新小岩周辺のレンタルボックス-2

どうも!レポーターのゆたろうです。

前回は、レンタルボックス東新小岩6丁目パート2に訪ねた時のことを書きました。今回は、その後に訪ねたレンタルボックス葛飾奥戸パート1のことについて書いてゆきます。

レンタルボックス葛飾奥戸パート1

晩夏の葛飾区・・この時は既に快晴となっており、午後昼下がりとなって結構日差しが強くなってきておりました。
朝は大雨が降り、昼前迄は暑く垂れこめていた雲が嘘のような天気となっていたのです。

午前中はそんな天気だったので少し厚着をしてきてしまったのですが、当然ながらこの時上はシャツ一枚で、それでも汗ばむような状態でした。

レンタルボックス葛飾奥戸パート2でひとしきり過ごした後、ネットで調べてみると、このすぐ北にレンタルボックス葛飾奥戸パート1があるということなので、折角だからと歩みを進めてゆきました。

少し進むと、環七通りと奥戸街道と環七通りが交差している奥戸陸橋交差点に到着します。葛飾奥戸パート2のある位置からすぐ近くに交差点があることは、以前書いた通りです。

奥戸陸橋交差点です。レンタルボックス葛飾奥戸パート1は、この陸橋側道を北側に少し進んだ場所に位置しております。

葛飾奥戸パート2はこの奥戸街道よりも南側に位置しておりますが、葛飾奥戸パート1は、逆にこの街道の北側すぐにあります。この時、奥戸街道はそこそこのがあった印象があります。この交差点のすぐ近くには、ファミリーレストランのデニーズがあり、小さい通りを挟んだその隣にはファミリーマートがありました。

画像奥にデニーズ、小さい通りを挟んだ画像手前にファミリーマート。この間にある通りから入っても、奥戸陸橋の側道に出ることは容易である。

デニーズの前の小さな道を進み、デニーズの裏手にある駐車場から奥戸陸橋の側道に出て、そこからほんの少し歩を進めると、目的地に到達しました。

所在地:東京都葛飾区奥戸7-5 レンタルボックスが設置される以前から使用されていたのか?折り畳み式の門扉が使われていたのが印象的でした。

環七通りの奥戸陸橋側道にあり、隣はマンションです。

レンタルボックスが設置される前は、お隣さんと同様に会社であったのか?はたまた倉庫であったのか・・敷地の形がそのようなことを想起させてくれるのだ。

中央の広場奥から手前に向かって少しずつ広がってゆくような配置がとられていました。

タラップは1台

コンテナが並ぶ最奥には、バイクの契約駐車場がありました。

水たまりに反射するコンテナ。この日は、朝のうちは強い雨が降っていたので、快晴となったこの時間帯も水たまりが残っていたのですね。

陸橋は目の前

お帰りの際は、門扉をちゃんと閉めてゆきましょうw。

残っていた水たまりに反射した、抜けるような青空とコンテナボックスが綺麗だな~なんてぼんやり眺めたりなどして、この場所でひとしきり過ごした後、地図を見ると京成線の立石駅が一番近い距離だったので、この方面へ向かうため奥戸街道を西へ歩いてゆきました。

中川に架かる本奥戸橋上から北方向を見ております。すっかり暑くなっていましたが、蒸し暑さは多少薄れていたような記憶もあります。ただ、汗だくであったことには変わらないですが・・・(^^;

この記事を書いている今は既に冬目前なのですが、こうしてこの時期の事を思い出しながら書いていると、暑かった感覚や、新小岩や奥戸の街並みを思い出し、「夏が行っちゃったな~・・」という気分にもなってしまいます。(^^;

秋冬も、趣ある風景と共にレンタルボックスを見てゆきたいところです。

それでは、次のコンテナで!

ネットで簡単契約!!
最短10分ネットで簡単契約

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする