トランクルームの湿気・カビを防ぐ対策として必要なこととは

トランクルームに大切な荷物を預ける際の心配ごととして、よく聞かれるのが保管環境についてです。特に湿気によるカビの被害や、荷物の劣化については気になるところではないでしょうか。

少しでも湿気の影響を受けないために、自分でできる対策について紹介します。

カビが発生する環境・原因とは

カビの胞子は私たちが生活する空気中に常に浮遊しています。そのカビの胞子が、建物の壁や物の表面に付着することで、付着した表面の汚れや水分を栄養源として繁殖していきます。

また、カビは湿度が60〜80%以上、温度が20~30℃の環境で繁殖しやすくなります。
トランクルームでカビの発生を抑えるためには、この発生条件を避けることが大切です。

トランクルームでの湿気・カビ対策

カビの発生原因となる湿気を少しでも抑えるために、トランクルームでの湿気対策を紹介します。

床にすのこを敷く

トランクルームの床にすのこを敷き、荷物と床の間に空間をつくることで、空気が流れやすくなり湿気がたまるのを防ぎます。なお、すのこはプラスチック製ではなく木製がおすすめ。木材自体が吸湿性・通気性に優れているため、室内の湿度を調整する働きがあるからです。

収納物を壁や床に密着させない

壁際や床は、室内と室外の温度差によって結露が発生しやすくなります。そのため、壁や床に荷物が触れないように収納するのがポイントです。

壁際からは少し距離を取り、床にはすのこを敷いたり、スチールラックを使用して直置きしないなど、空気を流れやすくすることがカビ対策には有効です。

また、荷物をぎゅうぎゅうに詰め込みすぎると湿気がこもりやすくなるため、スペースに余裕をもって収納することも大切です。

除湿剤を活用する

除湿剤は狭い空間にたまる湿気を取り除くのに有効です。湿気は空間の下や隅といった空気がよどんだ場所に溜まりやすいため、トランクルームの床や四隅に置くのが効果的です。

除湿剤にはさまざまな種類がありますが、トランクルームのようなスペースがある空間で使用する場合は、タンクの置き型タイプがおすすめです。除湿剤に使用している塩化カルシウムという薬剤が、湿気を吸収すると液体になって容器に溜まる仕様です。なお、容器に溜まった水分は、周囲のものに付着するとシミになることもあるので、設置する際は安定した場所を選びましょう。

空気の入れ替えをする

カビの発生原因である湿気を防ぐには、換気をして湿気を排出することが効果的です。荷物を出し入れするときにはドアを開けっぱなしにして、空気を入れ替えるようにしましょう。

また、荷物の出し入れがないときでも、空気の入れ替えや、カビの栄養源となるほこりの清掃などを定期的に行うことで、カビが発生するリスクを減らすことができます。

収納物ごとの湿気・カビ対策

自宅で保管しきれない本、オフシーズンの布団や衣類・家電など、トランクルームで保管されることが多い収納物ごとの、湿気・カビ対策について確認していきます。

布団

布団を保管する前には、ダニやノミを排除し湿気をとることが大切です。専門の布団クリーニングに出すのが理想ですが、難しい場合は天日干しをした後に布団クリーナーなどを使って掃除をしておきましょう。

クリーニングした布団は専用の布団収納ボックスや布団収納バッグに入れ、虫やほこりがつくのを防いで保管します。防虫剤や除湿剤を併用するのもおすすめです。

布団の収納については、こちらも参考にしてみてください。
【布団収納の完全版】かさばる布団の最適な収納法をプロがアドバイス

衣類

布団・衣類のカビ対策衣類の保管方法も、基本的には布団と同様です。保管する前にクリーニングや洗濯を済ませ、汚れを落としておきます。

保管する際は段ボールではなく密封性の高い衣装ケースに入れ、乾燥剤・防虫剤と一緒に収納することをおすすめします。防虫剤の効果を十分に発揮させるために、衣装ケースはぎゅうぎゅうに詰めるのではなく、適度なスペースを持たせるようにしましょう。また、防虫剤は衣類の一番上に置くことで、上から下へと防虫成分がまんべんなく広がる効果があります。

衣類の収納については、こちらも参考にしてみてください。
トランクルームに服を保管するポイントは?失敗しない衣類の収納方法

革製品

革製品は非常にデリケートなため、長期保管する前には丁寧なお手入れがかかせません。

まずは革用のブラシで汚れをなでるように払って落とします。次に乾いたやわらかい布で汚れをふき取ります。必要があれば専用の保護クリームなどで仕上げましょう。

保管する際は型崩れを防ぐため、やわらかい布や新聞紙を中に詰めておきます。ほこりや傷を防ぐためにも、通気性のよい不織布などの袋に入れて保管しましょう。虫やカビを防ぐための防虫剤は、革製品に直接触れると革が変質する可能性があるので、袋には一緒に入れない方がよいでしょう。

本は湿度が溜まりやすいうえに、本についたほこりや手垢を栄養源としてカビが繁殖していきます。保管する前にハンディモップなどでほこりをきちんと落とし、表紙やカバーは乾拭きしておきます。

密閉性の高いプラスチックケースに防虫剤と除湿剤を入れ、平積みではなく本を立てた状態で保管しましょう。

家電・精密機器

家電・精密機器のカビ対策電気機器には湿気が大敵です。冷蔵庫や洗濯機は保管する前に水抜きをして十分に乾燥させることが大切です。そのうえで汚れやほこりをきれいに落とし、通気性のよいカバーをかけて保管しましょう。

パソコンやカメラなどの精密機器は湿気や熱の影響を特に受けやすいため、空調設備の整っていないトランクルームでの保管はおすすめできません。空調設備のある屋内型トランクルームで保管する際も、万が一のためにデータのバックアップはとっておきましょう。

家電の収納については、こちらも参考にしてみてください。
トランクルームに家電を預ける際の注意点とは?正しい保管方法を紹介

加瀬のレンタルボックスの環境

加瀬のレンタルボックスには屋外型と屋内型のトランクルームがあります。それぞれの環境については以下の通りです。

屋内型トランクルーム

屋内型トランクルームは建物の1フロアを特製パーティションで区切った収納スペースです。湿気を極力軽減できるようにした自社開発品のパーティションと、メッシュ素材の天井で通気性を重視しています。また、湿度センサーを備え24時間空調を管理しています。
(※空調・湿度管理設備がない屋内型トランクルームも一部存在します。)

湿度や温度変化の影響を受けやすい荷物は、屋内型トランクルームでの保管をおすすめします。

屋外型トランクルーム

屋外型トランクルームはコンテナタイプの収納スペースのため、換気口はあるものの空調設備がありません。そのため、屋内型よりも湿気やカビの対策に気を使う必要があります。

保管する荷物は湿度や温度変化の影響を受けにくいものにすることをおすすめします。

トランクルームに荷物を保管する際の注意事項

加瀬のレンタルボックスの屋内型トランクルームでは、多くの施設に空調・湿度管理設備を導入していますが、荷物の収納状況、収納物の素材などの要因によりカビが発生する場合があります。

利用者様ご本人のカビ被害、または他利用者様へ被害を発生させた場合については、利用者様ご本人の補償となります。必ず収納アドバイスをご一読のうえ、ご利用ください。

湿気・カビ対策で大切なこと

トランクルームに限らず、カビの胞子は私たちが生活する空気中に常に浮遊しています。

カビを発生させないためには湿度と温度の管理、そしてカビの栄養源となる汚れやほこりの除去が欠かせません。大切な荷物にカビを発生させないためには、環境の整ったトランクルームで保管するのはもちろんのこと、空気の入れ替えや清掃など定期的な手入れが大切です。


投稿者プロフィール

安武 亜希
安武 亜希
株式会社加瀬倉庫 IT戦略推進部所属。
WEBを活用した集客施策を担当しています。
トランクルームに興味をもっていただけるよう、役に立つ情報を発信していきます!