日ノ出町~黄金町間のトランクルームを訪ねる

みなさん、こんにちは!
レポーターのゆたろうです。

まだ桜が咲く前の春先の頃。

ゆたろうは、横浜の桜木町方面に行く用事があり、例によって近くにレンタルボックスやトランクルームがあるか検索してみると、隣の関内駅周辺や少し内陸に寄った大岡川沿いにトランクルームが複数箇所あるのを発見したのでした。

そんな中で、京急線の日ノ出町駅から黄金町駅にかけて、トランクルームが二つ(トランクルーム中区日ノ出町と、中区日ノ出町1丁目)隣接している場所があったので、用事の前に訪問することにして、横浜駅からJR線で桜木町には向かわずに、京急線に乗って日ノ出町駅で下車し、いつもの“ブラリ寄り道”をしたのでした(*^^*)。

日ノ出町駅前の交差点。結構交通量があり、人通りも多かったです。

日ノ出町駅の入口は、この位置からだとちょっとわかりづらいようにも感じた。

目的のトランクルームは、どちらもこの辺りで大岡川と並行している広い道路に面した場所にあるのですが、折角なので川沿いを歩いてトランクルームを訪問しつつ黄金町まで歩くルートを選択してみました。

大岡川は、両岸に桜が植えられており開花すると綺麗な光景が現出するそうなのですが、訪れた季節はまだ春先だったので、曇りだったこともあり、何とも静かで少し寂しい雰囲気でした。

(編集部注:この辺りは野毛山公園と並んで桜の名所なので、花見の時期はそりゃもう大賑わいなのです)

大岡川、桜の季節は両岸が美しく彩られるそうですが、訪れたのは春先でまだ寂しい風景でした。

大岡川に関する碑

水上橋の桟橋もありました

目指すトランクルームは、この川沿いの道に沿って通っている広い道路沿いにあるのだが、折角なので川沿いを歩いて行くことに。

現在、川沿いのエリアを新しくしてゆこうという最中のようで、ガード下にはアートスペースがいくつか設けられていて、おしゃれな雰囲気でした。

編集部注:「Bankart」という第三セクタの施設等が幾つかあります。

(後でちょっと調べてみたのですが)アートで街を盛り立ててゆこうということのようです。そうかと思うと、年季の入った建物がまだ少し残っていたりもしていましたが・・・昔は派手なネオンがあちこちでまたたいていたのだそうだけれど、私が通った時はまだ明るい時間だったこともあり、とても静かでした。

ガード下には、アートスペースも幾つか見られました。

飲料には適さないようですが、湧き水が出る様です。

大岡川に架かる黄金橋辺りに差し掛かった辺りで、京急線の高架下方面に曲がり、その先にあるトランクルーム中区日ノ出町に立ち寄りです。

こちらは、上が住居となっている建物の1階がトランクルームとなっているタイプでした。

今まで、いくつかのトランクルームを巡ってきましたが、最初はトランクルームが入居している場所は、大きな駅周辺にあるオフィス街のビルテナントとして入っている図を想像していたのですが、巡ってみると半分住宅地のようになっている場所だったり駅から少し外れた場所にも入居していたりするのを見かけて、結構あちこちにあるものなのだなと思ったのでした。それと、結構広い通りに面した場所に設けられていることが多いなという印象も改めて感じます。

これは、荷物の出し入れの事を考えると、広い通りに面した場所が多くなってゆくのも必然なのかな?なんて考えてしまいますね。

この、京急線の高架をくぐって、その先の横断歩道を渡ると目指すトランクルーム中区日ノ出町がありました。

所在地:神奈川県横浜市中区初音町1-2-21

1階左側のドアが、トランクルームの入口です。

カードリーダーは、左隣にあります。

右側は、2階から上の住居入口です。

側面にも大きく、”加瀬のトランクルーム”の看板が掲げられてました。

黄金町駅に近くなってゆくと、新しめのバーやカフェなどが並ぶ一角が見えてきました。とはいえ、明るい時間のためかまだ営業しているお店はないようで、こちらも静かでした。

京急線黄金町駅近くの川沿い道には、新しめのバーなど、飲食店がいくつか軒を連ねておりました。

黄金町駅に到着。隣の日ノ出町駅とは、それほど駅間距離が離れておらず、歩いてもそんなに時間はかかりませんでした。

そうこうしているうちに、黄金町駅に到着したのですが、実はこの周囲で軽く食べてしまった(ちょっと麦の飲物も・・・汗)こともあり、伊勢佐木モールに立ち寄る時間が無くなってしまったのが残念でした!この界隈を歩いたのなら、伊勢佐木モールも歩いてゆきたかったのですが。。。。

そんなわけで、泣く泣く折り返して、日ノ出町駅に近いほうのトランクルームへ向けて転進したのでした。

今回はこの辺で…。
また次回、お会いしましょう!

ネットで簡単契約!!
最短10分ネットで簡単契約

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする