東京都北区赤羽にあるレンタルボックスを訪ねて その3

こんにちは!レポーターのゆたろうです。
今回のゆたさんぽは、「赤羽北のレンタルボックスを後にして~♪」です!

北区最北部の浮間方面へ!

モデルルームとレンタルボックス

レンタルボックス赤羽北を離れて、環八通りを北赤羽駅・赤羽口方面に戻り、ここからいよいよ北区の中でも最北の方面へと進路をとるため、新河岸川を越えることに。隅田川は、岩淵水門で終点となり、水門前に流れ込む川から上流は新河岸川となります。JR線の高架下にある浮間橋を歩いて対岸へ。北側を見ると、背の高いマンションが建ち、南側を見ると、視界を塞ぐようにガードが見える先に住宅地が広がっていました。

昔と比べると、工場が減ってその代りにマンションが増えた…そんな印象があります。実際、工場跡地のマンション化は進んでいるかもしれません。

そうして橋を渡って坂道を下った先に、JR埼京線北赤羽駅の浮間口が見えてきました。この北赤羽駅、駅が川の上に跨るような形で建てられています。

浮間橋の真ん中。昔に比べるとマンションが多くなった印象。

JR埼京線北赤羽駅の浮間口です。北赤羽駅は、川の上に駅があるので駅改札は東西両端にあり。浮間口は西端、東端は赤羽口です。川の上で、ホームも普通の駅より高さがあるので、出る改札を間違えると結構しんどいです。(^^;

駅前の高架下とその周辺は、スーパーや100円ショップの他にも、飲食店が固まっていて少し目立ちました。大きい工場が減ったとはいえ、まだまだ町工場や小さい会社も稼働している地域なのだなという印象を持たせてくれます。まだ明るい時間でしたが、暗くなってきたら、この駅近辺の酒場で酒宴の歓声が響くのでしょう。w

この駅前の街並みを抜けて、西へ西へと進んでゆきます。基本住宅地なのですが、時折小さな倉庫や会社事務所がありました。

やがて、目的地付近に近づくと、目印にしていた露天風呂の名前がついた銭湯を発見!そして、銭湯を横目に進み広い通りに出てレンタルボックスを探します。

コンテナボックス浮間パート1のある敷地の隣にある銭湯”ゆの花”です。看板には露天風呂の文字も!これは気になりますね!

やきとん屋からコンテナボックスの敷地方向に曲がると、浮間かにパンの看板。かにの形をしたパンだけということでもないだろうに・・興味を引く看板でした。

レンタルボックスがあるという地図の目印が指し示す場所の一角を見つつ歩いていると、モデルルーム展示場が視界に入ってゆきます。その隣には、内側へと続く通り道があり、そこから視線を遠くに向けると、ありました!ピンク色の扉が西日に照らされていい感じに映えてます。
ここがレンタルボックス浮間4丁目です。

モデルルーム展示場の横の通路を進んだ奥に、レンタルボックスが設置されています。

所在地:東京都北区浮間4-6

ドアではなく、シャッターが取り付けられたコンテナボックスもありました!

タラップは、一台あります。

空腹と日暮れの西日の中、最後のレンタルボックスへ!

ひとしきりレンタルボックスを眺めて、もう一つの場所”浮間4丁目パート2”に向かおうと道路に出たら、店頭で焼き鳥を焼くいい匂いに吸い寄せられそうになりました(^^; 昼下がりから歩き続ける間、お腹もすいてきていたので、先ほどの十字路に面したラーメン二郎系のお店(やきとん屋さんの小路をはさんだ隣の角で営業)も気になってしまいますが、こちらは幸か不幸かまだ準備中でした(ーー)

先ほど通った”露天風呂 ゆの花”の隣、交差点に面した場所には、”ジロリアン浮間店”もあります。名前の通り、山盛りで有名なラーメン二郎のインスパイア店です。

ジロリアン、やきとん屋、スーパーマーケットのカズンがそれぞれ面している十字路まで戻り、ここから更に西へと移動。

進んでゆくと、機械音が大きくなってゆきます。
その方向を見ると、古紙リサイクルの工場でしょうか?山と積まれた裁断された紙の塊や段ボールが印象的でした。その町工場を横目にまっすぐ進んでゆくと、すぐに丁字路となり正面は緑が多い。こちらは、浮間水再生センターのようです。その隣には、浮間中学校と浮間子供スポーツ広場があります。

丁字路を右に曲がり、JR線の高架に近づいてゆくと、その高架に沿うような形で、コンテナボックスが集まっている一角が見えてきました!

ここが、最後の目的地、レンタルボックス浮間4丁目パート2です。

こちらは、扉の色がピンク色やカラーリングされていない灰色ではなく、黄色!これは初めて見かけました。
最近(このレポートを書いている時)見た加瀬倉庫の新しいCMの映像にも黄色いコンテナが登場しておりましたが、もしかしてこちらで撮影されたのだろうか?などと瞬間思ってしまったのでした。(^m^)

所在地:東京都北区浮間4-15 扉の色がピンクではなく黄色いのが印象的でした。

タラップは一つです

  

コンテナボックスの壁部分で、目立つ場所に宣伝看板を掲示するというのも、中々良い共存関係ができていて、いいな!とおもったのでした。

夕暮れが近くなり、隣の運動公園での時間を終えて家路に就く球児や、近隣の住人が時折通り抜けてゆきました。

本日最後の目的地であるレンタルボックス浮間4丁目パート2から、JR浮間舟渡駅はすぐ近くにあるので、駅を目指してロータリーを目指すことに。

高架を潜って反対側に出て、駅前へと続く道路を進んでいると、右手に大きな浮間公園が見えてきます。中央に大きな池があるのが特徴で、この池の中央が区境となって東が北区、西が板橋区ということで真っ二つに分かれているという面白い公園です。

この向かいに、JR浮間舟渡駅のロータリーがあり、暑い晩夏の散歩旅もお開きとなったのでした。

浮間舟渡駅前にある浮間公園です。中央の池の真ん中が区境界となっており、この画像の右側が北区、左側が板橋区となります。まだ明るかったので、地域のみなさんが憩う姿が見られました。

ロータリーの先にあるのが、浮間舟渡駅です。この日は長閑でしたが、夏に近隣で行われる花火大会開催の際は大混雑します(^^;

・・とはいえ、さすがにおなかが空いたし歩き疲れて癒しが欲しい!そんなわけで、駅に入る前にロータリー沿いにある焼き鳥屋“焼き鳥えぶり”にて、焼き鳥とビールで一息入れてしまいました!お疲れ様です!

焼鳥えぶりは、店頭で焼き鳥を購入して持ち帰りすることもできるし、店内が立ち飲み屋となっているので、こちらで焼き鳥をつまみにお酒を飲むことも可能なお店です。ちなみに、このお店の目の前が区境となっており、お店の住所は板橋区となる。面白い立地だ!w

今回は中々面白いレンタルボックス巡り&街歩きでした

また、面白い町とコンテナに出会ってゆきたいものです!(^^)

~おしまい~

ネットで簡単契約!!
最短10分ネットで簡単契約

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする