ビルの谷間のレンタルボックス

こんにちは、レポーターのゆたろうです。

前回、大宮駅の西側で17号線沿いにあるレンタルボックスをリポートしましたが、ゆたろうはその後大宮駅周辺にあるもうひとつのレンタルボックスを訪ねるため、ニューシャトルで大宮駅まで戻った後、間髪入れずに駅の東側に降り立ちました!

こちら側は、大きなロータリーがあるシンプルな駅前で、周囲を高層ビルが囲んでいおらず、解放感があります。

地図を見る限り、駅西側のレンタルボックスと比べると、駅からの距離はかなり近そうです。

駅正面には広い道路が延びていたので、ここを進みつつ目的につながる通りに差し掛かったら一回左折するシンプルな形で目的地を目指すことにします。

大宮駅東口の駅前は大きなロータリーがありました!周囲に高いビルは無く、解放感があります!
ロータリーの先に広い通りが延びています。
この通りを進んで目的地に出発!右手には百貨店、左手には飲食店他様々な店舗があるアーケード街。

広い通りには多くの路線バスが駐車しており、結構壮観な眺めです。駅を背にして左側の通りを歩きましたが、人通り多く通り沿いにはバスを待つ人々の列もありました。通りの左手には、アーケード街に続く横丁があり、私を招いているような気分になりました・・・・後で行こう!と、心に誓いました(笑)

そんな横丁入口を横目にしてしばらく進んでゆくと、再開発中と思われる一角が見えてきます。ここも、以前は飲み屋街のような雰囲気の場所だったようです。どこもかしこも、建物の老朽化が進んでいたりしているのでしょう・・(ー ー)再開発後は、背の高い商業ビルができるようです。

この再開発地域のブロックが終わる辺りの交差点から細い道を左折すると、目的のトランクルームの前に到着できるようなので、細道に入ってゆきます。雨もぽつぽつ降るような曇り空なので、周囲は急速に暗くなってきています・・早く到着しなくては!

すみれ小路という名前の横道が、異世界への入口のように開いているようでした(笑)
進んでゆくと、再開発中の一角に差し掛かりました。完成後。の絵を見ると商業施設となりそうです。
この交差点で、左の細道に入ります。

細道に入り、まっすぐ進んでゆきます。歩いているうちにどんどん暗くなってゆきます。(^_^;

しばらく進んで行くと、一番街通りと交錯する十字路に差し掛かります。HPによると、この近くにあるとのことで、地図上の所在地でもこの近辺を指し示しています。顔を左に向けて、更に通りを進んで行きますが一向に見つからず・・・気がつけば次の交差点が見えてきてしまい、どうしよう!?と引き返します。空はどんどん暗くなってますます視界不良に・・(-“”-;)

軽く慌てながら首を振って探していると、居酒屋さんとビルの間に抜け道があり、その先に視線を向けるとそこには加瀬倉庫のカラーリングをした看板発見!黄色がメインの加瀬カラーは、暗がりでも目立ちますね!w

この細い路地をまっすぐ進んでゆきます。
この交差点に至ると、目的地はすぐ近くのはずなのですが・・・
トランクルームがどこにあるのかわからずに通り過ぎてしまいました・・(^^;目的のトランクルームは、このお店の脇を入ってゆきます!
更に脇道を進んでゆくと、レンタルボックス大宮宮町に到着です!

ビルに囲まれた谷間のような場所にあるレンタルボックス大宮宮町は、ボックスもよく見かけるピンク扉のタイプではなく、もう少し小さめな物置形を設置しておりました。以前、東京都荒川区三河島で見かけて以来です!(あそこも、建物に挟まれた奥行きにある細長い場所にありましたねw)

入口を入って、右手は駐輪場がメインになっており、左手にボックスが集中しております。

こちらは左右に細長い立地をしており、狭い谷間の中でもできるだけ多くのボックスを設置できるような配置をしておりました。

細道の途中に敷地への入口がありますが、この通り自体は抜け道になっているようで、そのまま先に進んで行くと反対側のビルの脇を抜けて別の細道に通じておりました。この道を行き来している人も何人か見かけました。

ビルの底から、空を見上げてみましたが、雨粒も時々落ちてくるような雲の厚い夕方だったので、あまり風情もなく、ただただ暗い空でした・・(-“”-;)

所在地:埼玉県さいたま市大宮区宮町2-25
この先も、抜け道になっていて反対側に行くことができました。時々、この通りを歩いて行く人も。
ここから、トランクルームの敷地内に入ります。
入口から左側がメインのようで、ズラリとレンタルボックスが並んでおりました。
一番奥は、ほんの少しだけ広くなっておりました。
錠もシンプルですが、新しい感じのつくりでした。
もと来た道を振り返って
引き返します。
入口から右側は駐輪場がメインのようですが、隣のビルへの入口脇にも大きなボックスが設置されておりました。
ビルに囲まれた谷間から空を見上げてみましたが、あいにくの天気でより暗さが増した感が・・・

少し感傷的になりつつ、レンタルボックス大宮宮町を離れて、先程の一番街通りの十字路から、アーケード街である一番街の方に向かうことにしました。

歩いてすぐ近くなのですが、レンタルボックス周囲の静かさとは違って、ネオンも明るく人通りも多く賑やかです!

アーケード街の通りも往来がたくさんあり、その両脇に飲食店や雑貨店が多く営業しておりました。

そして、視線を少し上に向けると、オレンジ色したサッカーJリーグチームの大宮アルディージャのフラッグが、商店街の至るところに翻っており、地域密着感を出しており、良い感じでした。(^_^)

時間と体力があれば、このアルディージャの本拠地スタジアムもある大宮の氷川神社まで歩こうかとも思ったのですが、さすがに断念しました(^-^;

断念してしまった私は、そのまま商店街の中にある居酒屋さんに入り、歩いた体をビールで癒すことにしましたのでしたー(笑)

アーケード街
アーケード街入口
アーケード街の中は、飲食店や雑貨店など営業しておりました。
こちらは、駅に近い側のアーケード通りです。幅の広い通りの両側に多くの飲食店が営業しておりました。
アーケード街の至るところで、サッカーJリーグチームの大宮アルディージャのフラッグが掛けられており、ここが本拠地であることを教えてくれておりました!(^_^)
この日は、このアーケード街の中にある居酒屋でビールを飲んで、歩いた疲れを癒してしまいましたw

去年は、体調も思わしくなくあまり歩き回れなかったのですが、
今年は健康の為にも復調させて、
各所のレンタルボックス&トランクルームを訪ねて廻りたいですね!

それでは、次の場所で!

西新井駅周辺で思いがけず出会ったトランクルーム

こんにちは~!
レポーターのゆたろうです。

本年も加瀬グループのビジネスをいろいろご紹介したいと思いますので、
何卒よろしくお願いいたします。

 

さて、正月休みに予定があり出かけておりました。

それは、レンタルボックスやトランクルームの訪問を特に意識していたわけでもなく、出かけたついでに訪問しようなどと考えていなかった、いわば“完OFFの日”でした。

東武線西新井駅周辺から更に移動する用事があったのですが、時間があったので駅から近いアリオ西新井へと向かう途中、ふと駅の方を振り返ってみると、私にとっては見慣れたカラーリングの建物が見えたような気がしました。

取り合えず、アリオで食事など時間をつぶした後に、その建物に向かってみることに。

近づいてみると、やはり目立つ場所に”加瀬のトランクルーム”という看板が設置されておりました!

アリオ西新井前あたりから見かけた、見覚えのあるカラーリングのビル。
少しビルのある方に進んでからアリオ西新井の方を振り返ってみました。
更に近づいてみると、えんじ色と肌色の見覚えあるカラーリングに、”加瀬のトランクルーム”と書かれた看板が見えました!

まだ少し時間があったので、周囲と中を見られないものだろうか?ということで、トランクルーム足立区西新井栄町に訪問です!

建物は、新しく塗装をしたかのように綺麗でした。
特に、入口の周囲の壁や間仕切りガラスなどは、特に新しく感じました!

所在地:東京都足立区西新井栄町2-3-7
建物の入口部分です。道路に面した、透明な仕切りで覆われた部分は、まだ手付かずの状態でした。

入口の扉を抜けると、目の前にエレベーターがあり、エレベーターに乗り込み6階に行くと出た横にお馴染みの赤いドアを発見!

HPの記載によると、6階ということになっておりました。

ビルの入口は、作り替えたばかりというような、綺麗な壁でした。
エレベーターに乗り6階へ。出た左側すぐの場所にトランクルーム入口と思われる扉がありました。
階段に通じるドアのようです。
1階に戻り、扉を出て右手を見ると、階段の入口がありました。

エレベーター前周辺は狭く、出てすぐにテナント入口という構造だったので、入口だけ確認して引き上げました。
外装も内装も新しく作り直されたような雰囲気で、気持ちよく(?)荷物の出し入れができそうです(笑)

こちらのビルは、東武スカツリーラインの西新井駅からも近く、徒歩2~3分もあればすぐに到着できる場所に位置しております。

この後は、駅前をぶらぶらしてみたりして時間をつぶしておりました。

駅周辺の写真ぐらいしかなくてすみません(^_^;

トランクルームのあるビル前の道路から広い通りへ。この画像の先に進んでゆくと、西新井駅のロータリーに至ります。
駅方向に向かって少し進んで振り返ってみました。駅とは反対側に進んでゆくとアリオ西新井にゆく事ができます。
東武スカイツリーライン西新井駅の西口ロータリーです。
この階段を上って、改札に向かいます。
駅前のロータリーには、居酒屋さんが入ったビルやドンキホーテが営業しておりました。

思いがけず加瀬倉庫のトランクルームに出会えたのは、これで二度目(初めて見かけたのは高速道路から見かけたトランクルーム港区海岸です)でしたが、またどこか出かけた途中で出会えればいいですね!

それでは、次の場所で!

真冬のバイク乗り

こんにちは、
寒い日が続いておりますが、皆様におかれましてはお変わりございませんでしょうか?

っというか、流行ってますよね、風邪もインフルエンザも、ノロも…(^^;)

乾燥予防のために、マスクは片時も離せませんし、
石鹸での手洗いも有効な手段だそうですね。

とにかく、予防は念には念をいれて行いましょう!

しかし、こんな時期にバイクに乗っている人も、相当なマニアかとは思いますが、そんな人達のことと、彼らに対するいくつかの提案などを、今日は書かせていただきます。

第して…

【真冬のバイク乗り】

こんな時期に、バイクに乗るって…

バイクは概ね、屋根がありません。ドアも無いし、窓もない。
閉めるべき“扉”的なものは、何一つないのが当たり前です。

いろいろなバイク
左上と右中がネイキッド、右上と左中がスクリーン付き、左下がフルカウル、右下はハーフカウルモデル

でも最近では、屋根が付いたバイクだとか、屋根はないけれど、走っているとほとんど風が当たらない様なスクリーン、フェアリング(カウル)を装備したバイクなどが出回るようになりました。(「屋根付きバイクのススメ」なるページが!)

屋根付きバイク
屋根付きバイク

だから、どうしても雨風に当たりたくないライダーさんたちは、屋根付きタイプのバイクを選べるようにもなってます。

只、そういったタイプのバイクはどちらかというと、雨でもバイクに乗らねばならぬ、新聞配達のみなさんや宅配ピザ屋さんなどが愛用しているようですね。

便利な時代になりました。

 

仕事の方はまあ仕方ないとして、私用で乗っている人、用もないのに乗っている人?もいるのには驚きますw

私もそれなりにKUFU(工夫)しながらこの時期バイクに乗っています。そんな工夫を少し、ご紹介しましょう。

やはり“工夫”は必要だ。

いくらバイクが好き!な人だろうと、やはりこの時期、バイクに乗るには勇気が要ります。何せ気温が10°C以下だと、体感温度は5°以下、高速道路を走る時など、直接風が当たる場所の温度は0°以下になることもあります。
これに風(風量、方向等)の影響も更に加わるので、冬にすんなり出かける決心をするのは、相当好条件でないとありえません。
大概「どうしようかな?やっぱ電車にしちゃおうかな…」なんて散々悩んだ末に、「でもやっぱバイクに乗りたい!」となるのですよw。

夏の間はクソ熱くて「捨てたろか!」と思っていた股下のエンジンも、この時期ばかりは抱きしめたくなるほど暖かく愛おしい存在になりますw。

最近のバイクは、比較的ネイキッド(裸=カウルなし)が流行ってますので、乗ってる人は走行風を受け放題!その状態で、例えば12℃の気温の中を50km/hのスピードで走ると、体感温度は5°以上下がりますから、一遍に季節が「中秋」くらいから「厳冬」に移ったくらい変わるのです。

ハーフヘルメット
ハーフヘルメットは寒い!

顔を出してるハーフヘルメットなどを被っている人達は、頬で直接この温度を体感している事になりますね。随分我慢強いことでw。

冬はやっぱりフルフェイス!これは間違いありません♪
(安全のためには一年中フルフェイス!がよいのでしょうが…)

フルフェイス
冬はやっぱりフルフェイス!

バイク用のウエアについても、いろいろありますね。

私もユニクロさんのウルトラライトダウンのジャケットを持っていますが、あれでは正直バイク用としては寒すぎます。薄いので風を通すし、ダウンも保温性が高くありません。

また表面のナイロンが薄いので、ちょっとした衝撃にも破れてしまう可能性があります。走行中木の枝に引っ掛けたり、あやまってコケたら一撃でオシャカでしょうし、バイクの熱いマフラーなども“天敵”といえるでしょうね。

ダウンジャケット
ダウンジャケットはバイク向きではありません。

ダウンジャケットは普通の綿のジャケットより高価だしひ弱で、バイク用としてはオススメできません。

バイク用ジャケットの定番・革ジャンなどは安全性は高くカッコは良いのですが、薄手のものですと表面の冷たさがそのまま体に伝わってしまい、とても寒い思いをします。

革ジャン
革ジャンは薄いと寒い。厚いと重いw。

フライトジャケットなどの中綿のたっぷり入った物があれば防寒性は良いと思いますが、欠点は重いこと。長距離のライディングは結構肩から背中が凝って辛いです(´・ω・`)。

ラム革のジャケット
ラム革の冬用ジャケット 出典:http://ecx.images-amazon.com

やはりライディングにはバイク用のジャケットが一番ですね。
厚手のナイロン製のアウターに、防寒素材の脱着式インナーを組合せたものだと、春・秋・冬の3シーズン使えます。
胸部と肩、脊椎、肘などにパットが入っていることが多いので、安全性も段違いに高いです。また、これらのパットが入ると暖かさも増しますよ。

極寒仕様のバイク用ジャケット
極寒仕様のバイク用ジャケット
出典:http://item.shopping.c.yimg.jp

防寒性はインナーの性能にもよりますが、最近高性能下着(ヒートテック等)電熱インナーなどと組み合わせると、かなりの低音まで対応可能です。

最近はこれらの“電熱グッズ”が非常に充実しており、お値段は多少張りますが、冬のライディングをとても快適にしてくれます。
ライディングウエアの上下に加え、手袋・靴下まで、全部電熱仕様というバイク乗りもいらっしゃいますね。(全部揃えると10万円は軽く飛びそうですが…(^^;)

暖かくしておくことは快適性が上がるだけではなく、指先や体の動きを確保できるので運転操作も安心です。出来るだけ暖かくしてお出かけ下さい!

科学の進歩は、目覚ましい!か?

上記グッズの電源は全部、バイクのバッテリーから直で取ることが多いので、余程調子の悪いバイクでなければ、電池切れの不安なく数日くらいのツーリングには出られます。

物によってはUSB電源仕様のものもありますので、それはそれで、お手軽に使えることでしょう。
私は腹巻き状のベルトにヒーターが入ったタイプを使用していますが、これくらいでも十分に恩恵を感じます。ヒーター面積は小さいので、お腹と腰回りの2箇所だけがほんわか暖かく、小さなバッテリーでも2~3時間は使えますので、走行距離により、バッテリーの大きさを決めています。

また最近は車体にもUSB端子が付いたものも多く、気軽に充電できるスペースも増えてきたので、ツーリング途中でも継ぎ足し継ぎ足し、暖かさを保っていけます。

まあ、昔は使い捨てカイロ的なものでしのいでいたのが、電熱に変わっただけですね。きっとコストパフォーマンス的には、カイロの方もいい線行ってそうですが…(*^^*)、全身を温めたいなら、絶対電熱グッズが便利です!

バイク側の冬仕様

前段では“バイク乗り(人間)側の冬仕様”を見てきましたが、当然“バイク側の冬仕様”というのもあります。

でも、はじめに言っておきますが、これは正直“形を変えてしまう”というものですので、「どうしても嫌だ!」と言う方が多いという事も承知しております。

例えば、何をするか…。

フロントに風よけのスクリーンを立てる!

ハンドルのグリップ部分を丸っと覆う、ハンドルカバーを付ける!

ハンドルに、グリップヒーターを取付ける!

レッグシールドを付ける!(スクーターならひざ掛け?)

 

これらを付けると、確実に“ビジネスバイク”っぽくなりますw。

フロントスクリーン
フロントスクリーンを付けると、かなり風を避けられます。

フロントスクリーンハンドルカバーは、かなり形の良いものも出ておりますので、ある程度のモノを選んでおけばそれほどビジネス!という感じはしないと思いますが、「レッグシールド」は究極でしょうねw。

ホンダ 新型スーパーカブ125
ホンダ 新型スーパーカブC125 https://www.honda.co.jp/news/2018/2180628-supercubc125.html

いわゆる“カブスタイル”のバイクに付いている“アレ”ですが、雨でも乗らなければならないビジネスユーザー(蕎麦屋さんの出前、新聞配達等)が、少しでも濡れない様に、汚れない様に、寒くない様にと付けられたそうです。

その昔望月三起也先生の「ワイルド7」という漫画に出てきた主人公の飛葉の愛車HONDA CB750の白バイ仕様に付いていたレッグシールドがメッチャかっこよく、シールドの裏側に秘密武器が装備されているのを見て、痺れたものですw.
このレッグシールドがフロートになって、湖の上を走ったりしたような記憶がありますが、ホントかな?w

ワイルド7
これがレッグシールドだ! https://www.amazon.co.jp/%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%897-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF-Motor-Magazine-Mook/dp/4862794394

唯一最後のレッグシールド標準装備だったビジネスバイクのHONDA ベンリイ CD125Tは、2001年発売を最後に絶版車になってしまいました。
今やカブの独特のレッグシールド以外に、バイク用レッグシールドってのは絶滅に近い状態です。

CD-125T
HONDA CD-125T

その他のものは現役バリバリで、最近はかなり市民権を得ている印象です。
特にハンドルカバーの普及はかなり進んでいると言えますね。
何しろ手の指を寒さから守らないと、イザという時に反応出来ないってことになります。特に右手はアクセルとフロントブレーキを操作するので、一番重要です。

ハンドルカバー
ハンドルカバーを付けると、かなり暖かい。

ブレーキの操作はかなりデリケートで尚且大胆に扱う必要があるので当然ですが、アクセルについても特に大排気量車になると微妙なタッチを要求されますので、感覚が鈍ると扱いづらくなります。

左手は本来クラッチを操作しますが、これは発進や渋滞等での半クラでのノロノロ走りの際に細かい動作が要求されます。
また、意外に重要なのがウィンカーの操作。レバーを左右に倒す操作とそれをキャンセルするためにレバー自体を押す操作が必要になります。これがレバーの形状などにより、指の感覚がないとほとんど出来なくなってしまいます

写真の様に最近はスタイリッシュなものが増えてきたので、取り付けてもそれほど野暮ったく見えないのか、結構若い人たちも付けているのを見ます。

私の様なおじさんは、特に問題なく使ってますが、もっと若い人も気軽に使えるようになるといいですね。

バイクの冬用タイヤって?

これまで「冬でもアクティブにバイクに乗るライダー」たちの姿を眺めてきましたが、どうでしょう?これだけアイテムが揃えば、冬の寒さもそれほど恐れるものでもない!っという気になってきたんじゃないですか?w

キチッとした装備と、適切な計画と休憩、情報収集などに気を配れば、冬でもツーリングに行ける!ということを、ご理解いただけましたか?

冬のライディングのためには「雪」という要素も関わってきますが、出来れば雪の中でのライディングは控えるべきでしょう。正直大型バイクなどはどうにもなりません。すぐコケます(^^;)。

雪国の方で、どうしても冬でもバイクに乗らなくてはならない(郵便局員さんとか)用には、スタッドレスタイヤ的なものも出ているようですが、サイズ的に小型バイク用のものしかないので、機種は限られますね。

どうしても雪の中でバイクで走りたい場合は、小型バイクを手に入れて上記のタイヤを装着するか、自分で“スノータイヤ”を作ってしまうしかありません。最近は三輪バイクなども増えてきましたので、今後は雪でも走れるバイクというのも出てくるかもしれませんね。

バイクの冬用タイヤ
バイクの冬用タイヤ

いずれにしても、冬用タイヤは夏には履けませんから、それも夏冬で履き替えが必要になります。

さてさて、荷物が増えてくると…

冬に便利なこれらのグッズ、でも春には全部いらなくなりますよね…。
外すのは良いとして…
それって何処にしまっておくの???

全国1000万人の加瀬倉庫ファンの皆様!?
お待たせしました!漸く出番ですよ~w

そうそう、加瀬のレンタルボックスで、マルっとお預かりしますよ♪

日頃使うものから、年に何回かしか使わないものまで、
全部まとめて入れちゃって下さい!
屋外のコンテナだから、多少ガソリン臭くてもオイルっぽくても大丈夫。
気兼ねすることなくしまって置けますよ!

レンタルボックスでバイクを保管!
レンタルボックスでバイクを保管!

雨や雪の中でびしょびしょになったウェアー類も干して置けるし、
ちょっとした修理やオイル交換などの軽作業も行えます。
洗車はちょっとむずかしいけど、洗車したての綺麗なバイクを綺麗なまま保管しておくことが出来ます。

お庭などでシートカバーをかけて保管しておくと、カバーの内側にホコリが入り込み、シートを取ったらうっすらホコリを被ってた、なんてことありませんか?

レンタルボックスに入れておけば、こんな事は無くなります!(まあ、あまりに長期の場合は多少は溜まるかもしれませんが…(^^;))
バイク専用の「バイクヤード」もありますので、条件やご予算などによってお使い下さい。

加瀬のバイクボックス
加瀬のバイクボックス

一年を通して、バイクを楽しみましょう!

っというわけで、スキーやスノボのようなウィンタースポーツと違い、バイクも年間通して楽しめるスポーツ、として捉えている人や、一年中バイクに乗らざるを得ない人々にとってみれば、今回紹介したようなギヤ類はある意味“命綱”のような存在です。

それらを大切に保管し、次のシーズンもまた役に立ってもらえる様に、これからは加瀬のレンタルボックスを活用してみては、いかがでしょうか?

皆様のご利用、お待ちしております!

さいたま市大宮区にあるレンタルボックス

明けましておめでとうございます!
レポーターのゆたろうです。

本年も、よろしくお願いします!m(_ _)m

さて昨年の話になりますが、急な用事があり大宮に行くことがありました。

そして、近くにレンタルボックスやトランクルームが無いか調べていると、さいたま市大宮区は2か所あり、しかもどちらもJR大宮駅から遠くない場所にあることが判りました!

それならば、これを機会に両方訪ねてしまおう!ということで、今回は埼玉県では3か所目となる駅周辺のレンタルボックスを訪問です!

新幹線も停車、さいたま市を代表するターミナル駅であるJR大宮駅は、毎度な感じの結構な混雑でした。この人波を抜けて駅の西口へと向かいます。

大宮駅の中央改札を出た東西通路は、人でごった返していました。

駅前も人が行き交っているなかを、国道17号線に向かって歩いて行きます。駅前からは、背の高い大宮ソニックシティーが見えたので、まずはそこを目指すことにしました。

大宮駅西口です。JR線、新幹線以外にも、東武アーバンパークライン(東武野田線)ニューシャトル伊奈線等もこの駅が始発となっております。
駅前ロータリー上の歩道橋から高い建物が見えました。あの辺りにソニックシティがあるので、まずはそこを目指して歩きます。
大宮ソニックシティホール前です。この横を通る道を直進して、国道17号線に向かいます。

大宮ソニックシティホールの脇を抜けて国道17号線に到着すると、後はそこからひたすら北上するだけです。

交通量の多い通りをひたすら歩いて行くのですが、小用を済ませた疲労感からか、随分と長い距離を歩いたような感覚を覚えました。実際、地図を見る限り駅からはちょっと遠い場所にマークがあります(^-^;

国道17号線と交差する地点です。五差路になっている上に道路の広さもそれほど違いが無いため、どちらに行けばいいか一瞬戸惑ってしまいました・・(;^_^A
行き先に熊谷・高崎とあるから間違ってはないだろうと安心することができたのでした(笑)
まだまだ先に進まなくてはならないようです。この写真だと車が少ないですが、実際はかなり車が走っていて、所々短い時間ながら渋滞を引き起こしてました。
そろそろレンタルボックスに到着か?という辺りで歩道橋が見えてきました。そして、(写真ではかなり小さいですが)その先を見ると特徴的なピンク色が視界に入ってきました!

信号に捕まるたびに渋滞する者列を横目に歩いていると、歩道橋の先に見覚えのあるピンク色が目に飛び込んできました!

歩道橋の上から周囲を見下ろすと、ピンク扉のレンタルボックスがはっきり見えました!そして、来た道を振り返ってみると、遠くにソニックシティの姿が・・結構遠くまで歩いたかもしれません(;^_^

 

 

歩道橋の上まで行って周囲を見下ろすと、ピンクの扉がひときわ眩しいレンタルボックスがハッキリと見えました!南へ向かう車が蛇の様に細長く列を作っています(;^_^
遠くに、ソニックシティホールの隣に建っていたビルが見えました。こうして振り返ってみると、結構距離がありますね・・(-_-;)
レンタルボックス大宮に到着です!全て二階建てのコンテナが左右に配置されているシンプルな構成になっております。

レンタルボックス大宮は、二階建てのコンテナが左右両側にシンプルに配置されており、少し奥行きがあります。かなり薄くなってきておりますが、地面の白線の形を見ると、ここが元々駐車場だった事を推測することができます。

所在地:埼玉県さいたま市大宮区大成町2-174-1
タラップは、南側のコンテナに綺麗に設置されておりました。
結構かすれてきている地面の白線を見ると、元々は駐車場だったようです。
タラップの上から北側のコンテナを撮影してみました。
周囲は住宅地です
車道が近いので、台車ストッパーは必ず固定しなければいけませんね!
コンテナ上部にライトが設置されています。間隔が狭いので明るい中で荷物の出し入れができそうですね!
さすが元駐車場と思われる場所!中央の通路は車が入りやすくなっております。

レンタルボックス大宮を後にして、もう少し先の様子を見ようか?鉄道博物館もあるけれど歩くには遠そうだな等と考えつつ移動していると、大宮駅行きのバス停が見えたので、これまでの距離とコンディションを考えるとちょっと心動く・・・

レンタルボックス大宮から少しだけ北に進むと、大宮駅行きのバス停がありました。
ラッシュ時以外は、一時間3本で運行しているようですが、道路の状況で時間通りとは行かないようです。私も、時間があわなかったと思い先に進んでいたら、バスがすれ違っていく・・・(T_T)

しかし、幸か不幸かバスの到着時間ではなかったので先を進むことにして歩いていると、バスがすれ違ってゆく・・渋滞の多い路線ならではの状況であるが、何だかだまされたような、そんな残念な気持ちになったのでした(T_T)

こうなったらテツオの聖地!鉄道博物館まで歩いて、ニューシャトルで帰ろう!という気持ちに切り替えて、地図を頼りに移動開始!
そして、しばらく歩いた後に鉄道博物館に到着することができました。思ったよりは遠くなかったように感じましたが、モチベーションの問題なのかもしれません(笑)

もう少し進んで右折すると“県立博物館”があるようです。鉄道博物館ではなくて?(?_?)
右折すると県立博物館に行ける交差点を曲がってゆくと、新幹線と鉄道博物館の建物が見えてきました!
線路を差し掛かって左折した先に、ニューシャトルの鉄道博物館(大成)駅が見えてきました。
ちなみに、大成は”おおなり”と読みます。
駅の入口です
その駅の先に、鉄道博物館の入口がありました。
この奥に、博物館の入口があります。この日は、時間がなかったので入館はせず、大宮駅に戻ることにしました。(^_^;

高架下に入って、駅へと折り返すと色々な鉄道に関するモニュメントが展示されており、興味をひきます。

しかしながら、館内を観て廻る時間もないのでそのまま駅へ。

ニューシャトルの鉄道博物館(大成)駅に到着すると、丁度よいタイミングで電車がやってきました。バスを逃してしまった代わりでしょうか?(笑)

乗ってしまえば、隣の大宮駅までわずか3分で到着してしまいました。行きの長い徒歩は何だったのでしょうか・・・(^^;

高架下に入ると、武骨で格好いい通路がありました。
鉄道車輪です
まっすぐ歩いて行くと、鉄道博物館(大成)駅の改札が見えてきます。
丁度やってきた電車に乗り込んで発車を待ちます。車両は小さかったです。
3分間の電車旅の中で、車両基地と思われる風景が続いておりました。好きな人には堪らない風景でしょうw
ニューシャトルの大宮駅ホームです。あっという間の到着で、歩いてきたのは何だったのか?という気持ちに少しだけなったのでしたw

ここまでで、疲れも溜まってきていたのですが、折角の大宮ということで、東口にあるというトランクルームも目指してみましたが、それはまた回を別にして公開したいと考えております。

地図を見る限り、東側のトランクルームは駅から近いようです。

それでは、次の場所で!

荒川区東日暮里のトランクルーム

こんにちは、レポーターのゆたろうです。

ある日、日暮里方面に用事があった時に、ふと思い出しました。

確か以前にこの方面のレンタルボックスやトランクルームを調べた際、加瀬倉庫のトランクルームがあったなと。

改めて調べてみると、JR鶯谷駅とJR三河島駅の間の地区に、トランクルームが二ヵ所ありました。

それならば見に行ってみようということで、東日暮里にあるトランクルームを訪ねることにしました!

トランクルームに向かうには、まずは「山手線で一番地味な駅」で有名なJR鶯谷駅北口を出て、言問通り方面に向かいます。

鶯谷駅北口です。確かに平屋建てバラックで地味な外観です。背後には常磐線が通過してゆきます。ここから北へと向かいます。

飲食店やパチンコ屋が営業しているなかを抜けると、寛永寺陸橋に差し掛かります。ここが、尾竹橋通りの始点となのですが、ここをまっすぐ北上です。

北口から続く広めの道を進んでゆくと、言問通りの寛永寺陸橋が見えます。この下を潜って直進すると、尾竹橋通りの始まりです。ここをしばらく直進します。

途中、歩道橋の上からスカイツリーを見かけたりもしましたが、この界隈だと、周囲に高い建物さえなければどこでも見えてしまうには、さすが634mだけのことはあります。

尾竹橋通りはここからスタートです。曲がらずに、直進です。
建物の間からスカイツリーが見えました!
尾竹橋通りをまっすぐ進んで行くと、左手にクリーニング屋さんがある十字路に差し掛かりました。ここを右に曲がります。

しばらく進んで行くと、十字路の角にクリーニング店が見えてくるので、ここを東に曲がって住宅街に入って行きます。すっかり日が暮れて、通りも暗くなってきておりました。(;^_^

ここから、住宅地を左に右に曲がって数分進んで行くと、その中に建つ加瀬ビルが見えてきました!その一階がトランクルーム荒川区東日暮里3でした。

クリーニング店の方向に振り返ってみました
体を反すと、目の前に丁字路があるので、ここを左折します。
丁字路を左に折れてまっすぐ進んで行くと、再び丁字路が見えてくるので、今度は右折して更に細道に入って行きます。ジグザグですね。(;^_^
この通りを少し進むと、目的のトランクルーム荒川区東日暮里3に到着です!
プラーズ東日暮里第2
昼間はこんな感じ。正式には「プラーズ東日暮里2」というビル名です。

一階は、トランクルームガレージ倉庫が入居しており、その手前にはバイク駐車場もあります。

プラーズ東日暮里2
プラーズ東日暮里2を見上げます。階段裏が赤いのは、昨今の女性のハイヒールのようですね♪。

そして、目をひいたのがライトグリーンの表示板。よく見ると“加瀬のレンタルオフィス”と書かれています。

普段、黄色や赤の看板に見慣れているので、この色合いの看板はちょっと珍しさと意外性を感じました( ゜∀゜)

所在地:東京都荒川区東日暮里4-27-11 左側がトランクルーム、右側がガレージ倉庫、手前がバイク駐車場となっております。
加瀬のレンタルオフィスは、2階~4階になっております。
緑色の看板が目新しく感じました(^_^)

加瀬のレンタルオフィス東日暮里です。

入口前には、100円自販機が設置されております。

この近辺には、まだトランクルームがあった(荒川区東日暮里)のですが、かなり暗くなってきた事と、ここに辿り着くまでに結構忙しく動いていたために、さすがに歩く気力が無かった事もあって、そのまま駅まで戻ってしまいました。
すみませんm(__)m

そんな私は、疲れた体を引きずりつつ(笑)JR鶯谷駅までやって来て、食事できるお店を探してぶらぶらとしてみました・・

北口を出た目の前には、居酒屋さんが並んでいて賑やかそうです。

そんな駅前周囲を見渡しつつ、線路沿いの細い通り歩いていると、衆知の通り”オシャレなホテル”が林立する有名な場所ですが、早速私の視界にきらびやかなホテルのネオンが飛び込んできますw

そんな”オシャレなホテル”の中を歩き回って探していたのですが、さすがにアルコールが欲しくなって、駅前に戻って、建ち並ぶ居酒屋のひとつに入ってビールを飲んでしまいました。
すみませんすみませんm(__)m

でも、ちょっと疲れが抜けましたw

鶯谷駅東口から改札を出ると、目の前には居酒屋が並んでおりました!
駅前の居酒屋が立ち並ぶ通りを進んで行くと、”オシャレなホテル”が建ち並んでおりました(*^_^*)
食べるところを探しておりましたが、結局居酒屋に入って飲んでしまいましたw

この地域のトランクルームを訪ね残してしまいましたが、エネルギーが残っているまたどこかで訪問したいです。(;^_^

それでは、次の場所で!

「拡張現実(AR)」がやってきた!

こんにちは!

今年もあと少し、風邪やインフルエンザ、風疹などが流行ってますが、
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

冬になると空気が澄んで、遠くまで見通しが良くなりますね。
今朝は富士山がとても綺麗に見えてましたよ。

富士山

尚、白く雪化粧をしているのが富士山で、その手前の裾野のように見えるのは丹沢山系です。つながって見えてますね。(左は日産スタジアムです)

空気が澄んでいるということは、乾燥しているということで、
風邪やインフルエンザのウィルスには繁殖しやすい環境です。

年末年始の楽しい思い出を作るためにも、
この時期睡眠不足や疲労の蓄積にも注意して、ご自愛ください。

では今回は「AR=拡張現実」についてお話です。

「拡張現実(AR)」があなたの周りにやってくる!

そもそもARとは?

「AR」

最近よく聞く言葉だと思いますが、ご存知ですか?

「VR(仮想現実)」とよくセットで出てくる言葉ですね。

「近頃はこんな横文字や省略文字ばかりで、サッパリわからん…」とお嘆きの方も多いと思いますので、簡単にご説明いたします。

AR

AR=「Augmented Reality(オーグメンテッド・リアリティ)」の略で、一般的には「拡張現実」と訳されますが、一体何のことでしょうか?

簡単に言えば、現実のカメラの画像(動画も可)の中にCGを入れ込んで、新しい情報を付け加える事です。

例えばあなたがアパートを借りようと思い、実際にお部屋に行ってみます(内覧)。まだ荷物も何も入っていないお部屋は、ガランとして広く感じますよね。

ところが、実際に借りてベッドやら机やらタンスやらを入れてみると、もう足の踏み場もなくなってしまった…、なんて経験はありませんか?

また、GoogleMapsの地図で道案内されている時、周りの風景と違っているため、この角を曲がって良いのかどうかよくわからない!などと感じたことはありませんか?

上の例でいうと、実際にアパートを訪れた時、スマホのカメラを立ち上げこの部屋を写した時、CGでベッドや机などを配置できたら、随分とイメージが付きやすいと思いませんか?

また地図ですが、カメラと連動させ実際の風景の上に地図や道案内が出てくれば、随分わかりやすくなると思いませんか?

こんな事を実現するのが「AR」なのです。

「AR」は何処に来た?

実際のカメラ画像とGPSなどの位置情報、更には3DCGなどの画像データを一遍に処理し、スマホの画面上に描画するというシステムは、結構大事(おおごと)です。

最近のスマホはそれくらいはやってしまうポテンシャル(性能)を持っているのですが、処理するための情報量が膨大で、そのデータのやり取りをするための回線容量&スピードの問題もあるので、ARはまだそれほど世の中に現れていない気がします。

ポケモンGO

あの有名な「ポケモンGO」というゲームは「ARゲーム」である、と言われています。
全編がCGなのでどうなのかな?とも思うかもしれませんが、現実の風景(地図)をベースに作ってあるので、「ARゲーム」というジャンルに入ります。

っというのも、先程は簡単に言ったので「CGを足す」と定義しましたが、実際には「引いたり(消す)、加工したり(直す)」という作業もARではあり得るからです。

あくまでも“現実の世界”を加工して、わかりやすく、楽しく、便利にしていく技術が「AR」だと言えましょう。

なので、ゲームなどのエンターテイメント・アプリにはこれからもドンドン取り込まれていくことでしょう

ARは、ゲーム以外にも浸透中!

もちろん、ARがゲームだけのものじゃないのは当然です。
今、更に有効な活用方法を、各社が一斉に開発しております。

まずはGoogle

こういった事では常に時代のTOPランナーであるこちらの会社では、先程も例に上げた様に「GoogleMaps」への連動を画策しており、すでにかなりの部分が出来ている模様。

GoogleMaps(開発中)
現在開発中のGoogleMaps。2018年の開発者会議で公開されたもので、既に現実の写真とCGの地図が、合成されている。更に、道案内の矢印も写真に重なるので、わかりやすい。

GoogleMapsが更に見やすく改良される日は、もうすぐそこまで来ています。

こうなると、ARもグッと私達の生活に溶け込んできますね。

また、ファッションブランドの「ZARA」では、お店の商品(服)にスマホをかざすと、その服を着ているモデルさんの画像が見える様にし、お客様にイメージを提供するという実験を行ったりしております。(この実験は既に終了しております)

更に、アメリカのECサイトの大手「eBay」では、売った商品を発送する際に必要なダンボールの箱を選ぶ時、アプリを通して当該商品を写すと、その商品にいろいろなサイズのダンボール箱の立体画像を重ねることが出来最適・最良の大きさのダンボール箱を選ぶことが可能になるアプリを開発しております。(米国内専用)

e-bayのダンボール箱アプリ

 

これ以外にも、レストランのメニューにスマホをかざすと、そのメニューの動画が出てきたり、街中でお店を探す時にスマホを持ってグルっと回れば、その周りにある飲食店を一通りチェックできるアプリなど、生活面でのARの活用するシーンは数々あります。

ちょっと楽しくなりそうですね♪

当社も当然、考えてます!

さてこのAR技術ですが、当社でも当然いろいろ考えてはおります!

何せ“スペースを貸す・売る”のが商売なので、現実のスペースと“未来のイメージ”を合成させるという事は、非常に大きな販促ツールとなる可能性が高いからです。

まずは「レンタルボックス/トランクルーム」に関しては、

その①「この荷物入るか?」シミュレーター!

収納したい荷物を一塊にしていただきそれにスマホをかざすと、必要なサイズのレンタルボックス、またはトランクルーム(選択式)が選べ、更にその近辺のヤードの場所、空き状況、費用などがひと目で分かる!、なんてことになったら、楽しいし便利だと思いませんか?

気に入ったらそのまま契約が出来、なんなら引取サービスがやってくる!なんてサービスになれば、完璧ですね。

これまで、どうしても荷物の移動が面倒くさかったり、移動させたはいいけど入らなかったらどうしよう?なんて心配して、契約をためらったりするお客様もいると思うので、一気に問題を解決出来るんじゃないかと…w.
前向きに検討してみます!
https://www.kase3535.com/

次は「貸し会議室」の部署の場合。

その②「ホール動員」シミュレーター

当社は「貸しホール」なども運営しておりますので、このホール、実際何人入る?とか、座りではなく、立ち席にしたらどうなの?とか、入場人数などのシミュレーションをしていただくのに使いそうかな?と思います。

その際、酸欠状態だとか、イザという時の避難経路、避難のシミュレーションなども出来ると完璧ですね。
まあ、この辺りはARでなくても、CGでも行けそうですが、実際その場で確認していただく方が説得力が増すと思いますので。

後は、ステージや舞台装置を設置したり、スクリーンを張ったりなどのシミュレーションも簡単に出来そうですね。

さらに、ケータリングのオーダー量・品なども、実際机の上に並べることで実感してもらえるサービスなどがあっても良いと思います。

加瀬の貸し会議室
https://kaigi.kasegroup.co.jp/

 

 

最後は不動産関連の部署。

その③「近くに何がある」シミュレーター

当社は不動産の賃貸・売買なども行っており、最近では近々、今流行りの360°パノラマ写真に家具のCGを重ね、ネット上である程度の“住心地”を体験してもらえる「バーチャル・ホームステージング」というサービスを開始する予定(準備中)です。

これに加え、実際の内覧の際にインパクトを与える手段として、生活情報、例えばスーパー、コンビニ、銭湯や駅・バス停などの情報をAR的に配置し、その部屋の内覧の際にグルっと一回りしてもらう事でそれらを確認してもらう(方向と距離、所要時間なども入ります)というサービスも展開出来ますね。

GoogleMapsなどと連動させれば、その上に登録されている商業施設などが自動的に掲載されるといいですね。

ハウジング不動産
https://housing.kasegroup.co.jp/

 

っという具合に、軽く3つのアイディアを考えてみましたが、これ以外にもきっと多くの宝石のようなアイディアが、ARという地盤には眠っているはず!

スマホの発達とともに現れたARは、正にスマホとは切っても切れない技術となっていくことでしょう。

これからも、ご注目下さい!

蕨市内、街道沿いのレンタルボックス

こんにちは!レポーターのゆたろうです。

埼玉県南部に蕨市という市があります。

見慣れない漢字ですが「わらび」と読みます。
東西南は東京都の隣の川口市や戸田市と、北はさいたま市と境を接している市で、実は日本一小さい市です。

蕨市 地図

この蕨市にも、加瀬倉庫のレンタルボックスが3か所あるということで、今回は旧中山道と現在の中仙道(国道17号線)が交差している地点にあるレンタルボックス蕨錦町に足を運んでみました。

JR蕨駅から、西にまっすぐ(ちょっと歩きます)進んでゆくと、旧中山道の通りと交錯します。この近くに蕨市立歴史民俗資料館があります。

実は、今回は別の場所で用事がありこの辺りまで移動してきたので、最初の画像がこの資料館となっているのですw

日が落ち始める時間が近かったのですが、入館無料ということなので立ち寄ってみました。宿場町としての蕨の歴史や、それ以後の歴史資料などを展示しておりましたが、中々面白かったです。

街道沿いも整備されており、建物や道路も往時を感じさせるような雰囲気がある程度残されておりました。

なお、この資料館からほど近い場所に蕨市役所もあり、立ち寄ってみました。

蕨市歴史資料館です。旧中山道の街道筋に建てられており、和風建築がよい味を出しております。入場無料で気軽に入ることができます。
資料館となりにある蕨宿の本陣跡の門です。立派ですね!
蕨市役所です。蕨駅から西に一直線に進んで行くとたどり着けます。資料館からも近いです。

ちなみに、日を改めて、駅から旧中山道まで歩いてみました。

西口ロータリーから西に延びる広い通りをまっすぐ進んで行くと、すぐに交差点にぶつかります。その西側の通りは商店街になっているのですが、ちょっと不思議に思ったのは、この通り一方通行になっていて、この交差点からは自動車で進入することができないのです。駅前交差点で、結構広い通りなのですが・・(;^_^A

この商店街の北側に並行するような形で、大きな幹線道路が通っているのでそちらを使えば問題はないのですが、良い抜け道になっているのか、そこそこ車が通って行きます。安全上の問題なのかもしれませんね(^_^)

ここから一直線に、少し長く感じる距離を旧中山道まで歩いて行くのは前述の通りですが、その間三つの商店街を過ぎて行きます。
そう考えると、そこそこの距離がありますね!Σ( ̄□ ̄;)

蕨駅西口です。後から撮影したので暗くなっていてすみません。。。(^^;
西口ロータリーから延びる道をまっすぐ進んだ先にある交差点から駅方向を撮影してみました。
この道をひたすらまっすぐ進んで行くのですが、ここは一方通行の出口になっていて、こちらから車両は入れないのですよね(^^;
駅前の交差点から西に入ると、まず最初に蕨ピアロードという商店街を進んで行くことになります。
人々が、宿場町に向かって歩いて行きます。
静かな商店街でしたが、ベーグル屋さん、大きな漫画喫茶、居酒屋などが営業しています。
二つ目の商店街は、蕨一番街です。
この辺りまでやって来ると、結構静かになってきました。
三つの商店街が連なるこの通りは、駅前通りという名前のようです。
三つ目は蕨中央商店街です。
結構静かになった通りを歩いて行くと、やっと宿場町の商店街に到着です。(;^_^A
歯医者の横道の先には、蕨市役所が見えました。
旧中山道に到着です。写真中央の通りの先は、すぐに国道17号に出るのですが、こちらからは進入することができない様です。17号からの抜け道だったのですね。
方位表も東洋風になっていて味があります。(^_^)
この交差点の100m先に、蕨市立歴史民俗資料館があります。

資料館の後に訪ねた蕨市役所は、東西に延びる広い通り沿いにあり、ここから旧中山道を横目に見つつ、国道17号線に出て更に北上してゆきます。

交通量の多い国道を北へ少し進むと、HPに記載のあった和食ファミレスの”華屋与兵衛”が見えてきました。

そして、その左手に視線を向けると、国道とクロス交差する細道の間に、加瀬倉庫のレンタルボックスの姿が見えました!レンタルボックス蕨錦町(わらびにしきちょう)に到着です。

華屋与兵衛の方を見ると、ゲートが立ちその脇にはちょっとした広場がありました。この辺りが、宿場町の北の入口のようです。レンタルボックスは、その入口のあたりにあるということですね。(^_^)

蕨市役所前の大通りを国道方面に進んでゆきます。
旧中山道はこの先もまだまだ続いてゆきます。なお、先程の民俗資料館はここから50m街道を南下した場所にあります。
国道17号線に出てきました。ここを右折して北上します。
右折した交差点から少し北上すると、その視線の先にうっすらとファミレスの華屋与兵衛の看板が見えてきました!
17号線と旧中山道に挟まれた地点に、レンタルボックス蕨錦町はありました!
華屋与兵衛の方を振り返ると、門のようなモニュメントが見えました。旧中山道は、ここで17号と交差するようです。
国道との交差地点近くには、中山道ふれあい広場という名前のちょっとした広場がありました。
広場中央には一本の樹が立ち、趣があります。宿場町に関する説明も掲示されておりました。どうやら、ここが宿場町の北端になるようです。
宿場町の北の入口には華屋与兵衛、国道を挟んだ先にはレンタルボックス!

通りに挟まれた三角の敷地の中にある小規模なレンタルボックスですが、17号線からも旧中山道からも入りやすい作りになっておりました。”オール二階建て”で、タラップが一台設置されおります。

所在地:埼玉県蕨市錦町3-4
国道17号線からも旧中山道からも入ることができる位置にあります。
こちらはすべて3.5帖です
中央にタラップも設置されておりますが、通路はそれほど広くないので、使用後は次に使う人の邪魔にならないように置きましょう。

地図を見ると、このすぐ近くにもレンタルボックス蕨錦町3丁目があるようなので、国道17号線を更に北上することにしました。

そして、地図が示す場所にはすぐに到着したのですがそれらしき姿が無い!?ということでこの周囲をぐるぐる周って探してみたのですが、結局見つからず・・

地図が示す場所には、消費者金融の建物と、その建物の大きさと比較して少し広めの駐車場がありました。

どうやら早く着きすぎてしまったようです(^_^; 地図上の場所には消費者金融の建物と駐車場があり、この駐車場がちょっと広々したスペースになっていたので、設置するにはちょうどよさそうです。

この記事を書いている現在は、既に設置が完了しているようなので、また機会があればリベンジしたいですね。(笑)

そして、意外にも埼玉県にあるレンタルボックスやトランクルームを巡るのは今回が二回目ということに気が付いたのでした(最初訪れたのは、昨年の暑い季節に訪ねた八潮のレンタルボックスです)。(^_^;

東京周辺のレンタルボックスやトランクルームも、あちこち見て廻りたいですね!埼玉県も千葉県も、もちろん神奈川方面も!

それでは、次の場所で!

今問われる、安全管理と保管場所

先日の某S社の通信障害、びっくりしましたね!

個人的には関係なかったのですが、
会社の携帯がS社だったもので、困った人もいたようです。

まあ、航空会社などのような深刻な被害はなかったのが、
不幸中の幸いでした(^^;)。

原因は…、単なる人為的ミスとのこと…。
たった一人の人間がこれだけ多くの方に影響を与えてしまうなんて、
考えてみると恐ろしい世の中です。

一方、携帯の電波が数時間止まるとどんなことになるのか
少しだけ垣間見たような気がしますね。
ある意味、シミュレーションが出来たと解釈し、
次回に繋げていきたいものです。

危機感

携帯電話は絶対ではない、という事実を知ることから始める。

携帯の電波が止まると…

当日の夜のNHKニュースでは、携帯電話が途切れて途方に暮れる多くの人達の模様を伝えてました。
時間や場所を決めずに何となく待ち合わせの約束をしてしまったために、
何箇所も無料Wi-Fiのスポットを求めてさまよい歩かねばならぬ人の姿を、追いかけていました。

S社の街場の店舗でもWi-Fiを使って連絡を取る方法を推奨していたようですが、如何せんすごい人数だったでしょうから、まともには使えなかったでしょうね。

街頭スピーカー

いっその事そういう時は世の中から“お隠れ”になっちゃうというのも、
選択肢の一つでしょうw。
まあ障害がどの程度長く続くかにもよりますが、騒ぎが一段落するまでノンビリ高みの見物を決め込むのもいいのではないでしょうか。

回線を常に確保しておく一番良い方法は、
お金はかかりますが複数のキャリアと契約を結んでおくことでしょう。
きっとS社ユーザーも、他の会社も持っとけばよかった!と思った事でしょうね。僕も当事者だったら、きっとそんな事を考えました。

S社だけでなく、D社やK社など一通りキャリアと結んで置けば絶対大丈夫!
そうそう、N社の有線電話もお忘れなく!w

しかし、ちょっと待ってください!
そんなに簡単ではないのが、今の世の中ってやつです(^^;)

北の某国が我が国上空にて「高高度核爆発」を行い、EMP(電磁パルス)を大量に発生させそれが日本に降り注いだ場合、おそらく日本国内のありとあらゆる電気製品が使用不能に陥るとの話もまことしやかに伝わっています。
(もちろん、携帯電話やパソコンも使用が出来なくなるようです。)

原理的に言えば出来なくはない話だし、何せ北の彼の人のことだから「やらないだろう」とはとても言えないですからね…。

核攻撃

っというわけで、今考えておくべきことは電気を使わない「高性能糸電話の作り方」かもしれませんねw.

冗談はさておき何より大切な事は、携帯電話以外の連絡方法やつながりを持っておくことだと思います。

昔はよく「災害があった時は何処何処に集合」とか、「ハブになる人を決めておこう」とか、「災害伝言ダイヤルを使おう」とか、いろいろ策はあると思います。

「ハブになる人(店)などを決めておく」というのは大切かもしれませんね。
出来れば「有線電話やPC経由でインターネットをチェックできる環境の近くにいる人に、情報を集約する」ということは、仕事を継続して行っていくためには役に立つと思います。

家族の場合は、近所の親戚や親しいお店の方、町会の関係者、交番のおまわりさんなどに情報を集めて上げると連絡は取りやすいかもですね。

いずれにしても、そのうちの誰かと連絡が取れれば、自然と情報が流れるシステムを作って置くことが肝要です。

とまあ、心配していてもキリがないので、根っからお気楽に生きていくというのはアリ!だと思うのですが、そういう事もあるかもしれない、と覚えておくことも悪くないでしょう。

ジェシカ・アルバ主演の「ダークエンジェル」(2000年)も、電磁パルス攻撃で電子機器が使えなくなり荒廃した世界を描いた作品でしたね。
ちなみに監督はあの、ジェームズ・キャメロンでした。後学のためにも、もう一度見たくなりました。

ダークエンジェル
ダークエンジェル

大切なものは、レンタルボックス・トランクルームへ!

加瀬倉庫でレンタルボックスとして使っている海上運搬用コンテナは、
残念ながら“核攻撃でも大丈夫!”と言うほど頑丈ではありませんが、
雨・風、台風や地震などには強い構造ですので、
大切な家財や思い出の品などをしまっておくには最適です!

海上輸送用コンテナ

夏は締め切っておくと室温は多少上がると思うので、その辺りが気になる品物であれば、空調の効いたトランクルームに入れておくことをオススメします。

また、当然2階のコンテナよりも1階のコンテナの方が日陰になるため温度は低く管理されます。覚えておきましょう。
(ちなみに、車を直付け出来る1階の方が出し入れは断然便利で楽!ということも覚えておくとよいでしょう)

トランクルームに関しては、その大元になっているビルの築年数や構造などによって変わりますが、概ね木造住宅より強いので、古い木造の自宅で保管するよりも、間違いなく安全です。

加瀬のトランクルーム

これでもう少し時代が進み、いろいろなリスクが更に確率を上げてきたりすると、今後は「シェルター」の需要なども出てくるかもしれませんね。

コンテナを地中に埋め、コンクリートで内張りをすれば、本当に“核シェルター”として使えそうな気もします!まあ、工事が大変そうですけど…w
(日本のトンネル技術だったら、わけないかw。)

っというわけで、本日は“危機管理”に注目しつつ、レンタル収納について考えてみました!

加瀬のレンタルボックス・トランクルームは、皆様のご利用をお待ち申しております。
是非、よろしくお願い申し上げます!

今年も年末、身の周りの整理に加瀬倉庫!

お寒うございます。(今日は温かいですが…)

まだまだ寒暖の差が激しく、一度風邪を引くとなかなか治りませんね。
うがい・手洗いを十分行い、睡眠を取って風邪を引かないようにしましょう!

さて今回は、後一ヶ月と迫った年末・年始に向け、
加瀬倉庫としてのいろいろなご提案を行わせていただきます!

年末年始は、当社、いろいろお役に立ちますよ!

今年のホコリは、今年のうちに…

片付けるにも、まず場所を作らねば…

さて年の暮れ
今年のホコリは今年のうちに落としておきたいものです。

大掃除

しかし、ホコリを払うにも、まずそこにある物をどけ、下敷きになった物を救出してからでないと、掃除すら出来ません。まず床が見える様にしないと…^^;。

上にあった物をどけると、そのどけた物は往々にしてその行き場を失い、別の物の上に乗る、なんて悪循環、繰り返していませんか?w

片付けるにもホコリを払うにも、まず場所を確保する事が肝心。

しかし、この狭い我が家の、一体どこにどければいいの?

っとおっしゃるアナタ!
加瀬のレンタルボックス・トランクルームは、1ヶ月からでもご契約いただけるのをご存知でしたか?

邪魔なものはレンタルボックスやトランクルームに預けておいて、思う存分、ご自宅のお掃除やお片付けを行ってみる、というのはいかがでしょう?
きっと、これまでのどの年よりスッキリと、気持ちの良い大掃除ができるでしょう。

レンタルボックス

預けた荷物は、そのまま入れておくもよし、場所を作って素早く家の中に戻すもよし。家の外側に置く場所ができるだけで、随分と心に余裕ができると思います。

今年は是非とも、レンタルボックス・トランクルームのご利用をご検討下さい!

年2回の“衣替えシーズン”を乗り切る!

当然ですが、冬は寒いです。
季節の移り変わりとともに、長袖のシャツが欲しくなったり、ダウンのジャケットが欲しくなったりと、その季節に対応した衣装が必要になります。

冬物として春先にダンボールや押し入れの奥底にしまいこんだ衣類・用品を引っ張り出し、夏物と入替えにタンスやクローゼットに掛けていきますね。

衣替え

この入れ替え作業が一大事!

毎回毎回、大変な労力が掛かってしまいます。
仕舞うものの洗濯やクリーニングも大変ですよね。

こんな時は、トランクルームをご利用になると便利です!

トランクルーム

出すもの、入れるものを別々に保管できますから、
場所にも余裕が出来、作業もラクラク♪

空調の効いて乾燥した日の当たらない場所に保管するので、
衣類にも優しく、日焼けやカビなどの心配も無用です!

トランクルームを上手に利用して、衣替えのシーズンを乗り切りましょう!!

夏用・冬用のタイヤ、どうしてます?

12月となれば、各地で雪、特に積雪の話題が聞こえ始めます。

雪国ではもうすでに、そして関東地方辺りでも北の方ではそろそろですね。
先週の週末は、那須高原でスキー場開きが行われておりました。(人工雪だと言うことでしたが)

雪や氷の便りが聞こえてきたら、気になるのはタイヤの事…。
そろそろスタッドレスに履き替えないと。
これ、結構面倒ですよね。

タイヤの入替え

最近は大手タイヤチェーンなどで、“履かないタイヤを預かる”サービスを始めているお店もありますが、まだまだ数も少ないようなので(抽選だったりしますよね)、ご自宅保管の方も多いことでしょう。これがまた、場所を取るんだ…。
アパート、マンション等の集合住宅の場合は、室内保管はほぼ無理ですよね。

ここはやはり、レンタルボックス・トランクルームをご利用下さい。

特にレンタルボックスは、車で真ん前まで運べますので、とっても楽ちんですよ。多少の汚れも気にならないし、置き場所としてはベスト!って感じですね♪

市街地から少し離れた場所なら、意外にお安く使えたりもします。
サイトを見ていただけると、とってもお得なキャンペーン価格が設定されているヤードを集めた「特選物件」のコーナーありますので、お見逃しなく!

特選物件

どうせ半年に一回程度の事ですから、多少家から離れていても問題ないのでは?

私も結構郊外のレンタルボックスを借りていた時期がありました。
ちゃんと問題なく機能していたのはもちろん、都内に住んでいるとあまり車を動かさないので、ちょうどよいドライブになってました(^^)。
みなさんも、是非チャレンジしてみて下さい。

レンタルボックスは、バイクや自転車の“冬眠”にも…

室外のコンテナ型であるレンタルボックスは、1階ならばバイクや自転車も、そのまま入れておけます!(バイクで2階は、物理的に無理ですよ)

バイク専用で使っている方もいらっしゃいますが、ほとんどの方は、家庭の荷物とバイク、レジャー用品などを一緒にしまわれているようです。

バイクの場合、冬眠をさせるのならガソリンを抜いておくかどうか迷う所ですが、専門家に聞くと、ガソリンタンクはサビ防止のため満タンの方が良いです(ガソリンコックはオフに)が、キャブレター車の場合はキャブの中に入っているガソリンはドレンボルトから抜いておいた方が良いとの事でした。
(「MOTOR HACK 冬の間のバイクの正しい冬眠保管方法」より)

バイクとガレージ

まあ、理想は2週間に1度、悪くても月に一度は実際に走ってみる事をオススメされましたw。

外は寒いけど最新のギヤ(専用衣服)類に身を包み、颯爽と走るバイクはカッコいいですよね。
ヘルメットやギヤ類、部品類などをしまっておくのもいいですし、寒い日には、中で整備なんかしちゃうと良いかもです。
(しかし、ドアを締め切って作業していると酸素不足になる可能性があります。十分ご注意下さい)

自転車の整備にも使えますね。

自動車は…、入れてはダメです。底が抜けてしまいますよw。

トランクルームは衣装室!

最近よく聞くのが、コスプレーヤーさん達の活躍ぶりです!

コスプレーヤー

駅に近いトランクルームなどを利用して、コスチュームの保管や着替え、制作などにも使われているそうです。そしてそのままコミケ会場へGOOO!

やはり強烈な趣味性にやられると、いつでも何処でもキャラクターになりきって生きていきたいのだと思いますよ。その気持、わかりますw。

コスプレ仮面

何と言っても“趣味専用の部屋”ができるのは嬉しいですよね。水回りや余分な設備は必要ないので、家賃と考えても格安です!
但し、絶対に中で“住む・暮らす”事はやめてくださいね。多くの方々のご迷惑になるだけでなく、ライフラインが無いし安全も確保されていないので、とても危険な行為だと思って下さい。

詳しくはこちらに…(レンタル収納スペースに人が住む事は出来ません!

さてさて、身辺整理が終わったら…

年末が終われば、すぐに年始!=お正月です♪

私も昔はお正月が楽しみだったものです。おせちにお雑煮、お年玉をもらっておもちゃ屋さんで買物したり、凧揚げやコマ回しのために友達と集まったり。

そうそう、その前に“初詣”も楽しみだったな~。

菊名神社の大鳥居

大晦日など、この日ばかりは遅くまで起きていても怒られなくて、紅白見て、除夜の鐘を聞いてから、家族で近所の氏神様の所に行ったのが良い思い出です。

当時の事って、買ったもの(物品)の思い出なんかよりも、やった事(経験)の思い出の方が全然覚えてるものですね。アナタはどうですか?

今年、初詣に行きたいのは、ズバリ、菊名神社!

12月限定「年越大祓」御朱印
12月限定「年越大祓」御朱印

何故かと言うと、面白そうだからw。

ここの神様たちは、5人もいるのです。(菊名神社の御由来・参照)
それぞれ個性豊かな神様が寄り集まって、菊名神社になっているそうなのです。
だとしたら、いろいろな願いを聞いてもらえそうじゃないですか!

本来初詣というのは、あくまでも新年のご挨拶で、あまり願い事をしてはいけない(ッと言うか、言われた方も覚えきれないと思うが…)、とよく言われますが、5人もいるなら結構ポテンシャルが高そうに感じてしまうのは、私だけでしょうか?w

がまんさまの像

またこの神社、メインキャラクターは「がまんさま」
手水鉢をささえる四方の支柱になっている鬼の石像のことで、しゃがみ込んで手を握りしめて必死に耐える姿が微笑み(涙?)を誘いますw。

いろいろなものに“耐えている”感じが、素敵ですよ。
本堂入口の横にも一体いらっしゃいますので、是非見てあげて下さい。

神社のロゴマーク的にも使われてますよ。

がまんさま

その他にも、狭いながらも結構“見どころ満載”なところが良い感じです!
うどんのキッチンカーとか…(謎))

場所もJR横浜線、東急東横線の菊名駅から徒歩3分と近く、夜中にチョコっと初詣なんて時には便利ですね。

近くには年末年始もほぼ通常営業のサミットストアトレッサ横浜MEGAドンキホーテなどもあるので、初詣帰りにちょっとお買い物なんかにも便利なのです。

さてさて、今年も残す所わずかです。

身の回りを整えたり、要らないものを整理したりして、スッキリした形で新しい年を迎えたいものです。

そのために当社は、いろいろ便利なアイテムをご用意して、皆様のご利用をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。

夜道の中のトランクルーム

こんにちは!ゆたろうです。

今回は久々の東急線沿線に用事があったので、目黒区内のトランクルームに寄り道してみました!最寄り駅は、東急東横線の学芸大学駅です。

駅の東口から延びる東口商店街は、これから電車に乗る人と家路を急ぐ人とで多くの往来があり、通りを埋めていました。まずはその中を駅から離れるようにして進んで行きます。

東急東横線学芸大学駅の東口です。駅前は電車に乗る人降りる人がたくさん行き交ってます!まずは、この駅前から東に延びる商店街を進んで行きます。

商店街の両脇は、様々な飲食店や衣料品店、薬局などが軒を連ね、商店街に相応しい賑わいです。

駅の東側から商店街の方を見ると、行き交う人々でいっぱいでした。
この通りをまっすぐ進んで目的地に向かいます。飲食店をはじめ、様々なお店が営業しておりました。

商店街の端まで進んで行くと、さすがに周囲も少し落ち着きが出てきましたが、それでもある程度の往来がありました。しかし、ここからコンビニ前の通りを南(右)に曲がって行くと、急に街灯の明かりが減って、とても静かな通りに早変り!両脇は閑静な住宅地といった雰囲気でしょうか?このコントラストにちょっとビックリです。

商店街の端まで到着です。ここからは、コンビニのファミリーマートを手前を右に曲がってまっすぐ進んでゆきます。この辺りに至ると、歩いている人は減ってきますが、それでも寂しくない程度には行き交う人の流れがありました。

この静かな通りを南に直進して目黒通りを目指します。なんだか目的地までしばらく時間がかかるような気がして、ほんの少し心細くなるような、ならないような…(^_^;)

コンビニを曲がると、完全に住宅地に入り、急に静かになります。街灯も少なく結構暗めでした。そんな中をまっすぐ進んでゆきます。

しばらくの間まっすぐ進んでいると、視線の先に高い建物とその屋上に何やらライトアップされた看板が見えてきました。暗い住宅街の夜道ではよく目立ち助かります!

しばらくまっすぐ進んでゆくと交差点が見えてきますが、ここを更に渡って直進です。遠くに何やらネオンに光る看板が見えてきました。

ひとまず、その看板を目指して歩いていると視界が開けて大きな通り、目黒通りに出ることができました!道路の反対側には、大看板を屋上に据えた建物が見えました。スポーツジムの看板だったのですね(^_^)

この辺りの目黒通りと言えば、オシャレなアンティークの家具屋さんが多く集まっているので有名ですね。そこにこれまたオシャレなカフェが併設されてたりして…。休日の昼間とか、ぶらりと散歩してみたいものです♪

先程の交差点を渡って、視線の先に見えた看板に向かって進んでゆくと、目黒通りに到着!看板はスポーツジムのものでした。

地図を見ると、少しだけ目黒方面に進む必要があるようです。進んだ先の鷹番一丁目信号で更に右折するのですが、この目黒通りもそれほど自動車の往来がなく、結構静かだったのが意外でした。もっと、車が通りを埋めて郊外へと進んで行くようなイメージだったのに(@_@)

 

目黒通りに出たら、ジムを背にして少しだけ目黒方面に進みます。ある程度車の往来はあるのですが、この時間は静かでした。

目的の信号まで到達すると、バスが横道に吸い込まれて行きます。一般的な路線バスが通るには細くないか?というような通りですがズンズン進んで行きます。地図を見る限り、結構細そうだったけれど(・。・;

この通りを数分ほど進んでいくと清水公園入口”というバス停にたどり着くので、その手前で更に左折してほんの少し進むと今回の目的地”トランクルーム目黒区本町2“に到着です!住宅地のど真ん中にありとっても静かです\(-∀-;)/

こちらの信号を右折して更に少し先に進んで行きます。東急の路線バスが出入りする通りのようでした。
バスはこの先目黒駅まで行くようです。
バスが通るには結構細い通りのように見えましたが、ずんずん進んでゆきました。こちらも静かな住宅地で、暗くなった中を少し進んで行きます。
清水公園入口バス停手前の道を左折して、40秒ほど歩くと、左手に目指すトランクルームがあります!
この通りを少しだけまっすぐ進みます。
十字路のそばにある”清水公園入口”のバス停ですす。目黒駅までの間にある停留場は少なかったのが印象に残りました。結構距離あるような・・
清水公園は、地図を見る限りこの通りをもう少しだけ進んで行くと到着するようなのですが、暗かった事もあるのか、行くのをすっかり忘れてしまったのでした(^_^;)

トランクルーム目黒本町2は住宅地のど真ん中にあり、とても静かで街灯も少ない中、入口の赤い扉を照らす蛍光灯の灯りがかなり目立っておりました。以前の青砥や、前回の町屋も同様の真っ赤な扉でしたが、暗い夜道には結構目立ちますね!

十字路を左折してほんの少しだけ進むと、左手に”トランクルーム目黒本町2″に到着です。2階は会社兼住居となっているようで、この写真の右端に入口がありました。

二階は、職場兼住居といった雰囲気で一階部分は倉庫か工作所か?といった引戸がありました。その中の空いたスペースをトランクルームにしたのかもしれませんね。(^_^)

加瀬倉庫では、常にこういった“空きスペース”を探しておりますので、もし心当たりの方は、是非お声がけください!との事でしたw.

所在地:東京都目黒区目黒本町2-13-7 建物中央部分にある赤い扉が、灯りに照らされ一層目立っておりました。
扉右側に、カードリーダーが設置されております。
隣の敷地との境目には自販機。

※只今このトランクルームは満室ですが、ご連絡いただければ「空き待ちリスト」に登録させていただきます。
0120ー666-082

確認後、トランクルームを離れて学芸大学駅を目指します。
実は魚釣りで有名清水公園に行こうかと考えていたのですが、暗くて心細くなったのか?訪ねるのをすっかり忘れて引き返してしまいました…。すみません(((^^;)

目黒通りに出る手前で信号待ちしているバスに出合いましたが、建物壁ギリギリに停車しておりました。運転手さん、大変だな・・などと思いつつ、脇をすり抜け駅を目指します。ちょっとばかり勇気が要りました(笑)

細い道路をバスが行きます。建物の壁スレスレに停まって、信号待ちです。ここを歩いて通り抜けるのは少し勇気が要るかもしれませんね(^_^;)

帰りのルートを少し変えてみましたが、やはり静かな住宅地が広がり、しかしながら仕事帰りと思われる人が時々駅に向かって歩いていました。そんな中に、ちょっと明るい場所を見ると、お洒落なレストランがポツッと営業していたりして良い雰囲気出していたりします。( ^∀^)

商店街まで近付くと、やはり一際明るいのですぐ確認できました。このコントラストは本当に判りやすい。通勤で駅に戻る人向けなのかな?とも思ってしまいます。

少し遅い時間になりましたが、未だ往来は多くまだまだ商店街は活気が残っておりました。(^^)

狭い隙間を抜けると、広々とした目黒通り。車もそれほど走っておらず、がらがら状態なのがより印象的に感じます。
商店街に出る直前、住宅地の中にひっそりと祠がありました。その目前が駐車場になっているようで、なんだかはめ込まれているような、そんな感じでした。
祠の前辺りから視線を先に向けると、商店街は目の前です。商店街の街灯のまばゆさと、横道の暗さのコントラストが際立っておりました。そして、人が流れておりました・・・
商店街を北上し、駅まで戻ります。人の流れは、まだまだ途絶えておりませんでした。

今回は、夜道を少し長く歩いてしまいましたが暗い方暗い方へと進んで行くとやはり少し心細くなってしまいますね(^_^;)

また明るい日中の住宅街のトランクルームやレンタルボックスも巡って行きたいところです。

それでは、次の場所で!