荒川区東日暮里のトランクルーム

こんにちは、レポーターのゆたろうです。

ある日、日暮里方面に用事があった時に、ふと思い出しました。

確か以前にこの方面のレンタルボックスやトランクルームを調べた際、加瀬倉庫のトランクルームがあったなと。

改めて調べてみると、JR鶯谷駅とJR三河島駅の間の地区に、トランクルームが二ヵ所ありました。

それならば見に行ってみようということで、東日暮里にあるトランクルームを訪ねることにしました!

トランクルームに向かうには、まずは「山手線で一番地味な駅」で有名なJR鶯谷駅北口を出て、言問通り方面に向かいます。

鶯谷駅北口です。確かに平屋建てバラックで地味な外観です。背後には常磐線が通過してゆきます。ここから北へと向かいます。

飲食店やパチンコ屋が営業しているなかを抜けると、寛永寺陸橋に差し掛かります。ここが、尾竹橋通りの始点となのですが、ここをまっすぐ北上です。

北口から続く広めの道を進んでゆくと、言問通りの寛永寺陸橋が見えます。この下を潜って直進すると、尾竹橋通りの始まりです。ここをしばらく直進します。

途中、歩道橋の上からスカイツリーを見かけたりもしましたが、この界隈だと、周囲に高い建物さえなければどこでも見えてしまうには、さすが634mだけのことはあります。

尾竹橋通りはここからスタートです。曲がらずに、直進です。

建物の間からスカイツリーが見えました!

尾竹橋通りをまっすぐ進んで行くと、左手にクリーニング屋さんがある十字路に差し掛かりました。ここを右に曲がります。

しばらく進んで行くと、十字路の角にクリーニング店が見えてくるので、ここを東に曲がって住宅街に入って行きます。すっかり日が暮れて、通りも暗くなってきておりました。(;^_^

ここから、住宅地を左に右に曲がって数分進んで行くと、その中に建つ加瀬ビルが見えてきました!その一階がトランクルーム荒川区東日暮里3でした。

クリーニング店の方向に振り返ってみました

体を反すと、目の前に丁字路があるので、ここを左折します。

丁字路を左に折れてまっすぐ進んで行くと、再び丁字路が見えてくるので、今度は右折して更に細道に入って行きます。ジグザグですね。(;^_^

この通りを少し進むと、目的のトランクルーム荒川区東日暮里3に到着です!

プラーズ東日暮里第2

昼間はこんな感じ。正式には「プラーズ東日暮里2」というビル名です。

一階は、トランクルームガレージ倉庫が入居しており、その手前にはバイク駐車場もあります。

プラーズ東日暮里2

プラーズ東日暮里2を見上げます。階段裏が赤いのは、昨今の女性のハイヒールのようですね♪。

そして、目をひいたのがライトグリーンの表示板。よく見ると“加瀬のレンタルオフィス”と書かれています。

普段、黄色や赤の看板に見慣れているので、この色合いの看板はちょっと珍しさと意外性を感じました( ゜∀゜)

所在地:東京都荒川区東日暮里4-27-11 左側がトランクルーム、右側がガレージ倉庫、手前がバイク駐車場となっております。

加瀬のレンタルオフィスは、2階~4階になっております。

緑色の看板が目新しく感じました(^_^)

加瀬のレンタルオフィス東日暮里です。

入口前には、100円自販機が設置されております。

この近辺には、まだトランクルームがあった(荒川区東日暮里)のですが、かなり暗くなってきた事と、ここに辿り着くまでに結構忙しく動いていたために、さすがに歩く気力が無かった事もあって、そのまま駅まで戻ってしまいました。
すみませんm(__)m

そんな私は、疲れた体を引きずりつつ(笑)JR鶯谷駅までやって来て、食事できるお店を探してぶらぶらとしてみました・・

北口を出た目の前には、居酒屋さんが並んでいて賑やかそうです。

そんな駅前周囲を見渡しつつ、線路沿いの細い通り歩いていると、衆知の通り”オシャレなホテル”が林立する有名な場所ですが、早速私の視界にきらびやかなホテルのネオンが飛び込んできますw

そんな”オシャレなホテル”の中を歩き回って探していたのですが、さすがにアルコールが欲しくなって、駅前に戻って、建ち並ぶ居酒屋のひとつに入ってビールを飲んでしまいました。
すみませんすみませんm(__)m

でも、ちょっと疲れが抜けましたw

鶯谷駅東口から改札を出ると、目の前には居酒屋が並んでおりました!

駅前の居酒屋が立ち並ぶ通りを進んで行くと、”オシャレなホテル”が建ち並んでおりました(*^_^*)

食べるところを探しておりましたが、結局居酒屋に入って飲んでしまいましたw

この地域のトランクルームを訪ね残してしまいましたが、エネルギーが残っているまたどこかで訪問したいです。(;^_^

それでは、次の場所で!

ネットで簡単契約!!
最短10分ネットで簡単契約

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする