春の応援キャンペーン!月額90%OFF!

こんにちは!

世間“コロナ、コロナ”でいろいろ騒がしいですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?ご苦労を重ねている方も多いと思いますので、心よりお見舞い申し上げます。

本当に、一刻も早く収束して欲しいものですね。

さて、今回はそんな暗い気持ちを吹っ飛ばす、景気の良い話をしたいと思っております!

ちょっと嬉しいライフハック

 

「春の応援キャンペーン!月額90%OFF!」

春は、入学や進学、就職、転勤など、人々の移動の季節ですね。
3月から4月にかけて、新しい土地、新しい建物、新しい仲間と出会い、共同作業だったり生活だったりを始めます。

いろいろ不具合や不安も多いことと思いますし、不便の中で“明るい明日”を目指して頑張っている方々が増える季節です。

なので、及ばずながら当社も一肌脱がせていただきます!!

“赤字覚悟!”
春の(新生活)応援キャンペーン!です。

春の応援キャンペーン!

全部ではないですが、かなりの数の物件が「月額90%OFF」となります(最大3ヶ月間)。但し、6ヶ月以上(契約当月を除く)ご利用の新規ご契約者様に限り適応されます。

このキャンペーン、何が嬉しいかと申しますと、
もちろん価格が安い!ということはあるのですが、何しろ初期費用を抑えられる!というのが一番喜ばれているポイントとなります。

実はトランクルームを借りるためには、初回のお支払いは初月使用料(日割り)と翌月使用料に加え、共益費や事務手数料が必要となりますので、月額使用料の約3倍程度のお金が必要となってしまいます。

この初月・翌月の使用料が90%OFFとなるため、初回のお支払いがグッと安くなる!というのが、今回のキャンペーンの最大のメリットとなるのです♪♪♪

スキーやスノボ・冬物のコートをしまったり、自動車のタイヤを入れ替えたり、引っ越し荷物を一時的に預けたり…、
この時期、何かとレンタル収納スペースが欲しくなるシーズンです。

このキャンペーンをお見逃し無く!

大口商店街のトランクルーム

こんにちは!レポーターのゆたろうです!

国道15号線沿いにあった二つのトランクルームを巡って行きましたが、今回はそこからJR横浜線の大口駅方面に移動して、その途中の商店街にあるトランクルームを訪問します!

トランクルーム神奈川区新子安を離れて、国道15号線沿いを少し横浜方面に進んで行きます。

やがて、名も無い細い川(編集部注:足洗川という川です)が見えてきました。この川沿いにこれまた細い道が高架の先に続いています。高架とはいっても随分低いですが・・(^m^;)

この川沿いの高架下を潜って道なりに進んでゆくと、少し広い道路に出ることができたのですが、そのそばに素盞嗚尊(スサノオ)を祀る一之宮社の参道があったので、立ち寄ってみました。思ったよりも参道の距離が長く、その後の階段で少し疲れてしまいましたが・・(^^;

周囲は完全な住宅地で、境内は静けさに包まれておりました。

国道15号線を更に横浜方面に進みます
小さな川を曲がって東海道線の線路を潜って大口方面に向かいます。
途中に一之宮神社がありました
神社の隣は公園でした。ちょっと長い参道を進み、石段を上った奥の方に境内がありました。隣には公園と幼稚園も。

神社に立ち寄りつつ再び川沿いに出て、そこに架かる橋を渡ってゆくと更に道は細くなり、やがて南北に通っているJR横浜線の線路が見えてきました。
そのあたりは、盛り土をして周囲よりも高く丘のようになっている上に線路が敷かれているので、トンネルを潜って反対側に抜けてゆきます。

電車が走り抜けたら風情のある写真が撮影できるのだが、本数の多い路線ではないからなーと、そんなことを思いながら静かなトンネルの真ん中あたりを歩いていると、”ごーーーー!!”という地響きが聴こえてきます!
なんと良いタイミングで電車がやってきました!急いで出口まで走って撮影したのが、下の写真です!急にダッシュしたので疲れました・・w

再び川沿いを少し進んで行きます
地図上では、細い道を渡って行くと大口の商店街の中に出られるようですが、道が更に細くなり少し不安に・・・(^_^;)
細い通りを進んで行くと、JR横浜線の線路が見えてきました。
トンネルの中程を歩いている時、ゴーという地響きが聴こえてきて、慌ててトンネルを走り抜けて撮影しました!ナイスタイミング!

トンネルを抜けて更にまっすぐ、住宅地真っ只中の細道を進んでゆくと、正面に商店街のアーケードと思われる建物が見えてきて、大口通商店街に到着です!

地図を確認すると、目的のトランクルームはこのすぐ近くにあるようなのですが、果たしてどのあたりにあるのか?
南北に通る商店街を北に向けて少し進むと、不意に”加瀬のトランクルーム”と書かれた黄色い表示が見えました!どうやら到着したようです。商店街の真っ只中にあるトランクルーム、”トランクルーム神奈川区大口通り”です!

トンネルを抜けてまっすぐ進んで行くと、更に道路が細くなってきました。しかし、その先に視線を向けるとアーケードの庇らしき建物が見えました!どうやら商店街にたどりついたようです!
大口の商店街もまた、のどかな時間が流れておりました(^_^)
そして、商店街を大口駅方面に歩き始めてすぐに目的のトランクルームにたどり着くことができました!

掲示の横に下り階段があり、どうやらトランクルームは半地下になっているようです。入口に向かって暗い階段を降りてゆくと、センサーに反応して入口天井のライトが点灯します!

以前は自動ドアが設置されていたようですが、現在は開け放たれたままになっています。その内側に新しく赤ドアと白壁を作り、トランクルームの入口としたようです。

所在地:神奈川県横浜市神奈川区大口通り20-5

トランクルームは半地下になっておりました。
かつては自動ドアであった入口の奥に、新しくトランクルームのドアが作られておりました!
ドア左手にカードリーダーが設置されております。

中に入ると、まだオープンしたばかりなのか新品のにおいがします(*^^*)。
内側を白く塗装したものでしょうか?新品を感じさせてくれる香りと、真っ白な壁が明るい照明に反射して新しさをより強調しているように思いました!

ドアも水色と白なので、真っ白な塗装と強い照明の灯りで、トランクルーム内が広く感じられます。

内部は、入口周辺がちょっと広いスペースになっており、ここから三方向に通路が分かれています。この広いスペースには、消火器と台車も置かれており、使い勝手はよさそうです。

注意書きの掲示もこの入口前にあり、第四の項目”住居・宿泊に使用してはいけません!”の部分が赤字で強調されております。見つけ次第即刻契約解除とのことです!
確かにこちらのトランクルームは居心地がよさそうですが、住居はいけませんよね!┐( ̄ヘ ̄)┌

元々の入口周辺は、全体をガラス張りにしていたようで、新しくドアを設置してある以外の部分はそのままとなっており、そこから外のドア前と商店街を見上げることができます。

どんな店舗だったのだろうか?想像が膨らみます。薬局あたりでしょうか?

ドア裏側です。作りたての香りがします(^_^)
内部の照明はとても明るいです!
室内は、壁も白く明るく、トランクルームのドアも淡い水色と白のドアなので全体的に真っ白く見えるため、何となく迷路に入った感覚になりますw
二又に別れていますね
台車は一台置かれておりました
出入口前の広いスペースに消火器が設置されております
居心地の良い空間ですが、このトランクルームを住居として利用してはいけません!(ー_ー)即刻契約解除となりますよ!┐( ̄ヘ ̄)┌
奥の部屋のドア、点検口をギリギリで避けて設置されておりますねw
一番奥に向かって進んでみます
一番奥の部屋です
入口近くの一部はガラス越しに入口外側の様子を見ることもできます。天上灯はセンサーに反応して、近づくと点灯します。

トランクルーム内部を一通り見渡したら、地上に出てJR大口駅を目指しつつ商店街をぶらぶらしてみます。スーパーや雑貨店のような買い物客が常に集まりそうなお店や食事ができるようなお店は少ないようなので、混雑するほどの人通りは無く、こちらもまた長閑な午後の時間となっておりました。

国道1号線も、渋滞を引き起こしそうな交通量ではなく、慌ただしさは感じられませんでした。

元々の予定であった三カ所のトランクルームをすべて訪問して、少し気持ちが楽になってのんびりした気分になり歩いていると、この寒さを感じることのない気持ちの良い天気も相まって、ちょっとビールが欲しくなってしまいました。

なので、久々に明るいうちから昼のみしてしまいましたw

国道1号線の横断歩道中央で撮影してみました。ちょっと遠くにJR横浜線の高架が見えました。
商店街を行く人は、多すぎず少なすぎず、ここもまたのんびりとした昼下りでした。
晴天で寒くもなく、とても過ごしやすい午後だったので、ちょっと一杯飲んでしまいましたw とても美味しいー一杯でした(笑)

商店街を北上して、JR大口駅まで到着して、今回のトランクルーム訪問は終了となったのですが、駅とその周辺の写真を撮影したものが見つからず、未掲載となってしまっております・・・申し訳ありません、決して酔っぱらってしまったわけではないのですが(^_^;(編集部注:いえ、結構酔ってましたよw)

トランクルームも、建物や室内の性質、使用するドアの色などで様々な表情を見せてくれました。

また、面白い表情をしたトランクルームを見る機会があれば、ぜひご報告したいと思います。

それではまた、次の場所で!

晩夏の忘れ物 新小岩~奥戸 その1

どうも!レポーターのゆたろうです。

すっかり寒くなってしまい、冬ももうすぐ始まってしまうような雰囲気ですが、いかがお過ごしでしょうか?私もちょこちょこ体調を崩してしまったり、私の周りでも体調を崩している人が多く出てしまい、今年は特に注意しなければいけないなと痛感しているところです・・

さて、今回は以前訪ねてまわった新小岩や奥戸のレンタルボックスの中で、写真は撮っていたのですが、どうまとめたものか悩んでしまいアップロードし損ねてしまった場所二つを取り上げたいと思っております。「晩夏の忘れもの」などと書いておりますが ^_^;

レンタルボックス東新小岩6丁目

こちらは、東新小岩6丁目パート2よりももう少し南側に位置しており、以前も登場した細長い緑地公園”西井堀せせらぎパーク”の北端にある交差点からも微かに見える位置にあったりします。交差点付近から横道に入り、まっすぐ歩いて行くと到着です。

せせらぎパーク北端に近い水遊び場です

実は、パート2に至る前に、こちらの看板が見えたので、折角だからと立ち寄ってしまったのです。(^^;

所在地:東京都葛飾区東新小岩6-20
通りに面している敷地が広いので、全体的に広く感じられた。
自販機も設置されている
端に二段重ねされたコンテナとバイクボックス
向かい側にもバイクボックスがひとつ。
隣は駐車場である。隔てる柵や塀は無いので解放感があった。
タラップは一つ
全て二階建て、銀色の扉である。

ひとしきり過ごした後、レンタルボックス東新小岩6丁目パート2に向けて出発。表通りに出ないで、そのまま目的地方向に延びている細道を進んでゆくと、小さなほこらがありその中にお地蔵さんが祭られておりました。周囲は住宅地、その中に駐車場を含んだ少し広い空間があり、ぽつりとほこらがあるのがちょっと不思議な感覚になったのでした。

周囲は住宅地、その中で不意に開放的な空間が広がった中に、ほこらが建っていた。

広い通りに出て更に歩を進めていると、新しく東西に道路ができるのか、ぼっかりと広いスペースができておりました。ここに広い道路ができると、また街の様相も変わってゆくのかもしれませんね。

その後、程なくしてレンタルボックス東新小岩6丁目パート2に到着しました。

晩夏の忘れ物~葛飾奥戸 に続く

話題沸騰!ついに日本でもスマートスピーカーが使える!

ここしばらく、悪天候が続いておりますね。
めっきり冷え込む季節となりつつありますが、皆様お元気でしょうか?

まだまだ台風などの影響も受けやすい時期ですので、くれぐれもご用心下さい。

さて今回は…、

各社激突!スマートスピーカーの覇権争いが勃発した。

米国IT巨大企業3社+日本企業の図式か?

【スマートスピーカー】
今更説明の必要もないでしょうが、AI搭載の「音声リモコン」としての機能が注目されているIOT製品です。

何しろ、円筒形(なぜかこの形が多いですね)の外部スピーカーに向かって、「エアコンつけて」とか「TVを○チャンネルに」とか「○○の曲をかけて」とか命令すると、それを実現してくれる、というアシスタント機能が搭載されているので、家の中の快適性が劇的に上がる!と注目の商品群です。

これらには、先にも述べました通り“AI”が搭載されており、人間の言葉を理解し、それを実行するという役目を果たしています。
ゴレが正に【アシスタント】と呼ばれる所以なのですが、英語や日本語など各種の言語や、訛(なまり)だったり、幼児言葉だったりと様々なパターンを認識し、正しい行動を行うためには、相当な“頭の良さ”が必要になりますね。

何を言い出すかわからない気まぐれ人間の言葉の意味を瞬時に捉えて、行動に移す、って、結構人間でも大変ですよね。

気まぐれな社長や上司に振り回されている社員さんの感覚っていいますか、それだけ学習も必要でしょうし、何せ大変な技術力と時間の蓄積が必要なわけです。

これに挑戦し業界をリードしているのが、アメリカの大手IT企業のBig3

ご存知、
○Google
○Amazon
○Apple
の3社です。

先駆者“Alexa”は、家から飛び出しアウトドアでも!
AmazonECHO

まず、業界に先んじて2年前からこれらの製品を出しているのが、通販の世界最大大手Amazonの「Amazon Echo」です。
これにはAlexa(アレクサ)と呼ばれるAgent(エージェント)が搭載されており、すでにこれまでの経験も含め磨き込んで来たことで、非常に正確に人間の言葉を実行出来る様になっています。

また、Alexaには「Skills(スキル)」と呼ばれる追加拡張機能が備えられているので、一部特別な用語や操作、特定のスマホや機器などとの連携も、後から拡張機能を追加できる仕様となっているのです。
またこのAlexaスキルを開発するにも特殊な音声解析や言語処理の知識や経験は必要なく、開発環境さえあれば簡単にスキルの開発が行えるところも人気となっています。

アメリカではすでに2年以上前から発売されているAmazon Echoですが、ようやく今年中には日本でも発売されるようで、いやが上にも期待が高まります。

それに先立ちアメリカではすでに新しいAmazon Echoシリーズも発売されています。

AmazonEchoとEcho Dot
Amazon Echo Dot … これは、Amazon Echo付属のスピーカーに不満な方向けに、ご自分の最高級?スピーカーを接続するためのデバイスです。(写真右)
Amazon Tap
Amazon Tap … こちらはナント、電池を内蔵している“持ち運び可能”なタイプです。

本来は家電や音楽などをコントロールするスマートスピーカーですが、これからIOT(モノとつながるインターネット)が進むと、自動車や自転車、電車などとの接点も出来てくる事が予想されます。
また、スマホとの連携や外出先から家の電気製品をコントロールすることなど、外出時にこれらを使いたくなるケースが考えられます。

これまではスマホに搭載されているSiliのようなアシスタントを使って、いくつかは実現可能でしたが、これからは【スキル】のような簡易機能拡張を使って、自分の思い通りにカスタマイズすることが可能になるため、様々な生活シーンの中で活躍する可能性があります。楽しみですね♪

ライバル達も負けてはいません!既発売のGoogle Homeの出来栄えは?
Google Home

先日発売されたのが、Google Home。14,000円という価格は今後の日本でのスマートスピーカーの、まずはプライスリーダーとなります。

こちらには「Google アシスタント」と呼ばれるAI機能が搭載され、Androidスマホと同様「OK Google!」などと呼びかける事で機能発揮となります。

Googleによりますと主な機能は、「知りたいことを調べる」「タスクをこなす手伝い」「音楽再生」「スマートデバイス操作」の4つ
ただこの4つ、かなりアバウトな内容だけに、実際買ってみるまで何が出来るのか、よくわからないという気もしますw。

一説によれば、先行していたAmazon Echoの方が出来ることが多いとの評価もあり、世間的には静観ムードとなりそうですが、10月23日に発売となるGoogle Home Miniが6,000円という定価を引っさげて登場するだけに、日本では一気に先行してしまう可能性もあります。

後は、リビングのセンターに置くものだけに、デザインの好みなどもあるでしょうね。
真っ黒な印象のAmazon Echoと、白っぽいGoogle Homeでは、かなりその要素は強くなると思います。
(勿論、製品色のバリエーションも増えてくるとは思いますが)

更には、ソニー、パナソニック、JBLなどのオーディオ機器メーカーもGoogleアシスタント内蔵のスマートスピーカーの発売を予告している事もあり、一気にこちらの陣営が数を増やしていくことも考えられますね。(それにしても、またしても日本企業は米国の後塵を拝する形ですね…)

「知りたいことを調べる」機能は、天気やGoogleカレンダーの予定、占いなんかで使えますので、続けざまにいろいろ質問すれば、ちょっとした“話し相手”になってくれますねw。

他にも期待のスマートスピーカーが!

あと2つ、期待のできる製品があります。
LINEが10月5日に発売したのが、Clova WAVE
LINE Clova WAVE

本体価格はGoogle Homeと同じ14,000円ですが、なんと来年1月までの期間限定で、LINE Music一年聴取料とセットで12,800円のセールを展開中!
J-POP好きを狙い撃ちにしているこのキャンペーンで、一気に若者層を取り込もうという狙いが見えます。
意外に若者層には人気がないと言われるスマートスピーカーだけに、こういったアピールは有効かもしれないですね。

さて、最後に残った“巨大企業”は、ご存知「Apple」です。
Apple HomePod

同社は今年の9月にサンノゼで行われた発表会の席上で、Apple HomePodの発売を宣言し、今年の12月からまずは英語圏向けに発売を開始します。
その後、日本語を始めとする各国語の対応に入ると思われますが、Appleは元々Siliという音声認識アシスタントを持っており、こちらはかなり前から日本語で動いている事を考えると、比較的近い将来、対応機種が出るものと予想されます。

こちらの特長はやはりその音質で、他の機種に比べ、相当グレードの高い音量・音質を実現した上で、Apple MusicやiTuneストアの膨大なコンテンツが利用可能となる、音楽マシーンになると思われます。
その分、お値段が張ることも考えられますので、AmazonやGoogleのものと、全く同じ土俵の商品とはいえないかもしれません。

2021年までには、世界で75億台という予想も

さて、各社がしのぎを削る「スマートスピーカー市場」ですが、2021年までには75億台に達するという予想も展開されております。
正に“一大市場”となるこれらのデバイスの争いは、日本では今始まったばかり。

とは言え、リビングに1つ、キッチンに1つ、書斎に1つ、寝室に1つ、とドンドン家の中で数を増やしそうな勢いもあります。(かつてのTVのようですね)
ましてや“外出用にも1つ”となれば、更に勢いを増していくことも…w。

まあ、それだけ人間が手や体を動かす必要がなくなる、ということですので、それはそれで、別の問題も起こるかもしれません。
いづれにしても、今年から来年の「世間の流行り物」として、日本でも本格的に一般的な話題になる日も、そう遠くはないと思いますよ。

加瀬のレンタルボックストランクルームにもこれらの持っている機能が付いたら、かなり便利になるかも!

受付でIDと品物をマイクに向かって話せば、それが奥から出てくる、なんて未来も、案外近いかもしれませんね。

手軽に設置できる、屋外型自動追尾型監視カメラが出来ました!

いつの間にか、いろんなものが私達の頭の上を飛び交うようになってしまいましたね(-.-)。
『頑丈な建物』なんて急に言われても、アタフタしちゃいますよね。

彼の国の方々は何を考えているか不明ですし、一般人にはそれらはどうしようもないので、せめて目の前の危機だけでも防いでいきたいものです^^;。

大切なもの・失いたくないものは、今のうちにトランクルームか、レンタルボックスに仕舞っておいて下さいw
地下にあるトランクルームなどは、オススメかもしれません。

そんな一般Peapleの我々にとって、自宅において強い味方が現れましたので、ご紹介いたします。

動くものを自動追尾する監視カメラ

ついに家庭用監視カメラも、自動追尾の時代に!

監視カメラについては、街中への配備はすっかり進み、今では犯罪の解決と抑制に非常に効果を上げている。
只、一般家庭などとなると、まだまだ導入は進んでいないのが現状で、一歩家の中に入ってしまうと、内部の様子は捉えられないのが普通。

それでもインターネット回線を使った“見守りカメラ”などの需要の高まりから、一部の家庭には、ジワジワっと浸透しつつありました。
しかしいずれにしても“据え置き型”で、天井や高い場所から固定の映像を送るだけ、のものが大半を占めていました。

そこに登場したのが、今回ご紹介するサイホープロパティーズの「ATOM」シリーズで、据え置き型だが動きと音を感知して、その方向に首を振る機能を持った自動追尾型の監視カメラです。
amaryllo_ATOMシリーズ

更に、天井にある電気のソケットに差し込むタイプの「ATOM AR2」が登場し、家庭用監視カメラがより一層身近になっておりました。
コンセント型監視カメラ

ついに屋外型の監視カメラも自動追尾型に!

そして今回、同じATOMシリーズから、屋外型の自動追尾型監視カメラ「AR3e」が8月29日に販売が開始されました。

こちらはこれまでのシリーズモデルと同様、モーションセンサーと音センサーで対象物を自動追尾する全方位型防犯カメラで、以上を感知した場合は、予め専用アプリをインストールしておいたスマートフォンに通知と、本体に録画をしてくれます。

更にカメラから警告音を鳴らす機能までついているので、「犯罪の抑止」「防犯」に非常に大きな力を発揮します。

ATOM AR3e

360°撮影可能なので、一台で広範囲の監視が出来るだけでなく、撮影したデータは本体に保存できる他、24時間分のデータは同社が用意する無料クラウド上に保存されるとのこと。正に『証拠はバッチリ』ですね。

また、インターネットにはWi-Fi経由で接続しますので、電源さえ確保出来れば即設置完了。
24時間365日、あなたの自宅を監視します。

気になるプライバシーの保護ですが、256bitでの暗号化通信を使いますので万全です。

IP66レベルの防水・防じん仕様ですので、屋外に長時間設置しても性能は衰えません。

お値段は、ちょっとお高めの65,800円

詳しくは、ATOM AR3eのサイトでご確認下さい。

こちらの商品は、残念ながら未だにACコンセントから電源を取るタイプのなのですが、近い将来、太陽光や風力発電のタイプやバッテリーで数十日もつタイプなどが現れて来ることが期待できます。

当社のトランクルームやレンタルボックスにも、“マイ防犯カメラ”などを持ち込む方が増えてくるのではないでしょうか?

夏季休業のお知らせ

暑中お見舞い申し上げます。

今日は曇りがちで多少暑さも和らいだ気もしますが、
熱中症危険情報を見ると「危険」レベルですので、
油断せず、十分ご注意の上お過ごし下さい。

合言葉は「適度の冷房と水分補給!」

Summer Greetings

さて、突然ではございますが、
加瀬ホールディングス(株)8月11日(金)より、8月15日(火)まで、夏季休業とさせていただきます。

お休みの期間中は皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

尚、レンタルボックス、トランクルーム貸し会議室の電話・店舗受付に関しては休まず営業しておりますので、バンバン!ご連絡いただければ、と思います。

っというわけで、取り急ぎご連絡を申し上げます。

連休中も、もしかするとブログやTwitterの更新があるかもしれませんが、一応“お休み”ということで、よろしくお願いいたします。
16日に、元気でお会いしましょう!