電動アシスト自転車が凄いことに!

皆さまこんにちは!

まだまだ寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

一時猛威を奮っていたインフルエンザも、漸く減少傾向ということで、
無事、すり抜けられたかな、と胸を撫で下ろしておりますw.

なんて言ってると、いきなり来たりして…(^_^;)
油断大敵ですからね。
もうしばらく、気を引き締めて生活していきたいと思います。

さて今日は、春がくるのが待ち遠しいので、
春になったらいっぱい乗りたい、電動アシスト自転車についてです。

ちょっと嬉しいライフハック

部長、大変です!電動アシスト自転車が、凄いことになってます!

あ~、本当は「所さん大変です!By NHK」なんですがね、
取り敢えず近所にそういう名前の方がいらっしゃらなかったのでw.

で最近w、「アシスト自転車」についてはこんなタイプも出てますよ。

電動アシスト自転車、使ってますか?

便利ですよね、電動アシスト自転車

実は私も、個人的には10年以上前から使ってまして、
そろそろ交換用の電池が手に入りにくくなって来ているので、
買い替えかな、なんて考えている最中なのです。

私が買った時には、まさかこんなに長く乗るとは思ってなかったのですが、
微妙に?便利なもので、これまで使い続けてきました。

今は亡きサンヨー電気の製品で、エネループバイク CY-SPH227いうモデルです。当時の買値で9万円くらいだったと思います。

エネループバイク
電動アシスト自転車には珍しい、前輪をアシストするタイプ(二輪駆動)で、更に下り坂では「充電」もできちゃいます!

 

タイヤは4セット目だし、シートも3つ目
バッテリーは通算6本くらい替えてます。
バッテリーは一本1.5万円くらいなので、
なんやかんやで10万円くらいのランニングコストでした。

で、私の場合、こいつではほぼ都内は行けてしまうのですよw。
自宅は目黒区と世田谷区の境目辺りなのですが、
そこから三軒茶屋(2km)のキックボクシングジムに通い、
下北沢(5km)のカフェに通い、
代々木上原(5km)の事務所に通い、
高円寺(8km)の友人事務所に通い、と徐々に距離を伸ばし、
休日には新宿(8km)のソフマップやディスクユニオンに行く足として、
秋葉原(12km)や上野(13km)辺りへも足を伸ばし始め、
鶯谷から浅草(15km)辺りの散策にも使うようになり、
根津神社(13km)のつつじ祭りなどにもこのチャリで行ってましたw。
蒲田(10km)にある行きつけのマッサージ店にも通ってます。

吉祥寺(15km)なんかにも、数回行ったかな。ジブリの森とかも。

基本は内装3速のママチャリなのですが、
一応27インチタイヤの“スポーツタイプ”なので、
少しだけ、その気にさせてくれるヤツです。

この間、自動車を手放し、大型バイクも手放したので、
我が家の唯一の“原動機付き乗り物”として君臨していた時期もありました。
(現在はバイク3台と共存中w)

まあ、よく走るし、楽だし(辛くはない?)、ガソリンはいらないし、
バッテリーが切れても動けるし、多少の雨なら傘もさせるしw。
都内(というか私の行動範囲)であれば、これか電車でOK!
コンビニエントな奴です!

しかし、時代の移り変わりには勝てず、すでに新品のバッテリーはなかなか無く、あっても“不当に高価”で、25000円くらいするのです。(多分定価ですねw)

電動アシスト自転車のバッテリー
ここ何回かは、中身のバッテリーだけ入れ替えてもらうサービスを利用してましたが、中身はともかく、外側が経年変化でボロボロになってきたので、そろそろイカンかな、と思ってます。
バッテリーの性能自体も、現代のレベルから見るとかなり劣ってますしね。

こういう理由で長年使ってきたものを買い換えねばならないのは、今ひとつ納得が行かない気もしますが、まあ、工業製品にはついて回ることなのか?(新機軸のバッテリーも使える様にしてくれれば良いのに…)
それにしても、10年以上も元気で働いてくれたことは、とても感謝してます。

ありがとよ!相棒。

さて、では次は何にしよう?

と思って街で周りを見回すと、まあ電動アシスト自転車の多いこと!
老いも若きも、街中を走るママチャリの半分以上が、電動なんじゃない?ってくらい普及が加速してますね。

とにかく楽に、手軽に、荷物と人を積んで街中を移動したいというニーズには、ピッタリの乗り物だと感じます。
たまにこちらが歩道上を歩いている時に、後ろから乱暴に追い抜かれ、ドキッとする事もあります(ご注意下さい!)が、概ね便利に使われているようです。

何年か前には、キチンと乗車装置さえ付けておけば「3人乗り」も可能という法律もできたようで、前後に子供用の椅子を取り付けた、戦車のような容貌の重量級自転車も多くなってきました。(っていうか、このタイプが一番売れているようです)

3人乗り自転車

メーカー出荷時から付いているので、しっかりと安全基準も満たし、安心してお子様を運ぶことができ、尚且つ前カゴまで付いているので、そのままお買い物も!(^_^;)

都会で暮らすお母さん、頑張って!と呼びかけたくなります(*^^*)。

最新鋭は、バッテリーが無い?

そんなわけはありません。
何処かにバッテリーはきっとあります。
只、バッテリーの性能向上や技術の進歩で、見えなくしてあるだけ。

ORBEA

どこから見ても、アシスト無しのモデルに見えますが、
これも電動アシスト自転車です。

スペインの自転車メーカーORBEA社が昨年発売したGAINというシリーズです。
(写真はドロップハンドルのロードモデルですが、他にもいろいろあるようです)

バッテリーはダウンチューブの中で、
モーターはリアハブの中。実に合理的なレイアウトですね。

このままで約100kmの走行が可能で、更に距離を伸ばしたければ、ドリンクホルダーに入るサブバッテリーも用意されているとのことです。

ここ何年か、自転車のロードレースにも電動アシスト自転車を持ち込む輩が現れ、主催者側もその巧妙さにナカナカ見つけられなかったものですが、こいつは正々堂々と、電動アシスト自転車を名乗っているので、問題ないでしょうw。

価格は最低25万円程度から。オプションにより45万円くらいだということですが、高級なロードモデルを買うことを考えると、全然高くはありませんね。

また10年位使うことを考えれば、このくらいお金を払っても良いかもw。
(いや、嘘です、買えません、私には…(^_^;))

良い自転車は、保管場所が大事!!

最近はバイクや自転車の盗難が増えています。
特にマンションやアパートの駐輪場や、家の脇の路上保管は、盗難にあいやすいシチュエーションですね。

出来れば、大切な自転車をもっと安全な場所にしまっておきたい!

そんな方に最適なのが、加瀬のバイクヤードです!

何せ、専用のコンテナを一つ、貴方が好きに使えるようになります。

バイクヤード

オートバイだとコンテナ1つに1台でしょうが、
自転車ならば、家族の分全部入れても余裕でしょう。

電動アシスト自転車は、ママチャリとしてはかなり高価で、正に“財産”とも呼べる存在になってます。
レンタルボックスバイクヤード(コンテナの大きさが違います)を上手に利用し、大切な電動アシスト自転車をしっかりと保管して下さい!

中野と新井薬師とブロードウェイ

こんにちは!レポーターのゆたろうです。

今回は前回「高円寺編」の続きで、「中野」へチェックイン!

線路沿いのカレー屋さんを出て、更に沿線を進んで行くと、JR中野駅が見えて来ました。ここの時点で左折して、早稲田通りへ向かいます。
この時点では、中野駅周辺には行かずにその外側を歩いて更に東へと進行。目指すトランクルームは地下鉄東西線の落合駅や東中野駅にも近い早稲田通り沿いにあるのです。

遠く(画像中央奥)にJR中野駅が見えます。ここから線路沿いは歩道のみとなる。
中野体育館の前を少し進むと早稲田通りに至る。この周囲は、以前から残っている建物と、新しいビルが混在していて、この先さらに再開発が進んでゆくのかな?という印象を持ちました。。。

早稲田通りに出てしばらく東へと歩いてゆく。
有名な新井薬師が近いということもあってか、静かなところを行くという感じではなかったように思います。

(中略)

中野駅に向けて歩き始めたが、新井薬師に寄り道をするべく進路を北へと向ける。
先ほど通過した参道のあいロードはお参り帰りに通ることにして、往路は少し東にある普通の道を歩いて向かうことに決定。翌日に移転してしまう焼鳥屋さんなどを見かけつつ歩いていると、五差路の先に新井薬師が見えてきました!

ひげ男の顔が看板に書かれている焼き鳥屋さん。
入口に近づいてみると、翌日(歩いたこの日は11月25日)最終営業日で、現在の場所から移転してしまうようです。
五差路の先に新井薬師 梅照院(ばいしょういん)!五差路に面した場所で営業しているケバブ屋さんが印象的でした。お寺の門前にケバブ屋という取り合わせ~
入口の門
本堂
新井薬師の先には、新井薬師公園がありました。空が暗くなり始めている中、園内の広場やその周りで子供たちがにぎやかに遊んでいるのが良いな!と思った日暮れ前でした。

その後、あいロードを歩いて中野駅へ。夕方になり、辺りが暗くなり始めておりましたが、人通りあって賑やかでした。ちなみに、あいロードは新井薬師側から入って少し歩くと道が90度に曲がり、南に向かうことになります。

歩いている途中、外から見えた飴づくりの様子。店頭でのそば打ちを見せてくれるお店はありますが、店頭で飴を造っているお店を見ることは少ないので、面白いものだと少し観てしまったのでした。
あいロードの中間より中野寄りの位置に、中野寿湯泉がありました。こちらは、銭湯と同じ価格で温泉に浸かることができるようです!

あいロードを抜けて、そのまま中野駅の中心へ目指す前に、久しぶりに中野ブロードウェイにも立ち寄り。こちらは、マンガ・アニメなどのサブカルチャーなお店が集まる場所でもあるためか、日本人の若者や外国人観光客が集まり、非常に賑わっておりました。

ここから、中野ブロードウェイに入ってゆきます。
エスカレーターからの風景。これに乗ってまずは3階へ。
2階には、3階部分が吹き抜けになり、青空を模した天板がついている場所もあります!マンガ・アニメ以外にも、宝石店や服飾店などのファッション系のお店も入っております。
中野ブロードウェイ4階にある“まんだらけ 変や”。鳥居が連なった入口が特徴です。ブリキのおもちゃやフィギュアなどがケースの中に並んでいました!

昔の中野ブロードウェイ4階は、店舗よりも事務所のほうが多くて静か(確かに、下の階よりはまだ静かであった)だったそうで、まんだらけなどのサブカル店が、空いたテナントに入居して専門店街のように変化していった・・そんな歴史を思うと、感慨深いものがあります。

4階から階段で降りて、建物外に出ると、日は沈み夜になり始めていました。入口からJR中野駅まで延びるアーケード街・中野サンモールは人でいっぱいだったので、移動の疲れを癒すべく、麦の泡立つ飲物を求めて裏道へw・・

中野ブロードウェイ入口とその周辺は人が更に増えているのではないか?という印象を持ちましたね。
JR中野駅北口ロータリーから中野ブロードウェイの間を繋ぐ、中野サンモール。行き交う人が多かったので、途中で脇へと入ってしまいました。
裏通りの店も、そろそろネオンがまたたき始め、赤提灯にも明かりが灯って気分も盛り上がってゆきます。(^^)
どこにするかひとしきり悩んで、ぱ!っと入った立ち飲み屋さんで麦の泡立つ飲物を頂きました!午後から歩いた体に染み渡ってゆきますよ・・
その後、用事があったのですが、まだ時間があったため中野駅からほど近い場所にある「ブリック」に入り、ウイスキーを頂いてしまいました。こちらは、サントリー運営のお店のようで、サントリー系ウイスキーをお手軽価格で飲めてしまうお店なのです。
JR中野駅北口に到着した時は、すっかり暗くなっておりました。冬ですね・・・

すっかり夜になった中野駅を後にして、この日のトランクルームめぐりは終わりとなりました。

今回は、トランクルームの中を見させてもらうことができて、元々の部屋の形をうまく利用した配置であったり、利用者のために台車が置いてあったりなど、なるほどな発見もありました。

さて次は、どんな風景を見ることができるのか?

また、次の場所で!

高円寺のトランクルームを訪問。そして東へ…

こんにちは!レポーターのゆたろうです。

今回は、中野・高円寺方面にあるトランクルームの内部を見せていただく機会ができたので、トランクルームのある場所を訪ねつつ、駅周辺の街並みをぶらり歩いて観てまわってきました!

冬間近の昼下がり、まずはJR高円寺駅に降り立ちました。
休日ということで中央線快速電車は通過する対象の駅となったので、隣の中野駅で各駅停車に乗り換えての到着です。

高円寺駅南側の風景です。

降りたホームの隣にあるもう一つの3・4番線ホームに人がいないなと思いつつ改札目指して階段を降りてゆくと、3・4番線ホームに向かう階段の手前に柵があり閉鎖されておりました。考えてみれば、安全のために入れないように柵を設けるのも当然だよなあ・・などと早速印象に残る風景を見つけつつ、改札から外へといそいそ歩いてゆきます。(^^;

3・4番線ホームは、柵が設置され閉鎖されておりました。

高円寺駅の周囲には、北側にねじめ正一さんの小説で有名な”高円寺純情商店街”が、南側にアーケード街の”pal(パル)”が賑わいを見せていたのですが、目指す”トランクルーム杉並区高円寺”は駅から線路沿いに東へと進んだ場所にあるので、少しここ残りでしたが今回は入口のみ眺めるのみとなったのでした。(ーー)

駅北側ロータリーの一角から北に延びる高円寺純情商店街。多くの人でにぎわっておりました!
JR線の高架下には、高円寺ストリートというガード下の商店街もあります!
高円寺ストリート入口手前にあった酒屋さん。店頭でパンが売られていたり、店内で飲んだりすることができるのが印象的でした。お店の外からちらりと見ただけですが、陳列棚にはワインが多く置いてありました。この並びには、他にもたくさんの飲食店があり、昼食を食べていない私には目移りしてしまった・・(^_^;
高円寺駅の南側には、アーケード街のpalがあります。こちらも人通りが多く賑わっている様子でした。

最初の目的地を目指してガード沿いを進んでいると、座・高円寺という劇場が見えてきました。全体が茶褐色に塗られて、ちょっとごつごつした外観は、「アート」な印象を強く感じさせて、インパクトがありました。
劇以外にも、色々とイベントを開催しているようです。

建物正面。茶褐色の塊がどーん!と視界に飛び込んできます。

劇場を過ぎると、すぐに環七通りに到達します。目指すトランクルーム杉並区高円寺は、ここから北側に沿ってすぐの場所です。

環七通りに架かる鉄道陸橋は、渋い色合いがこれまた印象的でした。
所在地:東京都杉並区高円寺北2-14-25 環七通り沿い1階。

入口横の、漫画絵の宣伝を横目にしつつ、お借りした入館キーを非接触のリーダーにかざして、いざ入館です!

入口横に貼られていた宣伝用の漫画絵です
入口ドア
リーダーを緑のランプがついた辺りに近づけてかざすと、ロックが解除されて入館できます!
ドア内側
少し奥まで進んで、入口方面を見ております。
オレンジのドアがズラリと並んでおります
最奥部は、三方ドアオレンジのドアです。
ハンドル型の取っ手
ドア上部はバーで仕切られております。
入口には、搬出入のための台車も2台置かれておりました!
加瀬の回収サービスの宣伝チラシが掲示されておりました。加瀬運輸では、コンテナ・トランクルーム内の不要になった物品の回収・処分も請け負っております!
加瀬の回収サービス!見積もりは無料です。
内部の広さ別の、処分費用一覧です。

ドア横には消火器
防犯カメラもありますよ!

通路内部に取っ手付きのオレンジ色したドアがズラリと並んでいる光景は印象的でした。通路の広さに合わせて台車が置かれていたのも、荷物を出し入れしたり整理したりするのにはありがたいサービスですね。

ひとしきり内部を見学させていただいて、建物外へ。入館の際は気が付かなかったのですが、入口すぐ前にバス停がありました!荷物の出し入れということを考えると、あまり利用する機会はないのかもしれませんが、何だかとてもアクセスよく感じて便利に思えてしまったのでした(笑) また、(これもまた向かう際は気が付かなかったのですが・・)途中にはカフェなどもあり、一息つけそうです。

そのようなことなど思いつつ、先ほどの高架沿い迄戻り、更に東へと移動です。

都営バスと関東バスが停車する停留所が、トランクルームのすぐ近くにありました!
こちらは、王子駅前(東京都北区)行きのようです。ここから結構距離があります。(^^;どうやら新宿西口から出ているようです。

高架下近くまで戻ってくると、カフェもあって一息つけます。ドアを入り、階段を上がった2階のようです。その隣は、キネマ酒場の文字が印象的でした。6分ほどのショートフィルムを見せてくれるようですが・・どんなお店なのだろう?
入口前にあった看板です。夜はアルコールもしっかり飲むことができるので、ちょっと一杯もできますね(笑)

環七通りを渡り線路沿いを更に東へ。昼下がりもだいぶ過ぎてお腹もだいぶすいてきた頃に、どこからともなくよい香りが漂ってきた!さてどこであろうか?香りの元を辿ってみると、入口の上に「TRICO」の文字が書かれた小さな建物から流れてくるようだ。入口横には「トリコカレー ニホンノカレー」と書かれた置き看板が立てられていた。
まだ中野駅まで距離があるし、駅周辺で食べようか?と一度は歩を進めたものの、香りも気になるしカレーが食べたい気分にもなってしまい、引き返してここで昼食とすることにしたのでした。(ーー)

線路沿いにある小さな建物1階にて営業。後から調べたら、昼は行列ができるそうな。確かに、ドアには整列に関するルールも書かれれておりました。
入口横に置かれた看板
お店は、JR高円寺駅と中野駅の中間位の線路沿いにあり。

ラッキーなことに、ちょうどお客さんが出てくるところで、テーブルを片付ける間少しだけ待って入店。普通にカレーが食べられればと思っていたのですが、なんと元々のご飯の量を多くしているようで、大盛にすると500gにもなるのだそう!食べ残しは罰金500円という事でしたが、朝から何も食べていない状態でお腹もペコペコだったので、こちらを注文!美味しく完食させていただきました。いやあラッキーでした!

ハッシュポテトと鶏肉のカレーご飯大盛500g!残したら罰金500円。少な目のサイズも可能で、女性向けの量設定もあるので、安心して入店できそうです。カレーは濃厚な味わいで美味しくいただけました!濃厚な味が苦手な場合は一緒に出されるスープで薄める事も可能です。

エネルギー補給も完了し、引き続き目的地目指して歩いていると、明治大学のキャンパスが視界に入ってきました。

なるほど、さきほどのお店が大盛をウリのひとつにしているのも得心がいったのでした。(^m^)

そういえば、ここに至る途中の公園で卓球で使うようなラケットを用いて、テニスのような競技に興じていた二人(多分このフレスコボール?)の若者もこちらの大学生だったのかも・・

などと思いつつ、中野にあるトランクルームへと歩を進めていったのでした。

~つづく