHPの地図上で確認してみると、区内満遍なく散らばっていて特に幹線道路上にある中で、区の西方にある八丁畷駅の周辺には、駅の近くにトランクルームやレンタルボックスが点在しているようなので、まずはここから訪ねることにしました。

ちなみに、“八丁畷”は「はっちょうなわて」と読みます。普段使わない漢字なのでわからない人にはなんと読むのかわかりませんね・・(^-^;
なんでも時は江戸時代、川崎宿(現在の小川町付近)から市場村まで、たんぼのあぜ道が真っ直ぐ八丁(約800m)ほど続いていたので、「八丁畷」と呼ばれていたということです。

京急の八丁畷駅は、京急川崎駅の隣の駅各駅停車のみ停車する駅なので、京急川崎で乗換えです。

各停のみ停車する駅ですが、帰宅の時間帯だったこともあり駅を出入りする人がたくさんでした。

八丁畷駅横の踏切は、頻繁に電車が通るので遮断機の空いている時間が短く、早くわたらなければならない(^-^;人や車が常に遮断機前に固まっておりました。

頻繁に電車が走り抜ける踏切を越えて、そのまま暗い住宅街の道路に入って行きます。目的地までの地図を確認すると、どうやらこの道の先にはJR線の線路と踏切りがあり、その側にレンタルボックスは設置されているようです。

元々曇り空だったので、日が暮れたら益々 暗くなり街灯の灯りが頼りでした。それくらいの暗さだったので、時折視線の先がぴかぴかと明るく点滅する光が見えました。JR各線が通過するたびにその車内灯が漏れていたのでしょう。

道を進んでゆくと、電車の灯りがよりはっきりと見えてきました。
そして、東海道線と京浜東北線が通り抜ける線路の踏切が視界に入ってきます。

地図によると、この辺りに設置されているようだけれど、どこだろうか?と踏切の方面できょろきょろ。
そして左を向くと、そこに見覚えのあるコンテナと看板が視界に入りました。目指すレンタルボックス川崎堤根は、踏切の側にあったのです!ちなみに、堤根は「つつみね」と読みます。

駅横にある踏切を北側に渡った目の前に道路があり、ここをまっすぐ入ってゆくと、目的地に辿り着くことができるようでした。
通りの両脇は住宅地で、結構暗かったです。
通りを歩いてほどなくして、JR線の踏切に到着しました!この踏切も、人と車が集まっておりました。
踏切前で、レンタルボックスはどこだろうか?と左を向いてみると、目の前に見覚えのあるコンテナと看板が!電車が通過する線路沿いにありました!

踏切前から横を向いたときは、コンテナボックスが3台だけ見える形になっていたので、小規模な場所なのだなと思いつつ、こちらのレンタルボックスの名前が書かれた表示板を探していると、線路沿いの道沿いにズラリと並んでいるのが見えました!
小規模と見せかけて、設置数は結構あります。そして、電車から見える位置の看板広告の表示も「募集中」状態でした。(^_^)

所在地:神奈川県川崎市川崎区堤根38-1 堤根は”つつみね”と読みます。
正面から見ると、正面に3台だけ並んでいるように見えるのだが・・・
実は、暗がりの線路沿いにズラリとレンタルボックスが並び、結構規模が大きい場所でした!道路間近に、東海道線の車両が走り抜けてゆきます!

レンタルボックス川崎堤根は、規模が大きいため様々な広さのコンテナボックスがあり、バイクボックスも設置されておりました。

線路沿いに設置されているため、道路から入ることのできる通路が二ヵ所あり、それぞれにタラップが設けられております。一部には、タラップで上る”2階フロア”もありました。

タラップの上から線路沿いを眺めていると、時折電車が通過してゆくのが見えます。夜になっていたので、電車内から漏れる光のラインが目立ち、レンタルボックスの間を結びつけるように光ったり消えたりして綺麗だったので、タラップ上でぼうっと見つめてしまっておりました。(^^;

バイクボックスも複数設置されております。
奥側の通路は、片面のみです。これは、面積の都合上並べて置けなかったのかもしれませんね。^^
各通路は、奥行きもそれなりにありました。
3本通路があるうちの中央の通路です。細目の通路にぎっしりとボックスが設置されております!
こちらは、2階フロアも設けられて
2階フロア正面です
フロア上からの撮影です
線路に一番近い通路を見降ろしてみました
タラップの上に立って、通り過ぎてゆく車両をしばらく眺めてしまいましたw
線路近くには、自販機も設置されております。
電車から見える広告スペースは、現在絶賛募集中です!

 

レンタルボックス川崎堤根を後にして、八丁畷駅に引き返します。JR線の踏切り側からだと駅周辺も少し明るい為か、京急線方面の踏切とその廻りが明るく見えました。

そして、目指す先が明るく見えるせいか、思ったよりもレンタルボックスと駅の間が近いと感じられたのでした。

もと来た道を引き返した帰り道はかなり近く感じました。京急の紅色が街灯に照らされて引き返す人には良く目立つ。

では、次の場所へ!

次回は八丁畷駅の川崎方面ホーム側から程近い、トランクルームを訪ねます。

東京都北区赤羽にあるレンタルボックスを訪ねて その1

皆様こんにちは!
レポーターのゆたろうです。

以前、足立区のレンタルボックスを訪ねましたが、ふと隣の北区はどれくらいレンタルボックスが設置されているのだろうか?
ということで、調べてみると北区全体では13件のヤードあり、その半数が区の北部にあることがわかりました。
それならば!と北区北部にあるレンタルボックスを訪ねつつ、赤羽を東から西北西に向けて横断してみました!

東京都北区の北部、レンタルボックス訪ね旅w ①

炎天下の志茂駅から岩淵水門方面へ

スタートは、東京メトロ南北線・志茂駅からです。

志茂駅1番出口。以前はシャッターが下りていた場所にローソンが営業している。ちなみに、バイクボックスに近いのはもう一つの2番出口である。

まずは、この志茂駅近くにある、バイクボックス北区志茂4丁目を目指します。
北本通りを赤羽岩淵駅方面に進み、信用金庫の先を右に曲がり住宅地を進んで行くと判りやすいのですが、この日は周辺住宅地の雰囲気も見たいなと思い、北本通りから裏道に入り、住宅地を歩きつつ目的地まで向かいました。

なお、普通に最短距離を歩けば、駅からは徒歩7分程で到着します。
住宅地の中を歩いていると、街道のような、商店街のような通りがあり、そこを歩いていると神社から境内まで少し距離のある熊野神社がありました。

神社入口です。ここから境内までは少し距離があります。

神社の境内の先には、隅田川と荒川放水路を隔てる岩淵水門も見えます。この水門は、通称「青水門」と呼ばれていたりします。ちなみに、この青水門が完成するまで使われていた旧岩淵水門も残っており、こちらは「赤水門」と呼ばれています。
こちらでは、参拝したり水門を眺めたりなど一服。

熊野神社の境内です。木に隠れてしまってますが、岩淵水門も遠くに見えました。
神社の近くには公園あり

夜来てみたい街、居酒屋竜飛は迫力満点!

そこからバイクヤードに向かって進んでいると、通りを間違えてしまい、そこにあったのが「竜飛」という居酒屋さん

訪問したのは昼下がりなので、まだ準備中状態。

こちらでは、害獣として駆除されるトドの肉や、ワニ肉、ダチョウなどを食べることもできるのだそうな!他にも、日本ではあまり食べられない肉も食べられるのだとか?
明るい時間帯だったので当然ながらお店は営業してなかったのですが、どんな味なのか?ちょっと気になったのでした。

さらに、バイクボックスに近づくと、そこにはテルメ末広という銭湯があり、入口には今か今かと開店を待つお客さんたちが並んでおりました。

昔ながらな雰囲気の外観でしたが、全体的に建て替えたばかりな綺麗さがある印象でした。バイクボックスを訪れてから再びこの場所を通った時は、既に営業が始まっていたのか、待ち人はいなくなっていました。

暑い日だったので、歩きだして既に汗がかなり流れているような状態でしたが、時間もないのでそこは我慢して、目的地へ。(^^;
バイクヤードは、この銭湯がある通りから更に細道を入った先にありました。

所在地:東京都北区志茂8-1-4
周りは細い路地!

この住宅密集地の中においては、自動車よりもバイクのほうが小回りが利いて利便性は高そう
そして、駐輪できる場所も中々ない場所であるならば、不安なく保管できる専用コンテナの存在は中々貴重なものではないかなという感があります。 お高めなスポーツサイクルの保管もできるのも良ポイントですね。

コンテナをワイドに設置しておりますが、入口前が広場のようになっているので、狭さもあまり感じさせないのは良かったなと思いました。自販機もちゃんと設置されております。

周りは住宅地なのだけれど、少し広めにぽっかりと空いた広場の中に二列、青いバイクコンテナが設置されております。

岩淵町に銘酒あり!丸眞正宗に興味津々w


ひとしきり過ごした後、今度はここから更に北西の岩淵町方面に歩いて、国道沿いにあるレンタルボックスを目指します。

北本通りに出ずに、複雑に入り込んだ住宅地の通りを右に左に進んで行くと、やがて北本通りの北端、新荒川大橋の近くに出ました。

この坂を登った先に新荒川大橋があり、越えると埼玉県に入ります。画像奥のタワーマンションは、日本でも指折りの高さを誇るエルザタワー55です。

この橋からほど近い場所には、23区内では珍しい造り酒屋の“小山酒造”さんが営業しております。(※長く23区内で営業している唯一の造り酒屋です。現在は、港区にもう一軒酒蔵さんがあります)

蔵見学なども実施しているので、興味のある方は是非!

小山酒造さんの事務所そして醸造所です
マンションに、小山酒造入口を示す看板あり。北本通りから細道を20m~30mほど進むと、小山酒造があります。

こちらで作られている日本酒・丸眞正宗が、蔵からすぐ近くにある酒屋さんで販売されていたので、一本購入してみました。
ちなみに、こちらのお店では丸眞正宗のコーナーがあります。蔵からすぐ近くで営業している酒屋さんならではですね!

購入した丸眞正宗の酒瓶をガードレールの柱に立ててみました。(笑)
酒瓶の拡大画像!純米吟醸を購入しました。丸眞正宗銘柄は、種類様々あります。

東京メトロ最北端?の赤羽岩淵駅近辺

さて、この北本通沿いの酒屋さんから少しばかり通り橋から離れた方向に移動すると、レンタルボックス岩淵町が見えてきます。

所在地:東京都北区志茂8-1-4
コンテナボックスの反対側には、自販機あり。
北本通りの都心方面側にあり、8帖コンテナ6室と小規模ではありますが、隣は広めのコインパーキングなので、とても目立ちます。
高層マンションの頂点から差し込む強い日差し!レンタルボックスの隣は広いコインパーキングです。

更に少しだけ都心方面に進むと、環八通りの起点でもある岩淵交差点となり、こちらには東京メトロ南北線最後の駅である“赤羽岩淵駅”があります。

そして、コンテナボックス横の細道から一本裏手の通りに入って行くと、門の奥から大きな観音様が見つめて下さるお寺・浄土宗正光寺に至りました。

お寺の名前は、正光寺です。
門の手前からも、観音様が見つめてくださってます。中々に大きな観音様です。

こちらで、これから先の無事を祈念して、いよいよ北区の北西へと進路をとって横断開始です!

~その2に続く~