季節外れのコートを収納するには?邪魔にならない・劣化させないために

コートが煩雑に収納されているイメージ

寒い季節が終わり次第に暖かくなってくると、悩むのが冬服の収納です。特に、かさばるコートはどのように収納・保管すれば、邪魔にならず劣化を防ぐことができるのでしょうか。衣類は保管方法を間違えると傷むことがあるため注意が必要です。コートを収納するときに注意すべきポイントや、最適な収納場所について紹介します。

まずは知っておきたいコートの収納に関するNG

コートやスーツなどの衣類をクリーニングに出すと、ビニールの袋に入った状態で戻ってきます。このビニール袋をつけたままの状態で保管している場合は、すぐに取り外しましょう。このビニール袋は店舗から自宅に持ち帰ときに、ほこりや汚れがつかないようにするためのものです。通気性がほとんどないため、ビニール袋内部に湿気が溜まって衣類にカビが発生したり、空気の循環が悪くなることで衣類が変色したりする恐れがあるため、長期間の保管には向きません。

クリーニング店から戻ってきたら、まずはビニール袋を取り外し、直射日光の当たらない場所に陰干しして十分に風を通しましょう。吊るして保管するときは、湿気やほこり、虫を防止するため、不織布などの収納カバーをかけることも必要です。

コートを収納する前のケア

次の冬も気持ちよく着られるように、コートを収納する前にきちんとケアをしましょう。コートは冬の間に汗を吸って湿気をふくみ、ほこりや雑菌も付着しています。湿気が高くなりがちなクローゼットの奥にそのまましまい込んでしまうと、次の冬に出してみたときにはカビや虫食いが発生していた、といったことになりかねません。状態よく保管するためにも、なるべくクリーニングに出すことが望ましいです。

クリーニングに出さないのであれば、自宅でケアをしてから収納しましょう。風通しのよい場所に出し、消臭除菌スプレーをかけて陰干しした後よく乾かしましょう。このとき、直射日光に当たると色あせなどのリスクがあるため、必ず陰干しにします。

汚れが目立ったり、シミがついていたりする場合は、部分洗いを試してみましょう。ただし、奥まで染み込んでしまった汚れは落ちない可能性が高く、自宅での洗濯は型崩れや縮みの原因にもなるため、クリーニングに出すことを検討したほうがよいでしょう。

たたむ?吊るす?コートの収納方法

コートを収納するとき、「たたんで収納する」「吊るして収納する」のはどちらが正しいのでしょうか。どちらの方法が適しているかはコートの種類や素材によって変わるため、判別方法を紹介します。

畳んでよいもの

中綿が入っているダウンジャケットは、たたんで収納してかまいません。ただし、強くたたむとシワがつくため、ふんわり丸めて保管しましょう。生地に厚みがあるコートもシワが気になりにくいため、たたんでもよいでしょう。

吊るしたほうがよいもの

皮のコートは、一度シワが入ってしまうと元に戻すのが困難です。たたむことは避け、吊るして保管しましょう。ウールも吊るしての保管が向いています。ただしウールのコートでも、肩や襟が崩れないよう清潔な乾燥したタオルを挟んでラインを整えれば、たたんで保管することも可能です。

コートを収納するための便利アイテム

コートを上手に収納するために、便利なアイテムを活用しましょう。

  • 圧縮袋
  • 収納ボックス
  • 伸縮式クローゼットハンガーラック

圧縮袋

圧縮袋は、衣類を入れて掃除機などで内部の空気を抜くことで平たくするものです。かさばりがちなコートの容積が減り、狭いスペースでも保管しやすくなります。圧縮した袋をそのままハンガーに吊るせるタイプもあるので、クローゼットをすっきりさせることができます。ただし、ファーつきコートなどは、圧縮してしまうとファーの風合いを損ねる恐れがあるため、避けたほうがよいでしょう。

収納ボックス

収納ボックスは折りたためる布製のタイプもあれば、プラスチック製の硬く重ねられるタイプもあります。たたんで収納できるコートは、収納ボックスに防虫剤を入れて保管するのがよいでしょう。収納ボックスにはぎちぎちに詰め込まず、ゆとりをもって保管することでシワを防ぐことができます。

伸縮式クローゼットハンガーラック

クローゼットに収納スペースがないときは、伸縮式のクローゼットハンガーラックがおすすめです。部屋の空いているスペースに合わせて設置することができて、収納量によっても幅の調整が可能です。丈の長いコートを吊るして保管するのにも便利です。

コートの収納にトランクルームがおすすめ

コートを収納するときは、シワや型崩れなどが起こらないように注意が必要です。たたんで保管する場合は、上に積み重ねたり、収納スペースに詰め込んだりしないようにします。また、クローゼットに吊るして保管する場合も、ぎゅうぎゅうに吊るしてしまうと型崩れの原因になります。

スペースに余裕をもってコートを収納したいところですが、家庭によっては十分なスペースを確保できないこともあるでしょう。ボリュームのある冬物は、収納スペースのなかでかさばりがちです。そこで、トランクルームを利用して家の外で保管するのも一つの方法です。

トランクルームにはさまざまなサイズがあり、コートやセーターなどの冬物がしまえるだけの小さめのスペースを借りて、費用をおさえることもできます。屋内型のトランクルームは空調設備が整った環境のため、衣類を保管するにも安心です。コートをはじめ、シーズンオフには邪魔になりがちな衣類や、着る頻度が低い礼服などを効率よく保管して、ゆとりをもった生活空間にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

コートを収納するときは、たたんで収納ボックスやたんすに保管する方法と、収納カバーをかけて吊るして保管する方法とがあります。どちらもシワやカビを防ぐためにも、ぎちぎちに詰めないようにすることが大切です。保管するスペースに余裕がないときは、トランクルームを利用するのも一つの方法です。自宅のスペースをふさがず、コートなどの冬物をかしこく保管してみましょう。


投稿者プロフィール

安武 亜希
安武 亜希
株式会社加瀬倉庫 IT戦略推進部所属。
WEBを活用した集客施策を担当しています。
トランクルームに興味をもっていただけるよう、役に立つ情報を発信していきます!
ネットで簡単契約!!
最短10分ネットで簡単契約

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする