自宅の庭を貸す?庭シェアリングという新発想!

こんにちは!

念願のAI音声認識システム搭載スピーカーAmazon Echoは手に入れたのですが、そうなるとどうも“他の機種”の性能も気になってしまい、ついつい安売りしていたGoogle Home Miniもポチってしまいました!(*^^*)
Google home

絶対イヤと思っていた「OK Google」という起動ワードを言わねばならぬので気が重いですが、それでもGoogleの底力を見てみたい、とも思うのでありますよw。

さて今回は、空き家問題が悪化の一途である昨今に、一つの解決策として注目されている「庭シェアリング」という運動にフォーカスしてみました。

 

庭共有で、空き家になる前からコミュニティを形成する!

空き家問題は、空き家になる前が解決のポイント!?

「空き家問題」とは、ご存知のように高齢化が進む現代、住む人がいなくなり、誰も管理せずに放置された家が増え続けている現象を指すもので、債権者が死んでいる場合、取り壊すことも再利用することも出来ずに、ただ朽ち果てるのを見守るだけとなってしまいます。

都会では浮浪者や犯罪者のたまり場になることも予想されますし、地方では害獣などの巣窟になってしまうことも考えられ、早急な対策が求められております。

これらに対する解決策として、横浜市立大学「空き家問題の課題解決」に取り組む授業を行っている齊藤広子教授は、「空き家になってからでは遅い。その前から所有者やその家族と関係づくりをしていくことが重要」と考え、授業を受ける学生たちとヨコイチ空き家利活用プロジェクトを、2016年からスタートさせていました。
現在同大学の国際総合科学部まちづくりコースの3年生、50名が参加しているとのことです。

昨年は京急電鉄の賛同を受け、築40年の民家をリノベーションし、留学生や日本人学生のシェアハウスとして再生させることに成功した、ということです。
横浜市立大学と京急のプロジェクト

そして今年は、“庭シェアリング”

2年目の今年は、空き家になる前に住民や家族との関係を作るプロジェクトとして、「庭シェアリング」に取り組んでおります。

このプロジェクトは、約40年前に開発された分譲住宅が立ち並ぶあるエリアで調査を行った結果、すでに空き家状態の家が全体の5%程度の27件あることをつかみました。

更に調査を進めると、人が住んでいる住宅でも、70坪前後と比較的広い敷地の中が雑草などで荒れている事に注目し、この場所を整備して近隣のマンションの住人などに安価で貸せれば、お互いのメリットになるのでは?という学生の発案から生まれたとのことです。
同時に、老人宅の孤立化も防げるし、新入居者の地域コミュニティへの参加促進にもなるため、地域社会にもメリットがあります。

しかしやはり長年住み慣れた我が家に、庭とは言え赤の他人が入ってきて自由に使われるというのは、高齢者にとっては高いハードルとなります。
そのため学生たちは、草むしり5分300円日常の家事代行5分100円などという格安な価格で引き受けることでお年寄り達との信頼関係を構築し、賛同してもらえる様に、作戦を立てました。

そして2017年10月21日に地元自治会に挨拶に行き、29日の秋祭りからボランティア業務を本格的に開始、同時に「庭シェアリング」の事を説明するためのチラシを配布するなど、告知活動を行ない始めました。

まだまだ先は長いが…

 

「庭シェアリング」は一つの手段であって、目的ではありません。この事で地域住民通しのコミュニケーションが進み、新しい関係性の中、土地や建物の活用について、積極的に話を聞いてもらうチャンスを作ることで「空き家問題」の解決につながる、と齊藤広子教授は考えています。

次の段階としては、高齢家族や独居老人宅に地方出身者や留学生などを同居させ、高齢者を見守るとともに空き家にしない努力を続けていく事と考えているのです。

これらの実験の結果を踏まえ仕組み化することで新しい法整備も進んでいくでしょうし、次の世代に引き継いでいくべき限りある資源を有効利用していける社会になる、といえます。

これからも、これらの実証実験には注目していきたいと思います。

当社の不動産活用は…

ここで一つ、お知らせしておきます。

加瀬グループでも、数々の土地活用・建物活用のソリューションを取り揃え、皆様のご用命をお待ちしております。

どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談下さい。

◎土地活用について … 「加瀬の土地活用スペシャルページ」

◎建物活用について … 「加瀬の空室活用スペシャルページ」

よろしくお願い申し上げます。

 

手軽に設置できる、屋外型自動追尾型監視カメラが出来ました!

いつの間にか、いろんなものが私達の頭の上を飛び交うようになってしまいましたね(-.-)。
『頑丈な建物』なんて急に言われても、アタフタしちゃいますよね。

彼の国の方々は何を考えているか不明ですし、一般人にはそれらはどうしようもないので、せめて目の前の危機だけでも防いでいきたいものです^^;。

大切なもの・失いたくないものは、今のうちにトランクルームか、レンタルボックスに仕舞っておいて下さいw
地下にあるトランクルームなどは、オススメかもしれません。

そんな一般Peapleの我々にとって、自宅において強い味方が現れましたので、ご紹介いたします。

動くものを自動追尾する監視カメラ

ついに家庭用監視カメラも、自動追尾の時代に!

監視カメラについては、街中への配備はすっかり進み、今では犯罪の解決と抑制に非常に効果を上げている。
只、一般家庭などとなると、まだまだ導入は進んでいないのが現状で、一歩家の中に入ってしまうと、内部の様子は捉えられないのが普通。

それでもインターネット回線を使った“見守りカメラ”などの需要の高まりから、一部の家庭には、ジワジワっと浸透しつつありました。
しかしいずれにしても“据え置き型”で、天井や高い場所から固定の映像を送るだけ、のものが大半を占めていました。

そこに登場したのが、今回ご紹介するサイホープロパティーズの「ATOM」シリーズで、据え置き型だが動きと音を感知して、その方向に首を振る機能を持った自動追尾型の監視カメラです。
amaryllo_ATOMシリーズ

更に、天井にある電気のソケットに差し込むタイプの「ATOM AR2」が登場し、家庭用監視カメラがより一層身近になっておりました。
コンセント型監視カメラ

ついに屋外型の監視カメラも自動追尾型に!

そして今回、同じATOMシリーズから、屋外型の自動追尾型監視カメラ「AR3e」が8月29日に販売が開始されました。

こちらはこれまでのシリーズモデルと同様、モーションセンサーと音センサーで対象物を自動追尾する全方位型防犯カメラで、以上を感知した場合は、予め専用アプリをインストールしておいたスマートフォンに通知と、本体に録画をしてくれます。

更にカメラから警告音を鳴らす機能までついているので、「犯罪の抑止」「防犯」に非常に大きな力を発揮します。

ATOM AR3e

360°撮影可能なので、一台で広範囲の監視が出来るだけでなく、撮影したデータは本体に保存できる他、24時間分のデータは同社が用意する無料クラウド上に保存されるとのこと。正に『証拠はバッチリ』ですね。

また、インターネットにはWi-Fi経由で接続しますので、電源さえ確保出来れば即設置完了。
24時間365日、あなたの自宅を監視します。

気になるプライバシーの保護ですが、256bitでの暗号化通信を使いますので万全です。

IP66レベルの防水・防じん仕様ですので、屋外に長時間設置しても性能は衰えません。

お値段は、ちょっとお高めの65,800円

詳しくは、ATOM AR3eのサイトでご確認下さい。

こちらの商品は、残念ながら未だにACコンセントから電源を取るタイプのなのですが、近い将来、太陽光や風力発電のタイプやバッテリーで数十日もつタイプなどが現れて来ることが期待できます。

当社のトランクルームやレンタルボックスにも、“マイ防犯カメラ”などを持ち込む方が増えてくるのではないでしょうか?

空き家がビジネスに!?諸問題に光明さす。

▶▶▶ニュービジネス レポート◀◀◀

“空き家はビジネス・チャンス!”という動きが!

空き家問題2017

「空き家情報」をビジネスに繋げ、チャンスを作る!

少子高齢化や地方の過疎化とともに、日本の社会問題として「空き家問題」が浮上して久しいですね。

最近では都内や都市部でも空き家が目立つようになり、それらの維持管理費用や衛生・防犯上の問題点も深刻になりつつあります。

問題が深刻化する一方、これを“ビジネス・チャンス”と捉える動きも出始めております。
空き家に悩む大家さんと、各種事業者さんに空き家活用を提案する企業も現れているのです。積極的に空き家の情報を仕入れ、事業展開のアイディアと合わせて斡旋しています。

ボロくなった空き家

また加瀬倉庫の空き家活用の場合は、空き家が建っていてもそのままの状態でお引渡しが可能(ご契約の条件によります)。
取り壊し・撤去の作業は当社が行う場合もありますので、お気軽にご相談ください!

空き家が活用されれば、経費や衛生・防犯などの問題も一挙に解決されますから、持ち主にとってはとてもありがたい取り組みといえるでしょう。
すでに不動産業界では、空き家はビジネス・チャンス!という認識が広がっているようで、この流れは当分続きそうです。

人気化必至!「ペット共生型シェアハウス」登場!

空き家ビジネスの一つのソリューションとして登場したのが、「ペット共生型シェアハウス」です。
ペットOK!

渋谷にある不動産会社では、空き家などを「ペット共生型シェアハウス」に転用することで、空き家問題のみならず、ペットの殺処分問題の解決にも貢献しています。
ペットと一緒に暮らせる上、シェアハウスなので初期費用や家賃の軽減にもなる事から入居者にもメリットも多く、各方面から注目を浴びているので、人気化することは必至です。
特に今月オープンした物件は、元々が倒壊や衛生上などの懸念の強い「特定空き家」の一歩手前だったことから、他の物件へも波及する事が期待されております。

空き家問題で頭を痛めている方、
加瀬倉庫でも積極的に空き家を活用していくノウハウが蓄積しておりますので、一度お気軽にご相談ください。

まるで“スマホ感覚”!配線不要のテレビドアホン登場。

▶▶▶暮らしに役立つガジェット情報◀◀◀

一人暮らしでも、家族世帯でも、防犯にも有効で便利なドアホンです!

こんにちは!
ここ2~3日、ハッキリしないお天気が続いている横浜地方ですが、
皆様の地域ではいかがでしょうか?

暑い日と寒い日が交互にやってきて、
体調管理が難しい時期となっておりますので、
風邪などには十分ご注意してお過ごしください。

配線不要、置き場所自由(電波の届く範囲なら)のポータブルドアホン!

皆さんのお宅には「ドアホン」はありますか?

最近物騒なニュースも増えておりますので、一人暮らしの女性などは、
普通の呼び鈴やドアチャイムなどで来訪者はわかっても、
ドアを開けてみるまで安心できませんね。

そこで便利なのが「カメラ付きドアホン」

ドアも開けずに相手を確認し、安全が確認出来てから初めてドアを開ける。
これが出来るのが「カメラ付きドアホン」です。

しかし、アパートなどの場合、後からの配線工事等がしづらいため、
どうしても普通のチャイムや覗き窓などだけで我慢してしまいます。

丸い覗き窓って、意外にちゃんと見えないんですよね。
そこを賊に付け込まれたりなんて、恐ろしい事も起こりえます!

カメラ付きドアホンは欲しいけど、
後から付ける方法がわからない、
いくら位掛かるものなのか?
工事は大変なのか?、
などと二の足を踏んでいた方はいらっしゃいませんか?

そんな方々に朗報です!

ポータブルでワイヤレスなテレビドアホンが最強!

アイホン「WL-11」高性能なのに、配線不要の簡単設置が可能!
アイホン「WL-11」

ドアホンの専門メーカー「アイホン」が4月20日に発売した「ワイヤレステレビドアホン WL-11」なら、乾電池6本で2年間動くカメラ付き玄関子機を玄関先に取り付け、スマホのようなモニター付き親機を充電台に指し、コンセントに繋いで適当な場所に置くだけで設置完了!

親機は室内の電波の届くところなら、どこでも持ち運べます。

これまでは、長い配線をハワしたり、ワイヤレスでも親機が据え置き型だったりしたので、それほど“お手軽感”は無かったのですが、このWL-11ならばまるでスマホを設置するように、女性でも簡単に本格的なカメラ付きドアホンが設置出来ます。

高性能なのに簡単設置で、誰でも使えるドアホンです。
高性能なのに簡単設置で、誰でも使えるドアホンです。

この機種の優れたところは、留守中でも来訪者を撮影し後から確認できる「自動録画機能」がついているところ。ドアホンが鳴らされると、1回に3枚の静止画を、全部で100件分撮影・録画できるのです。

宅配便や郵便局の配送員の来訪確認は元より、不審者の存在なども確認できるので防犯カメラとしても機能します。

気になるお値段はオープン価格ですが、都内量販店などでは17,000円前後で売られている模様です。

一人暮らしの女性やお年寄りなどにピッタリのこの商品、
加瀬のトランクルームとご一緒に、是非一度ご検討くださいね。