テレワークに集中できる環境づくりへ トランクルーム活用のすすめ

テレワークに集中できる環境づくりへ トランクルーム活用のすすめ
テレワークに集中できない女性
テレワークに集中するのは意外と難しいもの(写真提供:PIXTA)

新型コロナウィルス感染症の影響で、私たちの生活様式は大きく変化しました。なかでも大きく変化したのは、働き方に対する環境や考え方ではないでしょうか。在宅勤務やテレワークが日常化するなか、自宅での執務環境に悩む声も聞かれるようになってきました。

自宅でテレワークに集中できる環境づくりについて考えてみました。

テレワークに集中できない原因

テレワーク中の女性
テレワークに集中できない(写真提供:PIXTA)

テレワークという慣れない勤務形態に、「自宅だと仕事がはかどらない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。その主な原因として、仕事空間と生活空間の両立ができていないということが考えられます。

自宅という日常の生活空間を仕事場にする弊害として、以下のことがあげられます。

オンとオフの切り替えができない

職場へ出勤せず、普段の生活環境のまま仕事を開始するため、仕事モードへの切り替えが難しくなります。逆に一旦仕事を始めるとプライベートとの線引きが難しく、いつまでもダラダラと仕事を続けてしまうということも。

誘惑が多くて集中できない

自宅では上司や同僚の目もないため、気持ちも緩みがちです。近くに置いてあるスマホやテレビのリモコンに手が伸びてしまう…なんていうこともしばしば。
また、洗い物や洗濯物など、家事が気になって集中できないということもあります。

家族がいて集中できない

両親と同居している、子どもが小さい、ペットを飼っているといった家庭では、テレワークをしている最中も自分一人の環境というわけではありません。
家族の生活音や子どもの泣き声などがストレスになるというのも、よく聞かれる意見です。

 

仕事空間(ワークスペース)を確保するには

テレワークに集中する女性
家具で生活空間との区切りをつくるのもおすすめ(写真提供:PIXTA)

それでは、自宅でワークスペースを確保するにはどうしたらよいのでしょうか。

書斎や専用の個室を準備できれば、それに越したことはありません。しかし、余分な部屋やスペースがないというご家庭も多いはず。その場合、リビングや寝室の一角を活用してワークスペースを確保する必要があります。

パーティションなどの活用

生活空間と仕事空間を簡単に分けるには、パーティションを活用するのがおすすめです。家族の視線や生活音をある程度遮断でき、目の前の仕事に集中することができます。

ソファやキャビネットで仕切りをつくる

リビングや寝室といった部屋の一角を、ソファやキャビネットなどで仕切り、仕事用のデスクを配置します。生活空間との区切りを明確にすることで、リラックススペースとワークスペースをしっかり分けることができます。

トランクルームを利用する

ワークスペースを確保するためには、部屋の模様替えや新たな家具の導入が必要になります。限られた自宅のスペースを有効に使うために、使用頻度の低いものや季節家電、趣味の道具などはトランクルームに保管するのもおすすめです。

 

テレワークの環境づくりにトランクルームがおすすめ

トランクルームの収納イメージ
使わない荷物はトランクルームにすっきり収納

加瀬のレンタルボックスでは、さまざまなタイプ・サイズのトランクルームを取り扱っています。屋内型トランクルームは、空調やセキュリティが充実しているため、デリケートな荷物の保管に適しています。また、屋外型トランクルームは、趣味の道具や大きな荷物の保管に向いています。

ネットで簡単に契約できて、最短即日で利用開始できるため、急いでテレワークの環境を整えたいというときにも便利ですね。

毎日過ごす家だからこそ、限られたスペースを有効活用して、生活空間も仕事空間も快適なものにしていきましょう。

 


 

投稿者プロフィール

安武 亜希
安武 亜希
株式会社加瀬倉庫 IT戦略推進部所属。
WEBを活用した集客施策を担当しています。
トランクルームに興味をもっていただけるよう、役に立つ情報を発信していきます!

トランクルームカテゴリの最新記事